1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 後宇多天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
後宇多天皇
ごうだてんのう
一二六七 - 一三二四
一二七四―八七在位。名は世仁。文永四年(一二六七)十二月一日、亀山天皇の第二皇子として土御門殿で誕生。母は左大臣藤原実雄の女の皇后佶子(京極院)。翌五年六月親王宣下、八月立太子。当時院政を行なっていた後嵯峨上皇が、同九年に没すると、鎌倉幕府は上皇の素志を尊重して亀山天皇を治天の君とし、亀山天皇の親政となった。やがて同十一年正月二十六日、八歳の後宇多天皇は、亀山の譲りを受けて高倉殿で践祚、三月には太政官庁で即位し、亀山は上皇として院政を行なった。この年十一月には、蒙古の兵が対馬・壱岐から北九州を襲い(文永の役)、さらに弘安四年(一二八一)にも再度の襲来があった(弘安の役)。さて亀山上皇が院政を行い、後宇多天皇が即位したことについては、亀山の兄の後深草上皇が不満を抱いており、ここに後深草系の持明院統と、亀山系の大覚寺統との対立を見るに至った。後深草に同情した幕府は、その皇子の煕仁を皇太子に立て、弘安十年十月、後宇多天皇は煕仁(伏見天皇)に譲位し、後深草上皇が院政を行うことになった。さらに永仁六年(一二九八)伏見は皇子胤仁(後伏見天皇)に譲位、上皇として院政をとり、持明院統の治世が続いたが、東宮には大覚寺統から後宇多上皇の皇子邦治が立てられた。大覚寺統側は幕府に強くはたらきかけ、ついに正安三年(一三〇一)正月、邦治(後二条天皇)が践祚し、後宇多上皇が院政を行うことになり、久方ぶりに大覚寺統の治世が復活した。延慶元年(一三〇八)八月、後二条天皇が没し、持明院統の花園天皇(伏見の皇子)が践祚すると、伏見上皇が院政を行なったが、文保二年(一三一八)二月、後醍醐天皇(後二条の弟)が践祚し、後宇多は再び院政を執った。後宇多上皇の院政は、後二条・後醍醐両天皇の時代、通算十一年余りに及んだが、元亨元年(一三二一)上皇は吉田定房を鎌倉に遣わし、幕府の同意を得て、ついに十二月九日、白河上皇以来二百余年に及んだ院政を停止、後醍醐天皇の親政とした。後宇多天皇は深く仏教に帰依し、さきに徳治二年(一三〇七)皇后の遊義門院が没すると、自身も七月二十六日、仁和寺の禅助を戒師とし、亀山殿の寿量院で出家した。法名は金剛性。出家後は大覚寺に住み、政務のかたわら密教を研究し、特に院政をやめてのちは密教に専念したが、正中元年(一三二四)六月二十五日、五十八歳で同寺で没した。遺詔によって後宇多院と追号された。御陵は大覚寺の東北方の蓮華峰寺陵。『新後撰和歌集』は後宇多上皇の命により、嘉元元年(一三〇三)藤原為世が撰したものであり、日記に『後宇多天皇宸記』がある。宸翰も比較的多く、教王護国寺(東寺)所蔵の「東寺興隆条々事書御添状」(徳治三年)、国立歴史民俗博物館所蔵の後宇多院宸記(文保三年)、醍醐寺所蔵の「当流紹隆教誡」(延慶二年)、大覚寺所蔵の「弘法大師伝」(正和四年(一三一五))、同所蔵「御手印遺告」は国宝に指定されている。
[参考文献]
三浦周行『鎌倉時代史』(『日本史の研究』新輯一)、竜粛『鎌倉時代』下
(上横手 雅敬)

蓮華峰寺陵(れんげぶじのみささぎ)

