1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 伊藤博文
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
日本大百科全書(ニッポニカ)
伊藤博文
いとうひろぶみ
[1841―1909]

明治時代の代表的な藩閥政治家。公爵。長州藩出身。天保(てんぽう)12年9月2日、周防(すおう)国(山口県)熊毛(くまげ)郡の貧農の家に生まれる。幼名利助(りすけ)、のち俊輔(しゅんすけ)。春畝(しゅんぼ)と号した。父十蔵が家族ぐるみで伊藤家を継いだため、士分の最末端に籍を置くことになった。吉田松陰(よしだしょういん)の松下村塾(しょうかそんじゅく)に学び、のち高杉晋作(たかすぎしんさく)らと尊王攘夷(じょうい)運動に挺身(ていしん)、1862年(文久2)のイギリス公使館焼打ちにも参加した。翌年藩命によりイギリスに留学、1864年(元治1)ロンドンで米英仏蘭(らん)四国連合艦隊の長州藩攻撃の計画を知って急ぎ帰国、藩主らに開国への転換を説いたが、いれられなかった。同年幕府による第一次長州征伐に対する藩首脳らの処置に憤激して高杉らと挙兵、この藩内戦に勝利し、以後藩主流派として藩政改革に参画、おもに対外交渉の任にあたった。
 1868年(明治1)明治政府の外国事務掛として出仕、参与兼外国事務局判事、兵庫県知事を歴任、翌年陸奥宗光(むつむねみつ)らと当面する政治改革についての建白を提出、早くも開明派官僚として頭角を現した。大蔵少輔(しょうゆう)兼民部少輔となり貨幣制度の改革を担当、1870年には財政幣制調査のためアメリカに出張、翌年の金本位制の採用、新貨条例の公布に導いた。1871年岩倉使節団の副使として米欧に出張、その間に大久保利通(おおくぼとしみち)の信任を得ることになった。1873年帰国後の政局で大問題となった征韓論争には、大久保、木戸孝允(きどたかよし)を支持して征韓派を退け、その直後の政府改造で参議兼工部卿(こうぶきょう)となった。1875年には、その前年に台湾出兵に反対して下野していた木戸の政府復帰を図って大阪会議を斡旋(あっせん)、漸次立憲制への移行方針と元老院、大審院などの創設を決定した。
 士族反乱や西南戦争の処理を終わって、新しい体制への移行を試みようとしていた大久保が1878年に暗殺されると、その後を継いで内務卿となり、明治政府の中心人物となった。琉球(りゅうきゅう)処分、侍補制度の廃止、教育令の制定などを推進した。他方、元老院起草の憲法案が政府首脳を満足させず、諸参議の憲法意見を徴することになり、1881年大隈重信(おおくましげのぶ)の急進的な憲法意見が提出されると伊藤はこれと対立、同年のいわゆる明治十四年の政変によって大隈ら開明派官僚をいっせいに追放するとともに、1890年の議会開設を約束した政変劇の主役となった。翌1882年渡欧し、ドイツ、オーストリアで憲法調査にあたり、帰国後の1884年宮中に制度取調局を創設してその長官となり、立憲制への移行に伴う諸制度の整備に着手した。同年華族令を制定して新しい華族を皇室の藩屏(はんぺい)としたのをはじめ、1885年には太政官(だじょうかん)にかえて内閣制度を創設し、初代首相に就任した。また翌年から井上毅(いのうえこわし)、伊東巳代治(いとうみよじ)、金子堅太郎(かねこけんたろう)らと憲法、皇室典範のほか貴族院令、衆議院議員選挙法などの草案の起草に着手し、1888年枢密院が新設されるとその議長として憲法草案などの審議にあたった。
