1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 源義朝
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
源義朝
みなもとのよしとも
一一二三 - 六〇
平安時代後期の武将。源為義の長子として保安四年(一一二三)に誕生、母は淡路守藤原忠清の女。生年は没年から逆算したものであり、出生地も不明である。『保元物語』には父為義の言として、「嫡子にて候義朝こそ、坂東そだちのものにて、武勇のみちにたけて候へ」とあり、久安元年(一一四五)の官宣旨案には「上総曹司源義朝」と記され、また義朝が鎌倉の亀谷に館を構えていたことが『吾妻鏡』にみえ、義朝の嫡子義平が「鎌倉悪源太」と称されていることから、義朝は幼少から東国で成育したと考えられている。成人した義朝は鎌倉を中心とする相模を本拠として南関東一帯で勢力の拡張につとめ、在地武士の家人化をおしすすめるとともに、天養元年(一一四四)の相模国大庭御厨押領事件や康治二年(一一四三)から久安元年にかけて起った下総国相馬御厨をめぐる千葉氏との紛争を通じて所領の拡大と有力武士の服属をはかった。その後義朝は東国の武士団統合を嫡子義平の手にゆだねて上洛し、都の武者となった。仁平三年(一一五三)には従五位下・下野守に任じられ、父為義の官を超越した。久寿二年(一一五五)八月、相模から武蔵に進出した嫡子義平は、大蔵館の合戦で叔父源義賢と秩父重隆を討った。義賢と「父子之約」をなしていた義朝の弟源頼賢は信濃に走り、義平に対抗しようとして鳥羽院領を侵したため、十月義朝に対して頼賢追討の院宣が発せられた。翌年起った保元の乱に際して義朝は、相模の大庭景義、両総の上総広常・千葉常胤、武蔵七党などの東国武士を結集し、平清盛とならんで後白河天皇方の軍事力の中核となった。天皇方の作戦は義朝の主張によって機先を制する夜襲に一決し、七月十一日未明、崇徳上皇方の白河殿を奇襲して勝利を得た。父為義や兄弟たちを敵として戦った義朝は、その戦功により右馬権頭に任じられて昇殿を許され、ついで左馬頭に昇進した。しかし乱後の処置はきびしく、父為義に対する義朝の助命嘆願はまったく容れられず、七月三十日、義朝は父、兄弟らを斬刑に処した。この後、義朝は後白河院の近臣として権勢を振るっていた藤原通憲(信西)との提携を策し、通憲の三男是憲を婿にすることを望んだが、通憲に拒否された上、通憲がその子成範に平清盛の女を迎えることを約束したため、当時通憲と権勢を争っていた藤原信頼と接近するようになった。平治の乱では乱中に従四位下・播磨守となり信頼方の軍事力として活躍したが、平清盛との合戦に敗れ、嫡子義平・次子朝長・三子頼朝らと戦場を脱出して勢多を渡り、美濃国赤坂の青墓に逃れた。子息らと別れた義朝と郎従鎌田正清は尾張国知多郡に入って、野間の内海庄司長田忠致を頼り、その保護によって東国に赴こうとしたが、永暦元年(一一六〇)正月三日、忠致に謀殺された。時に義朝三十八歳。その首級は忠致によって京に送られ、東獄門前の樹にかけられた。文治元年(一一八五)八月、頼朝の請によって後白河法皇は刑官に命じて義朝の首を尋ね出し、大江公朝を勅使として遺骨を鎌倉に送らせた。九月三日、遺骨は南御堂の地に葬られた。墓所は尾張国野間荘(愛知県知多郡美浜町野間)の大御堂寺。→平治の乱(へいじのらん),→保元の乱(ほげんのらん)
[参考文献]
『平治物語』(『日本古典文学大系』三一)、『愚管抄』(同八六)、『吾妻鏡』、『兵範記』、安田元久「古代末期に於ける関東武士団」(同編『日本封建制成立の諸前提』所収)、上横手雅敬「院政期の源氏」(御家人制研究会編『御家人制の研究』所収)
(鈴木 英雄)


日本大百科全書(ニッポニカ)
源義朝
みなもとのよしとも
[1123―60?]

