ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. 山車
国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

国史大辞典
山車
だし
祭に担がれ、曳かれる屋台。壇尻(だんじり)ともいう。作り山・柱・笠鉾・人形・吹き花・鳥獣・草木などで飾るので、鉾・山などの名もある。ダシとは本来、柱や鉾の先につけた御幣・花・榊・髯籠(ひげこ、放射状に編み残しの竹をつけた籠)など、神の依代(よりしろ)となる物をいった。現在、山車は全国的に見られるが、その源は京都の八坂神社の祇園山鉾とされ、さらにさかのぼれば古代の大嘗会に使われた標山(しめやま)に由来する。標山は大嘗会の当日作られ、『類聚国史』八、大嘗会、弘仁十四年(八二三)十一月癸亥条によれば榊で作り橘や木綿などで飾った。『続日本後紀』天長十年(八三三)十一月戊辰条によれば悠紀(ゆき)・主基(すき)の標山を立て、梧桐と恒春樹を中心に種々の装飾を施している。これらはもと、宮城東南の神泉苑から内裏に向かう移動神座で、大嘗会に招かれる神々を祭場に送るものであった。祇園会の山車は、社伝によれば貞観十一年(八六九)全国に疫病流行の折、勅命により当時の国数に準じ二丈ほどの矛六十六本を立て、神々を神泉苑に送って疫病消滅を祈願したことに由来するという。『本朝世紀』長保元年(九九九)六月十四日条には、その前年京都の雑芸人が、大嘗会の標山に似た柱を作って神社に練り込んだので、そのような柱を作ることが禁止されたが、神の怒りがあったとされ、それ以後も山鉾を祇園会に出すことが続き、数々の趣向をこらした数十基の山鉾が出現するに至った。山車にはまた、神の「よりまし」として幼児を乗せることもあったが、祭礼行列の中心となる神の座が神輿に移行した後は、人形を飾り、あるいは大勢の子供などが乗って、祭囃子をはじめ賑やかな芸能を演ずるようになった。滋賀県長浜市八幡神社の山車は十二台あり、一つ一つが曳山狂言の舞台、浄瑠璃を語る楽屋、囃子を奏する亭から成る。埼玉県秩父市秩父神社の屋台(傘鉾)は屋台囃子のほか、上床に張出しを設け歌舞伎をする。岐阜県高山市の日枝神社・八幡神社の祭礼には多くの屋台で操り人形などを見せる。福岡市博多区川端町の櫛田神社例祭には博多山笠に人形を飾り、広島県高田郡吉田町の清(すが)神社の市祭にも山車で子供歌舞伎が演じられている。
[参考文献]
柳田国男『氏神と氏子』(『定本柳田国男集』一一)、柴田実編『御霊信仰』(『民衆宗教史叢書』五)、折口信夫「髯籠の話」(『折口信夫全集』二所収)、後藤淑「仮面ほか」(『日本民俗学体系』九所収)
(平井 直房)


日本大百科全書(ニッポニカ)
山車
だし

祭礼に出る練り物の屋台。山、鉾(ほこ)、人形などで飾りたてて、これを大ぜいで担ぐか車に乗せて引く。ダシは「出しもの」の義で、祭りに招き寄せる神の依代(よりしろ)(神座(かみくら))として、屋台の中心に突き出した飾りの名に由来する。山、鉾、屋台、だんじりなどの作り物も同じ意味のものである。その古い姿は平安時代の文献にみえる大嘗祭(だいじょうさい)の標山(しめやま)にみられる。標山とは、神の標めた(占有・領有した)山という意味で、神を標山に招き寄せて、神泉苑(えん)から宮中の祭場まで引いてくる。この移動式神座の形式は、中世になると風流(ふりゅう)化され、京都八坂(やさか)神社の祇園(ぎおん)祭の山鉾のように風流の飾り物を美しく仕立て華美になった。近世になると祇園祭の山鉾をモデルとした山車が地方都市に普及し、全国的に行われるようになった。その名称、形態はさまざまであるが、東日本では山車、屋台などとよび、西日本では笠(かさ)鉾、山笠、山鉾、楽車(だんじり)(車楽、地車、壇尻、段尻とも書く)、曳山(ひきやま)などとよぶことが多い。これらは笛、太鼓、鉦(かね)の祭囃子(ばやし)を奏するが、山車の上でからくり人形、歌舞伎(かぶき)芝居、舞踊を演じる所もある。山車、屋台の出る祭礼では、京都祇園祭、飛騨(ひだ)高山祭、近江(おうみ)長浜曳山祭、博多(はかた)祇園祭、秩父(ちちぶ)夜祭などが有名である。
[渡辺伸夫]



世界大百科事典
山車
だし

