1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 後花園天皇
国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
後花園天皇
ごはなぞのてんのう
一四一九 - 七〇
一四二八―六四在位。名、彦仁(ひこひと)。応永二十六年(一四一九)六月十八日生まれる。父は、早世した兄治仁(はるひと)王のあとを継いで伏見宮第三代となった貞成(さだふさ)親王(後崇光院)。母は、右近衛少将庭田経有の娘幸子(敷政門院)。経有の妹資子は、北朝崇光天皇の典侍となり、伏見宮初代の栄仁(よしひと)親王を生んでいる。持明院統の後小松天皇は、応永十九年位をみずからの皇子(称光天皇)に譲り、上皇として院政をとった。これに対して、大覚寺統の皇胤や貴族は、南北朝合体の条件であった両統迭立の約束が反故にされたことに憤り、各地で兵を挙げたが、平定された。しかし称光天皇には皇子がなく、上皇の残されたもう一人の皇子(小川宮)も応永三十二年若死したため、上皇は急ぎ皇嗣を決定しなければならなくなった。正長元年(一四二八)七月、大覚寺統の小倉宮は、この機を狙って伊勢へ下向し、北畠満雅を頼って挙兵した。そこで上皇は、皇嗣に充てるため伏見宮の彦仁を上皇の御所に迎え取って、親王宣下のないまま、みずからの猶子とし不測の事態に備えた。まもなく称光天皇が病死したため、七月二十八日彦仁が践祚し、翌永享元年(一四二九)十二月二十七日即位して後花園天皇となった。後花園天皇は、はじめの数年間は上皇の院政をうけたが、上皇の崩後三十一年間は親政で臨んだ。寛正五年(一四六四)七月十九日、皇子(後土御門天皇)に譲位し、東洞院の上皇の御所で左大臣足利義政を院執事にして院政をとった。応仁元年(一四六七)九月二十日、戦乱中の仮御所泉殿で俄かに出家。法名円満智。文明二年(一四七〇)十二月二十七日、中風のため同御所で崩じた。五十二歳。戦乱のため泉涌寺が戦陣になり、寺僧らも離散してしまっていたため、翌三年正月三日、悲田院で遺体を火葬し本堂前に埋骨、その上に山茶花を植えたが、まもなく丹波国山国の常照皇寺に分骨され、ここを山陵と定めた(後山国陵)。はじめ、後文徳院と追号されたが、昔の天皇の諡号(文徳)に後字を加える追号例はかつてないとする反対が出て、後花園院と改められた。父貞成親王は、後花園天皇が即位すると、皇位が持明院統のなかでも庶流の後光厳院流から嫡流である崇光院流に戻ったことを喜び、またこれが永く自流の子孫に伝えられることを願って、『椿葉記(ちんようき)』を著わし、天皇に君徳の涵養を訓した。天皇も父の期待に応え、「近来の聖主」と称えられた。天皇が皇子(後土御門天皇)に同様の趣旨を訓したのが、『後花園院御消息』(『群書類従』消息部)である。天皇の日記は、『親長卿記』文明五年三月十七日条の記事によれば、かつては存在したことがわかるが、今は伝わらない。和歌には『後花園院御集』三巻(『列聖全集』御製集四)、『後花園院五十首』(同)、『後花園院御百首』(同・『続群書類従』和歌部)、連歌には『後花園院御独吟百韻』(『列聖全集』御製集四・『続群書類従』連歌部ほか)などの作品がある。
[参考文献]
『大日本史料』八ノ三 文明二年十二月二十七日条
(益田 宗)

後山国陵(のちのやまくにのみささぎ)

