知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと850点余! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『中国の食譜』(中村喬編訳)

2011/01/27
   中国食文化の奥深さがよくわかる、南宋・
元の時代の中華料理のレシピ、398品!

 先日、北方謙三の『楊令伝』(集英社)の最終巻をようやく読了した。前作『水滸伝』(集英社文庫)19巻と『楊令伝』15巻の全34巻。ウム、長い道のりであった。

 しかしこの小説、やたらと飯を喰らう場面が多い。朱貴の魚肉入りの饅頭や、李逵の特製香料で焼く猪肉……、北方謙三、よほどの美食家とみた。

 それではということで、東洋文庫を探してみると、ありました! 小説の舞台とほぼ同時代の南宋の料理本が。『中国の食譜』。3冊の料理書を訳出したものだが、なんとレシピの掲載数は398! で、例の「魚肉入りの饅頭」らしきものも発見してしまいました。


 〈魚包子(さかなのぱおず) 十人分当り、鯉、ktu110121.gif魚(けつぎょ:スズキ科の淡水魚)いずれでもよいが、身だけにしたもの五斤を柳葉に切る。それに、羊の脂(あぶらみ)十両の骰塊(さいころ)切り、猪のaburami110121.gif(あぶらみ)八両の柳葉切り、塩と醤(味噌)それぞれ二両、橘皮二個の細か切り、葱十五茎の糸切り、葱は香油(ゴマ油)で炒めておく、川椒(山椒)末半両、細料物(香辛料)一両、胡椒半両、杏仁三十粒を細かに研ったもの、醋一合を、麪(こむぎこ)のken110117.gif(つなぎ)といっしょに拌ぜあわせる〉


 何ともうまそうである。以前、「料理書を読むのが趣味」という企業経営者をインタビューしたことがあるが、その時は内心、呆れていたのだが、これがどうして、読んでみると確かに料理書は面白い。何せ、作るような代物ではない。だってこんな料理が載っているのだ。


 〈石子羹(みずごけの吸物) 渓流の清(きれ)いなところで、蘚衣(みずごけ)のついた小石を一二十個ほど拾い、泉の水を汲んで煮る。味は螺(にし)より甘く、ほのかに泉石の気(かおり)がする〉


 水ごけの付いた石を20個ほど拾ってきてそれを煮るだなんて、現代人ではできません。しかもタニシより甘いといわれても……。だが読んで想像する分には、面白い。「梅粥」なんて、思わず唸ってしまった(お粥が煮える直前に、洗っておいた梅の花を入れると、わずかな香りがいいのだそうだ)。想像力と、食欲をかき立てる。

 ちなみに「食欲」をジャパンナレッジの日国でひくと、最も古い例として、こんな用例が載っていた。


 〈支那は食慾、日本は財欲と云ぞ(史記抄・佞幸列伝)〉


 何だか言い得て妙で、笑ってしまった。

今週のカルテ

ジャンル実用
時代 ・ 舞台12~14世紀の中国(南宋、元)
読後に一言とにかくお腹が空きます。
効用中国食文化の奥深さを、文字で理解できる。
印象深い一節

名言
太宗が蘇易簡に問うた。「食物で一番珍味とされるのは何か」と。蘇易簡が答えた。「食べるものに定(きま)つた味というものはありません。そのとき口に適ったものが珍味なのです」
類書同じ訳者の中国シリーズ『中国の茶書』(東洋文庫289)、『中国の酒書』(東洋文庫528)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る