祭礼に際して,神輿とは別に,人形,花などの風流(ふりゆう)(装飾)を凝らして,ひいたり担いだりする屋台の総称。柳田国男のいう〈見せる祭り〉を構成する中心的な装置となっている。京都祇園祭(ぎおんまつり)の山鉾は,その代表的なものである。ほかに,だんじり,曳山(ひきやま),山笠(やまがさ),太鼓台(たいこだい)など,時代や地方によって名称や形態は多様である。とくに都市の祭礼に付随して発展し,祇園祭はもとより,大坂の天神祭(てんじんまつり),江戸の神田祭(かんだまつり)など,大都市を代表する祭礼は,例外なく,大量の山車をともなうものであった。

 〈だし〉といういいかたは,屋台から高く掲げられた飾りを指すものと考えられるが,異説もあって,定かでない。ただ〈山車〉という当て字は,祭りの場に神霊を招くために設置された〈作り山〉に由来するものであろうことは,ほぼまちがいがない。その起源は,平安時代の京都の諸祭礼にさかのぼる。すなわち《本朝世紀》には,998年(長徳4)の祇園会に,無骨という雑芸人が大嘗会(だいじようえ)の標山(しめやま)に似せたものを作って社頭に渡したことを記している。大嘗会の標山というのは,大嘗会のとき,庭上に設けられる2基の作り山のことであり,そこにはさまざまの祥瑞(しようずい)を表す意匠が施されていたというから,これをまねた無骨の作り物を,祭礼山車の古いかたちとみることができる。また1013年(長和2)の祇園会には〈散楽空車〉,つまり散楽(さんがく)を演じるための屋根のない車が登場する。さらに同時期の加茂社祭礼には,多くの装飾を施した〈風流車〉〈笠車〉が出ており,当時の記録から,それらが著しく豪華をきわめたものであったことも知られる。これら各種の〈車〉の出現は,本来,神の住む聖地である山のかたちをなぞらえた〈作り山〉が,平安京の祭礼のなかで華麗な風流の練りものに変質していく過程をうかがわせて十分であった。

 もっとも,祇園祭に山鉾と呼ばれる山車が恒例となるのは,南北朝期以降のことであり,室町時代になると,祇園社の氏子圏を構成する各町が,財力にまかせ,競って故事にちなんだ趣向の山を作るようになり,その影響は稲荷社の祭礼にも及んだ。また,近世に近づくと,地方の都市でもこれをまねるところがあり,やがて一部の農村にも波及した。さらに18世紀中期には,土地ごとに独自の山車が創出されるにいたる。その形態は,山型,屋台(やたい)型,舟型,灯籠(とうろう)型などに大別され,かつ台上で歌舞伎やからくりを行うもの,音曲やお囃子(はやし)に重点を置くもの,人形を飾るもの,巨大な造型を誇るもの等々,豊かなバリエーションを生み出した。さらに山車同士を激しく衝突させたり,アクロバティックな操法を競う祭礼も少なくなかった。今日,山車の形態別の分布をみると,たとえば近江長浜を中心とする曳山の分布,名古屋を中心とするからくり屋台の広がり,瀬戸内海沿岸の太鼓台の伝播のように,おのずから一種の地方文化圏の形成を読みとることができるのであって,山車をともなう祭礼の形成が地域文化の成熟と軌を一にしていたことが理解される。また,山車の製作にかかわる地方の工芸職人の技術の向上にも看過できないものがあって,その伝統は現在にも継承されている。以上の意味あいからすると,現在残存する山車は,近世の都市祭礼の歴史的遺産と規定して大きな誤りはない。近代にはいって,電線などの障害があって,どちらかというと小型化を余儀なくされ,巨大な山車は少なくなった。博多の山笠のように,飾山とかき山を別にしたところもあったほどである。しかし,都市化が進行した現代,伝統的な祭礼が急速に消滅・衰退していくなかで,なお山車の出る祭礼は,おおぜいの観衆を集めて活発に行われており,各都市の観光資源ともなっている。これも山車がそもそも都市的な環境で育成されたことの結果と考えられる。
→屋台
[守屋 毅]

[索引語]
祇園祭 山鉾 だんじり(地車) 曳山 山笠 太鼓台 作り山 標山
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
山車の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 896
検索コンテンツ
1. さん‐しゃ【山車】
日本国語大辞典
*資治通鑑‐唐紀・粛宗至徳元載八月「又以〓山車・陸船〓、載 ...
