ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 筑波山
日本歴史地名大系

日本歴史地名大系
〓波山
つくばさん

八溝やみぞ山地南端に位置。峰ともよばれる。北は現真壁まかべ郡真壁町、南は筑波町、東は新治にいはり八郷やさと町。男体なんたい(西峰)女体によたい(東峰)からなる双耳峰で、標高は八七五・九メートル(東峰)。山頂付近を御幸みゆきヶ原といい、東のつつじヶ丘を経て東南の風返かざがえし峠・不動ふどう峠へ続く。筑波男神・筑波女神の鎮座地として信仰を集め(筑波町の→筑波山神社、その山容は古くから関東の名山として尊崇され、富士山と好対照の山として眺められてきた。山頂からは関東平野を一望にする。花崗岩と斑糲岩が古生層を突破って出現した山で、造山の歴史は富士・日光より古く、太古には関東唯一の存在であった。山中よりの水系は男女みなの川などがあり、日本蟇蛙・衝羽根などの動植物が生棲している。

「常陸国風土記」に「風俗の諺に、筑波岳に黒雲かかり、衣袖漬ころもでひたちの国といふは是なり」とあるほか、筑波郡の項に

それ筑波岳は、高く雲に秀で、最頂は西の峯崢しく〓く、雄の神と謂ひて登臨らしめず。唯、東の峯は四方磐石にして、昇り降りは〓しく屹てるも、其の側に泉流れて冬も夏も絶えず。坂より東の諸国の男女、春の花の開くる時、秋の葉の黄づる節、相携ひ駢〓り、飲食を齎賚もちきて、騎にも歩にも登臨り、遊楽しみ栖遅あそぶ。其の唱にいはく、
筑波嶺に 逢はむと いひし子は 誰が言聞けば 神嶺 あすばけむ。
筑波嶺に 廬りて 妻なしに 我が寝む夜ろは 早やも 明けぬかも。
詠へる歌甚多くして載車のするに勝へず。俗の諺にいはく、筑波峯の会につまどひの財を得ざれば、児女とせずといへり。

などの記事がみえ、筑波山〓(歌垣)の様子が伝えられる。「古事記」景行天皇段の日本武尊東征譚に

新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる
とうたひたまひき。爾に其の御火焼みひたきの老人、御歌に続ぎて歌曰ひしく、
かがなべて 夜には九夜 日には十日を

とあり、「日本書紀」にも同様の記事がみられるが、この片歌問答が連歌の起源とされていたため、連歌は「筑波の道」とよばれた。「万葉集」巻三には

  筑波岳に登りて、丹比真人国人の作る歌一首并に短歌
鶏が鳴く 東の国に 高山は 多にあれども 朋神の 貴き山の 並み立ちの 見が欲し山と 神代より 人の言ひ継ぎ 国見する 筑羽の山を 冬ごもり 時じき時と 見ずて行かば まして恋しみ 雪消する 山道すらを なづみぞわが来る
  反歌
筑羽嶺を外のみ見つつありかねて雪消の道をなづみ来るかも

とあり、筑波山は国見の山とも考えられていた。また

  筑波嶺に登りて〓歌会をする日に作る歌一首短歌を并せたり
鷲の住む 筑波の山の 裳羽服津の その津の上に 率ひて 未通女壮士の 行き集ひ かがふ〓歌に 人妻に 吾も交はらむ あが妻に 他も言問へ この山を うしはく神の 昔より 禁めぬ行事ぞ 今日のみは めぐしもな見そ 言も咎むな〓歌は東の俗語にかがひと曰ふ
  反歌
男の神に雲立ちのぼり時雨ふり濡れ通るともわれ帰らめや
  右の件の歌は、高橋連虫麿の歌集の中に出づ。 (巻九)
筑波嶺の新桑繭の衣はあれど君が御衣みけししあやに着欲しも  (巻一四)

