知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと850点余! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『五雑組 3、4』(謝肇淛著、岩城秀夫訳注)

2017/01/19
   金持ちはケチで愚かなり!?
百科全書的エッセイを読む (2)

 17世紀に成立した雑学エッセイ『五雑組』は、天、地、人、物、事の5つに分かれています。前回、天、地……ときましたので、今回は「人」(『五雑組』3、4巻)です。

 いったい「人」とはどんな括りなのか。読んで氷解しました。書や仙術など人間業の紹介から、博打、遊びなど人の関わるもの、さらには女装家や恐妻家などなど、人をめぐる興味深い話が列挙されています。

 私が「なるほど!」と膝打ったのは、この言葉です。


 〈金持ちはけちくさい人が多い。けちくさくなければ、金持ちになることができないのである。金持ちに愚かものが多い。愚かでなければ、金持ちになることができないのである〉


 けちはともかく、愚かとは? 別掲のエピソードに、愚かな金持ちの話がありました。

 ひとりの〈財貨の好きな人〉の話です。どれだけ好きかというと、〈常住坐臥、言動から食事休息まで、どこに行くにもお金といっしょ〉。で、ある時病気になってしまうのですが、無理矢理起き上がり、蔵で黄金をなでる。


 〈どうか大きな金塊十個を棺の中に入れて、わしにしっかり抱かせてくれ〉


 と馬鹿なお願いを息子にするのですが、それが難しいとわかってしまう。ま、当然ですね。と、どうなったか。


 〈涙をため、ため息をつき、ものもいえなくなって死んでしまった〉


 アホです。金の亡者です。金に取り憑かれています。

 でも私たちは、この男のことを笑えません。わが国の首相は、年頭記者会見(2017年1月4日)で、記者からの質問に答える形で、次のように述べました。


 〈しっかりと我々はアベノミクスをふかしながら、経済をしっかりと成長させていく、これが私たちに与えられた使命であり……〉(首相官邸web)


 この時首相は、「解散」について聞かれ、それよりも経済成長が大事だ、使命だ、と答えたのです。解散の言質を与えないためとはいえ、経済がいちばん、でいいのでしょうか。経済成長のためには、他のいろいろなことを犠牲にしてもいい、と私には聞こえます。まるで〈財貨の好きな人〉と同じような……。謝肇淛は、〈人の好むところは、生より甚しいものがある〉と言います。色、酒、財(金)、権力。これらに耽溺するあまり、おかしくなる。そうなりたくないし、そんな国もいやだなあ。



今週のカルテ

ジャンル随筆/美術
成立した時代17世紀前半の中国・明
読後に一言私は記者会見をテレビで見ながら、「アベノミクスはふかせないだろっ!」とツッコんでいました。長期政権なのに、いつまで経っても「道半ば」ということにもツッコミたいところですが。
効用「遁形の術」など、不思議な話もたくさん収録されています。
印象深い一節

名言
人は死や生によって乱れない境地に到達し得て、はじめて、脚を着ける地位ができるのである。(『五雑組 4』)
類書唐代の百科全書的エッセイ『酉陽雑俎(全5巻)』(東洋文庫382ほか)
本書でも引用される『列女伝(全3巻)』(東洋文庫686ほか)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る