1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 杉田玄白
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
杉田玄白
すぎたげんぱく
一七三三 - 一八一七
江戸時代中期の蘭方医・蘭学者。諱は翼、字を子鳳、号を〓斎といい、晩年に九幸翁の別号を用いた。その居を天真楼と称し、家塾名ともした。晩年建てた書斎を小詩仙堂と呼ぶ。玄白は通称。享保十八年(一七三三)九月十三日、江戸牛込矢来の小浜藩酒井侯の下屋敷に生まれる。父は小浜藩医杉田甫仙、母はこのとき難産で死去。古学派の宮瀬竜門に漢学を、幕府の奥医師西玄哲に蘭方外科を学び、宝暦三年(一七五三)藩医となる。同藩の医師小杉玄適を通じ、京都の山脇東洋が唱導する古医方に刺激を受け、また江戸参府随行の通詞吉雄幸左衛門らに会い蘭方外科につき質問。やがてオランダ医書『ターヘル=アナトミア』を入手。明和八年(一七七一)三月四日、前野良沢・中川淳庵らと小塚原の刑場で死刑囚の屍体の解剖を見分、『ターヘル=アナトミア』(正しくは、ドイツの解剖学者クルムスJohan Adam Kulmusが著わし、オランダのディクテンGerardus Dictenの蘭訳したOntleedkundige Tafelen『解剖学表』のアムステルダム一七三四年版)の正確なることを知り、同志と翻訳を決意、翌日着手。四ヵ年の会読の努力を経て、安永三年(一七七四)『解体新書』五巻(図一巻・図説四巻)を完成、刊行の推進力となった。この挙は、江戸における、専門学者の手になる、本格的蘭医書翻訳事業の嚆矢であって、日本の医学史上に及ぼした影響すこぶる大きく、その後の蘭学発達に果たした功績は大きい。翻訳・刊行の苦心の様子は玄白晩年の懐想録『蘭学事始』に活写されている。主家への勤務、患者診療、患家往診の間、学塾天真楼を経営、大槻玄沢・杉田伯元・宇田川玄真ら多数の門人の育成に努め、蘭書の蒐集に意を注いで門人の利用に供するなど、蘭学の発展に貢献した。前記訳著のほか、奥州一関藩医建部清庵との往復書翰集『和蘭医事問答』をはじめ、『解体約図』『狂医之言』『形影夜話』『養生七不可』などにおいて医学を論じ、『乱心二十四条』『後見草』『玉味噌』『野叟独語』『犬解嘲』『耄耋独語』などの著述を通じて政治・社会問題を論評した。「病論会」なる研究会を会員のまわり持ち会場で定期的に開催、医学研鑽に努めた様子が『〓斎日録』に窺える。阪昌周に連歌を学び、詩・歌・俳諧をものし、宋紫石・石川大浪ら江戸の洋風画家と交わって画技も高かったことは、極彩色の大幅「百鶴の図」をはじめとして、戯画などに窺える。蘭方医学の本質を求めて、心の問答を展開した相手、建部清庵の第五子を養子に迎え、伯元と改称させて家塾の経営を継がせた。実子立卿には西洋流眼科をもって別家・独立させた。その子孫には、成卿・玄端ら有能な蘭方医・蘭学者が輩出、活躍している。文化十四年(一八一七)四月十七日、病没。八十五歳。芝の天徳寺の塔頭、栄閑院(通称猿寺、東京都港区虎ノ門三丁目)に葬られる。九幸院仁誉義真玄白居士という。墓は東京都史蹟に指定。
[参考文献]
片桐一男『杉田玄白』(『人物叢書』一五八)
(片桐 一男)


日本大百科全書(ニッポニカ)
杉田玄白
すぎたげんぱく
[1733―1817]