など多くの歌が詠まれ、「古今集」「後撰集」「拾遺集」「詞花集」「新古今集」「源氏物語」にも筑波山が取上げられる。また山麓の水田地帯も「万葉集」巻九に

筑波山に登る歌一首短歌を并せたり
草枕 旅の憂へを 慰もる 事もあるかと 筑波嶺に 登りて見れば 尾花ちる 師付しづくの田居に 雁がねも 寒く来鳴きぬ 新治の 鳥羽の淡海も 秋風に 白波立ちぬ 筑波嶺の よけくを見れば 長きけに 思ひ積み来し 憂へは息みぬ
  反歌
筑波嶺の裾廻すそみの田井に秋田刈る妹がり遣らむ黄葉手折らな

とあるほか、「新拾遺集」にも「筑波嶺のすそわの田居」の歌がみえる。

古代の筑波山は山岳宗教の場でもあった(筑波町の→中禅寺跡が、平将門の乱では将門勢と良兼勢の争いにも登場し、「将門記」に「十九日ヲ以テ、常陸国真壁郡ニ発向ス。乃チ(良兼)ノ介ノ服織ノ宿ヨリ始メテ、与力ノ伴類ノ舎宅、員ノ如ク掃ヒ焼ク。一両日ノ間ニ件ノ敵ヲ追ヒ尋ヌルニ、皆高キ山ニ隠レテ、有リナガラ相ハズ。逗留ノ程ニ、筑波山ニ有リト聞ク」とある。

筑波山神社・中禅ちゆうぜん寺を中心にして筑波山周辺は栄え、多くの文人墨客や一般の登山者を迎えたが、幕末・維新に重大な変化が訪れた。元治元年(一八六四)三月には藤田小四郎らを中心とする水戸藩尊攘派の天狗党による筑波山挙兵があり、同志は一千人を超え、中禅寺周辺に集まった。一時は下野太平山へ移陣したが、再び筑波山へ戻り、周辺各地で軍資金を調達した。この間の推移を、筑波山の住人であった塚本勇吉はその日記に克明に記述している。昭和四四年(一九六九)水郷筑波すいごうつくば国定公園が発足し、観光化が急速に進められ、ケーブルカー、ロープウェー、有料道路(筑波スカイライン、パープルライン)などの整備によって四季を通じて登山・観光客が訪れている。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

