1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 後陽成天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
後陽成天皇
ごようぜいてんのう
一五七一 - 一六一七
一五八六―一六一一在位。元亀二年(一五七一)十二月十五日正親町天皇の皇子誠仁親王(陽光太上天皇)の第一王子として誕生。母は贈左大臣勧修寺晴右の女晴子(新上東門院)。初名和仁(かずひと)、慶長三年(一五九八)十二月周仁(かたひと)と改名。父親王が皇位を継承しないうちに没したため、代わって皇儲に定められ、天正十四年(一五八六)九月十七日立親王の後、十一月七日祖父天皇の譲りを受けて践祚し、同月二十五日即位礼を挙げた。在位二十六年を数え、慶長十六年三月二十七日政仁親王(後水尾天皇)に譲位。元和三年(一六一七)八月二十六日、四十七歳をもって崩御。後陽成院と追号し、京都深草の深草北陵に葬った。天皇の在位は、豊臣秀吉の全国平定から徳川家康の政権確立に至る年代で、公家社会が多年の衰微を脱して安定を得たときであり、天正十六年の聚楽第行幸は朝廷の回復を眼のあたりに示す威儀であった。このような時世にあって、天皇は朝儀の故実に精しく、公事儀式の復興に意を用いたが、また深く学問を好み、しばしば『伊勢物語』『源氏物語』などの古典を侍臣に講じ、述作も少なくない。和歌・書道・絵画も堪能で、古今集秘説の湮滅を惜しみ、勅使を派して細川幽斎を田辺城から退陣せしめたことは、歌道尊重の事蹟として著名である。また木製活字を作らせて、『古文孝経』『錦繍段』『勧学文』『日本書紀神代巻』『職原抄』その他和漢の古典数種を印行せしめた。すなわち慶長勅版で、その文化史上の意義はすこぶる大きい。天皇の崩御に際し、廷臣中院通村は特に和漢の才を称え、炬火の滅した思いがすると痛嘆の意を日記に書き留めている。御撰には『伊勢物語愚案抄』『百人一首抄』『詠歌之大概抄』『名所方輿勝覧』その他、御製には『後陽成院製詠五十首』その他があり、日記は慶長六年正月叙位記、同七年正月四方拝・小朝拝・叙位の記などが伝えられる。→深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)
[参考文献]
『大日本史料』一二ノ二七 元和三年八月二十六日条、帝国学士院編『宸翰英華』一、辻善之助『御歴代の聖徳に就いて』
(武部 敏夫)


日本大百科全書(ニッポニカ)
後陽成天皇
ごようぜいてんのう
[1571―1617]

第107代天皇(在位1586~1611)。名は和仁(たかひと)、のち周仁(かたひと)。正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の第1王子。母は新上東門院藤原晴子。1586年(天正14)正親町天皇の養子となり即位。88年、関白(かんぱく)豊臣(とよとみ)秀吉から支度料を贈られ聚楽第(じゅらくだい)に行幸、諸大名から忠誠の誓いを受けた。しかしそれは形式的で、実際は天皇と並んだ関白に諸大名が忠誠を要求されたものであった。92年天皇は宸翰(しんかん)を送り、秀吉の朝鮮渡海を思いとどまらせた。舟橋秀賢(ひでかた)から漢学を、細川幽斎(ゆうさい)から和学を学ぶなど、和漢の学問的教養に造詣(ぞうけい)が深く、慶長(けいちょう)勅版を刊行させた。江戸幕府成立後、政仁(ことひと)親王(のちに後水尾(ごみずのお)天皇)を擁立しようとする徳川家康と対立し、退位。陵墓は京都の深草北陵。
[北島万次]



世界大百科事典
後陽成天皇
ごようぜいてんのう
1571-1617(元亀2-元和3)

第107代に数えられる天皇。在位1586-1611年。諱(いみな)は和仁,のち周仁(かたひと)。正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の第1子。母は新上東門院勧修寺晴子。正親町天皇のあとをうけて即位し,第3皇子政仁親王(後水尾天皇)に譲位。在位中は,豊臣秀吉の皇室奉戴の政策により朝廷の尊厳が一応回復をみる一方,近世封建制のなかに組み込まれていく過程でもあった。秀吉の奏請により1588年(天正16)4月聚楽第に行幸。そのとき,秀吉より京中の銀地子5500両余が御料として献じられた。これらの禁裏御料の献納によりようやく皇室経済が安定するに至り,1601年(慶長6)徳川家康は1万石の御料所を献じた。学問を好み,舟橋秀賢をして四書を進講させ,また廷臣に《伊勢物語》《源氏物語》などを講義。能書家であり,和歌をよくしたが,文化史上の不朽の業績は勅版の刊行で,《勧学文》《錦繡段》《日本書紀神代巻》《古文孝経》《大学》《職原抄》など広範囲に及び,慶長勅版として近世の文芸復興に大きく貢献した。皇弟智仁親王に譲位の意向があったが,家康の反対でならず,さらに09年の猪熊事件に対する家康の処置が天皇の意にかなわず,しだいに幕府との関係に円滑を欠き,憤慨のあまりついに11年譲位。日記に《後陽成天皇宸記》(慶長6年1月)がある。
[橋本 政宣]

[索引語]
禁裏御料 慶長勅版
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
後陽成天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 459
検索コンテンツ
1. 後陽成天皇画像
日本大百科全書
第107代天皇(在位1586~1611)。名は和仁(たかひと)、のち周仁(かたひと)。正親町(おおぎまち)天皇の皇子誠仁(さねひと)親王の第1王子。母は新上東門 ...
