1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 勝海舟
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
勝海舟
かつかいしゅう
一八二三 - 九九
幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男として生まれる。天保九年(一八三八)家督相続。剣術修行に専念し、同十四年ごろ免許皆伝。同じころ西洋兵術の勉強を始め、弘化二年(一八四五)ごろから永井青崖について蘭書を読んだ。嘉永三年(一八五〇)赤坂田町中通に蘭学塾を開き、また諸藩の依頼を受けて鉄砲・大砲を鋳造した。嘉永六年のペリー来航に際して幕府に海防意見書を提出、安政元年(一八五四)に目付海防掛となった大久保忠寛の知遇を得た。安政二年正月、下田取締掛手付として蕃書翻訳勤務を命じられ、続いて七月、海軍伝習のために長崎に派遣された。足かけ五年の伝習によって、知識・技術ともに第一人者となった海舟は、万延元年(一八六〇)日米通商条約批准使節派遣の機会に咸臨丸を指揮して太平洋を横断、アメリカ社会を実地に見た。帰国すると、蕃書調所頭取助・軍艦操練所頭取などを経て、文久二年(一八六二)閏八月、幕政大改革人事の一環として軍艦奉行並に昇進、政事総裁職松平慶永やそのブレーン横井小楠らの雄藩連合による国内統一方針と同じ路線を歩んだ。同三年にかけて幕府要人を乗せて江戸―大坂間を往復、また将軍徳川家茂や姉小路公知に大坂湾の防備体制を見せた。元治元年(一八六四)五月、軍艦奉行・安房守、前年将軍から許可を得ていた神戸海軍操練所を開き、幕臣だけでなく諸藩の学生や坂本竜馬など脱藩志士も教育した。九月、西郷隆盛と会い倒幕の暗示を与える。十一月、軍艦奉行を罷免され寄合。慶応二年(一八六六)五月、軍艦奉行に復任、上坂して第二次長州征伐をめぐる薩摩と幕府側との紛争を調停、また九月には宮島で長州と停戦交渉をした。このころ小栗忠順らの幕府中心の統一国家構想に反対して幕府が政権を投げ出すことによる新国家樹立を構想しているが、新たに将軍となった徳川慶喜は受け入れない。明治元年(一八六八)鳥羽・伏見の戦で敗れた慶喜から後始末を依頼されると、三月、西郷隆盛に内戦の不利を説いて江戸攻防戦阻止に成功した。この年、徳川家の駿府移転に従って移住したが、新政府からしばしば呼び出され、明治二年には外務大丞や兵部大丞を命じられたがいずれも辞した。しかし版籍奉還や廃藩置県については相談にあずかっている。同五年東京へ帰住、五月、海軍大輔。翌六年三月、島津久光呼出しのため鹿児島に赴く。十月征韓論大分裂直後に参議兼海軍卿。八年四月免官、同時に元老院議官に任じられたが固辞し続けて十一月に至り免官となった。これで官途を離れたわけだが、政界の陰の相談役として重要な地位を保ち、また徳川家の後見人格として当主家達や隠居の慶喜、さらに旧幕臣たちの面倒をみた。二十年五月伯爵、二十一年四月枢密顧問官。同三十二年一月十九日死去。七十七歳。東京府荏原郡馬込村(大田区)南千束の洗足池畔における別荘の一角に葬る。法名は大観院殿海舟日安大居士。『開国起原』『吹塵録』など著書・編著書は多く、それぞれ生前に刊行されたが、また昭和四年(一九二九)に『海舟全集』全十巻が完成した。なお、近年『勝海舟全集』二種が編纂され、一種は完結し(全二十一巻別巻二巻)、他の一種は刊行中である。
[参考文献]
松浦玲『勝海舟』(『中公新書』一五八)、石井孝『勝海舟』(『人物叢書』一七一)
