1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 霊元天皇
国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典・日本人名大辞典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
霊元天皇
れいげんてんのう
一六五四 - 一七三二
一六六三―八七在位。諱は識仁(さとひと)、幼称は高貴宮(あてのみや)。後水尾天皇の第十九皇子として承応三年(一六五四)五月二十五日誕生。母は新広義門院(贈左大臣園基音の女国子)。誕生の年、後光明天皇の養子と定められ、その皇嗣に擬せられた。万治元年(一六五八)正月親王宣下、寛文二年(一六六二)十二月元服、同三年正月二十六日後西天皇の譲位により践祚、同年四月二十七日即位礼を挙げた。在位二十四年にして、貞享四年(一六八七)三月二十一日皇太子朝仁親王(東山天皇)に譲位、この後元禄六年(一六九三)十一月まで院政、正徳三年(一七一三)八月落飾(法名素浄)、享保十七年(一七三二)八月六日七十九歳をもって崩御。生前の勅定によって霊元院と追号し、京都泉涌寺山内に葬った。陵名を月輪陵という。なお追号は孝霊・孝元両天皇の諡号から各一字をとって併せたものであるが、勅定の理由については明らかでない。天皇が資性英邁剛毅であったことは、当時の諸記録の伝えるところで、その事蹟も少なくない。なかんずく幕府に強く交渉して、久しく廃絶していた大嘗祭・立太子式のごとき朝儀の大典を再興して、朝廷の復旧に意を用いたことは著名である。反面、院政の強行をはじめとして、朝廷の運営をめぐって関白近衛基煕と相容れず、また幕府と対立してその干渉を招く事態も生じた。天皇は文芸の才能豊かで、また有職故実にも明るかったが、特に歌道の造詣が深く、一代の詠歌はおよそ六千首に及ぶといわれ、和歌に関する撰著も三十余種を数える。その他朝儀の必須に備えて宮中の記録類の整備に努め、また晩年頻りに修学院山荘に出遊し、途次近在の社寺などを歴覧したことも顕著な事蹟である。主要な撰著には、歌集『桃蘂集』をはじめ『一歩抄』(歌論書)、『作例初学考』、『乙夜随筆』、『修学院御幸宸記』(板本は『元陵御記』と題する)などがあり、『法皇八十御賀記』をはじめ宮中の折々の儀式行事についての記録もある。
[参考文献]
帝国学士院編『宸翰英華』、三上参次『尊皇論発達史』、柳原紀光編『続史愚抄』
(武部 敏夫)


世界大百科事典
霊元天皇
れいげんてんのう
1654-1732(承応3-享保17)

第112代に数えられる天皇。在位1663-87年。名は識仁(さとひと)。後水尾天皇の第19皇子。誕生の年に兄後光明天皇の猶子となり,早くから皇嗣に予定されていたが,1663年(寛文3)10歳で後西天皇の譲りを受けて践祚した。87年(貞享4)皇子東山天皇に譲位したが,93年(元禄6)まで院政を行った。ついで1713年(正徳3)落飾,法名を素浄と称した。英明剛毅で学問を好み,文芸の才に富んだが,ことに歌道にすぐれて詠歌は6000首を超え,歌道関係の著述も30余種に上る。そのうち《一歩抄》《作例初学考》などは天皇の歌論を述べたものである。歌集を《桃蘂(とうずい)集》という。また広い教養と学殖,文才の一端は《乙夜随筆》《修学院御幸宸記》などによってもうかがうことができる。天皇はまた克己心が強く,夏も容易に扇子を用いず,冬も火鉢を使用しなかったという逸話もある。その在位中に多年中絶していた立太子礼の再興を見,譲位後に同じく大嘗祭の再興を見たが,これら重要な朝儀の復興は,天皇の事跡として特記される。天皇の追号は,古代の孝霊・孝元両天皇の諡号(しごう)の各1字を採り併せたもので,生前の勅定によるが,勅定の理由については所伝がない。
[武部 敏夫]



日本人名大辞典
霊元天皇
れいげんてんのう
1654−1732
江戸時代前期,第112代天皇。在位1663-87。
承応(じょうおう)3年5月25日生まれ。後水尾天皇の第19皇子。母は藤原国子(新広義門院)。異母兄後西天皇の譲位をうけて10歳で即位。幕府は4代将軍徳川家綱,5代綱吉の時代にあたる。貞享(じょうきょう)4年譲位,その後東山・中御門(なかみかど)天皇の2代46年間院政をおこなう。和歌や漢詩,書道,絵画をよくした。享保(きょうほう)17年8月6日死去。79歳。墓所は月輪陵(つきのわのみささぎ)(京都市東山区)。幼称は高貴(あての)宮。諱(いみな)は識仁(さとひと)。法名は素浄。著作に「霊元院修学院御幸宸記(しんき)」など。
【格言など】名ある者はやがて雲井に聞えあげよ聞きて我が代の楽にせむ(「霊元院御集」)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
霊元天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 584
検索コンテンツ
1. 霊元天皇
日本大百科全書
第112代天皇(在位1663~87)。第108代後水尾(ごみずのお)天皇第18皇子。名は識仁(まさひと)。生母は新広義門院基子(贈左大臣園基音女)。中宮は新上西 ...