江戸中期の蘭方医(らんぽうい)、蘭学者。名は翼(よく)、字(あざな)は子鳳、鷧斎(いさい)のち九幸(きゅうこう)と号し、玄白は通称。学塾を天真楼といい、晩年の別邸を小詩仙堂(しょうしせんどう)という。若狭(わかさ)国(福井県)の小浜(おばま)藩酒井侯の藩医杉田甫仙(ほせん)(1692―1769)の子として江戸の藩邸中屋敷に生まれ、難産であったため、そのとき母を失う。宮瀬竜門(りゅうもん)(1720―1771)に漢学を、幕府医官西玄哲(1681―1760)に蘭方外科を学び、藩医となる。同藩の医師小杉玄適を通じ、山脇東洋(やまわきとうよう)の古医方の唱導に刺激を受け、また江戸参府のオランダ商館長、オランダ通詞(つうじ)吉雄耕牛(よしおこうぎゅう)(幸左衛門)らに会い、蘭方外科につき質問し、やがてオランダ医書『ターヘル・アナトミア』を入手した。1771年(明和8)春、前野良沢(まえのりょうたく)、中川淳庵(なかがわじゅんあん)らと江戸の小塚原(こづかっぱら)の刑場で死刑囚の死体の解剖を実見した。その結果『ターヘル・アナトミア』、正しくはドイツの解剖学者クルムスが著し、オランダのディクテンGerardus Dicten(1696ころ―1770)のオランダ語訳した『Ontleedkundige Tafelen』(『解剖図譜』)の精緻(せいち)なるを知り、同志とともに翻訳を決意して着手する。4か年の努力を経て、1774年(安永3)『解体新書』5巻(図1巻・図説4巻)を完成し、刊行の推進力となった。この挙は江戸における本格的蘭方医書の翻訳事業の嚆矢(こうし)であって、日本の医学史上に及ぼした影響すこぶる大きく、その後の蘭学発達に果たした功績は大きい。彼ら同志の翻訳の苦心のありさまは晩年の追想『蘭学事始(ことはじめ)』に詳しい。主家への勤務をはじめ、多数の患者を診療し、患家を往診する余暇に、学塾天真楼を経営し、大槻玄沢(おおつきげんたく)、杉田伯元、宇田川玄真(1770―1835)ら多数の門人の育成に努めた。また蘭書の収集に意を注いで、それを門人の利用に供するなど蘭学の発達に貢献した。前記の訳著のほかに奥州一関(いちのせき)藩の医師建部清菴(たけべせいあん)との往復書簡集『和蘭(おらんだ)医事問答』(1795)をはじめ、『解体約図』(1773)『狂医之言』(1773)『形影夜話(けいえいやわ)』(1810)『養生七不可(ようじょうしちふか)』などにおいて医学知識を啓蒙(けいもう)し、『乱心二十四条』『後見草(あとみぐさ)』(1787成立)『玉味噌(たまみそ)』『野叟独語(やそうどくご)』(1807成立)『犬解嘲(けんかいちょう)』『耄耋(ぼうてつ)独語』など多くの著述を通じて、政治・社会問題を論述し、その所信を表明した。
 彼の日記『鷧斎日録』をみると、「病論会」なる研究会を定期的に会員の回り持ち会場で開催して、医学研鑽(けんさん)に努めたようすをうかがうことができる。若いころに阪昌周(さかしょうしゅう)(?―1784)に連歌(れんが)を習って、自ら詩歌をつくり、宋紫石(そうしせき)、石川大浪(いしかわたいろう)(1765―1818)ら江戸の洋風画家たちとも交わって画技も高かったことは、その大幅で極彩色の「百鶴(ひゃっかく)の図」をはじめとして、戯画などを通じてうかがい知ることができる。
 蘭方医学の本質を求めて、心の問答を展開した相手建部清菴の第5子を養子に迎え、伯元と改称せしめ家塾を継がせた。実子立卿(りゅうけい)には西洋流眼科をもって別家独立させ、その子孫には成卿(せいけい)・玄端(げんたん)ら有能な蘭学者・蘭方医が輩出、活躍している。石川大浪が描いた肖像は老境の玄白像をよく伝えている。文化(ぶんか)14年4月17日、江戸で病没、85歳。墓は東京都港区虎ノ門、天徳寺の塔頭(たっちゅう)、栄閑院(通称猿寺)にあり、東京都史跡に指定されている。
[片桐一男]2016年5月19日



世界大百科事典
杉田玄白
すぎたげんぱく
1733-1817(享保18-文化14)

