1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 天皇
  10. >
  11. 孝明天皇
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
孝明天皇
こうめいてんのう
一八三一 - 六六
一八四六―六六在位。天保二年(一八三一)六月十四日仁孝天皇の第四皇子として誕生。母は贈左大臣正親町実光の女雅子(新待賢門院)。諱は統仁(おさひと)、幼称は煕(ひろ)宮という。天保六年六月儲君治定、同年九月親王宣下、同十一年三月十四日立太子の儀があり、ついで弘化三年(一八四六)二月十三日、父天皇の崩御のあとをうけて践祚の儀をあげ、翌四年九月二十三日即位礼をあげた。在位二十一年を数え、慶応二年(一八六六)十二月二十五日痘瘡によって崩御。三十六歳。ついで孝明天皇と諡号を定め、京都泉涌寺の後山に葬る。陵は後月輪東山陵と称する。その在位の時代は幕末激動期にあたり、従来政治の圏外にあった朝廷が遽かに政権の中心に進出し、天皇は多難な国事にあたらなければならなかった。践祚後七年目の嘉永六年(一八五三)六月米艦の浦賀来航を見るに及び、鎖国体制は破綻し、江戸幕府は安政五年(一八五八)正月日米修好通商条約調印の勅許を奏請するに至った。天皇は当時の大多数の公家衆と同様に開国は神州を汚すものと憂慮したので勅許を見合わせ、調印の可否は諸大名の衆議をもってすべきことを命じた。ところが幕府では、同年六月勅許を待たずに調印したのみならず、さらに蘭・露・英の諸国とも条約を締結するという事態になったため、天皇は激怒して譲位を決意し、また勅諚を幕府および水戸藩に下して、国事を誤ることのないよう再議を求め、叡旨の貫徹を図った。時に将軍継嗣問題をめぐる紛争もこれにからまって国論が沸騰したが、幕府は、調印は武備充実までの一時便宜の措置であると釈明に努める一方、反対派の抑圧を始めたため、天皇は不満ながらその釈明をいれた。この後万延元年(一八六〇)三月大老井伊直弼が暗殺されると(桜田門外の変)、幕府は低下した勢威を回復するため公武の融和を図ることを策し、公武合体の証として、皇妹和宮の将軍徳川家茂への婚嫁を奏請した。天皇は和宮の不同意を知って、この請をしりぞけたが、再三の懇請を拒否しがたく、公武一和をもって武備の充実を図り、鎖国の旧制に復するとの幕府の誓約をとり、ついにこれを勅許した。この婚嫁を契機として朝廷は幕府に対して優位に立ち、公武合体の施策を進めるため薩長二藩等に国事周旋を命じたが、その間朝廷内外の攘夷派の勢力は長州藩の支援をうけてすこぶる強大となった。そして文久三年(一八六三)に至り、天皇は攘夷の成功を祈願するため、三月賀茂社に、四月石清水社に行幸あり、また幕府は攘夷実行期日を五月十日と定め、同日長州藩によって下関海峡通航の外船の砲撃が決行された。かくて勢いにのった攘夷派の廷臣・志士は攘夷親征を企図して大和行幸の廟議を定めるに至ったが、天皇は攘夷即行を無謀の挙とするとともに、討幕へと突き進む情勢を深く憂い、密かに中川宮尊融親王(朝彦親王)をしてその阻止を謀らしめた。その結果、八月十八日朝廷は大和行幸を中止し、薩摩・会津等の藩兵をもって宮門を固めた上、激派廷臣の参朝停止と長州藩の宮門警固罷免を令した。この政変(八月十八日の政変)を発端として、政局は禁門の変・長州征伐と目まぐるしく推移し、天皇は依然公武合体・鎖国攘夷の基本方針を堅持した。しかし内外の情勢は次第に天皇の素志と反対の方向に進み、慶応元年十月には英・米・仏・蘭四国公使共同の要求によって、ついに条約の勅許を見、また翌二年正月には討幕を目的として薩長両藩の盟約が成り、ついで八月第二次長州征伐が失敗すると、政局は討幕に向けて一路進展する様相を示し始めたのである。この時にあたって天皇はたまたま痘瘡に罹って癒えず、国事に心労を重ねた一生を終えた。天皇は和歌を能くし、近衛邸の花宴の感興を詠んだ懐紙(「糸桜の宸翰」と称する)や、内裏炎上の際に移徙道中の情景を詠んだ御幸記は、ことに著名である。また雅号に因んで『此花詠集』と題する宸筆御製集十三冊が京都御所東山御文庫に伝存する。なお日記は、弘化二・四、安政五、万延元、文久元年の記事若干が伝えられる。
