1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 村上天皇
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本大百科全書(ニッポニカ)
村上天皇
むらかみてんのう
[926―967]

第62代天皇(在位946~967)。醍醐(だいご)天皇第14皇子。名は成明(なりあき)、母は太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)の女(むすめ)穏子(おんし)。朱雀(すざく)天皇の同母弟。944年(天慶7)19歳で皇太子となり、946年禅を受け即位。治政の当初基経の子忠平(ただひら)を関白(かんぱく)とし執政させたが、949年(天暦3)忠平の死後は関白を置かず、親政を行った。律令(りつりょう)制の解体は進み、大嘗会(だいじょうえ)を執行するにあたり国庫のみでは十分に賄えず、忠平の私財に依存するなど、財政状況は悪化していた。ただし忠平死後はその息実頼(さねより)が太政官の首班として治安維持や収取確保に努め、小康を得ていたようである。文化面では和歌所(わかどころ)が設置され、「天徳歌合(てんとくうたあわせ)」(960)や『後撰(ごせん)和歌集』の編纂(へんさん)が行われるなど目覚ましく、皇朝十二銭の最後たる乾元(けんげん)大宝の鋳造が行われたのも村上朝であった。親政を行い、菅原文時(すがわらのふみとき)の意見封事を用い、公卿(くぎょう)登用において比較的公正な人事が行われたことから、後世醍醐天皇の「延喜(えんぎ)の治(ち)」とともに「天暦(てんりゃく)の治」とよばれ、聖代として賛仰された。日記『天暦御記』がある。
[森田 悌]



世界大百科事典
村上天皇
むらかみてんのう
926-967(延長4-康保4)

第62代に数えられる天皇。在位946-967年。父は醍醐天皇,母は皇后穏子(おんし)(藤原基経女)。諱(いみな)は成明(なりあきら)。誕生の年に親王,940年(天慶3)元服,944年東宮,946年同母兄朱雀天皇が譲位して即位。治世の初めに関白忠平が没してからは親政を行った。資性聡明で学芸に造詣深く,この時代は《後撰和歌集》の撰進もあり,詩合や歌合なども盛んで,華やかな後宮を背景に宮廷文化が栄えた。政治にも関心深く,朝儀にも精通しみずから儀式書《清涼記》を撰したが現在一部分のみを伝える。天皇の日記《村上天皇御記》は《天暦御記》とも称し,宇多天皇・醍醐天皇の両《御記》とともに尊重されたが,逸文を加え,一部のみ伝存する。治世は後代〈天暦の治〉(延喜・天暦の治)と称えられたが,律令体制の衰退は覆うべくもなかった。また親政とはいえ忠平の子実頼,師輔らが政権に並び,皇后安子(あんし)(師輔女)の影響力も大きく,外戚の力は無視しえない。陵は村上陵(京都市右京区)。
[黒板 伸夫]

[索引語]
清涼記 安子
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
村上天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1570
検索コンテンツ
1. 成明親王・村上天皇
日本史年表
成明親王 を皇太弟とする(紀略)。 946年〈天慶9 丙午〉 4・20 朱雀天皇 譲位、 成明親王(村上天皇) 受禅(紀略)。 967年〈康保4 丁卯〉 5・2 ...
2. 村上天皇
日本大百科全書
第62代天皇(在位946~967)。醍醐(だいご)天皇第14皇子。名は成明(なりあき)、母は太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)の女(むすめ)穏子(おんし ...
3. 村上天皇
世界大百科事典
政治にも関心深く,朝儀にも精通しみずから儀式書《清涼記》を撰したが現在一部分のみを伝える。天皇の日記《村上天皇御記》は《天暦御記》とも称し,宇多天皇・醍醐天皇の ...
4. むらかみ‐てんのう[‥テンワウ]【村上天皇】
日本国語大辞典
乾元太宝の鋳造などを行ない、後世「天暦の治」と呼ばれる政治上・文化上の一時期を現出した。日記に「村上天皇御記」(天暦御記)がある。陵墓は京都市右京区鳴滝宇多野谷 ...