2. 後陽成天皇[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
後陽成天皇宸影」 東京大学史料編纂所所蔵模写(部分) ©東京大学史料編纂所 ...
3. 後陽成天皇
世界大百科事典
皇の意にかなわず,しだいに幕府との関係に円滑を欠き,憤慨のあまりついに11年譲位。日記に《後陽成天皇宸記》(慶長6年1月)がある。橋本 政宣 禁裏御料 慶長勅版 ...
4. ごようぜい‐てんのう[ゴヤウゼイテンワウ]【後陽成天皇】
日本国語大辞典
第一〇七代天皇。正親町(おおぎまち)天皇の子誠仁(のぶひと)親王の子。母は新上東門院勧修寺晴子。初名和仁、のち周仁(かたひと)。天正一四年(一五八六)、正親町天 ...
5. ごようぜいてんのう【後陽成天皇】画像
国史大辞典
一五七一―一六一七 一五八六―一六一一在位。元亀二年(一五七一)十二月十五日正親町天皇の皇子誠仁親王(陽光太上天皇)の第一王子として誕生。母は贈左大臣勧修寺晴 ...
6. 後陽成天皇(ごようぜいてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 37ページ ...
7. ごようぜいてんのう【後陽成天皇】
日本人名大辞典
1571−1617 織豊-江戸時代前期,第107代天皇。在位1586-1611。元亀(げんき)2年12月15日生まれ。誠仁(さねひと)親王(陽光院)の第1王子。 ...
8. 後陽成天皇[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:2件 『後陽成天皇と下鴨社』中村直勝『聚楽第行幸』堀田璋左右 ...
9. 後陽成天皇・後陽成上皇
日本史年表
1611年〈慶長16 辛亥〉 3・27 後陽成天皇 譲位(公卿補任)。 1617年〈元和3 丁巳〉 8・26 没。  ...
10. 後陽成天皇印[図版]画像
国史大辞典
金竜 雅輔 周仁 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
11. 後陽成天皇花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
12. 後陽成天皇以来公家年中行事(著作ID:2689603)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのういらいくげねんじゅうぎょうじ 後陽成院以来公家年事 後陽成院以来/当事公家年事  ...
13. 後陽成天皇升遐の記(著作ID:1082264)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのうしょうかのき 西洞院時慶(にしのとういんときよし)  ...
14. 後陽成天皇宸翰(著作ID:4365201)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのうしんかん 後陽成天皇(ごようぜいてんのう)  ...
15. 後陽成天皇宸翰御消息(著作ID:1131880)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのうしんかんごしょうそく 後陽成天皇宸翰 後陽成天皇(ごようぜいてんのう) 書簡  ...
16. 後陽成天皇宸翰神号(著作ID:4399697)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのうしんかんしんごう  ...
17. 後陽成天皇をいたみ奉る辞(著作ID:1082275)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのうをいたみたてまつることば 烏丸光広(からすまるみつひろ)  ...
18. 後陽成天皇をいたみ奉る辞(著作ID:1082286)
新日本古典籍データベース
ごようぜいてんのうをいたみたてまつることば 水無瀬氏成(みなせうじなり)  ...
19. 院昇殿日記(著作ID:4399651)
新日本古典籍データベース
いんしょうでんにっき 後陽成天皇御譲位記 鳥居大路詮平(とりいおおじよしひら) 記録 慶長一六 ...
20. 方輿勝覧集(著作ID:578596)
新日本古典籍データベース
ほうよしょうらんしゅう 後陽成天皇方輿勝覧集 後陽成天皇(ごようぜいてんのう) 和歌  ...
