1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語
  10. >
  11. アラビアン・ナイト
東洋文庫

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
東洋文庫
アラビアン・ナイト 1
あらびあん・ないと01

アラビアン・ナイト 1 慈悲の神 慈愛の神 アッラーの御名によりて

東洋文庫71
前嶋信次訳
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳は,重訳によって生じた従来の歪んだイスラム観を正す。第3回〈日本翻訳出版文化賞〉受賞。第1巻は,第1夜から第19夜,全編の枠物語と,「商人と魔王との物語」「漁夫と魔王との物語」「荷担ぎやと三人の娘の物語」の4話。
1966年07月刊

目次
次巻
表紙
(扉)
まえがき
慈悲の神 慈愛の神 アッラーの御名によりて
シャハリヤール王とその弟君の話
驢馬と牡牛との話
商人と魔王との物語
第一夜
一番目の長老の話
第二夜
二番目の長老の話
三番目の長老の話
第三夜
漁夫と魔王との物語
第四夜
ユーナーン王の大臣の話
第五夜
シンディバード王の話
裏切りものの大臣の話
第六夜
第七夜
石に化した王子の話
第八夜
第九夜
荷担ぎやと三人の娘の物語
第十夜
第十一夜
第一の遊行僧の話
第十二夜
第二の遊行僧の話
第十三夜
嫉み男と嫉まれ男の話
第十四夜
第三の遊行僧の話
第十五夜
第十六夜
第十七夜
一番年長の娘の話
第十八夜
門番の女の話
第十九夜
訳者あとがき
索引
裏表紙
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
アラビアン・ナイトの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 448
検索コンテンツ
1. アラビアン・ナイト
世界大百科事典
→千夜一夜物語 ...
2. アラビアン‐ナイト
日本国語大辞典
(原題{英}Arabian Nights )アラビアを中心とした民間伝承物語集。九世紀から一六世紀にかけて成立、エジプトでまとめられた。妃に背かれたシャーリアル ...
3. 『アラビアン・ナイト』
世界文学大事典
→ 『千一夜物語』 ...
4. アラビアン・ナイト
日本大百科全書
→千夜一夜物語 ...
5. アラビアン・ナイト 1
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳は,重訳によって ...
6. アラビアン・ナイト 2
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第2巻は,第 ...
7. アラビアン・ナイト 3
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第3巻は,第 ...
8. アラビアン・ナイト 4
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第4巻は,第 ...
9. アラビアン・ナイト 5
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第5巻は,第 ...
10. アラビアン・ナイト 6
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第6巻は,第 ...
11. アラビアン・ナイト 7
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第7巻は,第 ...
12. アラビアン・ナイト 8
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第8巻は,第 ...
13. アラビアン・ナイト 9
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第9巻は,第 ...
14. アラビアン・ナイト 10
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第10巻は, ...
15. アラビアン・ナイト 11
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第11巻は, ...
16. アラビアン・ナイト 12
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第12巻は, ...
17. アラビアン・ナイト 13
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第13巻は, ...
18. アラビアン・ナイト 14
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第14巻は, ...
19. アラビアン・ナイト 15
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第15巻は, ...
20. アラビアン・ナイト 16
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第16巻は, ...
21. アラビアン・ナイト 17
東洋文庫
中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳版。第17巻は, ...
22. アラビアン・ナイト 18
東洋文庫
最終第18巻は,第930夜から第1001夜,「染め物屋アブー・キールと床屋アブー・シールの物語」から,アラビアン・ナイト最後の物語「靴直しマアルーフとその妻ファ ...
23. アラビアン・ナイト 別巻 アラジンとアリババ
東洋文庫
ここに収める2話は,本文庫に全18巻として収載された定本にはない,別のアラビア語原典から訳出したもの。「開け,ゴマ!」と,タンバリンを打って踊る美少女の物語は, ...
24. アラビア文学
日本大百科全書
去って、マムルーク朝治下のエジプトに移った。民間文学の傑作の一つである『千夜一夜物語』(『アラビアン・ナイト』)は、アッバース朝の初期に早くもその母体が現れ、バ ...
25. アラビアン[外来語・カタカナ語]
現代用語の基礎知識 2019