 1889年(明治22)大日本帝国憲法の発布直後に、「超然主義」の立場を鮮明にし、政党の動向を顧慮することなく議会運営にあたることを宣言した。1890年の議会開設に際しては初代の貴族院議長となり、以後山県有朋(やまがたありとも)、松方正義(まつかたまさよし)両内閣の議会運営に助言を与え、民党との対立が激化すると、1892年自ら政党結成に着手しようとするが、果たせなかった。松方内閣の倒壊後は、元勲を網羅して第二次内閣を組織し、条約改正を実現し、日清(にっしん)戦争の遂行にあたった。1898年第三次内閣を担当するに際しては自由・進歩両党との提携に失敗し、戦後経営の財源として議会に地租増徴案を提出して政党側の激しい反対にあうと、政府党結成に着手するが、政府部内からの反対もあって挫折(ざせつ)、挂冠(けいかん)(辞職)した。その後、朝鮮、中国の視察旅行に出発、中国情勢の緊迫化を痛感して帰国。そうした情勢に対応できる国内体制の再編強化を企図して政党改造を構想、1900年(明治33)立憲政友会を結成し、その総裁となる。同年政友会を背景に第四次内閣を組閣したが、翌1901年には貴族院の根強い反発にあい、さらに財政方針をめぐる閣内不統一のため総辞職した。この年日英同盟論がおこると、日露協商の可能性に期待して訪露するが、具体的な成果は得られず、結果的には1902年の日英同盟締結を促進する役割を果たした。帰国後は、野党の立場を貫こうとする政友会の統率に苦悩し、1903年には総裁を辞任して枢密院議長に就任し、元老身分に復帰した。
 以後元老として内外の重要政策の決定に関与し、とくに日露戦争の遂行と戦後における朝鮮問題、満州問題の処理には重要な役割を果たした。1905年韓国統監府が設置されると、初代統監に就任、韓国の外交権を掌握し、逐次内政の諸権限を収奪して植民地化を進め、韓国併合への地ならし役を務めた。1909年(明治42)統監を辞任し、同年10月、日露関係を調整するためロシアの蔵相ココーフツォフと会談するため渡満、26日ハルビンに到着した際、駅頭で韓国の独立運動家安重根(あんじゅうこん)に暗殺された。
 幕末の長州藩で尊王攘夷運動に活躍し、イギリスへの留学が欧米への開眼となり、とくに明治維新以後は国際通として欧米列強の動向を慎重に顧慮しながら内外政策を推進した。他方、対朝鮮・中国政策の面では強硬姿勢をとり、日清戦争の講和交渉や、日露戦争中から戦後における対韓政策などでは、日本の利益実現のため強圧的交渉を推進している。国内政策の面では、明治初年より開明派と目され、諸制度の近代化を積極的に推進するとともに、立憲制への転換を主導した。議会開設にあたっては、当初「超然主義」を宣言して政党無視の立場をとろうとしたが、初期議会の経験から政党の必要を痛感すると、自ら政党組織に乗り出すなど、状況の変化に対して柔軟な政治姿勢を示した。こうした政治路線は、山県有朋らの保守派官僚層との対立を表面化させることになり、彼らは外交面で伊藤の立場を軟弱外交として攻撃し、またその政党結成に対しても拒否的反応を示した。しかし、明治天皇の信任は厚く、明治期を通じて元老中第一の実力者として内外政策に大きな影響力を行使した。
[宇野俊一]



世界大百科事典
伊藤博文
いとうひろぶみ
1841-1909(天保12-明治42)

明治時代の代表的な藩閥政治家。長州藩の貧農の家に生まれ,のち父が伊藤家を継いで士分となる。吉田松陰の松下村塾に学び,高杉晋作らと尊王攘夷運動に挺身し,1863年(文久3)イギリスに留学したが,4国連合艦隊の長州藩攻撃計画を知って帰国,藩論の転換をはかったが失敗した。幕府の第1次長州征伐に対する藩首脳の処置に反対して高杉らと挙兵,藩内戦に勝利して藩の主導権を握り,幕府との武力対決に備え諸改革を進める中でとくに武器の輸入や他藩との交渉の任に当たった。

 1868年(明治1)外国事務掛として明治政府に出仕し,参与兼外国事務局判事,兵庫県知事を歴任,翌69年には陸奥宗光らとともに中央集権化構想を含む政治改革案を建白し,木戸孝允の下で開明派官僚として頭角を現した。大蔵少輔に転じ民部少輔を兼任,鉄道建設や貨幣制度の改革を推進した。さらに71年には遣外大使岩倉具視の副使となって米欧に出張(岩倉使節団),その間に同行した大久保利通の信任をえた。73年帰国,政府内で問題化していた征韓論争では岩倉・大久保らを支持して征韓派を退け,その後の政府改造により33歳の若さで参議兼工部卿に就任した。75年には前年の台湾出兵に反対し下野していた木戸の政府復帰のために大阪会議を斡旋し,漸次立憲政体に進むとの詔勅や,元老院・地方官会議の新設など,政治体制の一定の改革を実現した。