 京都府北桑田郡京北町大字井戸字丸山の常照皇寺内にある。光厳天皇陵・後土御門天皇分骨所と同域。天皇は文明三年(一四七一)正月三日、応仁・文明の乱の騒擾のうちに悲田院にて火葬、同九日拾骨、火葬の地には土を封じて植樹し、二月五日御骨(歯および仏舎利一粒を加える)を常照寺に賜わった。天皇は生前光厳天皇を慕い、崩後灰骨を祖堂に安置せよとの遺志によったもので、同寺では御骨を光厳天皇陵側に蔵め、上に宝篋印塔を建てた。御陵は光厳天皇陵とともに常照寺によって祭祀されてきた。幕末修陵の際は、光厳天皇・後花園天皇両陵を山国陵と称したが、明治二年(一八六九)当陵を後山国陵と改称した。天皇の分骨所は京都市上京区般舟院前町の贈皇太后源朝子の般舟院陵内に、火葬塚は同上京区扇町大応寺境内にある。なお文明三年二月十一日に分骨を大原法華堂の側にも納めているが、現在の後鳥羽天皇陵である十三重の石塔をこれにあてる説もある。
[参考文献]
『大日本史料』八ノ四、文明三年正月三日・九日・二月五日条、上野竹次郎『山陵』下
(中村 一郎)


日本大百科全書(ニッポニカ)
後花園天皇
ごはなぞのてんのう
[1419―1470]

第102代天皇(在位1428~64)。名は彦仁(ひこひと)。法名円満智。後文徳(ごもんとく)院と称した。後崇光(ごすこう)院貞成(さだなる)親王の第1皇子。実母は庭田経有(にわたつねあり)の女(むすめ)敷政門院(ふせいもんいん)幸子。養母は日野資国(すけくに)の女光範門院資子。室町時代の初め、称光(しょうこう)天皇には後嗣(こうし)がなく、その死によって後光厳(ごこうごん)天皇流の皇統は断絶することになった。そこで父後小松(ごこまつ)上皇の意志により、貞成親王の第1皇子が、上皇の猶子(ゆうし)として迎えられて位についたのが後花園天皇である。そこで血統上、皇位は持明院(じみょういん)統嫡流たる崇光(すこう)天皇流に復帰した。1464年(寛正5)位を皇子後土御門(ごつちみかど)天皇に譲り、67年(応仁1)応仁(おうにん)の乱を憂えて出家、文明(ぶんめい)2年12月27日没。丹波(たんば)後山国(のちのやまぐに)陵に葬る。
[村田正志]



日本人名大辞典
後花園天皇
ごはなぞのてんのう
1419−1471*
室町時代,第102代天皇。在位1428-64。
応永26年6月18日生まれ。伏見宮貞成(ふしみのみや-さだふさ)親王(後崇光院(ごすこういん))の第1王子。母は源幸子(こうし)(敷政門院)。後小松上皇の猶子となり,称光天皇の病死で皇位をつぐ。8代将軍足利義政の時代で,永享の乱,嘉吉(かきつ)の乱,各地の土一揆(どいっき),寛正(かんしょう)の大飢饉(ききん)などがあった。在位37年で皇子の後土御門(ごつちみかど)天皇に譲位し,院政をしく。上皇時代には応仁(おうにん)の乱がおきた。文明2年12月27日死去。52歳。墓所は後山国陵(のちのやまくにのみささぎ)(京都府京北町)。諱(いみな)は彦仁(ひこひと)。法名は円満智。別名に後文徳院。歌集に「後花園院御集」,日記に「後花園院御記」。
【格言など】残民争いて採る首陽の蕨(わらび)処々炉(ろ)を閉じ竹扉(ちくひ)を鎖(とざ)す 詩興の吟は酣(たけなわ)なり春二月 満城の紅緑誰がために肥ゆる(「新撰長禄寛正記」)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
後花園天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 357
検索コンテンツ
1. 後花園天皇
日本大百科全書
上皇の意志により、貞成親王の第1皇子が、上皇の猶子(ゆうし)として迎えられて位についたのが後花園天皇である。そこで血統上、皇位は持明院(じみょういん)統嫡流たる ...
