1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 徳川綱吉
国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
徳川綱吉
とくがわつなよし
一六四六 - 一七〇九
江戸幕府第五代将軍。一六八〇―一七〇九在職。三代将軍家光の第四子。母は本庄氏(於玉、桂昌院)。正保三年(一六四六)正月八日、江戸城本丸に生まれる。幼名徳松。慶安元年(一六四八)三ノ丸に移る。同四年四月三日、兄長松(綱重)とともに賄料領知、各十五万石を賜わり、家臣も付けられた。邸宅を竹橋に賜わり、のち神田に移る。承応二年(一六五三)八月十九日元服、従三位中将兼右馬頭に叙任。寛文元年(一六六一)上野国館林に封ぜられ、十万石を加増されて、二十五万石を領し、また参議に任じられた。同三年日光参詣の途次、館林に入部。翌年鷹司房輔の妹信子と結婚。延宝八年(一六八〇)、兄四代将軍家綱に子供がなく、次兄綱重もすでに没していたため、家綱の病あらたまった五月六日継嗣となり、従二位権大納言に叙任。同月八日跡を継ぐ。一説によると、このとき大老酒井忠清は家綱の継嗣に鎌倉幕府の故事に倣い京都から宮将軍を迎えようとしたが、老中堀田正俊が綱吉の擁立を強く主張し、相続者に決まったという。なお館林徳川家は子徳松が相続したが、徳松の西ノ丸移徙とともに消滅した。その家臣は幕臣に編入されて、綱吉の政権を支える勢力となった。八月二十三日将軍宣下。正二位内大臣に叙任。将軍になってまもなく、前代に権勢を振るい、下馬将軍の異名をとった酒井忠清を罷免し、幕政の実権を譜代門閥層よりみずからの手に掌握した。そして天和元年(一六八一)越後高田松平家の御家騒動(越後騒動)を親裁して関係者を厳しく処罰した。さらに治政不良の大名をつぎつぎに改易・減封処分にするなど、いわゆる「賞罰厳明」策を意欲的に進めた。また民政・財政を重視し、これを専管する老中に堀田正俊を任命し、勘定吟味役を設置して、幕領支配の刷新を図り、年貢未進など不正代官を大量処分した。これにより代官は初期以来の年貢請負人的性格が払拭されて、徴税官僚化したとされる。綱紀粛正の実が上がった綱吉の前半期(天和・貞享期)の政治はのちに「天和の治」と称えられた。それに対し後半期(元禄・宝永期)の政治は、側用人牧野成貞や柳沢吉保を寵用し、奢侈生活に耽り、当時から評判が悪く、弊政と評価されることが多い。学問好きの綱吉は、将軍となってすぐ、儒学の教えを現実の政治の上に反映させようとし、代官に人民を統治する精神を訓示し、諸国に忠孝を奨励する高札(忠孝札)を立てさせており、また幕臣を集め、みずから講義することも度々に及んだ。悪法として知られる生類憐みの令も儒教・仏教による人心教化を意図していたが、元禄期以降頻発の度を加え、人々を著しく苦しめるに至った。また護持院・護国寺や東大寺大仏殿などの神社仏閣をつぎつぎに建立し、傾きつつあった幕府財政を一層悪化させたが、勘定奉行荻原重秀の進言によって貨幣改鋳を行い、急をしのいだ。さらに酒運上を賦課し、長崎貿易の利益の一部を納めさせるなど、幕府の財政収入の増加を図っているが、これら元禄期の経済政策については、商品経済の発展に積極的に対応した策との評価も与えられている。その晩年には元禄の江戸大火(元禄十一年(一六九八))、元禄大地震(同十六年)、富士山噴火(宝永四年(一七〇七))、京都大火(同五年)と立て続けに大きな災害に見舞われた。徳松の早世(天和三年閏五月二十八日没、五歳)後は嗣子を得られず、宝永元年甥の綱豊を跡継ぎに定めた。同二年右大臣に任。同六年正月十日没。六十四歳。上野寛永寺に葬り、常憲院殿と諡名された。→元禄・宝永期(げんろく・ほうえいき),→天和・貞享期(てんな・じょうきょうき)
[参考文献]
『徳川実紀』五・六、『徳川幕府家譜』乾(『徳川諸家系譜』一)、辻達也「「天和の治」について」(『史学雑誌』六九ノ一一)、深井雅海「綱吉政権の主体勢力」(『徳川林政史研究所研究紀要』昭和五十一年度)、同「綱吉政権の「賞罰厳明」策について」(同昭和五十三年度)