江戸中期の蘭方医。若狭国小浜藩医杉田玄甫(甫仙)の子として江戸牛込の小浜藩邸で生まれた。名は翼(たすく),字は子鳳(しほう),号は鷧斎(いさい)といい,晩年には九幸翁とも号した。堂号を小詩仙堂,天真楼といった。官医西玄哲にオランダ流外科を学んだが,その水準にあきたらず,同藩の僚友小杉玄適が京都の山脇東洋に学んで江戸に帰り,東洋の人体解剖や京都の古医方派の動向を伝えたのに刺激され,家業とする外科領域で新しい道を開く志を立てた(22歳)。こうして,中国の外科書を総ざらいし病門を整理して納得できる治法を集め,それに玄白が見聞した日本の経験的薬方や治法を加えて《瘍家大成》の編述を企てた。その過程で実験にもとづく実証的なオランダ医学の水準を知り,同僚の中川淳庵や中津藩医の前野良沢らとともに,江戸参府のオランダ人一行の宿舎長崎屋に蘭館医や通詞たちを訪ね,治療の実技を見学したり外科の原書を借り受けてその精巧な図版を筆写したりして見聞をひろめた。さらにクルムスJ.Kulmusの解剖書(いわゆる《ターヘル・アナトミア》)を入手し,それに引き続いて千住骨ヶ原(小塚原)で刑死体の解剖を実見する機会をもって,オランダの解剖書の正確なことを確認した。明和8年(1771)3月4日,玄白39歳のときである。その感動のさめやらぬ翌5日,同志が集まってその原書の翻訳を決意し,前野良沢を盟主として翻訳作業を開始して,3年後の安永3年(1774)8月《解体新書》として刊行した。これが近代的意味での外国語の原書を翻訳する方法や方針を明示して行った最初の翻訳書となった。玄白は後進の蘭学者を多数育成して蘭学興隆の基礎を固め,門弟・同志らによって外国書の翻訳が相次ぎ,これによって西洋の学問の摂取が本格化した。85歳の長寿を保った玄白は,そのさまを回顧録《蘭学事始(らんがくことはじめ)》にまとめたが,玄白自身の思想の進展を示すものとして《狂医之言》《形影夜話》《和蘭医事問答》等があり,政局批判の書として《後見草(のちみぐさ)》《野叟独語(やそうどくご)》等がある。
[宗田 一]

[索引語]
杉田翼 小杉玄適 ターヘル・アナトミア 解体新書 蘭学事始(らんがくことはじめ)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
杉田玄白の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 433
検索コンテンツ
1. 杉田玄白画像
日本大百科全書
江戸中期の蘭方医(らんぽうい)、蘭学者。名は翼(よく)、字(あざな)は子鳳、鷧斎(いさい)のち九幸(きゅうこう)と号し、玄白は通称。学塾を天真楼といい、晩年の別 ...
2. 杉田玄白
世界大百科事典
1733-1817(享保18-文化14) 江戸中期の蘭方医。若狭国小浜藩医杉田玄甫(甫仙)の子として江戸牛込の小浜藩邸で生まれた。名は翼(たすく),字は子鳳(し ...
3. すぎた‐げんぱく【杉田玄白】
日本国語大辞典
江戸後期の蘭方医、蘭学者。若狭(福井県)小浜藩医杉田玄甫の子。本名は翼、字(あざな)は子鳳、号は〓斎(いさい)、九幸翁。前野良沢ら ...
4. すぎたげんぱく【杉田玄白】
国史大辞典
目)に葬られる。九幸院仁誉義真玄白居士という。墓は東京都史蹟に指定。 [参考文献]片桐一男『杉田玄白』(『人物叢書』一五八) (片桐 一男)  ...
5. 杉田玄白
日本史年表
1771年〈明和8 辛卯〉 3・4 杉田玄白 ・ 前野良沢 ら、千住小塚原で刑死体の解剖を見、 『解体新書』 の翻訳を始める(蘭学事始)。 1817年〈文化1 ...
6. 杉田玄白(すぎたげんぱく)
古事類苑
方技部 洋巻 第1巻 960ページ ...
7. すぎた-げんぱく【杉田玄白】
日本人名大辞典
1733−1817 江戸時代中期-後期の蘭方医。享保(きょうほう)18年9月13日生まれ。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩医。西玄哲(げんてつ)にまなぶ ...