平安末期の武将。清和(せいわ)源氏の嫡流為義(ためよし)の嫡男。母は淡路守(あわじのかみ)藤原忠清(ただきよ)の女(むすめ)。相模(さがみ)国(神奈川県)鎌倉で成長したらしく、天養(てんよう)(1144~45)ころ相模大庭御厨(おおばのみくりや)ついで下総(しもうさ)相馬(そうま)御厨の押妨(おうぼう)を企てている。同地域に本領を確立しようとしたものらしい。鎌倉は父祖伝来の地であり、また義朝には「上総御曹司(かずさおんぞうし)」の異名もあるので、相模や房総の地域はもともと清和源氏と深い因縁のある地であったと思われる。やがて下野守(しもつけのかみ)となり、保元(ほうげん)の乱(1156)では、父為義や他の弟がみな崇徳(すとく)上皇方にくみしたのに対し、ひとり後白河(ごしらかわ)天皇方として戦い、上皇方を破った。乱後、父・弟を処刑、恩賞として左馬頭(さまのかみ)となるが、少納言(しょうなごん)入道信西(しんぜい)(藤原通憲(みちのり))と組んだ平清盛(きよもり)の権勢に圧倒され、しだいに藤原信頼(のぶより)に接近、1159年(平治1)ついに挙兵して平治(へいじ)の乱を起こす。しかし清盛の急襲を受けて敗退し、東国に逃れる途中、尾張(おわり)国知多(ちた)郡野間(愛知県知多郡美浜町野間)で家人長田忠致(おさだただむね)のために殺害された。同年12月29日とも翌永暦(えいりゃく)元年1月4日ともいわれる。野間の大坊(だいぼう)(大御堂(おおみどう)寺)の義朝の墓には、義朝の最期の無念を推量して木太刀(こだち)を捧(ささ)げる風習が残っている。
[飯田悠紀子]



世界大百科事典
源義朝
みなもとのよしとも
1123-60?(保安4-永暦1?)

平安末期の武将。源為義の長男。母は淡路守藤原忠清の娘。父祖相伝の本拠相模国鎌倉で成長したらしい。天養年間(1144-45)目代(もくだい)と結んで同国大庭御厨(おおばのみくりや)の押妨を企て,さらに同じころ下総相馬(そうま)御厨をも掠領した。義朝には上総御曹司の異名があるところから,房総地域にも勢力を扶植していたと推測される。上京して下野守となり,1156年(保元1)保元の乱で平清盛と同様後白河天皇方として戦い,乱後父為義,兄弟以下崇徳上皇方の源氏一族を斬った。恩賞により左馬頭(さまのかみ)となったが,信西(しんぜい)と組んだ清盛と不和になり,59年(平治1)12月清盛が熊野参詣に赴いた留守をついて藤原信頼とともに挙兵し,平治の乱を引き起こした。しかし急ぎ帰京した清盛の軍勢に敗れ,東国に逃れる途中,尾張国知多郡野間(現,愛知県知多郡美浜町野間)で家人長田忠致(おさだただむね)のために鎌田正清ともども殺された。平治1年12月29日とも永暦1年1月4日ともいわれる。

伝承

《平治物語》の伝えるところによれば,長田荘司忠致は義朝郎等鎌田正清の舅(しゆうと)にあたるところから,鎌田の言に従って忠致を頼って立ち寄ったという。しかし湯殿でだまし討ちにあい,その際義朝が〈木太刀一つあらば〉と言ったと伝えられるところから,野間の大御堂(おおみどう)寺(野間の大坊)の義朝の墓には木太刀をささげる風習が残っている。また義朝,鎌田正清については幸若《鎌田》や浄瑠璃《鎌田兵衛名所盃》の題材ともなっている。
[飯田 悠紀子]

[索引語]
上総御曹司 平治の乱 長田忠致 鎌田正清 野間の大坊
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
源義朝の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 602
検索コンテンツ
1. 源義朝
日本大百科全書
平安末期の武将。清和(せいわ)源氏の嫡流為義(ためよし)の嫡男。母は淡路守(あわじのかみ)藤原忠清(ただきよ)の女(むすめ)。相模(さがみ)国(神奈川県)鎌倉で ...
