1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 清和天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
清和天皇
せいわてんのう
八五〇 - 八〇
八五八―七六在位。文徳天皇の第四皇子。母は藤原良房の女明子。諱は惟仁。嘉祥三年(八五〇)三月二十五日、良房の一条第で生まれ、同年十一月二十五日第一皇子で紀名虎の女の生んだ惟喬親王を越えて皇太子となり、天安二年(八五八)八月二十七日に文徳天皇死去のあとを受けて九歳で践祚。政治は外祖父で太政大臣の良房に委ね、貞観六年(八六四)の元服後も変わらず、同八年応天門の変が起ると、改めて勅命により天下の政治を摂行させ人臣摂政の例を開き、『続日本後紀』を編纂し、『貞観交替式』『貞観格』『貞観式』を施行した。同十四年の良房の死後はその養子基経の輔佐によりみずから政治をみた。天皇は学問を好み、鷹狩などは好まなかったといわれる。同十八年十一月二十九日、皇太子貞明親王(陽成天皇)に譲位し、元慶三年(八七九)五月八日夜落飾入道。法諱は素真。翌年十二月四日粟田院で死去。三十一歳。京都の水尾に葬ったので水尾帝とも称する。
[参考文献]
佐伯有清『伴善男』(『人物叢書』一五六)、櫛田良洪『真言密教成立過程の研究』、目崎徳衛「惟喬・惟仁親王の東宮争い」(『日本歴史』二一二)、水原一「惟喬・惟仁位争い説話について」上(『駒沢大学文学部研究紀要』三三)
(福井 俊彦)

水尾山陵(みずのおやまのみささぎ)

 京都市右京区嵯峨水尾清和の水尾山の山腹にあり、愛宕山の西南二キロの山間狭隘の地で、陵形は地を方形に画するのみである。『三代実録』によると元慶四年(八八〇)十二月七日洛東の上粟田山に火葬し、かねて終焉の地と定めおかれたこの地に葬り、水尾山陵と称されたが、薄葬の遺詔に従って山陵を起さず、『延喜式』諸陵寮は当陵を載せていない。陵下の水尾の里には天皇に関する遺跡もあり、古来その所伝を失わず、幕末修陵の際に修治を加えた。火葬塚は左京区黒谷町の金戒光明寺の裏山にある経塚と称する塚で、大正十五年(一九二六)に治定された。
[参考文献]
上野竹次郎『山陵』上
(戸原 純一)


日本大百科全書(ニッポニカ)
清和天皇
せいわてんのう
[850―880]

第56代天皇(在位858~876)。文徳(もんとく)天皇第四皇子。母は藤原良房(よしふさ)の女明子(むすめあきらけいこ)。諱(いみな)は惟仁(これひと)。水尾(みずのお)帝ともいう。文徳天皇は紀名虎(きのなとら)の女静子の生んだ惟喬(これたか)親王を皇太子とすることを願っていたが、藤原氏の威勢を背景に惟仁親王が850年(嘉祥3)に立太子し、858年(天安2)9歳で即位した。幼齢であったので、外祖父良房が太政(だいじょう)大臣として大権を行使し、元服を終えた866年(貞観8)には良房に対し天下の政を摂行せよとの勅を下し、天皇成人後も良房が大権を行使するというあり方の確認を行っている。職名としての摂政(せっしょう)・関白は使われていないが、良房は摂政・関白の実を行ったと考えられる。在世中応天門が焼け落ちるという事件(866)が起こったが、律令(りつりょう)支配の困難さは深刻化していたとはいえ、概して静謐(せいひつ)のまま終わったようである。18年の在位後876年陽成(ようぜい)天皇に譲位。879年(元慶3)5月落飾(らくしょく)入道し、11月粟田山(あわたやま)荘円覚寺に遷幸し、12月4日崩御。嵯峨(さが)の水尾(みずお)陵に葬る。
[森田 悌]



世界大百科事典
清和天皇
せいわてんのう
850-880(嘉祥3-元慶4)

