1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 大雪山
日本歴史地名大系

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本歴史地名大系
大雪山
たいせつざん

石狩山地の北西部に位置。北海道最高峰のあさひ(二二九〇・三メートル)を主峰に、二〇余の火山が密集する複合火山の総称。「だいせつざん」ともよぶ。上川郡上川町・東川ひがしかわ町・美瑛びえい町にまたがり、北海道の屋根といわれる。広義では旧石狩・北見・十勝三国の境界をなす北部の表大雪おもてたいせつと、南東方の然別しかりべつ火山群を中心とする十勝地方の東大雪ひがしたいせつ(裏大雪)を含む。昭和九年(一九三四)大雪山国立公園に指定された。

〔名称・歴史〕

明治期まで石狩岳・石狩山などと称され、主峰の旭岳はアイヌ語で「ヌタ(ク)カウシユペ」とよばれてきたという(河野常吉「大雪山及石狩川上流探検開発史」)。「戊午日誌」(登加智留宇知之誌)の挿画に「チユクペツノポリ」と「アイペツノポリ」の間に大きな山塊が描かれ、「石狩 ノタツカウシノポリ」と記されており、当山に相当するとみられる。一八五七年(安政四年)イシカリ役所(現石狩市)在勤の松田市太郎が石狩川の水源を探検、忠別ちゆうべつ川に沿って当山域に入っており、イシカリ川水源見分書(道立図書館蔵)にみえる石狩山は大雪山(旭岳)とみられる。同年松浦武四郎も忠別川を遡上し石狩川源流近くまで達した(「丁巳日誌」再〓石狩日誌)。山川地理取調図に記載された石狩岳は大雪山をさすと考えられる。明治七年(一八七四)石狩川源流域まで探査した開拓使の米人技師ライマンは「石狩、十勝ノ両岳ハ、真ニ旧火山ノ形容ヲ具セリ」と記している(「ケプロン報文」来曼北海道記事)。同九年松本十郎は石狩川の源流に到達し、「石狩岳、十勝岳、天塩岳、信ノ満岳、大抵山脈接続ス。只一筋ノ川脈貫通スルノミ。此ノ三岳ハ北海道ノ高岳ナリ」と記す(石狩十勝両河紀行)。同一五年札幌県の役人福士成豊が当地方の測量を行い、当山を「東オプタテシケ」とし、石狩川の源流である現石狩岳を石狩岳としたというが(前掲開発史)、明治二〇年代の輯製二十万分一図には現在の白雲はくうん岳付近に「東ヲプタテシケ山」と記載されており、西方の旭岳付近に山名の記載はない。明治一八年ナウマンは三つの高い峰として十勝岳・夕張岳とともに石狩岳をあげている(日本列島の構造と生成)。同三二年刊の「日本名勝地誌」に「山岳中其高峻なるものを挙ぐれば大雪山たいせつざん(元名ヌタカウシユベ)なり」とあるのが大雪山名のはじめとされる。「ヌタクカウシュペ」(ヌタカウペ)と称されてきた旭岳は、同四四年文部省の指示によって旭岳と称することとなった。大正一〇年(一九二一)に入山した大町桂月は富士山に登って山岳の高さを語れ、大雪山に登って山岳の大きさを語れと述べ、「さても大雪山の頂上の広きこと哉。南の凌雲岳、東の赤岳、北の黒岳の主峰など、ほんの少しばかり突起するだけにて、見渡す限り波状を為せる平原也。(中略)余は大雪山に登りて、先づ頂上の偉大なるに驚き、次ぎに高山植物の豊富なるに驚きぬ。大雪山は実に天上の神苑也」と記している(層雲峡より大雪山へ)。同一三年「旭岳図幅」および「ヌタクカムウシユペ山図幅」が発行された(前掲開発史)。平成元年(一九八九)修正の五万分一地形図には「大雪山(ヌタプカウシペ)」とある。

