1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 原敬
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
国史大辞典
原敬
はらたかし
一八五六 - 一九二一
明治・大正時代の政党政治家。幼名は健次郎。鷲山・一山・逸山などと号した。最初の夫人貞子は中井弘の娘。安政三年(一八五六)二月九日陸奥国盛岡(南部)藩士原直治・リツ子の次男(第四子)として同藩盛岡城外本宮村(盛岡市本宮)に生まれる。原家は高地家格の家柄で健次郎の出生時、当主の祖父直記は家老職(家老加判)に列し、父直治は側用人を勤めていた。禄高は直治の家督相続時で二百二十七石であった。明治三年(一八七〇)藩校作人館の修文所に入り漢学・国学を学んだが、二年前の戊辰戦争に際して新政府軍と戦って敗れた南部藩は、政府の要求した七十万両の献金が調達できず、みずから願い出て三年七月廃藩となった。翌年南部家が東京に英学校共慣義塾を設立すると、原も旧藩子弟とともに上京して入塾したが、学資に窮して五年フランス人マリンの経営する神学校に入った。七年新潟に赴きエブラル神父の学僕となりフランス語を学ぶ。翌年いったん帰郷し分家したので平民の身分となった。ついで再び上京、箕作秋坪の三叉(さんさ)学舎に学び、九年には司法省法学校に入学したが、十二年いわゆる賄征伐事件に関連して薩摩藩出身の校長排斥運動の首謀者となり、陸実(羯南)らとともに退学処分となった。同年中井弘の口利きで『郵便報知新聞』に入り、フランスの新聞の翻訳にあたるとともに評論活動にたずさわり、穏健な立憲政治論を唱えた。しかし矢野文雄が同新聞社社長となり三田派の勢力が強まったのを機に、十五年一月退社。同年四月『大東日報』(立憲帝政党系)に入ったがまもなく退社し、在社中知り合った井上馨の推薦で同年十一月外務省御用掛に任用された。その後、天津領事・パリ日本公使館書記官など在外勤務を経て二十二年四月農商務省参事官に転じ、ついで大臣秘書官・官房秘書課長などを歴任、特に陸奥宗光農商務大臣の知遇を得た。二十五年三月陸奥の辞職とともにいったん辞任したが、同年八月陸奥が第二次伊藤内閣の外務大臣に入閣すると、そのもとで外務省通商局長、ついで二十八年五月外務次官となった。翌年六月駐朝鮮公使となったが、第二次松方内閣成立(大隈重信外相)により十月に辞任、待命。陸奥の病没を機に三十年九月官界を退き『大阪毎日新聞』に編輯総理として入社、翌年九月同社社長となった。三十三年七月ごろから伊藤博文を擁立する新党運動に参画、同年九月伊藤を総裁に立憲政友会が結成されると、大阪毎日新聞社長を辞してこれに加わり、十二月政友会総務委員兼幹事長となり、同月辞任した星亨のあとを受けて第四次伊藤内閣の逓信大臣として入閣した。翌年六月伊藤内閣退陣により辞任。三十五年八月の第七回総選挙で岩手県盛岡市から衆議院議員に当選して以来、大正九年(一九二〇)の第十四回総選挙まで連続八回当選。この間第二代総裁西園寺公望を補佐して党務にあたり、次第に政友会の実権をにぎるとともに、藩閥勢力を代表する桂太郎と西園寺との「情意投合」を演出し、日露戦争後の政局の安定化をはかった。また大阪北浜銀行頭取(三十四年十一月―三十六年五月)・古河鉱業副社長(三十八年四月―三十九年一月)をつとめるなど財界とも深い関係を持った。第一次西園寺内閣(三十九年一月―四十一年七月)、第二次西園寺内閣(四十四年八月―大正元年十二月)、第一次山本内閣(大正二年二月―三年四月)ではいずれも内務大臣をつとめ、府県知事の人事異動、地方制度の改革、地方開発などを通じて政党勢力の拡張をはかり、藩閥・官僚勢力と対抗した。大正三年六月西園寺のあとを受けて第三代立憲政友会総裁に就任。第二次大隈内閣時代野党に廻った政友会は四年三月の総選挙で結党以来はじめて第二党に転落したが、次の寺内内閣に対しては「是々非々」の立場から準与党的立場を維持し、原の指導下に六年四月の総選挙で勝利をおさめ、再び第一党に返り咲いた。