2. 霊元天皇
世界大百科事典
1654-1732(承応3-享保17) 第112代に数えられる天皇。在位1663-87年。名は識仁(さとひと)。後水尾天皇の第19皇子。誕生の年に兄後光明天皇の ...
3. れいげん‐てんのう[‥テンワウ]【霊元天皇】
日本国語大辞典
第一一二代天皇。名は識仁(さとひと)。後水尾天皇の第一九皇子。母は権大納言園基音の女、国子。寛文三年(一六六三)に即位。在位二四年で貞享四年(一六八七)に譲位。 ...
4. れいげんてんのう【霊元天皇】
国史大辞典
一六五四―一七三二 一六六三―八七在位。諱は識仁(さとひと)、幼称は高貴宮(あてのみや)。後水尾天皇の第十九皇子として承応三年(一六五四)五月二十五日誕生。母 ...
5. 靈元天皇(れいげんてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 39ページ ...
6. れいげんてんのう【霊元天皇】
日本人名大辞典
1654−1732 江戸時代前期,第112代天皇。在位1663-87。承応(じょうおう)3年5月25日生まれ。後水尾天皇の第19皇子。母は藤原国子(新広義門院) ...
7. 靈元天皇善和歌 (見出し語:靈元天皇)
古事類苑
文學部 洋巻 第1巻 856ページ ...
8. 靈元天皇狂歌 (見出し語:靈元天皇)
古事類苑
文學部 洋巻 第1巻 917ページ ...
9. 靈元天皇納勸修寺經敬直言 (見出し語:靈元天皇)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 250ページ ...
10. 靈元天皇諱 (見出し語:靈元天皇)
古事類苑
姓名部 洋巻 第1巻 589ページ ...
11. 靈元天皇諡 (見出し語:靈元天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 950ページ ...
12. 霊元天皇旧記御返却状(著作ID:4261603)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうきゅうきごへんきゃくじょう 霊元天皇(れいげんてんのう) 文書 天和三 ...
13. 霊元天皇御製和歌(著作ID:535182)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうぎょせいわか 霊元天皇(れいげんてんのう)  ...
14. 霊元天皇御即位次第(著作ID:4261658)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうごそくいしだい 鷹司房輔(たかつかさふさすけ) 記録 寛文三 ...
15. 霊元天皇宸翰(著作ID:4400343)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうしんかん  ...
16. 霊元天皇宸翰御手本(著作ID:4411212)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうしんかんおてほん 霊元天皇(れいげんてんのう) 書道  ...
17. 霊元天皇宸翰御懐紙(著作ID:4400563)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうしんかんおんかいし 和歌  ...
18. 霊元天皇宸翰御消息(著作ID:1842382)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうしんかんごしょうそく 霊元天皇(れいげんてんのう) 書簡  ...
19. 霊元天皇宸翰神号(著作ID:4399710)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうしんかんしんごう  ...
20. 霊元天皇宸翰手習書(著作ID:4411153)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうしんかんてならいがき 霊元天皇(れいげんてんのう) 書道  ...