 78年大久保の横死後,内務卿を継いで政府の中枢に位置し,明治14年の政変では進歩的な立憲政体を構想する参議大隈重信とそのグループを政府から追放するとともに,90年の議会開設を約束する詔勅を出して自由民権運動の鎮静化をはかった。1882年に渡欧してプロイセンの憲法ならびに諸制度の調査に当たり,帰国後,華族令の制定をはじめ立憲体制への転換に対応する一連の制度改革に着手した。

 85年12月内閣制度を創設して初代首相に就任し薩長両藩出身者を中心に第1次内閣を組織した。議会開設に備えて官僚組織を整備し,市制,町村制など,地方名望家層中心の地方制度確立をはかるとともに,小学校令から帝国大学令に至る一連の学校令を制定して戦前における基本的な教育体系を整えた。また,87年外相井上馨の下で進めてきた条約改正に反対する声が政府内からおこり,さらに民間からも旧民権派などを中心に大同団結運動,三大事件建白運動が高まると,改正交渉を中止し,井上外相を辞任させるとともに,12月には保安条例を公布して反政府運動を弾圧した。この間,伊藤首相と井上毅,伊東巳代治,金子堅太郎らの手によって大日本帝国憲法,皇室典範ならびに憲法付属の法典の起草が進められていたが,それらの審議のため88年4月には枢密院を新設し,伊藤は首相を辞任して議長に就任,各草案の審議を主導した。

 帝国議会の開会に当たって,90年には初代の貴族院議長となり,山県有朋・松方正義両内閣が民党からの攻撃に直面した議会の運営に助言を与え,92年にはみずから政党結成をも企図した。同年8月組織した第2次内閣は閣僚に元勲層を網羅する強力内閣として民党と対抗,翌93年には懸案の軍艦建造費を詔勅によって実現した。さらにこの内閣の条約改正に反対する対外硬運動の高まりに対しては再度衆議院を解散して交渉を続け,ついに94年7月日清戦争開戦の直前に日英通商航海条約を調印し,法権と一部税権の回復に成功した。また日清戦争に際しては強引な開戦外交を展開し,一応挙国一致の態勢による戦争指導に成功するが,95年日清講和条約の調印直後に三国干渉をうけて遼東半島の還付を余儀なくされ,再び対外硬派の批判をうけることになった。そのため軍備拡張を中心とする戦後経営の実現が必至の課題となり,第9議会では自由党の支持をとりつけて膨張した予算案ならびに関連諸法案を通過させ,閉会後には自由党総理である板垣退助の入閣を実現した。さらに進歩党の指導者大隈重信を入閣させて挙国一致内閣をめざしたが,閣内不統一となって96年8月総辞職した。

 98年1月伊藤は第3次内閣を組織し,自由・進歩両党との提携を策して失敗,第12議会に提出した地租増徴法案が両党の反対で否決されたため衆議院を解散した。その一方で政党結成に乗り出すが,山県らの強い反対にあって挫折し,6月総辞職した。その後,清国を遊歴して帝国主義諸列強によって租借地や利権が獲得されている実態を直視して帰国,国内体制の強化を緊急の課題であると認識し,政党結成に着手,1900年9月には伊藤系官僚と憲政党を中心に立憲政友会を創立して総裁に就任した。10月政友会幹部を閣僚として第4次内閣を組織したが,第15議会に提出した増税案がその政党内閣的な色彩に反発する貴族院各派の反対に直面し天皇の詔勅によってかろうじてその難局を切り抜けた。しかし次年度の財政政策をめぐって閣内対立し,01年5月総辞職した。これ以後,政友会総裁として桂太郎内閣との折衝を任とする一方,元老として日露協商の可能性を打診するため訪露するが,政府の推進する日英同盟の交渉が先行して予期した成果は得られなかった。また,野党化した政友会と桂内閣との利害対立が表面化し,伊藤が推進した妥協策はかえって党内の紛糾を増幅することになり,03年7月総裁を辞任して枢密院議長に就任した。