原は同年六月犬養毅らとともに臨時外交調査委員会委員となり外交政策にも発言力を持った。大正七年八月米騒動が全国にひろがり、激しい非難を浴びた寺内内閣が、同年九月米騒動収拾を機に退陣すると、元老西園寺公望らの推薦によって九月二十七日原が後継内閣組織の大命を受け、九月二十九日立憲政友会を率いて内閣を組織した。原は西南雄藩や公家の出身ではなく、衆議院に議席を有する日本最初の総理大臣だったので、「平民宰相」「無爵宰相」などと呼ばれ国民の人気と期待を集め、卓越した政治的手腕を発揮して与党と内閣を指導した。対外的には対米協調を基本方針とする外交政策を、国内的には高橋是清を蔵相にすえ、大戦景気を背景に積極財政政策を強力におし進めた。とりわけ鉄道敷設におけるローカル線拡張や道路網の新設・整備などにみられる「地方開発」政策は政友会の党勢拡張に大きな役割を果たしたと考えられる。貴族院工作にも取り組み、九年五月には兼任していた司法大臣のポストを貴族院の最大会派研究会に配分し、その与党化をはかっている。また大正デモクラシーの風潮に応じて衆議院議員の選挙権拡張をめざし、八年三月には選挙権者の納税資格を直接国税十円以上から三円以上に引き下げるとともに小選挙区制を取り入れた選挙法改正案を成立させた。しかし、普通選挙(男子のみ)実現の要求に対しては、時期尚早とする立場からこれに反対し、野党の普選案上呈に対抗して九年二月衆議院を解散し、同年五月の総選挙では立憲政友会が衆議院の約六割の議席を制するという大勝を博した。こうして原は衆議院の絶対多数の確保と議会外諸勢力との協調関係の保持などによって、三年一ヵ月余りにわたって政権を維持したが、その末期には第一次世界大戦後恐慌の影響による財政の悪化や宮中某重大事件のような困難な政治問題に直面し、また普通選挙拒否や多数の支持をたのんだ政治運営における高圧的姿勢に加えて汚職事件の頻発などが彼の「平民宰相」イメージを損ない、野党の反政府攻勢の高まりと相まって、原への国民の期待と人気は次第に低落していった。こうした中で、政友会近畿大会に出席するため東京発の夜行列車に乗車しようと、大正十年十一月四日午後七時二十五分ごろ東京駅の乗車口の改札口にさしかかった時、中岡艮一(大塚駅の転轍手、当時十九歳)に襲われ、短刀で胸を刺されて死亡した。享年六十六。盛岡市の大慈寺に葬る。法名大慈寺殿逸山仁敬大居士。原は戊辰戦争当時十三歳の少年であったが、一山(または逸山)というペンネームを好んで用いたのをみれば、南部藩が新政府に敵対して「朝敵」とされた屈辱的記憶は、「白河以北一山百文」という東北人への侮蔑的呼称とともにその脳裏に深く刻み込まれていたと思われる。薩長藩閥勢力に対する敵意と対抗心を終生持ち続けたことは、叙爵の機会が何回もありながら、かたくななまでにこれを辞退し続けた彼の姿勢からもうかがわれる。しかしあくまで現実的政治家であった原は、そうした敵意をあらわにすることなく、藩閥・官僚派とつかず離れずの態度をとって正面衝突を避けつつ、慎重に彼らの足場を掘り崩して政党勢力の拡張をはかり、立憲政友会政権の実現に到達したのである。そして、彼が明治憲法下の限定された条件のもとで、政党内閣を比較的長く維持し得た重要な理由の一つは、政党政治を好まない山県有朋ら党外・議会外の諸勢力と協調関係を保持していたことにあったと考えられる。政党政治家としての原の指導力の源泉の一つは、そのすぐれた政治資金調達能力にあった。現実にそれをどこから得ていたかは明白ではないが、財界との関係はきわめて密接で、政友会の運営資金の調達と運用は、ほとんど原が一手に引き受けていたといわれる。また積極政策による「地方開発」を通じての党勢拡張が、地方への「利益誘導」型の政党政治の成立につながったことも否定できない。しかし、とかく金銭感覚にルーズな政党政治家が多かった中で、原は金銭にはきわめて几帳面で、特に党の資金と個人的資金とは峻別していたとみられ、私生活の面では当時の政党政治家の中ではむしろ質素でさしたる私財をたくわえることもしなかったという。