[参考文献]
宮内省編『孝明天皇紀』、帝国学士院編『宸翰英華』二、吉田常吉「孝明天皇崩御をめぐっての疑惑」(『日本歴史』一六)
(武部 敏夫)

後月輪東山陵(のちのつきのわのひがしのみささぎ)

 京都市東山区今熊野泉山町にあり、径約四五メートルの三段に築かれた円丘で、墳頂に巨石を据え、北側に隣接する孝明天皇女御夙子(あさこ、英照皇太后)の後月輪東北陵と兆域を同じくする。江戸時代の陵制は承応三年(一六五四)後光明天皇の葬送の際に従来の火葬を改めて土葬に復したが、葬儀はその後もなお火葬の儀を用いて泉涌寺内の一隅に埋葬、九重の石塔を以て山陵に擬することが慣例とされていた。孝明天皇崩御するや山陵奉行戸田忠至は、火葬の儀を廃して高塚式の古制に復すことを建言した。朝議はこれを採用して慶応三年(一八六七)正月三日その旨を布達、ついで後月輪陵の東にあたる泉涌寺後山の山腹に陵所を点定、陵号を後月輪東山陵と定め、同月二十七日夜泉涌寺において葬儀を行い、翌日未明に至り埋葬を終えた。山陵の造営は戸田忠至が担当し、同年十月二十九日竣工した。
[参考文献]
上野竹次郎『山陵』下
(戸原 純一)


日本大百科全書(ニッポニカ)
孝明天皇
こうめいてんのう
[1831―1866]

江戸末期の天皇(在位1846~66)。仁孝(にんこう)天皇第4皇子。天保(てんぽう)2年6月14日生まれ。名は統仁(おさひと)。1846年(弘化3)2月、16歳で践祚(せんそ)、翌年9月即位式をあげる。46年8月、対外関係が急迫の度を強めたため、幕府に対して海防を厳重にするよう沙汰書(さたしょ)を出した。その後も幕府に外交問題で遺憾(いかん)のないようにとの指示を与え、幕府も朝廷の意向を無視できなくなった。58年(安政5)日米修好通商条約の締結にあたって、幕府が事前の了解を求めた際にこれを拒否、井伊直弼(いいなおすけ)の決断による調印を「専断」と非難した。退位の意向も示したが、攘夷(じょうい)強硬派の公卿(くぎょう)に動かされ、8月水戸藩に幕府改革を求める密勅を発した。60年(万延1)井伊暗殺後、幕府は朝廷との妥協によって実権を回復しようとし、天皇も、攘夷の維持のためには公武の合体による国内一致が急務であると判断、妹和宮(かずのみや)の江戸降嫁(こうか)を認めた。62年(文久2)には、将軍家茂(いえもち)の上洛(じょうらく)を求め、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)、松平慶永(よしなが)の登用による幕政改革を指示、さらに攘夷の布告発布を迫り、翌63年「攘夷断行」を幕府から上奏させるなど、かねてからの攘夷の立場で幕府を強く指導した。しかし、「文久(ぶんきゅう)三年八月十八日の政変」(1863)にあたっては、攘夷派公卿とたもとを分かち、三条実美(さんじょうさねとみ)ら七卿と長州藩兵を京都から追放した。一橋慶喜、松平慶永、山内容堂(ようどう)ら雄藩藩主を中心とする公武合体を目ざし、岩倉具視(ともみ)ら一部公卿の王政復古倒幕論には批判的であった。66年(慶応2)7月、第二次長州征伐中に将軍家茂が死去すると、天皇は征長の停止を幕府に指示し、幕府の統制力の崩壊は決定的となったが、第15代将軍慶喜の就任直後の12月25日急死した。強硬な尊攘派公卿、とくに岩倉具視らが京都回復をねらい、薩長(さっちょう)による武力倒幕の動きが具体化していたときだけに、陰謀による毒殺との説が有力視された。享年36歳。墓所は京都東山(ひがしやま)泉涌寺(せんにゅうじ)の後月輪(のちのつきのわ)東山陵。
[河内八郎]



世界大百科事典
孝明天皇
こうめいてんのう
1831-66(天保2-慶応2)