2. 源義朝
世界大百科事典
1123-60?(保安4-永暦1?) 平安末期の武将。源為義の長男。母は淡路守藤原忠清の娘。父祖相伝の本拠相模国鎌倉で成長したらしい。天養年間(1144-45) ...
3. みなもと‐の‐よしとも【源義朝】
日本国語大辞典
平安末期の武将。為義の長子。保元の乱に父為義とは反対に後白河天皇側について奮戦、夜襲を献策して勝ったが、同族の多くを刑死させた。以後清盛の威勢を不満として藤原信 ...
4. みなもとのよしとも【源義朝】
国史大辞典
坂東そだちのものにて、武勇のみちにたけて候へ」とあり、久安元年(一一四五)の官宣旨案には「上総曹司源義朝」と記され、また義朝が鎌倉の亀谷に館を構えていたことが『 ...
5. 源義朝
日本史年表
清盛,藤原信頼・源義朝らと六条河原で合戦し,これを破る. 義朝 ・ 義平 ・ 朝長 ・ 頼朝 ら,東国に逃亡(百練抄・平治物語)。 1160年〈永暦元(1・10 ...
6. みなもとの-よしとも【源義朝】
日本人名大辞典
1123−1160 平安時代後期の武将。保安(ほうあん)4年生まれ。源為義の長男。保元(ほうげん)の乱で後白河天皇方について勝利したが,信西(しんぜい)(藤原通 ...
7. みなもとのよしとも【源義朝】
日本架空伝承人名事典
平安末期の武将。源為義の長男。母は淡路守藤原忠清の娘。父祖相伝の本拠相模国鎌倉で成長したらしい。天養年間(一一四四‐四五)目代(もくだい)と結んで同国大庭御厨( ...
8. 源義朝[文献目録]
日本人物文献目録
『日本武将評伝 1』高柳光寿『濃飛と平治の乱 源義朝をめぐって』平塚正雄『源義朝と相馬御厨』山中武雄『源義朝の最期と長田忠致に就て』堀田璋左右『源義朝論』岡野秋 ...
9. 梟源義朝 (見出し語:源義朝)
古事類苑
法律部 洋巻 第1巻 248ページ ...
10. 源義朝令鎌田正〓父爲義 (見出し語:源義朝)
古事類苑
法律部 洋巻 第1巻 235ページ ...
11. 源義朝改葬 (見出し語:源義朝)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 233ページ ...
12. 源義朝於長田莊司湯殿殺 (見出し語:源義朝)
古事類苑
居處部 洋巻 第1巻 695ページ ...
13. 源義朝贈官位 (見出し語:源義朝)
古事類苑
官位部 洋巻 第1巻 267ページ ...
14. みなもとの-よしともの-むすめ【源義朝女】
日本人名大辞典
1146−1159 平安時代後期の女性。久安2年生まれ。平治(へいじ)の乱に敗れた義朝から娘殺害の命をうけ都にきた鎌田政家に戦いの状況をきき,捕らえられて父の名 ...
15. あいちぐん【愛知郡】
国史大辞典
御厨(同)などがあり、その他八事・御器所保など多くの郷保が知られる。郡司職は鎌倉時代に入って源義朝の子円成が郡司慶範禅師の女を娶ってよりその子愛智義成に伝わり、 ...
16. あいちぐん【愛知郡】愛知県
日本歴史地名大系
紀)、熱田大宮司をも兼ねて、平安時代の末頃まで勢力を保った。その後、藤原季範が大宮司を継ぎ、源義朝に女をめあわせてその間に頼朝が生れた。これより先、壬申の乱に尾 ...