(松浦 玲)


日本大百科全書(ニッポニカ)
勝海舟
かつかいしゅう
[1823―1899]

幕末期の開明的な幕臣。文政(ぶんせい)6年1月30日、石高41石余の貧乏旗本勝家に生まれる。通称麟太郎(りんたろう)、名は義邦(よしくに)、のち安芳(やすよし)と改名。海舟と号し、安房守(あわのかみ)と名のった。勝家は、父小吉(こきち)が婿養子になる形で同家の旗本株を買ったもの。小吉の生家である旗本男谷(おたに)家も、金貸しを営んでいた小吉の祖父男谷検校(けんぎょう)が、小吉の父のために買ったものであった。しかも父小吉が無役であり、市井(しせい)のなかで無頼の生活を送っていた関係で、周辺には庶民の雰囲気があった。剣は島田虎之助(とらのすけ)(直心影流(じきしんかげりゅう))に学び、その代稽古(だいげいこ)を勤めるほどになったが、島田の勧めで西洋兵学に志した。その勉強ぶりは有名で、入手しにくい蘭書(らんしょ)をその所有者の家に毎夜、半年間通って書写したという。こうして1850年(嘉永3)から自宅で蘭学塾を開くようになり、1855年(安政2)には大久保忠寛(ただひろ)(一翁(いちおう))に推挙されて蕃書(ばんしょ)翻訳所に出仕した。同年さらに海軍伝習生頭役(とうやく)として長崎の海軍伝習所に赴き、オランダ士官より航海術の訓練を受けた。3年後江戸に帰り軍艦操練所教師方頭取となり、1860年(万延1)には日米修好通商条約批准使節の新見正興(しんみまさおき)に随従して、咸臨丸(かんりんまる)で太平洋を横断することとなった。
 日本人だけの太平洋横断を指揮し、アメリカで近代を見聞してきた海舟が、倒れかかった幕府で近代海軍を建設する仕事にとりかかる。帰国後各職を歴任し、1862年(文久2)軍艦奉行並(ぶぎょうなみ)として神戸に海軍操練所を設け、幕臣だけでなく、坂本龍馬(りょうま)や龍馬に誘われた志士たちなどを含めて広く人材を集めた。2年後、海舟は免職になり操練所は閉鎖されるが、この間木戸孝允(たかよし)や西郷隆盛(たかもり)らと接触があり、彼らに影響を与えている。ところが1866年(慶応2)敗北した第二次幕長戦争(長州征伐)の跡始末のために登用されるが、フランスと手を組む幕府中心の主戦的な流れから孤立していく。海舟には、幕府よりも日本の国家統一を重視する考え方があったからであろう。戊辰(ぼしん)戦争で江戸が新政府軍に囲まれたとき、主戦派の幕臣をなだめ、新政府側の西郷隆盛と会談して江戸の無血開城を実現させたことは、こうした海舟の見識の結果であって、日本を外国の干渉から救うことをも意味した。
 維新後は、しばらく新政府の誘いを断って静岡(駿府(すんぷ))に退いていたが、1869年(明治2)兵部大丞(ひょうぶだいじょう)に就任してから、海軍大輔(たいふ)、参議兼海軍卿(きょう)を歴任し、のち元老院議官、枢密院顧問官となり、伯爵になっている。旧幕臣で新政府に出仕したのが珍しかったためか、福沢諭吉に「痩我慢(やせがまん)の説」で非難された。しかし余生は、旧幕府の歴史の著述に使っており、『海軍歴史』『陸軍歴史』『吹塵録(すいじんろく)』などが知られている。また海舟の談話筆記である『氷川清話(ひかわせいわ)』と『海舟座談』は、海舟の生い立ちや考え方を知るにはよい材料である。明治32年1月19日没。墓所は、別邸「洗足軒(せんぞくけん)」のあった東京都大田区洗足池畔。
[池田敬正]



世界大百科事典
勝海舟
かつかいしゅう
1823-99(文政6-明治32)

