1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 大隈重信
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
大隈重信
おおくましげのぶ
一八三八 - 一九二二
明治・大正時代の政治家。天保九年(一八三八)二月十六日佐賀の会所小路に、父信保、母三井子の長男として生まれた。幼名は八太郎。大隈家は代々、佐賀藩に砲術・築城家としてつかえ、父信保も知行地四百石、物成百二十石を支給された上士であった。だが、大隈は十三歳で父を失い、それ以後はもっぱら母に育てられた。七歳で藩校弘道館外生寮(蒙養舎)に入学、十六歳で内生寮に進級したが、葉隠主義と朱子学を主とする藩校の制度に反発し、安政元年(一八五四)義祭同盟に加わり、翌年弘道館の南北寮騒動の首謀者として放校され蘭学寮に移った。のち蘭学寮が弘道館と合併されてその教官となった。文久三年(一八六三)長州藩の下関外国船砲撃にあたり長州藩援助を計画、また元治元年(一八六四)の長州征伐に際しては、藩主鍋島直正を動かして長幕間に斡旋し、それを中止させようとしたが果たせなかった。このころ、長崎でオランダ系米人宣教師フルベッキについて英学を学び、慶応元年(一八六五)五月長崎に英学塾「致遠館」を設立し、みずからその経営にあたった。こうして大隈は幕末動乱期に京都・兵庫・長崎などに赴いて尊攘激派として活躍し、同三年三月には将軍徳川慶喜に政権返還を勧告しようとして副島種臣とともに脱藩上京したが、間もなく藩役人に捕えられて佐賀へ送還、一ヵ月の謹慎処分をうけた。明治元年(一八六八)三月徴士参与職、外国事務局判事として横浜在勤を命ぜられ、キリスト教徒処分問題でイギリス公使パークスとの外交交渉にあたり、十二月外国官副知事に昇進、翌年三月会計官副知事を兼務し贋貨問題の処理にあたった。ついで大蔵大輔となり、鉄道・電信の建設、工部省の開局などに尽力し、同三年九月参議に任ぜられ、六年五月大蔵省事務総裁ついで大蔵卿となり、十一年五月地租改正事務局総裁を兼任、十三年二月参議専任となった。この間征韓論に反対し、七年の台湾出兵で蕃地事務局長官、十年の西南戦争では征討費総理事務局長官となり、大久保政権の一翼として財政問題を担当、秩禄処分・地租改正などの改革の推進者となり、また殖産興業政策を進め、いわゆる大隈財政を展開して近代産業の発展に貢献した。特にこのとき岩崎弥太郎の三菱汽船会社を援助し、後年までの三菱との密接な関係の基礎をつくったことは有名である。十四年三月「国会開設奏議」を提出して政党内閣制と国会の即時開設を主張、また開拓使官有物払下げに反対、さらに財政上の不手ぎわも加わって薩長勢力と衝突し、十月参議を免ぜられ、大隈派とみられた多数の官吏も辞職した(明治十四年の政変)。政変後大隈は、小野梓(あずさ)・矢野文雄ら辞職官吏と政党組織をすすめ、翌年四月立憲改進党を結成して総理となり、十月に東京専門学校(のちの早稲田大学)を創立した。二十年五月伯爵を授けられ、二十一年二月伊藤内閣の外務大臣となり、ついで、黒田内閣で条約改正交渉にあたったが、外人裁判官任用問題で激しい反対にあい、二十二年十月玄洋社員来島恒喜に爆弾を投ぜられて負傷し辞職した。その後枢密顧問官となったが、二十四年十一月自由党総理板垣退助と提携したため免官された。二十九年三月改進党を中心に小政党を合併して進歩党を結成し党首となり、まもなく薩派と提携して松方内閣の外務大臣となり(松隈内閣)、翌年三月農商務大臣を兼任したが、薩派と合わず十一月に辞職した。三十一年六月、多年の宿敵板垣とともに自由・進歩両党を合同させて憲政党を組織、ついでわが国最初の政党内閣(隈板内閣)を組織したが、両党派の対立と閣内統一に苦しみ、わずか四ヵ月にして憲政党は憲政党(自由党派)と憲政本党(改進党派)に分裂し、隈板内閣も総辞職した。