続く開戦前の対露交渉から講和に至るまで日露戦争の全局面を元老の一人として最重要政策の決定に関与し,戦後の05年12月には新設の韓国統監府の初代統監となり,韓国の保護国化を進め,07年のハーグ密使事件を契機に皇帝を譲位させ,内政権を大幅に削減するとともに軍隊を解散した。しかし朝鮮民衆による義兵闘争は高まり,日本政府内にも併合の早期強行論が台頭する中で09年6月統監を辞任,枢密院議長に復帰した。同年10月日露関係の調整のためロシアの蔵相ココフツォフと会談すべく渡満,26日ハルビン駅に到着直後に韓国の独立運動家安重根に暗殺された。

 伊藤は幕末の激動の中で貧農の家から身をおこし,明治藩閥政府の官僚として権力の階梯を上って位人臣を極めた。その間,藩閥間の対立を調停したり,敵対していた政党とも提携するなど,妥協性を発揮し,また,国際通をもって自任し対外政策の面では複雑な国際関係を顧慮してつねに慎重な対応を示した。元老中では明治天皇の信任厚く,明治国家が当面していた困難な内外政局を藩閥官僚層の頂点にたって処理したその政治的手腕は凡庸でなかったといえる。
[宇野 俊一]

[索引語]
立憲政友会 韓国統監府
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
伊藤博文の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1068
検索コンテンツ
1. 伊藤博文画像
日本大百科全書
明治時代の代表的な藩閥政治家。公爵。長州藩出身。天保(てんぽう)12年9月2日、周防(すおう)国(山口県)熊毛(くまげ)郡の貧農の家に生まれる。幼名利助(りすけ ...
2. 伊藤博文[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵 ...
3. 伊藤博文
世界大百科事典
1841-1909(天保12-明治42) 明治時代の代表的な藩閥政治家。長州藩の貧農の家に生まれ,のち父が伊藤家を継いで士分となる。吉田松陰の松下村塾に学び,高 ...
4. いとう‐ひろぶみ【伊藤博文】
日本国語大辞典
政治家。幼名利助、のち俊輔。長州藩出身。松下村塾に学ぶ。討幕運動で活躍。明治一四年(一八八一)政変のあと、政府の最高指導者となる。明治憲法の制定にあたり枢密院を ...
5. いとうひろぶみ【伊藤博文】
国史大辞典
会(りっけんせいゆうかい) [参考文献]春畝公追頌会編『伊藤博文伝』、小松緑編『伊藤公全集』、平塚篤編『伊藤博文秘録』、同編『続伊藤博文秘録』、同編『伊藤家文書 ...
6. 伊藤博文
日本史年表
 己卯〉 9・‐ 伊藤博文 、 「教育議」 を天皇に提出し、「教学聖旨」を批判。 1909年〈明治42 己酉〉 10・26 ロシア蔵相と会談のためハルピン駅に到 ...
7. いとう-ひろぶみ【伊藤博文】画像
日本人名大辞典
1841−1909 幕末-明治時代の政治家。天保(てんぽう)12年9月2日生まれ。周防(すおう)(山口県)の農民の子で,松下村塾にまなぶ。イギリス公使館焼き打ち ...
8. 伊藤博文[文献目録]
日本人物文献目録
岡山鉦太郎『伊藤博文』服部之総『伊藤博文』深谷博治『伊藤博文 立憲政友会結成の前提条件を中心に』宇野俊一『伊藤博文公』-『伊藤博文公』牧野伸顕『伊藤博文公を偲ぶ ...
9. いとうひろぶみあんさつじけん【伊藤博文暗殺事件】
国史大辞典
明治四十二年(一九〇九)十月二十六日伊藤博文が、ハルビン駅頭で韓国人安重根によって暗殺された事件。ハルビン事件ともいう。明治三十八年十二月から四十二年六月にわた ...
10. いとうひろぶみきゅうたく【伊藤博文旧宅】山口県:萩市/椿東分
日本歴史地名大系
[現]萩市大字椿東 椎原 松下村塾の東南一五〇メートルにある。国指定史跡。もと萩藩の軽卒(中間)水井武兵衛の居宅で、のち伊藤直右衛門宅となった。博文は熊毛郡束荷 ...