幕末・明治の政治家。下級幕臣勝小吉の長男で通称麟太郎,名は義邦,海舟は号。幼少のころ将軍徳川家斉の孫初之丞の相手をつとめたが,その死によって微禄御家人の生活に戻り,島田虎之助について剣術をきわめ,ついで島田のすすめで蘭学により西洋兵学を身につけた。蘭学の師は永井青崖。本所に育ったが,蘭学修学の便のため赤坂に移り,1850年(嘉永3)赤坂田町に兵学塾を開いた。ペリー来航後しばしば上書してその識見を幕府有司に知られ,55年(安政2)初頭の海防掛視察団に加わって伊勢および大坂湾一帯の防備体制を調査,ついで同年から長崎ではじまる海軍伝習に幹部学生として派遣された。59年帰府すると軍艦操練所教授方頭取,翌60年(万延1)には咸臨丸を指揮して太平洋を横断,サンフランシスコでアメリカ社会を見てきた。62年(文久2)軍艦奉行並に昇進,軍制改正の議につらなり,また老中らを軍艦で大坂へ運ぶ。63年将軍家茂の大坂湾視察を案内して神戸海軍操練所設立の許可をもらい,諸藩士や坂本竜馬ら脱藩浪士の教育にあたった。64年(元治1)正規の軍艦奉行に進み安房守を称したが,同年11月浪人庇護をとがめられて免職,翌年3月に神戸操練所も廃止となった。この時期,日本・朝鮮・清国三国同盟の構想をもっていたが,実現の機をつかめなかった。66年(慶応2)幕府の第2次征長戦が難航したため軍艦奉行に復職,安芸の宮島に出張して長州藩との停戦交渉に成功したが,政策決定の主体を雄藩代表らの合議体に移そうとする構想が最後の将軍となる徳川慶喜と対立,江戸に戻って軍艦奉行の日常業務にたずさわるうちに京都の政局は68年鳥羽・伏見の戦まで進む。幕府でなくなった徳川の新体制のもとで海舟は海軍奉行並から陸軍総裁,さらに軍事取扱となって東征軍にたちむかい,江戸総攻撃予定日の前夜,西郷隆盛と会見し,薩摩藩や長州藩が存続するかぎり徳川も藩として生き残る権利があるとの主張を認めさせ,無血開城への道を開いた(江戸開城)。同年,徳川家に従って駿府に移住,69年(明治2)安芳と改名。しばらく東京~静岡間を往復し新旧両政権間の事務引継ぎ,新政権への意見具申につとめたが72年海軍大輔就任とともに東京永住の態勢を固めた。73年の政府大分裂には関係せず,事件後空席を埋めて参議兼海軍卿に進んだが,西郷には深い同情をもち,西郷の真意は征韓論ではないと晩年まで主張し続けた。75年元老院議官に転じたが,同年それも辞任,以後10年余は野にあって,旧幕臣の生活救済につとめ,また逆賊となった西郷の名誉回復に心を配った。87年伯爵,88年枢密顧問官となって,再び活発な意見陳述を開始,清国との敵対や朝鮮への出兵には終始反対,日清戦争に批判的だった。足尾鉱毒問題では廃山のほかはないと言い切っている。87年から《吹塵録》《海軍歴史》《陸軍歴史》《開国起原》など,旧幕時代の記録を編集・刊行した功績も大きい。
[松浦 玲]

[索引語]
勝小吉 勝麟太郎 勝義邦 西郷隆盛 勝安芳
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
勝海舟の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 380
検索コンテンツ
1. 勝海舟画像
日本大百科全書
幕末期の開明的な幕臣。文政(ぶんせい)6年1月30日、石高41石余の貧乏旗本勝家に生まれる。通称麟太郎(りんたろう)、名は義邦(よしくに)、のち安芳(やすよし) ...
2. 勝海舟[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー ...