 京都市右京区北嵯峨朝原山町にある後宇多天皇と生母京極院皇后藤原佶子の合葬陵。亀山天皇・遊義門院〓子内親王・後二条天皇の各分骨をも合葬する。『建立蓮華峰寺縁起』に、後宇多天皇は、広沢池の北、朝原山の麓に八角円堂を建立し、堂内に順逆五輪石塔を安置し、この石塔の地輪の両際に五円を彫り、中心の円にはみずからの遺骨を納めることを遺言し、四方の円中に、皇考・皇妣・皇后・皇子の各遺骨を安置して、蓮華峰寺と号した由を記すので、天皇は崩御の三日後、正中元年(一三二四)六月二十八日蓮華峰寺傍の山で火葬に付され、遺骨は同寺五輪塔の円中に納められたと考えられる。以来、大覚寺が陵を奉祠管理してきたが、文久三年(一八六三)江戸幕府は陵を修補し、陵号を蓮華峰寺傍山陵と定めたが、のち現陵号に改められた。陵は現在、林間に位置する木造本瓦葺宝形造の法華堂で、方三・六二メートル、南面する。堂の周囲は石垣で方形壇状に築き、縁に透塀をめぐらし、南面中央は高麗門がある。堂内は白砂敷きで、中央に高さ二・四二メートルの花崗岩の五輪塔一基、両側に小五輪塔各一基を安置する。中央の塔は、火輪に浮彫文様のある特殊な五輪塔である。堂の周囲には、かつて鎌倉・室町時代の石仏・石碑伝など五百余が散在し、堂を中心に浄土が形成されていたとも考えられるが、今は石垣区画の東外側に設けた安置所に移し、整然と安置されている。
[参考文献]
上野竹次郎『山陵』下、谷森善臣『山陵考』(『(新註)皇学叢書』五)
(石田 茂輔)

所領

 弘安三年(一二八〇)と正応二年(一二八九)の二回、順徳天皇皇子四辻宮善統親王が伝えた修明門院領(もと七条院領)の譲与をうけ、正応五年九月後嵯峨天皇皇后大宮院の崩御により、亀山殿・浄金剛院領・筑前宗像社以下を譲られた。嘉元三年(一三〇五)七月、亀山上皇から冷泉殿文庫・北白川殿・薬草院・讃岐国・因幡国・八条院庁分・安楽寿院・歓喜光院・智恵光院・蓮華心院・万里小路殿・亀山殿・浄金剛院領などを譲られた。その九月亀山上皇の崩御後に、後宇多上皇は大覚寺統所領のすべてを管領する。翌徳治元年(一三〇六)六月十二日、上皇は所領のすべてを名目上同胞の昭慶門院に譲与した。その九月十五日門院は入道する。いずれも鎌倉幕府の猜疑の眼をそらそうとの目的である。延慶元年(一三〇八)八月、後二条天皇崩御、花園天皇践祚、後二条天皇弟尊治親王(後醍醐天皇)立太子。後宇多上皇は、閏八月同親王に所領のすべてを譲った(持明院統の花園天皇の写した譲状が京都御所東山御文庫に現存、『宸翰英華』)。文保二年(一三一八)後醍醐天皇が践祚すると、後宇多上皇はやがて幕府と交渉し、元亨元年(一三二一)から天皇親政が実現した。そして大覚寺統は持明院統と折半した室町院領を回収しようとして失敗。後宇多上皇領の多くは後醍醐天皇に伝領した。
[参考文献]
帝室林野局編『御料地史稿』、八代国治『国史叢説』、中村直勝『吉野朝史』(『中村直勝著作集』三)
(奥野 高広)


日本大百科全書(ニッポニカ)
後宇多天皇
ごうだてんのう
[1267―1324]

鎌倉時代後期の天皇(在位1274~87)。名は世仁(よひと)。亀山(かめやま)天皇の第2皇子。文永(ぶんえい)4年12月1日生まれ。母は左大臣藤原実雄(さねお)の娘京極院佶子(きょうごくいんきっし)。退位後、伏見(ふしみ)天皇、後伏見天皇と引き続き持明院(じみょういん)統が皇位を継承したのに抗議し、両統迭立(てつりつ)を行わせ、1301年(正安3)第1皇子(後二条(ごにじょう)天皇)を即位させ、自らはその間7年院政を行って朝政の実権を握った。18年(文保2)第2皇子(後醍醐(ごだいご)天皇)が即位するとふたたび院政をとったが、3年後の21年(元亨1)院政を廃して後醍醐天皇の親政とした。学問を好み、仏道の修行に熱心であった。出家して法号を金剛性という。日記に『後宇多天皇(院)宸記(しんき)』がある。元亨(げんこう)4年6月25日没。陵墓は京都・蓮華峰寺(れんげぶじ)陵。
[黒田弘子]



世界大百科事典
後宇多天皇
ごうだてんのう
1267-1324(文永4-正中1)

