ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. 盆踊り・舞踊
  10. >
  11. 綾子舞
歌舞伎事典・世界大百科事典・日本大百科全書

新版 歌舞伎事典
綾子舞
あやこまい
 新潟県柏崎市(旧刈羽郡黒姫村)下野しものおよび高原田たかはらだに伝わる民俗芸能。少女によって踊られる優美な小歌踊と、男性による狂言がある。踊の扮装や振、歌詞、また囃子に三味線が入らないことなど、女歌舞伎の踊にきわめて似通うものがあり、狂言にも、現存三流の曲目になく、若衆歌舞伎の演目にあるものを伝えているなど、初期歌舞伎のおもかげを残す芸能として注目される。土地に伝わる由来伝承には、京都北野神社の巫子みこ文子あやこが舞ったものが伝わったとするものと、上杉房能の奥方綾子が伝えたとするものがあるが、いずれもこの芸能が京から伝来したことをうかがわせる。ことに京で北野神社を本拠地としていた出雲のお国が、歌舞伎踊以前に名のっていた〈ややこ踊〉との名称の相似も考え合わせると、女歌舞伎の踊歌に伝わる〈ややこ〉と同じ歌詞の曲を〈常陸ひたち踊〉として伝承していることなどからも、この芸能がお国もしくはその模倣者の女歌舞伎の座によってこの地に伝えられたことはほぼ確実であろう。おそらくはお国自身の座によると思われる。
 また、香川県仲多度郡仲南村(現まんのう町)佐文さぶみにも〈綾子踊〉という雨乞踊が伝承されており、歌詞に共通するものがある。都から来た巫子または遊女によって伝えられたとの由来があり、これも女歌舞伎の座によると考えられる。こういった民俗芸能は各地に散在している。
女歌舞伎
[小笠原 恭子]


改訂新版 世界大百科事典
綾子舞
あやこまい

新潟県柏崎市女谷下野(しもの),高原田(たかはらだ)(旧,刈羽郡黒姫村)に伝わる民俗芸能。少女によって踊られる小歌踊と,男性による囃子舞,狂言がある。踊りの扮装や振り,歌詞,また囃子に三味線が入らないことなど,女歌舞伎の踊りにきわめて似通うものがあり,狂言にも,現存3流の曲目になく,若衆歌舞伎の演目にあるものを伝えているなど,初期歌舞伎のおもかげを残す芸能として注目される。土地に伝わる由来伝承には,京都北野神社の巫子(みこ)文子(あやこ)が舞ったものが伝わったとするものと,上杉房能の奥方綾子が伝えたとするものがあるが,いずれもこの芸能が京から伝来したことをうかがわせる。ことに京で北野神社を本拠地としていた出雲のお国が,歌舞伎踊以前に名のっていた〈やや子踊〉との名称の相似も考え合わせると,女歌舞伎の踊歌に伝わる〈ややこ〉と同じ歌詞の曲を〈常陸(ひたち)踊〉として伝承していることなどからも,この芸能がお国もしくはその模倣者の女歌舞伎の座によってこの地に伝えられたことはほぼ確実であろう。おそらくお国自身の座によると思われる。

 また,香川県仲多度郡まんのう町の旧仲南村佐文(さぶみ)にも〈綾子踊〉という雨乞踊が伝承されており,歌詞に共通するものがある。都から来た巫子または遊女によって伝えられたとの由来があり,これも女歌舞伎の座によると考えられる。こういった民俗芸能は各地に散在している。
[小笠原 恭子]