〔地形・動植物〕

日高層群の浸食山地を覆う新第三紀の火山噴出物の台地の上に、洪積世初期に多量の溶結凝灰岩や溶岩を噴出して基底となる溶岩台地が形成された。火山南部の高根たかねヶ原・忠別岳(一九六二・六メートル)化雲かうん(一九五四・三メートル)黄金こがねヶ原・五色ごしきヶ原・ぬまノ原など一連の高原はこのとき形成された。溶岩台地形成後、南西に開いた馬蹄形の配置をなす愛別あいべつ岳・比布ぴつぷ岳・くろ岳・烏帽子えぼし(二〇七二メートル)あか岳、次いで生じた凌雲りよううん(二一二五メートル)北鎮ほくちん岳・白雲岳などの外輪山から溶岩が噴出し、古大雪山が出現した。その後この火山の中央に成層火山が生成されたが、洪積世末に火砕流を発し中央に御鉢おはち平のカルデラが形成された。その際北海ほつかい平や層雲そううん(上川町)の溶結凝灰岩の流出がみられ、外輪山としてなか(二一一三メートル)間宮まみや(二一八五メートル)・北海岳(二一四九メートル)および旭岳などが生じた。御鉢平はかつて火山湖で、現在も硫気孔や噴気孔が散在し、有毒ゆうどく温泉とよばれて立入禁止になっている。外輪山の南西方に位置する旭岳は最も新しく、沖積世の成層火山である。西側に開いた爆裂火口をもち、北方の永山ながやま(二〇四六メートル)にかけてはあさひ平や裾合すそあい平とよばれる広い平坦地があり、姿見すがたみの池・かがみ池などの火口湖が散在する。南部の白雲岳以南はかつて御料地であったが、標高一八〇〇メートル前後の高根ヶ原が西に向かって緩斜面をなし、忠別川の峡谷によって切断されている。高根ヶ原は北海平と並び周氷河地形の構造土の形成で知られる。

植物地理学上、アジア大陸・千島・本州の各要素をもつ植物の会合点として重要で、群落の大きさと種類は比類がない。お花畑は標高一七〇〇メートル以上のハイマツ林の間に交錯してみられ、地形・気象条件などにより異なった群落に分けられる。動物もダイセツタカネヒカゲ、アサヒヒョウモン、ウスバキチョウ(国指定天然記念物)、などの氷河期の遺存種のほか、ナキウサギ、エゾライチョウなども生息する。

〔登山・観光〕

集団登山は明治四〇年の上川中学校(大正四年旭川中学校に改称)をもって嚆矢とされるが、大正一〇年前後には双雲そううん(現層雲峡)の出身者が大雪山登山案内人組合を結成、黒岳石室が建設され、黒岳登山道が開削された。同一二年には天人てんにん峡と層雲峡を結ぶ縦走登山道も開かれた。大正一一年一月に北海道大学スキー部が旭岳に登頂している(北海道のスキーと共に)。山麓にある温泉が大雪山登山の根拠地で、北側の層雲峡温泉(上川町)から大雪山層雲峡ロープウエー(黒岳ロープウェー)を利用して、黒岳―北海岳―間宮岳―旭岳に達し、さらに旭岳ロープウエーで旭岳あさひだけ温泉(東川町)に至るコースが最も一般的で、大雪山銀座とよばれる。温泉はほかに愛山渓あいざんけい温泉(上川町)・天人峡温泉(東川町)、標高一三五〇メートルの大雪高原たいせつこうげん温泉(上川町)などがある。昭和二九年の台風一五号(洞爺丸台風)による風倒木処理のため林道が開発され、国道三九号(大雪国道)に代表される道路整備が進展し、観光地化が促進され、道内の山岳地帯のなかではポピュラーな山域となった。現在も多くの自然愛好者を集める。