第91代に数えられる天皇。在位1274-87年。亀山天皇の第2皇子。母は左大臣洞院実雄の娘京極院佶子。名は世仁。大覚寺殿と称された。在位中は父亀山上皇の院政時代で,その間と退位後も学問に努めた。1301年(正安3)皇子の後二条天皇が即位すると院政をしき,熱心に政務をみた。07年(徳治2)寵妃姈子内親王が没すると,それをいたんで急に出家し,大覚寺を住いとした。法名は金剛性。晩年は大覚寺統と持明院統の皇統争いに悩まされた。学問に通じ,仏教に帰依,また《新後撰和歌集》を二条為世に撰進させた。陵所は京都市右京区北嵯峨朝原山町にある(〓華峯寺陵)。
→文保の和談
[飯倉 晴武]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
後宇多天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 263
検索コンテンツ
1. 後宇多天皇
日本大百科全書
廃して後醍醐天皇の親政とした。学問を好み、仏道の修行に熱心であった。出家して法号を金剛性という。日記に『後宇多天皇(院)宸記(しんき)』がある。元亨(げんこう) ...
2. 後宇多天皇
世界大百科事典
1267-1324(文永4-正中1) 第91代に数えられる天皇。在位1274-87年。亀山天皇の第2皇子。母は左大臣洞院実雄の娘京極院佶子。名は世仁。大覚寺殿と ...
3. ごうだ‐てんのう[‥テンワウ]【後宇多天皇】
日本国語大辞典
行なったが、後醍醐天皇のとき廃して天皇親政とした。出家して法諱(ほうき)を金剛性という。日記「後宇多天皇宸記(しんき)」がある。文永四~正中元年(一二六七~一三 ...
4. ごうだてんのう【後宇多天皇】画像
国史大辞典
尊重して亀山天皇を治天の君とし、亀山天皇の親政となった。やがて同十一年正月二十六日、八歳の後宇多天皇は、亀山の譲りを受けて高倉殿で践祚、三月には太政官庁で即位し ...
5. 後宇多天皇(ごうだてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 30ページ ...
6. ごうだてんのう【後宇多天皇】
日本人名大辞典
1267−1324 鎌倉時代,第91代天皇。在位1274-87。文永4年12月1日生まれ。亀山(かめやま)天皇の第2皇子。母は藤原佶子(きつし)(京極院)。父の ...
7. 後宇多天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【逐次刊行物】:10件 『後宇多法皇御年譜』土宜覚了『後宇多上皇の院政について』粟野秀穂『後宇多天皇』是沢恭三『後宇多法皇御忌記念号』-『後宇多法皇と大覚寺』黒 ...
8. 後宇多天皇山陵 (見出し語:後宇多天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1000ページ ...
9. 後宇多天皇讓位 (見出し語:後宇多天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 558ページ ...
10. 後宇多天皇花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
11. 後宇多天皇 所領一覧1[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
12. 後宇多天皇 所領一覧2[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
13. ごうだてんのうしんき【後宇多天皇宸記】
国史大辞典
後宇多天皇の日記。次の諸巻が現存。(一)「伝法灌頂御授与御記」 正和二年(一三一三)正月・二月の記。貞治二年(一三六三)深守による写本が大覚寺に伝わる。(二) ...
