1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 北条時宗
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
北条時宗
ほうじょうときむね
一二五一 - 八四
鎌倉時代中期の執権。父は北条時頼、母は時の連署北条重時の女。建長三年(一二五一)五月十五日、時頼の母松下禅尼の居宅である甘縄の安達邸で生まれた。幼名は正寿。庶兄に時輔がいた。康元元年(一二五六)十一月父時頼が出家して執権を重時の子長時に譲った。時宗が幼いための中継ぎとしての措置である。翌年二月将軍宗尊親王の御所で元服し時宗と命名された。七歳である。文応元年(一二六〇)二月、小侍所に入った。小侍所は将軍出行の際の催促や弓始射手の選定などをつかさどった。別当は北条氏一門の好学で知られる金沢実時で、時宗は形式的には副別当格であったが、以後四年間連署になるまで実時について幕府儀容面を中心に政務教育を受けた。時宗の文事関係の中国系の教養はこの期間を中心に蓄積されたとみられる。弘長元年(一二六一)四月、十一歳の時、安達義景の娘で十歳になる堀内殿と結婚した。彼女はのちに駆込寺として有名な東慶寺の開山になる。同年十二月従五位下左馬権頭となる。同三年十一月二十二日、父時頼が三十七歳で死去。文永元年(一二六四)七月、執権長時が出家し、翌月死去。連署の政村が執権となり、十四歳の時宗が連署となった。翌年正月従五位上、但馬権守となり、同年三月相模守となる。同三年七月、政村・時宗・実時・安達泰盛らの主導によって将軍宗尊親王が廃され、京都に送還、親王の王子で三歳の惟康王が将軍となった。同五年正月、モンゴルの国書が日本にもたらされ、日本はいやおうなしにモンゴルの対高麗・南宋政策の環の中に組み込まれることになった。同年三月、時宗は執権となり、モンゴル問題の真正面に立つこととなった。以後、弘安七年(一二八四)に没するまでの十六年間は、まさに時宗政権の時代といってよい。その時宗政権の前後を分けるのが文永九年の二月騒動(北条教時の乱)である。これは、評定衆で一番引付を兼ねる名越時章と、その弟で同じく評定衆である北条(名越)教時を鎌倉で誅殺し、庶兄の六波羅探題南方の時輔を同北方の北条義宗に誅殺させた事件である。時宗はこの事件を通して北条氏一門をほぼ完全に掌握し得宗としての地位を安定させた。モンゴル問題の外圧は幕府内部の反得宗的因子の粛清を正当化したのである。文永十一年十月、モンゴルは国書を拒絶した日本に攻め込んだ。いわゆる文永の役である。モンゴル軍は対馬・壱岐を経て博多に上陸し合戦を展開するが撤退し、撤退途上いわゆる「神風」にあう。建治年間(一二七五―七八)幕府は時宗を中心に防御体制を諸方面にわたって積極的に整備し、元使杜世忠を竜ノ口に斬り、モンゴル(元)の日本侵攻の基地高麗を逆攻撃しようという異国征伐を企てた(不実行)。弘安二年南宋を完全に滅ぼした元は同四年東路・江南両軍をもって日本を攻めた。いわゆる弘安の役で、閏七月一日、またもやの「神風」で壊滅的打撃を受けた。元はこのあと日本招諭を試みるが、結局成功しなかった。同五年、時宗は無学祖元を開山として鎌倉山内に円覚寺を建立した。主旨は両度蒙古合戦の戦死者・溺死者らを弔うためであった。しかし元の三征に対する防備の手をゆるめるわけにはいかず、長期間にわたる防御態勢の維持、合戦その他による社会の矛盾は激化しつつあった。安達泰盛らによる政治改革案が練られている最中の弘安七年四月四日、時宗は三十四歳の若さでその生涯を閉じた。法号は法光寺殿道杲(どうこう)。墓堂は円覚寺仏日庵である。異国防御に関連しながら、国内政治では文永十年思い切った御家人所領回復令を出している。翌年、亀山天皇の院政開始のあと、後宇多天皇の東宮に後深草上皇の皇子煕仁(ひろひと)親王を推戴して持明院統・大覚寺統両統迭立の端緒を作っている。禅宗を崇敬して大休正念・無学祖元らに参じ、詩文にも相応の力量をもっていた。→得宗専制政治(とくそうせんせいせいじ),→文永・弘安の役(ぶんえい・こうあんのえき)
[参考文献]
関靖『史話北条時宗』、黒田俊雄『蒙古襲来』(中央公論社『日本の歴史』八)、網野善彦『蒙古襲来』(小学館『日本の歴史』一〇)、工藤敬一『北条時宗』(『日本を創った人びと』九)、渡辺晴美「北条時宗の家督継承条件に関する一考察」(『政治経済史学』一一〇・一一一)、同「得宗専制体制の成立過程」(同一二五・一三九・一六二・一六五)、川添昭二「北条時宗の研究」(『松浦党研究』五)、村井章介「執権政治の変質」(『日本史研究』二六一)