8. 杉田玄白[文献目録]
日本人物文献目録
号』川並秀雄『杉田玄白』藤田宗一『杉田玄白 鷧斎日録』入沢達吉, 原田謙太郎『杉田玄白翁のお正月』岡本隆一『杉田玄白尺牘』-『杉田玄白先生尺牘』-『杉田玄白先生 ...
9. 【杉田玄白】すぎたげんぱく
新選漢和辞典Web版
人名。江戸時代の学者・医者。蘭学(らんがく)を修め、前野良沢らと「解体新書」を訳した。(一七三三~一八一七)  ...
10. 杉田玄白蘭學 (見出し語:杉田玄白)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 999ページ ...
11. 杉田玄白墓(栄閑院)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
寛永年間、天徳寺の塔頭(たっちゅう)として同寺の境内に開山。蘭方医(らんぽうい)杉田玄白(げんぱく)の墓がある寺としてよく知られている。玄白の墓は都の史跡に指定 ...
12. あおじりんそうのはか【青地林宗墓】愛媛県:松山市/北西海岸地域(旧和気郡地区)/山越村/来迎寺
日本歴史地名大系
頌徳碑がある。林宗は松山藩医青地快庵の子、名は盈、字は子遠。初め漢方を学んだ。のち江戸に出て杉田玄白に蘭学を学び、天文台訳官馬場佐十郎と深交を結んだ。文政五年( ...
13. 青地林宗
世界大百科事典
名は盈,字は子遠,芳滸と号した。初め家学の漢学,漢方医学を学び,のち京坂,次いで江戸に出て,馬場佐十郎,杉田玄白に師事し,蘭学,蘭方医学を学ぶ。父の死でいったん ...
14. あおち‐りんそう【青地林宗】
日本国語大辞典
江戸後期の医者、物理学者。松山藩医の子。蘭学を杉田玄白に学んだといわれる。物理学、地誌を研究し、「輿地誌(よちし)」「気海観瀾(きかいかんらん)」などを訳述。安 ...
15. 明石町画像
日本大百科全書
れ、西欧文明の玄関口となった。聖路加病院(せいろかびょういん)もその名残(なごり)の一つで、杉田玄白(げんぱく)らが『解体新書』の翻訳をした所でもある。東隅から ...
16. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 257ページ
東洋文庫
慶応二年(天六六)隠居し、閑水と号した。杉田成卿〔五七「晃〕蘭学者。江戸の人。名は信、 号は梅里。杉田玄白の孫。坪井信道に学び、天保 十一年(天国〇)天文方和解 ...
17. 秋田(県)画像
日本大百科全書
間(1772~1789)にかけて展開された。直武は1773年から1779年まで江戸に滞在し、杉田玄白訳の『解体新書』木版付図の下絵を描いた。明治になってこの伝統 ...
18. 秋田蘭画
日本大百科全書
西洋の図書や銅版画によって西洋画法の研究を深め、翌1774年の有名な『解体新書』の翻訳出版に際しては、杉田玄白の依頼で挿絵を描いている。一方、曙山、義躬らは参勤 ...
19. 秋田蘭画
世界大百科事典
研究と作品の制作は,おもに江戸において同地の蘭学者と密接な関係をもって行われた。小田野直武が杉田玄白訳《解体新書》(1774)の挿絵を担当したことは,それを象徴 ...
20. 浅田宗伯[文献目録]
日本人物文献目録
【逐次刊行物】:11件 『浅田宗伯翁伝 3巻3冊』赤沼金三郎『本朝医人伝』紫竹屏山『大日本思想全集 12 杉田玄白・浅田宗伯集 附前野良沢集・司馬江漢集・大槻盤 ...
21. あらいしょうじゅうろう【荒井庄十郎】
国史大辞典
った。のち他家に入って森平右衛門と改名。また杉田玄白の門人で米沢藩主上杉鷹山の侍医を勤めた堀内林哲とも親交を結んだ。 [参考文献]片桐一男『杉田玄白』(『人物叢 ...