5. むらかみてんのう【村上天皇】
国史大辞典
皇后とした。後宮には女御・更衣十人をいれ、冷泉・円融天皇など男女十九人を儲けた。歌集に『村上天皇御集』があり、『村上天皇宸記』および天皇撰と伝える『清涼記』など ...
6. 村上天皇(むらかみてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 20ページ ...
7. むらかみてんのう【村上天皇】
日本人名大辞典
墓所は村上陵(みささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は成明(なりあきら)。別名に天暦帝。法名は覚貞。日記に「村上天皇御記」。【格言など】円居(まとゐ)してみれ ...
8. 村上天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:3件 『書道全集 12』-『後撰集の撰集 村上天皇と後宮』杉谷寿郎『村上天皇とかなの御日記』森田兼吉『歴世記録考 ...
9. 村上天皇御記
世界大百科事典
村上天皇の日記。《天暦御記》などともよばれる。もと30巻あったと推定されるが,現在は散逸し,わずかに《延喜天暦御記抄》の中に一部分が伝わり,また949年(天暦3 ...
10. 『村上天皇宸記』
日本史年表
947年〈天暦元(4・22) 丁未⑦〉 この年 村上天皇、 『村上天皇宸記』 を記す(~康保4年)。  ...
11. むらかみてんのうしんき【村上天皇宸記】
国史大辞典
村上天皇の日記。天皇の代始の年号に因んで『天暦御記』ともいう。また『醍醐天皇宸記』とともに二代御記、さらに『宇多天皇宸記』を加えて三代御記と併称される。その巻 ...
12. むらかみてんのうりょう【村上天皇陵】京都市:右京区/鳴滝村地図
日本歴史地名大系
[現]右京区鳴滝宇多野谷 円融天皇陵の北、村上山山頂にあり、南面する小円墳。村上天皇は醍醐天皇の第一四子で、母は藤原穏子(基経女)。天慶九年(九四六)即位、康保 ...
13. 村上天皇御即位部類記(著作ID:4399724)
新日本古典籍データベース
むらかみてんのうごそくいぶるいき 部類記  ...
14. 天暦御記(著作ID:1463634)
新日本古典籍データベース
てんりゃくぎょき 村上天皇御記 村上天皇宸記 村上天皇(むらかみてんのう) 日記  ...
15. 後村上天皇
日本大百科全書
南北朝時代初期の(南朝第2代)天皇(在位1339~68)。名は義良(のりよし)(「のりなが」とも読む)。後醍醐(ごだいご)天皇の皇子。母は阿野廉子(あのれんし) ...
16. 後村上天皇
世界大百科事典
1328-68(嘉暦3-正平23・応安1) 第97代に数えられる天皇。在位1339-68年。後醍醐天皇の第8皇子。名は初め憲良,のち義良。母は新待賢門院阿野廉子 ...
17. ごむらかみ‐てんのう[‥テンワウ]【後村上天皇】
日本国語大辞典
第九七代南朝の天皇。後醍醐天皇の皇子。母は新待賢門院廉子。名は義良(のりよし)。元弘三年(一三三三)北畠顕家とともに陸奥に赴いて、東北の鎮護にあたった。南北朝分 ...
18. ごむらかみてんのう【後村上天皇】画像
国史大辞典
正平二十三年三月十一日条、木村武夫『後村上天皇の聖蹟』、村田正志「後村上天皇と三光国師」(『村田正志著作集』一所収)、同「村手重雄氏蔵後村上天皇宸翰の考証」(同 ...
19. 後村上天皇(ごむらかみてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 32ページ ...
20. ごむらかみてんのう【後村上天皇】
日本人名大辞典
1328−1368 南北朝時代,第97代(南朝第2代)天皇。在位1339-68。嘉暦(かりゃく)3年生まれ。後醍醐(ごだいご)天皇の第7(または第8)皇子。母は ...
