1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 大岡忠相
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本大百科全書(ニッポニカ)
大岡忠相
おおおかただすけ
[1677―1751]

江戸中期の幕府行政官。幼名求馬(もとめ)、のち市十郎、忠右衛門。旗本大岡忠高(2700石)の四男、同族忠真(ただざね)(1920石)の養子となる。1702年(元禄15)書院番士に任ぜられ、順調に昇進して12年(正徳2)山田奉行(ぶぎょう)となり、従(じゅ)五位下能登守(のとのかみ)に叙任。俗説ではここで当時の紀州藩主、後の8代将軍徳川吉宗(よしむね)に認められたというが疑わしい。16年(享保1)江戸に戻って普請(ふしん)奉行、翌17年町奉行に登用され、越前守(えちぜんのかみ)に改める。36年(元文1)旗本としてはまったく異例な寺社奉行に昇進、ついで奏者番(そうじゃばん)を兼ね、三河国西大平(にしおおひら)(愛知県岡崎市)に陣屋をもつ1万石の大名となる。
 忠相は名奉行として講談、落語、演劇などで有名であるが、その名裁判物語はほとんど彼の事績とは関係なく、中国やインドの故事、あるいは忠相以外の奉行の逸話などが彼の事績として集積、脚色されたものである。しかし忠相はその昇進の早さからみて、すでに吉宗以前からその才腕が認められていたと考えられる。享保(きょうほう)期(1716~36)の司法面の改革においても、審理の促進、公正化などに重要な役割を演じたばかりでなく、100万都市に膨張した江戸の行政官としても、防火、救貧、風俗問題や物価対策などと取り組み、さらに1722年から45年(延享2)まで地方(じかた)御用掛を兼務し、関東地方の幕領の経営や開発、治水工事などに尽力した。彼の性格は、逸話などでは機知に富み、人情味あふれた人物として描出されているが、その日記などを通じて推測するに、きわめてきちょうめんで勤勉かつ誠実な人物であったことが想像できる。また、その配下に国学者加藤枝直(えなお)、蘭学者(らんがくしゃ)青木昆陽(こんよう)、数学者野田文蔵、農政功者田中丘隅(きゅうぐ)、簑(みの)正高など多方面の識者を抱えていたことも注意を要する。宝暦(ほうれき)元年12月19日没。相模(さがみ)国高座(こうざ)郡堤村(神奈川県茅ヶ崎(ちがさき)市)浄見寺に葬られる。
[辻 達也]



世界大百科事典
大岡忠相
おおおかただすけ
1677-1751(延宝5-宝暦1)

江戸中期の幕臣,政治家。幼名は求馬,のち市十郎,忠右衛門。先祖は徳川氏三河以来の譜代。忠高の第4子。1686年(貞享3)同姓の忠真の養子となる。93年(元禄6)実兄が八丈島に流罪,96年一族の忠英(書院番)が番頭を殺害してみずからも死ぬという事件が起き,彼の一族とともに連座するという不幸にあうが,以降は順調であった。すなわち1700年に養父の遺跡1920石を継ぎ,02年書院番,04年(宝永1)徒頭,07年使番,08年目付を経て12年(正徳2)山田奉行となり,従五位下能登守となる。16年(享保1)普請奉行に転じ,17年2月3日町奉行に昇進,越前守と改める。22年関東地方御用掛を命じられ,45年(延享2)までこの職を兼務する。1736年(元文1)8月12日寺社奉行に栄進,48年(寛延1)閏10月1日奏者番を兼ねる。このとき1725年の2000石,36年の2000石との2度の加増に,さらに4080石を加えて都合1万石の大名となり,三河国額田郡西大平(現,愛知県岡崎市)に陣屋をおく。51年(宝暦1)11月2日病のため寺社奉行,奏者番両職の辞任を申し出たが,寺社奉行のみ許された。同年12月19日没。法名は松運院興誉仁山崇義大居士。同家本貫の地である相模国高座郡堤村(現,神奈川県茅ヶ崎市堤)の浄見寺に葬られた。

