1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 井伊直弼
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
井伊直弼
いいなおすけ
一八一五 - 六〇
江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)などの号がある。五歳で母を失い、天保二年(一八三一)十七歳で父に死別したので、長兄の藩主直亮から三百俵を与えられ、城外の北の御屋敷に移り住んだ。同五年さる大名の養子の口があって、異母弟の直恭と江戸に出たが弟が選ばれ、翌年彦根に帰着した。江戸滞在中、『埋木舎(うもれぎのや)の記』を草し、北の御屋敷を埋木舎と名づけ、文武諸芸の修業に励んだ。居合術では奥義をきわめて一派を創立するほどの腕前となり、禅では清凉寺の仙英禅師より悟道の域に達したといわれた。石州流の茶道では、片桐宗猿について奥義をきわめて一派を立て、藩主になってから代表作『茶湯一会集』を著わした。同十三年十一月本居派の国学者長野義言(よしとき)とめぐりあい、義言と師弟の契りを結んで以来、国学の研究に没頭した。直亮の世子となっていた仲兄の直元が病死したので、弘化三年(一八四六)二月江戸に出て世子となり、十二月従四位下侍従に叙任、玄蕃頭を兼ねた。翌四年二月彦根藩は相州警備の幕命を受けたが、直弼は井伊家は京都守護の家柄と反発、爾来老中阿部正弘を快しとしなかった。嘉永三年(一八五〇)九月直亮が国許で没し、十一月二十一日遺領三十五万石を継いで十三代藩主となり、二十七日掃部頭を称した。直亮との間柄は冷たかったが、直弼は養父の遺志と称して金十五万両をあまねく領内の士民に分配し、翌四年六月初入部すると、直亮時代の弊政の一掃に着手した。同六年六月江戸から帰国した直後、米国使節ペリーが浦賀に来航したが、彦根藩は相州警備の任を果たして幕府から慰労された。ついで出府、幕府の諮問に答え、八月再度にわたり米国措置の意見書を提出したが、開国を主張する意見は、幕府参与に起用された水戸老侯徳川斉昭の意見と相容れないものであった。翌安政元年(一八五四)正月ペリーが再航すると、江戸城西湖間における斉昭と溜間詰大名との討議で、打払いを主張する斉昭と和平穏便論を唱える直弼ならびに佐倉藩主堀田正睦らとは激論し、この対立がのちの政局に大きな影響を与えた。前年十一月相州警備から羽田・大森警備に転じ、安政元年四月待望の京都守護を命ぜられた。斉昭との対立は、翌二年十月老侯の嫌悪する正睦を溜間詰から推して老中に就任させたことから抜き差しならぬものとなり、三家対溜間詰の対立へと発展していった。同四年八月出府して、米国総領事ハリスの上府に反対していた溜間詰大名の意見をくつがえし、十二月米国の要求を容れるべしとの意見を連署して幕府に提出した。このころから政治問題化した十三代将軍徳川家定の継嗣に関し、血統論を唱えて紀州慶福(よしとみ)を推し、南紀派の重鎮として、一橋慶喜(よしのぶ)を推す一橋派の福井藩主松平慶永・鹿児島藩主島津斉彬らと対立した。翌五年二月堀田正睦が条約勅許奏請のため上京すると、これに先立って長野義言を入京させて廷臣間に運動させ、関白九条尚忠を幕府支持に立たせ、内勅によって慶喜を将軍継嗣にしようとする一橋派の運動を阻止することを得たが、ついに勅許を得ることに失敗した。正睦が帰府してから三日後の四月二十三日、大老に就任。六月十九日井上清直・岩瀬忠震にハリスと日米修好通商条約に調印させたが、これに先立って反対派に違勅の罪を責められると調印の中止を諫言した宇津木六之丞に対し、兵端を開かず、国体を恥かしめないためにもその罪は甘受するといい、また二十四日の三家の押掛け登城にも動ぜず、二十五日慶福(のち将軍家茂)を将軍継嗣とする旨を公表した。