(松尾 美恵子)


世界大百科事典
徳川綱吉
とくがわつなよし
1646-1709(正保3-宝永6)

江戸幕府5代将軍。3代将軍家光の四男。幼名徳松。生母は本庄氏,桂昌院。1651年(慶安4)父家光の死後,上野国その他で所領15万石を与えられ,61年(寛文1)10万石加増,館林城主となる。64年左大臣鷹司教平女信子と結婚。80年(延宝8)兄4代将軍家綱の死後,5代将軍を継承した。前代末期,幕政は整備された機構を伴って安定した軌道にのっていたが,他面社会の変質期に入って全領主的支配の弛緩が表面化し,農民の抵抗も高揚の傾向を示していた。綱吉は将軍になるや直ちに,幕政の実権をにぎっていた大老酒井忠清を免職し,一方彼の将軍就任を支持した老中堀田正俊を大老とし,さらに寵臣を側近に集め,側用人の職を創置して側近の地位を老中同格にまで高め,政治の主導権をにぎろうとした。また未解決であった越後高田藩の御家騒動(越後騒動)を親裁して,親藩筆頭の越後松平家を取りつぶしたのを手始めに,幕臣に対して賞罰厳明政策を仮借なく励行して家格に依拠する譜代層を畏伏せしめ,将軍の権威を絶大にした。また堀田正俊に財政専管を命じ,勘定吟味役を創置して直轄領行政の刷新に努め,勤務不良の代官を大量に処分した。このような綱吉の初期の施政は幕政史上〈天和(てんな)の治〉などと称せられる。しかし綱吉の権威が強大になるにつれ,幕臣全般の気風は萎縮し,彼の政治的意図を実らせるべき新しい行政機構は成長せず,ことに84年(貞享1)堀田正俊が殺されて後は,牧野成貞,柳沢吉保ら側近の寵臣の権勢のみ増大する傾向が強くなった。

 綱吉は幼少から儒学を愛好し,その精神を施政に反映させることに意欲を燃やし,しばしば幕臣を集めて講義をし,1680年には代官に人民統治の精神を訓令し,82年(天和2)には全国に忠孝奨励の高札〈忠孝札〉を立て,孝子表彰の制度も設けた。〈生類憐みの令〉も聖徳の君主の世には仁慈は鳥獣にまでおよぶという理想世界の実現を意図したものであった。しかしその好学は観念の遊戯の色濃く,その施策,とくに〈生類憐みの令〉は将軍に迎合する幕臣によってゆがめられ,綱吉の実子への執心に乗じて護持院隆光らがたきつけた迷信が加わって,人民へのはなはだしい虐政となった。さらに当時の経済界の新しい展開への根本的な対応策を欠いた経済政策は幕府財政の悪化を助長し,経済界を混乱させ,一部役人と御用商人や投機的商人との間に腐敗した関係を生ぜしめた。これらが綱吉への悪評の要因をなしている。晩年綱吉は実子をあきらめ,1704年(宝永1)兄綱重の子綱豊(6代将軍家宣)を養子とした。09年1月10日,綱吉は流行の天然痘によって死去した。法号を常憲院といい,上野寛永寺に葬られた。
[辻 達也]

[索引語]
天和(てんな)の治 忠孝札 生類憐みの令 常憲院
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
徳川綱吉の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 729
検索コンテンツ
1. 徳川綱吉画像
日本大百科全書
江戸幕府第5代将軍。3代将軍家光(いえみつ)の四男。正保(しょうほう)3年1月8日生まれ。幼名徳松。生母は本庄(ほんじょう)氏桂昌院(けいしょういん)。1651 ...
2. 徳川綱吉
世界大百科事典
1646-1709(正保3-宝永6) 江戸幕府5代将軍。3代将軍家光の四男。幼名徳松。生母は本庄氏,桂昌院。1651年(慶安4)父家光の死後,上野国その他で所領 ...
3. とくがわ‐つなよし【徳川綱吉】
日本国語大辞典
江戸幕府第五代将軍。家光の第四子。四代家綱の弟。幼名徳松。上野国館林城主。延宝八年(一六八〇)将軍となる。学問に心酔し湯島に聖堂を開き、朱子学を官学とした。柳沢 ...