原は実行力に富んだ現実的政治家として日本における政党政治の確立に大きな役割を演じたが、反面、政権担当の末期には反対派からしばしば「多数党横暴」の責任者として非難を浴びた。原が死去の直前まで記していた日記(『原敬日記』(全六巻))は、政治家原敬の考えや行動を中心に、明治時代後期から大正時代における政界の動向を知る上で貴重な史料である。また、新聞に発表された原の評論、各種の演説などを集めた『原敬全集』(上・下)、来翰や書類をおさめた『原敬関係文書』などが公刊されている。現在、盛岡市本宮には原の生家の一部が保存され、敷地内には原敬記念館が建設され、遺品や関係史料が展示されている。→原敬日記(はらけいにっき),→原内閣(はらないかく)
[参考文献]
前田蓮山『原敬伝』、同『原敬』(『三代宰相列伝』七)、テツオ=ナジタ『原敬―政治技術の巨匠―』(安田志郎訳)、岡義武『近代日本の政治家』、升味準之輔『日本政党史論』三・四、原奎一郎・山本四郎編『原敬をめぐる人びと』(『NHKブックス』四〇一)、同編『続原敬をめぐる人びと』(同四一九)
(鳥海 靖)


日本大百科全書(ニッポニカ)
原敬
はらたかし
[1856―1921]

明治・大正時代の政党政治家。安政(あんせい)3年2月9日、南部藩重臣の次男として生まれたが、1875年(明治8)兄たちと相談のうえ分家するにあたり、士族を離脱して平民の身分となった。1871年に上京、1876年に司法省法学校に入るが、3年で退校し、『郵便報知新聞』『大東日報』の記者を経て1882年に外務省に入る。ここでは外相を務めた井上馨(いのうえかおる)、陸奥宗光(むつむねみつ)にその資質を見込まれ、農商務省参事官、外務省通商局長を歴任して外務省次官にまで昇進した。しかし1897年の陸奥の死とともに朝鮮駐在公使を最後に外務省を退官して『大阪毎日新聞』の社長に就任。1900年(明治33)伊藤博文(いとうひろぶみ)の国民政党論に基づいて創立された立憲政友会に参画し、この年に組閣をみた第四次伊藤内閣の逓相(ていしょう)となった。1902年には盛岡市から代議士に当選、以後死去に至るまで連続当選した。1903年立憲政友会の総裁が伊藤から西園寺公望(さいおんじきんもち)に交代し、原は松田正久(まつだまさひさ)らとともに党の実権を握るようになった。実業界でも北浜銀行頭取、古河鉱業(ふるかわこうぎょう)(現古河機械金属)副社長の地位につき、財界のなかでその地歩を築き上げながら、政友会と政界の内部において実力を発揮していった。西園寺の政治手腕に疑問と不満を抱く原は、長州閥の桂太郎(かつらたろう)に接近し、桂と西園寺の交互の組閣になる「桂・園」妥協政治時代を実現する演出者となった。原自身も第一次・第二次西園寺内閣の内相となり、山県有朋(やまがたありとも)を頂点とする長州閥の政治支配力に郡制廃止や二個師団増設問題などで揺さぶりをかけながら、藩閥政治に割って入り、政友会の影響力を強めていこうと努力を重ねた。その後、大正政変を経て第一次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の内相を務め、1914年(大正3)西園寺の後を継いで政友会の総裁に就任、横田千之助(よこたせんのすけ)を右腕として重用しながらその卓越した政治力で党内をまとめあげていった。原総裁下の政友会は第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣下の総選挙で第二党に転落したが、1917年の総選挙では第一党に返り咲き、翌1918年夏の米騒動で原内閣が誕生するに及んで原と政友会の「黄金時代」を現出した。
 原の首相就任は「平民宰相」の誕生として受け止められた。山県系の官僚勢力を一掃し種々の策を弄(ろう)して政権を手にした原も、「平民」ということばを愛し続けていた。若いときに宿屋に泊まるたびに宿帳にわざわざ「岩手県平民」と得意になってしたためていた原は、首相になるまで3回爵位を受ける機会があったが、青年時代からの信念を守り続けて、これを固辞してきた。また首相になっても地位・名誉・財産欲に走る政治家のタイプとは異なり、清潔さを貫き通した。