そののち大隈は憲政本党総理としてなお政党を率いたが、四十年一月に高齢のゆえをもっていったん政界から引退し、四月に早稲田大学総長に就任した。このあとしばらくの間、「文明協会」を設立し、『新日本』『大観』などの雑誌を発行し、また多数の著書を著わし各地で講演会・演説会を開いて国民文化の向上につとめた。ついで大正初年の第一次護憲運動が起ると再び政界にもどり、立憲同志会の援助のもとに大正三年(一九一四)四月第二次大隈内閣を組織し内務大臣を兼任、第一次世界大戦に参戦し、また翌四年には対華二十一箇条要求を提出し、陸海軍備の拡大につとめた。同年八月内閣を改造し外務大臣を兼任し翌年七月侯爵に叙せられたが、十月総辞職し、完全に政界から離れた。大隈はきわめて磊落(らいらく)かつ楽天家であり、そのため「民衆政治家」と呼ばれて人々に親しまれたが、他方「早稲田の大風呂敷」などと悪口もされた。大正十一年一月十日胆石症のため早稲田の自宅で死去した。八十五歳。十七日に日比谷公園で国民葬が催され、音羽(文京区大塚)の護国寺に葬られた。著書に『開国五十年史』『開国大勢史』『大勢を達観せよ』『国民読本』『東西文明の調和』『大隈伯昔日譚』などがある。
[参考文献]
早稲田大学社会科学研究所編『大隈文書』、大隈侯八十五年史編纂会編『大隈侯八十五年史』、渡辺幾治郎『大隈重信』、同『文書より観たる大隈重信侯』、中村尚美『大隈重信』(『人物叢書』七六)、柳田泉『明治文明史における大隈重信』
(中村 尚美)


日本大百科全書(ニッポニカ)
大隈重信
おおくましげのぶ
[1838―1922]

明治・大正期の政治家。天保(てんぽう)9年2月16日肥前国(ひぜんのくに)佐賀会所小路に、佐賀藩砲術長の父信保(のぶやす)、母三井子(みいこ)の長男として生まれる。幼名八太郎。1864年(元治1)藩当局に経済政策を建言し、藩の代品方として長崎―兵庫間を往来、このころより長崎でオランダ系アメリカ人宣教師フルベッキに英学を学び、翌年長崎に英語学校致遠館(ちえんかん)を設立しその経営にあたった。1867年(慶応3)3月、将軍徳川慶喜(とくがわよしのぶ)に大政奉還を勧告しようとして副島種臣(そえじまたねおみ)とともに脱藩上洛(じょうらく)したが、捕らえられて佐賀に送還された。
 明治政府成立に際し、1868年3月参与兼外国事務局判事に登用され、キリスト教処分問題でイギリス公使パークスと交渉にあたり、ついで外国官副知事に昇進した。1869年(明治2)2月三枝綾子(さえぐさあやこ)と結婚。同年3月会計官副知事兼任、7月大蔵大輔(たいふ)、ついで民部大輔兼任となり、贋貨(がんか)問題、鉄道電信建設、工部省設置などに尽力し、1870年9月参議となり、1873年10月大蔵卿(きょう)を兼任、1880年2月参議専任となった。この間、岩倉具視(いわくらともみ)一行の遣欧中の留守政府内では西郷隆盛(さいごうたかもり)らの征韓論に反対の立場をとり、ついで大久保利通(おおくぼとしみち)の下で財政を担当しつつ、秩禄(ちつろく)処分、地租改正を進め、大久保没後は参議筆頭となって殖産興業政策を推進した。いわゆる大隈財政が展開されたのがこの時期で、他面、三菱(みつびし)と親密な関係をも結んだ。1881年3月国会開設意見書を提出して政党内閣制を基軸とする即時議会開設を主張するとともに、おりからの北海道開拓使官有物払下げに反対したため、薩長(さっちょう)勢力および宮廷グループに排斥され、10月参議を辞任し、同時に大隈派官僚多数も連袂(れんべい)辞職した(明治十四年の政変)。
