1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 順徳天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
順徳天皇
じゅんとくてんのう
一一九七 - 一二四二
一二一〇―二一在位。諱は守成(もりなり)。後鳥羽天皇の第二(または第三)皇子として建久八年(一一九七)九月十日卯刻に生誕した。生母は、従三位式部少輔藤原範季を父とする重子(のち修明門院)、乳母は又従兄弟(またいとこ)の藤原憲子(岡前(おかざき)別当三位)であった。幼いころから怜悧であったうえに生母は上皇の殊寵を得ていたため、正治元年(一一九九)十二月には親王となり、翌二年四月には、四歳にして皇太弟に立てられた。承元四年(一二一〇)十一月二十五日、後鳥羽上皇の命によって土御門天皇は、位を皇太弟に譲り、順徳天皇は践祚した。つづいて十二月二十八日、太政官庁において即位の儀があげられ、藤原立子は女御とされた。ついで建暦元年(一二一一)正月、女御立子は中宮に立てられた(のち東一条院)。中宮との間には懐成(かねなり、仲恭天皇)・諦子、また内大臣藤原信清の女の位子との間には〓子、従三位藤原清季の女との間には忠成ら三人の皇子女が生まれた。一方、天皇は乳母の憲子の妹で権大納言源通光の妻となり、内裏に仕えていた督典侍(こうのすけ)に情をかけ、彦成・善統(よしむね)の二皇子を生ませた。御所は、里内裏の閑院であった。在位は十年に及んだが、後鳥羽上皇の院政下であったため、みるべき治績をあげることはできなかった。天皇の外祖父の範季は、判官(源義経)贔屓で知られていたし、外祖母で養育にあずかり、かつ側近に仕えた従三位典侍教子は能登守平教盛の妹であった。すなわち天皇は、幼時より反幕府的な環境の中にあったといえる。政務にあずからない天皇は、有職故実の研究や歌論・詩歌・管絃の奥儀の修得に傾倒した。鎌倉幕府に対抗して皇威を振興するためにも、宮廷の行事・儀式・政務などの実際を明確にしておく必要があったが、天皇はこの目的をもってみずから『禁秘抄』を著わした。和歌への精進は、父帝の強い影響に発し、早くから天皇は藤原定家や藤原家隆らとともに歌合に参加し、歌才を磨いた。その歌風には平淡かつ典雅な趣があった。歌集としては、『順徳院御集』『順徳院御百首』『内裏名所百首』が今に伝えられている。歌論の方では、藤原俊成・定家・鴨長明らの後を承け、当代の歌論を大成した『八雲御抄』を著わした。その性格・環境からして天皇は、父上皇の倒幕計画には熱心に参与した。このため、承久三年(一二二一)四月二十日には皇太子懐成に位を譲り、上皇の立場に退いて倒幕に備えた。承久の乱ののち、すなわち承久三年七月二十一日、上皇は都を発って佐渡に向かい、配流の身になった。上皇に随行した人々の歴名の中には督典侍の名がみられた。上皇は、在島二十一年で仁治三年(一二四二)九月十二日、享年四十六をもって配所に崩じた。佐渡配流後、佐渡院とよばれたが、建長元年(一二四九)七月二十日順徳院と追号された。定家は、幕府を憚り、みずからが編集した『新勅撰和歌集』には、順徳院の御製は一首も採択しなかったが、定家あるいは為家は、『小倉百人一首』に、「ももしきや」の御製を採り、憂悶する上皇の心境を広く後世に伝えた。
[参考文献]
『大日本史料』五ノ一五 仁治三年九月十二日条、和田英松『皇室御撰之研究』、長藤蔵『順徳天皇と佐渡』、角田文衛「岡前別当三位」(『王朝の明暗』所収)
(角田 文衛)

真野御陵(まののみささぎ)

 佐渡にある順徳天皇の火葬塚をいう。新潟県佐渡郡真野町大字真野にある。火葬塚は陵とはいわないが、当所は古くから御陵あるいは御廟と称された。天皇は崩御の翌日真野山にて火葬、遺骨は京都大原陵に収められたが、地元では火葬所を陵として崇敬してきた。しかし近世に至って荒廃したので、古来守護してきた真輪寺とその本寺である国分寺が連名にて延宝六年(一六七八)佐渡奉行所に修補と保護を願いでた。時の奉行曾根吉正はこれを容れて翌七年に方五十間(約九一メートル)の兆域を寄進して修補を加え、石燈籠を献じた。江戸幕府が皇陵の探索修理を始めたのは元禄十年(一六九七)であるが、それより約二十年も前に僻遠の地で一奉行によって修理が行われたことは注目される。この時の形状が現在に及んでいる。明治七年(一八七四)から政府が管理している。→大原陵(おおはらのみささぎ)