(川添 昭二)


日本大百科全書(ニッポニカ)
北条時宗
ほうじょうときむね
[1251―1284]

鎌倉幕府第8代執権。時頼(ときより)の子、母は北条重時(しげとき)の女(むすめ)。幼名を正寿といい、相模(さがみ)太郎と称した。左馬権頭(さまごんのかみ)、相模守(かみ)などを歴任。法名道杲(どうこう)。1257年(正嘉1)7歳で元服、将軍宗尊(むねたか)親王の一字「宗」を与えられて時宗と名のる。64年(文永1)連署(れんしょ)となり、翌年相模守となる。66年、宗尊親王を陰謀のかどによって将軍の地位から追い、京都に送還、かわって親王の子惟康(これやす)王(3歳)を将軍に迎えた。これは、将軍在位15年、25歳になっていた親王と、御家人(ごけにん)ないし北条氏の傍流の者とが反得宗(とくそう)勢力として結集することを懸念して、北条嫡流(得宗)がとった処置であった。2年後の68年3月、時宗は北条政村(まさむら)にかわって執権となり、政村が連署となった。この年の初め日本の服属を求める蒙古(もうこ)の使者が来朝しており、これを退けた幕府は、蒙古の来襲あるを予測し、国防の強化に努めた。74年(文永11)の蒙古軍侵攻(文永(ぶんえい)の役)は九州の武士が撃退したが、再襲に備えて北九州沿岸に石塁を築かせ、さらに異国征伐の遠征軍派遣を計画した。81年(弘安4)再度蒙古軍が来襲(弘安(こうあん)の役)したが、このときも撃退に成功、なお防備の強化に専念した。84年(弘安7)病により出家、4月4日死去した。時宗は禅に深く帰依(きえ)し、建長寺(けんちょうじ)の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の没(1278)後、宋(そう)から無学祖元(むがくそげん)を招いて師事し、82年(弘安5)祖元を開山として鎌倉に円覚寺(えんがくじ)を創建した。
[田辺久子]



世界大百科事典
北条時宗
ほうじょうときむね
1251-84(建長3-弘安7)

鎌倉後期,モンゴル襲来のときの執権。父は北条時頼,母は同重時女。幼名正寿。7歳で将軍宗尊(むねたか)親王の手で元服,相模太郎時宗と称す。幼少より時頼の正嫡として執権となるべく育てられ,60年(文応1)小侍所(こさむらいどころ)別当,61年(弘長1)安達(あだち)義景女(泰盛養女)の堀内殿と結婚,左馬権頭従五位下,64年(文永1)連署,65年従五位上相模守。68年高麗使藩阜の来訪ののち,3月に18歳で執権に就任した。71年モンゴル使趙良弼が筑前今津に至り,時宗は鎮西に所領をもつ御家人に鎮西下向を命じ,翌年には一族の名越時輔,教時らを誅した(二月騒動)。74年10月元軍が来寇(文永の役),その後も時宗は翌75年(建治1)には元使杜世忠を竜ノ口に斬るなど一貫して対モンゴル強硬政策をとり,高麗進攻計画,防塁築造,非御家人の軍役動員などをすすめ,幕府を事実上の全国政権たらしめてゆくと同時に,舅の安達泰盛,得宗被官(御内人(みうちびと))の平頼綱らによる寄合(よりあい)を政治の中心におき,西国の守護職や重要所領を北条一門で独占する,いわゆる得宗専制を強化していった。81年(弘安4)には再度の元軍の来寇を退け,幕府の権威も大いに強化された。時宗は若くして蘭渓道隆,大休正念に深く師事し,79年にはその招きで無学祖元が来朝し建長寺の住持となった。82年には円覚寺を建て祖元を開山とした。さらに日〓や一遍らとの交渉もあった。84年4月4日没。法名は法光寺殿道杲,廟所は円覚寺内仏日庵で法体座像がある。
[工藤 敬一]

[索引語]
二月騒動 無学祖元
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
北条時宗の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 281
検索コンテンツ
1. 北条時宗画像
日本大百科全書
鎌倉幕府第8代執権。時頼(ときより)の子、母は北条重時(しげとき)の女(むすめ)。幼名を正寿といい、相模(さがみ)太郎と称した。左馬権頭(さまごんのかみ)、相模 ...
