1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 文武天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典・叢書サービスです。
国史大辞典
文武天皇
もんむてんのう
六八三 - 七〇七
六九七―七〇七在位。諱は軽(珂瑠)。諡は天之真宗豊祖父(あまのまむねとよおおじ)天皇。天武天皇の孫、草壁皇子の子。母は阿閇皇女(天智天皇の娘、のちの元明天皇)。天武天皇十二年(六八三)生まれる。持統天皇三年(六八九)、七歳のとき父を失う。持統天皇十年七月に太政大臣高市皇子が没したのち、翌年二月以前に皇太子となり、同年八月、持統天皇の譲位により十五歳で即位。藤原宮で政治をとる。藤原宮子(不比等の娘)を夫人、紀竈門娘・石川刀子娘を嬪とした。宮子は首親王(聖武天皇)を生む。持統は太上天皇となり大宝二年(七〇二)に没するまで文武の政治を助けた。文武朝には、刑部(おさかべ)親王・藤原不比等らにより『大宝律令』が大宝元年に完成し、その翌年にかけて施行され、大宝二年に三十三年ぶりに遣唐使を派遣し、唐との国交が修覆され、慶雲二年(七〇五)に中納言を置き、慶雲三年に官人の考選を短縮するなど、『大宝令』制の改革が行われた。また薩南諸島に使者を派遣し、薩摩・多〓(たね)を征討するなど、領土の拡大が計られた。『懐風藻』に詩三篇、『万葉集』に文武の作かとする短歌一首がある。慶雲四年六月十五日、藤原宮で没、二十五歳。檜隈安古岡上陵に葬られた。
(直木 孝次郎)

檜隈安古岡上陵(ひのくまのあこのおかのえのみささぎ)

 奈良県高市郡明日香村大字栗原字塚穴にあり、丘陵上端に位置し、特別史跡高松塚古墳の通路入口向かい側に位置する。陵号は、『続日本紀』に檜隈安古山陵と安古山陵、『延喜式』に檜前安古岡上陵とあり、現陵号は『延喜式』陵号の「前」の字を「隈」に改めたもの。『続日本紀』には、慶雲四年(七〇七)十月三日造山陵司を任じ、十一月十二日文武天皇遺骸を飛鳥岡で火葬、同二十日当陵に奉葬とあり、『延喜式』諸陵寮は、当陵を「兆域東西三町、南北三町、陵戸五烟」とし、頒幣の別を遠陵とする。中世所在不明となり、元禄の諸陵探索時には、奈良奉行所は高松塚古墳を当陵の未分明陵と報告し、高松塚古墳が当陵に決定され、享保・文化の陵改めもこれを踏襲した。しかし民間には、当陵を史跡中尾山古墳(明日香村平田字中尾山)とする説(『大和志』『大和名所図会』)、野口村皇ノ墓(現在の檜隈大内陵)とする説(『打墨縄』)などの異説があり、安政の陵改めでは、元禄以来檜隈大内陵として来た野口村皇ノ墓を当陵に改定し、檜隈大内陵を五条野村丸山(奈良県橿原市五条野町、国史跡丸山古墳後円部の現畝傍陵墓参考地)に改定した。幕末の修陵は、この改定により皇ノ墓を当陵として修営したが、これには異論があって、陵所の検討は継続された。明治十四年(一八八一)二月一日上奏裁可を経て、御園村に伝存の古水帳に「アンコウ」と記す栗原村字塚穴に当陵を再改定し、同十八年同所の民有地を買収して兆域を定め、拝所・外構柵の設置、旧陵よりの燈籠移建などの修営工事を行い、翌十九年竣工。同二十六年には陵主体部に円丘を築いた。これが現在の陵である。『山陵』などの諸書は、文久山陵図や明治十三年山陵図に、当陵と記載されている現檜隈大内陵を現在の当陵と誤認し、現陵を元治元年(一八六四)考定修補と記載する。現状は南南東に面する拝所の奥に、径約一五メートル、高さ約三・五メートルの円丘があり、円丘背面に接して高さ約九・三メートルの急勾配の不整丘がそびえ立つ。円丘は破壊された切石造り石室を覆い築いたもの。不整丘は当初の墳丘残部と思われる。近年の中尾山古墳の発掘調査で、同古墳の当陵説が再浮上したが、同古墳の墳丘貼石の様相は、檜隈大内陵の切石貼石とは異なり、天智天皇陵の貼石の様相に似る。
