知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと約700冊! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『江戸小咄集 1、2』(宮尾しげを編注)

2011/12/22
   小洒落たショート&ショート、江戸の「小咄集」で大いに笑って、新年に備えよう。

 1年前、このコラムの締めは、『醒睡笑』であった。で、今回もテーマは「笑い」。「ココロ弾むような話題で締めよう」という安易な発想2連ちゃんだが、新年を「笑い」で迎えんとする心持ちは、実は“江戸人”の基本でもあったらしい。「初笑い」をジャパンナレッジの「日本国語大辞典」で調べてみると、初出は1780年。で、実際このあたりに「江戸小咄」が次々と登場するのだ(それを編んだのが、『江戸小咄集 1、2』である)。この「小咄集」、それぞれの序を丹念に読んで見ると、実際どれも「正月」の刊行となっている。そのうちのひとつ。


 〈古めかしきをすてゝ、新らしい一ツゑりの咄を一冊となして、はつ春の笑いぞめとなしぬ〉

(「今歳笑(ことしわらい)」序)


 これも江戸人の智恵かしらん? どんな年であろうが、年が明けたら笑って迎える。とはいえ、笑うのもムズカシイから、「小咄集」の登場と相成る、というワケ。


 では、どんなお笑いで新年を迎えたかって?

 私の好きな小咄を3編、選りすぐって紹介しよう。


 〈(盗人、殺される前に辞世の句をといわれ、)

「かゝるときさこそ命の惜からめ兼てなき身と思ひしらずば」

皆人聞いて「ソレハ太田道灌の歌じゃが」

盗人「アイこれが一生の盗納めでござります」〉

(「俗談今歳花時(ぞくだんことしばなし)」)


 教養のある泥棒というのもオツですな。ではお次。


 〈(昼間から夫婦でしているとこに隣のおかみさんがやってきた。灸をしているのだと思い、)

「おかミさんよいことを、なさりますな」といへば、紙帳の内から「ハアそこからも見へますか」〉

(「笑談聞童子(しょうだんきくどうじ)」)


 下ネタはいつの時代も不滅なようで。ではラスト。


 〈蟹なまこに向ひ「貴様は頭がしりか、尻があたまだか」なまこ「そふいふ貴様のあるくのは、行くのか帰るのか」〉

(「笑談聞童子(しょうだんきくどうじ)」)


 どっちもどっち。目くそ鼻くそを笑う、の類だ。2011年という年は、蟹がなまこを責める如く、他人を責め立てることに日本中が終始してしまった気がする。責めても前には進まない。もちろん、笑いも生まれない。ここは粋な江戸人に倣って、せめて笑おうではありませんか。「呵呵大笑」していれば、きっといいことがある、よね?

今週のカルテ

ジャンル笑い/説話
時代 ・ 舞台江戸時代後期
読後に一言2巻あわせて24もの小咄集。読後、「笑いの満腹感」があります。
効用笑門来福!
印象深い一節

名言
鼻の大きなを見込みにして婚礼もすみ、新枕にむだごとの時、嫁、むこの鼻を小指で叩きながら「嘘つき嘘つき」(「今歳咄二篇(ことしばなしにへん)」)
類書オチだけのイイトコ取り『新編落語の落(全2巻)』(東洋文庫611、615)
笑話の古典『醒睡笑 戦国の笑話』(東洋文庫31)
カテゴリ:
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る