1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 高倉天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
高倉天皇
たかくらてんのう
一一六一 - 八一
一一六八―八〇在位。後白河天皇の第四皇子。諱は憲仁。母は贈左大臣平時信の女建春門院滋子。応保元年(一一六一)九月三日生誕。永万元年(一一六五)十二月親王宣下、翌仁安元年(一一六六)十月立太子。同三年二月十九日六条天皇の禅りを受け、三月二十日即位。承安元年(一一七一)正月三日元服、翌二年二月十日平清盛の女徳子(建礼門院)を中宮とした。治承元年(一一七七)六月のいわゆる鹿ヶ谷の謀議以後、後白河法皇と清盛との関係は悪化の一路をたどる。同二年十二月徳子が生んだ言仁親王(安徳天皇)を皇太子とした。同三年十一月清盛のクーデターにより、法皇の近臣は追放され、法皇は鳥羽殿に幽閉された。天皇は、父法皇と岳父清盛との対立を憂い、同四年二月二十一日皇太子に譲位した。『源平盛衰記』によれば、上皇となったあと、石清水八幡宮などに御幸になる例を破り、清盛をよろこばせるために厳島神社へ御幸になったという。養和元年(一一八一)正月十四日崩御。二十一歳。山城国の清閑寺陵に葬る。天皇は学問・詩歌・音楽にすぐれ、また寛大で温情ある性格であったので、多くの人に慕われたという。
(貫 達人)

後清閑寺陵(のちのせいかんじのみささぎ)

 京都市東山区清閑寺歌ノ中山町にある。清閑寺・高倉院法華堂・清閑寺法華堂などといわれてきたが、明治二十九年(一八九六)六条天皇陵と陵域を区分し、現陵号を設けた。『山槐記』『高倉院升遐記』によれば、養和元年(一一八一)正月十四日天皇崩御の夜、遺骸を清閑寺の法華堂に埋葬した。『玉葉』建久六年(一一九五)九月三日条に「高倉院法華堂三昧僧供田事、六口各二町、可〓〓賜交坂・大墓両御領〓之由仰畢」とあり、『葉黄記』寛元四年(一二四六)六月二十七日条に「高倉院法華堂供僧、補〓千誉律師〓」とあって、当陵には所領を付して供僧を任命し、守陵祭祀を行わせた。のちに法華堂は消滅したが、寺僧の祭祀は行われ、元禄の諸陵探索時にも所在明白で、幕末には聖護院宮の管理下にあった。明治二十九年、四周に土塀を設け、南面に唐門を建て、十二月竣工に際して勅使を差遣し、奉告祭を行わせた。陵域は清閑寺本堂の北方約七〇メートルの山腹平坦地に位置し、間口二〇メートル、奥行一五メートルの土塀で区画された南南西に面する方形地である。墳丘は、この中央西寄りにある方約五メートル、高さ約〇・六メートルの石垣積みの法華堂の旧基壇かとみえるものである。なお、墳丘東側に小督局の塔と伝える石造の小宝篋印塔がある。
[参考文献]
宮内庁編『六条天皇清閑寺陵・高倉天皇後清閑寺陵之図』(宮内庁書陵部所蔵『陵墓地形図』一二八)、同編『明治天皇紀』九、上野竹次郎『山陵』下
(石田 茂輔)

所領

 鳥羽天皇皇女で、二条天皇の中宮となった高松院妹子内親王は、荘園と京地などを所領とした。同院は安元二年(一一七六)六月に没する前に、後白河上皇の女御建春門院平滋子に伝えた。上皇の実力によってであろう。しかし、同年七月建春門院も没した。同院は高倉天皇の生母であったので、高倉天皇が高松院領を伝領する。養和元年(一一八一)正月、天皇崩御の時に中宮平徳子(建礼門院)に譲ったといわれる(天皇の譲状があった。『経俊卿記』康元元年(一二五六)九月十七日条)。のちに中宮の令旨と号して強く奉行したので、後白河法皇は内心不満であったという。
[参考文献]
帝室林野局編『御料地史稿』、網野善彦「荘園公領制の形成と構造」(『体系日本史叢書』六所収)、永原慶二「荘園制の性格について」(『日本封建制成立過程の研究』所収)
(奥野 高広)