 原は内閣で積極政策をとったにもかかわらず、物価騰貴の抑制、経済の立て直し、労働争議の鎮静に苦慮し、そのうえ政府・政友会にまつわる疑獄事件が浮かび上がり、苦境に陥れられていった。政権を担当して3年目には疲労困憊(こんぱい)し、妻の浅(あさ)に疲れを訴え、辞職したい意向まで語っていた。政治家としての偽りのない心境であったろう。その原は、大正10年11月4日、東京駅で刺客中岡艮一(こんいち)の手で刺殺され世を去った。この暗殺事件は裁判では大塚駅の転轍(てんてつ)手である一青年の単独犯行としてかたづけられたが、その司法処理は平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)大審院長、鈴木喜三郎(すずききさぶろう)の司法閥の判断による結論であった。しかし原を死に追いやった背景には、政教社の五百木良三(いおぎりょうぞう)の予告どおり右翼組織が動いていた。それにしても政党政治家としての原は「平民」の信念を貫き、公私の別を明らかにし続けた。死後、伯爵下賜の話が出たが、浅夫人は原の遺志という理由でこれを拝辞した。また遺書のなかでは、政友会の遺産100万円余のうち返却分15万円を差し引いて残りを次期総裁に引き渡すよう指示していた。「正二位(しょうにい)大勲位平民」、これが原敬の死後の肩書である。まことに奇妙な印象を与えるが、そのひととなりにふさわしい。
 なお、青年時代から首相時代に及ぶ膨大な日記は、日本の近代政治史を知るうえでの比類のない資料である。
[金原左門]



世界大百科事典
原敬
はらたかし
1856-1921(安政3-大正10)

明治・大正期の政治家。盛岡藩重臣の次男。1871年(明治4)上京してカトリックの神父の学僕となり苦学。76年司法省法学校に入学,79年〈賄(まかない)征伐〉で退校,改進党系の《郵便報知新聞》記者となる。82年官僚派の《大東日報》主筆に転進。井上毅,井上馨に認められ同年外務省に入り,翌年天津領事として赴任,才腕を示し,85年パリ公使館書記官に転じた。89年,外相大隈重信をきらって農商務省に移り,陸奥宗光の知遇を受け,通商局長を経て,95年外務次官に進んだ。この間,外交官採用制度を確立,日清戦争時の陸奥外交を補佐した。96年公使として朝鮮に赴き,閔妃(びんひ)殺害事件のあとの日本勢力回復に努め,翌年大隈がまた外相となったのを機会に退官,大阪財界に迎えられて《大阪毎日新聞》社長に就任,読者を3倍に増やす経営手腕を発揮した。

 このあと1900年政友会結成に参画,幹事長を経て第4次伊藤博文内閣の逓信大臣に就任。翌年北浜銀行頭取,さらに05年には陸奥の親戚で井上馨が監督する古河鉱業の副社長になった。この間,02年盛岡市より代議士に選出,以来その死まで連続当選した。日露戦争中より桂太郎首相と戦後の政権授受につき交渉を進め,06年1月西園寺公望内閣を実現させ,内務大臣に就任。ついで11年8月成立の第2次西園寺内閣でも内相として入閣。12年末二個師団増設問題により内閣が倒れるまで,いわゆる桂園内閣時代において,松田正久とならぶ政友会の二大支柱の一人として活躍した。すなわち内務官僚の政友会接近を促進し,一方,鉄道・港湾事業により政友会の地盤を拡大し,政友会が衆議院議席の過半数を占めることに成功した。この勢力を背景に,抜群の交渉能力をもって藩閥勢力と取引し,他方では郡制廃止,小選挙区制法案などで藩閥勢力を脅かし,政友会の政治的地位を高めた。第1次護憲運動で桂内閣を倒したあと,第1次山本権兵衛内閣の内相となり,西園寺引退のあとを受けて14年6月政友会総裁に就任した。15年3月の第12回総選挙では第2次大隈内閣の野党として大敗を喫し第二党に転落したが,党内とりまとめにも手腕を発揮し,次の寺内正毅内閣では是々非々主義の立場を示しながらも外交調査会に参加するなど準与党の地位につき,17年4月の第13回総選挙で第一党に返り咲いた。