4. とくがわつなよし【徳川綱吉】画像
国史大辞典
一六四六―一七〇九 江戸幕府第五代将軍。一六八〇―一七〇九在職。三代将軍家光の第四子。母は本庄氏(於玉、桂昌院)。正保三年(一六四六)正月八日、江戸城本丸に生 ...
5. 徳川綱吉
日本史年表
翌日没(実紀)。 1680年〈延宝8 庚申⑧〉 9・11 徳川綱吉 、林鳳岡らと経書を討論(実紀)。 1688年〈元禄元(9・30) 戊辰〉 11・21 徳川綱 ...
6. とくがわ-つなよし【徳川綱吉】
日本人名大辞典
1646−1709 江戸幕府5代将軍。在職1680-1709。正保(しょうほ)3年1月8日生まれ。徳川家光の4男。母はお玉の方(桂昌院)。上野(こうずけ)(群馬 ...
7. 徳川綱吉[文献目録]
日本人物文献目録
寿『史話第六回 徳川綱吉事蹟』重野安繹『谷子爵ノ五代将軍ノ説ヲ読ム』荆城外史『綱吉の好学と近世日本の漢学 』尾関富太郎『徳川綱吉』古田良一『徳川綱吉及其時代』古 ...
8. 葵紋1[図版]画像
国史大辞典
徳川家康 徳川秀忠 徳川家光 徳川家康 徳川家綱 徳川綱吉 徳川家宣 徳川吉宗 御紋控書 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
9. 德川綱吉保護犬 (見出し語:德川綱吉)
古事類苑
動物部 洋巻 第1巻 180ページ ...
10. 德川綱吉爲征夷大將軍 (見出し語:德川綱吉)
古事類苑
官位部 洋巻 第3巻 20ページ ...
11. 德川綱吉講經書 (見出し語:德川綱吉)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 824ページ ...
12. 德川綱吉造營大成殿 (見出し語:德川綱吉)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 1130ページ ...
13. 徳川綱吉印[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
14. 徳川綱吉花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
15. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 18ページ
東洋文庫
所句読教授出役と相唱へ都て外揚所出役並の通相心得候様との通達を受けた。 〔補〕 蕃書調所……徳川綱吉公の時代江戸に天文方といふ天文・編暦のことなどを担当する役所 ...
16. 秋元氏画像
日本大百科全書
甲斐国(かいのくに)都留(つる)郡で1万8000石を与えられ谷村(やむら)城に住した。5代将軍徳川綱吉(つなよし)に仕えた喬知(たかとも)は老中に登用され、武蔵 ...
17. 秋元喬知
世界大百科事典
の加増により6万石。在任中江戸城三丸,小石川御殿,護持院護国寺,東叡山中堂の造営に活躍。なお徳川綱吉の御前で論語を講ずるなど元禄期文治政治を推進した。大舘 右喜 ...
18. あきやま-まさとし【秋山正俊】
日本人名大辞典
持弓頭(もちゆみがしら)などをへて天和(てんな)3年大目付となる。貞享(じょうきょう)2年将軍徳川綱吉の前から退出するとき,城中で道をまちがえ御休息所にいったた ...
19. あぐり【阿久里】
日本人名大辞典
1648−? 江戸時代前期,徳川綱吉(つなよし)の側室。慶安元年生まれ。将軍綱吉の生母桂昌院の侍女をつとめ,綱吉の寵臣(ちょうしん)牧野成貞(なりさだ)と結婚。 ...
20. 赤穂浪士画像
世界大百科事典
負わせた事件があった。この日は幕府の年賀に対する答礼のため京都から遣わされた勅使・院使に対して,将軍徳川綱吉の挨拶が白書院で行われるはずであったが,事件は勅使ら ...
21. あこうろうし【赤穂浪士】
日本架空伝承人名事典
負わせた事件があった。この日は幕府の年賀に対する答礼のため京都から遣わされた勅使・院使に対して、将軍徳川綱吉の挨拶が白書院で行われるはずであったが、事件は勅使ら ...
22. あさくさきたきよしまちよう【浅草北清島町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
西隣の浄土宗正安寺は元和二年の起立で、西光寺と同じく寛永一三年浅草御蔵前から移転した。境内は拝領地で、五代将軍徳川綱吉生母桂昌院の位牌を安置していた。正安寺西に ...
23. あさくさたじまちよう【浅草田島町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
明暦の大火で焼失し、浅草北寺町に移転して再興された。境内は拝領地で一万七千二〇六坪余、元禄九年(一六九六)には徳川綱吉生母桂昌院の先祖位牌所となり、それまでの寮 ...