2. 北条時宗
世界大百科事典
1251-84(建長3-弘安7) 鎌倉後期,モンゴル襲来のときの執権。父は北条時頼,母は同重時女。幼名正寿。7歳で将軍宗尊(むねたか)親王の手で元服,相模太郎時 ...
3. ほうじょう‐ときむね【北条時宗】
日本国語大辞典
鎌倉幕府第八代執権。時頼の子。通称相模太郎。一八歳で執権となる。たびたびの蒙古の使者を追い返し、文永・弘安の役では蒙古軍を撃破、その後も国防強化に努め、中国出兵 ...
4. ほうじょうときむね【北条時宗】画像
国史大辞典
えき) [参考文献]関靖『史話北条時宗』、黒田俊雄『蒙古襲来』(中央公論社『日本の歴史』八)、網野善彦『蒙古襲来』(小学館『日本の歴史』一〇)、工藤敬一『北条時 ...
5. 北条時宗
日本史年表
1266年〈文永3 丙寅〉 6・20 北条時宗 ,自邸で政村ら3人と密議.僧 良基 ,御所を逐電(吾)。 1278年〈弘安元(2・29) 戊寅⑩〉 12・23  ...
6. 北條時宗(ほうじょうときむね)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 894ページ ...
7. ほうじょう-ときむね【北条時宗】
日本人名大辞典
1251−1284 鎌倉時代の武将。建長3年5月15日生まれ。北条時頼の子。母は北条重時の娘。文永元年連署となり,3年将軍宗尊(むねたか)親王を廃し,惟康(これ ...
8. 北条時宗[文献目録]
日本人物文献目録
師と北条時宗』秋水居士『仏光国師と北条時宗公』東海裕山『文人としての北条時宗』関靖『北条時宗』藤原二郎『北条時宗』森大狂『北条時宗卿御贈位と国民の精神』佐藤善治 ...
9. 北條時宗建圓覺寺 (見出し語:北條時宗)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 277ページ ...
10. 北條時宗爲執權 (見出し語:北條時宗)
古事類苑
官位部 洋巻 第2巻 685ページ ...
11. 北條時宗爲連署 (見出し語:北條時宗)
古事類苑
官位部 洋巻 第2巻 693ページ ...
12. 北條時宗郤元寇 (見出し語:北條時宗)
古事類苑
外交部 洋巻 第1巻 894ページ ...
13. 北条時宗花押[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan ...
14. 北条時宗花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
15. 「宗家」騒動[新語流行語]
イミダス 2018
2001年NHK大河ドラマ「北条時宗」で主人公を演じるなど、アイドル狂言師として知られる和泉元弥が、02年にはトラブルメーカーとしてテレビのワイドショーや女性 ...
16. あかはし-よしむね【赤橋義宗】
日本人名大辞典
信濃(しなの)守護などをへて,文永8年六波羅(ろくはら)探題北方として京都にはいる。翌年8代執権北条時宗(ときむね)の命により時宗の異母兄で六波羅探題南方の北条 ...