 18年夏の米騒動では事態を静観し,寺内辞任のあとを受けて,政党政治家として最初の首相に指名され,陸・海・外3相を除く閣僚に政友会員をあてる最初の政党内閣を9月29日に組織した。世論は爵位をもたず衆議院に議席をもつ首相の初めての出現を〈平民宰相〉と呼んで歓呼して迎えた。第1次大戦以来の好況下における資本主義の急速な発展を背景に,国防の充実,教育の振興,産業の奨励,交通機関の整備の四大政綱を掲げて積極政策を推進し党勢の拡大に努め,第41議会で小選挙区制を実現し,第42議会を解散して政友会の絶対多数を実現した。この力を背景に,進歩的社会運動を抑圧し,普選即行,治安警察法改正などの要求を拒んだ。対外的にはイギリス,アメリカとの協調に努めつつ中国権益の維持をはかり,三・一運動を契機に植民地長官武官制を文武官併任に改めた。

 第1次大戦後の階級闘争の激化におびえる藩閥官僚勢力は山県有朋以下原に依存し,貴族院の最大会派〈研究会〉は政友会と提携,内閣は貴衆両院に確固たる地盤をもつかつてない強力な存在となった。しかし力の政治にひそむ腐敗は,満鉄事件,アヘン事件など政友会関係者の疑獄事件になってあらわれ,前内閣以来のシベリア出兵も尼港事件で破綻を示し,民心は去った。ワシントン会議と戦後不況に直面して政策転換を模索中,1921年11月4日,政友会京都支部大会出席のため東京駅改札口(南口)にさしかかったとき,大塚駅員中岡艮一(こんいち)の短刀に刺されて死去した。盛岡市大慈寺に葬られる。第2次大戦後公刊された《原敬日記》(1965-67)は明治・大正政治史の根本史料として著名である。
[松尾 尊兊]

[索引語]
政友会 二個師団増設問題 政党内閣 平民宰相 中岡艮一 原敬日記
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
タブレットやスマホからも利用できます。
原敬の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 441
検索コンテンツ
1. 原敬[文献目録]
日本人物文献目録
原敬』岡義武『原敬』野依秀市『原敬』服部之総『原敬 1‐7』原奎一郎『原敬』三谷太一郎『原敬記念号』-『原敬氏及其周囲の思想』山本実彦『原敬氏の兇変』堺利彦等『 ...
2. 原敬(はらたかし)画像
日本大百科全書
差し引いて残りを次期総裁に引き渡すよう指示していた。「正二位(しょうにい)大勲位平民」、これが原敬の死後の肩書である。まことに奇妙な印象を与えるが、そのひととな ...
3. 原敬[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国立国会図書館所蔵 ...
4. 原敬
世界大百科事典
第2次大戦後公刊された《原敬日記》(1965-67)は明治・大正政治史の根本史料として著名である。松尾 尊兊 政友会 二個師団増設問題 政党内閣 平民宰相 中岡 ...
5. はら‐たかし【原敬】
日本国語大辞典
政治家。岩手県出身。新聞記者から官僚となり、伊藤博文に信任される。第四次伊藤内閣の逓相、第一次・第二次西園寺内閣、第一次山本内閣の内相を歴任、大正三年(一九一四 ...
6. はらたかし【原敬】
国史大辞典
遺品や関係史料が展示されている。→原敬日記(はらけいにっき),→原内閣(はらないかく) [参考文献]前田蓮山『原敬伝』、同『原敬』(『三代宰相列伝』七)、テツオ ...
7. はら-たかし【原敬】画像
日本人名大辞典
陸奥盛岡出身。司法省法学校中退。幼名は健次郎。号は一山など。【格言など】墓標は位階勲等を書かず,単に「原敬墓」と銘記すること(遺書) ...
8. 原敬(はらけい)
日本大百科全書
原敬 ...
9. はら-けい【原敬】
日本人名大辞典
⇒はら-たかし ...
10. 原敬(はらさとし)
日本大百科全書
原敬 ...