[索引語]
ややこ踊 常陸(ひたち)踊 綾子踊


日本大百科全書(ニッポニカ)
綾子舞
あやこまい

風流踊(ふりゅうおどり)の一つ。新潟県柏崎(かしわざき)市黒姫町女谷(おなだに)の下野(しもの)、高原田(たかんだ)両地区に伝わる民俗芸能。踊りと囃子舞(はやしまい)と狂言からなるが、初期歌舞伎(かぶき)踊りのおもかげを今日に残している点に特色があるとされる。起源については、1509年(永正6)この山間に落ち延びた国守上杉房能(ふさよし)の奥方綾子にちなむとも、菅原道真(すがわらのみちざね)が大宰府(だざいふ)に左遷のとき、京七条坊門の文(あや)という娘が綾を着て舞を奏したが、それがのちに北面の武士によりこの地に伝授されたとも伝えられる。江戸時代後期には江戸で興業を行い、明治の中ごろまで近郷一帯を巡って演じたが、いまは9月第2日曜日に現地公開されている。踊りは、もとは少年が女装したが、いまは下野3人1組、高原田2人1組の20歳くらいまでの少女たちが踊る。いずれも頭にユライとよばれる赤布の被(かぶ)り物をつけ、後ろに長く垂らす。下野では振袖(ふりそで)に中幅の帯をだらりに結び、白足袋(しろたび)。高原田では振袖に緋(ひ)の袴(はかま)をつける点が多少異なる。手には扇を持つ。囃子は大太鼓、締(しめ)太鼓、笛、鼓、銅拍子(どうびょうし)、拍子木。現在伝わる曲名は踊り11曲、囃子舞22曲、狂言28番。このうち「小切子踊(こきりこおどり)」「常陸踊(ひたちおどり)」など踊り数曲のほか囃子舞、狂言あわせて十数番が今日上演できるといわれる。
[高山 茂]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
綾子舞の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 28
検索コンテンツ
1. 綾子舞画像
日本大百科全書
風流踊(ふりゅうおどり)の一つ。新潟県柏崎(かしわざき)市黒姫町女谷(おなだに)の下野(しもの)、高原田(たかんだ)両地区に伝わる民俗芸能。踊りと囃子舞(はやし ...
2. 綾子舞[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
柏崎(かしわざき)市女谷(おなだに)の下野(しもの)、高原田(たかんだ)両地区に伝わる民俗芸能。若い女性による小歌踊、男性が演ずる囃子舞(はやしまい)、狂言から ...
3. 綾子舞
世界大百科事典
新潟県柏崎市女谷下野(しもの),高原田(たかはらだ)(旧,刈羽郡黒姫村)に伝わる民俗芸能。少女によって踊られる小歌踊と,男性による囃子舞,狂言がある。踊りの扮装 ...
4. あやこまい【綾子舞】
歌舞伎事典
 新潟県柏崎市(旧刈羽郡黒姫村)下野(しもの)および高原田(たかはらだ)に伝わる民俗芸能。少女によって踊られる優美な小歌踊と、男性による狂言がある。踊の扮装や振 ...
5. あやこ‐まい[‥まひ]【綾子舞】
日本国語大辞典
「あやこおどり(綾子踊)」に同じ。 ...
6. あやこ‐おどり[‥をどり]【綾子踊】
日本国語大辞典
新潟県柏崎市女谷に伝わる民俗芸能で、踊り、囃子舞(はやしまい)、狂言がある。綾子舞。あやこ。 ...
7. いなばおどり【因幡踊】
国史大辞典
ったように、小歌をいくつも続け、その間に囃子詞を挿入した構成のもの。現在、新潟県柏崎市黒姫の綾子舞の中に、同名の、ほとんど同じ歌詞による踊が伝えられている。 [ ...
8. えんげきおんがく【演劇・音楽】 : 近世
国史大辞典
改良した三味線を主要楽器とするようになった舞台芸術で、人形芝居は語りものが主体であり、歌舞伎は、念仏踊・綾子舞はじめ、民俗芸能や民謡などを巧みに消化して、宮廷・ ...
9. おなだにむら【女谷村】新潟県:柏崎市
日本歴史地名大系
計六二石六斗。明治元年(一八六八)の郡中惣高家数取調写帳(柏崎市立図書館蔵)では家数一〇〇。綾子舞は高原田・下野地区に伝わる芸能で、踊・囃子舞・狂言の三種に分れ ...
10. おはらぎおどり【小原木踊】
国史大辞典
おびただしい類歌が認められ、江戸時代初期には非常に流行したものだったらしい。現在、新潟県柏崎市の「綾子舞」や東京都西多摩郡旧小河内村の「鹿島踊」ほかに同じような ...
11. 柏崎(市)画像
日本大百科全書
ある。年中行事では7月の柏崎祭と、9月の第2日曜日に現地公開される国指定重要無形民俗文化財の綾子舞(あやこまい)が知られる。山崎久雄 ...
12. 閑吟集 431ページ
日本古典文学全集
類歌も継承歌謡もきわめて豊富である。特にこの放下歌は、東京都小河内の鹿島踊、新潟県柏崎市黒姫の綾子舞などで今もうたわれている。保安五年(一一二四)二月十二日、白 ...
13. 閑吟集 483ページ
日本古典文学全集
小靨の中へ身を投げばやと 思へど底の邪が怖い小今朝の嵐は 嵐ではなげに候よの 大井川の  河の瀬の音ぢやげに候よなう小水が凍るやらん 湊河が細り候よなう われら ...
14. きんせい【近世】画像
国史大辞典
改良した三味線を主要楽器とするようになった舞台芸術で、人形芝居は語りものが主体であり、歌舞伎は、念仏踊・綾子舞はじめ、民俗芸能や民謡などを巧みに消化して、宮廷・ ...
15. 小歌踊画像
日本大百科全書
踊りによってよりよく表現しようとする。全国的に広く散在するが、次の三つが代表的である。(1)綾子舞(あやこまい)(新潟県柏崎市女谷(おなだに)) 2~3名の少女 ...
16. 小切子/筑子
世界大百科事典
富山県五箇山の〈こきりこ踊〉などの民俗芸能のなかで用いられ,新潟県柏崎市女谷(おなだに)の〈綾子舞〉の演目にも〈こきりこ踊〉がある。長尾 一雄 ...
17. こきりこ踊画像
日本大百科全書
は七寸五分じゃ、長いは袖(そで)の金鉤(かなかい)じゃ」とある。新潟県柏崎(かしわざき)市の綾子舞(あやこまい)の一曲にも小切子(こきりこ)踊がある。渡辺伸夫 ...
18. 晒(邦楽・舞踊)
日本大百科全書
的な時代物の立回り、幕切れに使う。(4)民俗芸能。布晒しのさまを演ずるもので、新潟県黒姫村の綾子舞(あやこまい)の狂言や、沖縄の八重山(やえやま)舞踊などにあり ...
19. 篠原踊
日本大百科全書
『田舎下(いなかくだ)り踊』『吉野桜踊』の3曲は、代表的小歌踊の新潟県柏崎(かしわざき)市の綾子舞(あやこまい)や東京都下小河内(おごうち)の鹿島(かしま)踊と ...
20. 杓子舞
世界大百科事典
見さいな〉などと演者が歌いながら舞う囃子舞である。現行曲ではないが,新潟県柏崎市女谷(おなだに)の綾子舞(あやこまい)の囃子舞25曲の一つに見え,中世末から近世 ...
21. 東海道名所記 2 180ページ
東洋文庫
・ヲトリに対するとも説かれ、岐阜県南宮神社の伝承芸能中の赤子を背負ったのをさすかとも言 われる。また、越後の綾子舞中の少女の踊にそれが見られると、近時強く説かれ ...
22. 新潟(県)画像
日本大百科全書
郷土芸能や風俗習慣面では、弥彦(いやひこ)神社の灯籠(とうろう)おしと舞楽、柏崎市女谷(おなだに)の綾子舞(あやこまい)、長岡(ながおか)市、魚沼(うおぬま)市 ...
23. 囃子舞
世界大百科事典
に伝承される綾子舞(あやこまい)には,《恵比寿舞》《大黒舞》《亀の舞》《猩々舞》《鶉舞》などがあり,青森,岩手,秋田の各県にも伝えられている。吉川 周平 鶉舞( ...
24. ややこおどり【ややこ踊】
国史大辞典
ころに、芸能史上画期的な意義がある。今日、民俗芸能として伝わる新潟県柏崎市女谷(おなだに)の綾子舞、香川県仲多度郡仲南町佐文の綾子踊、東京都西多摩郡旧小河内村の ...
25. 【総論】新潟県
日本歴史地名大系
ぜられる稚児舞楽を伴っており、奈良や大阪四天王寺などより習授したと伝える。柏崎市女谷に伝わる綾子舞は古歌舞伎踊の風を残す踊・囃子舞・狂言などから構成され、京より ...
「綾子舞」の情報だけではなく、「綾子舞」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