 政変後、政党結成を実行に移し、1882年4月矢野文雄、小野梓(おのあずさ)らと立憲改進党を結成してその総理となり、また10月小野や高田早苗(たかださなえ)らの尽力を得て東京専門学校(1902年早稲田(わせだ)大学と改称)を創立した。1884年12月名目上、立憲改進党を脱党。1888年2月第一次伊藤博文(いとうひろぶみ)内閣の外務大臣となり、ついで黒田清隆(くろだきよたか)内閣にも留任して条約改正交渉にあたったが、外人裁判官任用問題で世論の大反対にあい、翌年玄洋社(げんようしゃ)社員来島恒喜(くるしまつねき)に爆弾を投げつけられて負傷し右脚を切断。12月外相を辞任して枢密顧問官となった。議会開設に伴い、1891年12月立憲改進党に復党し代議士総会長に就任。1896年3月同党を中心に進歩党を結成して党首となり、9月薩派と妥協して第二次松方正義(まつかたまさよし)内閣の外務大臣となった(松隈内閣(しょうわいないかく))。翌年3月農商務大臣を兼任したが、薩派とあわず11月辞任。1898年6月板垣退助(いたがきたいすけ)とともに自由党と進歩党を合同して憲政党を結成し、最初の政党内閣第一次大隈内閣(隈板内閣(わいはんないかく))を組織した。しかし、両派の対立と閣内確執のため、党は自由党系の憲政党と進歩党系の憲政本党に分裂し、内閣は4か月で総辞職した。1900年(明治33)12月憲政本党総理に就任し、政党活動を続行したが、1907年1月辞任して、一時政界から引退、4月早稲田大学総長に就任した。第一次憲政擁護運動ののち、ふたたび政界に復帰し、1914年(大正3)4月第二次大隈内閣を組織、内務大臣を兼任した。第一次世界大戦に参戦し、1915年には対華二十一か条要求を提出、また2個師団増設などの軍備拡張を行った。同年8月内閣を改造して外務大臣を兼任し、1916年7月侯爵に叙せられたのちの10月に総辞職した。
 大隈は政治家であると同時に広く明治文明の推進者としての功績をもっている。早稲田大学の創設をはじめとして終生教育事業に力を尽くし、また国書刊行会、大日本文明協会の設立、『新日本』『大観』などの雑誌の主宰、『開国五十年史』『開国大勢史』の著述などによって、立憲君主制の国家にふさわしい国民の養成に精励した。一度も洋行せず、弁論家であったが直筆を残さず、また、博覧強記で「大風呂敷(おおぶろしき)」と陰口もされたが、民衆政治家と目されていたことも事実であった。大正11年1月10日胆石症で死去。日比谷(ひびや)公園で国民葬が行われた。墓所は東京都文京区護国寺。
[佐藤能丸]



世界大百科事典
大隈重信
おおくましげのぶ
1838-1922(天保9-大正11)

明治維新から大正期にかけて,財政・外交にすぐれた手腕を発揮した政治家。佐賀藩の上級士族の家に生まれ,幼少から藩校弘道館で漢学を学び,のち蘭学に移り,ついで長崎に遊学してアメリカ人フルベッキについて英学を学び世界的な視野を開いた。幕末の政局で,彼は尊攘派として長州藩の外国船砲撃事件(1863)を支持し,1867年(慶応3)には脱藩上京して徳川慶喜に政権返還を説こうとしたが捕らえられ,王政復古のときも藩主に討幕出陣を勧めたが入れられなかった。68年(明治1)新政府の成立と同時に徴士参与職として外国事務局判事となり,キリスト教徒処分,贋貨処分などの外交を担当した。このあと外国官副知事,会計官副知事,民部大輔,大蔵大輔,大蔵省事務総裁,地租改正事務局総裁,大蔵卿,参議などを歴任し,鉄道・電信の建設,工部省の設立や幣制改革,地租改正,秩禄処分などを主宰し,1881年(明治14)までいわゆる〈大隈財政〉を展開した。また,三菱汽船会社を助成し,三菱財閥との関係を深めた。しかし同年国会即時開設論を主張し,開拓使官有物払下げに反対して自由民権派と通じているとみられ,薩長藩閥と衝突し,多数の大隈派官吏とともに辞職した(明治14年の政変)。82年4月小野梓,矢野文雄らと立憲改進党を組織して党首となり,藩閥政府に対立する民党の首領となるかたわら,10月に東京専門学校(現,早稲田大学)を創立して在野の教育運動を開始した。88年外務大臣となり条約改正にあたったが国権論者に反対され,翌年排外主義者による爆弾事件で右脚を失い,辞職した。