24. あさくさだいごいんもんぜん【浅草大護院門前】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
改称。同五年八幡社地を合併。石清水八幡は御蔵前八幡ともよばれた。江戸城鬼門除けとして五代将軍徳川綱吉が山城石清水八幡宮を勧請したのが始まりとされ、元禄六年金三〇 ...
25. 朝妻船
日本大百科全書
描いた水干(すいかん)、烏帽子(えぼし)をつけ、棹(さお)をさす朝妻船の遊女の姿は、時の将軍徳川綱吉を諷(ふう)したとして、朝湖は遠島(えんとう)に処された。の ...
26. 浅妻船
世界大百科事典
づま)》。作詞2世桜田治助,作曲2世杵屋(きねや)佐吉,振付3世藤間勘兵衛と市山七十郎。将軍徳川綱吉の愛妾を風刺した英(はなぶさ)一蝶の絵を材とした舞踊。筑摩祭 ...
27. あざぶごてん【麻布御殿】
国史大辞典
五代将軍徳川綱吉のとき、遊楽のために、江戸麻布本村町(東京都港区南麻布)にあった御薬園内に設けた別邸。白金御殿・富士見御殿・麻布御花畑御殿などとも呼ばれる。元 ...
28. あざぶじゆうばんばばまち【麻布十番馬場町】東京都:港区/旧麻布区地区地図
日本歴史地名大系
杭が残っていたためともいわれ(竹橋余話別集)、また人足の幟は元禄一一年(一六九八)上流に将軍徳川綱吉が白金御殿を建設する舟運のため改修を行ったときである(前掲書 ...
29. あしかがぐん【足利郡】栃木県:下野国
日本歴史地名大系
半数以上の村が古河藩土井氏分家領で、残りは幕府領・旗本領もしくはその相給地。寛文元年(一六六一)徳川綱吉が館林に入部すると、当郡のかなりの部分が館林藩領となった ...
30. あしかがはん【足利藩】
国史大辞典
河堤の修築を行なった。同二年三月越前国大野へ転封された。 (二) 本庄氏。譜代。陣屋持。将軍徳川綱吉の生母桂昌院の弟本庄宗資は姉の勢威によって元禄元年(一六八八 ...
31. あしかがはん【足利藩】 : 足利藩/(二)
国史大辞典
(二) 本庄氏。譜代。陣屋持。将軍徳川綱吉の生母桂昌院の弟本庄宗資は姉の勢威によって元禄元年(一六八八)正月、足利郡内において一万石を賜わり、同二年十一月二万 ...
32. あしくぼむら【足久保村】静岡県:静岡市/旧安倍郡地区
日本歴史地名大系
」など)。しかしこれは史料的裏づけがなく、現在までのところ上納茶は天和元年(一六八一)の将軍徳川綱吉の時代に始まったとされている。御用茶は享保元年まで続けられた ...
33. あたごじんじゃ【愛宕神社】群馬県:館林市/館林城下/木挽町
日本歴史地名大系
配下とする修験寺として栄えた。明暦三年(一六五七)松平乗久は愛宕神社を修築、寛文九年(一六六九)には徳川綱吉により社殿が改築された。綱吉は箱棟・千木・張柱などに ...
34. あつたじんぐう【熱田神宮】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿
日本歴史地名大系
出て訴え、延宝六年(一六七八)からは惣代二人ずつが江戸に詰めて訴訟を繰返した。貞享元年、将軍徳川綱吉とその生母桂昌院帰依の護国寺(現東京都)の僧が熱田社に社参し ...
35. あつたじんぐうじ【熱田神宮寺】
国史大辞典
舎がみえる。慶長二年(一五九七)焼失、同十一年豊臣秀頼が再興し、さらに元禄十六年(一七〇三)徳川綱吉これを修造、新たに医王院・不動院・愛染院の三院を建てて併せて ...
36. あべ-まさたけ【阿部正武】
日本人名大辞典
奏者番兼寺社奉行をへて,延宝9年老中となる。また「武徳大成記」30巻の編修を惣奉行として推進した。将軍徳川綱吉の信任あつく2回加増され,10万石を領した。宝永元 ...
37. ありまつむら【有松村】愛知県:名古屋市/緑区
日本歴史地名大系
寛文年間には藍だけの染料に加えて紅・紫絞染が工夫され、旅人の目をひいたという。延宝八年(一六八〇)徳川綱吉が将軍になった時、尾張藩主は、有松絞の絹布の手綱を「九 ...