21. 文字鎖(著作ID:514385)
新日本古典籍データベース
もじぐさり 源氏文字鎖 後陽成天皇文字鎖 後陽成天皇(ごようぜいてんのう) 和歌  ...
22. 近世皇系図/後陽成天皇至桜町天皇(著作ID:4382355)
新日本古典籍データベース
きんせいこうけいず/ごようぜいてんのうさくらまちてんのうにいたる 系譜  ...
23. 県召除目次第(著作ID:80137)
新日本古典籍データベース
あがためしじもくしだい 県召除目三夜次第 慶長六年正月六日叙位記 慶長六年県召除目次第 後陽成院宸記 後陽成天皇(ごようぜいてんのう) 有職故実 慶長六 ...
24. あさまじんじゃ【浅間神社】
国史大辞典
本殿は慶長九年(一六〇四)徳川家康の造営にして、重層五間四面の四注造の、いわゆる浅間造である。社宝には後陽成天皇宸翰・武田信玄願文・太刀(備前国長船住景光)・脇 ...
25. あさまじんじゃ【浅間神社】 : 浅間神社/(一)
国史大辞典
本殿は慶長九年(一六〇四)徳川家康の造営にして、重層五間四面の四注造の、いわゆる浅間造である。社宝には後陽成天皇宸翰・武田信玄願文・太刀(備前国長船住景光)・脇 ...
26. 排蘆小船(近世随想集) 268ページ
日本古典文学全集
されど又、歌のさまをくはしうえたらんうへにては、さのみいひてやむべきにもあらず」。細川幽斎より後陽成天皇の勅旨により智仁親王に伝授されて以来、御所伝授となる。『 ...
27. 排蘆小船(近世随想集) 384ページ
日本古典文学全集
是より代々天子の事となり、古今伝授、近代に至ては事々しき重典のやうになれり」。第百七代天皇。後陽成天皇。名ははじめ和仁、のち周仁。誠仁親王皇子。母は勧修寺晴子。 ...
28. あずちももやまじだい【安土桃山時代】 : 朝幕関係
国史大辞典
置したのである。しかも天正十六年、京都に新築した秀吉の荘厳な居所聚楽第に、みずから擁立した後陽成天皇を迎え、徳川家康以下の諸大名に忠誠を誓わせた。これは、豊臣政 ...
29. 安土桃山時代
世界大百科事典
この折にキリシタン宣教師の追放令を発し,長崎を直轄領にしている。88年には聚楽第(じゆらくだい)に後陽成天皇を迎えて盛大な宴を張った。また刀狩令,海上賊船禁止令 ...
30. 安土桃山時代(年表)
日本大百科全書
大友氏を討つ。11月後陽成天皇即位。12月秀吉、太政大臣となる1587(天正15)5月島津義久、秀吉に降伏。6月秀吉、宣教師追放令を発布1588(天正16)4月 ...
31. ありすがわ‐の‐みや[ありすがは‥]【有栖川宮】
日本国語大辞典
家名の一つ。近世に成立した宮家。世襲親王家で、寛永二年(一六二五)に、後陽成天皇の皇子好仁親王が、高松宮の称号を得て、一家を設けたのをはじめとする。寛文一二年( ...
32. 有栖川宮
世界大百科事典
後陽成天皇の皇子好仁親王が1625年(寛永2)一家を起こして高松宮と称したのに始まる宮家。その称は親王の養母新上東門院の居所高松殿に由来する。世襲親王家の一つ。 ...
33. ありすがわのみやけ【有栖川宮家】画像
国史大辞典
世襲親王家の一つ。後陽成天皇の皇子好仁親王が寛永二年(一六二五)十月、高松宮の称号を賜わって一家を創立したのに始まる。親王には王子がなく、後水尾天皇の皇子良仁 ...
34. 有栖川宮家 系図[図版]画像
国史大辞典
後陽成天皇 後水尾天皇 好仁親王 良仁親王 (後西天皇) 幸仁親王 正仁親王 音仁親王 霊元天皇 職仁親王 織仁親王 韶仁親王 幟仁親王 熾仁親王 威仁親王 栽 ...
35. あわじにんぎょう【淡路人形】
国史大辞典
路島の三条村とが何らかのつながりを持って始まったと思われる。元亀元年(一五七〇)京に上り、後陽成天皇の天覧に供し、淡路大掾を受領した上村源之丞の家を中心に、江戸 ...