日本大百科全書(ニッポニカ)
高倉天皇
たかくらてんのう
[1161―1181]

第80代の天皇(在位1168~80)。名は憲仁(のりひと)。後白河(ごしらかわ)天皇の第七皇子。母は平時信(ときのぶ)の女(むすめ)滋子(しげこ)(建春門院(けんしゅんもんいん))。永暦(えいりゃく)2年9月3日誕生。天皇の時代は、平清盛(きよもり)の権勢盛んなときにあたる。1180年(治承4)、天皇は清盛の女徳子(とくこ)の生んだ皇子言仁(ときひと)親王(安徳(あんとく)天皇)に譲位し、清盛の強請によって上皇として最初の社参を安芸(あき)(広島県)の厳島(いつくしま)神社に行った。これは京都近辺の寺院勢力の反平氏連合をもたらし、それはまた以仁王(もちひとおう)の挙兵と諸国の源氏の蜂起(ほうき)をよび、ここに源平争乱の時代が始まった。そのさなか、治承(じしょう)5年1月14日没した。御陵は京都市東山区の後清閑寺(のちのせいかんじ)陵。
[山本博也]



世界大百科事典
高倉天皇
たかくらてんのう
1161-81(応保1-養和1)

第80代に数えられる天皇。在位1168-80年。名は憲仁(のりひと)。後白河天皇の第7皇子。母は平滋子(建春門院)。1168年(仁安3)六条天皇の譲位を受けて8歳で即位。院政を敷く父法皇と中宮徳子(建礼門院)の父平清盛との対立に悩み,79年(治承3)11月清盛によるクーデタ後まもなく,徳子所生の安徳天皇(3歳)に譲位した。以来,形式上は高倉院政となったが81年1月病没。笛の名手とうたわれた。陵墓は京都市東山区の後清閑寺陵。
[杉橋 隆夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
高倉天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 414
検索コンテンツ
1. 高倉天皇
日本大百科全書
第80代の天皇(在位1168~80)。名は憲仁(のりひと)。後白河(ごしらかわ)天皇の第七皇子。母は平時信(ときのぶ)の女(むすめ)滋子(しげこ)(建春門院(け ...
2. 高倉天皇
世界大百科事典
1161-81(応保1-養和1) 第80代に数えられる天皇。在位1168-80年。名は憲仁(のりひと)。後白河天皇の第7皇子。母は平滋子(建春門院)。1168年 ...
3. たかくら‐てんのう[‥テンワウ]【高倉天皇】
日本国語大辞典
第八〇代天皇。後白河天皇第七皇子。名は憲仁(のりひと)。母は建春門院滋子。在位(一一六八~八〇)中は後白河院政期であり、また、平清盛の全盛時代にもあたり、清盛の ...
4. たかくらてんのう【高倉天皇】画像
国史大辞典
に伝えた。上皇の実力によってであろう。しかし、同年七月建春門院も没した。同院は高倉天皇の生母であったので、高倉天皇が高松院領を伝領する。養和元年(一一八一)正月 ...
5. 高倉天皇(たかくらてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 26ページ ...
6. たかくらてんのう【高倉天皇】
日本人名大辞典
1161−1181 平安時代後期,第80代天皇。在位1168-80。永暦(えいりゃく)2年9月3日生まれ。後白河上皇の皇子。母は平滋子(しげこ)(建春門院)。六 ...
7. 高倉天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:3件 『高倉天皇御消息と仁和寺御伝 守覚法親王の孔雀経法をめぐって』中村義雄『高倉天皇得戒論再考』三田全信『高倉 ...
8. 憲仁親王・高倉天皇・高倉上皇
日本史年表
1168年〈仁安3 戊子〉 2・19 六条天皇 譲位, 憲仁親王(高倉天皇) 受禅(玉葉)。 1168年〈仁安3 戊子〉 3・20 高倉天皇 即位(兵範記)。  ...
9. 高倉天皇仁德 (見出し語:高倉天皇)
古事類苑
人部 洋巻 第1巻 1150ページ ...
10. 高倉天皇嚴島神社御幸 (見出し語:高倉天皇)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 1158ページ ...
11. 高倉天皇國忌 (見出し語:高倉天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1282ページ ...
12. 高倉天皇山陵 (見出し語:高倉天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 997ページ ...
13. 高倉天皇雅量 (見出し語:高倉天皇)
古事類苑
