1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 蘇我馬子
改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
世界大百科事典
蘇我馬子
そがのうまこ
?-626(推古34)

飛鳥時代の大臣(おおおみ)。蘇我稲目の子,毛人(蝦夷)の父。名は馬古,汙麻古,有明子とも記され,嶋大臣とよばれた。敏達朝に大臣となり,このあと用明,崇峻,推古といずれも蘇我系の天皇をたて,つづけてその大臣をつとめた。就任の当初から大連(おおむらじ)物部守屋らの勢力と対立したが,その反対をおしきって,570年(欽明31)に北陸に来着した高句麗使を572年(敏達1)に朝廷に迎え入れ,高句麗外交を開始した。これに仏教受容や皇位継承の問題も加わって,反対派との対立はその後ますます深まり,587年,用明天皇の死後に軍を起こした馬子は,物部守屋を討滅した。このあとに崇峻天皇をたてたが,天皇と意見が対立しはじめると,馬子は東漢駒(やまとのあやのこま)に命じて592年(崇峻5)にこれを暗殺させた。そして,この年から着工していた飛鳥寺(法興寺)は,推古朝に入っても造営をつづけ,日本最初の本格的寺院として完成させた。以後も仏教興隆の方針をすすめ,605年(推古13)から厩戸皇子(聖徳太子)が斑鳩(いかるが)宮に移ってのちも,馬子は飛鳥にあって政治を主導した。この間,新羅遠征軍の派遣計画は失敗したが,遣隋使の派遣もあり,外交の必要上からも難波津を整備した。晩年には,厩戸皇子とはかって天皇記,国記,諸氏の本記を編纂させた。厩戸皇子妃の刀自古郎女(とじこのいらつめ),舒明天皇妃の法提郎女(ほてのいらつめ)は,馬子の娘である。馬子を葬った飛鳥の桃原墓は,いわゆる石舞台古墳であるとみられている。
[門脇 禎二]

[索引語]
嶋大臣


日本大百科全書(ニッポニカ)
蘇我馬子
そがのうまこ
[?―626]

大和(やまと)国家、飛鳥(あすか)時代の大臣。蘇我臣稲目(おみいなめ)の子。毛人(えみし)(蝦夷)の父。馬古、汗麻古、有明子とも記され、嶋大臣(しまのおおおみ)と称された。敏達(びだつ)・用明(ようめい)・崇峻(すしゅん)・推古(すいこ)朝の大臣で、父稲目の達成を受け継ぎ推し進めて蘇我氏の繁栄の頂点にたった。娘の刀自古郎女(とじこのいらつめ)を聖徳太子の妃に、法提(ほて)郎女を舒明(じょめい)天皇の夫人にたてた。大臣として最初の手腕を発揮したのは、高句麗(こうくり)外交の開始である。すなわち、570年(欽明天皇31)に北陸に来着した高句麗使を、572年(敏達天皇1)に朝廷に迎え、高句麗外交を始めた。しかし、これには大連物部守屋(おおむらじもののべのもりや)ら百済(くだら)外交のみに固執する勢力の反対が強く、これにかねてからの仏教受容問題や皇位継承問題も加わって、ついに587年(用明天皇2)、馬子は物部・中臣(なかとみ)氏らを討滅した。この年に没した用明天皇も、次の崇峻天皇も、馬子が擁立した蘇我系天皇であったが、崇峻天皇と意見が対立し始めると、馬子は東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に命じてこれを暗殺させた。
 このあと馬子は、592年(崇峻天皇5)から着工した飛鳥寺(法興寺)の造営を進めて完成させ、仏教興隆の方針を進めた。605年(推古天皇13)から厩戸(うまやど)皇子(聖徳太子)の上宮王家が斑鳩(いかるが)宮に移ってのちも、馬子は飛鳥にあって政治を主導した。この間、新羅(しらぎ)遠征軍の派遣計画は失敗したが、二度にわたる遣隋(けんずい)使の派遣もあり、外交の必要からも難波(なにわ)津を重視した。晩年には、厩戸皇子と諮って『天皇記』『国記』、諸氏の本記を編纂(へんさん)させた。馬子を葬った飛鳥の桃原墓は、いわゆる石舞台古墳であるとされている。
[門脇禎二]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
蘇我馬子の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 430
検索コンテンツ
1. 蘇我馬子画像
日本大百科全書
大和(やまと)国家、飛鳥(あすか)時代の大臣。蘇我臣稲目(おみいなめ)の子。毛人(えみし)(蝦夷)の父。馬古、汗麻古、有明子とも記され、嶋大臣(しまのおおおみ) ...
