1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 尾崎行雄
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
尾崎行雄
おざきゆきお
一八五八 - 一九五四
明治から昭和時代前期にかけての政党政治家。号は咢堂。安政五年(一八五八)十一月二十日、尾崎行正・貞子の長男として相模国津久井郡又野村(神奈川県津久井郡津久井町)に生まれる。地方官であった父の転任で度会県に居住、明治七年(一八七四)上京して慶応義塾に入学、のち中退して工学寮に学んだがまもなく退学、十年「討薩論」を『曙新聞』に投書して文才を認められ、『民間雑誌』の編集、英書の翻訳に従事、十二年福沢諭吉の推薦で『新潟新聞』の主筆となった。十四年矢野文雄に招かれ統計院権少書記官に任官したが十四年の政変で大隈重信に随って下野、翌年『郵便報知新聞』の論説記者となり、立憲改進党の創立に参画、以後、改進党の論客として論説・遊説に活躍した。十八年東京府会議員、また『朝野新聞』に転じて健筆をふるった。二十年大同団結運動に参加したが十二月保安条例によって東京から追放され、この機を利用して欧米に遊学。二十二年大隈遭難の報を聞き急遽帰国、翌年第一回総選挙に三重県第五区から立候補して当選、以後昭和二十七年(一九五二)の総選挙まで二十五回連続当選、六十三年の議員生活を送ることになる。改進党幹部として議政壇上で藩閥政府の内外政策を痛烈に批判、二十九年第二次松方内閣には進歩党領袖として外務省の勅任参事官となった。三十一年自由・進歩両党合同に成る憲政党の総務委員、六月第一次大隈(隈板)内閣の文相として入閣したが、「共和演説事件」によって辞任した。三十三年立憲政友会結成に憲政本党を脱党して参加、創立委員・総務委員を歴任、第十六・十七議会には松田正久・原敬らとともに最高幹部として党務を掌握、桂内閣と対立した。しかし第十八議会に総裁伊藤博文が単独で政府と妥協したため、憤慨して脱党した。三十六年東京市会から市長に推され四十五年六月まで就任、議会では政交倶楽部・猶興会に属したが四十二年再び政友会に入党した。大正元年(一九一二)憲政擁護運動がおこると立憲国民党の犬養毅とともに運動の先頭に立ち、議会では桂首相を鋭く糾弾して内閣総辞職に追い込み、世に「憲政の神様」と讃えられた。二年二月後継首相に薩派の山本権兵衛が立ち、政友会がこれと提携するや脱党して中正会を結成し、藩閥批判の姿勢を堅持した。三年シーメンス事件が起きると政府を鋭く弾劾、同年四月大隈内閣の法相として入閣。政府の中心的存在であった内相大浦兼武の涜職事件が明るみに出ると法相として公正な裁断を行なった。五年十月中正会は立憲同志会・公友倶楽部と合同して憲政会を結成、その筆頭総務に挙げられ、寺内官僚内閣の非立憲政治を終始攻撃した。八年欧米視察に出発、帰国後は普選即行論を唱え、第四十四議会で憲政会の普選案に反対したため除名となった。対外政策の面では、明治以来、対外強硬論を唱えることが多かったが、このころからシベリア出兵に反対し、軍備縮小論を唱えて各地に遊説し、十一年革新倶楽部に参加した。十三年護憲三派運動にもかつぎ出されたが、翌年革新倶楽部が政友会に合併したため脱党、以後無所属となり議会を中心に軍国主義化の傾向に反対して活動、昭和三年三大国難決議案の提出、十年国防に関する質問を行い、さらに日独伊三国同盟に反対し、大政翼賛会に批判的立場をとった。ついに同十七年の翼賛選挙で演説中に引用した川柳が不敬罪にあたるとして起訴されたが、十九年大審院で無罪の判決を受けた。戦後は憲政の長老的存在として戦争否定、世界連邦建設を提唱、議会では九十一歳の高齢で吉田内閣批判の質問演説に立った。二十八年の総選挙ではじめて落選、翌年衆議院名誉議員となり、十月六日逗子の風雲閣で死去した。九十五歳。同月十三日、築地本願寺で衆議院葬が行われ、遺骨は鎌倉の円覚寺に葬られた。著書は約八十冊に及ぶが、大部分は『尾崎咢堂全集』全十二巻に収められている。
[参考文献]
伊佐秀雄『尾崎行雄伝』、同『尾崎行雄』(『人物叢書』四八)
(宇野 俊一)


日本大百科全書(ニッポニカ)
尾崎行雄
おざきゆきお
[1858―1954]