2. 山車画像
日本大百科全書
った。近世になると祇園祭の山鉾をモデルとした山車が地方都市に普及し、全国的に行われるようになった。その名称、形態はさまざまであるが、東日本では山車、屋台などとよ ...
3. 山車
世界大百科事典
代表する祭礼は,例外なく,大量の山車をともなうものであった。 〈だし〉といういいかたは,屋台から高く掲げられた飾りを指すものと考えられるが,異説もあって,定かで ...
4. だし【山車・花車】
日本国語大辞典
神祭にだしといふ物あり。だしとはもと幟の類にか」*たけくらべ〔1895~96〕〈樋口一葉〉二「山車(ダシ)屋台に町々の見得をはりて土手をのぼりて廓内(なか)まで ...
5. だし【山車】
数え方の辞典
▲台 祭礼のときに引いて練り歩く屋台のことで、「台」で数えます。  ...
6. だし【山車】
国史大辞典
籠(ひげこ、放射状に編み残しの竹をつけた籠)など、神の依代(よりしろ)となる物をいった。現在、山車は全国的に見られるが、その源は京都の八坂神社の祇園山鉾とされ、 ...
7. だん-じり【檀尻・楽車・山車】画像
全文全訳古語辞典
〔名詞〕祭礼用の大きな車。車の上に屋台などを組んで飾り立て、囃子ながら引き回す。だし。  ...
8. ヤマグルマ
日本大百科全書
ヤマグルマ科の常緑高木。トリモチノキともいう。幹は直立性で、高さ15メートル以上になる。葉は長い柄があり、枝先にやや輪生状につく。葉身は狭倒卵形または倒卵形で先 ...
9. やま‐ぐるま【山車】画像
日本国語大辞典
もちのき」*日本植物名彙〔1884〕〈松村任三〉「ヤマグルマ トリモチノキ」祭礼の練り物。山車(だし)。《やまぐるま》愛知県知多郡570 愛媛県中島054 ヤマ ...
10. 【山車】さんしゃ*だし
新選漢和辞典Web版
《国》祭りのときの、装飾した車。  ...
11. だし【山車】[標準語索引]
日本方言大辞典
渡り歩くだし:山車わたしもの祭りの時のだし:山車しゃぎり / しゃんぎりやま / つけまつり若衆仲間を終えたもので、祭礼のだし:山車を管理している者ねんぎょーじ ...
12. やまぐるま【山車】[標準語索引]
日本方言大辞典
いわむち / いわもち / いわやん / おーもちのき / こねのき / こはびら / さねやくしょ / とりもち の木 / ほんもち / もちのき / もっち ...
13. だし‐うり【山車売】
日本国語大辞典
〔名〕祭礼に、山車をかたどった玩具を売る行商。*雑俳・川傍柳〔1780~83〕五「みんな売切ると出し売馬鹿な形」*雑俳・柳多留‐三三〔1806〕「榊かと又だし売 ...
14. 山車人形
日本大百科全書
引いたり、担いだりする屋台(山車)に飾った人形。おそらく人形は神の依代(よりしろ)として、神霊の依(よ)り憑(つ)くものであろう。その神霊を祭りの場所まで連れて ...
15. だし‐や【山車屋】
日本国語大辞典
〔名〕山車(だし)、踊り屋台などをつくる人、またその家。*風俗画報‐一三四号〔1897〕人事門「花車屋(ダシヤ)の事をいふべし〈略〉『鐘一つうたぬ日はなし江戸の ...