14. ごうだてんのうりょう【後宇多天皇陵】京都市:右京区/上嵯峨村地図
日本歴史地名大系
[現]右京区北嵯峨朝原山町 大覚寺の東北、朝原山の東南、長刀坂の南麓にあり、蓮華(花)峰寺陵という。天皇は亀山天皇第二皇子で、母は京極院藤原佶子(実雄女)。文永 ...
15. 後宇多院御記(著作ID:2551113)
新日本古典籍データベース
ごうだいんぎょき 後宇多天皇御記 後宇多法皇御記 後宇多天皇(ごうだてんのう) 記録  ...
16. あさはらやま【朝原山】京都市:右京区/上嵯峨村地図
日本歴史地名大系
僧正が天に登ったという登天松、寛朝の墓などがあって、遍照寺ゆかりの山となっている(都名所図会)。後宇多天皇陵の西、朝原山一帯の丘陵頂部から裾部にかけて群集する朝 ...
17. 排蘆小船(近世随想集) 377ページ
日本古典文学全集
主張して実現させた。為世に宣下して『新後撰和歌集』『続千載和歌集』を撰進せしめた。第九十六代天皇。名は尊治。後宇多天皇第二皇子。母は談天門院忠子。暦応二年没、五 ...
18. あわがじんじゃ【粟鹿神社】
国史大辞典
正五位上に陞された。醍醐天皇延喜の制、国幣大社名神に列し、但馬国の一宮、また二宮と称され、後宇多天皇弘安八年(一二八五)には神田百町七段二百二十六歩を有し、戦国 ...
19. あんどのしょう【安堵庄】奈良県:生駒郡/安堵村/東安堵村・西安堵村
日本歴史地名大系
同庄の本家職の相承次第は、東寺百合文書によれば七条院―後鳥羽天皇皇后修明門院―順徳天皇皇子四辻宮善統親王―後宇多天皇―後醍醐天皇―善統親王皇子四辻若宮―阿賀丸で ...
20. いくしまのしょう【生嶋庄】兵庫県:尼崎市/旧川辺郡地区
日本歴史地名大系
生嶋中郷事」があったことが記され、九条家が知行していた。大覚寺殿とあることから、大覚寺統の後宇多天皇が当郷と何らかのかかわりをもっていた可能性があるが詳細は不明 ...
21. 十六夜日記(中世日記紀行集) 289ページ
日本古典文学全集
読人しらず)による。「程は雲居になり、その雲居さえかきくれて雪になって行く」の意。届くや否やすぐに。後宇多天皇の方違行幸。方違は陰陽道の説で、外出時天一神・太白 ...
22. いちじょうのつぼね【一条局(1)】
日本人名大辞典
?−? 鎌倉時代の女官。橋本実俊(さねとし)の娘。遊義門院につかえ,後宇多天皇との間に良治親王を生む。のち後醍醐(ごだいご)天皇の後宮にはいり,応長元年(131 ...
23. 一代要記
世界大百科事典
年代記の一種。著者不詳。後宇多天皇(在位1274-87)のときに成立し,鎌倉時代末~南北朝時代初期までの書継ぎがある。4巻(流布本10巻)。書名は,天皇一代ごと ...
24. いちだいようき【一代要記】
国史大辞典
年代記の一種。著者不詳。現存部分は神代より花園天皇に至るが、中間および尾部を欠く。後宇多天皇の時代に成立し、鎌倉時代末―南北朝時代初期までの書継がある。内容は ...
25. いち‐な【一名・市名・城名・都名】
日本国語大辞典
〔名〕琵琶法師の付ける名字。城一検校(けんぎょう)が後宇多天皇から城の字を賜わったのが最初で、その門弟が八坂方と一方(いちかた)とに分かれ、八坂方では、城の字を ...