政治家。戸籍上は安政(あんせい)6年(1859)11月20日神奈川県生まれ。号は咢堂(がくどう)。慶応義塾、工学寮を中退。1879年(明治12)福沢諭吉の推薦で『新潟新聞』主筆となる。ついで1881年統計院書記官となるが、明治十四年の政変(1881)で退官。翌1882年『郵便報知新聞』の論説記者となり、立憲改進党の結成に参加した。1887年、後藤象二郎(ごとうしょうじろう)のもとで大同団結運動を推進したが、保安条例により東京から退去を命じられ、アメリカ、イギリスに外遊。1890年第1回総選挙に三重県から立候補して当選。以後1952年(昭和27)の総選挙まで25回連続当選し、63年に及ぶ議員生活を送った。日清(にっしん)戦争前後の尾崎は対外硬派の先頭にたって政府を攻撃、第二次松方正義(まつかたまさよし)内閣では外務省参事官、第一次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣では文相に就任したが、藩閥政治を攻撃したいわゆる「共和演説」問題で辞職(1898)。1900年(明治33)伊藤博文(いとうひろぶみ)の誘いに応じて憲政本党を脱党して立憲政友会の創立に参画、総務委員を務めた。1903年伊藤の桂太郎(かつらたろう)内閣との妥協に反対して脱党、小会派を経て1909年に復党した。また1903年東京市長となり1912年まで在職。1912年(大正1)12月第二次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣が倒れると、国民党の犬養毅(いぬかいつよし)とともに第一次憲政擁護運動の先頭にたって活躍、「憲政の神様」と称された。政友会が第一次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣と妥協するとふたたび脱党、1914年第二次大隈内閣の法相に就任。1916年憲政会の創立に参画、筆頭総務となった。
 第一次世界大戦後には国際協調主義の立場から軍縮論を提唱。また普選運動の先頭にたち、憲政会の普選運動を不徹底と批判したために憲政会から除名され、革新倶楽部(くらぶ)に参加。その後第二次憲政擁護運動に参加、治安維持法制定には反対の立場をとった。政友会との合同には参加せず、議会内ではしだいに孤立するなかで、1928年(昭和3)には田中義一(たなかぎいち)内閣の思想弾圧を批判して三大国難決議案を提出、1931年には治安維持法の全廃と軍縮を主張するなど、反軍国主義、反ファシズムの立場を明確にし、戦時中もその立場を貫いた。とくに1942年の翼賛選挙には推薦制を批判した公開質問状を東条英機(とうじょうひでき)首相に送付、自らは非推薦で立候補して当選。また長年の同志田川大吉郎の応援演説での発言を理由に不敬罪で起訴され有罪判決を受けるが、1944年の大審院では無罪となった。第二次世界大戦後は、戦時中の姿勢ゆえに時代の脚光を浴び、国会では長老的存在として発言した。昭和29年10月6日死去。
[北河賢三]



世界大百科事典
尾崎行雄
おざきゆきお
1859-1954(安政6-昭和29)

日本近代の代表的自由主義政治家。号は咢堂。相模国又野村(現,神奈川県相模原市)出身。慶応義塾中退後新聞記者となり,1882年立憲改進党創立に参画。87年の三大事件建白運動では,保安条例による東京退去処分を受けた。90年第1回総選挙に三重県から当選,以後25回連続当選,代議士生活63年。98年大隈重信内閣の文相となったが,日本に共和制を想定した演説が不敬と非難されて辞職。1900年立憲政友会の創立に参加。03-12年東京市長。13年第1次護憲運動には犬養毅とともに桂太郎内閣打倒の陣頭に立ち〈護憲の神〉とうたわれた。桂内閣打倒後政友会の山本権兵衛内閣支持に抗議して脱党,中正会を結成。14年大隈内閣の法相に就任,16年憲政会に加わる。第1次世界大戦後いちはやく普通選挙運動の先頭に立ち,労働者のデモに加わり,憲政会幹部と対立。21年脱党,翌年革新俱楽部に加わる。一方ワシントン会議に先立ち軍備縮小同志会をおこし,吉野作造らとともに熱心に遊説した。25年治安維持法制定に最後まで反対。同年革新俱楽部解体後は無所属となった。以後政治的孤立の中で軍国主義化に反対,戦時下の43年翼賛選挙を攻撃,不敬罪で告発されたが翌年大審院で無罪となった。戦後は国会の長老格であったが,53年の総選挙で落選し政界を引退,国会から名誉議員の称号を贈られた。60年,その憲政に対する貢献をたたえ,尾崎記念館(現在は衆議院憲政記念館)が国会前に建設された。《尾崎咢堂全集》全12巻(1955-56)がある。
[松尾 尊兊]

[索引語]
尾崎記念館 尾崎咢堂
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
尾崎行雄の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 232
検索コンテンツ
1. 尾崎行雄画像
日本大百科全書
政治家。戸籍上は安政(あんせい)6年(1859)11月20日神奈川県生まれ。号は咢堂(がくどう)。慶応義塾、工学寮を中退。1879年(明治12)福沢諭吉の推薦で ...
