1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 後冷泉天皇
国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
後冷泉天皇
ごれいぜいてんのう
一〇二五 - 六八
一〇四五―六八在位。万寿二年(一〇二五)八月三日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第一王子として誕生。母は藤原道長の女嬉子。諱は親仁。長元九年(一〇三六)十二月二十二日、親王宣下。長暦元年(一〇三七)七月二日、十三歳で元服。同年八月十七日、後朱雀天皇の皇太子となる。寛徳二年(一〇四五)正月十六日、二十一歳で受禅し、同年四月八日に即位。治暦四年(一〇六八)四月十九日、高陽院において崩御。四十四歳。御記として、『後冷泉院御記』十九巻があったことが、『殿暦』天永三年(一一一二)五月二十二日条、『中右記』同月二十五日条などにみえるが、今に伝わらない。また、『後拾遺和歌集』『金葉和歌集』『詞花和歌集』『新古今和歌集』『玉葉和歌集』などに歌什が残されている。
[参考文献]
角田文衛「後冷泉朝の問題」(『古代学』二七ノ一)
(加藤 友康)

円教寺陵(えんきょうじのみささぎ)

 京都市右京区竜安寺朱山(しゅうやま)、竜安寺内にある。南面する円丘で、後朱雀・後三条天皇陵と東西に並び三陵同域である。治暦四年(一〇六八)五月五日船岡の西野に火葬、遺骨を仁和寺内にある円教寺に安置した(仁和寺山に置くと記するものもある)。陵所を明記したものはなく、『中右記』嘉承二年(一一〇七)七月十二日条に後三条天皇陵の付近にあったように記されているが、中世にはその所伝を失った。幕末修陵の際、現所を陵と定めて修補を加えた。火葬塚は京都市北区紫野上御輿町にある。
[参考文献]
谷森善臣『山陵考』(『(新註)皇学叢書』五)、上野竹次郎『山陵』下
(中村 一郎)


日本大百科全書(ニッポニカ)
後冷泉天皇
ごれいぜいてんのう
[1025―1068]

第70代天皇(在位1045~68)。名は親仁(ちかひと)。後朱雀(ごすざく)天皇の第1皇子。万寿(まんじゅ)2年8月3日誕生。母は贈皇太后藤原嬉子(きし)(太政(だいじょう)大臣道長の女(むすめ))。1037年(長暦1)8月立太子、45年(寛徳2)4月即位。在位中は藤原氏の摂関政治が盛んで、関白頼通(よりみち)の専権が目だつ。宇治に平等院を建立して優美を尽くした頼通は、67年(治暦3)天皇の行幸を仰いで准三后(じゅさんごう)に叙され、「名は君臣なれど義は父子の如(ごと)し」との勅語を賜るほど強大な権勢を示した。しかし頼通には次代に外戚(がいせき)の地位を維持できない状況のなかで、51年(永承6)には陸奥(むつ)に前九年の役が起こって辺境が動揺、また新立荘園(しょうえん)停止の気運が高まるなど、天皇の治世末期には、全盛を極めた摂関政治にも陰りが生じていた。治暦(じりゃく)4年4月19日没。陵墓は京都市右京区竜安寺朱山(りょうあんじしゅやま)の円教寺陵。
[谷口 昭]



日本人名大辞典
後冷泉天皇
ごれいぜいてんのう
1025−1068
平安時代中期,第70代天皇。在位1045-68。
万寿2年8月3日生まれ。後朱雀(ごすざく)天皇の第1皇子。母は藤原嬉子(きし)。父の死により即位。母の兄藤原頼通が先帝時代につづき関白をつとめる。在位中,浄土思想がさかんになり,宇治に平等院阿弥陀堂(鳳凰堂)がつくられた。また陸奥(むつ)安倍氏による前九年の役がおこった。治暦(じりゃく)4年4月19日死去。44歳。墓所は円教寺陵(えんきょうじのみささぎ)(京都市右京区)。諱(いみな)は親仁(ちかひと)。日記に「後冷泉院御記」。
【格言など】岩まより流るる水は早けれどうつれる月の影ぞのどけき(「後拾遺和歌集」)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
後冷泉天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 238
検索コンテンツ
1. 後冷泉天皇
日本大百科全書
第70代天皇(在位1045~68)。名は親仁(ちかひと)。後朱雀(ごすざく)天皇の第1皇子。万寿(まんじゅ)2年8月3日誕生。母は贈皇太后藤原嬉子(きし)(太政 ...