11. 伊藤博文内閣画像
日本大百科全書
明治時代の伊藤博文を総理大臣として組織された内閣で、第一次から第四次にわたる。第一次(1885.12.22~1888.4.30 明治18~21)1885年12月 ...
12. 伊藤博文内閣(第一次)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※(臨兼)は臨時兼務、(兼)は兼任。一つの職名に複数の人名がある場合は順次後任を示し、同一人名がある場合は再任を示す ©Shogakukan ...
13. 伊藤博文内閣(第三次)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※一つの職名に複数の人名がある場合は順次後任を示す ©Shogakukan ...
14. 伊藤博文内閣(第二次)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※(臨代)は臨時代理、(臨兼)は臨時兼務、(兼)は兼任。在任期間の短い閣僚は一部省略した。一つの職名に複数の人名がある場合は(臨代)を除いて順次後任を示し、同一 ...
15. 伊藤博文内閣(第四次)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※(臨代)は臨時代理、(臨兼)は臨時兼務。在任期間が短い閣僚は一部省略した。一つの職名に複数の人名がある場合は(臨代)を除いて順次後任を示す ©Shogakuk ...
16. いとうひろぶみもんじょ【伊藤博文文書】
国史大辞典
文書、記録類、(三)諸家の来翰、そのほかに、雑書類が若干ある。(一)は平塚篤編の『伊藤博文秘録』『続伊藤博文秘録』と伊藤博精編の『滄浪閣残筆』などにほぼ収録され ...
17. 第3次伊藤博文内閣
日本史年表
1898年〈明治31 戊戌〉 1・12 第3次伊藤博文内閣 成立。  ...
18. 第4次伊藤博文内閣
日本史年表
1900年〈明治33 庚子〉 10・19 第4次伊藤博文内閣 成立。  ...
19. 青木周蔵自伝 12ページ
東洋文庫
長藩は既に数名の学生を欧洲に派遣したるも〔万延元年 北条源蔵、文久元年 杉孫七郎、文久三  年 井上馨、伊藤博文、遠藤謹助、井上勝、山尾庸三ら〕、此輩は孰れも兵 ...
20. 青木周蔵自伝 28ページ
東洋文庫
ドイツ式兵制に転換させ、軍政と軍令の分離など多くの改革を行なった。三十一年、第三次伊 藤博文内閣から、第四次伊藤博文内閣に至る間、陸軍大臣となる。三十四年に首相 ...
21. 青木周蔵自伝 34ページ
東洋文庫
規定の試験に応ずるの心算なりき。是れ(明治四年)恰も日本政府が岩倉具視公を正使となし、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文、山口尚芳の諸氏を副使として米国に派遣し、条 ...
22. 青木周蔵自伝 40ページ
東洋文庫
きは、欧洲人の尊信する基督教は寧ろ仏教に優れるものあるを覚ゆ。と。予、此数言を縷述する央に当り、伊藤博文氏〔岩倉遣欧使節団の副使〕亦予等の会話室に入り来りしが、 ...
23. 青木周蔵自伝 77ページ
東洋文庫
江川塾で砲術を修めた。一八六二年(文久二)品川御殿    山のイギリス公使館を焼打ちしたが、その後、伊藤博文らとイギリスに洋行、幕末、薩長連合 ...
24. 青木周蔵自伝 78ページ
東洋文庫
大蔵大輔を勤めたが、財政問題で辞任。 明治十二年、外務卿となり鹿鳴館時代を現出、つづいて第一次伊藤博文内閣の外相となったが、 大同団結運動の攻撃で辞任した。その ...
25. 青木周蔵自伝 84ページ
東洋文庫
答は之を貴官に一任す。との回電到達せしを以て、予は直に此の旨を仏国大使に回答せり。然るに、参議伊藤博文氏、当時学園憲法調査の為め伯林に滞在したるに由り、予は事後 ...
26. 青木周蔵自伝 139ページ
東洋文庫
本件は、井上外務大臣〔明治十八年十二月二十二日、内閣制度発足により、井上馨は外務卿より、第一次伊藤博文内閣の外務大臣となる〕の説明により、以後減税の議は中止する ...
27. 青木周蔵自伝 232ページ
東洋文庫
ヨ 『伊藤博文秘録』によると、調査委員会のメンバーは、榎本武揚(委員長)、副島種臣、後藤象  二郎、伊藤博文、黒田清隆、寺島宗則、井上毅らであった。宍 伊藤は第 ...