筑波山の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 669
検索コンテンツ
1. 筑波山画像
日本大百科全書
その西の男体山(なんたいさん)(870メートル)の2峰よりなる。八溝(やみぞ)山地南端をなす筑波山塊の西側山列にあり、関東平野に突き出た優美な山容をもつ。女体山 ...
2. 筑波山[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
北西の筑西(ちくせい)市母子島遊水地(はこじまゆうすいち)からの眺望。水郷筑波(すいごうつくば)国定公園域。茨城県つくば市・桜川(さくらがわ)市・石岡(いしおか ...
3. 筑波山
世界大百科事典
ウンシュウミカンが栽培される。また筑波山のガマは〈ガマの油売〉の口上で全国的に有名で,毎年8月初旬に筑波山神社境内でガマ祭が行われる。山野 隆夫 信仰 筑波山は ...
4. つくば‐さん【筑波山】
日本国語大辞典
茨城県中央部にある筑波山地の主峰。山頂は男体(なんたい)山、女体(にょたい)山の二峰に分かれる。関東平野の東部に遠く裾野をひいてそびえ、関東の名山として富士山と ...
5. 筑波山[図版]画像
国史大辞典
木曾路名所図会 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
6. つくばさん【筑波山】画像
国史大辞典
り中禅寺は廃され、筑波山神社が建てられた。 [参考文献]中山信名編『新編常陸国誌』、亮盛『筑波山名跡誌』、俊在『筑波山流記』(『山岳宗教史研究叢書』一七)、西海 ...
7. つくばさん【筑波山】茨城県:筑波郡
日本歴史地名大系
一両日ノ間ニ件ノ敵ヲ追ヒ尋ヌルニ、皆高キ山ニ隠レテ、有リナガラ相ハズ。逗留ノ程ニ、筑波山ニ有リト聞ク」とある。筑波山神社・中禅寺を中心にして筑波山周辺は栄え、多 ...
8. つくば‐やま【筑波山】
日本国語大辞典
(古くは「つくはやま」)「つくばさん(筑波山)」に同じ。*万葉集〔8C後〕一四・三三八九「妹が門いや遠そきぬ都久波夜麻(ツクハヤマ)隠れぬ程に袖ば振りてな〈東歌 ...
9. 筑波山(つくばやま)
古事類苑
地部 洋巻 第3巻 799ページ ...
10. 筑波山(つくばやま)[風俗歌]
古事類苑
樂舞部 洋巻 第1巻 234ページ ...
11. 筑波山(著作ID:375406)
新日本古典籍データベース
つくばさん 伝記  ...
12. 筑波山(著作ID:4387303)
新日本古典籍データベース
つくばやま 和歌  ...
13. 筑波山著 (見出し語:筑波山)
古事類苑
方技部 洋巻 第1巻 500ページ ...
14. つくばさん‐じけん【筑波山事件】
日本国語大辞典
元治元年(一八六四)、水戸藩の尊攘派「天狗党」が、幕府の攘夷延期を不満として筑波山に挙兵した事件。武田耕雲斎、藤田小四郎らを首領とし、藩内保守派の諸生党と対立、 ...
15. 筑波山神社
日本大百科全書
)を男体山頂に、筑波女大神(めのおおかみ)を女体山頂に祀(まつ)る。筑波山を神体とする古代山岳信仰から発展した神社で、筑波山南面中腹に拝殿がある。『常陸国風土記 ...
16. つくばさん‐じんじゃ【筑波山神社】
日本国語大辞典
茨城県つくば市筑波にある神社。旧県社。祭神は筑波雄神、筑波女神。上代の創立で、筑波山の中腹に拝殿がある。山頂の西峰を男神、東峰を女神とし、古代四方の民が集来して ...
17. つくばさんじんじゃ【筑波山神社】
国史大辞典
座ではあるが近代以前の奉斎形態は不明。明治の神仏分離により、明治六年(一八七三)筑波山中腹の中禅寺を廃して筑波山神社拝殿が新造され、山頂二峰の二神を遙拝している ...
18. つくばさんじんじゃ【筑波山神社】茨城県:筑波郡/筑波町/筑波村
日本歴史地名大系
なかにかなりみられ、筑波山信仰の中世的表現の一面といえよう。近世には幕府の保護を受け、慶長七年(一六〇二)の徳川家康朱印状(筑波山神社文書「護持院古記録写全」) ...
19. つくば‐さんち【筑波山地】
日本国語大辞典
茨城県中央部にある山地。主峰は筑波山(八七六メートル)。加波山・足尾山から成る西列と、吾国山・難台山から成る東列とに分かれる。 ...
20. 筑波山紀行(著作ID:375439)
新日本古典籍データベース
つくばさんきこう 土屋英直(つちやひでなお)  ...
21. 筑波山義挙に付き聞書(著作ID:679130)
新日本古典籍データベース
つくばさんぎきょにつきききがき 記録  ...
22. 筑波山人文章(著作ID:4365770)
新日本古典籍データベース
つくばさんじんぶんしょう 源成朝(みなもとしげとも) 著 谷垣守(たにかきもり) 識 寛延三識語 ...
23. 筑波山碑(著作ID:1042337)
新日本古典籍データベース
つくばさんひ 戸崎淡園(とざきたんえん) 金石文 安永八 ...
24. 筑波山碑銘国字解(著作ID:3439869)
新日本古典籍データベース
つくばさんひめいこくじかい 加藤惟徳(かとうこれのり) 金石文 天明八跋 ...
25. 筑波山名跡誌(著作ID:1042348)
新日本古典籍データベース
つくばさんめいせきし 亮盛(りょうせい) 著 小泉良栄(こいずみよしひで) 画 地誌 安永二自序 ...
26. 筑波山浪人名前目録(著作ID:679049)
新日本古典籍データベース
つくばさんろうにんなまえもくろく 記録  ...
27. 筑波山遊覧次ニ貸座敷ゆうかへぶし(著作ID:448395)
新日本古典籍データベース
つくばやまゆうらんついでにかしざしきゆうかえぶし 明治 ...