[参考文献]
太政官記録局編『太政類典』五編四類山陵、『文武天皇檜隈安古岡上陵之図』(宮内庁書陵部所蔵『陵墓地形図』二七三〔M九九〕)、『奈良県高市郡志料』、佐藤小吉編『飛鳥誌』、宮内省編『明治天皇紀』五・六、谷森善臣『山陵考』(『(新註)皇学叢書』五)
(石田 茂輔)


日本大百科全書(ニッポニカ)
文武天皇
もんむてんのう
[683―707]

第42代天皇(在位697~707)。名は珂瑠(かる)。天武(てんむ)天皇の孫。草壁(くさかべ)皇子の第2子。母は天智(てんじ)天皇の娘阿閇(あへ)皇女(のち元明(げんめい)天皇)。697年2月立太子、同年8月即位、藤原不比等(ふひと)の娘宮子(みやこ)を夫人とする。ときに15歳。治世10年間のうちの前半は、祖母にあたる持統太上(じとうたいじょう)天皇が後見して政務一般を総覧したが、この時期には刑部(おさかべ)親王、藤原不比等らによって律令編纂(りつりょうへんさん)の大事業がなされた。やがて令十一巻、律六巻が完成して、701年(大宝1)には年号を大宝(たいほう)と建元し、令・律は同年から翌年にかけて施行された。これがすなわち大宝律令であり、ここに名実ともに律令国家体制は確立したのである。しかし治世の後半には災害や飢疫の流行などによる世情不安から、いわゆる慶雲(けいうん)の諸改革を断行して、早くも律令制を軌道修正した。また平城京遷都を望んだが果たせず、25歳の若さで世を去った。御陵は奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村の檜隈(ひのくま)安古(あこ)山陵。
[押部佳周]



世界大百科事典
文武天皇
もんむてんのう
683-707(天武12-慶雲4)

第42代に数えられる天皇。在位697-707年。本名は軽(珂瑠),和風諡号(しごう)は天之真宗豊祖父(あめのまむねとよおおじ)。天武天皇の孫。父は草壁皇子,母は阿閉皇女(のち元明天皇)。689年(持統3)7歳のとき皇太子であった父と死別。祖母の持統天皇の保護のもとで成長し,持統は697年2月,反対者を抑えて軽皇子を皇太子とし,同年8月に譲位,702年(大宝2)に没するまで文武の政治を助ける。文武は即位のとき15歳,藤原不比等の娘宮子を夫人(ぶにん),紀竈門娘(かまどのいらつめ),石川刀子娘を嬪(ひん)とし,宮子は首皇子(聖武天皇)を生む。事績としては刑部(おさかべ)親王,藤原不比等らをして大宝律令を作らしめ,701年に完成,翌年にかけて施行したこと,702年に33年ぶりに遣唐使を派遣したこと,705年(慶雲2)に中納言を置き,706年に官人考選の年限を短縮し庸を半減したことなどがある。また698年(文武2)に南西諸島に使者を派遣して領土を広め,702年に薩摩・多褹(たね)を征討した。その資質については《続日本紀》に,寛仁にして博く経史に渉り,射芸をよくしたとある。《懐風藻》に詩3編,《万葉集》に文武の作かとする歌1首がある。没後遺骸は火葬し,高市郡檜隈安古山陵に葬った。
[直木 孝次郎]

[索引語]
軽皇子
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。 ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る
文武天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 940
検索コンテンツ
1. 軽皇子・文武天皇・倭根子豊祖父天皇
日本史年表
丁酉⑫〉 8・1 持統天皇 譲位、 軽皇子(文武天皇) 即位(紀・続紀)。 707年〈慶雲4 丁未〉 6・15 没。 707年〈慶雲4 丁未〉 11・12 文武 ...