3. 勝海舟
世界大百科事典
1823-99(文政6-明治32) 幕末・明治の政治家。下級幕臣勝小吉の長男で通称麟太郎,名は義邦,海舟は号。幼少のころ将軍徳川家斉の孫初之丞の相手をつとめたが ...
4. かつ‐かいしゅう【勝海舟】
日本国語大辞典
幕末、明治の政治家。名は義邦。のち安芳。通称、麟太郎(りんたろう)。安房守(あわのかみ)。幕府の海軍伝習生としてオランダ人から海軍諸術を学ぶ。遣米使節を送るため ...
5. かつかいしゅう【勝海舟】画像
国史大辞典
した。なお、近年『勝海舟全集』二種が編纂され、一種は完結し(全二十一巻別巻二巻)、他の一種は刊行中である。 [参考文献]松浦玲『勝海舟』(『中公新書』一五八)、 ...
6. かつ-かいしゅう【勝海舟】画像
日本人名大辞典
1823−1899 幕末-明治時代の武士,政治家。文政6年1月30日生まれ。勝惟寅(これとら)の長男。幕臣。嘉永(かえい)3年江戸に蘭学塾をひらく。長崎の海軍伝 ...
7. 勝海舟[文献目録]
日本人物文献目録
人としての勝海舟』堀江秀雄『勝海舟』勝田孫弥『勝海舟』奈良本辰也『勝海舟翁』-『勝海舟翁遺書七則』渡辺国武『勝海舟翁の和歌』国分剛二『勝海舟を論ず』山路愛山『勝 ...
8. 勝海舟蔵書印[図版]画像
国史大辞典
勝安芳 物部義邦 海舟 海軍弘通 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
9. 勝海舟翁之詠歌(著作ID:4370707)
新日本古典籍データベース
かつかいしゅうおうのえいか 勝海舟(かつかいしゅう) 和歌 明治二二 ...
10. 勝海舟書簡(著作ID:477770)
新日本古典籍データベース
かつかいしゅうしょかん 海防護国論ニ就テ海舟勝氏来翰 勝海舟(かつかいしゅう) 書簡  ...
11. 勝海舟書簡(著作ID:477781)
新日本古典籍データベース
かつかいしゅうしょかん 勝海舟(かつかいしゅう) 書簡  ...
12. 竹川竹斎に贈る勝海舟の詩(著作ID:477769)
新日本古典籍データベース
たけかわちくさいにおくるかつかいしゅうのし 勝海舟(かつかいしゅう) 漢詩  ...
13. あかしはん【明石藩】
国史大辞典
なえ砲台を築き、洋式砲術の訓練を始めた。明石―垂水海岸で十二の砲台をおき、なかでも舞子砲台は勝海舟の設計によるもので、文久三年(一八六三)には十四代将軍徳川家茂 ...
14. あかまつこさぶろう【赤松小三郎】
国史大辞典
学び、さらに下曾根金三郎に蘭学・砲術を学ぶ。安政元年(一八五四)、同藩赤松弘の養嗣子となり、勝海舟に学ぶ。翌二年勝に従い長崎に赴き、オランダ人の海軍伝習に参加し ...
15. あかまつ-こさぶろう【赤松小三郎】
日本人名大辞典
幕末の兵法家。天保(てんぽう)2年4月4日生まれ。信濃(しなの)(長野県)上田藩士。内田五観(いつみ),勝海舟にまなび,長崎の海軍伝習所にはいる。京都で鹿児島藩 ...
16. 赤松則良
世界大百科事典
継ぎ吉沢大三郎を赤松則良と改名。オランダ語を学び,長崎海軍伝習所に派遣され,測量術,航海術などを研修,勝海舟を知る。60年遣米使節として咸臨丸で渡米。62年西周 ...
17. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 223ページ
東洋文庫
地理、天文を初め航海測量、帆船等に関する西洋学の基本や知識というものをこの時習ったことであろう(勝海舟はその語 ...
18. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 224ページ
東洋文庫
既にこの時代に約束されていたということが出来る。同時に彼はここで多くの有益な友人を得ている。就中彼はここで直接勝海舟に教えを受けたが、勝は彼にとって兄貴であり、 ...
19. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 225ページ
東洋文庫
出帆して一路アメリカへ向い、その年の五月六日に無事に帰国した。なお長崎海軍伝習所や威臨丸渡航の記録については、勝海舟著『海軍歴史』に詳細な記録があり、文倉平次郎 ...
20. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 252ページ
東洋文庫
所の整備に参画、のち講武所奉行に転じ、ついで 京都町奉行、外国奉行、会計総裁、若年寄等を歴 任、勝海舟とともに幕府の最後を収拾した。維新 後も、東京府知事、教部 ...
21. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 264ページ
東洋文庫
授方。転じて海 軍に入り、柳楢悦(宗悦の父)の下で水路局副長 をつとめ、大佐のとき病死した。勝海舟の『海軍 歴史』の事実上の著者といわれる。肥田浜五郎〔天吾不発 ...
22. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 270ページ
東洋文庫
矢田堀景蔵(讃岐守)〔天尭一八七〕幕臣。字は監修、 明治後は名を鴻と改む。測量・算数に長じ、安政 二年(天至)勝海舟とともに長崎に下って海軍伝 習の中心となり、 ...
23. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 272ページ
東洋文庫
翌年戸田から帰国。のち提督。交渉 の前面に出なかったためか、日本側の記録には少 ない。たとえば勝海舟『海軍歴史』には「船将レ ツスキ」とある。ロシェス(ロッシュ ...
24. 赤松則良半生談 幕末オランダ留学の記録 311ページ
東洋文庫
榎本武揚子菊版一冊明治四二年一月刊 一戸隆次郎著 嵩山房榎本武揚伝(勝海舟伝と合冊) 四六版一冊 昭和一九年六月刊 田中惣五郎著 日本海軍図書榎本武揚 B6版一 ...
25. 浅田宗伯
日本大百科全書
1865年フランス公使ロッシュの難病を治療して、その名声は国の内外に響き、また明治維新の際、国事に奔走し、勝海舟や西郷隆盛と折衝して江戸を戦火より救った。187 ...
26. あねがこうじきんとも【姉小路公知】
国史大辞典
四月には石清水社行幸に供奉した。同月摂海防衛巡検の朝命を受け、長州藩士ら七十余人を随えて大坂に下り、軍艦奉行並勝海舟より摂海防禦策を聞き、かつ順動丸に乗って兵庫 ...
27. 阿部正弘
世界大百科事典
外交姿勢では,岩瀬忠震(ただなり)らの影響もあり,開国論や貿易による富国強兵を唱えるに至った。また,岩瀬や勝海舟,筒井政憲らの人材を登用したほか洋学所(蕃書調所 ...
28. あみや-きちべえ【網屋吉兵衛】
日本人名大辞典
江戸時代後期の公共事業家。天明5年生まれ。兵庫港の整備,拡充をこころざし,安政2年神戸村に港を完成した。のち勝海舟(かいしゅう)の進言によりここに幕府海軍操練所 ...
29. アメリカ合衆国画像
日本大百科全書
その警護の名目で太平洋を渡った咸臨(かんりん)丸の一行ともども、アメリカ文明について見聞を広めてきた。勝海舟、横井小楠(しょうなん)、坂本龍馬(りょうま)など維 ...
30. あらいいくのすけ【荒井郁之助】
国史大辞典
収を不満とし、同年四月海軍副総裁榎本武揚に率いられて品川沖から房州館山に脱走したが、陸軍総裁勝海舟に説諭されて品川沖に帰航した。ついで八月十九日の夜、榎本ととも ...
31. いけがみほんもんじ【池上本門寺】東京都:大田区/池上村地図
日本歴史地名大系
の墓、山内寺院の南之院墓地に将軍家御用絵師狩野探幽の墓がある。江戸開城前に西郷隆盛(南洲)と勝海舟が会見したという松濤園も保存されている。また日惺が天正一八年に ...