17. 安達泰盛
世界大百科事典
10月から67年4月まで越訴奉行(おつそぶぎよう)であった。弓,馬,鞠,書などにすぐれ,執権北条時宗の信頼もあつく,1266年6月20日には,のちに〈寄合衆〉に ...
18. あひるのしょう【畔蒜荘】
国史大辞典
なだめたとある。寛元元年(一二四三)畔蒜南北荘領主職は散位藤原清俊。弘安六年(一二八三)六月、北条時宗は畔蒜南荘亀山郷を鎌倉円覚寺に寄進。年貢として米・麦・大豆 ...
19. あびるのしよう【畔蒜庄】千葉県:袖ケ浦市
日本歴史地名大系
合戦によって幕府に没収され、北条氏領になったと思われ、弘安六年(一二八三)畔蒜南庄内亀山郷が北条時宗により将軍家祈祷寺の鎌倉円覚寺に寄進され(七月一六日「関東下 ...
20. あまりのしょう【甘利庄】山梨県:韮崎市
日本歴史地名大系
ただ甘利氏が旧に復したといっても全面的ではなかったとみえ、文永八年(一二七一)四月二七日には北条時宗が当庄南方地頭代職に武田三郎入道妙意なる人物を任じているから ...
21. いけがみむら【池上村】神奈川県:横須賀市地図
日本歴史地名大系
大師河原村(現川崎市川崎区)名主太郎右衛門の先祖は池上宗仲といい、鎌倉将軍の番匠をしており、北条時宗が執権の頃(文永五年―弘安七年)三浦郡池上村に居住していたが ...
22. いしかわぐん【石川郡】福島県
日本歴史地名大系
時下知状(秋田藩家蔵赤坂文書)に石川庄内蒲田村(現古殿町)、文永二年(一二六五)八月二三日の北条時宗下知状(同文書)には石川光盛の所領として千石(現同上)・河部 ...
23. 伊豆国
世界大百科事典
この間,北条義時は伊豆の武士を確実に統制し,以来北条得宗(とくそう)が伊豆国の守護となった。北条時宗はモンゴル襲来にあたり,三嶋明神に祈禱を求め,三薗(御園)の ...
24. いまりし【伊万里市】佐賀県
日本歴史地名大系
る松浦党の活躍は「九州治乱記」や「八幡愚童訓」にも記され、また松浦山代家文書によると時の執権北条時宗から、山代氏が文永の役の勲功の賞として「恵利」(現佐賀市鍋島 ...
25. いわいとむら【岩糸村】千葉県:安房郡/丸山町地図
日本歴史地名大系
伊南房州通往還が通る。鎌倉時代、一帯に岩糸保が成立しており、弘安元年(一二七八)閏一〇月二六日の北条時宗下知状(弘文荘善本目録)に「安房国岩□保」とみえ、同保な ...
26. いわねごう【岩根郷】滋賀県:甲賀郡/甲西町/岩根村
日本歴史地名大系
一つの行政単位として扱われた。建治元年(一二七五)一〇月、北条時宗が父時頼の菩提のため岩根郷分三所供料田九反(分米九石)を当地の貴船神社に寄進した(同月一一日「 ...
27. 雲巌寺画像
日本大百科全書
うほうけんにち)(仏国国師)がこの地に草庵(そうあん)を結んで修行していたが、83年に執権の北条時宗(ときむね)が一大禅院を建立したので、顕日は師の無学祖元(む ...
28. 雲巌寺[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
(めいさつ)。1281年(弘安4)高峰顕日(こうほうけんにち)(仏国国師)が開創、83年執権北条時宗(ときむね)により建立された。朱塗りの反り橋から山門へ石段が ...
29. 江戸繁昌記 2 208ページ
東洋文庫
じかい兵器。刀剣の類(宍)檎せん生け捕りにしよう(一七)誠せん首を切ってしまおう(天)北条氏北条時宗(充)元賊文永十一年および弘安四年に、高麗を嚮導として、わが ...