2. 文武天皇
日本大百科全書
第42代天皇(在位697~707)。名は珂瑠(かる)。天武(てんむ)天皇の孫。草壁(くさかべ)皇子の第2子。母は天智(てんじ)天皇の娘阿閇(あへ)皇女(のち元明 ...
3. 文武天皇
世界大百科事典
683-707(天武12-慶雲4) 第42代に数えられる天皇。在位697-707年。本名は軽(珂瑠),和風諡号(しごう)は天之真宗豊祖父(あめのまむねとよおおじ ...
4. もんむ‐てんのう[‥テンワウ]【文武天皇】
日本国語大辞典
第四二代天皇。名は珂瑠(かる)。父は草壁皇子、母は元明天皇。持統天皇の譲位により文武元年(六九七)に一五歳で即位し、大宝律令の制定、鋳銭司の設置、慶雲の改革など ...
5. もんむてんのう【文武天皇】
国史大辞典
「隈」に改めたもの。『続日本紀』には、慶雲四年(七〇七)十月三日造山陵司を任じ、十一月十二日文武天皇遺骸を飛鳥岡で火葬、同二十日当陵に奉葬とあり、『延喜式』諸陵 ...
6. 文武天皇(もんむてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 12ページ ...
7. もんむてんのう【文武天皇】
日本人名大辞典
683−707 飛鳥(あすか)時代,第42代天皇。在位697-707。天武天皇12年生まれ。草壁皇子の子。母は阿閉(あべの)皇女(のち元明天皇)。祖母持統天皇の ...
8. 文武天皇[文献目録]
日本人物文献目録
『大行天皇考』不崩画史『文武紀に見ゆる賀久山陵に就いて』田村吉永『文武天皇紀に見ゆる賀久山陵に就いて』喜田貞吉『文武天皇即位前紀約解』佐藤誠実 ...
9. 文武天皇山陵 (見出し語:文武天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 985ページ ...
10. 文武天皇爲太子 (見出し語:文武天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1345ページ ...
11. 日本漢詩集
日本古典文学全集
4世紀ごろより中国から入ってきた漢籍を訓読によって日本語化し、さらには本家に倣って「漢詩」をつくるようになる。飛鳥時代の大友皇子や大津皇子にはじまり、平安期には ...
12. 文武天皇即位詔[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
13. 葵祭
日本大百科全書
せられた。しかし、前日(申(さる)の日)に山城(やましろ)国司の行う賀茂国祭は早く698年(文武天皇2)に行われたことが『続日本紀(しょくにほんぎ)』にみえる。 ...
14. あおねがみね【青根ヶ峯】奈良県:吉野郡/吉野町/吉野町
日本歴史地名大系
桃花里を経て下市町で、南流すると槇尾川・黒滝川・丹生川となってそれぞれ吉野川に注ぐ。「続日本紀」文武天皇二年四月二九日条に「奉馬于芳野水分峯神、祈雨也」とある。 ...
15. あかみむら【赤見村】栃木県:佐野市
日本歴史地名大系
連ねている(「野州石灰竈主連印一札」神山茂文書)。明治七年の産出高は二千七〇〇石(前掲取調書)。沼鉾神社は文武天皇二年(六九八)の勧請とも伝えられるが、建仁三年 ...
16. あがたのいぬかいの-おおとも【県犬養大伴】
日本人名大辞典
壬申(じんしん)の乱(672)のとき大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがい東国にいき,功をたてる。文武天皇5年1月29日死去。正広参の位を追贈された。名 ...