第121代に数えられる天皇。在位1847-66年。仁孝天皇第4皇子。名は統仁(おさひと)。1846年践祚。条約勅許問題以降,積極的に政治に関与。その政治的立場は,強硬な攘夷主義と公武合体論。58年日米修好通商条約の締結に際して,幕府はその勅許を要請したが,調印に強く反対。幕府が独断で条約に調印するや,それに抗議して譲位の意を示す。ここに朝幕の対立は頂点に達したが,桜田門外の変ののち,幕府が公武一体を方針とし,将来の攘夷の実行を約して,皇妹和宮と将軍徳川家茂との婚姻を要請すると,周囲の反対をおしてこれに同意。62-63年に高揚する尊攘運動には批判的で,中川宮や京都守護職松平容保(かたもり)と結んで,尊攘派を京都から追放(文久3年8月18日の政変)。一橋慶喜を信任し,攘夷に期待をかけたが,66年条約をついに勅許。この年疱瘡(ほうそう)を病み逝去。病状が回復しつつあったときの急死のため毒殺の可能性が高い。
[羽賀 祥二]

[索引語]
統仁
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
孝明天皇の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 594
検索コンテンツ
1. 孝明天皇
日本大百科全書
江戸末期の天皇(在位1846~66)。仁孝(にんこう)天皇第4皇子。天保(てんぽう)2年6月14日生まれ。名は統仁(おさひと)。1846年(弘化3)2月、16歳 ...
2. 孝明天皇
世界大百科事典
1831-66(天保2-慶応2) 第121代に数えられる天皇。在位1847-66年。仁孝天皇第4皇子。名は統仁(おさひと)。1846年践祚。条約勅許問題以降,積 ...
3. こうめい‐てんのう[カウメイテンワウ]【孝明天皇】
日本国語大辞典
第一二一代天皇。仁孝天皇の第四皇子。名は統仁(おさひと)。弘化三年(一八四六)践祚(せんそ)。攘夷論を主張して、幕府に海防の強化をうながし、安政五か国条約に反対 ...
4. こうめいてんのう【孝明天皇】
国史大辞典
安政五、万延元、文久元年の記事若干が伝えられる。 [参考文献]宮内省編『孝明天皇紀』、帝国学士院編『宸翰英華』二、吉田常吉「孝明天皇崩御をめぐっての疑惑」(『日 ...
5. 孝明天皇(こうめいてんのう)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 43ページ ...
6. こうめいてんのう【孝明天皇】
日本人名大辞典
諱(いみな)は統仁(おさひと)。【格言など】あさゆふに民やすかれと思ふ身のこころにかかる異国のふね(「孝明天皇紀」) ...
7. 孝明天皇[文献目録]
日本人物文献目録
御年譜』丹潔『孝明天皇の御聖徳』孝明天皇奉祀奉賛会(編刊)『元治甲子禁門事変の鳳輦動座説に就て』尾佐竹猛『孝明天皇』-『孝明天皇』粟野秀穂『孝明天皇紀に就いて』 ...
8. 孝明天皇山陵圖 (見出し語:孝明天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1010ページ ...
9. 孝明天皇岩〓水八幡宮行幸 (見出し語:孝明天皇)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 41ページ ...
10. 孝明天皇諡 (見出し語:孝明天皇)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 933ページ ...
11. 孝明天皇賀茂神社行幸 (見出し語:孝明天皇)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 40ページ ...
12. 『孝明天皇紀』
日本史年表
1896年〈明治29 丙申〉 12・‐ 松浦辰男ら 『孝明天皇紀』 脱稿。  ...
13. こうめいてんのうき【孝明天皇紀】
国史大辞典
成り、同二十九年十二月に初稿の全巻百四十巻を脱稿した。この稿本を『孝明天皇御事蹟』と称し、ついで修正増補を行なって『孝明天皇紀』と改称した。同三十八年三月にその ...