17. あいはら[あひはら]【粟飯原】
日本国語大辞典
冠したとされ、その故地は現在の東京都町田市相原町の周辺にあたる。孝遠の男有遠(時遠)が、保元の乱に源義朝に従い、功をたてたことで知られるが、鎌倉幕府成立後の動向 ...
18. 青墓
日本大百科全書
昼飯大塚(ひるいおおつか)古墳、遊塚(あそびづか)古墳などもある。中世の東山道筋にあたり、また、源義朝(よしとも)・頼朝(よりとも)父子ゆかりの地で、源平合戦の ...
19. あおはか[あをはか]【青墓】
日本国語大辞典
岐阜県大垣市の地名。古くは東山道の宿駅で、遊女が多かったことで有名。源義朝が平治の乱後逃げ着いた。また源頼朝が平宗清に捕えられた地でもある。遊塚古墳、小糠山古墳 ...
20. あおはかしゅく【青墓宿】岐阜県:大垣市/旧多藝郡・不破郡地区/青墓村
日本歴史地名大系
青墓宿の長者の女であった(「保元物語」、「吾妻鏡」建久元年一〇月二九日条)。平治の乱に敗れた源義朝は、青墓の長者大炊の女延寿との間に夜叉御前をもうけていた縁で青 ...
21. 青墓宿
世界大百科事典
鶴若,天王丸の母が青墓長者の女であったことが《保元物語》にみえる。また,《平治物語》によると源義朝は平治の乱に敗れ,青墓に逃れているが,青墓長者大炊の女延寿との ...
22. あおはかのしゅく【青墓宿】
国史大辞典
一一九〇)十月二十九日条に源頼朝が上洛の途中ここに立ち寄り、長者大炊の息女を召し出したこと、源義朝は上下の折ここに宿し、大炊は寵者で、大炊の姉は源為義の妾であっ ...
23. 赤坂(岐阜)
世界大百科事典
にあった東山道の宿駅。現,岐阜県大垣市赤坂町。中世の文学作品に多く登場する。《平治物語》には源義朝の身がわりとなって佐渡式部大輔重成が赤坂の子安の森で討死したこ ...
24. あかさか【赤坂】
国史大辞典
『富士紀行』にも「行つれぬ友さへ跡に残る夜をしばしやこゝに赤坂の里」とあり、古くから赤坂の宿があった。源義朝の身代りに佐渡式部大輔重成が子安の森で討死、関ヶ原の ...
25. あかさか【赤坂】 : 赤坂/(三)
国史大辞典
『富士紀行』にも「行つれぬ友さへ跡に残る夜をしばしやこゝに赤坂の里」とあり、古くから赤坂の宿があった。源義朝の身代りに佐渡式部大輔重成が子安の森で討死、関ヶ原の ...
26. 顕仁親王・崇徳天皇・崇徳上皇・崇徳法皇
日本史年表
1156年〈保元元(4・27) 丙子⑨〉 7・10 崇徳上皇,源為義らを白河殿に召集,天皇,源義朝・平清盛らを高松殿に召集,互いに軍勢を整える(兵範記)。 11 ...
27. あさいぐん【朝夷郡】千葉県:安房国
日本歴史地名大系
額田部小君・矢作部林がみえ(平城宮跡出土木簡)、いずれも部姓である。平安末期には保元の乱の際源義朝の麾下にあって活躍した丸太郎がいる(保元物語)。治承四年(一一 ...
28. あさひなぐん【朝夷郡】
国史大辞典
『万葉集』には天平勝宝七歳(七五五)朝夷郡上丁丸子連大歳(まろこのむらじおおとし)なる防人の歌がある。中世には源義朝が伊勢大神宮に献じた丸御厨(まろのみくりや) ...
29. 足利氏画像
世界大百科事典
には源氏足利氏の本領として足利荘と一体的な支配が行われる。足利義康は鳥羽院に仕え,保元の乱に源義朝や平清盛と並ぶ部将として出陣する。その子どもたちのうち,義清は ...