17. あがたのいぬかいのみちよ【県犬養三千代】
国史大辞典
し、葛城王(橘諸兄)・佐為王(橘佐為)・牟漏女王(藤原房前の妻、永手・真楯の母)を生んだが、文武天皇初年ごろなぜか離別し、藤原不比等と結婚、大宝元年(七〇一)に ...
18. あきつみかみ【現御神】
国史大辞典
まって、『万葉集』にも天武・持統両天皇を「大君は神にしませば」と宮廷歌人らが歌いあげている。文武天皇の即位の宣命には、「現御神と大八嶋国知(しろ)しめす天皇」と ...
19. あこのおかのえのみささぎ【安古岡上陵】
国史大辞典
文武天皇(もんむてんのう)  ...
20. あこのみささぎ【安古山陵】
国史大辞典
文武天皇(もんむてんのう)  ...
21. あさなみほんだにむら【浅海本谷村】愛媛県:北条市
日本歴史地名大系
高日(比)子根命・八重事代主命を祀る葛城神社(旧村社)がある。同社は文武天皇の頃の創立と伝え、元久年中(一二〇四―〇六)に浅海太郎頼季、正平年中(一三四六―七〇 ...
22. あすかじだい【飛鳥時代】
国史大辞典
都はその後一時難波と近江にうつるが、壬申の乱後飛鳥にもどり、天武・持統両天皇による『浄御原令』の編集・施行、文武天皇による『大宝律令』の施行により、天皇中心の律 ...
23. 飛鳥時代(年表)
日本大百科全書
)皇后即位(持統天皇)。庚寅年籍をつくる694(持統8)藤原京遷都697(文武1)持統天皇、文武天皇に譲位698(文武2)渤海建国701(大宝1)大宝律令施行。 ...
24. あたごじんじゃ【愛宕神社】群馬県:館林市/館林城下/木挽町
日本歴史地名大系
[現]館林市西本町 市街地の西端付近、旧木挽町北方にある。祭神は火産霊命ほか六柱。社伝によると文武天皇四年(七〇〇)役小角が山城国愛宕社の祭神を勧請したという。 ...
25. あたごじんじゃ【愛宕神社】新潟県:上越市/旧直江津市地区/国分寺村
日本歴史地名大系
七〇)現在地に遷座したと伝える。創祀時期は不明だが、「中頸城郡誌」によると、天武天皇の時代、文武天皇の時代、延暦元年(七八二)に勧請したという三つの伝えがあり、 ...
26. あべの-すくなまろ【阿倍宿奈麻呂】
日本人名大辞典
阿倍比羅夫(ひらふ)の子。大宝(たいほう)2年(702)持統天皇の葬儀の造大殿垣司,慶雲(きょううん)4年文武天皇の葬儀の造御竈司をつとめた。慶雲2年参議をへず ...
27. あべの-なかまろ【阿倍仲麻呂】
日本人名大辞典
698/701−770 奈良時代の遣唐留学生,唐(とう)(中国)の官吏。文武天皇2/大宝(たいほう)元年生まれ。養老元年吉備真備(きびの-まきび),僧玄 ...
28. あべのみうし【阿倍御主人】
国史大辞典
嶋真人とともに奏賀した。同八年正広肆を授けられ、封二百戸を増し計五百戸となる。同十年大納言。文武天皇四年(七〇〇)正広参。翌大宝元年(七〇一)正従二位を授けられ ...
29. あまのまむねとよおおじのすめらみこと【天之真宗豊祖父天皇】
日本人名大辞典
文武天皇(もんむてんのう) ...
30. あまみおおしま【奄美大島】
国史大辞典
『日本書紀』斉明天皇三年(六五七)条に「海見嶋」、天武天皇十一年(六八二)条に「阿麻弥人」、『続日本紀』文武天皇三年(六九九)条に「菴美」、和銅七年(七一四)条 ...