第56代に数えられる天皇。在位858-876年。文徳天皇と藤原良房女の女御明子との間に生まれ,名を惟仁(これひと)という。祖父仁明天皇と曾祖母の太皇太后橘嘉智子の相つぐ死によって,生後わずか9ヵ月で父文徳天皇の皇太子となり,さらに文徳天皇の急死によって,未成年の9歳で即位する異例を開いた。この異例の背後には外祖父良房の巨大な存在があり,良房は太政大臣として幼帝の大政を摂行した。いわゆる人臣摂政のはじめである。しかし,文徳朝には長兄惟喬(これたか)親王を擁立しようとする紀氏らの動きがあり,清和朝の866年(貞観8)には〈応天門の変〉が起こるなど,政争がくり返された。清和天皇は病弱で政治をいとい,27歳で9歳の皇子陽成天皇に譲位して仏門に入り,畿内の諸寺院を巡拝するなど信仰は熱烈をきわめた。ついに丹波国の水尾山寺(みのおさんじ)に入ろうとしたが,果たさずに没した。その皇后は《伊勢物語》に〈二条の后〉と呼ばれる藤原高子。
[目崎 徳衛]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
清和天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 840
検索コンテンツ
1. 惟仁親王・清和天皇
日本史年表
858年〈天安2 戊寅②〉 8・27 文徳天皇没し、 惟仁親王(清和天皇) 践祚(文徳実録・三実)。 858年〈天安2 戊寅②〉 11・7 清和天皇 即位(九歳 ...
2. 〓和天皇(せいわてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 18ページ ...
3. 清和天皇
日本大百科全書
第56代天皇(在位858~876)。文徳(もんとく)天皇第四皇子。母は藤原良房(よしふさ)の女明子(むすめあきらけいこ)。諱(いみな)は惟仁(これひと)。水尾( ...
4. 清和天皇
世界大百科事典
の動きがあり,清和朝の866年(貞観8)には〈応天門の変〉が起こるなど,政争がくり返された。清和天皇は病弱で政治をいとい,27歳で9歳の皇子陽成天皇に譲位して仏 ...
5. せいわ‐てんのう[‥テンワウ]【清和天皇】
日本国語大辞典
第五六代天皇。文徳天皇の第四皇子。母は太政大臣藤原良房の娘明子。名は惟仁(これひと)。天安二年(八五八)八歳で即位。在位中に応天門の変が起こり、その後良房が摂政 ...
6. せいわてんのう【清和天皇】
国史大辞典
八五〇―八〇 八五八―七六在位。文徳天皇の第四皇子。母は藤原良房の女明子。諱は惟仁。嘉祥三年(八五〇)三月二十五日、良房の一条第で生まれ、同年十一月二十五日第 ...
7. せいわてんのう【清和天皇】
日本人名大辞典
850−881* 平安時代前期,第56代天皇。在位858-876。嘉祥(かしょう)3年3月25日生まれ。文徳天皇の第4皇子。母は藤原明子。父の死で,天安2年9歳 ...
8. 清和天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:1件 『土御門上皇清和天皇祭典誌』文武館(編刊)『清和天皇の御受戒と御灌頂に就きて』御橋悳言 ...
9. 〓和天皇出家 (見出し語:〓和天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 862ページ ...
10. 〓和天皇號水尾天皇 (見出し語:〓和天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 944ページ ...
11. 〓和天皇山陵 (見出し語:〓和天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 991ページ ...
12. 〓和天皇行脚 (見出し語:〓和天皇)
古事類苑
宗教部 洋巻 第2巻 708ページ ...
13. 惟仁親王東宮諍 (見出し語:〓和天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1372ページ ...
14. せいわてんのうしゃ【清和天皇社】京都市:右京区/水尾村地図
日本歴史地名大系
[現]右京区嵯峨水尾大岩 清和天皇を祀り、水尾の産土社。旧村社。境内には水尾の最初の産土神と伝える四所神社(権現)が摂社として祀られる。しかしいずれも創始年代は ...
15. せいわてんのうりょう【清和天皇陵】京都市:右京区/水尾村地図
日本歴史地名大系
[現]右京区嵯峨水尾 水尾村の西、清和山中腹にあり、別に水尾山陵という。清和天皇は文徳天皇第四皇子で、母は藤原明子(良房女)。天安二年(八五八)九歳で即位。外祖 ...
16. あいだぐん【英田郡】岡山県
日本歴史地名大系