28. 青木周蔵自伝 234ページ
東洋文庫
     第十五回 伊藤博文のドイツにおける憲法調査 明治十六年参議伊藤博文氏は、憲法調査の為め西園寺公望〔参事院議官補〕、岩倉具定〔参事院議官補〕、戸田氏共、 ...
29. 青木周蔵自伝 248ページ
東洋文庫
来或は其の必要あるやも計られざるを以て、豫め之に備ふる為め制定せられしならん。と声明せり。 注  一「伊藤博文秘録」中の大津事件メモによると、五月十二日、後藤・ ...
30. 青木周蔵自伝 249ページ
東洋文庫
露公使と犯人処分の公書交換の経緯 予の京都に到著せし翌日〔五月十三日〕又は翌々日の事なりき。伊藤博文、黒田清隆両伯は、伊東巳代治氏を随へ飄然京都に来り、其の翌日 ...
31. 青木周蔵自伝 266ページ
東洋文庫
されたように、元勲の指導性が発揮されている。なお、第一次松方内閣成立直前の二十四年五月二日の伊藤博文宛井上馨書翰によると、松方の意もあって井上は条約改正交渉の中 ...
32. 青木周蔵自伝 302ページ
東洋文庫
二十五年間、政界の第一人者として権勢を振 い、とくに外交部門を一手に引き受けた。明治十八年、日本の伊藤博文全権に対して、李は清 国側全権となって天津条約を結び、 ...
33. 青木周蔵自伝 304ページ
東洋文庫
開始して以来、翌二十年七月二十九日に至るまで回を重ぬること凡そ二十七、毎回議事録を作り之を内閣〔第一次伊藤博文内閣〕に報告したり。故に会議の経過は各大臣の知悉す ...
34. 青木周蔵自伝 313ページ
東洋文庫
申候。況んや現内閣は纏に昨年の央に於て組織せられたるに於てをや〔明治二十五年八月八日、第二次伊藤博文内閣〕。最近四、五年間に於けるが如く、半年若くは一年を出ず屡 ...
35. 青木周蔵自伝 318ページ
東洋文庫
実に違憲の挙動と云はざるべからず。故に、二月七日の会場に於て河野広中氏等の上奏案を議するに際し、総理大臣〔伊藤博文〕は明に ...
36. 青木周蔵自伝 320ページ
東洋文庫
に堪へず、兜を脱して其の軍門に降服せり。と迄批評を加ふるに至れり。此れ等の事実は全体春畝伯〔伊藤博文の号〕へも直に報告致度候得共、同伯を議議せる事実を直に同伯へ ...
37. 青木周蔵自伝 347ページ
東洋文庫
条約改正(第九・十・十三・二十・二十一・二十三回)4 外交政策(第十一・十二・十二回補遺)5 伊藤博文の憲法調査(第十五・十六回)6 大津事件(第+七・十八・十 ...
38. 青木周蔵自伝 350ページ
東洋文庫
 青木の評価で、徹底的に悪いのは伊藤博文である。自伝が、木戸の称賛と、伊藤の批判のために書かれたものではないかと疑がいたくなる位である。伊藤との衝突は、 「第四 ...
39. 青木周蔵自伝 351ページ
東洋文庫
自伝の史料的価値 従来の近代政治史研究、近代の人物研究は、主にトップリーダー側の史料によって書かれて来た。『伊藤博文秘録』、『岩倉具視関係文書』、『大久保利通日 ...
40. 青木周蔵自伝 358ページ
東洋文庫
母友子の長男(のちの青木周蔵)として生れる。幼名団七・木戸孝允十二歳、井上馨十歳、山県 有朋七歳、伊藤博文四歳、陸奥宗光 一歳・エリサベット・フォン・ラーデ生れ ...
41. 青木周蔵自伝 360ページ
東洋文庫
一八(一八八五) 一九(一八八六)四四一〇四二四三・一月二十五日、第一回条約改正予議会はじまる・五月十六日、伊藤博文ら憲法調査の ためベルリン到着・七月二十七日 ...
42. 青木周蔵自伝 362ページ
東洋文庫
二七(一八九四)四九五〇五一一月二十七日、ドイツ公使となる三月十五日、ベルギー公使兼勤・八月八日、第二次伊藤博文内閣、陸 奥宗光外相となる・十二月三十日、実父三 ...