30. 足利義康
日本大百科全書
蔵人(くろうど)、従(じゅ)五位下となった。妻は熱田大宮司範忠(あつただいぐうじのりただ)の娘(源義朝(よしとも)の妻の姪(めい))。保元2年5月29日死去。上 ...
31. あしかがよしやす【足利義康】
国史大辞典
となり、左衛門尉・検非違使に任ぜられた。保元の乱には後白河天皇方として活躍、平清盛の三百騎、源義朝の二百騎についで百騎を従え、天皇方軍勢の主力をなした。近衛方面 ...
32. あだちぐん【足立郡】埼玉県:武蔵国
日本歴史地名大系
その後何らかのつながりで足立遠兼が郡司職を保持したらしい。〔中世〕足立遠兼の子遠元は、平治の乱では源義朝に従って活躍したが(平治物語)、戦いに敗れた後は不遇であ ...
33. あだちぐん【足立郡】東京都:武蔵国
日本歴史地名大系
らしい。〔中世〕足立郡司武蔵武芝の系譜を引くと推定される足立遠元は、平治の乱(平治元年)では源義朝のもと京都に従軍している(平治物語)。源氏敗北後、平氏政権下で ...
34. あだちし【足立氏】画像
国史大辞典
(一)武蔵国の足立氏  源頼朝に仕えた足立遠元が著名である。遠元は足立郡の有力な領主で、平治の乱には源義朝に従っており、平安時代以来源氏の家人であった。この家は ...
35. あだち-とおもと【足立遠元】
日本人名大辞典
平安後期-鎌倉時代の武将。武蔵(むさし)足立(あだち)郡の在地武士。源氏の家人。平治(へいじ)の乱には源義朝(よしとも)にしたがい,治承(じしょう)4年(118 ...
36. あつたじんぐう【熱田神宮】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿
日本歴史地名大系
改革まで大宮司職は藤原氏(千秋氏)によって世襲され、尾張氏は権宮司職にとどまった。季範の女と源義朝の間に生れたのが頼朝である。頼朝はその母の在所である熱田大宮司 ...
37. 熱田大宮司家
世界大百科事典
譲与したことから,以後は代々藤原氏の継承するところとなる。季範は京都の公家政権に接近したほか,一女を源義朝の正室となし,その女の生んだ源頼朝の鎌倉幕府開設にとも ...
38. あつただいぐうじけ【熱田大宮司家】画像
国史大辞典
両氏を出し、また範雅の裔は庶子の流とせられた。一方、季範の女二人は宮廷に仕えたが、他の一女は源義朝に嫁して頼朝を生み、大宮司家は源氏の棟梁の外戚となり、公武双方 ...
39. 熱田大宮司家 系図[図版]画像
国史大辞典
季雄 季条 季福 季隆 (男爵) 範直 範雅 範経 保範 能範 範広 宗範 昌能 昌胤 女子 (源義朝室 源頼朝母) (c)Yoshikawa kobunkan ...
40. 熱田大宮司季範
日本大百科全書
大宮司職は尾張氏を離れ、藤原氏の世襲するところとなった。なお季範の一女子は、源家の棟梁(とうりょう)源義朝(よしとも)に嫁して頼朝(よりとも)を生んだ。季範はの ...
41. あつただいぐうじすえのり【熱田大宮司季範】
国史大辞典
大宮司職に就き、これより大宮司職は尾張氏を離れ、藤原氏の世襲するところとなったが、季範の女は源義朝に嫁して頼朝を生み、武家とも親縁関係を結んだ。 (小島 鉦作) ...
42. あねにしのとういんちょう【姉西洞院町】京都市:中京区/城巽学区地図
日本歴史地名大系
当町付近には少納言藤原信西の邸があり、「平治物語」には、平治元年(一一五九)一二月九日、藤原信頼・源義朝の軍勢が「丑刻に信西入道が姉小路西洞院の宿所へ押よせて火 ...