16. やま‐くるまがい[‥くるまがひ]【山車貝】
日本国語大辞典
〔名〕ヤマクルマガイ科の陸生巻き貝。近畿地方以南の低地の小石や落葉の間などにすむ。殻は平巻き、円盤形を呈する。殻径およそ二センチメートル。表面は汚黄褐色の殻皮を ...
17. やまぐるま‐か[‥クヮ]【山車科】
日本国語大辞典
〔名〕双子葉植物の科名。アジア東部に一属一種ヤマグルマがある。高木で、葉は托葉がなく、長柄があって偽輪生する。花は頂生し集散花序に咲き、両性、放射相称または、や ...
18. だしごろ【山車―】[方言]
日本方言大辞典
牛車引き。卑しんで言う語。 鹿児島県963鹿児島方言辞典(嶋戸貞良)1935 ...
19. だしごろべぶ【山車―】[方言]
日本方言大辞典
(「べぶ」は牛の意)牛車を引く牛。 鹿児島県963鹿児島方言辞典(嶋戸貞良)1935 ...
20. やまおーばこ【山車前草】[方言]
日本方言大辞典
植物(1)ぎぼうし(擬宝珠)。 神奈川県東丹沢034樹木と方言(倉田悟)1962《やまおんばこ》 広島県比婆郡774郷土調査(比婆郡峯田村青年団)1935(2) ...
21. 山車の祭り
日本大百科全書
→山・鉾・屋台行事 ...
22. お‐やまぐるま[を‥]【小山車】
日本国語大辞典
〔名〕植物「かせんそう(歌仙草)」の異名。オヤマ〓ルマ ...
23. 川越氷川祭(川越まつり)の山車行事[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
神幸祭(じんこうさい)に続いて行われる山車(だし)巡行では、各町内もちの豪華な山車29台が町中を練り歩く。写真は幸町(さいわいちょう)「小狐丸(こぎつねまる)」 ...
24. 山王祭の山車[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
御用祭、天下祭とも称されて盛大をきわめた山王祭(さんのうまつり)では、各町から豪華な山車(だし)などの練物(ねりもの)が出され、行列を彩った。江戸末期、その数は ...
25. とざん‐しゃ【登山車】
日本国語大辞典
走る車。*ブルジョア〔1930〕〈芹沢光治良〉一「普段のやうに駅前の、レストラン・モンブランで、登山車を待った」 ...
26. はな‐だし【花山車】
日本国語大辞典
〔名〕花などで飾った山車。*雑俳・川柳評万句合‐宝暦一一〔1761〕桜二「はなだしの気でかりまたの矢を荷き」*東都歳事記〔1838〕二月「初午〈略〉町々大幟を立 ...
27. ほこ‐だし【鉾山車】
日本国語大辞典
に同じ。*東京風俗志〔1899~1902〕〈平出鏗二郎〉上・四・祭礼「山車には鉾山車(ホコダシ)、花山車の二あり。鉾山車は造構頗る精美を極め、牛車に楼閣(やぐら ...
28. 愛知(県)画像
日本大百科全書
指定されている。山車からくり(だしからくり)からくりは近世のもので、名古屋市には10余か所、知立(ちりゅう)市には山車文楽、針綱(はりづな)神社(犬山市)の祭礼 ...
29. あいちぐん【愛知郡】愛知県
日本歴史地名大系
そのほか飯田街道(岡崎街道)・善光寺街道・美濃路・佐屋路などが郡内を通っている。当郡は一般に祭礼が盛んで、山車などのほかに馬の塔(頭)を出すのが特色といえる。ま ...
30. あおがしわ‐まつり[あをがしは‥]【青柏祭】
日本国語大辞典
〔名〕(1)石川県七尾市山王町にある大地主神社で毎年五月一三日から三日間行なわれる祭。巨大な山車(だし)を引き回すので有名。青柏の葉に神饌を盛るのでこの名がある ...
31. 青森(県)画像
日本大百科全書
弘前市)など県内のあちこちに神楽舞が伝えられている。7月末から8月初めに行われる八戸三社大祭の山車行事(国指定重要無形民俗文化財)は2016年にユネスコの無形文 ...