 彼は1717年41歳で町奉行となり,以降36年60歳までの約20年間この職にあり,その後75歳で死亡するまでの約16年間は寺社奉行という,いわば幕府にあって実質上もっとも重要なポストを占め,それら両ポストに付属する役務としての評定所一座の座を都合35年占めている。つまり徳川吉宗政権の全期間のみならず,つぎの家重政権下にあっても死ぬまでその地位を保っている。このことは彼が並々ならぬ有能かつ誠実な実務官僚であったことを示しており,その業績も多大である。そのなかでもっとも充実した40歳から60歳という年齢を過ごした町奉行時代の業績は抜群である。

 それを要約すると江戸市民生活安定のための努力ということになろう。彼は職につくや両替商ら当時の日本の金融界を握っていた巨大商業資本の猛烈な抵抗をうけながら,安価で豊富な商品の江戸流入をめざして努力した。元文の貨幣改鋳(元文金銀)も彼の発議により,彼みずからの指揮のもとで,この目的のために実施したものである。また彼は物価問題はまずなによりも流通問題であるとして,流通界を問屋-仲買-小売という各段階ごとに組織し(日本的流通組織の確立),江戸市民を火災から守るために,町火消〈いろは四十七組〉をつくり,火災時の避難用地としての空地造りとその管理に力をいれた。また板ぶきの屋根を瓦ぶきにするなど,その不燃化に力をいれた。そのほか江戸下層社会の貧窮者を救うために小石川養生所をつくった。彼は日本歴史でもまれにみる有能な実務官僚であったが,有名な〈大岡政談〉の話は実際の彼とはほとんど関係がなく,政治家とはかくあれかしという庶民の願望が託された架空譚である。
→大岡政談物
[大石 慎三郎]

[索引語]
町奉行 越前守 町火消 小石川養生所 大岡政談
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
大岡忠相の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 154
検索コンテンツ
1. 大岡忠相
日本大百科全書
江戸中期の幕府行政官。幼名求馬(もとめ)、のち市十郎、忠右衛門。旗本大岡忠高(2700石)の四男、同族忠真(ただざね)(1920石)の養子となる。1702年(元 ...
2. 大岡忠相
世界大百科事典
1677-1751(延宝5-宝暦1) 江戸中期の幕臣,政治家。幼名は求馬,のち市十郎,忠右衛門。先祖は徳川氏三河以来の譜代。忠高の第4子。1686年(貞享3)同 ...
3. おおおか‐ただすけ【大岡忠相】
日本国語大辞典
江戸中期の幕臣。越前守。八代将軍徳川吉宗に登用され名奉行といわれたが、いわゆる「大岡裁き」は、和漢の裁判説話によって作為されたものが多い。町奉行ののち奏者番兼寺 ...
4. おおおかただすけ【大岡忠相】
国史大辞典
、彼が当時の法をできるだけ現実の姿に近づけようと努力したことは事実である。なお、彼の日記に『大岡忠相日記』がある。 [参考文献]『寛政重修諸家譜』一〇六一、辻達 ...
5. 大岡忠相
日本史年表
1717年〈享保2 丁酉〉 2・3 幕府、 大岡忠相 を江戸町奉行に任じる(実紀)。 1722年〈享保7 壬寅〉 6・‐ 幕府、町奉行 大岡忠相 に関東地方御 ...
6. おおおか-ただすけ【大岡忠相】
日本人名大辞典
1677−1752* 江戸時代前期-中期の武士,大名。延宝5年生まれ。大岡忠高の4男。享保(きょうほう)2年8代将軍徳川吉宗によって江戸町奉行にとりたてられ越前 ...
