1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. シーボルト
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本大百科全書(ニッポニカ)
シーボルト
しーぼると
Philipp Franz Balthasar von Siebold 
[1796―1866]

ドイツの医者、博物学者。ドイツのウュルツブルクで医学の名門の家に生まれる。父はウュルツブルク大学の生理学教授。1815年ウュルツブルク大学に入学、医学のほか生物学、人類学、民族学、地理学などを勉強した。1820年卒業し、医学博士となった。ハイデングスフェルトで開業したが、日本に関心をもち、渡航の機会をつかんだ。1822年7月ハーグに行き、オランダ領東インドの陸軍軍医外科少佐に任ぜられた。9月23日ロッテルダムを出航、バタビア(ジャカルタ)を経て、1823年(文政6)8月11日長崎出島に上陸した。来日にあたり、日本・オランダ貿易強化のための総合的・科学的研究の使命を帯びていた。東インド会社から幕府への働きかけにより、他のオランダ人には与えられない調査・研究の便宜を得た。まず出島(でじま)のオランダ商館内で、日本人に治療したり医学を教えたりできるようになった。ついで出島を出て、吉雄(よしお)塾、楢林(ならばやし)塾で治療や教育をすることが許され、ついには長崎郊外鳴滝(なるたき)(長崎市鳴滝町)に鳴滝塾をつくり、治療と講義ができるようになった。鳴滝塾には、美馬順三(みまじゅんぞう)、岡研介(けんすけ)、二宮敬作、高野長英、伊東玄朴、石井宗謙(1796―1861)、伊藤圭介(けいすけ)など多数の弟子たちが集まった。弟子たちに研究テーマを与え、オランダ語の論文を提出させ、彼自身の研究資料にした。また長崎近郊の動植物採集を行い、友人、弟子、オランダ商館雇い人に協力を頼んだ。川原慶賀(けいが)には図を描かせた。1826年江戸参府に随行し、その往復で書記ビュルガーHeinrich Bürger(1804―1858)を助手として、動植物の採集、測量、観測などを行った。旅行の往復や江戸滞在中、日本人の学者たちと知識や資料の交換を頻繁に行った。
 1828年帰国に際して、長崎港のオランダ船が台風で難破、修理のため積み荷を陸揚げしたとき、シーボルトの荷から、国外持ち出し禁制の品が出て、シーボルト事件が起こった。友人、弟子、通詞(つうじ)のなかに処罰される者が出た。シーボルトは日本追放を言い渡され、1829年12月30日、日本人妻滝(1807―1869)と愛児伊禰(いね)(1827―1903)に別れを告げて、日本を去った。1830年7月7日オランダに帰着した。シーボルトは、多量の資料、標本、生植物を送ったり持ち帰ったりし、これをオランダ政府が買い取った。それらはライデン大学図書館、国立民族博物館、国立腊葉(せきよう)館、ライデン大学植物園、大英博物館、大英図書館などに現存する。帰国後、ライデンに居住し、結婚して3男2女をもった。長男アレキサンダーAlexander(1846―1911)、次男ハインリヒHeinrich(1852―1908)はのちに日本で外交官として活躍した。1859年(安政6)アレキサンダーを伴ってふたたび来日した。晩年ドイツに帰り、ミュンヘンで死亡、墓は同地にある。
 シーボルトの日本研究は、『日本』『日本動物誌』『日本植物誌』にまとめられた。『日本』Nippon20冊(1832~1851)は日本についての総合的研究である。『日本動物誌』Fauna Japonica5巻(1833~1850)は、シーボルトとビュルガーが集めた動物標本をテミンクConraad Jacob Temminck(1778―1858)、シュレーゲルHermann Schlegel(1804―1884)、デ・ハーンWilhelm de Haan(1801―1855)が研究執筆し、シーボルトが編集した。『日本植物誌』Flora Japonica2巻(1835~1870)は、ツッカリーニJoseph Gerhard Zuccarini(1797―1848)の協力を得て、共著として出版した。シーボルトは日本において日本の近代化に貢献し、ケンペル、ツンベルクよりも本格的に、日本、日本の植物・動物について、ヨーロッパに紹介した。
[矢部一郎]



世界大百科事典
シーボルト
Philipp Franz Balthasar von Siebold
1796-1866

