知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと850点余! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『パンソリ 春香歌・沈睛歌他』(申在孝、姜漢永・田中明訳注)

2011/06/16
   K-POPや冬ソナの原点はここにアリ?! 
朝鮮で愛されてきた伝統的演唱芸能、パンソリ。

 このところ「YouTube」で主張する、というのが一般的になってきているけれど、あそこって実は、伝統芸能の宝庫じゃないか、と個人的には思っている。アーカイブという性質上、「過去」に強いのだ。私が琵琶に衝撃を受けたのも実はYouTubeだし、津軽三味線に聴き惚れたのもここ。さて、ほかになにか面白い「伝統」はないものかと探しているうちに、お隣の国にたどり着いた。「パンソリ」である。


 〈歌い手と太鼓(プク)を打つ鼓手の2人だけで演じる朝鮮の伝統的な口承芸。パンは場、ソリは音の意で、敷物1枚の上で喜怒哀楽や自然の音を劇的に歌い上げる〉

(ジャパンナレッジ「情報・知識imidas」)


 〈日本の義太夫に似ている〉(ジャパンナレッジ「世界文学大事典」)という指摘もあるが、実際聴いてみると、場を飲み込んでしまうような迫力がある。能などの持つ、幽玄さとは違った、もっとストレートな情念の表現だ。

 ではそれを文字で読むと? 東洋文庫『パンソリ』の出番である。「朴打令(ノルボとフンボ)」より。


 〈人ごとに五臓六腑は有るなれど、ノルボは五臓七腑にて、心思腑(いじわるのふ)がもう一つ、左の肋骨(あばら)の下側に、兵符袋を吊るせるごとく、外見(そとみ)にも分かるほどにぶら下がり、性の悪さは言わんかたなし〉


 兄ノルボと弟フンボ。「いじわるのふ」のある兄はケチで意地悪という典型的な悪人で、弟は正直で親切とこれまた典型的。当然ながら兄は弟夫婦を追い出し、貧乏のどん底に陥ったフンボは、一羽のツバメを助けたことから人生が好転し……という昔話のよくあるパターン。「こぶとりじいさん」や「花咲じじい」と同じく、ノルボは弟を羨み、真似をするが……。

 訳し方もうまいのだが、文章はまるで歌を聴いているようなリズム。中身は「水戸黄門」なみのわかりやすさで、収録作の「春香歌」なんて冬ソナと見まがうラブストーリーだ。作品が完成したのは19世紀後半。李氏朝鮮のひずみが、弱者の逆転劇という痛快ストーリーに結びついた、といったら言い過ぎか。

 それが悲しみであれ、憤りであれ、一種のユーモアであれ、パンソリの中には、「叫び」があった。一度ぐっとため込まなければ、決して出てこぬ心からの叫び。私がYouTubeでパンソリに触れて受けた迫力は、これだったかとひとり合点がいった。

今週のカルテ

ジャンル芸能/文学
時代 ・ 舞台朝鮮 李氏朝鮮時代
読後に一言韓国や北朝鮮の「強さ」の根源を、垣間見た気がしました。
効用(1)純粋な物語世界にドップリひたれます。
(2)朝鮮文化への興味が増します。
印象深い一節

名言
この打令(うた)を作りましたれば、後世の人びと、お手本になされませ。トンジトン(「春香歌」より)
類書1800年代末、ロシア人による朝鮮踏査報告『朝鮮旅行記』(東洋文庫547)
日本の昔話『日本お伽集(全2巻)』(東洋文庫220、233)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る