26. いまはやしりょう【今林陵】京都市:右京区/上嵯峨村地図
日本歴史地名大系
にある、後宇多天皇の皇后遊義門院〓子内親王の陵。皇后は後深草天皇皇女で、母は東二条院公子。弘安八年(一二八五)後宇多天皇皇后となる ...
27. いまばやしのみささぎ【今林陵】
国史大辞典
後深草天皇皇女尊称皇后にして後宇多天皇の後宮である遊義門院〓子内親王の陵。京都市右京区嵯峨大覚寺門前六道町にある。皇后は徳治二 ...
28. いりえ【入江】京都市:上京区/中立学区/元真如堂町地図
日本歴史地名大系
名で、今は用いられない。中昔京師地図に「入江」、中古内外京師地図に「入江、入江殿」とある。後宇多天皇の第三皇子承覚法親王が住した。親王は僧尊忠に従い、正中二年( ...
29. うじべのしょう【氏部庄】香川県:坂出市
日本歴史地名大系
所に充て、氏人中として知行することとなっている。「賀茂社諸国神戸記」に載る、蔵人頭平信輔が後宇多天皇の宣旨を上卿土御門中納言に伝えたものと考えられる弘安一〇年( ...
30. うりんいんあと【雲林院跡】京都市:北区/蓮台野村地図
日本歴史地名大系
年分度者三人も与えられ、天台宗寺院として隆盛した(「三代実録」仁和二年四月三日条・同年八月九日条)。その後宇多天皇の御願寺となり、応和三年(九六三)三月には境内 ...
31. えいかもんいん【永嘉門院】
日本人名大辞典
1272−1329 鎌倉時代,後宇多天皇の後宮。文永9年生まれ。宗尊(むねたか)親王の王女。母は源通具(みちとも)の孫。後嵯峨(ごさが)天皇の孫にあたる。内親王 ...
32. おうたくふかつしょう【王沢不渇鈔】
国史大辞典
(つ)キテ詩作(おこ)ラズ」によった。王沢は天子の恩沢、それが尽きず、詩が盛んに起るの意。後宇多天皇の建治二年(一二七六)七月成立。内容は詩や四六文の対句、その ...
33. 花押 13[別刷図版]画像
国史大辞典
伏見天皇(一) 226 伏見天皇(二) 227 伏見天皇(三) 228 伏見天皇(四) 229 後宇多天皇 230 守覚法親王 231 道法法親王 232 尊性 ...
34. 嘉元仙洞御百首(著作ID:131066)
新日本古典籍データベース
かげんせんとうおんひゃくしゅ 嘉元百首 仙洞御百首 亀山天皇(かめやまてんのう) 後宇多天皇(ごうだてんのう) 伏見天皇(ふしみてんのう) 等 和歌 嘉元元 ...
35. 亀山天皇
日本大百科全書
大覚寺(だいかくじ)・持明院(じみょういん)両統迭立の端緒である。亀山天皇は在位15年で皇位を後宇多天皇に譲り、院政(1274~87)を開始して朝政の実権を握っ ...
36. 亀山天皇
世界大百科事典
父天皇のはからいで兄後深草天皇の譲りをうけて即位し,ついで皇子(後宇多天皇)に位を譲って大覚寺統の皇統をひらき,持明院統との対立のもとをつくった。後宇多天皇の在 ...
37. かめやまてんのう【亀山天皇】画像
国史大辞典
即位。皇子世仁親王も文永五年(一二六八)二歳で東宮となる。同十一年正月二十六日、にわかに東宮(後宇多天皇)に譲位。天皇は性闊達英明で父母の寵愛深く、文永九年二月 ...
38. かめやまてんのう【亀山天皇】
日本人名大辞典
子(きつし)(大宮院)。大覚寺統最初の天皇。同母兄後深草天皇の譲位により即位。父が院政をおこなう。子の後宇多天皇に譲位して,兄をさしおいて院政をしいたことなども ...