22. あらい-しょうじゅうろう【荒井庄十郎】
日本人名大辞典
吉雄耕牛(よしお-こうぎゅう)の甥(おい)。安永7年(1778)ごろ江戸にでて平賀源内のもとに寄食し,杉田玄白の塾でオランダ語をおしえた。のち陸奥(むつ)会津( ...
23. 医学
世界大百科事典
この訳業のきっかけを与えたのは,1771年(明和8)3月4日,江戸小塚原刑場であった解剖(腑分け)を,杉田玄白,前野良沢,中川淳庵が見学し,その際持参したクルム ...
24. いがく【医学】
国史大辞典
大学は欧州第一の医学の中心をなしていた。西洋医学の正確を知り、古方派の実験精神にめざめていた杉田玄白・前野良沢らは、明和八年(一七七一)の三月江戸で人体解剖をみ ...
25. 医学史
日本大百科全書
)となる。さらに長崎を通して輸入された驚くばかりに正確なオランダ解剖図譜の訳出へと発展する。杉田玄白らによる『解体新書』の刊行(1774)を契機に蘭学(らんがく ...
26. 『鷧斎日録』
日本史年表
1787年〈天明7 丁未〉 1・1 杉田玄白、 『鷧斎日録』 を記す(~文化2年3月25日)。  ...
27. いさいにちろく【〓斎日録】
国史大辞典
時々の見聞・随想・詩歌などを含む貴重な史料。刊本として『杉田玄白全集』(ただし未完)一所収のものがある。→杉田玄白(すぎたげんぱく) [参考文献]高浜二郎「杉田 ...
28. いしかわげんじょう【石川玄常】
国史大辞典
愚岡と号す。十四歳の時、医官熊谷無術に修学。明和八年(一七七一)、京師に遊学、名医と交わる。前野良沢・杉田玄白らが関東に西洋医学を興すの報に接して江戸に帰り、ク ...
29. いしかわ-げんじょう【石川玄常】
日本人名大辞典
江戸時代中期-後期の蘭方医。延享元年2月28日生まれ。京都でオランダ医学をまなび,江戸で前野良沢,杉田玄白らの「解体新書」翻訳に参加。のち一橋家の侍医にまねかれ ...
30. いしかわたいろう【石川大浪】
国史大辞典
高く評価された。杉田立卿訳の『眼科新書』には実地に解剖をみて「眼球解剖図」を描き与え、晩年の杉田玄白の座像を正確に写生するなど、江戸の蘭学者の主流や京坂の文化人 ...
31. いしかわ-たいろう【石川大浪】
日本人名大辞典
洋風画で名をあらわす。大槻玄沢(おおつき-げんたく)らの蘭医書に挿絵をかき,西洋画の模写や「杉田玄白像」「ヒポクラテス像」などで知られる。文化14年12月23日 ...
32. 医者
世界大百科事典
解剖書をもとに人体解剖を行って五臓六腑説を訂正した。 このころから蘭方医が本格的に出現した。杉田玄白,前野良沢らが《ターヘル・アナトミア》をもとに,千住小塚原で ...
33. いちのせきじょうあと【一関城跡】岩手県:一関市/一関城下
日本歴史地名大系
救うため「民間備荒録」「備荒草木図」を著し、平賀源内や杉田玄白との交遊を通じて書簡「和蘭医事問答」をまとめた。清庵の門人で一関藩蘭外科医大槻玄梁の子玄沢は杉田玄 ...
34. いちのせきはん【一関藩】
国史大辞典
新的な碩学を多く出している。その源流をなすものは一関藩医建部清庵である。『蘭学事始』を書いた杉田玄白は清庵と交友深く、玄白の家学を継承した杉田伯元は清庵の子であ ...
35. うえのむら【上野村】福井県:小浜市
日本歴史地名大系
いい、若狭国内では二〇余ヵ寺ある。庵は明治一六年(一八八三)に奥田縄へ移築されたが、跡地には杉田玄白の父甫仙による永福般若蔵建造の石碑が残る。 ...
36. 宇田川玄真
世界大百科事典
者を育成して江戸蘭学の発展に尽くした。本姓は安岡氏,伊勢の生れ,名は璘,字は玄真,号は榛斎。杉田玄白の門にあったとき,その才を認められ養嗣子となったが,訳あって ...