32. いしい-たかし【石井孝】
日本人名大辞典
研究。平成8年5月6日死去。86歳。栃木県出身。東京帝大卒。著作に「明治維新の国際的環境」「勝海舟」「戊辰戦争論」など。 ...
33. いのうえ-おさむ【井上修】
日本人名大辞典
い),田口江村にまなぶ。尊王攘夷(じょうい)をとなえ,文久3年藩の周旋方となる。武田耕雲斎,勝海舟らと交流した。明治2年藩校の教授,廃藩後は海軍省,図書寮(ずし ...
34. 岩瀬忠震
日本大百科全書
翌年さらに免職、蟄居(ちっきょ)を命ぜられたが、直弼も忠震の外交における功績は高く評価した。勝海舟らの人材を登用し、開明派官僚の第一人者と目された。江戸・向島( ...
35. いわせただなり【岩瀬忠震】画像
国史大辞典
兼ねて以来、正弘の幕政改革を補佐して、講武所・蕃書調所・長崎海軍伝習所の創設に関与した。また勝海舟・矢田堀鴻らの俊才の登用を正弘に進言し、常に開国論を唱えて外交 ...
36. 巌本善治
日本大百科全書
実践した。同校廃校後は実業方面に転じた。彼の編になる『海舟座談(かいしゅうざだん)』(1930)は、勝海舟の口を通して語られる幕末から明治にかけての為政者の姿と ...
37. うえのひこま【上野彦馬】
国史大辞典
同十年には西南戦争の情況を撮影した。いずれもわが国最初の写真記録である。彼は交友内外にきわめて広く、勝海舟や榎本武揚らはかつての同窓であり、また維新の際には高杉 ...
38. うどの-だんじろう【鵜殿団次郎】
日本人名大辞典
文久2年幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授。慶応3年目付となり,鳥羽・伏見の戦いののち勝海舟とともに恭順論をとなえた。明治元年12月9日死去。38歳。名は ...
39. うめ‐やしき【梅屋敷】
日本国語大辞典
つれて梅屋(ウメヤ)しきの七くさから、蓮華寺の大師さまへお参り申ませう」〔四〕東京都江戸川区平井にあった勝海舟の別荘の通称。明治初期から呼ばれた。〔五〕東京都大 ...
40. 江戸開城
日本大百科全書
3月15日と決定した。東帰後の慶喜は抗戦の意志をもたないわけでもなかったが、やがて恭順の姿勢を示し、後事を勝海舟(かつかいしゅう)、大久保忠寛(ただひろ)に託し ...
41. 江戸開城
世界大百科事典
(たるひと)親王以下の新政府軍は,3月6日江戸城進撃の日を3月15日と決めた。旧幕府陸軍総裁勝海舟(安房)は,山岡鉄舟(鉄太郎)を大総督府参謀西郷隆盛のもとに派 ...
42. 江戸開城
日本史年表
1868年〈慶応4明治元(9・8) 戊辰④〉 3・13( 4・5 ) 旧幕府陸軍総裁勝海舟、大総督府参謀西郷隆盛と会談、翌14日、再度会談し 江戸開城 に合意 ...
43. 江戸参府紀行 342ページ
東洋文庫
元年〔一八六口文久 二年〔一八六二〕・安政の大獄始まり、吉田松陰らを処刑。一乗院から鳴滝へ移る。・勝海舟ら、成臨丸でアメリカへ渡航。・井伊直弼、桜田門外に殺害さ ...
44. えどじょう‐あけわたし[えどジャウ‥]【江戸城明渡】
日本国語大辞典
一一日、前将軍徳川慶喜追討の政府軍に、徳川家が謝罪の条件として江戸城を無血で明け渡したこと。勝海舟と西郷隆盛の会見で実現し、江戸を戦火から救った。エドジョーアケ ...
