1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 土御門天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
土御門天皇
つちみかどてんのう
一一九五 - 一二三一
一一九八―一二一〇在位。諱は為仁。後鳥羽天皇の第一皇子。母は内大臣源通親女の在子(のち承明門院)、実は法印能円の女ともいう。建久六年(一一九五)十一月一日(または十二月二日)生まれる。同九年正月十一日、四歳で践祚、三月三日即位礼。承元四年(一二一〇)十一月二十五日、後鳥羽上皇の命令により、皇弟の順徳天皇に譲位した。父後鳥羽上皇の討幕計画には関与しなかったので、承久の乱後、鎌倉幕府が後鳥羽・順徳両上皇を配流した際にも罪は問われなかった。しかし、ひとり京都にとどまるのを潔しとせず、みずから幕府へ申し出て、承久三年(一二二一)閏十月、土佐国に遷った。その際、右近衛少将源雅具らが供奉した。土佐国は封米が不足したようで、一年半ほどのちの貞応二年(一二二三)五月、隣国の阿波国に遷った。その間、嘉禄元年(一二二五)ころ、土御門上皇還京の風説が京都に流れたり、安貞元年(一二二七)二月、幕府が阿波守護小笠原長経をして上皇の御所を造営させたり、また同年閏三月には、熊野の衆徒が上皇を迎えようとして兵船で阿波に攻め寄せたりしている。やがて寛喜三年(一二三一)十月六日、不予により出家、法名は行源。続いて同月十一日、阿波国板野郡池谷で崩御、近くの里浦で火葬された。三十七歳。天福元年(一二三三)十二月、母の承明門院が、山城国金原に法華堂を建立、土御門天皇の遺骨を移葬している。配流地に因んで、土佐院・阿波院などとよばれる。詩歌にもすぐれ、『土御門院御百首』『土御門院御集』をはじめ、その作品は『和漢兼作集』や勅撰集(『続後撰和歌集』など)にも散見される。
[参考文献]
『大日本史料』五ノ七 寛喜三年十月十一日条
(山口 隼正)

金原陵(かねがはらのみささぎ)

 京都府長岡京市金ヶ原金原寺にある。阿波国の行宮で崩御、その地で火葬され、遺骨は崩御から二年を経た天福元年(一二三三)十二月十二日に金原の御堂に納められた。御堂は天皇の生母承明門院源在子が、遺詔に従って京都の西南にあたる西山山麓の金原に営建したもので、金原御堂とも、金原法華堂ともいわれる。こののち、天皇の即位や元服などの際には告陵使が発遣され、蒙古襲来の時には当陵に国土の安泰を祈請している。いつのころからか御堂は亡び、嵯峨二尊院の後山にある石塔が陵所に擬されたこともあったが、『歴代廟陵考補遺』は大石の顕われた石塚と称する小丘を御堂の跡地と考定、幕末の修陵の際には御堂の八角形の跡地を陵所として修治を加えた。火葬塚は徳島県鳴門市大麻町池谷字大石にあるが、同市里浦町にもその伝承地がある。
[参考文献]
『大日本史料』五ノ七 寛喜三年十月十一日条、同五ノ九 天福元年十二月十二日条、上野竹次郎『山陵』下
(戸原 純一)

所領

 後院領を父後鳥羽上皇から伝領したが、なお出雲国杵築社(出雲大社)領も譲られたであろう。承元二年(一二〇八)十一月、鎌倉幕府は北島孝元を杵築社権検校・祝師および御供所別当職に補任するよう、同社の領家坊城家に要望した(『吾妻鏡』)。孝元の父資忠は、源頼朝に対し大功があったので、上の職に補せられたが、その先例によって推挙したという。すでに杵築社領は、後白河上皇領であり、後鳥羽上皇に伝わり、土御門天皇領に移ったものであろう。建保二年(一二一四)八月に土御門院庁は、中原孝高の乱妨を停め、出雲国造孝綱を杵築大社神主ならびに惣検校職に補任している(『北島文書』)。承久の乱ののち本社領は没収されるが、後鳥羽上皇後宮の承明門院源在子(土御門天皇母)の所領となり、のち室町院に譲られ、さらに北朝方に移り、山科氏が代官となった。杵築社領は除田を除き、二百九十町余から、土御門院庁に千百石余を納めている。土御門天皇所領は現存の史料だけでは僅少すぎるようである。
[参考文献]
奥野高広『皇室御経済史の研究』、網野善彦「荘園公領制の形成と構造」(『体系日本史叢書』六所収)、永原慶二「荘園制の性格について」(『日本封建制成立過程の研究』所収)
(奥野 高広)