11. はらけいにっき【原敬日記】
国史大辞典
明治・大正時代の政治家原敬の日記。原敬は「はらたかし」と読むのが正しいが、日記は「はらけいにっき」と呼称されている。明治八年(一八七五)四―五月新潟から東京を ...
12. 『原敬日記』
日本史年表
1875年〈明治8 乙亥〉 この年 原敬、 『原敬日記』 を記す(~大正10年10月25日)。  ...
13. はらたかしあんさつじけん【原敬暗殺事件】
国史大辞典
ん),→中岡艮一(なかおかこんいち) [参考文献]雨宮敬一「原敬暗殺事件」(我妻栄他編『日本政治裁判史録』大正所収)、安藤実「原敬―「大正の忠臣」の生と死―」( ...
14. はらたかしかんけいもんじょ【原敬関係文書】
国史大辞典
で京都に原敬文書研究会が組織され、同会の編集により『原敬関係文書』として昭和五十九年より平成元年(一九八九)にわたり刊行。書翰篇三・書類篇七、別巻一。内容は原敬 ...
15. 原敬内閣画像
日本大百科全書
(1918.9.29~1921.11.13 大正7~10)立憲政友会総裁の原敬が寺内正毅(てらうちまさたけ)内閣から政権を引き継いで成立した内閣。元勲ではない政 ...
16. 原敬内閣[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
※(臨兼)は臨時兼務、(兼)は兼任。一つの職名に複数の人名がある場合は順次後任を示す ©Shogakukan ...
17. 原敬日記
日本大百科全書
表写真等々の関係資料と、原敬年表・事件年表・人名年表、解説・総索引等々を収録しており、日記と比べて原敬の個人的側面を浮き彫りにしているところにその持ち味がある。 ...
18. はらたかしにっき【原敬日記】
国史大辞典
⇒はらけいにっき  ...
19. うえはらけいじ【上原敬二】
国史大辞典
『都市計画と公園』、近年の『樹木大図説』全四巻、『ガーデンシリーズ』全二十巻など。 [参考文献]上原敬二『談話室の造園学』 (陣内 厳)  ...
20. うえはら-けいじ【上原敬二】
日本人名大辞典
1889−1981 大正-昭和時代の造園学者。明治22年2月5日生まれ。大正7年上原造園研究所を設立。13年東京高等造園学校(現東京農大造園学科)をつくり校長, ...
21. 海老原敬吉[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『ピストンリング』与良松三郎 ...
22. 大原敬吉[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『教員生活四十年の回顧』大原敬吉 ...
23. コレキヨ 小説 高橋是清 第38話 パリの原敬=板谷敏彦
週刊エコノミスト 2018-19
そこに東京から着任したての30歳の原敬外務書記官がいた。  後の大正7(1918)年、原敬立憲政友会総裁のもと、日本最初の本格的な政党内閣が誕生するが、その時の ...
24. 特集 みんなの「労働法」 本当に大丈夫? 「裁量労働制」の大きな誤解 未払い残業代の請求リスクも=河野順一/桑原敬
週刊エコノミスト 2018-19
ントを表2にまとめたので、参考にしてほしい。 (河野順一・日本橋中央労務管理事務所所長) (桑原敬・同事務所、社会保険労務士) ………………………………………… ...
25. 特集 変わる!労働法 残業規制に注意! 上限超過に罰則の強制力 労働時間の把握を「義務化」=河野順一/桑原敬
週刊エコノミスト 2018-19
、適切な労務管理制度の導入を急ぐべきである。 (河野順一・日本橋中央労務管理事務所所長) (桑原敬・同事務所、特定社会保険労務士) …………………………………… ...
26. 特集 始動・働き方改革法 残業時間の上限規制 単月100時間、平均80時間 曖昧な管理・運用は許されない=桑原敬
週刊エコノミスト 2018-19
始期として協定を結び、その終期までに改正法に準拠した適正な労務管理制度を構築すべきだろう。 (桑原敬・日本橋中央労務管理事務所所長代行、特定社会保険労務士)  ...
27. あさの-しちのすけ【浅野七之助】
日本人名大辞典
1895−1993 昭和時代の新聞経営者。明治28年生まれ。原敬(たかし)の書生ののち,大正6年「東京毎夕新聞」の特派員として渡米。以後アメリカに在住。昭和21 ...