2. 後花園天皇
世界大百科事典
1419-70(応永26-文明2) 第102代に数えられる天皇。在位1428-64年。北朝の崇光天皇の曾孫。父は伏見宮3代貞成親王。諱は彦仁。称光天皇に皇嗣がな ...
3. ごはなぞの‐てんのう[‥テンワウ]【後花園天皇】
日本国語大辞典
第一〇二代天皇。北朝崇光天皇の曾孫。貞成親王(後崇光院)の子。名は彦仁(ひこひと)。正長元年(一四二八)、後小松上皇の猶子として践祚(せんそ)し、翌年即位。在位 ...
4. ごはなぞのてんのう【後花園天皇】画像
国史大辞典
したため、七月二十八日彦仁が践祚し、翌永享元年(一四二九)十二月二十七日即位して後花園天皇となった。後花園天皇は、はじめの数年間は上皇の院政をうけたが、上皇の崩 ...
5. 後花園天皇(ごはなぞのてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 36ページ ...
6. ごはなぞのてんのう【後花園天皇】
日本人名大辞典
1419−1471* 室町時代,第102代天皇。在位1428-64。応永26年6月18日生まれ。伏見宮貞成(ふしみのみや-さだふさ)親王(後崇光院(ごすこういん ...
7. 後花園天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『後花園天皇宸筆仏統国師諡号勅書』玉村竹二 ...
8. 後花園天皇・後花園上皇・後花園法皇
日本史年表
1429年〈永享元(9・5) 己酉〉 12・27 後花園天皇 即位(看聞)。 1464年〈寛正5 甲申〉 7・19 後花園天皇 ,譲位(雑事記)。 1465年 ...
9. 後崇光院誡後花園天皇 (見出し語:後花園天皇)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 167ページ ...
10. 後花園天皇出家 (見出し語:後花園天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 886ページ ...
11. 後花園天皇諡 (見出し語:後花園天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 947ページ ...
12. 納後花園天皇遺骨於大原法華堂 (見出し語:後花園天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1005ページ ...
13. 後花園天皇花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
14. 後花園天皇後土御門天皇年代記(著作ID:4382821)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうごつちみかどてんのうねんだいき 年代記  ...
15. 後花園天皇宸翰(著作ID:4365160)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうしんかん 後花園天皇(ごはなぞのてんのう)  ...
16. 後花園天皇宸筆模(著作ID:438506)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうしんぴつも  ...
17. 後花園天皇遷幸記(著作ID:4401062)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうせんこうき 中原康富(なかはらやすとみ) 記録 永享二 ...
18. 後花園天皇綸旨(著作ID:2669354)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうりんじ 文書  ...
19. 後花園天皇をいたみ奉る辞(著作ID:4365161)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのてんのうをいたみたてまつることば  ...
20. 後花園院御独吟百韻(著作ID:194070)
新日本古典籍データベース
ごはなぞのいんごどくぎんひゃくいん 応仁二年後花園院御独吟百韻 後花園天皇独吟御百韻 法皇御独吟百韻 後花園天皇(ごはなぞのてんのう) 連歌 応仁二 ...
21. 後崇光院誡後花園天皇 (見出し語:後崇光院)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 167ページ ...
22. 於悲田院後花園天皇葬禮 (見出し語:悲田院)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 67ページ ...
23. あかまつさだむら【赤松貞村】
国史大辞典
五十五歳としているのが事実に近いようである。法名は福伝寺月理祐心。彼はまた茶の湯の嗜みが深く、ある時、後花園天皇から義教が拝領した道具を用いて行なった台子の点前 ...
24. あしかがよしかつ【足利義勝】
国史大辞典
の乱)、諸将に擁立されて八歳で家督をつぎ、管領細川持之の輔佐をうけ、ついで従五位下に叙し、後花園天皇から名を義勝と賜わった。幕府は同年九月、義勝を擁して赤松氏の ...