アラビア人。アラビア(人)の。アラビアン・ナイト (← Arabian Nights' Entertainments)『アラビア夜話』『千夜一夜物語』。  ...
26. アラビアン・ナイト 1 0ページ
東洋文庫
東洋文庫71 平凡社 アラビアン・ナイト1 前嶋信次 訳 ...
27. アラビアン・ナイト 1 1ページ
東洋文庫
まえがき アラビアン・ナイト(千夜一夜)をアラビア語原典から翻訳して見たいという悲願を胸底に芽ばえさせてから早くも数十年を過ごしてしまった。幸いにわが生くる日が ...
28. アラビアン・ナイト 1 2ページ
東洋文庫
現在カイロなどで市販されているヒラール社のものなども揃えることは揃えたが、カルカッタ第二版こそ、アラビアン・ナイトがその充実の頂上に達したときの良本と思われる。 ...
29. アラビアン・ナイト 1 257ページ
東洋文庫
訳者あとがき アラビアン・ナイトは大体百八十ほどのかなり大きな物語からなっているが、これらの物語の中にはさらにまた他の説話を含んでいるものも少なくない。多いのに ...
30. アラビアン・ナイト 1 260ページ
東洋文庫
ついに王も心とけてシャハラザードを正妃とし、余生をばともどもに楽しくすごしたというのである。 以上がアラビアン・ナイト全編を包む枠の物語であるが、これについては ...
31. アラビアン・ナイト 1 261ページ
東洋文庫
示した。 エリセーフは、話術に巧みな者が、その特技によって危難を免れるという第三段こそ、アラビアン・ナイトの枠物語の中心であり、このような構成は他にもいくつか例 ...
32. アラビアン・ナイト 1 262ページ
東洋文庫
ラビア語古文書中から六枚の「千夜物語」の断片を発見し、これが世界最古のアラビアン・ナイトで、九世紀中のものにちがいないという論文を発表した。この古文書を私は一九 ...
33. アラビアン・ナイト 1 263ページ
東洋文庫
とく主従であったろうとアボットは考えている。その根拠はシカゴ大学東洋研究所蔵の九世紀のアラビアン・ナイト古写本に、ディーナーザードがシャハラーザード(またはシー ...
34. アラビアン・ナイト 1 264ページ
東洋文庫
一ぎ冨蔓のε身○噛9①→げ8鴇a餌包○房Z一αqぼ即一①こ窪お8は五百ページに亘ってアラビアン・ナイトを縦横に分析した近年の快著述であるが、千一夜全編中に含まれ ...
35. アラビアン・ナイト 1 265ページ
東洋文庫
フェアリ・テIルズとメルヘンとは大体同義語として用いられているようであるが、ゲルハールトの意見によると、アラビアン・ナイト全編中、この種類に属するものは主話とし ...
36. アラビアン・ナイト 1 268ページ
東洋文庫
倦ませることがないのみか、女たちの秘密の告白はかえってこのために精彩を増してくるよう思われるからである。アラビアン・ナイトは変化に富み、現代人の性急なテンポをも ...
37. アラビアン・ナイト 1 274ページ
東洋文庫
もしこれを昔のアラビア人に見せたなら、きっとジンの巣窟と思いこむのではあるまいか。 とも角も、アラビアン・ナイトのうちに描写された世界は決して空想のつくり出した ...
38. アラビアン・ナイト 1 11ページ
東洋文庫
はじめは中央アジアで起こり,11世紀からアラブ諸国にひろがり,後小アジアやインドにも及んだ。ブーラーク版アラビアン・ナイトにばカランダールと・せず ...
39. アラビアン・ナイト 1 9ページ
東洋文庫
またインドや唐朝の中国とも交際があったらしく,唐の史籍にも詞論という名で記されている。アラビアン・ナイトの中にはかれが現われて重要な役割を果たす物語が50あまり ...
40. アラビアン・ナイト 1 8ページ
東洋文庫
やや時代が下ると12ディルハムになった。   34ドゥンヤーザード Dunyazad,アラビアン・ナイトの枠物語中にシャハラザードの妹として現われる架空の人物。 ...
41. アラビアン・ナイト 1 7ページ
東洋文庫
Shahzaman.Shahはペルシア語で王を意味し,Zamanはアラビア語で"時""時代"などの義。アラビアン・ナイトの枠物語中,主人公シャハリヤール王の弟と ...
42. アラビアン・ナイト 2 0ページ
東洋文庫
東洋文庫75 平凡社 アラビアン・ナイト2 前嶋信次 訳 ...
43. アラビアン・ナイト 2 276ページ
東洋文庫
拾う話などと同工異曲であるが、こういう風に話が不思議であるという条件で命が助かるという筋の物語りを、アラビアン・ナイトでは、その初めの方に集中しているのである。 ...
44. アラビアン・ナイト 2 279ページ
東洋文庫
ことにマムルーク朝時代史などの研究に多くの業績を残した故ポッ。ハー博士≦・勺o弓ΦHは一九二六年に「アラビアン・ナイトのある物語の年代決定のデータ」】)9o♂H ...
45. アラビアン・ナイト 2 280ページ
東洋文庫
ケーΦb」PΦHω Φ]Pq  O口φ一〇bPω O…乎oζ呂oヨ〓σq壱一声畠やそのアラビアン・ナイトの訳注の中で、当時の婚礼風俗を詳細に伝えている。それはだ ...
46. アラビアン・ナイト 2 282ページ
東洋文庫
ジャリヤアード王とその大臣シマースの物語の中にも出て来るがやはり起源はインドで、それからペルシアにはいりアラビアン・ナイト中にとり入れられたものの一つであろうと ...
47. アラビアン・ナイト 2 13ページ
東洋文庫
2代のカリフが挟まっている。ムスタンシルは1226年から1242年まで在位した。なお,アラビアン・ナイトの仙、のテキストリアの故都ニネヴェ(ニヌア)の遺跡である ...
48. アラビアン・ナイト 2 5ページ
東洋文庫
,壮麗さ,建築の堅牢さなどにおいてイスラム諸国でその比を見ないほどであoたとあるoこのアラビアン・ナイトの物語はあたかもイプン・ハッリカーンのつたえた全盛時代に ...
49. アラビアン・ナイト 2 3ページ
東洋文庫
という言葉はエジプト全部を指す場合.カイロを指す場合.カイロ以外の主要都市を指す場合などあるが,アラビアン・ナイトでは特にカイロを意味する場合が多いようである. ...
50. アラビアン・ナイト 2 3ページ
東洋文庫
  指 田 清 剛〓758593伽㎜㎜㎜㎜郷㎜㎜アラビアン・ナイトー~12                 嶋  信 次網棚アラビアン・ナイトー314  池 田 ...
「アラビアン・ナイト」の情報だけではなく、「アラビアン・ナイト」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