人部 洋巻 第1巻 1160ページ ...
14. 高倉天皇鳥羽御幸 (見出し語:高倉天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 728ページ ...
15. 高倉天皇 所領一覧[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
16. 高倉天皇御記(著作ID:573900)
新日本古典籍データベース
たかくらてんのうぎょき 日記  ...
17. 高倉天皇御元服記(著作ID:360532)
新日本古典籍データベース
たかくらてんのうごげんぶくき 高倉院御元服記 坊槐記 坊槐御記 藤原実宗(ふじわらさねむね) 記録 嘉応三 ...
18. 高倉院昇霞記(著作ID:360521)
新日本古典籍データベース
たかくらいんしょうかき 高倉院升遐記 高倉天皇升遐の記 土御門内大臣通親日記 土御門通親(つちみかどみちちか) 記録 治承五 ...
19. 高倉天皇愛紅葉 (見出し語:紅葉)
古事類苑
人部 洋巻 第1巻 1160ページ ...
20. 於最勝光院高倉天皇國忌 (見出し語:最勝光院)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1282ページ ...
21. あおいのまえ【葵の前】
日本人名大辞典
?−? 平安時代後期の女官。高倉天皇(在位1168-80)の中宮(ちゅうぐう)建礼門院につかえた。「平家物語」によると天皇の寵愛(ちょうあい)をうけたが,のちと ...
22. あおば‐の‐ふえ[あをば‥]【青葉の笛】
日本国語大辞典
のち平家に伝わり、敦盛のものとなった。神戸の須磨寺に伝わるのがそれという。小枝(さえだ)の笛。〔二〕高倉天皇秘蔵の横笛。 ...
23. あぜちのてんじ【按察典侍】
日本人名大辞典
?−? 平安時代後期の女官。参議藤原頼定の娘。高倉天皇につかえ,西御方とも称し,治承(じしょう)3年(1179)潔子(けつし)内親王を生んだ。 ...
24. あやおおみやちょう【綾大宮町】京都市:下京区/郁文学区地図
日本歴史地名大系
大宮ノ西、大宮面、大舎人頭兼盛ノ宅」とあり、これは当町西頬、現郁文中学校近辺にあたり、七条院殖子が高倉天皇の第二子守貞親王(後高倉院)を産んだ。寛永一四年(一六 ...
25. ありまぐん【有馬郡】兵庫県:摂津国
日本歴史地名大系
府御家人に加えられ、源頼朝の妹婿一条能保館の宿直の役を命じられている。貴志氏は尊性法親王(後高倉天皇皇子)領である貴志庄(現三田市)を本拠とする武士であった。承 ...
26. あんか‐もんいん[‥モンヰン]【安嘉門院】
日本国語大辞典
後堀河天皇の准母(じゅんぼ)。高倉天皇の第二皇子守貞親王の娘。名は邦子。貞応三年(一二二四)院号を定められる。のち出家し、法号正如覚。承元三~弘安六年(一二〇九 ...
27. あんげん【安元】
日本国語大辞典
平安時代・高倉天皇の代の年号(一一七五~七七)。承安五年(一一七五)七月二八日疱瘡(ほうそう)の流行のため改元。安元三年(一一七七)八月四日京の大火や藤原成親ら ...
28. あんげん【安元】
国史大辞典
高倉天皇の時の年号(一一七五―七七)。承安五年七月二十八日改元。疱瘡の流行による。右大弁藤原俊経の勘申。出典は『漢書』の「除〓民害 ...
29. 安徳天皇
日本大百科全書
皇子。母は平清盛(きよもり)の女(むすめ)徳子。治承(じしょう)2年11月12日誕生。翌々年高倉天皇譲位の後を受けて即位したが、源平争乱の渦中で平氏と運命をとも ...
30. 安徳天皇
世界大百科事典
1178-85(治承2-文治1) 第81代に数えられる天皇。在位1180-85年。名は言仁。高倉天皇の第1皇子として平重盛の六波羅邸で誕生。母は平清盛の娘建礼門 ...
31. あんとく‐てんのう[‥テンワウ]【安徳天皇】
日本国語大辞典
第八一代天皇。高倉天皇の第一皇子。母は平清盛の娘建礼門院徳子。名、言仁(ときひと)。治承四年(一一八〇)即位し在位五年。木曾義仲入京の時、平宗盛に守られて三種の ...
32. あんとくてんのう【安徳天皇】
国史大辞典
一一七八―八五 一一八〇―八五在位。治承二年(一一七八)十一月十二日高倉天皇の第一皇子として誕生。母は平清盛の女の中宮平徳子(のちの建礼門院)。諱は言仁。十二 ...
33. あんとくてんのう【安徳天皇】
日本人名大辞典
1178−1185 平安時代後期,第81代天皇。在位1180-85。治承(じしょう)2年11月12日生まれ。高倉天皇の第1皇子。母は平徳子(建礼門院)。平清盛の ...
34. あんとくてんのう【安徳天皇】