[参考文献]
『大日本史料』五ノ一五 仁治三年九月十二日条
(中村 一郎)


日本大百科全書(ニッポニカ)
順徳天皇
じゅんとくてんのう
[1197―1242]

第84代の天皇(在位1210~21)。名は守成(もりなり)。後鳥羽(ごとば)天皇の第3皇子。母は藤原範季(のりすえ)の女(むすめ)重子(修明門院(しゅめいもんいん))。建久(けんきゅう)8年9月10日誕生。父の後鳥羽上皇とともに討幕計画を進め、1221年(承久3)に承久(じょうきゅう)の乱を起こしたが、幕府軍に敗れ、佐渡に配流された。学問を好み、また優れた歌人でもあった。故実書『禁秘抄(きんぴしょう)』、歌論書『八雲御抄(やくもみしょう)』の著作があり、歌集に『順徳院御集』がある。仁治(にんじ)3年9月12日、配所で没した。陵墓は京都市左京区大原来迎院(らいごういん)町の大原陵。
[山本博也]



世界大百科事典
順徳天皇
じゅんとくてんのう
1197-1242(建久8-仁治3)

第84代に数えられる天皇。在位1210-21年。後鳥羽天皇の第3皇子。名は守成,のち佐渡院とも称す。母は高倉範季の娘修明門院重子。土御門天皇の皇太弟を経て即位。後鳥羽上皇の討幕計画に参画。そのため承久の乱直前の1221年(承久3)4月仲恭天皇に譲位したが,結局,乱に敗れて佐渡に配流され,同所で没した。歌学書《八雲御抄(やくもみしよう)》,有職書《禁秘抄》を著し,日記を《順徳院御記》という。陵墓は真野陵(新潟県佐渡市の旧真野町),大原陵(京都市左京区)。
[杉橋 隆夫]

[索引語]
佐渡院
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
順徳天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 329
検索コンテンツ
1. 順徳天皇 画像
日本大百科全書
第84代の天皇(在位1210~21)。名は守成(もりなり)。後鳥羽(ごとば)天皇の第3皇子。母は藤原範季(のりすえ)の女(むすめ)重子(修明門院(しゅめいもんい ...
2. 順徳天皇
世界大百科事典
1197-1242(建久8-仁治3) 第84代に数えられる天皇。在位1210-21年。後鳥羽天皇の第3皇子。名は守成,のち佐渡院とも称す。母は高倉範季の娘修明門 ...
3. じゅんとく‐てんのう[‥テンワウ]【順徳天皇】
日本国語大辞典
第八四代の天皇。後鳥羽天皇の第二または第三皇子。母は修明門院藤原重子。名は守成(もりなり)。承元四年(一二一〇)即位。父上皇の討幕計画に、承久三年(一二二一)皇 ...
4. じゅんとくてんのう【順徳天皇】
国史大辞典
和田英松『皇室御撰之研究』、長藤蔵『順徳天皇と佐渡』、角田文衛「岡前別当三位」(『王朝の明暗』所収) (角田 文衛) 真野御陵(まののみささぎ)  佐渡にある順 ...
5. 順德天皇(じゅんとくてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 27ページ ...
6. じゅんとくてんのう【順徳天皇】
日本人名大辞典
1197−1242 鎌倉時代,第84代天皇。在位1210-21。建久8年9月10日生まれ。後鳥羽(ごとば)天皇の第3(または第2)皇子。母は藤原重子(修明門院) ...
7. 順徳天皇[文献目録]
日本人物文献目録
藤勘治郎『順徳天皇を仰ぎ奉る』平泉澄『順徳天皇佐渡聖蹟誌』山本修之助『順徳天皇』伊藤治一『順徳天皇』今春聴『宮沢の天子塚 順徳天皇御陵伝説の考察』後藤嘉一『順徳 ...