21. 後村上天皇[文献目録]
日本人物文献目録
林屋辰三郎『後村上天皇と三光国師』村田正志『後村上天皇と三光国師』村田正志『後村上天皇の継述の御精神』久保田収『正平七年の後村上天皇八幡行幸に就いて』木村武夫『 ...
22. 後村上天皇花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
23. 義良親王・後村上天皇
日本史年表
朝】正平12 丁酉⑦〉 5・‐ 後村上天皇 ,河内観心寺に行幸(観心寺文書)。 1359年〈【北朝】延文4・【南朝】正平14 己亥〉 12・23 後村上天皇 , ...
24. 後村上天皇御系(著作ID:2684017)
新日本古典籍データベース
ごむらかみてんのうごけい 系譜  ...
25. 後村上天皇住吉神社行幸 (見出し語:後村上天皇)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 254ページ ...
26. 後村上天皇山陵 (見出し語:後村上天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1017ページ ...
27. 後村上天皇諡 (見出し語:後村上天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 946ページ ...
28. あい‐かい【愛海】
日本国語大辞典
〔名〕仏語。愛欲の深く広いことを海にたとえていったことば。*本朝文粋〔1060頃〕一四・村上天皇為母后四十九日御願文〈大江朝綱〉「乃知八正分 ...
29. あい‐かい【愛海】
仏教語大辞典
情愛の深く広いことを海に喩えていった言葉。 本朝文粋 一四・村上天皇母后卌九日御願文〈後江相公〉 「乃知八正分源。断疑網於愛海。三明告暁。飛覚月於昏衢者也」  ...
30. あいぜんどう【愛染堂】和歌山県:伊都郡/高野町/高野山
日本歴史地名大系
勤行が遅れる羽目となり、「早退一類張行、可全両ケ之御願」との南朝綸旨が出され、正平九年(一三五四)二月には後村上天皇からも高野山寺領を安堵すべき旨の綸旨が出され ...
31. あうしゅく-ばい【鴬宿梅】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕村上天皇の時に、清涼殿の前の梅の木が枯れたので、代りの梅の木を探し出させたら、その木には「勅なればいともかしこし鴬の宿はと問はばいかが答へむ(歌意⇒「勅 ...
32. あおうまのせちえ【白馬節会】
国史大辞典
「降る雪に色も変らで牽くものを誰あを馬と名づけ初(そ)めけむ」(『兼盛集』)などとある。文献の上では村上天皇のころには白馬と書くようになったが、呼称はそのままと ...
33. あかさかじょう【赤坂城】
国史大辞典
らに率いられた鎌倉幕府軍の攻撃をうけ、食糧も尽きて陥落した。文和元年(正平七、一三五二)、後村上天皇が賀名生(あのう)を出て、この城に立ち寄り、摂津住吉に向かっ ...
34. あがたほ【英田保】石川県:河北郡
日本歴史地名大系
が領家に居住したという伝承が記載されている。南英田保は、正平九年(一三五四)一一月二二日の後村上天皇綸旨(水無瀬神宮文書)に「南県庄」とみえ、地頭職が水無瀬神宮 ...
35. あきづきのしょう【秋月庄】徳島県:阿波郡
日本歴史地名大系
延元三年(一三三八)一二月六日の後醍醐天皇綸旨(愛洲文書)、興国二年(一三四一)四月八日の後村上天皇綸旨(同文書)によれば、それぞれ愛洲七郎左衛門尉憲俊に当庄地 ...
36. あきひらにゅうどうしんのう【昭平入道親王】
日本人名大辞典
954−1013 平安時代中期,村上天皇の第9皇子。天暦(てんりゃく)8年生まれ。母は左大臣藤原在衡(ありひら)の娘正妃(せいひ)。貞元(じょうげん)2年親王宣 ...
37. あけのむら【明野村】山梨県:北巨摩郡
日本歴史地名大系
義村が奉行を解任された。建長五年(一二五三)には近衛家領になっているが、それ以前は冷泉院領(村上天皇の後院領)であった。南北朝期には山小笠原庄となる。戦国期には ...
