知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと850点余! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『官子譜 囲碁手筋の源流(全4巻)』(過百齢著、陶式玉編注、呉清源解説)

2015/10/15
   詰碁の名著を解かずに読む
囲碁は人生&世界の縮図だった!?

 〈禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如し〉


 幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくる。幸せがあれば不幸もあり、その逆もまたしかり、ということです。『史記』に出てくる言葉ですが、わたしはある俳優の取材中にこの言葉を知りました。その方は、大きな浮き沈みを経験された俳優で、沈んだ時に、この言葉のおかげで挫けなかったというんですね。以来、わたしも呪文のようにこの言葉を唱えているのですが、本書を読んでいたら、もっと大きい真理なんじゃないかと思ったのです。

 『官子譜(かんずふ)』は詰碁を中心とした手筋の書で、明の過百齢が著し、清の陶式玉が編注を加えて完成させたものです。まあ……囲碁はからっきしなので、正直、白と黒の石の図は、モダンアートのようにしか見えないのですが(なのに書評していいのかという問題はありますが)、こんな一節を見つけました。


 〈そもそも碁は、小道ではあるが、天地の理でここに寓されていないものはない。強と弱をそれぞれ用いるのは、寒暑の往来と同一であり、動と静がこもごも存するのは、陰陽(いんよう)の循環と同一であり……〉


 陰陽の循環と同一とは、大きな話です。「陰陽」をジャパンナレッジで引いてみると……。


 〈中国古代の思想で、天地間にあり、互いに対立し依存し合いながら万物を形成している陰・陽2種の気。日・春・南・男などは陽、月・秋・北・女などは陰にあたる〉(「デジタル大辞泉」)


 陰陽はまさに、万物の根本なのです。

 〈禍福は糾える縄の如し〉に話を戻すと、この考え方に従えば、幸福が「陽」ならば、不幸は「陰」でしょう。つまり、幸せは常に不幸とワンパックなのです。いや、こう言ったほうが正確でしょう。あるひとつの事象を、ある面から見れば幸福となり、またある面からみれば不幸となる。理髪店のくるくる回る看板のように、分かちがたく禍福は一体化しながら回っていたのです。

 発展させて考えれば、囲碁は人生、いや世界の縮図ということになります。


 〈人生の荊棘、盛衰のはかなくうつろい、世情のたちまちにあらたまることなど、およそ天下のことで、碁の様相と異なるものがあろうか〉


 読んでも読んでもわたしに詰碁はわかりませでしたが、ぼんやりとですがひとつの真理が見えてきました。



今週のカルテ

ジャンル趣味
成立した年代

舞台
1600年代後半の中国(清)
読後に一言囲碁、覚えたいんですけどねぇ。遠い先のことのようです。
効用中国の詰碁の二大名著のひとつと言われています。 1478題を収めており、囲碁ファン垂涎の書でしょう。
印象深い一節

名言
芸は、そこに道をこそ包摂しており、そしてその道を動かすものは精神である。(「叙」)
類書中国の詰碁の二大名著の残るひとつ『玄玄碁経集(全2巻)』(東洋文庫387、390)
日本の詰碁の名著『囲碁発陽論』(東洋文庫412)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る