2. ごれいぜい‐てんのう[‥テンワウ]【後冷泉天皇】
日本国語大辞典
第七〇代の天皇。名は親仁(ちかひと)。後朱雀天皇の皇子。母は藤原道長の女嬉子。寛徳二年(一〇四五)即位。在位二四年。関白藤原頼通の時代で、在位中に「前九年の役」 ...
3. ごれいぜいてんのう【後冷泉天皇】
国史大辞典
一〇二五―六八 一〇四五―六八在位。万寿二年(一〇二五)八月三日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第一王子として誕生。母は藤原道長の女嬉子。諱は親仁。長元九年(一 ...
4. 後冷泉天皇(ごれいぜいてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 23ページ ...
5. ごれいぜいてんのう【後冷泉天皇】
日本人名大辞典
1025−1068 平安時代中期,第70代天皇。在位1045-68。万寿2年8月3日生まれ。後朱雀(ごすざく)天皇の第1皇子。母は藤原嬉子(きし)。父の死により ...
6. 親仁親王・後冷泉天皇
日本史年表
1・16 後朱雀天皇 譲位、 親仁親王(後冷泉天皇) 受禅、 尊仁親王 を皇太子とする(扶桑略記)。 1045年〈寛徳2 乙酉⑤〉 4・8 後冷泉天皇 即位(扶 ...
7. ごれいぜいてんのうりょう【後冷泉天皇陵】京都市:右京区/龍安寺門前村/龍安寺朱山七陵地図
日本歴史地名大系
正称は後冷泉天皇円教寺陵。天皇は後朱雀天皇第一皇子で母は藤原嬉子(道長女)。「扶桑略記」治暦四年(一〇六八)四月一九日条に「天皇於〓高陽院中殿 ...
8. 敦良親王・後朱雀天皇・後朱雀上皇
日本史年表
後朱雀天皇 即位(範国記)。 1045年〈寛徳2 乙酉⑤〉 1・16 後朱雀天皇 譲位、 親仁親王(後冷泉天皇) 受禅、 尊仁親王 を皇太子とする(扶桑略記)。 ...
9. 一条院
世界大百科事典
年後にそこで没した。16年(長和5)6月,後一条天皇もここを皇居としている。さらに後朱雀・後冷泉天皇も一時期,里内裏としたが,59年(康平2)正月の焼失以降,里 ...
10. いちじょういん【一条院】
国史大辞典
いて除目なども行なった。後朱雀天皇は長久四年(一〇四三)一条院に遷ったが同年末に焼失した。後冷泉天皇のとき冷泉院の建物をこわし、その材で再建、天喜四年(一〇五六 ...
11. いちじょういんあと【一条院跡】京都市:上京区/聚楽学区/飛騨殿町地図
日本歴史地名大系
もと藤原伊尹(謙徳公)の邸宅で、その異母弟為光から藤原詮子に伝えられ、のち一条天皇・後一条天皇・後朱雀天皇・後冷泉天皇の里内裏となった。「拾芥抄」に「一条南大宮 ...
12. いちはらの【市原野】
国史大辞典
)に遊猟せられたとあり、『山城名勝志』は常寿院旧址と後冷泉天皇・小野皇后の二基の石塔をあげているが、『元亨釈書』によればこの院は後冷泉天皇皇后藤原歓子が天皇崩御 ...