96年進歩党を結成して党首となり,第2次松方正義内閣の外務大臣となったが,98年6月に板垣退助と憲政党を結成して日本最初の政党内閣(隈板内閣)を組織した。しかしこの内閣は,薩長藩閥ならびに官僚グループの抵抗と党内の自由,進歩両派の対立から,みるべき政策を展開することなく10月に瓦解した。1907年に党首を辞して早大総長となり,著述や講演などの文化活動を続けた。第1次護憲運動後の14年立憲同志会を与党として第2次大隈内閣を組織した。この内閣は,成立後まもなく第1次世界大戦への参戦を決め,翌年中国に二十一ヵ条を要求するなど,日本を軍国主義と中国侵略へ導く役割を演じて16年10月辞職した。葬儀は国民葬として行われた。
[中村 尚美]

[索引語]
フルベッキ,G.H.F. 大隈財政 明治14年の政変 立憲改進党 東京専門学校 進歩党(日本) 憲政党 隈板内閣
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
大隈重信の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 719
検索コンテンツ
1. 大隈重信画像
日本大百科全書
明治・大正期の政治家。天保(てんぽう)9年2月16日肥前国(ひぜんのくに)佐賀会所小路に、佐賀藩砲術長の父信保(のぶやす)、母三井子(みいこ)の長男として生まれ ...
2. 大隈重信[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー ...
3. 大隈重信
世界大百科事典
1838-1922(天保9-大正11) 明治維新から大正期にかけて,財政・外交にすぐれた手腕を発揮した政治家。佐賀藩の上級士族の家に生まれ,幼少から藩校弘道館で ...
4. おおくま‐しげのぶ【大隈重信】
日本国語大辞典
政治家。侯爵。名は八太郎。佐賀藩出身。参議、大蔵卿を経て明治一五年(一八八二)立憲改進党を結成して自由民権運動に参加。同年東京専門学校(早稲田大学の前身)を創立 ...
5. おおくましげのぶ【大隈重信】
国史大辞典
編『大隈侯八十五年史』、渡辺幾治郎『大隈重信』、同『文書より観たる大隈重信侯』、中村尚美『大隈重信』(『人物叢書』七六)、柳田泉『明治文明史における大隈重信』  ...
6. おおくま-しげのぶ【大隈重信】画像
日本人名大辞典
1838−1922 明治-大正時代の政治家。天保(てんぽう)9年2月16日生まれ。肥前佐賀藩士大隈信保の長男。長崎でフルベッキに英学をまなぶ。維新後,明治政府の ...
7. 大隈重信[文献目録]
日本人物文献目録
村尚美『大隈重信』安部勝弘『大隈重信』中村尚美『大隈重信』中村尚美『大隈重信』服部之総『大隈重信』山本茂『大隈重信侯の民主主義』馬場恒吾『大隈重信自叙伝の再検討 ...
8. おおくましげのぶあんさつみすいじけん【大隈重信暗殺未遂事件】
国史大辞典
大隈重信はその生涯に二度暗殺計画に遭遇している。その最初は、明治二十二年(一八八九)十月外相として条約改正に取りくんでいたときである。十月十八日午後四時過ぎ、 ...
9. おおくましげのぶかんけいもんじょ【大隈重信関係文書】
国史大辞典
大隈家旧蔵、現在早稲田大学図書館所蔵の『大隈文書』の中の公私の書翰のうちから、特に史料的価値の高いと思われるもの千二百八十七点を選び、これを時代順に配列し、参 ...
10. 『大隈重信関係文書』
日本史年表
1932年〈昭和7 壬申〉 この年 渡辺幾次郎編 『大隈重信関係文書』 刊(~昭和10年)。  ...
11. おおくましげのぶきゅうたく【大隈重信旧宅】佐賀県:佐賀市/佐賀城下/片田江七小路
日本歴史地名大系
路の、最も南の会所小路の中ほどにある。参議・大蔵卿・外相、そして二度にわたり総理大臣を務めた大隈重信(幼名八太郎)は、天保九年(一八三八)佐賀藩士大隈重伴(知行 ...