14. こうめいてんのうしんき【孝明天皇宸記】
国史大辞典
孝明天皇の日記。原本は御物。宮内庁書陵部に現蔵するものは『坊中日次案』『宸記』『小座鋪当座御記』『改年号一件』の四種である。『坊中日次案』三冊は一名を『統仁親 ...
15. 孝明天皇御製(著作ID:989322)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうぎょせい 孝明天皇(こうめいてんのう) 和歌  ...
16. 孝明天皇御製写(著作ID:989333)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうぎょせいうつし 和歌  ...
17. 孝明天皇御製慷慨家詩歌(著作ID:180972)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうぎょせいこうがいかしいか 漢詩 和歌  ...
18. 孝明天皇御製和歌短冊(著作ID:4368052)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうぎょせいわかたんざく 孝明天皇(こうめいてんのう) 和歌  ...
19. 孝明天皇九月十六日臨時奉幣宣(著作ID:4372145)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうくがつじゅうろくにちりんじほうべいせん  ...
20. 孝明天皇御凶事(著作ID:2565164)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうごきょうじ 記録  ...
21. 孝明天皇御即位以降/国事関係勅使発遣并宣命及記録(著作ID:2565448)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうごそくいいこう/こくじかんけいちょくしはっけんならびにせんみょうおよびきろく 薗田守宣(そのだもりのぶ)  ...
22. 孝明天皇御即位参役付(著作ID:1558312)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうごそくいまいりやくづけ 記録  ...
23. 孝明天皇山陵江御参拝一件(著作ID:451014)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうさんりょうへごさんぱいのいっけん 記録  ...
24. 孝明天皇宸翰写(著作ID:2565879)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうしんかんうつし 孝明天皇御宸翰写 文書  ...
25. 孝明天皇宸記(著作ID:989399)
新日本古典籍データベース
こうめいてんのうしんき 孝明天皇(こうめいてんのう) 日記  ...
26. 蹴鞠[図版]画像
国史大辞典
なよ竹物語絵巻 孝明天皇紀附図 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
27. 孝明天皇男山八幡宮行幸 (見出し語:男山八幡宮【篇】)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 41ページ ...
28. 孝明天皇賀茂神社行幸 (見出し語:賀茂神社【篇】)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 680ページ ...
29. あおやまごしょ【青山御所】
国史大辞典
明治初年和歌山藩主徳川氏の邸となり、同六年(一八七三)六月徳川氏より朝廷に上り、同年十二月英照皇太后(孝明天皇皇后)赤坂仮皇居より移御、同七年一月以降青山御所と ...
30. あさのながこと【浅野長勲】
国史大辞典
翌三年二月名を茂勲(明治元年十二月長勲)と改め、紀伊守を称した。爾来広島藩世子として国事に奔走、同年四月孝明天皇の石清水八幡宮行幸に供奉し、政変後の長州藩の立場 ...
31. 朝彦親王
世界大百科事典
協力してこれを阻止し,その勢力を京都から一掃した(文久3年8月18日の政変)。この後ますます孝明天皇の信任が厚く,公武合体派の重鎮として活躍した。維新後,反政府 ...
32. あさひこしんのう【朝彦親王】
国史大辞典
文久二年(一八六二)四月幕府の内奏により、永蟄居を赦され、青蓮院門跡に還補した。親王に対する孝明天皇の親任は厚く、同年十二月国事御用掛の新設とともにこの職につき ...
33. あつたじんぐう【熱田神宮】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿
日本歴史地名大系
宮司領が与えられたが、経済的には厳しい時期であった。日本の近海に黒船が出没するようになると、孝明天皇は全国の大社に「夷狄降服」の祈請をしたが、当宮に対しても嘉永 ...
34. あねがこうじきんとも【姉小路公知】
国史大辞典
この時はじめて従来の勅使待遇法が改められた。十二月国事御用掛に補され、翌三年二月国事参政に転じた。三月孝明天皇の攘夷祈願のための賀茂社行幸に、四月には石清水社行 ...