25. 足利義教
世界大百科事典
に介入した。称光天皇が没したあと,男子がなかったため伏見宮貞成親王の子を立てて天皇とした(後花園天皇)が,これは義教のはからいであった。南朝の後胤については極力 ...
26. 足利義政
世界大百科事典
いわゆる嘉吉の乱で義教が横死し,ついで43年義勝も夭死したため家督を継ぐ。46年(文安3)後花園天皇から義成(よししげ)と命名される。49年15歳で元服,征夷大 ...
27. あしかがよしまさ【足利義政】画像
国史大辞典
幼名三春。嘉吉三年(一四四三)七月義勝の死後、八歳で家督を嗣ぎ文安三年(一四四六)十二月十三日後花園天皇から名を義成(よししげ)と賜わり、同月十五日従五位上に叙 ...
28. あしびきえ【〓引絵】
国史大辞典
の新写した『山門足引絵』五巻を借り、御子の後花園天皇が親写せられ永享十年(一四三八)に完成したこと、また叡山から『足引絵』の詞を後崇光院・後花園天皇・将軍足利義 ...
29. 排蘆小船(近世随想集) 380ページ
日本古典文学全集
第二十一番目の勅撰集。二〇巻。室町前期の永享五年、足利義教の発意によって撰集の議が起こり、後花園天皇の勅命により飛鳥井雅世が選者、尭孝が和歌所開闔となる。『新後 ...
30. あじさかのしよう【鰺坂庄】福岡県:小郡市
日本歴史地名大系
集)。文安四年(一四四七)当庄などが鷲尾隆遠(隆敦の孫)に安堵されている(同年三月一七日「後花園天皇綸旨」大友文書/大分県史料二六)。寛正六年(一四六五)頃に光 ...
31. あつたじんぐう【熱田神宮】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿
日本歴史地名大系
暦)、翌年、再び崇光上皇の管領に帰し、後小松天皇に伝領され(椿葉記)、永享五年(一四三三)後花園天皇は当社領を伏見宮貞成親王に還付され(熱田神宮文書)、以後、伏 ...
32. あつながしんのう【淳良親王】
日本人名大辞典
室町時代,伝承上の皇子。後花園天皇の子。応仁(おうにん)の乱の難をさけ,越中(富山県)礪波郡(となみぐん)般若(野)荘(はんにゃのしょう)にとどまったが,その間 ...
33. あわがかのう【粟賀加納】兵庫県:神崎郡/神崎町/加納村
日本歴史地名大系
が、そのなかに粟賀加納がある(「伏見宮貞成譲状案」伏見宮家文書)。貞常親王は貞成の次男で、後花園天皇の弟。延徳二年(一四九〇)九月三日、幕府奉行人清元定は粟賀加 ...
34. あんらくぎょういん【安楽行院】
国史大辞典
深草法華堂を造建してここに葬った。その後、伏見天皇以下多くの天皇をこの法華堂に葬ったが、この寺も後花園天皇(一四二八―六四)の時に退転して法華堂が残ったので、そ ...
35. いちじょうかねよし【一条兼良】画像
国史大辞典
同十九年に十一歳で急ぎ元服、翌年四月に従三位に叙し永享元年(一四二九)に従一位左大臣に昇る。同四年、後花園天皇の元服に際し、将軍足利義教が佳例により左大臣で理髪 ...
36. 一条兼良
日本史年表
1461年〈寛正2 辛巳〉 11・2 一条兼良 ,内裏で『源氏物語』を後花園天皇・足利義政に進講(雑事記)。 1481年〈文明13 辛丑〉 4・2 没。  ...
37. いちじょうふしみどの【一条伏見殿】
国史大辞典
皇居が炎上したため、後花園天皇は前関白近衛忠嗣の第に移徙、ついで一条伏見殿に移られた。貞成親王はしばらく同宿されたが、この年の暮、前右大臣三条公冬の第に移った。 ...