綾子舞と同じ盆踊り・舞踊カテゴリの記事
白石踊(日本大百科全書(ニッポニカ))
岡山県の白石島(笠岡(かさおか)市)の盆踊り。月遅れ盆の8月14~16日に、口説きの音頭と太鼓によって踊られる。一曲の音頭のなかで、さまざまに異なる扮装(ふんそう)をした踊り手が、いろいろな振りを同時に踊るところに特色がある。男踊、女踊、奴(やっこ)踊(笠踊)
ウシデーク(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄諸島の農村でシヌグ、ウンジャミなどの祭りののちに女性のみで行う祭祀(さいし)舞踊。シヌグ、ウンジャミは農作物を自然の災害から守るために初夏に行う予祝儀礼である。まず音取(ねとり)とよばれる小鼓(こつづみ)を持った年長者の女性数人を先頭に
エイサー(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄諸島全域に伝わる盆踊り。17世紀ごろ仏教(浄土宗)とともに本土から伝来し、首里(しゅり)、那覇を中心にしだいに地方へ広まったようである。歌詞は七五調で、親への孝養を説く「継親念仏(ままうやにんぶち)」「親の御菩提(うやぬぐぶだい)」などを三味線にのせた
綾子舞(歌舞伎事典・世界大百科事典・日本大百科全書)
 新潟県柏崎市(旧刈羽郡黒姫村)下野(しもの)および高原田(たかはらだ)に伝わる民俗芸能。少女によって踊られる優美な小歌踊と、男性による狂言がある。踊の扮装や振、歌詞、また囃子に三味線が入らないことなど、女歌舞伎の踊にきわめて似通うものがあり
風流踊(改訂新版 世界大百科事典)
趣向をこらした扮装の者たちが,集団で笛・太鼓・鉦(かね)・鼓などの伴奏にあわせて踊る踊り。歌は室町時代後期から近世初期にかけて流行した小歌を,数首組歌にして歌う場合が多い。現在風流踊は民俗芸能として,太鼓踊,カンコ踊,神踊(かみおどり)
盆踊り・舞踊と同じカテゴリの記事をもっと見る