36. アーネスト・サトウ 神道論 223ページ
東洋文庫
を持っている。(2)長く続いた内乱を制し日本を統一した家康は、学問を奨励した。当時の朝廷(後陽成天皇)も学を好み、家康にあわせて勅版の史書を刊行した。この学問復 ...
37. アーネスト・サトウ 神道論 254ページ
東洋文庫
と沈み、かなり長い間暗闇に閉ざされた。『国史略』を編纂したある合理主義的な著述家[神代から後陽成天皇の聚楽 ...
38. いおうじ【医王寺】石川県:江沼郡/山中町/山中村
日本歴史地名大系
で類焼したが、九谷焼の祖後藤才次郎作と伝える陶製金剛童子立像(国指定重要文化財)のほか、伝後陽成天皇宸筆掛軸・伝兆殿司筆十六羅漢像・伝弘仁期大日如来像などを寺宝 ...
39. いきみてんまんぐう【生身天満宮】京都府:船井郡/園部町/園部村
日本歴史地名大系
橋図、嘉永(一八四八―五四)の生身天満宮社頭の図の絵馬は、ともに実景図絵馬として貴重。また後陽成天皇宸筆天神像・近衛伊信筆渡唐天神像がある。 ...
40. いけのもくず[いけのもくづ]【池藻屑】
日本国語大辞典
荒木田麗女著。安永三年(一七七四)序。「増鏡」の後を受けて、後醍醐天皇の元弘三年(一三三三)から後陽成天皇の慶長八年(一六〇三)まで、一四代約二七〇年間のできご ...
41. いけのもくず【池の藻〓
国史大辞典
著者の夫慶徳如松筆写本が伊勢市の神宮文庫に所蔵。『増鏡』のあとを継いで、後醍醐天皇元弘三年(一三三三)から後陽成天皇慶長八年(一六〇三)までの歴史を、石山寺で老 ...
42. いしやまでら【石山寺】滋賀県:大津市/南部地域/寺辺村
日本歴史地名大系
住した。一方、徳川政権下での寺のあり方も、同一四年より当寺の寺務を執っていた京都仁和寺宮(後陽成天皇第一皇子)が下した一五条の寺内法度を受け(同書)、翌一五年の ...
43. いずもじは【出雲路派】
国史大辞典
この一派は三門徒のなかでは、最も本願寺に近く、石山本願寺合戦にも参加し、天正十七年(一五八九)後陽成天皇のときから勅願寺となり、元禄年中(一六八八―一七〇四)青 ...
44. 伊勢物語愚案抄(著作ID:634377)
新日本古典籍データベース
いせものがたりぐあんしょう 伊勢物語愚案鈔 後陽成院伊勢物語御抄 伊勢物語御抄 後陽成天皇(ごようぜいてんのう) 講 注釈 慶長一二 ...
45. 伊勢物語御講釈聞書(著作ID:93367)
新日本古典籍データベース
いせものがたりごこうしゃくききがき 上皇御講釈聞書 後陽成天皇(ごようぜいてんのう) 講 西洞院時直(にしのとういんときなお) 記 注釈 慶長一九 ...
46. いちじょうあきよし【一条昭良】
国史大辞典
一六〇五―七二 江戸時代前期の公家。慶長十年(一六〇五)四月二十六日後陽成天皇第九皇子として誕生。母は中和門院前子。幼称を九宮という。同十四年正月、前関白一条 ...
47. 一乗院
世界大百科事典
して近衛家が本所となって管領したが,南北朝ころに後醍醐天皇の皇子玄円が入寺し,近世に至って後陽成天皇の皇子尊覚が院主となって以来,法親王が相承して宮門跡となった ...
48. いちじょういん【一乗院】 : 興福寺
国史大辞典
物として千四百九十二石を充行われて近世朱印領主寺院として確立した。慶長十五年(一六一〇)、後陽成天皇皇子十宮が近衛家猶子として入室して、のち尊覚法親王となり、以 ...
49. 一条家画像
日本大百科全書
兼良の子で興福寺大乗院門跡(もんぜき)に入った尋尊(じんそん)も有名である。近世初めには、後陽成天皇(ごようぜいてんのう)の皇子兼遐(かねとお)(昭良(あきよし ...
50. 一条家
世界大百科事典
継ぎ,江戸時代末まで他の五摂家と並んで摂関の任に就き,明治に入って華族に列し,公爵を授けられた。その間,後陽成天皇の皇子昭良(初名兼遐)が内基の嗣に迎えられ,忠 ...
「後陽成天皇」の情報だけではなく、「後陽成天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

後陽成天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「後陽成天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る