12. 大隈重信銅像[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
早稲田(わせだ)大学構内にあるアカデミック・ガウン姿の銅像。1932年(昭和7)、大学創立50周年記念祭と大隈(おおくま)の十回忌をかねてつくられた。制作者は彫 ...
13. 大隈重信内閣画像
日本大百科全書
明治後期・大正初期、大隈重信を首班として組織された第一次、二次の内閣。第一次(1898.6.30~11.8 明治31)隈板内閣(わいはんないかく)ともいう。第三 ...
14. 大隈重信内閣(第一次)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※(兼)は兼任を。一つの職名に複数の人名がある場合は順次後任を示す ©Shogakukan ...
15. 大隈重信内閣(第二次)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※(兼)は兼任。一つの職名に複数の人名がある場合は順次後任を示し、同一人名がある場合は再任を示す ©Shogakukan ...
16. 青木周蔵画像
日本大百科全書
んさん)委員に任命された。1889年には第一次山県有朋(やまがたありとも)内閣の外相に就任、大隈重信(おおくましげのぶ)前外相が激しい反対運動のため失敗した後を ...
17. 青木周蔵自伝 27ページ
東洋文庫
行の海外旅行免許状第一    号であった。帰国ののち、順天堂(現在の順天堂医科大学)を創立、大隈重信が霞が関事件で、    李鴻章が下関で遭難した際、治療に当っ ...
18. 青木周蔵自伝 67ページ
東洋文庫
4 帝号大日本政典、尾佐竹猛氏著「日本憲政史」所収、七篇九十五ヵ条   5 帝号大日本国政典、大隈重信文書、七篇九十五ヵ条   がある。 四 「大日本政規(原稿 ...
19. 青木周蔵自伝 78ページ
東洋文庫
であった。明治政府は不平等条約改正を国家的課題として、歴代外務 卿・外相(寺島宗則・井上馨・大隈重信・青木周蔵・榎本武揚ら)が改正交渉を行なったが、 いずれも失 ...
20. 青木周蔵自伝 303ページ
東洋文庫
無制限にドイツ領事裁判権の継続を許 すなどの条約に調印したため政治問題となり、明治三十年九月一日、大隈重信外相(第二次松 方内閣)により帰朝を命ぜられた。 ...
21. 青木周蔵自伝 347ページ
東洋文庫
駐米大使召還事情、十四年~十八年に至る井上外務卿へのアドバイス、ドイツ人お雇い外人の採用、万国郵便連盟加盟、大隈重信・森有礼の評価、第二次山県内閣瓦解事情、北清 ...
22. 青木周蔵自伝 361ページ
東洋文庫
藤博文、兼摂外相となる七月、那須青木開墾内に別荘建築十月五日、自治制研究会に入る・二月一日、大隈重信、外相となる・四月、黒田清隆内閣十一月一日、外相代理となる十 ...
23. アカデミー
日本大百科全書
った。民間では福沢諭吉の慶応義塾(1858)、新島襄(にいじまじょう)の同志社(1875)、大隈重信(おおくましげのぶ)の東京専門学校(1882。早稲田大学の前 ...
24. あさひなちせん【朝比奈知泉】
国史大辞典
中退した。大学でラートゲンから学んだ国法学を立論の基礎として政党否定・議会攻撃の論説を書いた。大隈重信の条約改正に反対し、三度発行停止となった。同二十四年、伊東 ...
25. 安達謙蔵
世界大百科事典
13年桂太郎の立憲同志会創立に参加し,以後憲政会,立憲民政党に属す。この間,国権党時代の選挙指導の経験を生かし大隈重信内閣下の15年総選挙で同志会の大勝に重要な ...
26. あぶらやまち【油屋町】長崎県:長崎市/長崎町
日本歴史地名大系
安政三年(一八五六)イギリス商人オルトから大量の注文を受け、茶の輸出が増大していった。これで富を得た慶は大隈重信・松方正義・陸奥宗光らに経済支援を行った。その屋 ...