28. 筑波山名跡誌[文献解題]茨城県
日本歴史地名大系
上生庵亮盛著 小泉良栄画 成立 安永二年 分類 地誌 版本 国会図書館・筑波大学ほか 解説 筑波山の山上および山麓の六〇余所にわたる名所記で、所々に小泉 ...
29. つくばさんのきょへい【筑波山の挙兵】
国史大辞典
⇒天狗党の乱(てんぐとうのらん)  ...
30. 絵本筑波山(著作ID:715184)
新日本古典籍データベース
えほんつくばやま 西川祐信(にしかわすけのぶ) 画 享保一五刊 ...
31. 天地開闢筑波山絵図(著作ID:4366912)
新日本古典籍データベース
てんちかいびゃくつくばさんえず 絵図  ...
32. 野州筑波山一揆実録(著作ID:848715)
新日本古典籍データベース
やしゅうつくばさんいっきじつろく 雑史 元治元 ...
33. 筑波縁起(著作ID:375337)
新日本古典籍データベース
つくばえんぎ 常陸国筑波山縁起 林羅山(はやしらざん) 寺院  ...
34. あい‐ぜん【靄然・藹然】
日本国語大辞典
靄然自見矣」*星巖集‐丁集〔1841〕玉池生集五・正月六日散策至墨田川得二絶句「天外靄然春已美、一双浅翠筑波山」*月曜講演〔1898〕〈内村鑑三〉一「彼の家庭は ...
35. あおき-ひこさぶろう【青木彦三郎】
日本人名大辞典
文政8年12月20日生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)足利郡大前の豪農。水戸の天狗(てんぐ)党の筑波山(つくばさん)挙兵に同志二百余人をひきいて参加。のち横浜の ...
36. 明石(源氏物語) 226ページ
日本古典文学全集
最後は急テンポで神に迫る感がある。「あまねき御慈しみの波、八洲のほかまで流れ、ひろき御恵みの蔭、筑波山の麓よりも繁くおはしまして」(古今・序)の表現と類似。「溺 ...
37. あきつ‐しま【秋津島・秋津洲・蜻蛉洲】
日本国語大辞典
、恵茂〓筑波山之陰〓」*米沢本沙石集〔1283 ...
38. あきやまむら【秋山村】茨城県:高萩市
日本歴史地名大系
て薪ニ成」とある。字山小屋の承殿神社は祭神大山祇命・大山姫命。社伝によれば大同二年(八〇七)筑波山神の分霊を鎮斎したという。「松岡地理志」には「承殿大明神社」と ...
39. あしお‐やま[あしを‥]【足尾山】
日本国語大辞典
茨城県の中部にある山の名。筑波山の北方、下館市の東方に、加波山と並んである。標高六二八メートル。あしおさん。古称、乎波頭勢(おはつせ)山。葦穂山(あしほやま)。 ...
40. あしおやま【足尾山】茨城県:新治郡
日本歴史地名大系
新治・真壁両郡の郡界にあり、北は加波山、南は筑波山に連なる。標高六二七・五メートル。古くは葦穂山と記され、「常陸国風土記」の新治郡の項に郡より東五十里に笠間の村 ...
41. 飛鳥山
世界大百科事典
る。標高は27mにすぎないが,台地末端の急崖上から荒川低地を眼下に見下ろし,晴れた日には遠く筑波山や日光連山まで見通せた。徳川8代将軍吉宗は,当時旗本野間氏の所 ...
42. 東歌
世界大百科事典
して愛情の表現に結びついており,独特な生活臭と野性の魅力を放っている。こうした東歌はおそらく筑波山の〈かがい〉に代表される東国の歌垣(うたがき)でうたわれたはず ...
43. 東屋(源氏物語) 17ページ
日本古典文学全集
前に「常陸前司殿の姫君」(宿木[5]四八八ページ)とも呼ばれていたが、その常陸の縁で「筑波山」という。また「筑波山」の縁語として「分け…」。浮舟と直接逢いたい薫 ...
44. 東屋(源氏物語) 49ページ
日本古典文学全集
年ごろの物語、浮島のあはれなりしことも聞こえ出づ。中将の君「わが身ひとつとのみ言ひあはする人もなき筑波山のありさまもかく明らめきこえさせて、いつもいつも、いとか ...
45. 東屋(源氏物語) 50ページ
日本古典文学全集
ると、身にも思ひ知らるるを、この君はただまかせきこえさせて、知りはべらじ」など、かこちきこえかくれば、げに見苦しからでもあらなんと見たまふ。〔一九〕薫、来訪 中 ...
46. 東屋(源氏物語) 87ページ
日本古典文学全集
好みて人の媒をしありく者を、伊賀たうめといひならへる事有しなるべし」に従うべきか。巻頭にも「筑波山を分け…いと人聞き軽々しうかたはらいたかるべきほどなれば、思し ...
47. あばさきじょうあと【阿波崎城跡】茨城県:稲敷郡/東村/阿波崎村
日本歴史地名大系
西から東へ突出した半島状丘陵の最東端、字天神台にある。城跡の標高は三三メートルで当地の最高点にあたり、霞ヶ浦・筑波山を眺望できる要害の地である。県指定史跡。城主 ...
48. アメリカ彦蔵自伝 2 67ページ
東洋文庫
  日(元治元年三月二十七日)、同志を語    らって筑波山に挙兵するに至る。     来たり会する者、日に日に多く、やが    て筑波山を発して、下野(野州) ...
49. アメリカ彦蔵自伝 2 89ページ
東洋文庫
廃止させることに成功したので    ある。               水戸浪人への攻撃 十一月七日。筑波山のローニン鎮圧のため派遣された大名たちは、七昼夜にわ ...
50. アメリカ彦蔵自伝 2 284ページ
東洋文庫
◇下関攻撃に関する『自伝』の記述は、 きわめて詳細である。◇中国で、太平天国の乱が鎮定された。◇幕府は筑波山の浪人勢を攻撃。〈八九〉◇四・茜 リンカーン狙撃され ...
「筑波山」の情報だけではなく、「筑波山」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