31. あまみおおしま【奄美大島】鹿児島県:大島郡
日本歴史地名大系
ている。〔琉球時代以前〕「日本書紀」斉明天皇三年(六五七)七月三日条に「海見」、「続日本紀」文武天皇三年(六九九)七月一九日条に「菴美」とみえるのをはじめ、七世 ...
32. あめのかぐやま【天香久山】奈良県:橿原市/大和三山
日本歴史地名大系
春過ぎて夏来るらし白栲の衣乾したり天の香具山 (「万葉集」巻一)平城遷都以後は神山としての意識もしだいに薄れ、文武天皇四年八月三日には樹木が枯死したことがあり( ...
33. あやぐん【阿野郡】香川県:讃岐国
日本歴史地名大系
姓制定に際し朝臣の姓を授けられた綾君は阿野郡を本拠とした豪族である。阿野郡の人綾公菅麻呂らは文武天皇三年(六九九)に朝臣の姓を賜ったが、養老五年(七二一)の造籍 ...
34. あやの-すがまろ【綾菅麻呂】
日本人名大辞典
?−? 奈良時代の豪族。讃岐(さぬき)(香川県)阿野(あや)郡の人。先祖は文武天皇3年に朝臣(あそん)の姓(かばね)をゆるされたが,養老5年の戸籍で削除された。 ...
35. ありまのみこ【有間皇子】
日本架空伝承人名事典
申すなり。有馬の皇子かくの如くまどひありき給ふやうを聞きて世の人あはれがり申しけり。大宝元年に文武天皇と申すみかど、紀の国に幸し給ひて遊ばせ給ひける御ともに、人 ...
36. あわぐん【安房郡】千葉県
日本歴史地名大系
安房郡と名付けたと伝えている(古語拾遺)。藤原宮跡出土木簡に「己亥年十月上挟国阿波評松里」とみえ、己亥年(文武天皇三年)とあることから大化改新後の評里制が大宝律 ...
37. 粟田真人
日本大百科全書
。689年(持統天皇3)筑紫大宰(つくしのだざい)であったと『日本書紀』にみえる。700年(文武天皇4)大宝律令撰定の功を賞せられ、翌年遣唐使および参議に任ぜら ...
38. あわたのまひと【粟田真人】
国史大辞典
奈良時代前期の公卿。天武天皇十年(六八一)小錦下(従五位下相当)、同十三年に朝臣と賜姓。筑紫大宰を経て文武天皇四年(七〇〇)『大宝律令』の編纂に参加。大宝元年( ...
39. あわたの-まひと【粟田真人】
日本人名大辞典
小錦下(しょうきんげ)の位をさずかり,持統天皇のとき筑紫大宰(つくしのだざい)の任にあった。文武天皇4年大宝律令の撰定に参加。大宝2年遣唐使として唐(中国)にわ ...
40. あわのくに【安房国】千葉県地図
日本歴史地名大系
もって再設置されている。これらの変遷を示す具体的な史料としては、郡評論争に決着をつけた木簡として著名な、文武天皇三年(六九九)の(一)「己亥年十月上挟国阿波評松 ...
41. いおうじ【医王寺】愛知県:宝飯郡/小坂井町/篠束村
日本歴史地名大系
る。天牛山と号し、曹洞宗。寺伝によると鳳来寺(現南設楽郡鳳来町)と草鹿砥公宣卿の故事により、文武天皇の勅命で薬師如来を安置して大宝元年(七〇一)に創立されたとい ...
42. いきのはかとこ【伊吉博徳】
国史大辞典
、小野毛野とともに遣新羅使に任命されて同年八月出発。時に務大弐。のち律令の撰定にたずさわり、文武天皇四年(七〇〇)・大宝元年(七〇一)・同三年に功を賞せられる。 ...
43. いくさのおおきみ【軍王】
日本人名大辞典
斉明天皇7年(661)百済(くだら)(朝鮮)に帰国した百済の王子余豊璋(よ-ほうしょう)とする説,文武天皇のころの人物とする説などがある。「こにきしのおおきみ」 ...