8. 守成親王・順徳天皇・順徳上皇
日本史年表
1210年〈承元4 庚午〉 11・25 天皇 ,守成親王(順徳天皇)に譲位(御譲位部類記)。 1221年〈承久3 辛巳⑩〉 4・‐ この頃までに,順徳天皇, 『 ...
9. 祀順德天皇於水無瀨宮 (見出し語:順德天皇)
古事類苑
神祇部 洋巻 第4巻 291ページ ...
10. 順德天皇佐渡國還幸 (見出し語:順德天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 998ページ ...
11. 順德天皇號佐渡院 (見出し語:順德天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 952ページ ...
12. 順德天皇御廟所 (見出し語:順德天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 998ページ ...
13. ごとばてんのうりょう・じゅんとくてんのうりょう【後鳥羽天皇陵・順徳天皇陵】京都市:左京区/来迎院村 地図
日本歴史地名大系
その地で没した。武を好み、また優れた歌人としても知られ、藤原定家らに命じて「新古今集」を撰ばせている。順徳天皇(一一九七―一二四二)は後鳥羽天皇第三皇子で土御門 ...
14. じゅんとくてんのうしんき【順徳天皇宸記】
国史大辞典
順徳天皇の日記。『人左記』ともいう。『人左記』とは、佐渡院の佐字の偏と旁とを分けて記したものである。執筆の年月は、建暦元年(一二一一)から承久三年(一二二一) ...
15. 順徳天皇御遺蹟聚感園築造図(著作ID:4333817)
新日本古典籍データベース
じゅんとくてんのうごいせきしゅうかんえんちくぞうず  ...
16. 建保中殿御会図(著作ID:174232)
新日本古典籍データベース
けんぽうちゅうでんぎょかいず 中殿御会図 順徳中殿御会之図 順徳天皇建保中殿御会 藤原信実(ふじわらのぶざね) 画 伝 和歌 絵巻 建保六 ...
17. 順徳院御記(著作ID:1238046)
新日本古典籍データベース
じゅんとくいんぎょき 順徳院宸記 順徳御記 順徳天皇御記 人左記 順徳天皇(じゅんとくてんのう) 日記  ...
18. 小倉百人一首(100) 歌人/順徳天皇(順徳院)[百科マルチメディア] 画像
日本大百科全書
ばのしのぶにも なほあまりあるむかしなりけり定まり字(決まり字):歌を特定する字(音)/もも順徳天皇(じゅんとくてんのう)(順徳院)菱川師宣(ひしかわもろのぶ) ...
19. 順徳院御即位記(著作ID:228411)
新日本古典籍データベース
じゅんとくいんごそくいき 承元御即位記 承元四年順徳天皇御即位記 即位御記 九条道家(くじょうみちいえ) 記録 承元四 ...
20. 排蘆小船(近世随想集) 252ページ
日本古典文学全集
『続後撰和歌集』秋下、藤原定家「をぐら山しぐるるころのあさなあさな昨日はうすきよもの紅葉葉」。順徳天皇著『八雲御抄』六「ちかき人の歌の詞をぬすみとる事、この事、 ...
21. 排蘆小船(近世随想集) 294ページ
日本古典文学全集
背いていること。藤原基俊仮託の歌論書。鎌倉、南北朝期成立。詠歌の心得、文字遣その他の条々について、順徳天皇著『八雲御抄』や『十訓抄』などの内容を抄出、要約して一 ...
22. 排蘆小船(近世随想集) 302ページ
日本古典文学全集
仏教者が仏道以外の教えをいう語。宣長の頭書「後京極殿千五百番歌合の判詞に云ふ、神国の古風、詞上に顕はる」。順徳天皇著『八雲御抄』六、用意部に「第三に詞を先とすべ ...
23. あわづむら【粟津村】石川県:珠洲市
日本歴史地名大系
京都東福寺の大明国師の弟子正徹により、正中二年(一三二五)に開創したと伝える。開基にかかわって順徳天皇第七皇子・長慶天皇など諸所伝を残すが、いずれも方上保ゆかり ...