2. 蘇我馬子
世界大百科事典
?-626(推古34) 飛鳥時代の大臣(おおおみ)。蘇我稲目の子,毛人(蝦夷)の父。名は馬古,汙麻古,有明子とも記され,嶋大臣とよばれた。敏達朝に大臣となり,こ ...
3. そが‐の‐うまこ【蘇我馬子】
日本国語大辞典
蘇我稲目の子。父についで敏達・用明・崇峻・推古四朝の大臣となり、姻戚関係と仏教を利用して天皇家に近づいて政敵物部氏を滅ぼし、さらにみずからたてた崇峻天皇との間に ...
4. そがのうまこ【蘇我馬子】
国史大辞典
?―六二六 六―七世紀の豪族。蘇我稲目の子。嶋大臣(しまのおおおみ)とも称された。敏達朝から用明・崇峻・推古朝末年までの大臣。この時期の朝廷政治にきわめて大き ...
5. 蘇我馬子
日本史年表
584年〈敏達13 甲辰〉 この年 蘇我馬子、百済よりもたらされた 仏像 2躯を安置する.恵便を師とし、 司馬達等の娘(善信尼) ら3人を尼とする(紀)(『元 ...
6. そがの-うまこ【蘇我馬子】
日本人名大辞典
?−626 6-7世紀前半の豪族。蘇我稲目の子。敏達(びだつ)天皇のときに大臣(おおおみ)となる。仏教興隆をはかり,用明天皇2年(587)反対派の物部守屋(もの ...
7. 蘇我馬子[文献目録]
日本人物文献目録
赦し給ひしか』高島米峰『蘇我馬子』赤堀又次郎『蘇我馬子の墓』小林秀雄『蘇我馬子桃原墓の推定』喜田貞吉『縦に見た三十八度線 凶徒鎌足・蘇我の悲業の死』滝川政次郎『 ...
8. 蘇我馬子伐物部守屋 (見出し語:蘇我馬子)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 68ページ ...
9. 蘇我馬子專權 (見出し語:蘇我馬子)
古事類苑
帝王部 洋巻 第1巻 1583ページ ...
10. 蘇我馬子建法興寺 (見出し語:蘇我馬子)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 1337ページ ...
11. 蘇我馬子建龍泉寺 (見出し語:蘇我馬子)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 14ページ ...
12. 蘇我馬子捨自宅寺 (見出し語:蘇我馬子)
古事類苑
宗教部 洋巻 第3巻 1349ページ ...
13. そがの-うまこの-つま【蘇我馬子妻】
日本人名大辞典
?−? 6世紀末ごろの女性。用明天皇2年(587)仏教受容派の夫馬子が排仏派の兄物部守屋(もののべの-もりや)を河内(かわち)(大阪府)渋川の本拠で殺害した。こ ...
14. 蘇我馬子弑崇峻天皇 (見出し語:崇峻天皇)
古事類苑
人部 洋巻 第1巻 1057ページ ...
15. 蘇我馬子伐物部守屋 (見出し語:物部守屋)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 68ページ ...
16. 秋山記行・夜職草 6ページ
東洋文庫
本で、太子が舎人の調使麿(『水鏡』では調子丸)を後ろに従えて黒駒に乗り、富士山の上を飛翔し、蘇我馬子、物部守屋らの大臣たち五人が見上げている図である。この七幅の ...
17. あさかぜの-ぶんしょう【朝風文将】
日本人名大辞典
?−? 飛鳥(あすか)時代の仏師。推古天皇36年(628)蘇我馬子のために法隆寺蔵の金銅釈迦三尊像を製作したことが,その銘文にみえる。朝風を地名とみる説もある。 ...
18. あすか【飛鳥】奈良県:高市郡/明日香村
日本歴史地名大系
衣縫造の名がみえる。すなわち飛鳥には各各の職能をもつ百済・高句麗・新羅などの工人が居住した。蘇我馬子が飛鳥衣縫造の祖、樹葉の家を壊ち初めて法興寺(飛鳥寺)を造り ...
19. 飛鳥時代
世界大百科事典
主導する。しかし仏教崇拝などをめぐって両者は対立し,用明天皇が没すると,物部守屋は穴穂部皇子,蘇我馬子は泊瀬部皇子(崇峻天皇)を擁立しようとして争い,ついに馬子 ...
20. あすかじだい【飛鳥時代】
国史大辞典
また国内各地に朝廷の派遣する官人に管理される屯倉が設置され、地域支配も強化された。聖徳太子と蘇我馬子を中心とする推古朝の政治は、こうした基盤のうえに展開するが、 ...
