知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと約700冊! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『マナス 少年篇 キルギス英雄叙事詩』(若松寛訳)

2015/06/04
   ギネス記録認定の世界一長い詩にみる
父と子の“乗り越える”関係

 キルギス、と聞いてピンと来る人は少ないと思いますが(私もその一人)、北にカザフスタン、東に中国、南にタジキスタン、西にウズベキスタンという中央アジアの国です。旧ソ連邦のひとつで、〈国土全体の54%(2005)が農業に利用されている〉(ジャパンナレッジ「ニッポニカ」)という農業国です。そのキルギスで、〈重要な文化遺産〉となっているのが、〈口伝の英雄叙事詩『マナス』〉(同前)なのです。で、今回取り上げる、中国少数民族三大英雄叙事詩の一つとされる『マナス』、〈50万行にも達する長大な韻文の叙事詩〉(同「世界文学大事典」)なんですね(世界で最も長い詩としてギネス記録にも認定されているそうです!)。

 本書は、主人公であるマナスが、生まれてから15歳で族長になるまでを描いた、いわば冒頭部分だけですので、読むのに苦労するということはありません。まあ、簡単に言えば、勇者マナスのヒーロー譚、というべきものでしょう。物語は、50歳のジャクィブの嘆きから始まります。ジャクィブ、社会的には大成功を収めて大金持ちになるのですが、子宝に恵まれない。で、わめきちらします。


 〈全くこの世なんてとっとと失せやがれ!〉


 ジャクィブはせっせと神に祈り、その甲斐あってか、ひとりの男の子が生まれます。これがマナス。ところがマナス少年、とんだ不良少年で、数え8歳にして、金遣いは荒く、酒を飲み、悪行三昧。困った父ジャクィブは、羊飼いの修業に出すのですがそこでも喧嘩三昧。とうとうジャクィブ、〈悪霊があいつに取り憑いたんだ〉〈子供にはもううんざりだ〉と、身も蓋もありません。

 で、当のマナス。腕力と知恵で、どんどんのし上がってきます。自然の中で暮らしている遊牧民ですからね、力は根源なのです。そのうちに、マナスが父を凌駕してしまう。そしてこのセリフ。


 〈びくびくぺこぺこして暮らすうちに、父さんは卑屈に慣れっこになっちまったんだ!〉


 これ、子供に(しかも10代の)言われたらグサリときます。人生、否定されてしまったわけですから。

 しかしはたと考えました。マナスは、父がはめようとした型を打ち破り、父を乗り越えたわけです。父としてこれほど幸せなことがあるでしょうか? もし子が親を乗り越えねば、人物が小さくなっていくわけですから、この世は先細っていきます。そうです、『マナス少年篇』は、現代にも通ずる父子物語だったのです。


今週のカルテ

ジャンル詩歌
時代 ・ 舞台英雄時代のキルギス
読後に一言マナスは全3巻です。他に、『青年篇』(東洋文庫717)、『壮年篇』(740)があります(※共にジャパンナレッジ未収録)。興味を持たれた方はぜひ。
効用キルギスの遊牧民の暮らしも垣間見えます。風俗資料としても優れています。
印象深い一節

名言
やたらにこわがっていたら、やつれて逝っちまうよ。
類書中国少数民族の英雄叙事詩のひとつ、チベット・モンゴル民族の『ゲセル・ハーン物語』(東洋文庫566)
中国少数民族の英雄叙事詩のひとつ、モンゴル民族の『ジャンガル』(東洋文庫591)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る