35. あべい-れきどう【安部井櫟堂】
日本人名大辞典
1808−1883 江戸後期-明治時代の篆刻(てんこく)家。文化5年生まれ。京都にすみ,孝明天皇の水晶の御璽(ぎょじ)をほる。のち印司となって官印をつくり,明治 ...
36. アメリカ彦蔵自伝 2 23ページ
東洋文庫
戸に下っている。その勢におされて、将軍家茂も本年三月には上京。そして孝明天皇は三月と四月とにわたって、賀茂社および石清水八幡宮に行幸し、攘夷の祈願をおこなったの ...
37. アメリカ彦蔵自伝 2 24ページ
東洋文庫
ヒコの誤聞である。おそらく翌年(元治元年)七月における禁門の変と混同したものであろう。したがって、孝明天皇が御所を出て難を避けられたという事実もない。肥後藩その ...
38. アメリカ彦蔵自伝 2 64ページ
東洋文庫
は六月十五日(旧五月二十日)に江戸に   帰るまで、京都に滞在して、幕府の威権    の回復につとめていた。孝明天皇から   「庶政委任」の沙汰を得たのも、この ...
39. アメリカ彦蔵自伝 2 69ページ
東洋文庫
筆をなめて毒死した、というようなこと    はない。もっとも、そういう「うわさ」    は、孝明天皇の死去に関してささやかれ ...
40. アメリカ彦蔵自伝 2 104ページ
東洋文庫
るのは、 一    八六七年六月二十六日(慶応三年五月二    十五日)のことである。すでに孝明天皇    は崩じて、明治天皇の治世となっており、    将軍も ...
41. アメリカ彦蔵自伝 2 282ページ
東洋文庫
ヒコ到着ごろの神奈川は、イギリスの報復を恐れて大騒動を呈していた。◇将軍家茂は入京し(四・一δ)、孝明天皇に謁して攘夷の実行を約束する(手先)。◇時に旧五月十日 ...
42. あやのこうじ-ありかず【綾小路有良】
日本人名大辞典
1849−1907 明治時代の華族。嘉永(かえい)2年5月20日生まれ。孝明天皇,明治天皇に侍従としてつかえる。のち御歌所参候,雅楽部長,式部職などを歴任。宮中 ...
43. あわのすむら【粟ノ須村】東京都:八王子市地図
日本歴史地名大系
傷つけた場合の修繕費などの取決めがなされている(関根家文書)。幕末京都で活躍した絵師関文川は当村出身で、孝明天皇元服式の用度類を模写した大内図巻などが知られる。 ...
44. あんせい【安政】
日本国語大辞典
江戸時代、孝明天皇の代の年号。嘉永七年(一八五四)一一月二七日、異国船の渡来や内裏(だいり)炎上などのため改元。安政七年(一八六〇)桜田門外の変ののち、三月一八 ...
45. あんせい【安政】
国史大辞典
孝明天皇の時の年号(一八五四―六〇)。嘉永七年十一月二十七日改元。内裏炎上、近畿地震、異国船渡来等の変異による。前権大納言菅原聡長の勘申。出典は『群書治要』三 ...
46. 安政五年五月十五日石清水社御法楽(著作ID:4389667)
新日本古典籍データベース
あんせいごねんごがつじゅうごにちいわしみずしゃごほうらく 孝明天皇(こうめいてんのう) 近衛忠煕(このえただひろ) 鷹司輔煕(たかつかさすけひろ) 等 詠 和歌 ...
47. 安政五年五月二十三日鴨社御法楽(著作ID:4389669)
新日本古典籍データベース
あんせいごねんごがつにじゅうさんにちかもしゃごほうらく 孝明天皇(こうめいてんのう) 邦家親王(くにいえしんのう) 中山忠能(なかやまただやす) 等 詠 和歌  ...
48. 安政五年三月十一日神宮御法楽(著作ID:4389629)
新日本古典籍データベース
あんせいごねんさんがつじゅういちにちじんぐうごほうらく 孝明天皇(こうめいてんのう) 鷹司政通(たかつかさまさみち) 近衛忠煕(このえただひろ) 等 詠 和歌  ...
49. 安政五年三月二十九日内侍所御法楽(著作ID:4389661)
新日本古典籍データベース
あんせいごねんさんがつにじゅうくにちないしどころごほうらく 孝明天皇(こうめいてんのう) 近衛忠煕(このえただひろ) 鷹司輔煕(たかつかさすけひろ) 等 和歌  ...