44. いしおかし【石岡市】茨城県
日本歴史地名大系
惣領めしめき。時に、我姫の道、分れて八の国と為り、常陸の国、其の一に居れり。と記されている。「続日本紀」文武天皇四年一〇月一五日条に「直広参百済王遠宝為 ...
45. いしかわのとすのいらつめ【石川刀子娘】
国史大辞典
七世紀の女性。文武天皇の嬪で、広成・広世二皇子の母。文武天皇元年(六九七)八月、紀朝臣竈門(かまど)娘とともに嬪となった。同天皇が崩じて六年を経た和銅六年(七 ...
46. いしかわの-とすのいらつめ【石川刀子娘】
日本人名大辞典
?−? 飛鳥(あすか)-奈良時代,文武天皇の嬪(ひん)。石川広成の母。文武天皇元年(697)紀竈門娘(きの-かまどのいらつめ)とともに天皇の嬪となるが,和銅6年 ...
47. い‐じょう[‥ジャウ]【以上・已上】
日本国語大辞典
〓以下(いか・いげ)。*続日本紀‐文武天皇元年〔697〕八月壬辰「賜〓王 ...
48. いずしよとう【伊豆諸島】東京都:総論地図
日本歴史地名大系
田史名倉が乗輿を指斥したことにより「伊豆嶋」に流されたとみえる(同年四月一一日条)。「続日本紀」では、まず文武天皇三年(六九九)五月二四日条に役君小角が「伊豆嶋 ...
49. いずみのないしんのう【泉内親王】
日本人名大辞典
飛鳥(あすか)-奈良時代,天智(てんじ)天皇の皇女。母は忍海色夫古娘(おしぬみの-しこぶこのいらつめ)。文武天皇5年伊勢斎宮となり,慶雲(きょううん)3年しりぞ ...
50. いせじんぐう【伊勢神宮】三重県:伊勢市
日本歴史地名大系
除を請うたことなどが記され、まだ伊勢地方の守護神としての性格を残していた。しかし「続日本紀」文武天皇三年八月条によれば「奉〓于南嶋 ...
「文武天皇」の情報だけではなく、「文武天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

文武天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「文武天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
三条天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇一一―一六在位。貞元元年(九七六)正月三日、冷泉天皇の第二皇子として誕生。母は藤原兼家の女超子。諱は居貞。天元元年(九七八)十一月二十日、親王宣下。寛和二年(九八六)七月十六日、十一歳で兼家の南院第において元服。同日、立太子
花山天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
九八四―八六在位。諱は師貞(もろさだ)。出家ののち入覚と号した。冷泉天皇の第一皇子、母は太政大臣(一条摂政)藤原伊尹の女の女御懐子。安和元年(九六八)十月二十六日誕生、同二年八月十三日立太子、永観二年(九八四)八月二十七日叔父円融天皇
円融天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
九六九―八四在位。諱は守平。天徳三年(九五九)三月二日村上天皇の第五皇子として生まる。母は藤原師輔の女安子。康保四年(九六七)九月一日、同母兄冷泉天皇の皇太弟となり、安和二年(九六九)八月十三日受禅、同九月二十三日即位。永観二年(九八四)
冷泉天皇(日本大百科全書(ニッポニカ))
第63代天皇(在位967~969)。村上(むらかみ)天皇第二皇子。母は藤原師輔(もろすけ)の娘安子。諱(いみな)は憲平(のりひら)。藤原元方(もとかた)の娘元子の生んだ広平親王を越えて皇太子となったので、元方は落胆のあまり病死し、天皇が物の怪
村上天皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第62代天皇(在位946~967)。醍醐(だいご)天皇第14皇子。名は成明(なりあき)、母は太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)の女(むすめ)穏子(おんし)。朱雀(すざく)天皇の同母弟。944年(天慶7)19歳で皇太子となり、946年禅を受け即位
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る