アラビアン・ナイトと同じ物語カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(新編 日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。4巻。題名は、継母が姫君を寝殿の一段低い部屋に住まわせて落窪の君と呼ばせたことによる。成立時期、作者とも未詳であるが、およそ一条朝の初期、寛和~正暦(985~995)ごろ、男性によって書かれたものと考えられる。内容は、継母に虐待される薄幸の姫君が左大将の
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「アラビアン・ナイト」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
入唐求法巡礼行記(東洋文庫)
東洋文庫157 円仁 足立喜六訳注 塩入良道補注 "平安初期に入唐した天台宗の僧円仁の求法旅行記。10年にわたる苦難の記録は,9世紀なかば,武宗の仏教排撃(会昌の法難)の体験記としても名高い。足立喜六の遺稿に塩入良道が補注を加えた。
アラビアン・ナイト(東洋文庫)
東洋文庫71 前嶋信次訳 中世ペルシア語からアラビア語に訳された説話をもとに,各地の説話を糾合して16世紀のカイロで編まれたアラビア語文学の傑作。アラビア語原典からの完訳は,重訳によって生じた従来の歪んだイスラム観を正す
捜神記(東洋文庫)
東洋文庫10 干宝 竹田晃訳 作者は4世紀半ば,東晋の歴史家で,本書は民間伝説,名士の逸話などを古い書物から抄録したもの。志怪小説とよばれる怪異の記録中もっとも叙述にすぐれ,中国小説の祖とされる。本邦初の全訳。目次 表紙(扉)捜神記原序 巻一
唐代伝奇集(東洋文庫)
東洋文庫2 前野直彬編訳 3~6世紀の六朝時代に伝えられたインド的空想が中国で見事に花開き,妖しい美しさに読者をひき入れるのが唐代の小説「伝奇」である。広い資料のなかから選びぬかれた珠玉の作品111編のうち,第1巻は,比較的長い物語34話
甲子夜話(東洋文庫)
東洋文庫306 上は将軍大名の逸話から,下は狐狸妖怪の奇聞まで,ありとあらゆる話柄を記した江戸時代随筆集の白眉。表題は,文政4年(1821),静山62歳の11月甲子の夜に起筆されたことにちなむ。第1巻は,巻一から巻十九まで
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る