30. えんかくじ【円覚寺】神奈川県:鎌倉市/山之内村地図
日本歴史地名大系
元亨釈書)。開堂の翌年、北条時宗は将軍家祈祷所となし、尾張国富田庄・同富吉加納、上総国畔蒜南庄内亀山郷を寄進(同年三月二五日「北条時宗加判執事奉書」・同七月日「 ...
31. 円覚寺(神奈川県)
日本大百科全書
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済(りんざい)宗円覚寺派の大本山。山号は瑞鹿山(ずいろくさん)。1282年(弘安5)北条時宗(ときむね)が怨親平等(おんしんびょうど ...
32. 円覚寺
世界大百科事典
鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の大本山。山号は瑞鹿山。北条時宗が弘安の役直後の1281年(弘安4)に建て,翌年無学祖元を開山に迎えて開堂の法要を営んだ。中国の ...
33. えんがく‐じ[ヱンガク‥]【円覚寺】
日本国語大辞典
神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派大本山。山号は瑞鹿山。鎌倉五山第二位。弘安五年(一二八二)北条時宗の創建で、宋僧無学祖元の開山。一重裳階付入母屋造りの舎 ...
34. えんがくじ【円覚寺】画像
国史大辞典
室町時代には相国寺(京都方)とともに五山第二(鎌倉方)に位されていた。開山は宋よりの来朝僧無学祖元。無学は北条時宗が無及徳詮・傑翁宗英に託して招請した人で、建長 ...
35. えんがくじ【円覚寺】 : 円覚寺/(一)
国史大辞典
室町時代には相国寺(京都方)とともに五山第二(鎌倉方)に位されていた。開山は宋よりの来朝僧無学祖元。無学は北条時宗が無及徳詮・傑翁宗英に託して招請した人で、建長 ...
36. えんがくじぶぎょう【円覚寺奉行】
国史大辞典
かれたことは、源頼朝の時にはじまる。円覚寺にも奉行人がいたことは、弘安六年(一二八三)三月、北条時宗の執事奉書の充書に「□□(円覚)寺奉行人中」とみえ、同七年九 ...
37. えんがくじもんじょ【円覚寺文書】
国史大辞典
史料をふくむ。このうち、弘安元年(一二七八)宋から名僧を招請する北条時宗書状、寺が将軍家祈祷所となったことを知らせる開基北条時宗書状、これに対する返事の開山無学 ...
38. 大岡政談 2 179ページ
東洋文庫
言葉続き明らかにして偽り飾り有るように聞こえ、品によりては裁許の過りなしとも言い難し。されば鎌倉七世の執権北条時宗を補佐して、問注所の総裁職を勤め、美名を後世に ...
39. おおがのしょう【大神荘】
国史大辞典
ので、宇佐弥勒寺喜多院領。『豊後国図田帳』では面積百七十町歩が三つに分かれ、西の日出・津島は北条時宗が地頭、北の近部・藤原・井手村は戸次時頼、東の真奈井・野木乃 ...
40. 大木実[善人から悪役まで幅広く演じた元二枚目俳優、死去]
イミダス 2018
テレビドラマを中心に時代劇に出演。「水戸黄門」や必殺シリーズなどで悪役を演じ、大河ドラマ「独眼竜政宗」「北条時宗」にも出演。2000年に映画「忘れられぬ人々」の ...
41. おおくぼのしょう【大窪庄】大阪府:守口市
日本歴史地名大系
この下知状によれば、清浄寿院は有栖川氏の遺跡とともに北条得宗家に譲渡され、建治三年(一二七七)には北条時宗が拝領。その後当庄は将軍頼経により清浄寿院に寄進された ...
42. おおさとのしょう【大忍庄】高知県:香美郡
日本歴史地名大系
已而活者踰五之四也、是役也、平副師時宗発之、性輔成之、故以土州大忍荘充其費、遠至龍華也とみえ、北条時宗が貧民の救済に尽力した鎌倉極楽寺の僧忍性に対して、当庄の収 ...
43. かいのくに【甲斐国】山梨県
日本歴史地名大系
尉跡・室伏六郎次跡があげられ、甘利庄(現韮崎市)は北条得宗領であるなど(文永八年四月二七日「北条時宗下文」紀州三浦文書)、他氏族の足跡も少なからず残されている。 ...