7. 大岡忠相[文献目録]
日本人物文献目録
の墓』雨『消防史から見た大岡越前守忠相』鷹見安二郎『名判官物語 30‐36 大岡忠相』小山松吉『歴史教室 大岡忠相』沼田次郎 ...
8. 大岡忠相日記
世界大百科事典
大岡忠相の寺社奉行時代の日記。忠相自身がしたためたとされる〈自筆本〉が59冊,右筆が清書したとされる〈書写本〉が115冊ある。公人としての生活日記で,寺社奉行の ...
9. おおおかただすけにっき【大岡忠相日記】
国史大辞典
大岡忠輔家には、仮目録によると冊子三百六十三冊、文書百十六通と若干の付属史料が残っている。『大岡忠相日記』はその中心的部分をなすもので、元文二年(一七三七)正月 ...
10. 『大岡忠相日記』
日本史年表
1737年〈元文2 丁巳⑪〉 1・‐ 大岡忠相、 『大岡忠相日記』 を記す(~寛延4年閏6月)。  ...
11. 大岡忠相政要実録(著作ID:116870)
新日本古典籍データベース
おおおかただすけせいようじつろく 色川三中(いろかわみなか) 言行録  ...
12. 大岡忠相比事(著作ID:731419)
新日本古典籍データベース
おおおかただすけひじ 実録  ...
13. 大岡忠相秘事(著作ID:4372564)
新日本古典籍データベース
おおおかただすけひじ 実録  ...
14. あおきこんよう【青木昆陽】
国史大辞典
播植すべきことを主唱し、『蕃薯考』一巻を著わした。近隣に住む町奉行所与力加藤枝直(千蔭の父)が町奉行大岡忠相(越前守)にかれを推挙したところから忠相の知遇を得、 ...
15. いしはたむら【石畑村】東京都:西多摩郡/瑞穂町地図
日本歴史地名大系
家文書)では高五七五石余。村南部の持添新田(六町四方ほど、陸田のみ)は元文元年(一七三六)に大岡忠相の検地を受け、以後幕府領として推移した。入会地をめぐる争論が ...
16. いせし【伊勢市】三重県
日本歴史地名大系
「三方会合諸旧例書」は寛永八年(一六三一)花房志摩守以来と記す。正徳年間(一七一一―一六)には大岡忠相が就任している。奉行所は有滝村に置かれ、公事裁判の日は吹上 ...
17. 打越
日本大百科全書
外されている。この慣習が公認され制度化されたのは1726年(享保11)町奉行(まちぶぎょう)大岡忠相(ただすけ)のときであるという。幕府は同年、江戸住民の生活必 ...
18. えどきょうほうじゅうはちねんうちこわし【江戸享保十八年打毀】
国史大辞典
十六日町方暮し向きにつき組合名主申合せ、十七日各町名主が米下直にならねば餓死人も出ると願い出たが、町奉行大岡忠相も解決策がなく、これを却下した。このため十九日名 ...
19. えどばくふしりょう【江戸幕府史料】
国史大辞典
幕府役人の残した文書・記録類の中にも、広い意味で江戸幕府史料とみることのできるものがある。たとえば『大岡忠相日記』や『水野忠邦日記』などは、私的な日記ではあるが ...
20. おおおか-えちぜんのかみ【大岡越前守】
日本人名大辞典
大岡忠相(おおおか-ただすけ) ...
21. おおおか‐さばき[おほをか‥]【大岡裁】
日本国語大辞典
〔名〕(大岡忠相が、人情に厚く、公正な裁判を行なったとされることから)人情味ある、公正な判決や裁定のこと。オーオカサバキ ...
22. おおおかせいだん【大岡政談】
国史大辞典
大岡忠相の登場する講釈・小説・戯曲の総称。名奉行としての忠相の裁判・判決の形をとるが、多くは忠相と無関係である。宝暦ごろから講釈師が世話講談として脚色し、これ ...