39. かめやまてんのうりょう【亀山天皇陵】京都市:右京区/天龍寺門前村地図
日本歴史地名大系
子(実氏女)。正元元年(一二五九)即位し、文永一一年(一二七四)後宇多天皇に譲位した後、弘安一〇年(一二八七)まで院政を行った。文永元年出家し、禅宗に帰依して東 ...
40. 亀山殿七百首(著作ID:139902)
新日本古典籍データベース
かめやまどのしちひゃくしゅ 七百首和歌 後宇多天皇(ごうだてんのう) 等 和歌 元亨三 ...
41. かめやまのみささぎ【亀山陵】 : 亀山天皇
国史大辞典
あり、西面する宝形造の法華堂で、幕末修理の際に西本願寺がその費用を献じている。また、のちに後宇多天皇の遺言によって同天皇の蓮華峰寺陵(五輪塔)にも分骨された。高 ...
42. かわらのしょう【河原庄】愛媛県:東予市/河原津村
日本歴史地名大系
永嘉門院令旨如此、仍執達如件、 嘉暦元年十月十八日 右衛門権佐(花押)円海上人御房とある。永嘉門院は後宇多天皇の妃瑞子女王であるから、どのような経過によったかは ...
43. かんしんじ【観心寺】大阪府:河内長野市/観心寺村地図
日本歴史地名大系
言上状の中で、嵯峨・淳和・仁明・文徳・清和・後宇多・後醍醐天皇代々の「勅誓他に異なるもの歟」と記し、後宇多天皇の臨幸を記している。これらの歴史は文献のうえで十分 ...
44. かんじょうれきみょう【灌頂歴名】
国史大辞典
、第三通は他人と認められ、第二通末の一部を他筆とする説もある。なお、この歴名は神護寺所蔵の後宇多天皇宸翰施入状によれば、徳治三年(延慶元、一三〇八)六月十三日鳥 ...
45. かんち‐いん[クヮンチヰン]【観智院】
日本国語大辞典
京都市南区九条町にある教王護国寺(東寺)の塔頭(たっちゅう)の一つ。後宇多天皇勅願の二十一か寺の一つで、杲宝(ごうほう)を開山とする。客殿は桃山式の書院造りで国 ...
46. きたしらかわのみささぎ【北白河陵】 : 後二条天皇
国史大辞典
幕末修陵の時には陵と定めて修補を加えた。西南に接して第一皇子邦良親王(後醍醐天皇皇太子)の墓がある。なお、父後宇多天皇の遺言により、同天皇蓮華峰寺陵に分骨が納め ...
47. きたのてんまんぐう【北野天満宮】京都市:上京区/翔鸞学区/馬喰町地図
日本歴史地名大系
墨書日本書紀(二八冊)、永仁二年(一二九四)一月一五日書写の紫紙金字金光明最勝王経巻第一(後宇多天皇宸翰・一巻)がある。〔摂社・末社〕地主社は本殿北東にあり、北 ...
48. きょうごくいん【京極院】
日本人名大辞典
ごけい)で女御代(にょうごだい)をつとめ,翌年中宮,ついで皇后となる。世仁(よひと)親王(後宇多天皇)ら2男1女を生んだ。文永9年8月9日死去。28歳。名は佶子 ...
49. 空海[文献目録]
日本人物文献目録
二法門感得の典拠』口入田覚了『高祖不二法門感得の典拠』口入田覚了『高祖の六大説』大山公淳『後宇多天皇宸翰弘法大師伝』周魚『弘法清水 弘法大師伝説の精神史的考察』 ...
50. 久米田寺
世界大百科事典
のために建立した道場に由来する。平安から鎌倉にかけてかなり衰微したが,1282年(弘安5)後宇多天皇が行基開創の霊場たることを追慕して,当寺を御願寺に列してより ...
「後宇多天皇」の情報だけではなく、「後宇多天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

後宇多天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「後宇多天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る