江戸後期にオランダ東インド会社の日本商館付医員として来日したドイツ人医師。ドイツ語の読みはジーボルト。南ドイツのビュルツブルクに生まれる。大学卒業後,1823年ジャワに渡り,同年(文政6)長崎に来航。出島の商館勤務のかたわら,許可を得て長崎郊外鳴滝に学塾兼診療所(鳴滝塾)を開設した。吉雄権之助らオランダ通詞をはじめ,美馬順三,高野長英,伊東玄朴,高良斎ら多数の日本人を蘭学者として育成,門人たちに課題を与えてオランダ語による論文を提出させた。これら提出論文とおびただしい収集資料にもとづいて日本研究を進め,26年春,商館長ド・ステュルレルの江戸参府に従い,江戸で天文方高橋景保,幕医土生玄碩(はぶげんせき)はじめ蘭学者と交際を深めた。28年,いわゆるシーボルト事件が起こって,翌年国外追放を受けた。オランダに戻り,研究成果を整理して大著《日本》を刊行(1832-52),《日本動物誌》《日本植物誌》をまとめた。58年(安政5)日蘭通商条約が締結されると,翌年再び来日,62年まで滞在。同行来日した長男アレクサンダーはイギリス駐日公使館員となり,次いで明治政府の外務省に雇用された。シーボルトの長崎滞在中の愛人其扇(そのぎ)との間にできた娘いねは,楠本いねといい,のち女医となった。彼の《江戸参府紀行》は《異国叢書》と《東洋文庫》に収録され,《シーボルト日本交通貿易史》も《異国叢書》に収録されている。
[片桐 一男]

[索引語]
Siebold,P.F.B.von 鳴滝塾 シーボルト,A. 楠本いね
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
シーボルトの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1716
検索コンテンツ
1. シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)画像
日本大百科全書
修理のため積み荷を陸揚げしたとき、シーボルトの荷から、国外持ち出し禁制の品が出て、シーボルト事件が起こった。友人、弟子、通詞(つうじ)のなかに処罰される者が出た ...
2. シーボルト(Karl Theodor Ernst von Siebold)
日本大百科全書
。原生動物Protozoaの語もシーボルトによる。さらに、寄生虫の生活史の研究から、寄生虫が宿主の体の一部から生じるという考えを正した。幕末に来日したシーボルト ...
3. シーボルト[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
岩崎灌園(かんえん)画 1826年(文政9) 国立国会図書館所蔵 ...
4. シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)
世界大百科事典
用された。シーボルトの長崎滞在中の愛人其扇(そのぎ)との間にできた娘いねは,楠本いねといい,のち女医となった。彼の《江戸参府紀行》は《異国叢書》と《東洋文庫》に ...
5. シーボルト
日本国語大辞典
〔一〕(Karl Theodor Ernst von Siebold カール=テオドール=エルンスト=フォン─)ドイツの生理学者、動物学者。クラゲの発生、内臓 ...
6. シーボルト
日本人名大辞典
1846−1911 ドイツ人外交官。1846年8月16日オランダのライデン生まれ。P.F.シーボルトの長男。安政6年(1859)再来日の父とともに長崎にくる。文 ...
7. シーボルト
日本人名大辞典
ドイツ人外交官。1852年7月21日ドイツのボッパルト生まれ。P.F.シーボルトの次男。明治2年(1869)兄A.G.シーボルトにしたがい来日。オーストリア-ハ ...
8. シーボルト
日本人名大辞典
博物学をおしえ,日本の洋学発展につくす。11年国禁の地図の海外持ち出しが発覚し,国外追放となる(シーボルト事件)。帰国後「日本」「日本植物誌」などをあらわす。安 ...
9. シーボルト(しーぼると)[外國醫]
古事類苑
方技部 洋巻 第1巻 751ページ ...
10. シーボルト【Alexander Georg Gustav von Siebold】
国史大辞典
書翰集が外務省外交史料館に保存されている。 [参考文献]今井庄次『お雇い外国人』一二、ハンス=ケルナー『シーボルト父子伝』(竹内精一訳) (金井 圓)  ...
11. シーボルト【Heinrich Philipp von Siebold】
国史大辞典
日本石器時代やアイヌに関する論文がある。→考古説略(こうこせつりゃく) [参考文献]ハンス=ケルナー『シーボルト父子伝』(竹内精一訳)、Peter Pantze ...
12. シーボルト【Philipp Franz von Siebold】
国史大辞典
功業』、同『シーボルト先生』(『東洋文庫』一〇三・一一五・一一七)、板沢武雄『シーボルト』(『人物叢書』四五)、日独文化協会編『シーボルト研究』 (大鳥 蘭三郎 ...
13. シーボルト〔Alexander Georg Gustav〕
日本史年表
1911年〈明治44 辛亥〉 1・23 没。  ...
14. シーボルト〔Heinrich Philipp〕
日本史年表
1908年〈明治41 戊申〉 8・11 没。  ...
15. シーボルト〔Philipp Franz〕
日本史年表
オランダ商館医師ドイツ人 シーボルト 、長崎に着任(日本)。 1828年〈文政11 戊子〉 12・23 幕府、 シーボルト の日本国外への出立を禁じ、翌日奉行所 ...