〔旭岳〕

大雪山の主峰。狭義の大雪山の南西部に位置し、標高二二九〇・三メートルは北海道の最高峰。沖積世に噴出した安山岩質溶岩からなる成層火山で、大雪火山群のなかでは最も新しい。山頂西側に爆裂火口があり、今も噴気孔が活動し地獄じごく谷とよばれる。東に後旭うしろあさひ(二二一六メートル)がある。北東の間宮岳(間宮林蔵にちなんだ山名という)から登山道が延び、西側の旭平には旭岳石室、姿見の池、夫婦めおと池がある。旭平には旭岳温泉と結ぶロープウエーがあり、散策路が整備されている。

〔白雲岳〕

旭岳の東方、小鉢おはち平を挟んで位置。標高二二二九・五メートルは道内第三位。基底の溶岩台地との比高は三〇〇メートル。山頂は白雲平とよばれる円形火口で、直径は約三〇〇メートル。北は北海平を経て北海岳、北東は小泉こいずみ(二一五八メートル)を経て赤岳に至る。東側に白雲岳避難小屋があり、南方の大雪高原温泉からの登山道がある。南には高根ヶ原が広がり、東端にひらヶ岳(一七五二メートル)・忠別岳に向かう登山道がある。表大雪からトムラウシ山(二一四一メートル)を経て十勝岳連峰を縦走する際の中継地。

〔赤岳〕

大雪山の東部に位置し、標高二〇七八メートル。南は小泉岳・白雲岳に続き、北は沢を挟み烏帽子岳、西方は北海岳。東側の溶岩流平坦面は高山植物の群生地となっている。大雪山観光道路の銀泉ぎんせん台から駒草こまくさ平を経て当山に至る登山道がある。

〔黒岳〕

大雪山の北東部に位置し、標高一九八四メートル。北側・西側は急峻な斜面をなす。北東麓は層雲峡で、標高一五〇〇メートル付近までロープウエーとリフトで結ばれている。南西に黒岳石室があり、くもの平を経て北鎮岳・中岳および南東方の北海岳に至る登山道がある。西側の桂月けいげつ(一九三八メートル)は大町桂月にちなんで名付けられた。

〔北鎮岳〕

大雪山の中央部に位置し、標高二二四四メートルは道内第二位。山頂部は円丘状で、火口はない。東麓面には雪田がある。南は御鉢平西側の稜線をたどり中岳・間宮岳に続き、西はのこぎり岳を経て比布岳に至る。東側に雲の平が広がり、凌雲岳・黒岳がある。

〔比布岳〕

北鎮岳の西方に位置し、標高二一九七メートル。北は愛別あいべつ岳、西は永山岳を経て沼ノ平・愛山渓温泉に至る。安山岩質の成層火山で、北西側に爆裂火口をもつ。

〔愛別岳〕

大雪山の北西部、比布岳の北に位置。標高二一一二・四メートル。西側は愛別岳・比布岳・永山岳に囲まれた爆裂火口で、大雪山のなかでは珍しく切立った山容を呈する。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