日本大百科全書(ニッポニカ)
土御門天皇
つちみかどてんのう
[1195―1231]

第83代の天皇(在位1198~1210)。名は為仁(ためひと)。後鳥羽(ごとば)天皇の第一皇子。母は源通親(みちちか)の女(むすめ)在子(ざいし)(承明門院(しょうめいもんいん))。建久(けんきゅう)6年12月2日誕生。後鳥羽天皇の譲位を受けて4歳で即位。16歳のとき弟の守成(もりなり)親王(順徳(じゅんとく)天皇)に譲位。1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱では、討幕計画に積極的に参画はしていなかったが、乱後、後鳥羽・順徳両上皇が配流されると、土御門上皇も自ら望んで土佐(高知県)に配流され、ついで阿波(あわ)(徳島)に移り、寛喜(かんぎ)3年10月11日配所に没した。優れた歌人でもあった。御陵は京都府長岡京市の金原(かねがはら)陵。
[山本博也]



世界大百科事典
土御門天皇
つちみかどてんのう
1195-1231(建久6-寛喜3)

第83代に数えられる天皇。在位1198-1210年。名は為仁(ためひと)。後鳥羽天皇の第1皇子。母は源通親の娘在子(承明門院)。1198年(建久9)後鳥羽天皇の皇太子となり,即日受禅。1210年(承元4)後鳥羽上皇の命により順徳天皇に譲位。父上皇の討幕計画には加わらなかったが,承久の乱後,みずから進んで土佐に流され,のち阿波に移って同所で没した。阿波国板野郡里浦で火葬に付し,遺骨は現京都府長岡京市の金原(かねがはら)陵に葬する。土佐院・阿波院とも称する。
[杉橋 隆夫]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
土御門天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 516
検索コンテンツ
1. 土御門天皇
日本大百科全書
第83代の天皇(在位1198~1210)。名は為仁(ためひと)。後鳥羽(ごとば)天皇の第一皇子。母は源通親(みちちか)の女(むすめ)在子(ざいし)(承明門院(し ...
2. 土御門天皇
世界大百科事典
1195-1231(建久6-寛喜3) 第83代に数えられる天皇。在位1198-1210年。名は為仁(ためひと)。後鳥羽天皇の第1皇子。母は源通親の娘在子(承明門 ...
3. つちみかど‐てんのう[‥テンワウ]【土御門天皇】
日本国語大辞典
第八三代天皇。名は為仁。後鳥羽天皇第一皇子。建久九年(一一九八)、四歳で即位。承元四年(一二一〇)弟の守成親王(順徳天皇)に譲位。北条氏の専権を喜ばない父が討幕 ...
4. つちみかどてんのう【土御門天皇】
国史大辞典
源在子(土御門天皇母)の所領となり、のち室町院に譲られ、さらに北朝方に移り、山科氏が代官となった。杵築社領は除田を除き、二百九十町余から、土御門院庁に千百石余を ...
5. 土御門天皇(つちみかどてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 27ページ ...
6. つちみかどてんのう【土御門天皇】
日本人名大辞典
1195−1231 鎌倉時代,第83代天皇。在位1198-1210。建久6年11月1日(または12月2日)生まれ。後鳥羽(ごとば)天皇の第1皇子。母は源在子(ざ ...
7. 土御門天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:4件 【逐次刊行物】:3件 『土御門天皇と御遺跡』武田勝蔵『土御門上皇清和天皇祭典誌』-『土御門院天皇御事蹟書』宮田竹三, 古林林作『 ...
8. 土御門天皇・土御門上皇
日本史年表
1210年〈承元4 庚午〉 11・25 天皇 ,守成親王(順徳天皇)に譲位(御譲位部類記)。 1221年〈承久3 辛巳⑩〉 閏10・10 幕府, 土御門上皇  ...
9. 土御門天皇依武家推擧踐祚 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 257ページ ...
10. 土御門天皇即位 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 539ページ ...
11. 土御門天皇國忌 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1282ページ ...
12. 土御門天皇讓位 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 556ページ ...