16. シーボルト事件
日本大百科全書
江戸後期、ドイツ人医師シーボルトの国外追放事件。1828年(文政11)9月、オランダ商館付医官シーボルトが任期を終えて帰国しようとした際に、たまたま起こった暴風 ...
17. シーボルト事件
世界大百科事典
1828年(文政11)に起こった洋学者弾圧事件。オランダ商館付医員シーボルトは,1826年にオランダ商館長の江戸参府に随行し,江戸の洋学者と交流した。幕府天文方 ...
18. シーボルト‐じけん【─事件】
日本国語大辞典
文政一一年(一八二八)に起きた蘭学者処罰事件。シーボルト〔二〕が帰国の際、国禁の日本沿海実測図などの持出しが発覚、シーボルトは国外追放、門人をはじめ関係する蘭学 ...
19. シーボルトじけん【シーボルト事件】
国史大辞典
人心に相当の影響を与え、その意味で一時蘭学の発展を畏縮させた。 [参考文献]呉秀三『シーボルト先生其生涯及功業』、板沢武雄『シーボルト』(『人物叢書』四五)、中 ...
20. シーボルト先生 1 その生涯及び功業
東洋文庫
もって日本研究を推進し,悲劇的に追放された“巨人”シーボルトと,彼とともに刻苦して洋学に光をともした人びとの伝記。第1巻は,1から34,シーボルトの伝記,文政1 ...
21. シーボルト先生 2 その生涯及び功業
東洋文庫
わが国蘭学史研究の礎を築いた呉博士の大著の覆刻。熱意と才識をもって日本研究を推進し,悲劇的に追放された“巨人”シーボルトと,彼とともに刻苦して洋学に光をともした ...
22. シーボルト先生 3 その生涯及び功業
東洋文庫
もって日本研究を推進し,悲劇的に追放された“巨人”シーボルトと,彼とともに刻苦して洋学に光をともした人びとの伝記。最終第3巻は,70から78,シーボルトの門人, ...
23. シーボルト台風
日本大百科全書
死者は1万人に達した。シーボルトの名は、この台風により長崎の出島(でじま)付近に停泊していたオランダ商船コルネリス・ハウトマン号が難破し、その中のドイツ人医師シ ...
24. シーボルト台風
世界大百科事典
襲来時が著名であるが,日本の歴史に残るもっとも強い台風といわれるのがこのシーボルト台風である。もちろんその頃にシーボルト台風と名付けられたのではなく,後の気象災 ...
25. しーぼるとたくあと・なるたきじゅくあと【シーボルト宅跡・鳴滝塾跡】長崎県:長崎市/中川郷
日本歴史地名大系
、また日本研究家で知られるシーボルトの居宅兼塾舎の跡。あじさい屋敷とも称された。国指定史跡。文政六年(一八二三)オランダ商館医として来崎したP・F・B・V・シー ...
26. シーボルトにっぽん【シーボルト日本】
国史大辞典
富雄他著『シーボルト「日本」の研究と解説』の巻末に新たに「人名・地名索引」をつけた。邦訳には岩生成一監修『日本』(本文六冊・図録三冊)がある。 [参考文献]日独 ...
27. シーボルトノキ
日本大百科全書
果実は黒色の核果、ほぼ球形で径約4ミリメートル。中国中南部に分布し、長崎市鳴滝(なるたき)のシーボルト宅跡に植えられていたので、この名がついた。枝葉、果実から緑 ...
28. シーボルトの日本報告
東洋文庫
オランダ東インド総督府への報告や関連資料から明らかになるシーボルトの実像。商館長との軋轢や「事件」への対処が、野心的で熱心な青年博物学者の姿を浮き彫りにする。 ...
29. シーボルトミミズ
日本大百科全書
日本のミミズを最初に研究したホルストによって記載された種で、種名は、江戸時代に日本にきて採集したシーボルトの名にちなむ。日本のミミズ類中、最大級の1種で、体長4 ...
30. シーボルトミミズ
世界大百科事典
貧毛綱フトミミズ科の環形動物。大型な種類。P.F.vonシーボルトが日本で採集し,この標本をホーストR.Horstが1883年に発表した際にシーボルトに献名した ...
31. シーボルト一件申渡書(著作ID:2810164)
新日本古典籍データベース
しいぼるといっけんもうしわたししょ 記録  ...
32. 長崎での踏絵執行の図[図版]画像
国史大辞典
シーボルトの日本 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
33. 矢勃児験方録(著作ID:212806)
新日本古典籍データベース
しいぼるとけんぽうろく 斯勃盧篤験方録 失伊保児篤験方録 シーボルト験方録 志意保留土験方録 医学  ...