24. あんどのしょう【安堵庄】奈良県:生駒郡/安堵村/東安堵村・西安堵村
日本歴史地名大系
後鳥羽天皇の母。同庄の本家職の相承次第は、東寺百合文書によれば七条院―後鳥羽天皇皇后修明門院―順徳天皇皇子四辻宮善統親王―後宇多天皇―後醍醐天皇―善統親王皇子四 ...
25. あんらくじゅいん【安楽寿院】京都市:伏見区/竹田村 地図
日本歴史地名大系
され、姫宮没後は再び女院の手に帰し、女院没後春華門院昇子(後鳥羽皇女)、その没後は昇子の猶子順徳天皇へと伝領。承久の乱で後鳥羽上皇方の多くが八条院領関係者であっ ...
26. いくたのもり【生田森】
国史大辞典
主として楠の老樹からなり、古くは生田川のほとりにまで及んでいたといわれる。古来名勝地として多くの歌によまれ、順徳天皇の歌に「秋風にまたこそ訪はめ津の国の生田の森 ...
27. いるさやま【入佐山】兵庫県:出石郡/出石町
日本歴史地名大系
いるさの山の 山蘭 手な取り触れそや 貌優るがにや 速く優るがにや」がある。この入佐山を但馬としたのは、順徳天皇の「八雲御抄」巻五名所部の山の項で「いるさの山」 ...
28. いわたむら【岩田村】三重県:津市
日本歴史地名大系
「去建保年中ニ、夢相ノ告ニヨリテ、岩田ノ御園ヲモチテ、風日祈ノ社ノ饗料所ニスヘキ由」とあり、順徳天皇の宣旨によって、内宮風日祈宮へ寄進されて御園がつくられたとい ...
29. いんぷもんいん【殷富門院】
国史大辞典
後白河法皇より金剛勝院および押小路殿を伝領。なお九条兼実の子良恵、後鳥羽天皇の皇子長仁親王・守成親王(のちの順徳天皇)、以仁王の子道尊を猶子とした。治承四年(一 ...
30. うえきのしよう【植木庄】福岡県:直方市
日本歴史地名大系
安貞二年(一二二八)七条院は所領三八ヵ所を修明門院(藤原重子、順徳天皇母)に譲ったが、うち一七ヵ所の本所(領家)職は四辻宮善統親王(順徳天皇の皇子)に止められて ...
31. うじしゅういものがたり【宇治拾遺物語】
国史大辞典
ろ成立の『古事談』から話を採っていることと、承元四年(一二一〇)―承久三年(一二二一)在位の順徳天皇を「当今」と書いていることなどから、そのころに成立したものと ...
32. 宇治拾遺物語 308ページ
日本古典文学全集
ろさを伝えた、「名人・名手よく名人・名手を知る」という話。建保三年(一二一五)は、第八十四代順徳天皇の治世。九四七~九五七年、第六十二代村上天皇の治世。三善清行 ...
33. うだのしょう【宇多荘】
国史大辞典
注に八条院姫宮とあり、八条院の猶子となった後鳥羽院皇女春華門院昇子に伝えられたことが知られる。春華門院没後、順徳天皇に伝えられ、承久の乱後一時幕府に没収され、承 ...
34. えいあんもんいん【永安門院】
日本人名大辞典
1216−1279 鎌倉時代,順徳天皇の第1皇女。建保(けんぽ)4年生まれ。母は坊門信清の娘。建長3年内親王,准三宮(じゅさんぐう)となり,院号をゆるされる。5 ...
35. 江戸小咄集 2 88ページ
東洋文庫
古今和歌集の仮名序にみられる。本書に収録した咄にそれにならい六体にわけて構成されている (天)順徳天皇撰になる歌学、歌論書。正義、作法、枝葉、言語、名所、用意の ...
36. 老のすさみ(連歌論集) 111ページ
日本古典文学全集
姿清げにて、心あるを勝りたりとすと云へり。…心詞あひ具する事かたくは、先づ心を取るべし」とある。順徳天皇著の歌学書。六巻。その巻六に、「中比の歌のわろしといふは ...
37. 老のすさみ(連歌論集) 157ページ
日本古典文学全集
を抄出した『二十四代集』からさらに抄出したものとされる。『小倉百人一首』をさす。天智天皇から順徳天皇までの百人の歌人の歌一首ずつ集めたもの。 ...