人は、財田祖麻呂の祖先一族であろうか。貞観元年(八五九)四月、英多郡はこの年一一月に行われる清和天皇の大嘗祭の主基に定められた(「三代実録」同月一五日条)。なお ...
17. あおうまのせちえ【白馬節会】
国史大辞典
る。はじめは豊楽(ぶらく)院で行われ、文徳天皇斉衡二年(八五五)には紫宸殿(『文徳実録』)、清和天皇貞観二年(八六〇)には豊楽院など不定だったが後には紫宸殿に定 ...
18. あがたぬしじんじゃ【県主神社】岐阜県:美濃加茂市/太田村
日本歴史地名大系
を本拠とする国造の祖となり、それぞれの国造・県主は血縁関係があったことになる。社伝によると、清和天皇の代に、美濃国司中納言在原行平が、霊地たるにより大社に修造し ...
19. あさすけおう【朝右王】
日本人名大辞典
?−? 平安時代前期の官吏。貞観(じょうがん)6年(864)清和天皇元服の日に無位から従四位下となり,11年美作守(みまさかのかみ)となった。 ...
20. あさまじんじゃ【浅間神社】山梨県:東八代郡/一宮町/一ノ宮村
日本歴史地名大系
た。貞観七年(八六五)一二月九日に現在地に遷地したという(甲斐国志)。「三代実録」同日条に、清和天皇の勅令により甲斐国八代郡に浅間明神祠を立て、官社に列して祝・ ...
21. あさまつりごと【朝政】
国史大辞典
しかし鎌倉時代の書であるからこの話の信頼度は低い。『今昔物語集』二七ノ九には朝庁を「アサマツリゴト」と読ませ、清和天皇の時の太政官庁での早朝の政務に際しての怪異 ...
22. 排蘆小船(近世随想集) 366ページ
日本古典文学全集
り下手あり、これを学び心懸くる人あり。されば万葉には、人丸、赤人を歌の達人として「山柿」と処々にいへり。善し悪しを云ふゆゑに、上手下手の分かち出で来、よく詠まむ ...
23. あすか【飛鳥】奈良県:高市郡/明日香村
日本歴史地名大系
本紀、正倉院文書)、平安時代にはそれもほとんど廃された。古都への郷愁は飛鳥巡礼となって現れ、清和天皇・藤原道綱の母・藤原道長などが当地を訪れている。和銅三年庚戌 ...
24. あたごやま【愛宕山】
国史大辞典
標高九二四メートル。丹波との国境をなす。頂上に愛宕(阿多古)神社、その東の峰に月輪寺があり、西の谷水尾は清和天皇が退位後住せられたところとしてその陵がある。山は ...
25. あたごやま【愛宕山】 : 愛宕山/(一)
国史大辞典
標高九二四メートル。丹波との国境をなす。頂上に愛宕(阿多古)神社、その東の峰に月輪寺があり、西の谷水尾は清和天皇が退位後住せられたところとしてその陵がある。山は ...
26. あつこないしんのう【敦子内親王】
日本人名大辞典
?−930 平安時代前期-中期,清和天皇の皇女。母は藤原高子(こうし)。元慶(がんぎょう)元年(877)賀茂(かもの)斎院となり,4年天皇の死によりしりぞき,紫 ...
27. ありはらの-ぶんし【在原文子】
日本人名大辞典
?−? 平安時代前期,清和天皇の更衣。在原行平の娘。貞観(じょうがん)17年(875)貞数(さだかず)親王を,のち包子(かねこ)内親王を生む。 ...
28. ありはらのゆきひら【在原行平】
国史大辞典
仁和三年(八八七)致仕。寛平五年(八九三)七月十九日没す。七十六歳。子に遠瞻・友于があり、女は清和天皇の後宮に入り、貞数親王らを生んだ。民政に有能で、大宰権帥と ...
29. 在原業平
世界大百科事典
の権勢に批判的な立場をとる《大鏡》では,歴史のたいせつなひとこまとして語られている。(2)は清和天皇のもとに入内する前の二条后(高子)との密通の話として,他の恋 ...
30. ありわらのなりひら【在原業平】
日本架空伝承人名事典
歴史のたいせつなひとこまとして語られている。〓清和天皇のもとに入内する前の二条后(高子)との密通の話として、他の恋愛譚を合わせて発展し、『古事談』 ...
31. あわがじんじゃ【粟鹿神社】
国史大辞典
たとしている。奈良時代神封二戸、仁明天皇承和十二年(八四五)七月無位粟鹿神に従五位下を授け、清和天皇貞観十六年(八七四)三月正五位上に陞された。醍醐天皇延喜の制 ...
32. あわた【粟田】京都市:東山区/粟田口村
日本歴史地名大系
粟田の地は、平安時代には貴紳の邸館が営まれること多く、藤原道長の兄、関白道兼はこの地の山荘に住み、世に粟田殿(大鏡)、粟田関白(尊卑分脈)と称せられている。これ ...
33. あわたごう【粟田郷】京都市:山城国(京都市域)郡郷/愛宕郡
日本歴史地名大系
ど多くの貴族たちの別業が営まれていた。殊に道兼は粟田殿とよばれた(大鏡)。上粟田郷については清和天皇没後の記事として「奉〓葬 ...
34. あわの-ますまろ【粟鱒麻呂】
日本人名大辞典