2. 尾崎行雄[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー ...
3. 尾崎行雄
世界大百科事典
1859-1954(安政6-昭和29) 日本近代の代表的自由主義政治家。号は咢堂。相模国又野村(現,神奈川県相模原市)出身。慶応義塾中退後新聞記者となり,188 ...
4. おざき‐ゆきお【尾崎行雄】
日本国語大辞典
政治家。相模(神奈川県)生まれ。号は咢堂(がくどう)・卆翁(くじゅうおう)。新聞記者を経て第一回選挙から衆議院議員連続当選二五回。文相、東京市長、法相を歴任。立 ...
5. おざきゆきお【尾崎行雄】
国史大辞典
著書は約八十冊に及ぶが、大部分は『尾崎咢堂全集』全十二巻に収められている。 [参考文献]伊佐秀雄『尾崎行雄伝』、同『尾崎行雄』(『人物叢書』四八) (宇野 俊一 ...
6. 尾崎行雄
日本史年表
1942年〈昭和17 壬午〉 4・24 尾崎行雄 を不敬罪容疑で起訴。  ...
7. 尾崎行雄[文献目録]
日本人物文献目録
と語る』尾崎行雄尾崎行雄伝』伊佐秀雄『風雲閣閑話』尾崎行雄(著刊)『卒翁夜話』尾崎行雄『わが遺言』尾崎行雄『民権闘争七十年』尾崎行雄『咢堂回顧録 2巻2冊』尾 ...
8. おざき-ゆきお【尾崎行雄(1)】画像
日本人名大辞典
1858−1954 明治-昭和時代の政治家。安政5年11月20日生まれ。「新潟新聞」主筆などをへて,立憲改進党の結成に参加。明治23年の第1回総選挙以来衆議院議 ...
9. おざき-ゆきお【尾崎行雄(2)】
日本人名大辞典
1944−2013 昭和時代後期のプロ野球選手。昭和19年9月11日生まれ。昭和36年夏の甲子園で浪商高(現・大阪体育大浪商高)のエースとして剛速球を武器に法政 ...
10. おざきゆきおふけいじけん【尾崎行雄不敬事件】
国史大辞典
執行猶予二年の判決、上告した大審院判決で十九年六月無罪が決定した。 [参考文献]伊佐秀雄『尾崎行雄伝』、同『尾崎行雄』(『人物叢書』四八) (宇野 俊一)  ...
11. 青木周蔵自伝 315ページ
東洋文庫
恣にして大権を蔑視し、行政の治績を謳ひて政府を攻撃し、実に乱暴狼藉を極むるに至れり。就中、河野広中、尾崎行雄氏等は、実に憲法の規定を蔑視し、其の協賛の権限を超越 ...
12. あさひな-そうげん【朝比奈宗源】画像
日本人名大辞典
京都妙心寺などで修行し,鎌倉浄智寺住持をへて,昭和17年円覚寺貫主。20年円覚寺派管長。38年賀川豊彦,尾崎行雄らと世界連邦日本仏教徒協議会を結成,会長となった ...