大雪山の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 312
検索コンテンツ
1. 大雪山(たいせつざん)画像
日本大百科全書
これらは北方大陸に近縁種があり、北海道が大陸と地続きであったことを示している。 大雪山国立公園の一中心をなし、表大雪山系などは「大雪山」として特別天然記念物に指 ...
2. 大雪山
世界大百科事典
物からなる成層火山で,山頂の西斜面に馬蹄形の爆裂火口をもち,現在も硫気孔の活動がみられる。 大雪山の山頂部には,火山の溶岩流や雪食作用によって形成された池沼や高 ...
3. たいせつ‐ざん【大雪山】
日本国語大辞典
)、白雲岳(二二三〇メートル)などからなる。ふもとに層雲峡や愛山渓温泉などの登山基地がある。大雪山国立公園の中心。〔二〕中国四川省の西部を南北に走る山脈。最高峰 ...
4. たいせつざん【大雪山】北海道:総論
日本歴史地名大系
見渡す限り波状を為せる平原也。(中略)余は大雪山に登りて、先づ頂上の偉大なるに驚き、次ぎに高山植物の豊富なるに驚きぬ。大雪山は実に天上の神苑也」と記している(層 ...
5. 大雪山[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
2000m級の山々が連なる。写真は旭川市にある就実(しゅうじつ)の丘からの眺望。日本最大の山岳自然公園である大雪山国立公園に含まれる。国指定特別天然記念物 北海 ...
6. だい‐せっせん【大雪山】
日本国語大辞典
*今昔物語集〔1120頃か〕三・七「今昔、天竺の大雪山の頂に一の池有り」*平家物語〔13C前〕一〇・高野御幸「まづ葱嶺といふ山あり。西北は大雪山につづき」 ...
7. 大雪山(だいせつざん)
日本大百科全書
北海道中央部に位置する火山群。「たいせつざん」ともいう。編集部 ...
8. たいせつ‐さんみゃく【大雪山脈】
日本国語大辞典
「たいせつざん(大雪山)〔二〕」に同じ。〓[サ] ...
9. 大雪山国立公園画像
日本大百科全書
で、面積2267.64平方キロメートルはほぼ神奈川県の面積に相当する。北海道の屋根とよばれる大雪山火山群と、その南西方に位置する十勝岳火山群(とかちだけかざんぐ ...
10. たいせつざん‐こくりつこうえん[‥コクリツコウヱン]【大雪山国立公園】
日本国語大辞典
北海道中央部、上川支庁と十勝支庁とにまたがる国立公園。わが国最大の山岳自然公園で、大雪山・十勝岳の火山群を中心とし、層雲峡や天人峡などの渓谷美に恵まれる。動植物 ...
11. 大雪山脈
日本大百科全書
中国、四川(しせん)省西部にある山脈。横断山脈を構成する山脈のうち最東部に位置し、並行して流れる岷江(びんこう)支流の大渡河(だいとが)と雅礱江(がろうこう)支 ...
12. 大雪山脈
世界大百科事典
中国,四川省中西部をほぼ南北に走る山脈。長さ約200km。四川盆地の西方にあり,青蔵高原の東端,横断山脈の一部をなす。別名折多山。6000m級の高峰が20余もあ ...
13. だいせつざんこくりつこうえん【大雪山国立公園】北海道:上川支庁
日本歴史地名大系
大きく新旧二回の火山活動により形成された溶岩台地上に、北海道最高峰の旭岳(二二九〇・三メートル)を中心とする大雪山火山群が連なる。南部には十勝岳(二〇七七メート ...
14. 愛山渓[温泉]
世界大百科事典
は重曹泉,泉温46℃。アカエゾマツの純林に包まれた閑静な温泉郷に町営青少年の家が1軒だけで,大雪山の登山基地でもある。付近に雲井が原,沼の平などの高地湿原がある ...
15. あいざんけい【愛山渓】
日本国語大辞典
北海道上川支庁上川町の温泉。大雪山北側登山口にある。泉質は重曹泉。胃腸病、神経痛にきく。アイザンケ〓 ...
16. 愛山渓温泉
日本大百科全書