43. 青木周蔵自伝 363ページ
東洋文庫
リカ大使を召還される二月八日、枢密顧問官となる三月十五日、那須別荘、増築完成・十月二十六日、伊藤博文、ハルピン で暗殺される晩秋、病床につく二月十六日、肺炎のた ...
44. あきたさきがけしんぽう【秋田魁新報】
国史大辞典
刊二七号か)を発行する。詩歌句の三部立てで、投稿者は大沼枕山・小野湖山・大鳥圭介・陸奥宗光・伊藤博文・岡鹿門・高崎正風・税所敦子・中島歌子・佐々木弘綱や八歳の同 ...
45. あさかそすい【安積疏水】福島県:郡山市
日本歴史地名大系
開成館内に設置した。同年五月一四日の大久保利通暗殺にもめげず、同一二年一〇月二七日に開成山大神宮社前で内務卿伊藤博文・勧農局長松方正義などが参加して疏水事業起工 ...
46. あさどころむら【浅所村】青森県:東津軽郡/平内町
日本歴史地名大系
海岸は冬季白鳥の渡来地として知られる。浅所築港計画は明治初期から幾度もなされ、とくに明治二一年(一八八八)伊藤博文の進言によって開発が計画されたが、青森港と競願 ...
47. あたみおんせん【熱海温泉】静岡県:熱海市/熱海村
日本歴史地名大系
愛犬の墓碑と熱海滞在記念碑を熱海に贈っている(大君の都)。明治一〇年(一八七七)以降、山県有朋・伊藤博文をはじめとする政府高官が多く熱海を訪れ、明治政府の基礎づ ...
48. あみだじまち【阿弥陀寺町】山口県:下関市/赤間関
日本歴史地名大系
梅之房(赤間神宮の東)に一二斤長砲一門があった(白石家文書)。明治二八年(一八九五)清国の李鴻章と伊藤博文が調印した日清講和条約の談判の会場(春帆楼)に、現在日 ...
49. アメリカ彦蔵自伝 2 119ページ
東洋文庫
しかし奇しくも同じ日に、討幕の密勅が薩長両落に下されている。            その後の伊藤博文 一八六八年五月に兵庫で伊藤に再会した。彼は兵庫で新政体〔維 ...
50. アメリカ彦蔵自伝 2 206ページ
東洋文庫
(副使は木戸孝允、大久保利通、伊藤博文ら)が、アメリカおよびヨーロッパに向かって出発したのは、 一八七一年十二月のことであった。そして一行は各国において、さきの ...
「伊藤博文」の情報だけではなく、「伊藤博文」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

伊藤博文と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「伊藤博文」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
連歌(小学館 全文全訳古語辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名詞〕短歌の上の句(五七五)と下の句(七七)とを、二人が応答してよむ詩歌の一種。平安時代に発生し、はじめは、二人の唱和で一首とする「短連歌」であったが、中世以降、二人以上(時には一人)で、五七五と七七の句を交互に長く続ける「長連歌」
俳諧集(新編 日本古典文学全集)
俳諧集(扉) 哥いづれの巻(貞徳翁独吟百韻自註)(扉) 作品解説・作者解説 哥いづれ小町おどりや伊勢踊 紅梅やの巻(紅梅千句)(扉) 作品解説・作者解説 梅 第一 蚊柱はの巻(蚊柱百句)(扉) 作品解説・作者解説 そもそもいきとしいけるもの
吉田茂(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八五 - 一九五四 大正・昭和時代の内務官僚、政治家。明治十八年(一八八五)九月二日大分県北海部郡臼杵町(臼杵市)に生まれる。父は銀行員。父の転勤により上京。同四十四年東京帝国大学法科大学独法科卒業。内務省に入り地方官を経て神社局第二課長、同第一課長を歴任
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
山本五十六(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
[1884―1943]昭和期の海軍軍人。明治17年4月4日新潟県生まれ。海軍兵学校32期、海軍大学校14期卒業。第一次世界大戦後の3回にわたる在米勤務ののち、いち早く航空機の将来性に着目。1930年(昭和5)航空本部技術部長、1935年航空本部長。航空兵力を主体とした対米迎撃戦を構想し
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る