13. いまみやじんじゃ【今宮神社】京都市:右京区/法金剛院村地図
日本歴史地名大系
垣内積帋無有空処、宛如紫野神社者、深依惜命」であった(同書同月二六日条)。その後一時衰退したらしいが、後冷泉天皇の代に再び疫病が流行。「並岡の辺に社をつくらばし ...
14. いわかげ【石陰】京都市:北区/大北山村地図
日本歴史地名大系
其与乎鏡石相映処、曰石影、遂称其左右曰石影、亦曰長坂野」としている。万寿二年(一〇二五)八月、親仁親王(後冷泉天皇)を出産後没した後朱雀天皇の東宮時代の女御嬉子 ...
15. いんのちょうはじめ【院庁始】
国史大辞典
御幸始・布衣始や蔵人所始・武者所始・北面始などが相ついで行われる。女院の場合は、承保元年(一〇七四)二条院(後冷泉天皇皇后章子内親王)の院中で殿上始と同事に行わ ...
16. うさむら【宇佐村】大分県:宇佐市/旧宇佐町地区
日本歴史地名大系
また地内には蓮台寺・護国寺などがあった。蓮台寺は年月日未詳の造宇佐宮注文案(到津文書)などによれば、後冷泉天皇の御願により大宰大弐源資通が建立した寺院という。資 ...
17. 宇治拾遺物語 23ページ
日本古典文学全集
『今昔物語集』以前に成立し、現存しない説話集。源隆国(一〇〇四~七七)。俊賢の次男、顕基中納言の弟。後冷泉天皇の寵臣で、宇治の関白藤原頼通を補佐した。『安養集』 ...
18. 宇治拾遺物語 42ページ
日本古典文学全集
その新邸は壮麗をきわめたといわれる。藤原頼通(九九二~一〇七四)。道長の長子。後一条・後朱雀・後冷泉天皇三代の摂政・関白を歴任。意識を失うような状態。左衛門佐藤 ...
19. 宇治拾遺物語 67ページ
日本古典文学全集
いくつもいくつも、の意。現在の錦小路。古くは屎小路・具足小路(拾芥抄)と呼ばれたが、天喜二年(一〇五四)、後冷泉天皇の宣旨により錦小路と改名された(前田家本『二 ...
20. 宇治拾遺物語 165ページ
日本古典文学全集
五)。父は一条天皇、母は道長の娘彰子(九八八~一〇七四)。寛徳二年(一〇四五)正月十六日、後冷泉天皇に譲位、十八日、出家して崩御。重体に陥っておられた時。死後に ...
21. うじりょう【宇治陵】京都府:宇治市/木幡村
日本歴史地名大系
条天皇皇后威子・後朱雀天皇女御生子・後三条天皇姫茂子・一条天皇皇后彰子・後冷泉天皇皇后歓子・堀河天皇女御苡子・後冷泉天皇皇后寛子・宇多天皇皇子敦実親王・冷泉天皇 ...
22. 歌合
世界大百科事典
の歌合を収めている。その最下限は1056年(天喜4)の皇后宮歌合であるが,68年(治暦4)後冷泉天皇の死とともに編集事業は停止し,草稿本のまま近衛家に伝襲される ...
23. 栄花物語 204ページ
日本古典文学全集
書にみえる「侍従の内侍」「侍従の尼」と同人か。藤原賢子。藤原宣孝女。母は紫式部。彰子女房。後冷泉天皇の乳母。伊勢大輔。大中臣輔親女。彰子女房。未詳。『権記』長保 ...
24. 栄花物語 220ページ
日本古典文学全集
、の意。親仁親王と章子内親王が互いに結婚相手としてふさわしいことをいう。後年、章子内親王は後冷泉天皇(親仁親王)の中宮となる。→巻三十六〔一七〕。「げに」は「い ...