。泉質は炭酸水素塩泉・硫酸塩泉。町営旅館があり、アカエゾマツの純林に囲まれた静寂な温泉郷で、大雪山の登山基地でもあり、付近に雲井(くもい)ヶ原、沼の平(ぬまのだ ...
17. あいざんけいおんせん【愛山渓温泉】北海道:上川支庁/上川町/上川村
日本歴史地名大系
永山岳の北西麓一〇三〇メートルにあり、アカエゾ松やダケカンバの樹林に囲まれる。北に雲井ヶ原湿原がある。大雪山国立公園のうち。泉質は炭酸水素塩・硫酸塩泉、泉温摂氏 ...
18. アイヌ
日本大百科全書
アイヌ始祖神として尊崇され、その功績は「オイナ」に語り伝えらている。一説ではアイヌラックルは大雪山に美しく立っていたハルニレの木を母神とし、父神は天神とも、雷神 ...
19. あいべつちよう【愛別町】北海道:上川支庁
日本歴史地名大系
キロ 昭和三六年(一九六一)上川郡愛別村が町制を施行して成立。上川支庁管内のほぼ中央にあり、大雪山の北西麓にある。南は当麻町、東は上川町、西は比布町、北は山地を ...
20. あかんこくりつこうえん【阿寒国立公園】北海道:釧路支庁
日本歴史地名大系
第二次世界大戦以前に指定を受けた一二の国立公園の一つ。昭和九年(一九三四)一二月、北海道内では大雪山国立公園とともに指定された。同五二年には公園区域・公園計画の ...
21. 旭岳画像
日本大百科全書
北海道中央部の火山群大雪山(たいせつざん)の一峰。標高2291メートルで、北海道の最高峰である。大雪山の南西部にあたり、熊(くま)ヶ岳、後(うしろ)旭岳に接して ...
22. 旭岳[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
大雪山(たいせつざん)火山群の主峰で、北海道の最高峰(2291m)。西側の大爆発火口ではいまでも噴煙があがる。写真手前は姿見(すがたみ)の池。山麓(さんろく)か ...
23. 旭岳
世界大百科事典
北海道中央部,大雪山の南西部の一峰で,標高2291m,北海道の最高峰である。安山岩質の成層火山で,大雪山の他の諸峰と同様に古生層の上にのる溶結凝灰岩の山体の上に ...
24. 旭岳温泉
日本大百科全書
1982年(昭和57)以後、旭岳温泉とよばれている。ユコマンベツ沢に沿い、原生林に囲まれる。大雪山国立公園域。泉質は硫酸塩泉。旭川市からバスの便があり、また旭岳 ...
25. あさひだけおんせん【旭岳温泉】北海道:上川支庁/東川町/東川村
日本歴史地名大系
行するようになり、大雪山の登山基地として脚光を浴びるようになった。同四二年には旭岳ロープウエーが運行を開始、一般観光客も大原生林や姿見の池周辺の散策が可能になっ ...
26. アサヒヒョウモン画像
日本大百科全書
昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。北海道大雪山群のおおよそ1800メートル以上の山地に分布する高山チョウで、国の天然記念物に指定されている。日 ...
27. あさひ‐ひょうもん[‥ヘウモン]【旭豹紋蝶】
日本国語大辞典
〔名〕タテハチョウ科のチョウ。中国東北部、シベリア、カナダなどの寒帯地方に分布し、日本では北海道の大雪山群の高地にだけ産する。はねの開張四〇ミリメートル内外で、 ...
28. あなばとうた‐ち[アナバタフタ‥]【阿那婆答多池】
日本国語大辞典
「あのくだっち(阿耨達池)」に同じ。*西域記‐一「則瞻部洲之中地者、阿那婆答多池也。在香山之南大雪山之北、周八百里矣」 ...
29. あなばとうた‐ち【阿那婆答多池】
仏教語大辞典
あのくだっち【阿耨達池】 」に同じ。 西域記 一 「則瞻部洲之中地者、阿那婆答多池也。在香山之南大雪山之北、周八百里矣」  ...
30. あのくだっ‐ち【阿耨達池】
日本国語大辞典
仏語。阿耨達龍王(あのくだつりゅうおう)が住むという池。瞻部洲の中央、香山の南、大雪山の北にあって、周囲八百里、金、銀、瑠璃などがその岸を飾る。四つの河を分出し ...