21. 霊元天皇宣旨写(著作ID:4401182)
新日本古典籍データベース
れいげんてんのうせんじうつし  ...
22. 元陵御記(著作ID:175451)
新日本古典籍データベース
げんりょうぎょき 山荘御記 修学院行幸記 霊元天皇元陵御記 霊元天皇(れいげんてんのう) 著 板倉勝明(いたくらかつあき) 編 記録 嘉永元刊 ...
23. 作例初学考(著作ID:202517)
新日本古典籍データベース
さくれいしょがくこう 霊元天皇作例初学考 霊元天皇(れいげんてんのう) 歌学  ...
24. 霊元院御会(著作ID:475763)
新日本古典籍データベース
れいげんいんぎょかい 正徳三四両年霊元天皇御会 和歌  ...
25. 排蘆小船(近世随想集) 364ページ
日本古典文学全集
給ふよしなり」。『新題林和歌集』。近世前期の類題集。釣月編。一六巻。正徳六年刊。後水尾天皇、霊元天皇およびその周辺の廷臣歌人の九四一九首を収載。宝永七年刊の『新 ...
26. 排蘆小船(近世随想集) 386ページ
日本古典文学全集
為家集を常に見るべきよし申されけれども、いかにしてもぬるきやうにて見る事なきなり。此の事は当今(霊元天皇)にもさおぼしめさるるよし、勅有りしとなり」とあり、あま ...
27. 排蘆小船(近世随想集) 387ページ
日本古典文学全集
に甚大な影響を及ぼした。『資慶卿口授』には後水尾天皇が『雪玉集』を推賞したことが記されるが、霊元天皇ももっとも傾倒した家集であること、『詞林拾葉』享保三年十月二 ...
28. あやひとしんのう【文仁親王】
日本人名大辞典
1680−1711 江戸時代前期-中期,霊元天皇の皇子。延宝8年8月16日生まれ。母は敬法門院藤原宗子。幸仁(ゆきひと)親王(有栖川宮(ありすがわのみや))の養 ...
29. 有栖川宮
世界大百科事典
天皇により有栖川宮と改称した。新号の由来は明らかでない。第4代正仁親王は早世して後嗣がなく,霊元天皇の皇子職仁親王が第5代を相続,以後織仁,韶仁,幟仁,熾仁,威 ...
30. ありすがわのみやけ【有栖川宮家】画像
国史大辞典
同十二年後水尾法皇の思召によって、宮号を有栖川宮と改めた。ついで第四代正仁親王に王子がなく、第五代は霊元天皇の皇子職仁親王が相続し、爾来父子あるいは兄弟相受けて ...
31. 有栖川宮家 系図[図版]画像
国史大辞典
後陽成天皇 後水尾天皇 好仁親王 良仁親王 (後西天皇) 幸仁親王 正仁親王 音仁親王 霊元天皇 職仁親王 織仁親王 韶仁親王 幟仁親王 熾仁親王 威仁親王 栽 ...
32. 伊勢三箇之御伝授(著作ID:1961906)
新日本古典籍データベース
いせさんかのごでんじゅ 白川雅喬王(しらかわまさたかおう) 伝 霊元天皇(れいげんてんのう) 受 神祇 寛文九 ...
33. 伊勢物語抄(著作ID:93652)
新日本古典籍データベース
いせものがたりしょう 霊元天皇(れいげんてんのう) 注釈  ...
34. 一人三臣詠百首和歌(著作ID:638119)
新日本古典籍データベース
いちじんさんしんえいひゃくしゅわか 霊元天皇(れいげんてんのう) 中院通茂(なかのいんみちしげ) 等 歌集  ...
35. 一人三臣和歌(著作ID:95169)
新日本古典籍データベース
いちじんさんしんわか 一人三臣御百首題和歌 一人三臣百首 霊元天皇(れいげんてんのう) 中院通茂(なかのいんみちしげ) 清水谷実業(しみずだにさねなり) 武者小 ...
36. 一人三臣和歌(著作ID:95170)
新日本古典籍データベース
いちじんさんしんわか 霊元天皇(れいげんてんのう) 烏丸資慶(からすまるすけよし) 等 歌集  ...