日本架空伝承人名事典
第八一代に数えられる天皇。在位一一八〇‐八五年。名は言仁。高倉天皇の第一皇子として六波羅邸で誕生。母は平清盛の娘建礼門院徳子。翌月立太子。八〇年(治承四)即位。 ...
35. あんどのしょう【安堵庄】奈良県:生駒郡/安堵村/東安堵村・西安堵村
日本歴史地名大系
に「大和国(中略)安堵庄同堂領」とある。現京都市の七条院の法花堂は領家の一であろう。七条院は高倉天皇後宮で、後鳥羽天皇の母。同庄の本家職の相承次第は、東寺百合文 ...
36. いせへいし【伊勢平氏】 : 平氏
国史大辞典
政を掌握、ついで治承三年(一一七九)院政を停止し、最初の武家政権を成立させた。清盛の娘徳子は高倉天皇の中宮となって安徳天皇を生み、建礼門院の院号を宣下された。し ...
37. 今鏡
世界大百科事典
未詳。《大鏡》の後を継ぐ書として,《大鏡》の記事が終わる後一条天皇の万寿2年(1025)から高倉天皇の嘉応2年までの13代145年間をあつかう。叙述は《大鏡》の ...
38. いまかがみ【今鏡】
全文全訳古語辞典
強く受け、その語り手である大宅世継の孫娘が語る形をとっている。後一条天皇の一〇二五年(万寿二)から、高倉天皇の一一七〇年に至る百四十六年間を記述する。  ...
39. いまかがみ【今鏡】
国史大辞典
あったが、根拠薄弱で、現在は大原の三寂の一人寂超(藤原為経)に落ちつきつつある。序によると、高倉天皇の嘉応二年(一一七〇)三月十余日、友だちと初瀬詣から大和巡り ...
40. うさうじ【宇佐氏】画像
国史大辞典
、ともに男爵を授けられた。姓については古くは公であったが、延喜年間(九〇一―二三)に宿禰姓、高倉天皇のとき朝臣姓を賜わった。→到津氏(いとうづし),→宮成氏(み ...
41. うわのしょう【宇和庄】愛媛県:東宇和郡
日本歴史地名大系
領家とする荘園となっている。もとは後高倉院法華堂領であったので、皇室領荘園としての成立は後高倉院(高倉天皇の皇子守貞親王)の死去した貞応二年(一二二三)五月一四 ...
42. えい-らん【叡覧】
全文全訳古語辞典
こと。 「紅葉の山と名づけて、終日に叡覧あるに、なほ飽きだらはせ給はず」〈平家・6・紅葉〉(高倉天皇は)紅葉の山と名づけて、一日中ご覧になっても、まだお飽きあそ ...
43. 江戸繁昌記 3 79ページ
東洋文庫
開くと、立昇る白煙とともに老翁になったという (六)安徳帝 第八一代の天皇。名は言仁(ときひと)、高倉天皇の第一王子。母は建礼門院平徳子。治承四年即位。源平の戦 ...
44. おおかがみ【大鏡】
国史大辞典
いるのでわかる。『大鏡』という呼称は建久本が題し、藤原伊行の『源氏釈』『今鏡』などにもみえ、高倉天皇の嘉応二年(一一七〇)には既存を想わせる。名義は文治・建久ご ...
45. おおむしじんじゃ【大虫神社】福井県:武生市/旧丹生郡地区/上大虫村
日本歴史地名大系
京都妙法院(現京都市東山区)領であったことが知られる。これ以前、当社とその社領を合せて大虫荘ともみえており、高倉天皇妃の七条院領であったのが、安貞二年(一二二八 ...
46. おおむしのしょう【大虫庄】福井県:武生市/旧丹生郡地区/四目村
日本歴史地名大系
は「大虫社」とみえるので、当庄は大虫社およびその社領を含めていったものと考えられる。このとき高倉天皇妃七条院から後鳥羽天皇妃修明門院藤原重子に伝領されている。そ ...
47. おがわ【小川】京都市:東山区/粟田口村地図
日本歴史地名大系
小屋可半焼亡」とあり、「円光大師絵詞伝」には「三条小川」の語がみえる。長門本「平家物語」に、高倉天皇の寵を受けた小督局は「三条小川に住給ひければ、小河どのとぞ申 ...
48. おこしBいせき【発シB遺跡】三重県:多気郡/明和町/中村
日本歴史地名大系
東に延びる丘陵の南側斜面に位置する。標高二二―二七メートルの傾斜地で、すぐ北の丘陵上には一二世紀高倉天皇の時の斎王惇子の墓と伝承される発シ古墳がある。昭和五七年 ...
49. 伽婢子 2 243ページ
東洋文庫
「惜イカナ短命ニシテ没スルナ リ」とする。生没年未詳。安徳天皇(ニノー) 第八一代天皇。在位一一八O l八五。高倉天皇の第一皇子で母は平清盛の女、 中宮徳子(建 ...
50. 伽婢子 2 257ページ
東洋文庫
一五四六一一六〇四。後鳥羽院(六ノ2)第八二代天皇。一一八三-九 八在位。一一九八一一二二一院政。高倉天皇第四 皇子。母は修理大夫坊門信隆の女殖子。朝廷の権 威 ...
「高倉天皇」の情報だけではなく、「高倉天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