朝廷より三家・大老のうち一人上京すべき勅諚が下ったが、老中間部詮勝を上京させることにし、またこの前後、京都の情勢を好転させるために、二回にわたり長野義言を上京させた。しかるに八月八日密勅が水戸藩に降下し、ついで九条関白が排斥されて辞職のやむなきに至ると、ついに義言の誇張潤色した報道に惑わされ、反対派の運動を水戸藩の陰謀と信じ、九月近藤茂左衛門・梅田雲浜の逮捕を契機に安政の大獄を断行、翌六年にかけて反対派の諸侯・有司・志士を厳罰したほか、累を宮・堂上とその家臣に及ぼしたが、条約の勅許を得るに至らなかった。大獄では水戸藩への処罰が最も厳しく、さらに同六年十二月、水戸藩に降下した密勅の返納を迫ったため、同藩激派を激昂させ、ついに万延元年(一八六〇)三月三日、水戸浪士を中心とする十八士に桜田門外で襲われて暗殺された。年四十六。井伊家では幕命によって喪を秘し、同月三十日大老を免ぜられ、閏三月三十日発喪、四月十日荏原郡世田谷の豪徳寺に埋葬。法名宗観院殿柳暁覚翁大居士。のち文久二年(一八六二)十一月幕府から安政五年以降の失政を追罰されて十万石削減された。→安政の大獄(あんせいのたいごく),→桜田門外の変(さくらだもんがいのへん),→将軍継嗣問題(しょうぐんけいしもんだい)
[参考文献]
『井伊家史料』(『大日本維新史料』類纂之部)、井伊正弘編『(井伊家史料)幕末風聞探索書』、『彦根市史』中、『井伊家秘書集録』、『公用方秘録』、島田三郎『開国始末井伊掃部頭直弼伝』、中村勝麻呂『井伊大老と開港』、同『(至誠之人)井伊大老』、岩崎重英『(維新前史)桜田義挙録』、吉田常吉『井伊直弼』(『人物叢書』一一三)
(吉田 常吉)


日本大百科全書(ニッポニカ)
井伊直弼
いいなおすけ
[1815―1860]

江戸末期の幕府の大老。彦根(ひこね)藩第13代藩主。日米修好通商条約を違勅調印し、安政(あんせい)の大獄の中心人物。桜田門外で暗殺された。文化(ぶんか)12年12月29日、彦根藩35万石の第11代城主直中(なおなか)の十四男として彦根城内に生まれる。母は側室お富の方(江戸麹町隼(こうじまちはやぶさ)町伊勢屋(いせや)十兵衛の女(むすめ))。父50歳、母31歳のときの子で、直中はすでに家督を直亮(なおあき)(三男、第12代藩主)に譲っていたから、両親の愛を一身に集めて成長した。1831年(天保2)17歳の直弼は、井伊家の家風に従って、藩から300俵の宛行扶持(あてがいぶち)をもらい、彦根城中の槻(けやき)御殿を出て、第三郭の尾末町(おすえまち)の北の御屋敷に移った。この北の御屋敷を埋木舎(うもれぎのや)と名づけ、1846年(弘化3)直亮の養子となるまでの15年間、ここで部屋住みの生活をした。この埋木舎は「これ世を厭(いと)ふにもあらず、はた世を貪(むさぼ)るごときかよわき心しおかざれば、望み願ふこともあらず、たゞうもれ木の籠(こも)り居て、なすべき業(わざ)をなさましとおもひ設け」(埋木舎の記)たものであった。この埋木舎時代に「なすべき業」として、直弼は禅、居合(いあい)、兵学、茶道(代表作『茶湯一会集(いちえしゅう)』あり)など教養を積んだ。さらに国学者長野義言(よしとき)(通称主馬(しゅめ)、のち主膳(しゅぜん)、号を桃廼舎(もものや))に師事し、国学、歌道、古学などを学び、また彼を重用した。