34. 小シーボルト蝦夷見聞記
東洋文庫
1878年(明治11),シーボルトの次男ハインリッヒは北海道に調査旅行を敢行した。当時のアイヌの生活と和人による開拓のようすをいきいきと伝える貴重な調査報告「蝦 ...
35. アイヌ
日本大百科全書
身につけて来日した学者たちの間で、アイヌの人種論、起源論が日本人種論とともに論争された。ドイツ人学者シーボルト父子は日本石器時代人アイヌ説を、アメリカ人学者モー ...
36. アイヌ語
世界大百科事典
《もしほ草》が成立。これは当時最大のアイヌ語辞書であるというばかりでなく,最上徳内を通じてシーボルトに紹介され,オーストリアのプフィッツマイヤーA.Pfizma ...
37. あおき-しゅうすけ【青木周弼】
日本人名大辞典
江戸時代後期の医師。享和3年1月3日生まれ。青木研蔵の兄。大坂,江戸で医学をまなび,長崎でシーボルトに入門。天保(てんぽう)10年長門(ながと)(山口県)萩(は ...
38. 青木周蔵自伝 147ページ
東洋文庫
午後二時伊公使「デ・マルチノ」〔Oo日日磐留目閃①暴88雲霞ぎo〕氏を、午後四時填代理公使「シーボルト」氏を外務省に引見し、条約書類を交付し其の主旨を演説するこ ...
39. 青木周蔵自伝 178ページ
東洋文庫
物となすべき旨を決定案に載せたるにも拘はらず、青木子は二十三年五月乃至六月の際、霜に男爵「シーボルト」氏を英国に派遣し、間接に「ソースベリ」侯に説きて不動産所有 ...
40. 青木周蔵自伝 222ページ
東洋文庫
於て「エス・エル・バアルチー」氏、「ガビンス」氏と日     本公使青木子爵井に「フォン・シーボルト」男爵との対話の覚書。  「パアルチー氏」曰く、   在東京 ...
41. 青木周蔵自伝 231ページ
東洋文庫
アレキサンデル・シ!ボルト。ドイツ人。幕末、長崎の鳴滝塾で日本人に医学を教えたフィリ  ップ・シーボルトの長子である。シーボルトは外務省雇となり、ベルリン公使館 ...
42. 青木周蔵自伝 354ページ
東洋文庫
文部顧問「ヘルマソ・テヒョー」、大蔵顧問「フォン・グラマツキー」、外務省雇の「アレキサンデル・シーボルト」など、日本絶対主義の体制づくりに助言を与えたお雇いドイ ...
43. 青木周弼(あおきしゅうひつ)
日本大百科全書
緒方洪庵(おがたこうあん)と同門であった。また弟の研蔵(1815―1870)を同行し長崎でシーボルトにも入門した。1839年(天保10)萩藩医となり、1842年 ...
44. あかしじょうか【明石城下】兵庫県:明石市
日本歴史地名大系
医学の方面においては、寛政一三年藩主の招きにより藩医となった眼科の蘭法医の高良斎、その甥で肥前長崎の鳴滝塾でシーボルトの教えを受け、高弟として眼科と外科で活躍し ...
45. あかばねおうせつしょ【赤羽応接所】
国史大辞典
。この時、支援にあたったヒュースケンは、赤羽から米公館へ帰る途次、浪士により殺されている。シーボルト父子が、文久元年(一八六一)五月から十月まで、宿泊したことも ...
46. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 202ページ
東洋文庫
発し二月仏国馬耳塞に着、三月を以て巴里に入った。此行には長崎駐在の仏国総領事ジュレー、英国公使館通訳シーボルトも同行して種々斡旋の労を執った。民部公子の一行にも ...
47. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 208ページ
東洋文庫
  二十四日、当国に在るシーボルトの別業に御遊行、日本国と名づけたり〇  二十五日、午後三時四十五分エッセンに御着、和・白国境なり、留学生五人は此所にて御暇賜は ...
48. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 257ページ
東洋文庫
産業分野にわたる近代企業確立に尽力、財界の大 御所として活躍した。子爵。シーボルト≧。惹巳RO8おO巨擘く8ω菩o年 〔天異i充=〕 有名なシーボルトの長男。安 ...
49. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 266ページ
東洋文庫
一夫〕 ドイツの日本学者。シーボルトについて日本語お よび東洋の研究に従事、政府の日本語通訳をつと め、ライデン大学正教授(天蓋)となり日本講座 を担当。シーボ ...
50. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 280ページ
東洋文庫
特派の軍艦バレンパン号によってはるばる将軍に贈った。この画策の蔭には日本の国情に精通していたシーボルトの運動があったことも特筆の要があろう(呉秀三著『シ1ボルト ...
「シーボルト」の情報だけではなく、「シーボルト」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

シーボルトと同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「シーボルト」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る