知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと850点余! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『列子 2』(福永光司訳注)

2016/07/21
   山は動いてしまったのか?
~故事成語で読む「列子」(2)

 今から27年前、当時の日本社会党はマドンナ旋風を巻き起こし、土井たか子委員長は「山が動いた」という名言を残しました。この言葉、元を辿れば、与謝野晶子の「そぞろごと」という詩に行き着きます。


 〈山の動く日来(きた)る。(中略)すべて眠りし女(おなご)今ぞ目覚めて動くなる〉


 初の女性文芸誌『青鞜』第1号(1911年創刊)の巻頭詩です。で、私はこの詩を読んで、故事「愚公山を移す(愚公移山)」を連想しました。本書『列子 2』の「愚公、山を移す」(湯問篇第五の二)のエピソードです。

 主人公は、90歳に近い北山愚公という老人。愚公は、交通の便を悪くしている自宅前の山をどかそうと試みる。その愚かさを笑った人間に対し、愚公の答え。


 〈ぼくが死んでも子供は生き残り、その子供はさらに孫を生み……(中略)子から子へ、孫から孫へと伝えて、尽きはてることもない。それに対して山のほうはますます高くなるということはないのだ〉


 このことを知った〈天帝〉は、〈愚公の真心に心うごかされ〉、山を移させる。ここから「愚公山を移す」――〈怠らず努力すれば大きな事業も成就するというたとえ〉(ジャパンナレッジ「日本国語大辞典」)となったのです。

 翻って現在、日本では「山が動いた」のでしょうか? 改憲阻止側からみればNoであり、改憲賛成派からすればYesでしょう。そしてその結果をもたらしたのは、有権者のたった半数(54.7%)の人間なのです。

 本書に、「岐路亡羊」(説符篇第八の二十四)というエピソードが収録されています。楊朱(春秋戦国時代の思想家)の隣人が、逃げた1匹の羊を大勢で追いかけますが、捕まりません。それを見て押し黙ってしまった楊朱の心を慮った弟子、心都子のひと言。


 〈大きな道は、岐れ路が多いために羊をとり逃がしてしまい、学間をする者は、やり方がいろいろあるために人生を見失ってしまう〉


 「岐路亡羊」は「多岐亡羊」ともいい、〈転じて、方針があまりに多いために、どれを選んだらよいのか、思案に困ること〉(ジャパンナレッジ「日本国語大辞典」)という意味に。「方針」を「情報」に置き換えれば、まさに現代社会です。膨大な情報に圧倒され、自分を見失ってしまっているのだとしたら、早く取り戻さねばなりません。

 ……立ちこめる諦観を振り払い、それでも自分たちが「山を動かす」のだと、私は信じたいと思います。



今週のカルテ

ジャンル思想/説話
時代 ・ 舞台春秋戦国時代の中国
読後に一言参院選の結果が、結果として「蚊の睫にたかる虫(湯問篇第五の一)」=微細なこと、であることを祈っています。振り返って、「この日が岐路だった」となりませんように。
効用中島敦の名短編「名人伝」の元になったといわれている話(湯問篇第五の十四)も本書収録です。
印象深い一節

名言
人間がもし情欲のままにふるまい、欲望におぼれこむならば、天から受けた生命の本質はそこなわれてしまう(楊朱篇第七の八)
類書荻生徂徠の論語解釈『論語徴(全2巻)』(東洋文庫575、576)
春秋戦国時代の思想『墨子』(東洋文庫599)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る