 1850年(嘉永3)直亮の死去により直弼は彦根藩を襲封、掃部頭(かもんのかみ)と称した。ときに数え年36歳。1853年のペリー来航以降、外圧によって幕藩体制は揺らぎ、翌1854年(安政1)の日米和親条約で幕府の「祖法」としての鎖国体制は崩れ始めた。開国政策をとった老中堀田正睦(ほったまさよし)(佐倉藩主)は溜間詰(たまりのまづめ)大名に支持されたが、これらの譜代(ふだい)大名を牛耳(ぎゅうじ)っていたのが直弼であり、攘夷(じょうい)主義をとった徳川斉昭(なりあき)(1800―1860)以下、松平慶永(よしなが)(春嶽。越前(えちぜん)藩主)、島津斉彬(なりあきら)(薩摩(さつま)藩主)らによって代表される大廊下詰(おおろうかづめ)家門(かもん)大名、大広間詰外様(とざま)大名としだいに対立するに至った。この対立は第13代将軍徳川家定(いえさだ)の継嗣(けいし)問題と絡んでいっそう先鋭となり、家門・外様大名一派(一橋(ひとつばし)派)が、「年長、英明、人望」を将軍継嗣の原則として一橋慶喜(よしのぶ)(斉昭第7子)を担いだのに対し、直弼ら譜代大名の派(南紀派)は、「皇国の風儀」と「血脈」を強調して紀州藩主徳川慶福(よしとみ)(のち家茂(いえもち))を推した。
 1858年(安政5)直弼は大老に就任、将軍継嗣には慶福を決定し、さらに勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印した。継嗣問題に敗れた一橋派は違勅調印を理由に一斉に井伊攻撃に立ち上がり、ここに反幕運動としての尊攘運動に火がついた。幕府の危機をみてとった直弼は徹底した弾圧策をとり、翌1859年にかけていわゆる安政の大獄を引き起こした。直弼の論理は大政委任を受けた幕府が「臨機の権道」をとるのは当然で、「勅許を待(また)ざる重罪は甘んじて我等(われら)壱人に受候決意」(公用方秘録)というにあった。しかし、直弼のこの弾圧政策は、1860年(万延1)3月3日の桜田門外の変として彼の横死を招いたのである。井伊直弼の評価は「不忠の臣」とか「開国の恩人」など、時代によって大きく振幅がある。
[田中 彰]



世界大百科事典
井伊直弼
いいなおすけ
1815-60(文化12-万延1)

江戸末期の大老,彦根藩主。掃部頭と称した。1850年(嘉永3),長兄直亮の死により13代彦根藩主となった。この時期の幕政の重要問題は,開国の可否と将軍継嗣問題とであった。直弼は鎖国の維持を望んでいたが,外国と戦って鎖国を守りぬくことが不可能である以上,当面は開国せざるをえないという立場に立った。53年(嘉永6)にペリーが来航した直後に,幕府の諮問にこたえて,積極的に商船を海外に派遣し国威を示すことが皇国の安泰の道であるという意見書を出し,58年(安政5)1月,老中堀田正睦(まさよし)に日米修好通商条約の調印はやむをえないという意向を伝えたのも,そのためであった。この点で攘夷論を主張し続けた徳川斉昭(なりあき)とは,意見を異にしていた。将軍継嗣問題は,1853年10月,徳川家定が13代将軍となったときから表面化した。直弼を中心とする譜代大名は,家定の継嗣として紀州藩主徳川慶福(よしとみ)(のち家茂(いえもち))を推し,斉昭は雄藩の諸大名とともに一橋慶喜を推した。両派は激しく争ったが,58年初め,斉昭らは朝廷に働きかけて継嗣を慶喜に定めるとの勅命を得ようとし,幕府の条約勅許奏請の運動を妨害した。このような情勢下に,58年4月23日,直弼は大老に就任し,6月19日には勅許を得られないままに日米修好通商条約に調印し,25日には慶福を将軍継嗣と定めた。また,これに反対した斉昭,徳川慶恕,松平慶永に謹慎を命じ,徳川慶篤と一橋慶喜を登城禁止とした。8月8日,幕府の条約調印は遺憾であるという内容の勅諚が水戸藩へ下った(戊午(ぼご)の密勅)。これが前例になると幕府の存在は有名無実になると考えた直弼は,この降勅を画策した反対派の勢力に,徹底した弾圧を加えることを決意した。