13. 土御門天皇遷幸於土佐阿波兩國 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 762ページ ...
14. 土御門天皇院號 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 952ページ ...
15. 祀土御門天皇於水無瀨宮 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 291ページ ...
16. 納土御門天皇遺骨於金原御堂 (見出し語:土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 998ページ ...
17. つちみかどてんのうりょう【土御門天皇陵】京都府:長岡京市/金ヶ原村
日本歴史地名大系
[現]長岡京市金ヶ原 金ヶ原の西方、小高い山麓にある。正式には土御門天皇金原陵という。天皇は寛喜三年(一二三一)一〇月一一日阿波国の配所で没した。阿波国で火葬に ...
18. 土御門天皇山陵考(著作ID:432906)
新日本古典籍データベース
つちみかどてんのうさんりょうこう 陵墓  ...
19. 土御門天皇に奏る文(著作ID:1084271)
新日本古典籍データベース
つちみかどてんのうにすすむるふみ 藤原家隆(ふじわらいえたか)  ...
20. 土御門天皇手印補任 (見出し語:手印)
古事類苑
神祇部 洋巻 第3巻 1520ページ ...
21. 後土御門天皇
日本大百科全書
第103代天皇(在位1464~1500)。名は成仁(ふさひと)。法名正等観。後花園(ごはなぞの)天皇の子。母は藤原孝長の女(むすめ)で、内大臣大炊御門(おおいみ ...
22. 後土御門天皇
世界大百科事典
1442-1500(嘉吉2-明応9) 第103代に数えられる天皇。在位1465-1500年。後花園天皇の第1皇子,名は成仁(ふさひと)。1464年(寛正5)践祚 ...
23. ごつちみかど‐てんのう[‥テンワウ]【後土御門天皇】
日本国語大辞典
第一〇三代天皇。後花園天皇の第一皇子。母は嘉楽門院信子。名は成仁(ふさひと)。寛正五年(一四六四)践祚(せんそ)し、翌年即位。在位中に応仁の乱が起こり、朝廷の儀 ...
24. ごつちみかどてんのう【後土御門天皇】画像
国史大辞典
一四四二―一五〇〇 一四六四―一五〇〇在位。嘉吉二年(一四四二)五月二十五日後花園天皇の皇子として誕生。母は嘉楽門院藤原信子(藤原孝長の女、贈太政大臣大炊御門 ...
25. 後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 37ページ ...
26. ごつちみかどてんのう【後土御門天皇】
日本人名大辞典
1442−1500 室町-戦国時代,第103代天皇。在位1464-1500。嘉吉(かきつ)2年5月25日生まれ。後花園天皇の第1皇子。母は藤原信子(嘉楽門院)。 ...
27. 後土御門天皇花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
28. 後花園天皇後土御門天皇年代記(著作ID:4382821)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうごつちみかどてんのうねんだいき 年代記  ...
29. 後土御門天皇崩御號御棺桶 (見出し語:桶)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 104ページ ...
30. 後土御門天皇崩御以桶號棺 (見出し語:棺)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 104ページ ...
31. 後土御門天皇國忌 (見出し語:後土御門天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1285ページ ...
32. 後土御門天皇建搬舟三昧院 (見出し語:後土御門天皇)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 359ページ ...
33. 後土御門天皇葬送 (見出し語:後土御門天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 248ページ ...