44. 花押 38[別刷図版]画像
国史大辞典
732 北条義宗 733 北条宗頼 734 北条義政 735 北条時宗(一) 736 北条時宗(二) 737 北条時宗(三) 738 北条時宗(四) 739 北 ...
45. かくおんじ【覚園寺】神奈川県:鎌倉市/二階堂村地図
日本歴史地名大系
寛元元年(一二四三)二月二日火災に遭ったが本尊は無事であった。弘長三年(一二六三)三月一〇日、北条時宗は当堂を修造し、遠江僧都によって真言供養が行われた(吾妻鏡 ...
46. かくさん【覚山】
国史大辞典
一二五二―一三〇六 鎌倉幕府執権北条時宗夫人、臨済宗の尼僧。秋田城介安達義景の女、母は北条時房の女。建長四年(一二五二)七月四日誕生。堀内殿、のち潮音院殿とよ ...
47. かくさんに【覚山尼】
日本人名大辞典
鎌倉時代の尼僧。建長4年7月4日生まれ。安達義景の娘。母は北条時房の娘。臨済(りんざい)宗。弘長元年北条時宗にとつぎ,嫡男貞時を生む。弘安(こうあん)7年夫とと ...
48. かさがけ【笠懸】画像
国史大辞典
其体〓、」として北条時宗の射技の名誉を伝えている。かように疏の間近に的を立てた小笠懸に対して、笠懸はきわめて遠距離に的 ...
49. かさはらのまき・かさはらのしょう【笠原牧・笠原庄】静岡県:小笠郡
日本歴史地名大系
当庄の地頭はまず平重盛、次いで一条忠頼、十郎左衛門尉、毛利季光、安達義景、安達泰盛、潮音院(泰盛娘、北条時宗夫人)と相承される。正治二年(一二〇〇)六月、笠原庄 ...
50. かじまのしょう・かじま【加島庄・加島】静岡県:富士市
日本歴史地名大系
、源頼朝が当地に到着し、平氏軍と富士川を挟んで対陣している。文永五年(一二六八)三月二三日付北条時宗下文案(北山本門寺文書)に「駿河国賀嶋庄」とみえ、庄内の三社 ...
「北条時宗」の情報だけではなく、「北条時宗」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

北条時宗と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「北条時宗」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
伊達政宗(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一三五三 - 一四〇五 室町時代の武将。本領は陸奥国伊達郡。兵部権少輔・大膳大夫、五位下。入道して円孝と号す。文和二年(一三五三)誕生。父は伊達宗遠。夫人は石清水善法寺通清の娘(蘭庭尼)で、足利義満の母紀子と姉妹。永和三年(一三七七)
足利義昭(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一五三七 - 九七 室町幕府第十五代最後の将軍。一五六八―七三在職。天文六年(一五三七)十一月三日、十二代将軍義晴の次男として京都で誕生。母は近衛尚通の女。幼名未詳。同十一年十一月尚通の子稙家の猶子となり、興福寺別当一乗院門跡覚誉に入室
上杉謙信(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一五三〇 - 七八 戦国時代の武将、越後国の大名。享禄三年(一五三〇)正月二十一日、越後守護代長尾為景の末子として生まれた。生年の庚寅(かのえとら)にちなんで童名を虎千代といい、元服して平三景虎と称す。天文五年(一五三六)長尾為景は
武田信玄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一五二一 - 七三 戦国時代の武将。はじめ甲斐国から起り、のちに信濃、駿河、西上野、飛騨、東美濃、遠江・三河の一部に及ぶ地域を支配した。父は信虎で母は大井氏であった。大永元年(一五二一)十一月三日、駿河の今川氏親の臣であった福島正成勢が
毛利元就(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一四九七 - 一五七一 戦国時代の武将。中国地方の大名。毛利弘元の次男で母は福原広俊の娘。明応六年(一四九七)三月十四日安芸国吉田の郡山城(広島県高田郡吉田町)で出生(母の実家福原城とも)。幼名は松寿丸、のち少輔次郎。同九年家督を長男興元に
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る