この弾圧が58年9月から59年10月にわたった〈安政の大獄〉である。公卿とその家臣,大名とその家臣,幕臣,尊攘派の志士など処罰者は100人をこえ,吉田松陰など7人の刑死者を出した。とくに厳しい弾圧をうけた水戸藩では,直弼への反感が強まり,60年3月3日,直弼は江戸城桜田門外で水戸浪士らに登城途中を襲撃され殺害された(桜田門外の変)。直弼は,国学,古学,兵学,居合,茶道,和歌などにも,すぐれた才能を発揮した。とくに茶道は,石州流を学んでみずから一派を立て,著書に《茶湯一会集》《閑夜茶話》があり,茶道の号を宗観という。また歌集《柳廼四附(やなぎのしずく)》がある。
[小野 正雄] 桜田門外の変を舞台化することは江戸期には法的に禁じられていたが,河竹黙阿弥の手で,曾我の世界に脚色,雪中に曾我兄弟が祐経の乗物に近づく趣向を構え《蝶千鳥須磨組討(ちようちどりすまのくみうち)》(1863年2月,江戸市村座)として上演したが中止を命じられた。明治初年には解禁となり歌舞伎化も試みられたが,史実を劇化するには1920年7月東京歌舞伎座の《井伊大老の死》(中村吉蔵作)をまたねばならなかった。この作では社会劇的な歴史劇として,幕府崩壊期に苦悩しつつ自己の政策を断行する宰相直弼が形象化された。以下,《井伊大老》(1953年10月,東京明治座,北条秀司作)や《花の生涯》(1958年10月,東京新橋演舞場,舟橋聖一原作・北条誠脚色)などがあり,側室静の方もしくは長野主膳の愛人たか女らとともに人間的な側面をも描出したが,51年のサンフランシスコ講和条約・日米安保条約調印の時代が作品の背後にあったことも見落とせない。
[小池 章太郎]

[索引語]
井伊掃部頭 将軍継嗣問題 安政の大獄 桜田門外の変 蝶千鳥須磨組討(ちようちどりすまのくみうち) 井伊大老の死 中村吉蔵 井伊大老 花の生涯
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
井伊直弼の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 437
検索コンテンツ
1. 井伊直弼画像
日本大百科全書
直弼のこの弾圧政策は、1860年(万延1)3月3日の桜田門外の変として彼の横死を招いたのである。井伊直弼の評価は「不忠の臣」とか「開国の恩人」など、時代によって ...
2. 井伊直弼
世界大百科事典
1815-60(文化12-万延1) 江戸末期の大老,彦根藩主。掃部頭と称した。1850年(嘉永3),長兄直亮の死により13代彦根藩主となった。この時期の幕政の重 ...
3. いい‐なおすけ【井伊直弼】
日本国語大辞典
幕末の政治家。彦根藩主。掃部頭(かもんのかみ)。安政五年(一八五八)大老となり、勅許なしで日米修好通商条約の調印を断行。さらに徳川第一三代将軍家定の後継者に慶福 ...
4. いいなおすけ【井伊直弼】
国史大辞典
中村勝麻呂『井伊大老と開港』、同『(至誠之人)井伊大老』、岩崎重英『(維新前史)桜田義挙録』、吉田常吉『井伊直弼』(『人物叢書』一一三) (吉田 常吉)  ...
5. 井伊直弼
日本史年表
戊午〉 4・23( 6・4 ) 彦根藩主 井伊直弼 、大老就任(続実紀)。 1860年〈万延元(3・18) 庚申③〉 3・3( 3・24 ) 大老井伊直弼、桜田 ...
6. 井伊直弼(いいなおすけ)
古事類苑
官位部 洋巻 第3巻 165ページ ...
7. いい-なおすけ【井伊直弼】
日本人名大辞典
1815−1860 幕末の大名。文化12年10月29日生まれ。井伊直中(なおなか)の14男。兄直亮(なおあき)のあと,嘉永(かえい)3年近江(おうみ)(滋賀県) ...