32. あかどまりむら【赤泊村】新潟県:佐渡郡/赤泊村
日本歴史地名大系
四月一八日の祭礼には赤泊新谷の氏子により、東北地方の鹿踊の系統をひく小獅子舞が演じられ、町内は若衆が引く山車で賑う。 ...
33. あすけはちまんぐう【足助八幡宮】愛知県:東加茂郡/足助町/足助村
日本歴史地名大系
金的中の奉納額も多い。かつては八月一五日に放生会・流鏑馬などが行われ、足助村の四ヵ町からは各町ごとに山車、在方の村々からは鉄砲隊・棒の手組に警固された飾馬の献馬 ...
34. あたごじんじゃ【愛宕神社】富山県:小矢部市/今石動町/山畠分
日本歴史地名大系
の惣社として人々の信仰を集め、現在も四月二三日・二四日の春の祭礼には今石動の各町内より花山車や歌舞伎山車が繰出す。明治一五年(一八八二)に愛宕神社と改称。その後 ...
35. あづまじんじゃ【吾妻神社】静岡県:御殿場市/御殿場村
日本歴史地名大系
、傘鉾と四神鉾を飾り、山車の巡行がある。傘鉾は前年の祭礼以降町内に嫁いだ花嫁の帯と小袋、それに安藤家所有の鈴守で飾られ、四神鉾は玄武・青龍・朱雀・白虎が刻されて ...
36. あと の 祭(まつり)
日本国語大辞典
692〕一・三「毎年京大坂へくるは、此神々に備へたる跡(アト)の祭り也」(2)(祭の済んだ後の山車(だし)の意から)物事が、その時機をはずして、無益なものになっ ...
37. 後(あと)の祭(まつり)
故事俗信ことわざ大辞典
」「後の祭り」が直接何をさすかについては、祭りのすんだ後とする説(「増補俚言集覧」)や祭日後の山車(まつり)とする説(「大言海」)、死後の祭りとする説(「日本の ...
38. あばそん【阿波村】岡山県:苫田郡
日本歴史地名大系
社伝では弘治年間(一五五五―五八)創始と伝え、各地区で竹・木・色紙などで製作した高さ三・五メートルの花傘(一種の山車)を青年たちが持って練り歩き、御神幸に彩りを ...
39. あめみこじんじゃ【天御子神社】静岡県:磐田市/見付宿
日本歴史地名大系
祭)とも称した。現在は祇園祭と称し、毎年七月一二―一五日に行われている。この祇園祭の祭組とその山車は、享保期(一七一六―三六)に見付天神社の例祭である裸祭へ移行 ...
40. ありまつむら【有松村】愛知県:名古屋市/緑区
日本歴史地名大系
ための絞倉・藍倉をそのままに残し、防火を工夫した塗ごめ構造建物として県指定文化財。天神社の祭の山車(布袋車・唐子車・神功皇后車)は市指定文化財。当村は鳴海村と同 ...
41. アーチ
日本国語大辞典
常設される場合が多い。*風俗画報‐二号〔1889〕人事門「憲法発布式御次第〈略〉皆大典奉祝の用意に奔走して山車に緑門(アーチ)に我劣らじと趣向を凝らせしが」*魔 ...
42. いおきはちまんぐう【伊尾木八幡宮】高知県:安芸市/井尾喜村
日本歴史地名大系
境内社に伊勢・御崎の二社がある。社地の西隣に有井又三郎墓と伝える五輪塔がある。祭礼は一〇月一五日。山車の巡行があり、夜は参道に絵馬灯籠が並び点灯される。 ...
43. 伊賀国画像
日本大百科全書
俳人松尾芭蕉(ばしょう)は伊賀上野の郷士で、上野には芭蕉ゆかりの五庵(あん)がある。上野天神祭の山車(やま)、能面、伊賀傘(かさ)、伊賀焼、組紐(くみひも)は、 ...
44. いくのぎんざんあと【生野銀山跡】兵庫県:朝来郡/生野町
日本歴史地名大系
含む富鉱があり、御所務山(最高出鉱量の山)に定められたが、山主の菊屋勘兵衛はその祝に山神祭に御見石と称する山車を引回した。これが恒例となって御所務山の山師は御見 ...