21. 飛鳥時代(年表)
日本大百科全書
達天皇即位587(用明2)蘇我馬子、物部守屋を滅ぼす。このころ崇仏論争588(崇峻1)蘇我馬子、法興寺建立開始589(崇峻2)隋、中国を統一592(崇峻5)蘇我 ...
22. 飛鳥寺画像
日本大百科全書
75メートル)にちなんで飛鳥大仏ともいう。この寺は推古(すいこ)天皇が願主となり、聖徳太子が蘇我馬子(そがのうまこ)の協力を得て建立した寺であり、本尊は606年 ...
23. 飛鳥寺[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
6世紀末に聖徳太子が蘇我馬子(そがのうまこ)の協力を得て建立した寺。本元興寺(もとがんごうじ)、安居院(あんごいん)ともいう。本尊の丈六釈迦如来坐像(じょうろく ...
24. 飛鳥寺
世界大百科事典
奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派の寺。法興寺,本元興寺ともいう。蘇我馬子が創立した日本最初の本格的な寺院で,百済から招いた工人らが参画して,596年(推古 ...
25. あすか‐でら【飛鳥寺】
日本国語大辞典
奈良県高市郡明日香村飛鳥にある真言宗豊山派の寺。推古天皇四年(五九六)蘇我馬子が日本最初の本格的寺院として創建。法興寺ともいい、のち元興寺(がんごうじ)、本元興 ...
26. あすかでら【飛鳥寺】画像
国史大辞典
と号し、平城京の元興寺に対して本元興寺と呼び、現在は新義真言宗で安居院(あんごいん)という。蘇我馬子が創立した寺で、『日本書紀』や『元興寺伽藍縁起』によると、崇 ...
27. 飛鳥寺
日本史年表
戊申〉 この年 百済、僧・ 仏舎利 ・寺工・ 鑪盤博士 ・ 瓦博士 ・画工をおくる(紀)。 蘇我馬子 、善信尼らを百済に派遣(紀)。 法興寺(飛鳥寺) を建て始 ...
28. あすかのきぬぬいの-このは【飛鳥衣縫樹葉】
日本人名大辞典
渡来系の飛鳥衣縫部(べ)の伴造(とものみやつこ)で,飛鳥衣縫氏の祖。崇峻(すしゅん)天皇元年(588)蘇我馬子が法興寺(飛鳥寺)を造営する際,自身の宅地を寺地と ...
29. あすかのまかみのはら【飛鳥真神原】
国史大辞典
大和国飛鳥にあった地名。『日本書紀』崇峻天皇元年条に、蘇我馬子が飛鳥衣縫造の祖樹葉の家を壊して、法興寺を造り、この地を飛鳥真神原といった、とある。高市郡明日香 ...
30. 飛鳥美術
世界大百科事典
試みてきたが,崇仏の蘇我氏を除いては,敏達,用明朝も仏教に否定的であり,特に物部氏の廃仏は激しかった。587年蘇我馬子はついに物部守屋を滅ぼし,ここに崇仏の基盤 ...
31. あすかぶっきょう【飛鳥仏教】
国史大辞典
変えなかったが、用明天皇は病気の平癒を求めて仏教帰依を表明し、かえって物部・蘇我両氏の対立を激化させた。蘇我馬子が物部守屋を滅ぼし、排仏派が崩壊した直後、馬子は ...
32. 穴穂部皇子
日本大百科全書
埿部(はしひとべ)穴穂部皇子ともいう。585年敏達(びだつ)天皇崩御のとき、無理に天皇になろうとしたが、蘇我馬子(うまこ)に諫(いさ)められ果たさなかった。58 ...
33. あなほべのおうじ【穴穂部皇子】
国史大辞典
皇の寵臣三輪君逆(さかう)を殺すが、用明天皇崩後、崇峻天皇を奉ずる敏達皇后(のち推古天皇)・蘇我馬子らの反撃にあい、用明天皇二年六月に皇子は殺され、つづいて守屋 ...
34. あなほべのおうじ【穴穂部皇子】
日本人名大辞典
用明天皇の没後,物部守屋(もののべの-もりや)の後押しで天皇になろうとしたが,用明天皇2年6月7日蘇我馬子(うまこ)らに殺された。別名は ...
35. 穴穂部皇子
世界大百科事典
とろうとし,これに反対する敏達の寵臣三輪逆(みわのさかう)を殺した。用明天皇の没後,のちの推古天皇,蘇我馬子らに攻撃され,587年6月に殺され,守屋もまた7月に ...