25. 栄花物語 305ページ
日本古典文学全集
→二六六ページ注二九。源政隆女。後冷泉天皇皇后、四条宮寛子(頼通女、母は源祇子)に仕えた。『四条宮下野集』がある。『後拾遺集』哀傷、『今鏡』星合ひは、伊賀少将( ...
26. 栄花物語 335ページ
日本古典文学全集
〔四〕後朱雀天皇、後冷泉天皇に譲位 寛徳二年正月十六日に位譲の事ありて、東宮渡らせたまふ。糸毛にて参らせたまふ。いといみじき御有様を、よそに思しめしつるよりもい ...
27. 栄花物語 336ページ
日本古典文学全集
斎宮の御事をなんいみじう申させたまひける。「二の宮いかにせんずらん」とぞ、内々にも仰せられける。故院と女院も関白殿も同じことにおはしまししだに、われどちこそよか ...
28. 栄花物語 339ページ
日本古典文学全集
御服過ぐさせたまふ。〔七〕延子、女宮を出産 四月に、麗景殿女御、女宮をぞ生みたてまつらせたまへる。〔八〕後冷泉天皇の即位 四月八日には御即位あり。残る人なく見る ...
29. 栄花物語 346ページ
日本古典文学全集
に、大膳大夫範永、古を恋ふる寝覚めやまさるらん聞きもならはぬ峰の嵐にいといとあはれに催されて、御前にも人々いみじう思しめさる。またの年の四月ばかりに、御前の花散 ...
30. 栄花物語 349ページ
日本古典文学全集
ここが最初。治安元年(一〇二一)生れ、二十六歳。入内→〔二一〕。故教通北の方。藤原公任女。後冷泉天皇の大嘗会御禊の女御代。永承元年十月二十五日に行われた。諸書に ...
31. 栄花物語 370ページ
日本古典文学全集
。御四十九日果てぬれば、宮入らせたまひぬ。あはれに恋しう思ひ出できこえさせたまふ。〔三一〕後冷泉天皇の病悩、高陽院に渡御 その年の七月に、内の御前御わらはやみの ...
32. 栄花物語 374ページ
日本古典文学全集
、あはれに思しめさるらんかし。いかなりしにか、御簾の内にて女房のなかにて御覧じき。〔三六〕後冷泉天皇の人となり 内の御心いとをかしうなよびかにおはしまし、人をす ...
33. 栄花物語 383ページ
日本古典文学全集
〔五〇〕師実、後冷泉天皇、東宮の人となり 殿の御有様の、いとのどやかに恥づかしげにきよげにものせさせたまふに、御心ばへさへ飽かぬことなく、御才などおはしまし、よ ...
34. 栄花物語 471ページ
日本古典文学全集
「わが女ならましかば、 〔一〇〕  内裏に。主語は中宮賢子。主語は白河天皇。「こなた」は、中宮賢子の直廬。後冷泉天皇に仕えた式部の命婦という女房。源顕房が式部の ...
35. えいしょう【永承】
日本国語大辞典
平安時代、後冷泉天皇の代の年号。寛徳三年(一〇四六)四月一四日代始により改元。関白藤原頼通の時代。永承八年(一〇五三)正月、天喜と改元された。出典は「尚書」の「 ...
36. えいしょう【永承】
国史大辞典
後冷泉天皇の時の年号(一〇四六―五三)。寛徳三年四月十四日改元。即位による。文章博士平定親の勘申。出典は『晋書』礼志「永承〓天祚 ...
37. え‐ぶっし[ヱ‥]【絵仏師】
日本国語大辞典
例。法橋教禅。治暦四年三月廿八日叙。後冷泉天皇御祈於〓法成寺 ...
38. えんきょうじのみささぎ【円教寺陵】
国史大辞典
後冷泉天皇(ごれいぜいてんのう)  ...
39. えんしゅうじのみささぎ【円宗寺陵】 : 後三条天皇
国史大辞典
)、竜安寺内にある(宮内庁編『陵墓要覧』は「えんそうじのみささぎ」とよんでいる)。後朱雀・後冷泉天皇陵と東西に並び、南面する円丘で三陵同域である。延久五年(一〇 ...