13. アメリカ彦蔵自伝 2 265ページ
東洋文庫
の地に退去を命ぜられた。尾崎行雄、星亨、中島信行、中江兆民、竹内綱(吉田茂の父)も、このなかにはいっていた。     一 八 章                 ...
14. 板垣退助[文献目録]
日本人物文献目録
板垣洋行費に関する一史料』落木正文『板垣洋行に関する一資料』深谷博治『伊藤・大隈・板垣と私』尾崎行雄『英信流居合術と板垣伯』岡本九敏『近世日本建設の父板垣退助伯 ...
15. 伊藤博文[文献目録]
日本人物文献目録
『伊藤博文 明治官僚の肖像』渡部英三郎『伊藤・井上と山県』渡辺幾治郎『伊藤・大隈・板垣と私』尾崎行雄『我が交友録 2 伊藤・大隈・山県』徳富猪一郎『伊藤公を追悼 ...
16. 犬養毅画像
日本大百科全書
を設立し『東海経済新報』を創刊、主幹として編集を担当した。1881年先輩矢野文雄の勧めにより尾崎行雄(おざきゆきお)らとともに統計院に入る。このときの関係から以 ...
17. 犬養毅
世界大百科事典
方正義内閣と提携した。98年自由・進歩両党が憲政党に合同し隈板(わいはん)内閣が成立すると,尾崎行雄辞任後の文相となった。憲政党分裂後は憲政本党筆頭総務に就任し ...
18. いぬかいつよし【犬養毅】
国史大辞典
が、同年十月の政変で大隈傘下の同志とともに連袂辞職し、翌十五年矢野文雄・藤田茂吉・箕浦勝人・尾崎行雄らと東洋議政会を組織し、ついで同年四月、この仲間とともに立憲 ...
19. 犬養毅[文献目録]
日本人物文献目録
養毅』唐島基智三『保護貿易と犬養毅』堀経夫『木堂書簡』犬養毅『木堂と健』山浦貫一『老友木堂』尾崎行雄 ...
20. 井上馨[文献目録]
日本人物文献目録
、服部氏へ』尾佐竹猛『明治前半期における井上馨の東亜外交政略』安岡昭男『明治大正人物譚 7』尾崎行雄 ...
21. いるまし【入間市】埼玉県地図
日本歴史地名大系
堂が完成、同一四年から豊岡大学が開講され、昭和一二年まで二二回にわたって犬養毅・新渡戸稲造・尾崎行雄らを招聘して講座が開かれた。昭和八年に宮寺村・金子村・東金子 ...
22. いわむらみちよ【岩村通世】
国史大辞典
十六年七月第三次近衛内閣に入閣して司法大臣となり、同年十月東条内閣成立とともにひきつづき司法大臣として留任、尾崎行雄不敬事件・中野正剛事件に関係したが、また司法 ...
23. 演説
日本大百科全書
けいもう)の講演会に形を変えていった。名演説家としては、島田三郎、犬養毅(いぬかいつよし)、尾崎行雄(ゆきお)、永井柳太郎、鶴見祐輔(つるみゆうすけ)などがいる ...
24. おおうらないしょうじけん【大浦内相事件】
国史大辞典
を辞して隠栖したので起訴猶予、その他は翌五年六月に懲役六ヵ月以下の処分をうけた。また閣内では尾崎行雄法相の単独責任論と他閣僚の共同責任論に分かれ、新聞の攻撃もあ ...
25. 大隈重信[文献目録]
日本人物文献目録
中心として』大石嘉一郎『板垣退助と大隈重信』井上清『板垣退助と大隈重信』徳富猪一郎『伊藤・大隈・板垣と私』尾崎行雄『犬養と大隈』渡辺幾治郎『浮田博退職記念論文集 ...
26. 大隈重信内閣画像
日本大百科全書
当初より大臣の椅子(いす)をめぐって旧自由、進歩両派が争い、また猟官運動も盛んであった。たまたま尾崎行雄(おざきゆきお)文相が共和演説事件によって辞任したため、 ...
27. おおくまないかく【大隈内閣】画像
国史大辞典
内の混乱を一層激化させた。このようにさまざまな弱点をもっていた大隈内閣は、八月二十二日の文相尾崎行雄の「共和演説」をきっかけとする貴族院の倒閣運動によりまずぐら ...