38. あさどの【阿佐殿】
日本人名大辞典
−? 南北朝時代,後亀山(ごかめやま)天皇の中宮(ちゅうぐう)。応安4=建徳2年(1371)後村上天皇の女御(にょうご)嘉喜(かき)門院に紅葉ひと枝を献じ,その ...
39. あしかがたかうじ【足利尊氏】画像
国史大辞典
ここに北朝は同年八月、尊氏を征夷大将軍に任命、南軍不振のうちに、翌二年後醍醐天皇も吉野の行宮で世を去り、後村上天皇が践祚した。尊氏・直義はこれを悼み、その百箇日 ...
40. あしかがよしあきら【足利義詮】画像
国史大辞典
奉じた。ついで尊氏は兵を東国に進めて直義を討ち、義詮は京都を守ったが、南北の講和によって南朝の後村上天皇が男山に進出すると、義詮は南軍の強くなることを恐れてこれ ...
41. 排蘆小船(近世随想集) 368ページ
日本古典文学全集
のちに賀茂真淵の指導を受けることによって大いに変わることになる。第二番目の勅撰集。二〇巻。平安中期の天暦五年、村上天皇の勅命で和歌所が設置され、藤原伊尹が別当に ...
42. あじろのしょう【足代庄】大阪府:東大阪市/旧布施市地区/東足代村
日本歴史地名大系
西足代村(現生野区)辺りを領域とした庄園。網代庄とも記す。正平五年(一三五〇)七月一一日の後村上天皇綸旨案(妙心寺文書)に「河内国網代庄領家職」とみえる。この綸 ...
43. 飛鳥部常則
日本大百科全書
平安中期、村上(むらかみ)天皇(在位946~967)の時代に活躍した画人で、10世紀末に没した。『村上天皇御記』によると、955年(天暦9)の宸筆法華八講(しん ...
44. 飛鳥部常則
世界大百科事典
54年(天暦8)村上天皇筆の法華経の表紙絵,958年(天徳2)村上天皇の女御芳子の調度屛風,964年(康保1)には清涼殿に白沢王の像を描いたことなどが知られてい ...
45. あすかべのつねのり【飛鳥部常則】
国史大辞典
生没年不詳 平安時代中期の絵師。経則とも書く。天暦八年(九五四)に左衛門少志(さかん)で画所に出仕し、村上天皇の自筆の金字法華経の表紙絵を描き、康保元年(九六四 ...
46. あすかべの-つねのり【飛鳥部常則】
日本人名大辞典
?−? 平安時代中期の画家。宮廷に絵師としてつかえ,天暦(てんりゃく)8年(954)の村上天皇筆「法華経」の表紙絵や清涼殿の白沢王像,藤原彰子の入内(じゅだい) ...
47. あぜかわじょうあと【阿瀬川城跡】和歌山県:有田郡/清水町/中原村
日本歴史地名大系
拠点であった。正平三年(一三四八)正月、北朝方高師直の吉野行宮焼討(「太平記」ほか)以後、後村上天皇は湯浅党の勢力下にある当地に潜幸、阿瀬川城を一時行宮としたが ...
48. あそうごう【麻生郷】大阪府:貝塚市
日本歴史地名大系
後醍醐天皇綸旨(同文書)をもって丹生明神社に麻生郷知行を安堵した。しかし興国二年(一三四一)五月二八日の後村上天皇綸旨(同文書)で丹生明神社には麻生郷にかえて和 ...
49. あつただいぐうじまさよし【熱田大宮司昌能】
国史大辞典
建武三年(延元元、一三三六)五月の後醍醐天皇山門行幸および十月の京都還幸に供奉、側近として奉仕した。後村上天皇の時代になってもかわることなく、文和元年(正平七、 ...
50. あつみのしょう【厚見庄】大阪府:羽曳野市
日本歴史地名大系
しかしこの公文職をめぐっては幸盛と西琳寺の間に相論が起こり、興国四年(一三四三)四月四日の後村上天皇綸旨、同日の近衛三位中将家御教書案、同月二二日の楠木正行施行 ...
「村上天皇」の情報だけではなく、「村上天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

村上天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「村上天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る