8. いいなおすけ【井伊直弼】
日本架空伝承人名事典
江戸末期の大老、彦根藩主。掃部頭(かもんのかみ)と称した。一八五〇年(嘉永三)、長兄直亮の死により一三代彦根藩主となった。この時期の幕政の重要問題は、開国の可否 ...
9. 井伊直弼[文献目録]
日本人物文献目録
』藤沢衛彦『井伊直弼朝臣卒去後七十年を偲ぶ』平井直『井伊直弼をめぐる謎の人物 長野主膳と村山たか女』吉田常吉『井伊直弼侯逸事』鳥谷部紹胤『井伊直弼と石炭の記録』 ...
10. 桜田門外の変(井伊直弼襲撃の図)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1860年(安政7)3月3日朝、雪のなか登城する大老井伊直弼(いいなおすけ)を18名の水戸・薩摩両藩士が江戸城桜田門外で襲った場面を描いたもの。月岡芳年(つきお ...
11. あおき-ちえだ【青木千枝】
日本人名大辞典
文政3年8月24日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。山本昌蔭(まさかげ),長野主膳にまなび,藩主井伊直弼(なおすけ)の命で嘉永(かえい)7年藩校弘道(こ ...
12. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 272ページ
東洋文庫
九一茜〕 播磨竜野藩主、 淡路守。寺社奉行、京都所司代をへて安政四年 (一八毫)老中となり、井伊直弼の幕閣に列し、主 として外国事務にたずさわった。万延元年(天 ...
13. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 290ページ
東洋文庫
得策としたのである。 このような日蘭、日米の国際関係の転換とともに幕政内部においても、通商条約の調印を行った井伊直弼政権の失政、万延元年(一八六〇)三月の瓦解で ...
14. あたごじんじや【愛宕神社】東京都:港区/旧芝区地区/芝愛宕町一丁目地図
日本歴史地名大系
戸名所図会)。境内東側には門前町屋(芝愛宕門前)がある(寺社書上)。万延元年(一八六〇)大老井伊直弼を襲撃した水戸浪士たちの集合場所とされた(東京市史稿・港区史 ...
15. あべ-せいべえ【阿部清兵衛】
日本人名大辞典
藩士。天保(てんぽう)14年藩校明倫堂教授,ついで藩の督学兼侍読となる。安政の大獄の際,大老井伊直弼(なおすけ)と対立した藩主徳川慶勝(よしかつ)の隠居とともに ...
16. あべまさひろ【阿部正弘】
国史大辞典
密な接触を保った。しかし正弘が斉昭の意見をいれて、松平乗全・同忠固の二老中を罷免したことは、井伊直弼を指導者とする溜間詰大名との関係を悪化させた。そこで安政二年 ...
17. アメリカ彦蔵自伝 2 279ページ
東洋文庫
◇この間に、ブルック大尉と知り合う。◇中国にてアロー戦争。清国は英仏連合軍に敗北し、天津条約を結ぶ。◇井伊直弼が大老となる。 ◇ジョセフ・ヒコとして、日系アメリ ...
18. 有村次左衛門
世界大百科事典
水戸藩士高橋多一郎らと安政の大獄に反発して尊王攘夷の義兵を挙げようと謀り,その手初めに1860年3月3日大老井伊直弼を桜田門外に要撃してその首をあげたが,重傷の ...
19. ありむらじざえもん【有村次左衛門】
国史大辞典
幕府除奸および尊攘義挙を謀り、万延元年(一八六〇)三月三日水戸脱藩士佐野竹之介ら十余人と大老井伊直弼を桜田門外に要撃した。彼は行列の中央に突進し直弼を輿から引き ...
20. ありむら-じざえもん【有村次左衛門】
日本人名大辞典
薩摩(さつま)鹿児島藩士。兄雄助と脱藩し江戸で尊攘(そんじょう)運動に参加。安政7年3月3日水戸藩士らと大老井伊直弼(なおすけ)を桜田門外で襲撃,この際重傷をお ...
21. ありむら-ゆうすけ【有村雄助】
日本人名大辞典
海江田(かえだ)信義の弟。薩摩(さつま)鹿児島藩士。弟次左衛門と脱藩し江戸で尊攘(そんじょう)運動に参加。大老井伊直弼(なおすけ)襲撃計画に参画したが決行にはく ...