50. 安政五年四月二十八日賀茂社御法楽(著作ID:4389664)
新日本古典籍データベース
あんせいごねんしがつにじゅうはちにちかもしゃごほうらく 孝明天皇(こうめいてんのう) 鷹司輔煕(たかつかさすけひろ) 熾仁親王(たるひとしんのう) 等 詠 和歌 ...
「孝明天皇」の情報だけではなく、「孝明天皇」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

孝明天皇と同じ天皇カテゴリの記事
舎人親王(日本大百科全書(ニッポニカ))
天武天皇の第三皇子。母は天智天皇の娘新田部皇女。知太政官事穂積親王の亡きあとは皇親の長老として重んぜられ、新田部親王とともに皇太子首親王(聖武天皇)を輔翼する責務を負った
天皇(改訂新版・世界大百科事典)
日本国憲法に定める日本国および日本国民統合の象徴。天皇の歴史前近代の天皇オオキミとスメラミコト〈天皇〉は〈オオキミ〉とも〈スメラミコト〉とも呼ばれた。しかしこの二つの日本語は決して同義ではなく,むしろ両者の質の違い,それぞれの用いられる次元の相違に注目することが
皇位継承(改訂新版・世界大百科事典)
7世紀末までの皇位継承を《古事記》《日本書紀》によってみると,16代の仁徳天皇まではほとんどが父子間の直系相続であり,仁徳以後持統までは,父子間相続6,母子間1,兄弟間10,姉弟間2,叔父・甥間1,夫婦間2,三親等以上をへだてた相続3の計25例で
摂政(国史大辞典)
天皇に代わって万機を摂り行う者、または摂り行うことをいう。関白に類する職として関白とともに摂関といい、関白と同じく、摂ろく・執柄・博陸などの唐名があり、その地位に因んで一の人・一の所などと称され、殿下ともいわれた
関白(国史大辞典)
万機に関与する重職で摂政に類似する。したがって摂政と合わせて摂関・摂ろく・一の人・一の所などと称し、執柄・博陸・殿下などの唐名がある。関白の語は『漢書』霍公伝に、宣帝が諸事まず霍光に関白してから奏上せしめたとみえているが
天皇と同じカテゴリの記事をもっと見る


「孝明天皇」は天皇に関連のある記事です。
その他の天皇に関連する記事
太上天皇(国史大辞典・日本国語大辞典)
譲位した天皇の称。「だいじょうてんのう」とも訓む。略して上皇あるいは太皇ともいい、また御在所を意味する院の称も用いられ、さらにその御在所を神仙の居所に擬して仙院・仙洞・藐姑射山(はこやのやま)・茨山(しざん)などとも称された。
上皇(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
譲位した天皇の尊称。正式には太上(だいじょう)天皇と称する。中国の太上皇(たいじょうこう)、太上皇帝の称に始まり、太上は最上または至上の意。日本では697年(文武天皇1)譲位した持統(じとう)天皇が初めて太上天皇と称し、大宝令(たいほうりょう)
昭和天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一九〇一 - 八九 一九二六―八九在位。明治三十四年(一九〇一)四月二十九日午後十時十分、東宮御所に生誕。皇太子明宮嘉仁親王(のちの大正天皇)と皇太子妃節子(のちの貞明皇后)の第一皇子。五月五日明治天皇より裕仁(ひろひと)と命名され
大正天皇(国史大辞典・日本大百科全書・日本人名大辞典)
一八七九 - 一九二六 一九一二―二六在位。明治十二年(一八七九)八月三十一日午前八時十二分、東京青山御所内御産所にて生誕。明治天皇第三皇子、生母権典侍柳原愛子。九月六日、嘉仁(よしひと)と命名、明宮(はるのみや)と称した
明治天皇(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八五二 - 一九一二 一八六七―一九一二在位。嘉永五年(一八五二)九月二十二日、孝明天皇の第二皇子として京都石薬師門内の権大納言中山忠能の邸に生まれる。生母は忠能の娘典侍中山慶子。幼称は祐宮(さちのみや)。幼少時は中山邸で起居したが
天皇に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る