43. 阿野全成
世界大百科事典
1153?-1203(仁平3?-建仁3) 鎌倉初期の武士。源義朝の子。母は常盤。義経の兄,頼朝の異母弟。幼名今若。平治の乱後,醍醐寺に入れられ悪禅師と号した。1 ...
44. あのぜんじょう【阿野全成】
国史大辞典
鎌倉時代前期の僧籍の武士。幼名今若、醍醐禅師・阿野冠者という。また勇力あり悪禅師という。父は源義朝、母は常盤。義朝が平治の乱に敗死したのち母は今若・乙若(義円) ...
45. あの-ぜんじょう【阿野全成】
日本人名大辞典
1153−1203 平安後期-鎌倉時代の武将。仁平(にんびょう)3年生まれ。源義朝の子。母は常盤御前(ときわごぜん)。源義経の兄。阿野時元の父。平治(へいじ)の ...
46. あのときもと【阿野時元】
国史大辞典
?―一二一九 鎌倉時代前期の武士。父は阿野全成、母は北条時政の娘。源義朝の孫にあたる。承久元年(一二一九)駿河国から鎌倉へ飛脚が走って、同国阿野(静岡県沼津市 ...
47. あの-ときもと【阿野時元】
日本人名大辞典
?−1219 鎌倉時代の武将。源義朝の孫。阿野全成(ぜんじょう)の子。母は阿波局(あわのつぼね)。将軍源実朝が暗殺された直後の建保(けんぽ)7年,宣旨をうけて関 ...
48. あべの【阿倍野】大阪府:大阪市/阿倍野区地図
日本歴史地名大系
する不穏な様相を呈し始めていた。平治の乱が勃発し、熊野参詣途上の平清盛が帰京しようとした際、源義朝の嫡男悪源太義平が阿倍野に出陣して迎撃態勢をとっているとの報に ...
49. あべのさだとうくびづか【安倍貞任首塚】京都府:北桑田郡/京北町/浮井村
日本歴史地名大系
また有頭郷がもと貞任の父安倍頼時の領地でその没後源頼義の恩賞地として与えられたと伝えられることや、源義朝などの旧領であったなどのことからこのような伝承が生れたも ...
50. あやせし【綾瀬市】神奈川県地図
日本歴史地名大系
坏・須恵器坏やその断欠が出土している。〔中世〕綾瀬村風土記は小薗を平治(一一五九―六〇)まで源義朝が支配したとしている。平安時代末から鎌倉時代は、「吾妻鏡」治承 ...
「源義朝」の情報だけではなく、「源義朝」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

源義朝と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「源義朝」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
連歌(小学館 全文全訳古語辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名詞〕短歌の上の句(五七五)と下の句(七七)とを、二人が応答してよむ詩歌の一種。平安時代に発生し、はじめは、二人の唱和で一首とする「短連歌」であったが、中世以降、二人以上(時には一人)で、五七五と七七の句を交互に長く続ける「長連歌」
俳諧集(新編 日本古典文学全集)
俳諧集(扉) 哥いづれの巻(貞徳翁独吟百韻自註)(扉) 作品解説・作者解説 哥いづれ小町おどりや伊勢踊 紅梅やの巻(紅梅千句)(扉) 作品解説・作者解説 梅 第一 蚊柱はの巻(蚊柱百句)(扉) 作品解説・作者解説 そもそもいきとしいけるもの
吉田茂(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八五 - 一九五四 大正・昭和時代の内務官僚、政治家。明治十八年(一八八五)九月二日大分県北海部郡臼杵町(臼杵市)に生まれる。父は銀行員。父の転勤により上京。同四十四年東京帝国大学法科大学独法科卒業。内務省に入り地方官を経て神社局第二課長、同第一課長を歴任
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
山本五十六(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
[1884―1943]昭和期の海軍軍人。明治17年4月4日新潟県生まれ。海軍兵学校32期、海軍大学校14期卒業。第一次世界大戦後の3回にわたる在米勤務ののち、いち早く航空機の将来性に着目。1930年(昭和5)航空本部技術部長、1935年航空本部長。航空兵力を主体とした対米迎撃戦を構想し
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る