23. 大岡政談 1
東洋文庫
芝居や落語で親しまれた江戸町奉行大岡忠相の名裁判物語。江戸庶民の理想裁判官像は,どのような史実にもとづいてでき上がったのか?◆第1巻は,「天一坊実記」「白子屋阿 ...
24. 大岡政談 1 169ページ
東洋文庫
赤星典膳は赤川大膳であろう。これに加えて直助権兵衛や煙草屋喜八など『大岡政談』の中の主人公達も登場して来る。大岡忠相は大江広元、吉宗は頼朝に置き替えてある。講談 ...
25. 大岡政談 1 205ページ
東洋文庫
説 この事件は『大岡政談』の中で、唯一実際に大岡忠相が裁いたものである。判決が死刑を含んでいるので、執行には老中の認可を要したが、実質は町奉行大岡忠相の判決とみ ...
26. 大岡政談 1 206ページ
東洋文庫
られた創作上の人物で、芝居では才三郎あるいは新三と名のっている。 ところで実際の事件に対する大岡忠相の裁きぶりを見ると、そこにはいわゆる大岡裁きの特色 ...
27. 大岡政談 1 207ページ
東洋文庫
そこに幕藩制下の社会秩序維持を使命とする町奉行大岡越前守の実像の一端が現れている。 ただし、この事件は実際に大岡忠相が裁いたに拘わらず、後世忠相の事績としてあま ...
28. 大岡政談 1 221ページ
東洋文庫
 ただし、これを裁いたのは大岡忠相ではなく、同僚の中山出雲守時春であった。それがいつしか大岡越前守の裁きにすり替ると共に、忠相の頓才発揮が主題となってしまったの ...
29. 大岡政談 1 229ページ
東洋文庫
計れば足らざるがごとく、遠きに経ればすなわち余り有りとなす。我が国聴訟を言 う者、おおむね青砥藤綱・大岡忠相の両氏が明断を称す。ここに説き出だすは、その大岡殿勤 ...
30. 大岡政談 1 337ページ
東洋文庫
またチョソガレすなわち浮れ節にも語られた。お六は平素父母に孝行な上この侠気な行いがあったので、大岡忠相が賞讃して伝吉に添わしたとかあった、と覚える。『守貞漫稿』 ...
31. 大岡政談 1 367ページ
東洋文庫
定奉行稲生下野守正武が担当し、「直助権兵衛」は忠相同僚の町奉行中山出雲守時春が扱った事件で、大岡忠相の裁きによるものは「白子屋」一件のみであった。 この三件の実 ...
32. 大岡政談 1 368ページ
東洋文庫
いずれも同時代の人として入手した公辺や市井の情報を記録したもので、信憑性が高い。 その他の物語はいずれも大岡忠相に仮托した創作であるが、忠相以前に名裁判官として ...
33. 大岡政談 1 370ページ
東洋文庫
また他の部分は江戸時代初期以来の名奉行の事績に托した裁判物語が、いつしか大岡忠相に集中していって成立したものである。その傾向は大岡忠相の死(宝暦元年H一七五一) ...
34. 大岡政談 1 371ページ
東洋文庫
この両本には「白子屋」「天一坊」はなく、享保期の実話としては「直助権兵衛」のみ載っているが、すでに大岡忠相の裁きとなっている。そのほか『近代公実厳秘録』では松浦 ...
35. 大岡政談 1 372ページ
東洋文庫
豊と誤ってその妻を殺したことを自白したという。「越後伝吉」でも、伝吉の妻お専が見た夢について、大岡忠相から意見を求められた林大学頭が、符融と同じ易占によって、伝 ...
36. 大岡政談 1 373ページ
東洋文庫
印形が確かなため、遺族側の不利は免れなかった。ところが同年四月二十一日の評定所の寄り合いに、大岡忠相はどのようにして探し出したのか、周随の悪事を知っている七助と ...