40. えんじょうじのみささぎ【円乗寺陵】 : 後朱雀天皇
国史大辞典
日に香隆寺の乾原にて火葬、遺骨を仁和寺内の円教寺に安置した。崩後十年天喜三年(一〇五五)に後冷泉天皇が天皇の素志をついで、円教寺内に新堂を建立して円乗寺と称した ...
41. えんじようじあと【円乗寺跡】京都市:右京区/龍安寺門前村地図
日本歴史地名大系
れる。円乗寺は後朱雀天皇発願の御願寺で、在位中に落慶されるべきであったが死去したことにより後冷泉天皇が引継ぎ、天喜三年一〇月二五日に、正月の御斎会に準じて落慶供 ...
42. えんつうじ【円通寺】大分県:宇佐市/旧宇佐町地区/宇佐村
日本歴史地名大系
「大分県社寺名勝図録」など)。開基は宇佐公仲で、宇佐大宮司家宮成氏の菩提寺であった。また一一世紀半ばに後冷泉天皇の勅願によって大尾山北麓に建立された蓮台寺の寺基 ...
43. おうほんじ【桜本寺】京都市:北区/上村地図
日本歴史地名大系
「京都御役所向大概覚書」も同天皇陵を「小野郷上村ニアリ」と当地に比定する。また治暦四年(一〇六八)に没した後冷泉天皇についても、「山城名跡巡行志」「山州名跡志」 ...
44. おののゆきみごこうえまき【小野雪見御幸絵巻】
国史大辞典
『今鏡』の記事に最も近い。実話をもとにしたもので、ある雪の早朝に白河院は小野里に住む皇太后(藤原歓子、後冷泉天皇の皇后)のもとに雪見に訪れようと思い立った。随身 ...
45. 懐旧録 サンスクリット事始め 27ページ
東洋文庫
この一句の典拠たる『仏祖統紀』の一節を引いてみると、  仏祖統紀第四十五-宋ノ仁宗皇帝ノ嘉祐七年(皇紀、後冷泉天皇ノ康平五年壬寅、源  頼義陸奥ヲ平グ。西暦千六 ...
46. かざんいん【花山院】
国史大辞典
敦儀親王や済時男の通任が住んでいた。のち藤原師実に伝わり、造営を行なったが、太皇太后藤原寛子(頼通女、後冷泉天皇皇后)の御所にもなっていたことが『後二条師通記』 ...
47. か‐たい[クヮ‥]【禍胎】
日本国語大辞典
何処転之哉」*朝野群載‐一五・永承五年〔1050〕一〇月一八日・後冷泉天皇泰山府君都状「仍為〓攘 ...
48. かみやさとむら【上八里村】石川県:小松市/旧能美郡地区
日本歴史地名大系
物産に蕃薯・実綿・枚木・杪・製茶・生糸・木綿がある(皇国地誌)。御嶽山神社は「みたけやま」ともよばれ、後冷泉天皇の頃、大洪水の際避難した山をみたけ山とよび、石祠 ...
49. かやいんあと【高陽院跡】京都市:中京区/梅屋学区/中之町地図
日本歴史地名大系
なお長久四年(一〇四三)一二月一日後朱雀天皇が遷幸し、里内裏としたのをはじめ、天喜元年(一〇五三)七月には後冷泉天皇の里内裏となった。しかし翌年一月八日には焼亡 ...
50. 感身学正記 1 西大寺叡尊の自伝 245ページ
東洋文庫
応神天皇陵に治定される誉田山陵(誉田御廟山古 墳。前方後円墳)の後円部の南方一町余のところに、平安中期の後冷泉天皇の時代に社殿 を造営したと伝える、誉田山陵(応 ...
「後冷泉天皇」の情報だけではなく、「後冷泉天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

後冷泉天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「後冷泉天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る