34. 後土御門天皇葬送用度 (見出し語:後土御門天皇)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 377ページ ...
35. 後土御門天皇諡 (見出し語:後土御門天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 947ページ ...
36. 後土御門天皇崩御湯灌僧徒行之 (見出し語:僧)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 104ページ ...
37. あかさかぐん【赤坂郡】岡山県:備前国
日本歴史地名大系
たが、しだいに守護赤松氏の勢力が及び、文明一〇年(一四七八)には代官改易をめぐって幕府と後土御門天皇が対立、一時は天皇が譲位を決意するほどであった。永正一六年( ...
38. あかまじんぐう【赤間神宮】
国史大辞典
』(重要美術品)八幅があり、『赤間神宮文書』(旧阿弥陀寺文書、重要文化財)十巻一冊には、後土御門天皇・後奈良天皇・正親町天皇の綸旨や天福元年(一二三三)の長門国 ...
39. あかまじんぐう【赤間神宮】山口県:下関市/赤間関/阿弥陀寺町
日本歴史地名大系
ので、下関最大の祭事となっている。当社所蔵の紙本墨書平家物語長門本二〇冊と赤間神宮文書(後土御門天皇綸旨など六六通)は重要文化財で、紙本金地著色安徳天皇絵は県指 ...
40. あかまじんぐうもんじょ【赤間神宮文書】
国史大辞典
府藩重役連署申渡状以下、天正十五年和歌会作者覚に至る十通、第七巻は文明十一年(一四七九)後土御門天皇綸旨以下、永禄五年(一五六二)正親町天皇綸旨に至る四通、第八 ...
41. あがたぬしほ【県主保】岡山県:井原市
日本歴史地名大系
寛喜三年(一二三一)四月二五日の後堀河天皇宣旨(門葉記)に保名がみえ、比丘尼観如より綾小路無品親王(土御門天皇の子高橋宮尊守法親王)家に譲られ、その死後京都青蓮 ...
42. 排蘆小船(近世随想集) 382ページ
日本古典文学全集
さて二条家の撰集によりて、歌の道いにしへの正風体に立かへる心こもれり」。第百四代天皇。名は勝仁。後土御門天皇第一皇子。母は庭田重賢女の蒼玉門院朝子。大永六年没、 ...
43. あじさかのしよう【鰺坂庄】福岡県:小郡市
日本歴史地名大系
延徳四年(一四九二)鰺坂・三潴両庄の領家職が鷲尾伊佐(隆遠の孫隆康)に安堵されている(同年七月一〇日「後土御門天皇綸旨」宣秀卿記/小郡市史 第5巻(資料編))。 ...
44. あみだじ【阿弥陀寺】滋賀県:栗太郡/栗東町/東坂村
日本歴史地名大系
「湖東三僧伝」によれば、宗真は後土御門天皇から黒衣参内の綸旨を受け、浄厳宗の号、宸翰阿弥陀寺額なども与えられ、門弟一千余、子院六宇・末寺数百に及んだという。後土 ...
45. あわじんじゃ【阿波神社】徳島県:鳴門市/池谷村
日本歴史地名大系
[現]鳴門市大麻町池谷 字大石の県道鳴門―池田線沿いにある。主祭神は土御門天皇。旧県社。「阿波志」には池谷村の北にある天王山は土御門上皇行在所と伝えると記され、 ...
46. あわのいん【阿波院】
国史大辞典
土御門天皇(つちみかどてんのう)  ...
47. あわのいん【阿波院】
日本人名大辞典
土御門天皇(つちみかどてんのう) ...
48. あんぜんじあと【安禅寺跡】京都市:上京区/中立学区/土御門町地図
日本歴史地名大系
北小路行宮(現上京区)が炎上した折(御湯殿上日記)、後土御門天皇は当寺に難を避けている。また永正元年(一五〇四)九月二八日には後土御門天皇の五回忌が執行され、「 ...
49. 安楽行院
世界大百科事典
後深草天皇以後多くの天皇の分骨所。中世には深草法華堂と呼ばれ,寺名の初見は1500年(明応9)後土御門天皇死去の時である。なお,持明院統(北朝)の寺として安楽光 ...
50. あんらくぎよういんあと【安楽行院跡】京都市:伏見区/深草村地図
日本歴史地名大系
」と記す。近代に入り来迎院に併合された。〔深草法華堂〕明応九年(一五〇〇)一〇月二八日、後土御門天皇死去の折、泉涌寺で葬礼後伏見般舟院(現伏見区)で作善があり、 ...
「土御門天皇」の情報だけではなく、「土御門天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

土御門天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「土御門天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る