37. うだがわげんしん【宇田川玄真】
国史大辞典
江戸に遊学して大槻玄沢・宇田川玄随・桂川甫周など諸家に就いて蘭学を研鑽し、最も翻訳に長じる。杉田玄白にその才を愛され養子となったが、一時身をもち崩したため離縁さ ...
38. 宇田川玄随
日本大百科全書
槐園(かいえん)・東海と号す。幼時より性格は温柔寡言、孝経などを精読、25歳のとき、西学説に感服して学び始め、杉田玄白(げんぱく)、前野良沢(りょうたく)、桂川 ...
39. 宇田川玄随
世界大百科事典
役者に似た色白のやさ男であったので,世人は東海夫人とあだ名した。宇田川家蘭学初代として,前野良沢,杉田玄白らと同時代にあって活躍し,ゴルテルJ.de Gorte ...
40. うだがわげんずい【宇田川玄随】
国史大辞典
二十五歳の時桂川甫周・大槻玄沢の説を聞くに及んで、翻然志を改めて蘭学を学ぶ。大槻玄沢の門に入り、さらに杉田玄白・前野良沢・中川淳庵らに就いて蘭学を修めた。天明元 ...
41. うだがわ-げんずい【宇田川玄随】
日本人名大辞典
れ。宇田川道紀(みちのり)の長男。美作(みまさか)(岡山県)津山藩医。桂川甫周(ほしゅう),杉田玄白,前野良沢(りょうたく)らにまなぶ。オランダ人ゴルテル著の翻 ...
42. 宇田川榛斎
日本大百科全書
随の門に入り、前野良沢(りょうたく)、大槻玄沢(おおつきげんたく)にも師事。その才を見込まれ杉田玄白(げんぱく)の娘婿になったが、のちに離縁。玄随没後、稲村三伯 ...
43. 江戸参府紀行 274ページ
東洋文庫
による)。高野長英 一八〇四-五〇。奥州伊達家の支藩、水沢藩の医家に育ち、漢学を祖父、蘭学を杉田玄白門下の養父玄斎に学ぶ。 一八二〇(文政三)年江戸に出て杉田伯 ...
44. 江戸参府紀行 285ページ
東洋文庫
奥州一関の人。同藩の医師建部清庵(一七一二-八二)について医学を修め、清庵の子亮策についで江戸の杉田玄白の門にはいり、前野良沢にもついて蘭学と医学を学んだ。福知 ...
45. 江戸参府紀行 317ページ
東洋文庫
もうひとつはいうまでもなく「蘭学」の勃興で、青木昆陽の教えを継いでさらにこれを深めた前野良沢および杉田玄白らを中心とする江戸在住の医学者たちの動向であった。一方 ...
46. 江戸参府紀行 318ページ
東洋文庫
奥州一関の医官建部清庵由正(一七一一-一七八二)という未知の人から、その門人某を介して一通の長い手紙が杉田玄白のもとに届けられた。それは主としてオランダ流外科に ...
47. 江戸参府紀行 319ページ
東洋文庫
数えた。 安岡玄真(一七六九-一八三四、宇田川玄随の死後その家をつぐ)ははじめ玄随の門下から杉田玄白の養子となった。学問には非常に熱心であったが、若いことでもあ ...
48. 江戸参府紀行 329ページ
東洋文庫
奥守家来松平越中守家来松平越後守家来酒井修理大夫家来奥平九八郎家来大槻玄沢森島甫斎宇田川玄随杉田玄白前野良沢右私蛮書同学之者に御座候何れも蛮書之内年来 ...
49. 江戸参府紀行 338ページ
東洋文庫
・オランダ、フランスに合併される。ヴュルツプルク大学へ入学し、医学のほか地理学・民族学を修める。・杉田玄白「蘭学事始」成る。・オランダ王国成立。・ワーテルローの ...
50. 江戸参府随行記 370ページ
東洋文庫
を得て、同社より本年(一九九四)出版されるはずである。 ツユンベリーが来日した一七七五年は、杉田玄白訳、中川淳庵校、石川玄常参、桂川甫周閲『解体新書』が出版され ...
「杉田玄白」の情報だけではなく、「杉田玄白」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

杉田玄白と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「杉田玄白」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る