38. 安中藩
日本大百科全書
所領も1678年(延宝6)、1679年両度の加増によって4万石となった。この間、老中として5代将軍徳川綱吉(つなよし)の擁立に尽力、1681年(天和1)にはその ...
39. 按摩
世界大百科事典
骨折の手当てなども行った。その後,あんま術は衰えたようであるが,近世前期に復興されて広まり,徳川綱吉の病気をなおした杉山和一にはじまる杉山流が盛んになった。杉山 ...
40. あんま【按摩】
国史大辞典
按摩は中国から伝わったものといわれている。中世の按摩はよくわからないが、近世になると、五代将軍徳川綱吉の病気をなおして関東総録となった杉山和一の流れをくむ杉山流 ...
41. いくしまし【生島氏】
国史大辞典
同氏はその荘官職を伝領したと考えられる。『細川両家記』の生島宗竹はその一族か、子孫秀福(ひでよし)は徳川綱吉に仕えた。 (福留 照尚)  ...
42. いけだむら【池田村】大阪府:池田市地図
日本歴史地名大系
司代板倉重宗領、その後幕府領となったが、元禄六年(一六九三)から宝永二年(一七〇五)まで将軍徳川綱吉の側用人松平美濃守(柳沢吉保)領、引続いて同五年まで上州高崎 ...
43. いけのはたしちけんちよう【池之端七軒町】東京都:台東区/旧下谷区地区地図
日本歴史地名大系
備考」では奥行三〇間三尺)の須山店とよばれる町屋敷がある。須山は大奥の女中で、松姫(五代将軍徳川綱吉養女、尾張藩主徳川綱誠娘)が金沢藩主前田吉徳に輿入れした時に ...
44. いしかわ-のりゆき【石川憲之】
日本人名大辞典
転じ,寛文9年山城(京都府)淀(よど)藩主石川家初代となる。6万石。元禄(げんろく)8年将軍徳川綱吉に「論語」を講じた。宝永4年7月11日死去。74歳。初名は昌 ...
45. いしかわ-ろくべえ【石川六兵衛】
日本人名大辞典
まねいておごりをきわめる。江戸一の伊達ぶりをほこる妻おかちが,延宝9年(1681)寛永寺参りの将軍徳川綱吉に華美なふるまいをみせつけたため,石川家は財産没収,追 ...
46. いしはらむら【石原村】静岡県:浜松市/旧長上郡・豊田郡地区
日本歴史地名大系
宗に改宗したと伝える。朱印高は八石一斗(うち二石は薬師堂自光院領)で、貞享二年(一六八五)の徳川綱吉寺領継目安堵朱印状写が残る。同じく正光寺に伝わる永禄四年(一 ...
47. いずもいわいじんじゃ【出雲伊波比神社】埼玉県:入間郡/毛呂山町/前久保村地図
日本歴史地名大系
。江戸時代、毛呂明神(飛来明神)は八幡宮と並祀され、社領一〇石の朱印状を得ていた(貞享二年「徳川綱吉朱印状」同文書など)。蓬莱社の称が誤伝されたといわれる(風土 ...
48. いたみごうちょう【伊丹郷町】兵庫県:伊丹市
日本歴史地名大系
大坂と有馬(現神戸市北区)を結ぶ大坂道に沿う。初め伊丹町(慶長国絵図・正保郷帳)や伊丹村(「徳川家綱判物」「徳川綱吉判物」「徳川吉宗判物」内閣文庫蔵)とよび、別 ...
49. いちがやせいないやしき【市谷清内屋敷】東京都:新宿区/旧牛込区地区地図
日本歴史地名大系
北で二間。古くは市谷村の百姓地であったが、のち明地となり、元禄一五年(一七〇二)養仙院(将軍徳川綱吉養女)の近侍鈴木清内が拝借、拝借時から町並家作を許され、正徳 ...
50. いちがやはちまんぐう【市谷八幡宮】東京都:新宿区/旧牛込区地区/市谷八幡町地図
日本歴史地名大系
二)に戦火により衰退したが、慶長年中(一五九六―一六一五)別当源空が再興に奔走、また五代将軍徳川綱吉の母桂昌院も元禄一五年(一七〇二)に黄金数枚を寄進して神輿を ...
「徳川綱吉」の情報だけではなく、「徳川綱吉」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

徳川綱吉と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「徳川綱吉」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る