37. 大岡政談 1 374ページ
東洋文庫
ところがこれを見た者が、あれは小網町の数珠屋の奉公人で、事件当夜は主人の店にいたと話しているのを耳にした大岡忠相配下の同心が、これを忠相に報告し、忠相から諏訪頼 ...
38. 大岡政談 1 375ページ
東洋文庫
はじめ、歌舞伎や浄瑠璃の題材にもなっているが、すでに宝暦元年(一七五一)には『銀の笄』という大岡忠相が事件解決に全権をふるう筋の実録小説が成立している。(内山美 ...
39. 大岡政談 1 376ページ
東洋文庫
奉行に昇った。これは大名の役職で、旗本がこれに任ぜられるというのは、全く異例の抜擢である。 大岡忠相の活躍は司法面のみではない。裁判官としての業績には重きを置か ...
40. 大岡政談 1 379ページ
東洋文庫
文学史に省かれた実録体小説(巻22)     ただし信憑性にかなり不安があるのが鳶魚の著論の欠陥である。  大岡忠相の実際の活動に関する主要根本史料としては次の ...
41. 大岡政談 1 380ページ
東洋文庫
撰要類集(内閣文庫、続群書類従完成会)   寛政重修諸家譜巻一〇六一(内閣文庫、続群書類従完成会)  また大岡忠相の伝記等の主要文献は次のとおりである。   沼 ...
42. 大岡政談 2
東洋文庫
芝居や落語で親しまれた江戸町奉行大岡忠相の名裁判物語。江戸庶民の理想裁判官像は,どのような史実にもとづいてでき上がったのか?◆第2巻は,「小間物屋碑彦兵衛之伝」 ...
43. 大岡政談 2 41ページ
東洋文庫
願い奉る」と言うに、八右衛門・彦三郎も進み出で、権三・助十もろとも、かまびすしくこそ申しけれ。      ○大岡忠相殿仁心の事 さても越前守殿にはしばらく黙して ...
44. 大岡政談 2 47ページ
東洋文庫
ただ奉行とのみ記してある)。しかし馬場文耕の著という『珍説要秘録』(上に「当世」を冠する本もある)では、大岡忠相よりやや後の町奉行依田和泉守(後に豊前守)政次( ...
45. 大岡政談 2 238ページ
東洋文庫
三九)であり、しかもその支配地は相模である。さらにいえば、蓑笠之助は代官を勤めながら、身分は大岡忠相の指揮下にあった人なので、原沢村文蔵らが笠之助の手から勘定奉 ...
46. 大岡政談 2 248ページ
東洋文庫
甚八の母親が、彼の殺された夜九つ時と、葬儀を出した昼八つ時が恨めしいと言ったのにヒントを得た大岡忠相が、『周易』を根拠に「九八」という名の男を容疑者として求め、 ...
47. 大岡政談 2 275ページ
東洋文庫
大岡(多くは)食わねえ、たった越前(一膳)」と答えるのが落ちとなっている。これにも出典があり、もともとはむしろ大岡忠相への悪評を意味する落首である。 すなわち享 ...
48. 大岡政談 2 289ページ
東洋文庫
「一枝ヲ折ハ一指ヲ切ルベシ」という厳しい古法もあることを指摘している。『大岡政談』では、その厳しい古法を大岡忠相が巧みに運用して花盗人を放免するところに焦点があ ...
49. 大岡政談 2 312ページ
東洋文庫
   解説 これは平戸藩主松浦静山『甲子夜話』巻六に見える大岡忠相の逸話である。静山は甚だ博聞強記の大名で、その見聞を綴った『甲子夜話』には史料として興味ある逸 ...
50. 大岡政談 2 316ページ
東洋文庫
昭和五九年六月)を頂戴した。これについては前巻「総解説」でもちょっと言及しておいたが、いわゆる大岡忠相の「実像」に関しても啓発される所多かった。 また延広真治氏 ...
「大岡忠相」の情報だけではなく、「大岡忠相」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大岡忠相と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大岡忠相」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る