37. いまづむら【今津村】兵庫県:西宮市
日本歴史地名大系
中心に多くの文化人が輩出、野田忠粛は「万葉集」を研究し、「万葉五句類句」「万葉類礎」を編纂して霊元天皇に献上(加藤艮斎著「一昔話」)、酒造家であった飯田桂山は宝 ...
38. うえ‐ちかとよ【上近豊】
日本国語大辞典
江戸中期の京都の楽人。横笛・狛笛と左舞を主業とする上氏の出で、笛の名手といわれた。霊元天皇の笛の師。元和七~元祿五年(一六二一~九二) ...
39. うえ-ちかとよ【上近豊】
日本人名大辞典
1621−1692 江戸時代前期の雅楽家。元和(げんな)7年生まれ。上近直の子。霊元天皇の笛の師範。家につたわる名笛錫杖丸を天皇に献じ,かわりに黄金100両をさ ...
40. 右衛門督清水谷宰相中将等百韻(著作ID:4406193)
新日本古典籍データベース
うえもんのかみしみずだにさいしょうちゅうじょうらひゃくいん 西洞院時成(にしのとういんときなり) 霊元天皇(れいげんてんのう) 清水谷実業(しみずだにさねなり) ...
41. うえもんのすけのつぼね【右衛門佐局】
国史大辞典
?―一七〇六 五代将軍徳川綱吉の寵女。水無瀬中納言氏信の女、新上西門院(霊元天皇中宮)に仕え、常盤井という。貞享元年(一六八四)綱吉の御台所浄光院殿(鷹司教平 ...
42. うえもんのすけのつぼね【右衛門佐局(2)】
日本人名大辞典
徳川綱吉の侍女。はじめ朝廷につかえ,常盤井と称した。綱吉の御台所(みだいどころ)浄光院の求めと,霊元天皇の中宮新上西(しんじょうさい)門院の推挙で江戸城大奥には ...
43. 右大臣妙法院宮等和漢聯句(著作ID:4406176)
新日本古典籍データベース
うだいじんみょうほういんのみやらわかんれんく 近衛基煕(このえもとひろ) 尭恕親王(ぎょうじょしんのう) 霊元天皇(れいげんてんのう) 等 聯句  ...
44. うひょうえのつぼね【右兵衛局】
日本人名大辞典
?−1763 江戸時代前期-中期の女官。入江家の祖,入江相尚の娘。霊元天皇につかえて2皇子を生む。はじめ兵衛内侍,藤三位局と称した。宝暦13年8月16日死去。名 ...
45. えいおうじょおう【永応女王】
日本人名大辞典
1703*−1754 江戸時代中期,霊元天皇の皇女。元禄(げんろく)15年11月20日生まれ。宝永7年大和(奈良県)円照寺で出家。享保(きょうほう)10年京都大 ...
46. 詠歌大概聞書(著作ID:106387)
新日本古典籍データベース
えいがたいがいききがき 詠歌大概抄 霊元天皇(れいげんてんのう) 講 飛鳥井雅章(あすかいまさあき) 記 歌学 注釈  ...
47. 詠歌大概御講談(著作ID:2437141)
新日本古典籍データベース
えいがたいがいごこうだん 霊元天皇(れいげんてんのう) 講 歌学 注釈  ...
48. えいしゅうじょおう【永秀女王】
日本人名大辞典
1678*−1725 江戸時代前期-中期,霊元天皇の皇女。延宝5年閏(うるう)12月5日生まれ。母は敬法門院。貞享(じょうきょう)5年京都大聖寺で出家。宝永4年 ...
49. えどじだい【江戸時代】 : 朝幕関係
国史大辞典
興が実現した。霊元天皇と側近の公家たちの間には「朝廷復古」という言葉に集約される気運の盛り上がりが存在し、それがこの時期の朝儀の復興につながったともみられる。こ ...
50. 円通寺
世界大百科事典
造営する以前に,洛北に幡枝(はたえだ)御茶屋と呼ばれた山荘を営んだ。当寺は,この山荘の御殿を,霊元天皇の乳母であった円光院文英尼が1678年(延宝6)禅寺に改め ...
「霊元天皇」の情報だけではなく、「霊元天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

霊元天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「霊元天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る