28. おおくまないかく【大隈内閣】 : 大隈内閣/〔第一次〕
国史大辞典
内の混乱を一層激化させた。このようにさまざまな弱点をもっていた大隈内閣は、八月二十二日の文相尾崎行雄の「共和演説」をきっかけとする貴族院の倒閣運動によりまずぐら ...
29. おおくまないかく【大隈内閣】 : 大隈内閣/〔第二次〕
国史大辞典
以来の民衆政治家としてのイメージも強く残っていた。大隈は桂太郎の遺産である立憲同志会を基礎に尾崎行雄の中正会や貴族院の山県系たる幸倶楽部の支持を得て組閣に成功し ...
30. 岡崎邦輔
日本大百科全書
などにあたった。1908年ふたたび代議士となり、第一次護憲運動では政友会を代表して活躍、一時尾崎行雄らと政友倶楽部(くらぶ)をつくったが、やがて政友会に復帰、大 ...
31. 岡崎邦輔
世界大百科事典
の官房長をつとめた。また,憲政党,立憲政友会の政務に関与し策士として有名。1912年犬養毅,尾崎行雄らと護憲運動を起こし,25年第1次加藤高明内閣の農相となる。 ...
32. おかざきくにすけ【岡崎邦輔】
国史大辞典
第一次護憲運動には桂内閣打倒の急先鋒として活曜したが、内閣倒壊後政友会が薩閥山本権兵衛内閣の与党となったため尾崎行雄らとの義理合いから脱党し、政友倶楽部を組織し ...
33. おかざき-くにすけ【岡崎邦輔】
日本人名大辞典
ミシガン大に留学。24年衆議院議員となり,自由党,憲政党,政友会に属した(当選10回)。大正元年犬養毅,尾崎行雄らと第1次護憲運動をおこす。のち加藤高明内閣の農 ...
34. おかもと-わたる【岡本弥】
日本人名大辞典
26年青年進徳会を組織して,部落改善・差別糾弾にのりだす。35年和歌山県西本願寺布教師の差別説教,尾崎行雄の差別発言などを糾弾。36年大日本同胞融和会を結成。融 ...
35. おがわへいきち【小川平吉】
国史大辞典
三十六年衆議院議員に初当選(以後当選十回)したが、この年政友会革新運動をおこして脱党した。また河野広中・尾崎行雄・秋山定輔らと勅語奉答文事件を計画し議会の解散を ...
36. おざき-えいこ【尾崎英子】
日本人名大辞典
1871*−1932 明治-昭和時代前期,尾崎行雄(ゆきお)の妻。明治3年12月25日ロンドン生まれ。尾崎三良(さぶろう)の長女。両親が離婚し,イギリス人の母に ...
37. おざき-がくどう【尾崎咢堂】
日本人名大辞典
尾崎行雄(おざき-ゆきお)(1) ...
38. おざきゆきおふけいじけん【尾崎行雄不敬事件】 : 尾崎行雄不敬事件/(一)
国史大辞典
(一) 明治三十一年(一八九八)文相尾崎行雄が「共和」演説のため辞職した事件。同年六月わが国最初の政党内閣として隈板内閣(第一次大隈内閣)が成立し、尾崎は旧進 ...
39. おざき-ゆきてる【尾崎行輝】
日本人名大辞典
1888−1964 大正-昭和時代の飛行士,政治家。明治21年1月14日生まれ。尾崎行雄の4男。京都帝大在学中にライト兄弟にあこがれ,民間パイロットとなる。大正 ...
40. おざき-ゆきまさ【尾崎行正】
日本人名大辞典
1838−1916 明治時代の官吏。天保(てんぽう)9年9月生まれ。尾崎行雄の父。廃藩置県後,高崎,度会(わたらい),熊本の県庁に勤務。熊本県庁に在職中の明治9 ...
41. おんな二代の記 98ページ
東洋文庫
藩閥ぎらいの一事だけはよく話があいました。伊藤、山県など長閥の悪事もよく聞かされたもので、とりわけ尾崎行雄氏が共和演説で文部大臣をやめさせられたことを母はいつも ...