31. あのくだっ‐ち【阿耨達池】
仏教語大辞典
梵 Anavatapta の音写 阿耨達竜王が住むという池。瞻部洲の中央、須弥山・香山の南、大雪山の北にあって、周囲八百里、金、銀、瑠璃などがその岸を飾り、清冷 ...
32. イザベラ・バード 極東の旅 2 57ページ
東洋文庫
した。しかし、この山脈の上でガイドは「ここの雪は一年中変わらない」と言いました。その峰々が「大雪山」の名で知られ、大金川はそこに源を発していると教えてもくれまし ...
33. イザベラ・バード 極東の旅 2 446ページ
東洋文庫
②179 た行 大韓帝国 ②191 大金川 ②57 大沽②260 大西洋 ②154,158 大雪山 ②57 大同江 ①165②192-93,201 大渡河 ②6 ...
34. 石狩川(北海道)画像
日本大百科全書
延長268キロメートル、本支流の流域面積は1万4330平方キロメートルで福島県全域よりやや広い。上流では大雪山麓(たいせつさんろく)の溶結凝灰岩層を切って層雲峡 ...
35. 石狩川
世界大百科事典
は信濃川,利根川に次ぐ。北海道中央部の石狩岳に発し,石狩山地北西斜面の小河川を合わせたのち,大雪山北麓に層雲峡の渓谷を刻み,上川盆地に至って忠別川などを合わせ, ...
36. 石狩山地
日本大百科全書
ユニ石狩岳では基盤の花崗岩(かこうがん)の露出がみられ、沼ノ原山などでは安山岩や第三紀層がみられる。大部分が大雪山国立公園の指定地域で、特別保護区域が広く、標高 ...
37. 石狩山地
世界大百科事典
盤の花コウ岩の露出がみられ,沼ノ原山などでは安山岩や第三紀層が山体の構成に見られる。大部分が大雪山国立公園の区域で,特別保護区域の部分が広く,そのほとんどが針葉 ...
38. いしかりさんち【石狩山地】北海道:総論
日本歴史地名大系
南は狩勝峠付近で日高山脈と接する。その中心部は北海道の屋根とよばれる標高二〇〇〇メートル以上の高所をなし、大雪山国立公園に指定されている。石狩川・十勝川・常呂川 ...
39. 石狩岳
日本大百科全書
混交林となっている。北麓(ほくろく)から石狩川が発源するが、一時期、石狩川は大雪山(たいせつざん)から発源しているとされ、当時は大雪山を石狩岳と呼称した。岡本次 ...
40. 石狩岳
世界大百科事典
(おとふけ)川が源流を発するが,探検期には石狩川は大雪山から発源しているものと思われていたため,大雪山を石狩岳と呼んでいた時期がある。大雪山国立公園に属する。岡 ...
41. いしかりだけ【石狩岳】北海道:上川支庁/上川町
日本歴史地名大系
明治一五年(一八八二)札幌県の役人福士成豊が当山域の測量を行い、当山を石狩岳、大雪山を「東オプタテシケ」としたという(河野常吉「大雪山及石狩川上流探検開発史」な ...
42. 板倉勝宣
日本大百科全書
中学生ごろよりスキーをはじめ冬季登山や岩登りに関心をもち、理論と実践に活躍。1922年(大正11)大雪山の旭(あさひ)岳に厳冬期初登頂。同年には松方三郎らと槍( ...
43. いたくら-かつのぶ【板倉勝宣】
日本人名大辞典
大正時代の登山家。明治30年2月12日生まれ。板倉勝弼(かつすけ)の7男。北海道帝大在学中の大正11年大雪山旭(あさひ)岳に初登頂,スキー登山に道をひらく。同年 ...
44. うすば‐きちょう[‥きテフ]【薄羽黄蝶】
日本国語大辞典
後ろ羽には黒色で囲まれた三つの赤い紋がある。シベリア、アラスカ、中国東北部などに分布し、日本では北海道の大雪山塊と十勝連峰の高地で七月ごろ見られる。幼虫はコマク ...
45. うぺぺさんけやま【ウペペサンケ山】北海道:十勝支庁/鹿追町
日本歴史地名大系
鹿追町と河東郡上士幌町との境界にある標高一八四八メートルの山。大雪山系南東部に位置し、北西に丸山(一六九一・九メートル)、ニペソツ山が連なる。山頂部は東西に長い ...