45. いけだまちむら【池田町村】長野県:北安曇郡/池田町
日本歴史地名大系
七三―九二)山城国男山八幡宮より勧請と伝え、誉田別尊・埴安比売命・九頭竜神の三神を祀る。神事に山車巡行・舟巡行がある。 ...
46. イスラム美術
世界大百科事典
ノラマ的な地図などが挿絵として描かれた。また,祝祭のパレードに繰り出した職人同業組合の各代表の山車,アクロバット,歌舞音曲,打上げ花火などが,生き生きと描写され ...
47. いたてひょうずじんじゃ【射楯兵主神社】兵庫県:姫路市/姫路城下/小桜町
日本歴史地名大系
物館蔵、県指定文化財)がある。なお明治期まで続いた修羅踊の起りは、大永元年赤松政村自ら指図して山車・花台を繰出させて神踊を行わせたことによると伝える。 ...
48. いちがみじんじゃ【市神神社】愛知県:津島市/津島村
日本歴史地名大系
座・池之堂・布屋の七ヵ町が七切祭と称して笹に提灯をつけ傘鉾を出したが、享保三年(一七一八)から山車一両ずつを出すようになった(津島町史)。 ...
49. いちのへまち【一戸町】岩手県:二戸郡
日本歴史地名大系
が合併して一戸町となる。八月下旬に行われる一戸祭は八坂神社・稲荷神社の例大祭で、各町内から風流山車が繰出し、人出で賑う。馬淵川上流に多数の珪化木があり、姉帯・小 ...
50. 一休和尚年譜 2 110ページ
東洋文庫
と評される(前掲『禅林画賛』)。 ほかに「蟻と南瓜図」と題される作品がある。二十匹の蟻が祭りの山車のように難して南瓜を曳く図で、その略筆は躍動を視覚化して、運筆 ...
「山車」の情報だけではなく、「山車」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

山車と同じカテゴリの記事
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
坂部冬祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野県の諏訪(すわ)神社(下伊那(しもいな)郡天龍村坂部(さかべ))で1月4日に行われる祭り。もと霜月祭とよばれ、旧暦11月14日の湯立神楽(ゆだてかぐら)で、神社の拝殿を舞処として拝殿の炉に湯立の釜(かま)をかけ、徹夜で行われる。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「山車」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
祭囃子(日本大百科全書・世界大百科事典)
祭礼囃子ともいう。神輿(みこし)が御旅所(おたびしょ)に渡御(とぎょ)するいわゆる神幸(しんこう)祭に、付祭(つけまつり)と称して氏子たちが出す山車(だし)(山、鉾(ほこ)、だんじり、屋台など車付きのもの、山笠(やまがさ)、きりこのように担ぐもの
日吉山王祭(国史大辞典)
近江坂本(滋賀県大津市)日吉大社の祭礼のこと。各地の山王祭はこの祭の伝わったもの。平安時代以来日吉祭、近世には山王祭または日吉山王祭とよばれる。古来、四月の中の申の日を中心に午から酉の日まで四日間行われた。平安時代から多くの書物にみえるが
長浜曳山狂言(日本大百科全書(ニッポニカ))
滋賀県の長浜八幡宮(はちまんぐう)(長浜市宮前(みやまえ)町)の春祭(4月13~16日)に曳山(ひきやま)の上で行われる子供歌舞伎(かぶき)。羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉が城主のとき男子出生を祝って町民に賜った砂金を基金として曳山を整えた
神幸祭(国史大辞典・世界大百科事典)
神社祭祀のうち、神霊が本社より他所に渡御する祭。「おわたり」「みゆき」「おいで」などとも称し、その帰りを還幸祭と呼ぶ場合もある。起源は不詳であるが、古代末期にはすでに行われていた社があり、中世以降多くの社でなされるようになったものとみられる
秩父夜祭(日本大百科全書・世界大百科事典)
埼玉県秩父市の秩父神社で12月2、3日に行われる例祭の夜間行事。華やかなので夜祭として有名。近世は霜月(旧暦11月)1、2、3日であった。祭りでもっとも盛大で重要なものは、神馬(しんめ)の奉献と、二台の笠鉾(かさぼこ)、四台の屋台が神輿(みこし)に続いて巡行
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る