高倉天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「高倉天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
後朱雀天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇〇九-四五 一〇三六―四五在位。寛弘六年(一〇〇九)十一月二十五日、一条天皇の第三皇子として誕生。母は藤原道長の女彰子。諱は敦良。同七年正月十六日、親王宣下。寛仁元年(一〇一七)八月九日、敦明親王の皇太子辞意により、後一条天皇の皇太子
後冷泉天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一〇二五-六八 一〇四五―六八在位。万寿二年(一〇二五)八月三日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第一王子として誕生。母は藤原道長の女嬉子。諱は親仁。長元九年(一〇三六)十二月二十二日、親王宣下。長暦元年(一〇三七)七月二日、十三歳で元服
後三条天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇三四-七三 一〇六八―七二在位。諱は尊仁(たかひと)。長元七年(一〇三四)七月十八日、東宮敦良親王(後朱雀天皇)の第二王子として誕生。母は三条天皇の皇女禎子内親王(陽明門院)。同九年父親王の践祚後間もなく親王宣下をうけ
白河天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇五三-一一二九 一〇七二―八六在位。諱は貞仁。天喜元年(一〇五三)六月十九日、皇太子尊仁親王(後三条天皇)の第一王子として誕生。母は権中納言藤原公成の女、贈皇太后茂子である。茂子の養父で、関白藤原頼通の異母弟である春宮大夫能信の庇護のもとに成長し
堀河天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一〇七九-一一〇七 一〇八六―一一〇七在位。白河天皇の第二皇子。母は関白藤原師実の養女、皇后賢子(実父は右大臣源顕房)。承暦三年(一〇七九)七月九日誕生。同年十一月親王宣下あり、善仁と命名。応徳三年(一〇八六)十一月二十六日立太子
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る