36. あべのうちのまろ【阿倍内麻呂】
国史大辞典
推古朝の大夫阿倍内臣鳥(鳥子)の子と思われる。『日本書紀』によれば、麻呂は推古天皇三十二年(六二四)に大臣蘇我馬子の命をうけ、歴代天皇の伝領する葛城県を蘇我氏に ...
37. あべの-まろ【阿倍摩侶】
日本人名大辞典
飛鳥(あすか)時代の官吏。推古天皇32年(624)葛城県(かずらきのあがた)をもらいたいという蘇我馬子の希望を天皇につたえる。推古天皇の死後,蘇我蝦夷(えみし) ...
38. 尼
世界大百科事典
者は男僧,後者は尼僧で旧華族から選ばれ,尼公と尊敬される。 日本の尼のはじまりは,584年に蘇我馬子が出家させた司馬達等の娘善信尼とその弟子禅蔵尼・恵善尼の3人 ...
39. ありまおんせん【有馬温泉】兵庫県:神戸市/北区/湯山町
日本歴史地名大系
「釈日本紀」に引く「摂津国風土記」逸文では有馬郡に「塩湯」があり、孝徳天皇が行幸して行宮を造営、塩湯の発見は蘇我馬子の時代と伝えている。孝徳天皇の行宮は善福寺前 ...
40. ありまかじんじゃ【阿理莫神社】大阪府:貝塚市/久保村地図
日本歴史地名大系
書写の「和泉国神名帳」には「従五位上安幕社」とある。「日本書紀」崇峻天皇即位前紀に物部守屋と蘇我馬子が戦ったとき、難波の宅を守っていた守屋の近侍者捕鳥部万が茅渟 ...
41. アーネスト・サトウ 神道論 39ページ
東洋文庫
『日本紀』にはまた次のようにも記されている。すなわち、「六二〇年(推古天皇二八年)に、聖徳太子と蘇我馬子が協力して『天皇記』及び『国記』をはじめ、「臣」、「連」 ...
42. アーネスト・サトウ 神道論 44ページ
東洋文庫
、本来の説を挙げているとしている。これが『旧辞記』と呼ばれる書物で、著者は聖徳太子と蘇我馬子とされ、蘇我馬子による序文には、本書が六二二年に完成したと書かれてい ...
43. 池画像
日本大百科全書
の呼び名は一致していない。新井 正池と庭園日本庭園の池の古い例は、推古(すいこ)天皇の時代の蘇我馬子(そがのうまこ)の庭園のそれである。池と島の景によって、馬子 ...
44. 池
世界大百科事典
日本で庭園に池を築くことは,すでに《日本書紀》推古34年(626)にみえている。これは〈嶋大臣〉と呼ばれた蘇我馬子の邸で飛鳥川のほとりに築かれ,〈庭の中に小なる ...
45. いけのべのひだ【池辺氷田】
国史大辞典
池辺氷田がこの楠で阿弥陀仏と菩薩の三像を彫刻したと伝える。『日本書紀』敏達天皇十三年条によれば、蘇我馬子の命により、池辺氷田と司馬達等が諸国に使して、修行者をさ ...
46. 池辺氷田
世界大百科事典
本書紀》敏達13年条には鹿深(かふか)臣と佐伯連が百済から持ち帰った仏像2体をまつるために,蘇我馬子が司馬達等(しばたつと)と氷田を四方に遣わして修行者を求めさ ...
47. いけべの-ひた【池辺氷田】
日本人名大辞典
られたという。また敏達(びだつ)天皇13年(584)百済(くだら)から仏像2体がとどいた際,蘇我馬子の命により修行者をもとめ,播磨(はりま)(兵庫県)に高句麗( ...
48. いしかわしょうじゃ【石川精舎】
国史大辞典
『日本書紀』敏達天皇十三年条に蘇我馬子が百済伝来の弥勒石像を安置するため自宅の東に仏殿を造り、また石川の宅にも仏殿を造ったと記す。しかしこの記事の二つの宅の位 ...
49. いしかわ‐の‐しょうじゃ[いしかはのシャウジャ]【石川精舎】
日本国語大辞典
敏達天皇一三年(五八四)蘇我馬子が石川の自宅に仏像を安置したというわが国最初の寺。現在の奈良県橿原市石川町の浄土宗本明寺の地とされる。イシカワノショージャ ...
50. 石川精舎
日本大百科全書
朝した鹿深臣(かふかのおみ)と佐伯連(さえきのむらじ)が2体の仏像を持ち帰ったが、これを得た蘇我馬子(そがのうまこ)は自邸の東方に仏殿をつくって善信尼(ぜんしん ...
「蘇我馬子」の情報だけではなく、「蘇我馬子」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

蘇我馬子と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「蘇我馬子」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る