42. かがく‐しょうせつ[クヮガクセウセツ]【科学小説】
日本国語大辞典
く、ときにスリラーの要素を伴う。空想科学小説。SF。*雪中梅〔1886〕〈末広鉄腸〉下・序〈尾崎行雄〉「之に尋で科学小説(サイエンチヒック、ナーブェル)あり」* ...
43. 革新俱楽部
世界大百科事典
憲政・政友両党の挟撃にあって党勢拡大に失敗し,25年5月14日犬養らの右派は政友会と合流し,尾崎行雄,清瀬一郎らの左派は5月30日に中正俱楽部などと合流して新正 ...
44. かくしんクラブ【革新〓楽部】
国史大辞典
十五名により結成された。党首はおかず、党議拘束を廃止したことを最大の特色とし、犬養毅を筆頭に尾崎行雄・田川大吉郎・植原悦二郎・中野正剛・清瀬一郎・星島二郎らが中 ...
45. 革新倶楽部
日本史年表
1922年〈大正11 壬戌〉 11・8 犬養毅・尾崎行雄・島田三郎ら、 革新倶楽部 を結成。 1925年〈大正14 乙丑〉 5・14 革新倶楽部 ・ 中正倶楽 ...
46. 桂太郎自伝 290ページ
東洋文庫
なさず、布て中立者たる陸海両大臣間に運動し、自己の論議の賛成を乞ふの場合に達せり。尤も甚敷は尾崎行雄文相交秩〔迭〕の場合に於て其極端に至れり。文相は失言を以て免 ...
47. 桂太郎自伝 343ページ
東洋文庫
「閥族打破・憲政擁護」を唱える憲政擁護運動の高まりの中で政権の座を降りた。かつて、「共和演説事件」で尾崎行雄を文相の座から引きずりおろし、最初の政党内閣である隈 ...
48. かつらないかく【桂内閣】画像
国史大辞典
したのみで、期待した政友会の分裂は起らなかった。停会あけの二月五日群衆が議会を包囲するなかで尾崎行雄は政府弾劾演説を行い、桂内閣の詔勅政策をきびしく批判した。桂 ...
49. かつらないかく【桂内閣】 : 桂内閣/〔第三次〕
国史大辞典
したのみで、期待した政友会の分裂は起らなかった。停会あけの二月五日群衆が議会を包囲するなかで尾崎行雄は政府弾劾演説を行い、桂内閣の詔勅政策をきびしく批判した。桂 ...
50. 加波山事件 民権派激挙の記録 17ページ
東洋文庫
ぜられた。軍部大臣を除くすべての閣僚を党員で占めた、わが国最初の政党内閣である。しかし、文相尾崎行雄の大日本教育会におけるいわゆる「共和演説」に端を発して、自由 ...
「尾崎行雄」の情報だけではなく、「尾崎行雄」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

尾崎行雄と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「尾崎行雄」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
連歌(小学館 全文全訳古語辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名詞〕短歌の上の句(五七五)と下の句(七七)とを、二人が応答してよむ詩歌の一種。平安時代に発生し、はじめは、二人の唱和で一首とする「短連歌」であったが、中世以降、二人以上(時には一人)で、五七五と七七の句を交互に長く続ける「長連歌」
俳諧集(新編 日本古典文学全集)
俳諧集(扉) 哥いづれの巻(貞徳翁独吟百韻自註)(扉) 作品解説・作者解説 哥いづれ小町おどりや伊勢踊 紅梅やの巻(紅梅千句)(扉) 作品解説・作者解説 梅 第一 蚊柱はの巻(蚊柱百句)(扉) 作品解説・作者解説 そもそもいきとしいけるもの
吉田茂(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八五 - 一九五四 大正・昭和時代の内務官僚、政治家。明治十八年(一八八五)九月二日大分県北海部郡臼杵町(臼杵市)に生まれる。父は銀行員。父の転勤により上京。同四十四年東京帝国大学法科大学独法科卒業。内務省に入り地方官を経て神社局第二課長、同第一課長を歴任
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
山本五十六(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
[1884―1943]昭和期の海軍軍人。明治17年4月4日新潟県生まれ。海軍兵学校32期、海軍大学校14期卒業。第一次世界大戦後の3回にわたる在米勤務ののち、いち早く航空機の将来性に着目。1930年(昭和5)航空本部技術部長、1935年航空本部長。航空兵力を主体とした対米迎撃戦を構想し
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る