筑波山と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
しら‐やま 【白山】(日本国語大辞典)
〔一〕石川・岐阜県境にある白山(はくさん)の古称。*古今和歌集〔905〜914〕羇旅・四一四「きえはつる時しなければこしぢなるしら山のなは雪にぞありける〈凡河内躬恒〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「筑波山」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
ソメイヨシノ(日本大百科全書・日本国語大辞典)
バラ科(APG分類:バラ科)の落葉高木。オオシマザクラとエドヒガンの雑種で、明治初年に東京・染井(現在の豊島(としま)区巣鴨(すがも)付近)の植木屋から売り出されたサクラである。初めはヨシノザクラとよんでいたが、奈良県吉野山のヤマザクラと混同されやすいので
鹿島槍ヶ岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央、立山町・宇奈月(うなづき)町・長野県大町市の境界にそびえ、角閃石岩や輝石安山岩からなる。標高二八八九・七メートル。南槍・北槍の両峰が並び立ち、両峰間の吊(つり)尾根も美しい双耳峰で、しかも多くの岩場を有する
五龍岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰のほぼ中央部、宇奈月(うなづき)町と長野県大町市との境界にそびえ立つ雄峻な岩山。標高二八一四・一メートル。五竜とも記される。割菱状の岩壁が山体の東面を構成しているので割菱(わりびし)ノ頭(あたま)とよばれたが
白馬岳(日本歴史地名大系)
後立山連峰の北部にそびえる。標高二九三二・二メートル。山頂は朝日(あさひ)町と長野県白馬(はくば)村の境界をなすが、その山体は新潟県西頸城(にしくびき)郡にもまたがり、越中・越後・信濃の三国境の山という。信州側の古絵図に両替(りようがえ)岳とあるのは
天城山(日本歴史地名大系)
伊豆半島中央の東部を占める火山。万三郎(まんざぶろう)岳(一四〇五・六メートル)を主峰とする連山で、古くは狩野(かの)山と称したとされるが、天城山は狩野山を含む呼称で、狩野山は現天城湯(あまぎゆ)ヶ島(しま)町と中伊豆町の境の嵩田(たけだ)山(竹田山)付近
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る