?−? 平安時代前期の官吏。清和天皇,陽成天皇につかえる。明法(みょうぼう)博士となり,貞観(じょうがん)4年(862)大判事に任じられた。阿波(あわ)(徳島県 ...
35. あんぱちぐん【安八郡】岐阜県
日本歴史地名大系
は太政大臣藤原良房の家領であったが、同四年九月八日民部省符によって良房の娘明子の産んだ惟仁(清和天皇)加護のため建立された同寺に施入、残り田六町は安八郡大領守部 ...
36. イエズス会士中国書簡集 5 紀行編 261ページ
東洋文庫
された戦闘で死んだものの肉を食する習慣については全然触れていない。四一 『中山世鑑』にかれは清和天皇の孫、六孫王より七世の後胤、六条判官為義の八男、鎮西八郎為朝 ...
37. いえはらの-よしむね【家原善宗】
日本人名大辞典
平安時代前期の医師。斉衡(さいこう)2年(855)姓(かばね)が連(むらじ)から宿禰(すくね)となる。清和天皇の侍医をつとめ,貞観(じょうがん)8年従五位下。1 ...
38. いおきべの-うつなり【五百木部全成】
日本人名大辞典
?−? 平安時代前期の医師。清和天皇,ついで陽成(ようぜい)天皇の侍医をつとめ,元慶(がんぎょう)2年(878)尾張権介(おわりのごんのすけ)をかねた。 ...
39. いかだちのしょう【伊香立庄】滋賀県:大津市/北部地域
日本歴史地名大系
立券の時期は不明であるが、「日吉社神道秘密記」には病平癒の祈祷に験のあった報償として、染殿后(清和天皇母)が当庄を無動寺を開いた相応に寄進したとみえる。中世にお ...
40. 医学
世界大百科事典
出雲広貞,安倍真直に編集させ,808年(大同3)《大同類聚方》100巻として結実した。さらに清和天皇の貞観年間(859-877)に《金蘭方》50巻がつくられた。 ...
41. いきのこれお【伊伎是雄】
国史大辞典
代々亀卜に従事した家に生まれ、最もその術に長じて独歩と称された。嘉祥三年(八五〇)東宮宮主(みやじ)となり、清和天皇即位により宮主に転じ、貞観五年(八六三)正月 ...
42. いきの-これお【伊伎是雄】
日本人名大辞典
その術にもっとも熟達し,独歩と称される。嘉祥(かしょう)3年(850)東宮宮主(みやじ),ついで即位後の清和天皇の宮主。伊伎宿禰(すくね)の氏姓をあたえられ,貞 ...
43. いくねじんじゃ【生根神社】大阪府:大阪市/西成区/勝間村地図
日本歴史地名大系
が、近年は境内に据えたままで、一回り小さく作替えた「だいがく」が巡行している。社伝によれば、清和天皇の時、旱魃に苦しんだ農民が、日本六六ヵ国の一宮の御神灯六六個 ...
44. いせじんぐう【伊勢神宮】三重県:伊勢市
日本歴史地名大系
御拝(天皇が神宮・賢所を毎朝遥拝する)が始まり、翌年には正月一日の四方拝も始まり恒例化した。清和天皇の頃伊勢斎王の卜定・初斎院入・野宮入・群行による伊勢斎宮入ま ...
45. 伊勢物語 115ページ
日本古典文学全集
引敷物にひじき藻の意をかける。二条后高子(八四二~九一〇)は、藤原長良女。貞観八年(八六六)、清和天皇の女御となる。陽成天皇の母。『大和物語』百六十一段の前半部 ...
46. 伊勢物語 119ページ
日本古典文学全集
七 八  二条后を示す注めいた部分。→一一五ページ注一四。藤原良房女の染殿后。文徳天皇女御で、清和天皇の生母。「女御」は、後宮の女官で、天皇の御寝所に侍する。中 ...
47. 伊勢物語 128ページ
日本古典文学全集
夜の物までおくりてよめる。  有常の妹静子所生の文徳天皇第一皇子惟喬親王が即位せず、藤原氏所生の惟仁親王(清和天皇)が即位したのをふまえ、有常失意のことをいうか ...
48. 伊勢物語 142ページ
日本古典文学全集
筐では水は漏れるばかりである。〔二九〕 春宮(皇太子)を生んだ母の女御。二条后のことかという。二条后高子は清和天皇の女御で、陽成天皇となった皇太子貞明親王の母で ...
49. 伊勢物語 166ページ
日本古典文学全集
それより皇居・天皇を意味するようになった。ここでは天皇の意で、本段末尾に「水の尾の御時なるべし」とあるように、清和天皇に擬しているらしい。「色」は禁色で、衣服の ...
50. 伊勢物語 167ページ
日本古典文学全集
いきかよひ 六十五  としたようである。「大御息所」とは、帝の生母である女御・更衣をいう。帝を清和天皇とすると、その母、文徳天皇女御で良房女の染殿后明子に当り、 ...
「清和天皇」の情報だけではなく、「清和天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

清和天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「清和天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る