「綾子舞」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
熊送り(熊祭)(日本大百科全書・世界大百科事典)
熊を獣のなかで特別な存在とみなし、これを殺害するときに執行される儀礼の総称。この儀礼は、北方ユーラシア大陸を中心に、北アメリカ、ベトナム山地、バスク地方など、熊の生息する地域のほとんどの民族にみられ、俗に熊祭といわれることもあり
相馬野馬追(世界大百科事典)
福島県の祭礼行事。福島県南相馬市の旧原町市の太田神社,旧小高(おだか)町の小高神社,相馬市の中村神社(以上の3社を相馬妙見三社と呼ぶ)の相馬野馬追祭の祭礼行事として7月23~25日に行われる。甲冑に身を固め,旗指物をなびかせた数百騎の騎馬武者が
博多どんたく(日本大百科全書)
5月3、4日に福岡市で行われる祭り。ドンタクはオランダ語zondagからきた語で日曜日、転じて休日の意。博多の町(福岡市博多区)に行われた小正月の松囃子(まつばやし)がもとであるが、期日はしばしば改変し、1949年(昭和24)から憲法記念日以後2日間になった
左義長(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
小正月に行われる火祭り行事。三毬杖・三毬打・三鞠打・三木張などとも書き、爆竹にこの訓をあてた例もある。打毬(だきゅう)は正月のめでたい遊戯とされ、これに使う毬杖(ぎっちょう)を祝儀物として贈る風習があった。その破損した毬杖を陰陽師が集めて焼く
題目立(日本大百科全書)
民俗芸能。奈良市上深川(かみふかわ)町(旧、山辺(やまべ)郡都祁(つげ)村上深川)の八柱(やはしら)神社および奈良市丹生(にう)町の丹生神社など奈良地方で行われていた中世芸能。今日では上深川だけに残っており、八柱神社の10月12日の秋祭に行われる
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る