22. 安政五か国条約
日本大百科全書
鎖国攘夷(じょうい)の方向をとりつつあった朝廷は、条約案に対する勅許を容易に与えず、この間、大老に就任した井伊直弼(いいなおすけ)は、ハリスの要請に屈し、独断を ...
23. あんせい の 仮条約(かりじょうやく)
日本国語大辞典
アメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスの五か国と順次に結んだ修好通商条約の総称。大老井伊直弼(なおすけ)が勅許を得ずに締結したため、尊王攘夷運動が激化し ...
24. あんせい の 大獄(たいごく)
日本国語大辞典
安政五年(一八五八)大老井伊直弼(なおすけ)が、尊王攘夷派に対して行なった大弾圧。日米通商条約を勅許を得ないで調印したことや、将軍の後継者を家茂(いえもち)に定 ...
25. 安政の大獄画像
日本大百科全書
1858年(安政5)江戸幕府の大老井伊直弼(いいなおすけ)による尊攘運動(そんじょううんどう)への弾圧事件。幕末の尊攘運動に一時期を画した政治的事件である。18 ...
26. 安政の大獄
世界大百科事典
1858年(安政5)から翌59年にかけて,大老井伊直弼(なおすけ)が井伊の政治に批判的であった公卿,大名,幕臣,志士などに対しておこなった弾圧である。多数の逮捕 ...
27. あんせいのたいごく【安政の大獄】
国史大辞典
安政五戊午年(一八五八)から翌年にかけて、大老井伊直弼が将軍継嗣・条約調印の二問題に反対した尊攘派に下した弾圧。戊午の大獄ともいう。十三代将軍徳川家定は凡庸な ...
28. あんどうくぜせいけん【安藤・久世政権】 : 文久・慶応期
国史大辞典
〔安藤・久世政権〕 井伊直弼が暗殺されてのち、安藤信睦(信正)と久世広周が幕政を担当した。安藤・久世政権は、一方では軍政・財政政策をすすめ幕府権力強化を計った ...
29. 安藤信正
日本大百科全書
1860年(万延1)正月、若年寄から老中に昇任、外国事務取扱となる。大老井伊直弼(なおすけ)のもとで、一橋(ひとつばし)派を押さえ、同年3月、井伊直弼の横死後、 ...
30. 安藤信正
世界大百科事典
1847年(弘化4)藩主となる。51年(嘉永4)寺社奉行となり,若年寄を経て60年(万延1)老中となった。大老井伊直弼の死後,久世広周(ひろちか)と共に幕府政治 ...
31. あんどう‐のぶまさ【安藤信正】
日本国語大辞典
幕末の老中。磐城平藩主。大老井伊直弼(なおすけ)の暗殺後、公武合体を進め、和宮(かずのみや)の降嫁を実現した。文久二年(一八六二)江戸城坂下門外で尊王攘夷派の浪 ...
32. あんどうのぶまさ【安藤信正】
国史大辞典
同五年八月若年寄となり、翌六年八月安政の大獄に連坐して幕譴を蒙った水戸藩を督することになり、大老井伊直弼の意を受けて同藩に降下した戊午の密勅の返納を迫り、翌万延 ...
33. あんどう-のぶまさ【安藤信正】画像
日本人名大辞典
弘化(こうか)4年父の跡をつぎ,陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主安藤家5代となる。安政7年老中となり,井伊直弼(いい-なおすけ)の死後は老中筆頭として,久世広周( ...
34. 井伊掃部頭
日本大百科全書
井伊直弼 ...
35. いい-そうかん【井伊宗観】
日本人名大辞典
井伊直弼(いい-なおすけ) ...
36. いい‐たいろう[ゐいタイラウ]【井伊大老】
日本国語大辞典
〓「いい(井伊)」の子見出し「井伊直弼」 ...
37. いいたいろう【井伊大老】
歌舞伎事典
 戯曲。二幕四場。北条秀司作。昭和二八(1953)年東京・明治座新国劇で、井伊直弼=辰巳柳太郎、長野主膳=島田正吾で初演、三年後に歌舞伎俳優によっても上演され、 ...