27. あまのためゆき【天野為之】
国史大辞典
り、同二十三年衆議院議員に当選、二十五年第二回総選挙に落選し以後政界を退く。他方卒業とともに大隈重信創立の東京専門学校教師となり、大正六年(一九一七)十月早稲田 ...
28. あめみやけいじろう【雨宮敬次郎】
国史大辞典
し、石油・蚕種取引をつづけ十三年より東京府下南葛飾郡深川に製粉工場を経営などするうち、大蔵卿大隈重信の内意により大阪商法会議所会頭五代友厚をたすけて紙幣下落防止 ...
29. アメリカ彦蔵自伝 2 191ページ
東洋文庫
辞するまでは彼のところで働き、さらに一八七四年の初頭、願いによって解職になるまで新大臣〔大蔵卿、大隈重信〕のところで働いた。井上氏に仕えていた間ずっと、この上も ...
30. アメリカ彦蔵自伝 2 208ページ
東洋文庫
いるかについては、人によって大いに意見の分かれるところであった。 五月十日付の官報は、直ちに大隈重信が大蔵省の政務を指揮するよう命ぜられたことを発表した。さらに ...
31. アメリカ彦蔵自伝 2 223ページ
東洋文庫
もって買取った。こうした法外の利得を三菱が得たというのも、岩崎が政府部内に深く食い入り、とくに大蔵卿大隈重信と密接に結びついていたためであった。     一 五 ...
32. アメリカ彦蔵自伝 2 269ページ
東洋文庫
いっぽう民衆が銅貨であげた賽銭は六百円に達し、俵八俵に一ばいとなった。                大隈重信の遭難 十月十八日。この日の午後四時頃、外務大臣の ...
33. アメリカ彦蔵自伝 2 291ページ
東洋文庫
〈二六(       八美 ○家康の江戸入府三百年祭。    〈柔バ      一2八〇外相大隈重信の遭難。      〈一蓉  一八九〇 一一一.三 〇榊原道 ...
34. アーネスト・サトウ 神道論 263ページ
東洋文庫
政府の蒸気船タボール号が、同国南部海岸に建つ灯台を巡る視察の航行中、鳥羽の港に入った折、参議大隈重信氏および工部大輔山尾庸三氏の大変柔軟な計らいにより、同船した ...
35. アーネスト・サトウ 神道論 271ページ
東洋文庫
(明治五年)冬に日本政府の参議大隈重信と工部大輔山尾庸三が実施した、日本南部海岸に建設された灯台を巡る視察に同行し、同年一一月二九日に蒸気船タボール号に乗り込み ...
36. アーネスト・サトウ伝 186ページ
東洋文庫
を飾っている。(5) ドイツ主義憲法への傾斜 佐賀出身で長崎でフルペッキから英学を教えられた大隈重信は、イギリス式の議会政治の導入に熱心であったが、岩倉具視、伊 ...
37. いいだまちいつちようめ【飯田町一丁目】東京都:千代田区/旧麹町区地区地図
日本歴史地名大系
った(元治元年改正尾張屋版切絵図など)。明治維新後は華族などの邸宅地となり、もとの御厩の地は大隈重信邸となった(明治一六年東京図測量原図)。明治九年雉子橋から北 ...
38. いけだ-しげのり【池田林儀】
日本人名大辞典
大正-昭和時代のジャーナリスト。明治25年1月11日生まれ。大日本雄弁会講談社から報知新聞社にうつる。大隈重信の専属記者をへてベルリン特派員。昭和8年京城日報に ...
39. 石井菊次郎
日本大百科全書
石井邦猷(くにみち)の養子となる。通商局長、次官、駐仏大使を歴任後、1915年(大正4)第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣の外相に就任、日露協約の締結に尽力 ...
40. 石井菊次郎
世界大百科事典
次西園寺公望内閣の林董外相のもとで次官,さらに1912年駐仏大使となる。第1次大戦中の14年大隈重信内閣の外相に就任し,日露協約締結など戦時外交に苦心する。17 ...
41. 伊集院彦吉[文献目録]
日本人物文献目録
【図書】:1件 【逐次刊行物】:2件 『伊集院彦吉男・青木宣純将軍追悼録』追悼会発起人『伊集院公使論』大隈重信等『伊集院彦吉先生』信夫淳平 ...