28. 足尾鉱毒事件画像
世界大百科事典
遠くは北海道のサロマベツ原野などに移住させた。07年かつて陸奥の秘書で前年まで古河鉱業の副社長だった内務大臣原敬は,遊水池化に抵抗する16戸の残留民に土地収用法 ...
29. あしおどうざんあと【足尾銅山跡】栃木県:上都賀郡/足尾町/足尾村
日本歴史地名大系
同三八年古河鉱業会社とし、社長に就任、副社長に原敬を据えた。この年の末に潤吉が病死すると、市兵衛の実子虎之助が数え年一九歳で社長になったが、実権は井上馨・原敬ら ...
30. あしおどうざんこうどくじけん【足尾銅山鉱毒事件】
国史大辞典
の養子となっており、市兵衛の死後、潤吉が古河鉱業の社長をついだとき、副社長となって彼を補佐した原敬は、かつての陸奥農商務相の秘書官であったという関係に示されてい ...
31. アヘンじけん【阿片事件】
国史大辞典
阿片煙罪で中野・古賀が懲役一年六ヵ月、小畠が同一年(いずれも執行猶予三年)を宣告された。この事件は古賀が原敬首相と親しく、政友会代議士が関係していたとも噂された ...
32. 暗殺
日本大百科全書
アメリカ大統領ケネディ、エジプト大統領サダトらの例があり、わが国でも、時の権力者伊藤博文(ひろぶみ)、原敬(たかし)や、反権力側の山本宣治、浅沼稲次郎などの例が ...
33. イカ大王体操第2[新語流行語]
イミダス 2018
同月23日にデジタル配信がスタート。同年9月2日にCDも発売された。作詞作曲をシンガー・ソングライターの槇原敬之、ダンスの振り付けをダンスアーティストのケント・ ...
34. 板垣退助[文献目録]
日本人物文献目録
蹟』鉄道省(編)『西郷南洲と予との関係』板垣退助『自由を護った人々』大川三郎『明治の政治家達 原敬につらなる人々 』服部之総『板垣退助』福地重孝『板垣退助』小西 ...
35. 伊藤博文[文献目録]
日本人物文献目録
91冊』平塚篤(編刊)『伊藤博文』中村吉蔵『伊藤博文』馬場恒吾『評伝伊藤博文』鈴木安蔵『明治の政治家たち 原敬につらなる人々 』服部之総『伊藤博文』上杉重二郎『 ...
36. いわした-きよちか【岩下清周】
日本人名大辞典
三井物産パリ支店長,三井銀行支配人などをへて明治30年北浜銀行設立にくわわり,36年頭取。桂太郎,原敬らとしたしく,41年衆議院議員(当選2回)。大正3年北浜銀 ...
37. いわしたせいしゅう【岩下清周】
国史大辞典
の会社に関係し、役員となったが、大正三年(一九一四)同行が破綻し、頭取を辞した。なお、桂太郎・原敬らとも親しく、明治四十一年より大正三年まで衆議院議員に在職した ...
38. 岩手(県)画像
日本大百科全書
「後進県岩手」の名をぬぐい去ることができなかった。これはけっして人物を欠いていたためではない。原敬(はらたかし)、後藤新平、斎藤実(まこと)など政界人、金田一( ...
39. いわてけん【岩手県】
国史大辞典
盛岡市公民館・県立図書館所蔵)が最初であるが、あまりにも詳細で膨大なためいまだに出版されていない。その後、原敬が盛岡出身の因縁から盛岡南部氏領の歴史をまとめさせ ...
40. いわてまいにちしんぶん【岩手毎日新聞】
国史大辞典
明治三十二年(一八九九)二月二十二日、県政界の有力者高橋嘉太郎によって創刊された。高橋は政友会系であり、原敬および岩手銀行株主がこれを援護した。したがってこの新 ...
41. 上原勇作
世界大百科事典
ベリア出兵時の参謀総長などを歴任。薩摩の元帥野津道貫の娘と結婚して陸軍内の薩摩閥の長老となる。原敬内閣のころまでは陸軍内の薩長を合わせた軍閥の長老の一人であった ...
42. うざわふさあき【鵜沢総明】
国史大辞典
明治四十一年衆議員議員に当選し、第十回より第十四回まで補選をあわせて六回連続して議席にあった。政友会に属し、原敬に重用され、大正六年第三十八議会では院内総務とな ...