38. おえむら【小江村】長崎県:北高来郡/高来町
日本歴史地名大系
その前身は真言宗寺院の道香密寺で、貞観一七年(八七五)の真然の開創と伝え、承久年間(一二一九―二二)に順徳天皇が千手千眼像を安置して勅願寺に定めたという。正和四 ...
39. おおいみかどどの【大炊御門殿】
国史大辞典
永久二年(一一一四)八月焼亡、再建されて同三年十一月遷幸、同四年八月また焼亡した。 (二) 後鳥羽・土御門・順徳天皇(上皇)の里内裏、仙洞御所。大炊御門富小路殿 ...
40. おおいみかどどの【大炊御門殿】 : 大炊御門殿/(二)
国史大辞典
(二) 後鳥羽・土御門・順徳天皇(上皇)の里内裏、仙洞御所。大炊御門富小路殿(おおいみかどとみのこうじどの)とも呼ばれる。大路の北、富小路と万里小路の間一町を ...
41. おおはらのみささぎ【大原陵】
国史大辞典
後鳥羽天皇と順徳天皇の陵。京都市左京区大原勝林院町にあり、三千院の北隣にあたる。後鳥羽天皇は延応元年(一二三九)二月二十二日隠岐で崩御、同二十五日苅田の山中で ...
42. おおやまのしょう【大山庄】山形県:上山市
日本歴史地名大系
領となっており(嘉元四年六月一二日「昭慶門院領目録」京都大学蔵古文書集)、八条院―春華門院―順徳天皇―後鳥羽天皇―後高倉院―安嘉門院―亀山天皇と伝領されたことが ...
43. 諡
世界大百科事典
天皇の場合でも臣下の場合でも,生前すでに出家していた人に対しては,諡を贈らないのが原則であった。天皇の漢風諡は順徳天皇以来廃絶していたが,光格天皇の没後,復興さ ...
44. おぐら‐ひゃくにんいっしゅ[をぐら‥]【小倉百人一首】
日本国語大辞典
蓮生の小倉山麓中院の山荘の障子に貼る色紙形の和歌として選んだといわれる一〇〇首の歌。天智天皇から順徳天皇までの、百人の歌人の秀歌を一首ずつ集めたもので、近世以降 ...
45. おしこうじからすまるどの【押小路烏丸殿】
国史大辞典
考えられる。順徳天皇東宮時代の建仁三年(一二〇三)十二月、藤原範光の押小路烏丸第に移り、御所としたことが『明月記』にみえるが同所であろう。建保元年(一二一三)七 ...
46. おたちむら【御館村】石川県:羽咋郡/押水町
日本歴史地名大系
鎮守の御館神社は前述の館跡南東部にあり、順徳天皇が当地滞在中に伊勢神宮を日吉山に勧請、明治四〇年(一九〇七)現在地に遷祀したと伝える(羽咋郡誌)。集落北方の牛飼 ...
47. おどむら【小渡村】山形県:西置賜郡/小国町
日本歴史地名大系
経て田代峠―沖庭権現―小渡と下り、荒川・横川沿いに小国町に出るのが本道であったという。地名も古くは御渡と記し、順徳天皇が配流先の佐渡を脱出し、当地を抜けたことに ...
48. 海道記(中世日記紀行集) 63ページ
日本古典文学全集
天皇の母(皇太后)、または国民の母(皇后)。ここは、範茂と同腹の、修明門院重子(後鳥羽上皇妃、順徳天皇母)。左右近衛府の大・中・少将をよぶ唐名。範茂は左近衛中将 ...
49. 河海抄
日本大百科全書
明らかにしようとする姿勢が強く見られる点も本書の特徴である。著者の四辻善成は南北朝時代の和学者であり、順徳天皇の皇子善統(よしむね)親王の孫。後年、『河海抄』に ...
50. かがく【歌学】
国史大辞典
述べてあるのが、当時の歌学の概要であり、範囲がきわめて広い。鎌倉時代の集大成書『八雲御抄』(順徳天皇)は、最初に序があり、本文は六巻より成っている。巻一正義部は ...
「順徳天皇」の情報だけではなく、「順徳天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

順徳天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「順徳天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る