45. えどじようあと【江戸城跡】東京都:江戸・東京/東京地図
日本歴史地名大系
に敗れ、慶喜は江戸に逃れた。これを追討する新政府軍は江戸城に総攻撃をしかけることになったが、勝海舟と西郷隆盛の会談で総攻撃は回避され、四月一一日に無血開城された ...
46. えどばくふしりょう【江戸幕府史料】
国史大辞典
は幕府財政の重要史料である。また向山誠斎『向山誠斎雑記』、大田南畝『竹橋蠹簡』『竹橋余筆』、勝海舟『吹塵録』などもこの種の史料を集めたものである。幕府諸役所の史 ...
47. えのもとたけあき【榎本武揚】
国史大辞典
箱館奉行堀織部正利煕に従い箱館に赴く。安政三年(一八五六)四月長崎の海軍伝習所に第二期生として入所。勝海舟の指導を受く。同五年六月江戸築地の海軍操練所の御軍艦操 ...
48. 榎本武揚[文献目録]
日本人物文献目録
西伯利亜日記 2巻2冊』榎本武揚『類聚伝記大日本史 13』-『日本電気技術者伝』田村栄太郎『勝海舟榎本武揚伝』田中惣五郎『榎本武揚 明治日本の隠れたる礎石』加茂 ...
49. おおいし-まどか【大石円】
日本人名大辞典
1830*−1916 幕末の武士。文政12年12月17日生まれ。土佐高知藩の郷士。文久元年洋学研究のため江戸で勝海舟の門にはいる。同年武市瑞山(たけち-ずいざん ...
50. 大久保忠寛画像
日本大百科全書
奉行を一時務め、それを最後に退隠、一翁(いちおう)と称した。松平慶永(よしなが)とも親しく、勝海舟(かつかいしゅう)の門下でもあり、外国事情に関心をもつ開明的な ...
「勝海舟」の情報だけではなく、「勝海舟」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

勝海舟と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として、高知城下本町(高知市本丁筋一丁目)に生まれる
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「勝海舟」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
徳川慶喜(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三七 - 一九一三 江戸幕府最後の第十五代将軍。一八六六―六七在職。水戸藩主徳川斉昭(烈公)の七男として、天保八年(一八三七)九月二十九日江戸水戸藩邸に生まれた。生母は吉子女王(有栖川宮王女、貞芳院、文明夫人)。幼名七郎麿、字子邦、諱昭致・慶喜、雅号興山
勝海舟(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八二三 - 九九 幕末・明治時代の政治家。名は義邦、通称を麟太郎、海舟は号。安房守を明治後安芳と変えて字とした。文政六年(一八二三)正月三十日、江戸本所亀沢町(東京都墨田区亀沢)の父の実家男谷(おたに)邸に、旗本小普請組の勝小吉・のぶの長男
吉田松陰(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八三〇 - 五九 幕末の思想家、教育者。長門の人。幼名虎之助、のち大次郎、松次郎、寅次郎に改む。名は矩方、字は義卿または子義、松陰・二十一回猛士と号す。天保元年(一八三〇)八月四日、父長州藩士杉百合之助常道(家禄二十六石)・母滝の次男として
井伊直弼(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八一五 - 六〇 江戸時代後期の大老。近江国彦根藩主。文化十二年(一八一五)十月二十九日、十一代藩主直中の十四男として彦根城内で生まれた。母は側室のお富の方。通称は鉄三郎といい、柳王舎(やぎわのや)・柳和舎・緑舎・宗観・無根水(むねみ)など
ペリー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一七九四 - 一八五八 米国海軍軍人。幕末の日本に来航して日米和親条約締結をした人物。一七九四年四月十日父クリストファーChristopher Ramond Perryと母セーラSarah Wallace (Alexander)Perryの三男としてロードアイランド州に生まれる。少年期をニューポートなどで育ち
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る