42. 板垣退助
世界大百科事典
にむかえられた。98年6月自由・進歩両党の合同により憲政党が結成され,同党を基礎として第1次大隈重信内閣が成立すると,これに内務大臣として入閣した(隈板内閣)。 ...
43. いたがきたいすけ【板垣退助】
国史大辞典
臣となった。三十一年六月自由党が進歩党と合同して憲政党となり、第三次伊藤内閣が総辞職すると、大隈重信・板垣退助に組閣の大命が下り、同月三十日隈板内閣が成立し、板 ...
44. 板垣退助[文献目録]
日本人物文献目録
近代政治家伝』阿部真之助『板垣退助抄伝』松川譲児『板垣退助小論』深谷博治『板垣退助と大隈重信』井上清『板垣退助と大隈重信』徳富猪一郎『板垣退助と谷干城の一代華族 ...
45. 一木喜徳郎
日本大百科全書
1900年(明治33)貴族院議員に勅選され、法制局長官、内務次官などを歴任。1914年(大正3)第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣の文部大臣、翌年内務大臣と ...
46. 一木喜徳郎
世界大百科事典
第1次桂太郎内閣の法制局長官,第2次桂内閣で内務次官に就任。この間貴族院勅選議員。その後,第2次大隈重信内閣の文相,内相を歴任し,17年から枢密顧問官。日本の地 ...
47. いちしまけんきち【市島謙吉】
国史大辞典
十六歳で上京、東京英語学校を経て東京大学文学部に進んだ。大学卒業の一年前の明治十四年(一八八一)、参議大隈重信の追放とひきかえに国会開設の勅諭が下りると、大学を ...
48. 市島春城
日本大百科全書
ばら)(現、阿賀野(あがの)市)に生まれる。本名謙吉。1881年(明治14)東京大学を中退、大隈重信(おおくましげのぶ)の傘下に入り、改進党や東京専門学校(早稲 ...
49. いとうないかく【伊藤内閣】画像
国史大辞典
年来の懸案たる地租増徴をもはや不可避とする情勢にあった。ここに伊藤首相は議会対策の上から、板垣退助と大隈重信の入閣による自由・改進両党の支持、挙国態勢の構築を試 ...
50. いとうないかく【伊藤内閣】 : 伊藤内閣/〔第二次〕
国史大辞典
年来の懸案たる地租増徴をもはや不可避とする情勢にあった。ここに伊藤首相は議会対策の上から、板垣退助と大隈重信の入閣による自由・改進両党の支持、挙国態勢の構築を試 ...
「大隈重信」の情報だけではなく、「大隈重信」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大隈重信と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大隈重信」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
連歌(小学館 全文全訳古語辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名詞〕短歌の上の句(五七五)と下の句(七七)とを、二人が応答してよむ詩歌の一種。平安時代に発生し、はじめは、二人の唱和で一首とする「短連歌」であったが、中世以降、二人以上(時には一人)で、五七五と七七の句を交互に長く続ける「長連歌」
俳諧集(新編 日本古典文学全集)
俳諧集(扉) 哥いづれの巻(貞徳翁独吟百韻自註)(扉) 作品解説・作者解説 哥いづれ小町おどりや伊勢踊 紅梅やの巻(紅梅千句)(扉) 作品解説・作者解説 梅 第一 蚊柱はの巻(蚊柱百句)(扉) 作品解説・作者解説 そもそもいきとしいけるもの
吉田茂(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八五 - 一九五四 大正・昭和時代の内務官僚、政治家。明治十八年(一八八五)九月二日大分県北海部郡臼杵町(臼杵市)に生まれる。父は銀行員。父の転勤により上京。同四十四年東京帝国大学法科大学独法科卒業。内務省に入り地方官を経て神社局第二課長、同第一課長を歴任
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
山本五十六(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
[1884―1943]昭和期の海軍軍人。明治17年4月4日新潟県生まれ。海軍兵学校32期、海軍大学校14期卒業。第一次世界大戦後の3回にわたる在米勤務ののち、いち早く航空機の将来性に着目。1930年(昭和5)航空本部技術部長、1935年航空本部長。航空兵力を主体とした対米迎撃戦を構想し
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る