38. いちのよでん【市余田】兵庫県:加西市/山下村
日本歴史地名大系
)によると、市余田の知行者は春日殿(後花園天皇の乳母)であった。貞成は文安三年(一四四六)八月二七日、市余田など伏見宮家領を次男式部卿貞常親王(後花園天皇の弟) ...
39. 一休和尚年譜 1 18ページ
東洋文庫
した一休を諌止したこと、同応永三十四年(一四二七)条に、後小松院に皇位継承者として彦仁王(後花園天皇)を推挙した記事のあることも皇胤説を強めるものとした。これら ...
40. 一休和尚年譜 1 133ページ
東洋文庫
最終的には伏見宮彦仁王が立太子の儀を経ずに院の猶子となって継いだ。その経過については、伏見宮貞成親王が後花園天皇のために記した『難琶に詳しい.村田正志『馨葉記』 ...
41. 一休和尚年譜 1 153ページ
東洋文庫
門下は初七日に散じ、一休も帰京した。享徳元年(一四五二)九月十四日、養隻が奔走して、足利義成の執奏により、後花園天皇によって「大機弘宗禅師」の号が勅盗された(『 ...
42. 一休和尚年譜 1 154ページ
東洋文庫
この年条に記事はないが、大徳寺にとっては重要な年であった。正長二年(九月五日改元、永享元)八月十六日に後花園天皇倫旨と幕府公帖を得て大徳寺二十六世となり、徹翁派 ...
43. 一休和尚年譜 1 201ページ
東洋文庫
義教治世の孤立を暗示した。 七月二十八日、山名持豊を頭に幕府の赤松討伐軍が派遣され、八月一日、後花園天皇の赤松追討の論旨が出された。九月十日、播磨城山城で赤松満 ...
44. 一休和尚年譜 1 278ページ
東洋文庫
作って門人たちに心境を伝えて、月末に帰京した。 記事は、一休の「心疾」と、「餓死」の意思表示が後花園天皇の勅を得て慰留されることになったことを強調し、事件がどの ...
45. 一休和尚年譜 1 279ページ
東洋文庫
七)条の、後小松院が称光天皇の後に誰を天皇とするかについて一休に諮り、伏見宮彦仁王を推して後花園天皇が継いだとする記事とこの年の語調は連絡している。 この年八月 ...
46. 一休和尚年譜 1 296ページ
東洋文庫
『年譜』記事には無いが、一休は、四月ごろ、患っていたらしい。この年四月十七日、病に臥していた一休に後花園天皇より見舞いの女房奉書が遣わされている。その宸筆が「酬 ...
47. 一休和尚年譜 1 333ページ
東洋文庫
せぎのしぎちの事、むらさぎ野大とく寺のたつちう如意庵にぎしんの事、ぎこしめし候ぬ」云々と、後花園天皇によって勅許され(一五四三号)、次いで五月十三日、幕府が畠山 ...
48. 一休和尚年譜 1 337ページ
東洋文庫
この年九月十四日、正長元年(一四二八)六月二十七日に示寂した華隻宗曇に大機弘宗禅師の諡号が後花園天皇より贈られた。 『狂雲集』にこの時の作品がある。 「華隻老師 ...
49. 一休和尚年譜 1 340ページ
東洋文庫
草が大徳寺に遺っている。 前年享徳元年九月十四日に、養隻の運動によって、足利義政が奏聞して後花園天皇より華 ...
50. 一休和尚年譜 2 55ページ
東洋文庫
養隻門下は溜飲を下げ、一休門下は言うべぎことばがないのであった。 前年長禄元年九月十五日に、後花園天皇は養隻に「宗恵大照禅師」号を特賜された。この年六月八日、病 ...
「後花園天皇」の情報だけではなく、「後花園天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

後花園天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「後花園天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る