43. うだともい【宇田友猪】
国史大辞典
っている。大正二年(一九一三)仙台の『新東北』主筆となり、同十二年に及んだ。のち盛岡に移り、『原敬伝』の編纂に従った。昭和五年(一九三〇)十一月十二日没。六十三 ...
44. 内田康哉
世界大百科事典
革命に対処するとともに第3次日露協約を結ぶ。16年駐露大使となったが,ロシア革命で帰国。18年原敬内閣の外相になり,シベリア出兵に反対し,ワシントン会議に対処し ...
45. うちだこうさい【内田康哉】
国史大辞典
十月革命によりソビエト政府成立、治安険悪となり本省の命により翌七年二月露都を引き揚げ帰朝、九月原敬内閣の成立とともに外相として入閣、シベリア出兵には(一)ボルシ ...
46. 内田康哉
日本大百科全書
第二次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣の外相に就任。1916年(大正5)ロシア大使、その後原敬(たかし)、高橋是清(これきよ)、加藤友三郎内閣の外相を務め、 ...
47. 大隈重信[文献目録]
日本人物文献目録
新日本の建設者』渡辺幾治郎『自由を護った人々』大川三郎『大隈重信』渡辺幾治郎『明治の政治家たち 原敬につらなる人々 』服部之総『明治文化の先達大隈重信』沢田謙『 ...
48. おおくまないかく【大隈内閣】画像
国史大辞典
の連立内閣を作ろうとしたが、寺内自身はこれに反対し、むしろ政友会の支持を期待していた。政友会の原敬も劣勢挽回のため寺内内閣を支持して準与党となることをめざしてい ...
49. おおくまないかく【大隈内閣】 : 大隈内閣/〔第二次〕
国史大辞典
の連立内閣を作ろうとしたが、寺内自身はこれに反対し、むしろ政友会の支持を期待していた。政友会の原敬も劣勢挽回のため寺内内閣を支持して準与党となることをめざしてい ...
50. おおさかあさひしんぶんひっかじけん【大阪朝日新聞筆禍事件】
国史大辞典
社説欄に忠君愛国主義をうたい、世に朝日のあやまり証文と評された一文を発表し、新社長上野理一は新首相原敬の前で社の姿勢を変えることを誓い、ようやく処分を編集人と記 ...
「原敬」の情報だけではなく、「原敬」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

原敬と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「原敬」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
連歌(小学館 全文全訳古語辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
〔名詞〕短歌の上の句(五七五)と下の句(七七)とを、二人が応答してよむ詩歌の一種。平安時代に発生し、はじめは、二人の唱和で一首とする「短連歌」であったが、中世以降、二人以上(時には一人)で、五七五と七七の句を交互に長く続ける「長連歌」
俳諧集(新編 日本古典文学全集)
俳諧集(扉) 哥いづれの巻(貞徳翁独吟百韻自註)(扉) 作品解説・作者解説 哥いづれ小町おどりや伊勢踊 紅梅やの巻(紅梅千句)(扉) 作品解説・作者解説 梅 第一 蚊柱はの巻(蚊柱百句)(扉) 作品解説・作者解説 そもそもいきとしいけるもの
吉田茂(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八五 - 一九五四 大正・昭和時代の内務官僚、政治家。明治十八年(一八八五)九月二日大分県北海部郡臼杵町(臼杵市)に生まれる。父は銀行員。父の転勤により上京。同四十四年東京帝国大学法科大学独法科卒業。内務省に入り地方官を経て神社局第二課長、同第一課長を歴任
マッカーサー(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一八八〇 - 一九六四 アメリカ合衆国軍人、日本占領連合国最高司令官(昭和二十年(一九四五)―二十六年)。一八八〇年一月二十六日アーカンソー州リトル=ロックに生まれる。父親アーサー=マッカーサーは陸軍中将。一九〇三年陸軍士官学校卒業後
山本五十六(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
[1884―1943]昭和期の海軍軍人。明治17年4月4日新潟県生まれ。海軍兵学校32期、海軍大学校14期卒業。第一次世界大戦後の3回にわたる在米勤務ののち、いち早く航空機の将来性に着目。1930年(昭和5)航空本部技術部長、1935年航空本部長。航空兵力を主体とした対米迎撃戦を構想し
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る