38. いいたいろう‐もの[ゐいタイラウ‥]【井伊大老物】
日本国語大辞典
〔名〕幕末の政治家、井伊直弼(いいなおすけ)を主人公にした戯曲などの総称。中村吉蔵作「井伊大老の死」(大正九年初演)など。イイタイローモノ ...
39. いいだただひこ【飯田忠彦】
国史大辞典
のち赦されて京都深草村(京都市伏見区谷口)に隠棲した。文久元年(一八六一)五月十四日、桜田門の井伊直弼襲撃に関係ありとして再び捕えられ、宿預りになったが、五月二 ...
40. いい-なおあき【井伊直亮】
日本人名大辞典
1794−1850 江戸時代後期の大名。寛政6年6月11日生まれ。井伊直中(なおなか)の3男。井伊直弼(なおすけ)の兄。文化9年近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主 ...
41. いい-なおただ【井伊直忠】
日本人名大辞典
1881−1947 明治-昭和時代前期の華族。明治14年5月29日生まれ。井伊直弼(なおすけ)の孫。井伊直憲(なおのり)の次男。伯爵。能楽書,能衣装などの収集に ...
42. いい-なおのり【井伊直憲】
日本人名大辞典
1848−1904 幕末-明治時代の大名,華族。嘉永(かえい)元年4月20日生まれ。井伊直弼(なおすけ)の次男。桜田門外で暗殺された父のあと,万延元年近江(おう ...
43. いい-なおやす【井伊直安】
日本人名大辞典
1851−1935 幕末-昭和時代前期の大名,華族。嘉永(かえい)4年2月11日生まれ。井伊直弼(なおすけ)の3男。井伊直充(なおあつ)の養子。文久2年越後(え ...
44. いいのや【井伊谷】
国史大辞典
静岡県浜名湖の東北方、都田川の支流域にある地名。引佐郡引佐町。井伊直弼で有名な彦根藩井伊氏の故地。律令制下でいう渭伊(いい)郷はここにあたると考えられている。 ...
45. 井伊文子[琉球国最後の国王尚泰のひ孫の歌人、死去]
イミダス 2018
1917年、東京生まれ。旧琉球王家尚昌の長女。34年、女子学習院本科卒業。37年、幕末の大老井伊直弼のひ孫で、彦根市長を9期務めた故・直愛氏と結婚した。佐佐木信 ...
46. いおはら-ともよし【庵原朝儀】
日本人名大辞典
昌(ともまさ)の長男。家老庵原朝成(ともなり)の養子。嘉永(かえい)4年第二家老となり,藩主井伊直弼(なおすけ)を補佐,湖東(ことう)焼の御用掛もつとめる。直弼 ...
47. いたくら-かつきよ【板倉勝静】
日本人名大辞典
の養子。嘉永(かえい)2年備中(びっちゅう)(岡山県)松山藩主板倉家7代となる。安政の大獄で井伊直弼(なおすけ)に反対して寺社奉行を罷免される。文久元年復職,2 ...
48. 一期一会
日本大百科全書
亭主ヲ敬(うやま)ヒ畏(かしこまる)ベシ」とあるのを初見とし、『南方録』の「一座一会」に継承される。さらに、井伊直弼(なおすけ)は『茶湯一会集』で「一期一会」の ...
49. 一期(いちご)一会(いちえ)
故事俗信ことわざ大辞典
千利休の言葉として見られる「一期に一度の会」が典拠とされる。幕末の大名で茶道石州流の茶人としても知られる井伊直弼は、その著を「茶湯一会集」と名付け、「一期一会」 ...
50. いなだ-じゅうぞう【稲田重蔵】
日本人名大辞典
え,のち郡奉行金子孫二郎のもとで郡吏をつとめる。安政7年3月3日金子らと江戸城桜田門外に大老井伊直弼(いい-なおすけ)を襲撃し討ち死に。47歳。名は正辰。 ...
「井伊直弼」の情報だけではなく、「井伊直弼」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

井伊直弼と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「井伊直弼」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る