46. ウルップソウ画像
世界大百科事典
。本州の八ヶ岳,北アルプス北部,北海道の礼文島,千島,カムチャツカ,アレウト列島に分布する。大雪山には葉の狭卵形のホソバウルップソウL.yesoensis Ta ...
47. 永久凍土
日本大百科全書
ートルにも達することがある。永久凍土は気候の寒冷な高山でもみられ、日本では富士山頂と北海道の大雪山で発見されている。小野有五 ...
48. 遠軽[町]
世界大百科事典
球顆(きゆうか)が露出している。湧別川河畔に白滝温泉(単純泉,27℃)があり,高山植物群落と大雪山系の眺望にすぐれる平山(1771m)への登山基地ともなっている ...
49. 燕京歳時記 北京年中行事記 45ページ
東洋文庫
一二〇四年、ヂンギスカンは蒙古軍をひきい   てこの地に侵入してついに征服した。 説 雪山 大雪山すなわちヒンヅークシ山脈。 六 左史 天子の生活や言行を記録す ...
50. 横断山脈
日本大百科全書
尾根の平均高度は標高3000~4000メートル、部分的には5000~6000メートルに達し、最高峰は大雪山脈の貢嘎(コンガ)山(ミニヤ・コンガ)で7556メート ...
「大雪山」の情報だけではなく、「大雪山」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大雪山と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
宝登山(日本歴史地名大系)
町境にそびえ、標高四九七・一メートル。山麓には宝登山神社・玉泉(ぎよくせん)寺、山頂には宝登山神社奥宮があり、古くから信仰の山であった。山名の由来は、弘法大師が山頂に宝珠の翻るのをみて名付けたとか、凹地・窪地をあらわすホドに因むなどといわれる。
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大雪山」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
羊蹄山(日本歴史地名大系)
北海道西部、後志山地中部に位置し、後志支庁虻田(あぶた)郡倶知安(くつちやん)町・京極(きようごく)町・喜茂別(きもべつ)町・真狩(まつかり)村・ニセコ町にまたがる山。近世よりシリベシ、後方羊蹄(しりべし)山とも記され
幌尻岳(日本歴史地名大系)
日高山脈中央北部に位置する。標高は二〇五二・四メートルで、同山脈の最高峰。平取(びらとり)町と新冠(にいかつぷ)町の境界にまたがり、日高山脈襟裳(ひだかさんみやくえりも)国定公園内の特別保護地区。山頂部には北東、南東と西に定高性をもつ稜線三本が走り
十勝岳(日本歴史地名大系)
大雪山山系の南西部に位置し、南西方向に連なる火山連峰。大雪山国立公園のうち。黄金(こがね)ヶ原の鞍部を大雪山との境界とし、南西方向に向かってツリガネ山(一七〇八メートル)、オプタテシケ山(二〇一二・七メートル)、美瑛(びえい)富士(一八八八メートル)
トムラウシ山(日本歴史地名大系)
上川郡新得町と上川支庁管内同郡美瑛(びえい)町との境界にある標高二一四一メートルの山。大雪山系中央部に位置し、周囲の化雲(かうん)岳(一九五四・三メートル)、五色(ごしき)岳(一八六八メートル)、沼ノ原(ぬまのはら)山(一五〇五・五メートル)などとともに
大雪山(日本歴史地名大系)
石狩山地の北西部に位置。北海道最高峰の旭(あさひ)岳(二二九〇・三メートル)を主峰に、二〇余の火山が密集する複合火山の総称。「だいせつざん」ともよぶ。上川郡上川町・東川(ひがしかわ)町・美瑛(びえい)町にまたがり、北海道の屋根といわれる。
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る