ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. 盆踊り・舞踊
  10. >
  11. 出雲神楽

ジャパンナレッジで閲覧できる『出雲神楽』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・日本大百科全書

国史大辞典
出雲神楽
いずもかぐら
出雲地方の神楽。佐太神社(島根県八束郡鹿島町)の神楽をその中心とする。佐太神社の「御座替祭」(九月二十五日、もと八月二十四日・二十五日)に、古くは島根・秋鹿・楯縫・意宇(西半分)の三郡半の神職が祭事に奉仕し、その後に天下国家の御祈祷として神楽を行なった。この神楽は三郡半の神職の各神社にも同様に行われ、さらに出雲国全郡にもあまねく普及し、やがて山陰・山陽方面にも広く分布するに至った。その主なものに、大原能(大原郡)・飯石神楽(飯石郡)・大元神楽(石見国)・石見神楽(同)・神殿神楽(こうどのかぐら、備中国)・備中神楽(同)などがある。この神楽は「七座神事」と「佐陀神能」とからなる。七座神事はその曲目の次第が祭の次第と同じ構成をもつ神事的な舞で、剣舞・清目(きよめ)・散供・勧請・祝詞・御座・手草(たぐさ)の七曲がある。これを前段とし、後段には神能を演じる。これは神話や神社の縁起などを題材として、近世の猿楽の影響のもとに能の形に脚色構成した演劇的なものである。曲目は式三番・大社・真切霊・厳島・恵比須・日本武・八幡・磐戸・三韓・八重垣・荒神・住吉・武甕槌(たけみかずち)の十三曲で、土地により曲目上の異同がある。大元神楽・神殿神楽・隠岐島の神楽などには、神がかり・託宣などの宗教的要素を存し、近世の能風改革以前の古い神楽の姿をうかがわせるものがある。
[参考文献]
西角井正慶『神楽研究』、本田安次『神楽』
(倉林 正次)


日本大百科全書(ニッポニカ)
出雲神楽
いずもかぐら

神楽の一系統。島根県松江市鹿島(かしま)町佐太(さだ)神社の神事を中心にして、出雲地方に発したのでこの名がある。出雲神楽は採物(とりもの)(榊(さかき)、幣(みてぐら)、杖(つえ)、篠(ささ)など手に持って舞うもの)を主とした舞に特色があるといわれている。佐太神社には古くから神座の御座(ござ)を毎年敷き替える御座替えの祭が執行されており、「七座の神事」と「神能(しんのう)」はこの例祭(9月24日。もとは旧8月24日)の翌夜に行われる。現在ではこの二つをあわせて「佐陀(さだ)神能」とよび、国の重要無形民俗文化財となっている。この祭は明治維新前まで、佐太神社の支配下にあった出雲三郡半(島根、秋鹿(あいか)、楯縫(たてぬい)の3郡と意宇(おう)郡の西半分)の神職が参集して務めた。七座の神事は面を用いない神事性の濃い採物舞で、剣舞(けんまい)、清目(きよめ)、散供(さんぐ)、御座、勧請(かんじょう)、祝詞(のりと)、手草(たぐさ)の7曲がある。次に式三番(しきさんば)以下神能に入る。神能は役目能ともいわれ、神話や神社縁起に題材をとった能風の面神楽で、式三番以外に大社(おおやしろ)、真切孁(まきりめ)、厳島(いつくしま)、恵比寿(えびす)、日本武(やまとだけ)、八幡(やわた)、磐戸(いわと)、三韓(さんかん)、八重垣、荒神(こうじん)、住吉、武甕槌(たけみかづち)の12番がある。神能は謡(うたい)がいまの能と同じ構成をもち、一説には1608年(慶長13)ごろ佐太神社の幣主(へいぬし)宮川秀行が京で能を学んで帰り、能に倣って神能をつくったと推測されているが、その演じ方には一段と古い能の形式を残しているとみられるものがある。七座の神事と神能とは三郡半の神職のつかさどるそれぞれの神社でも舞われ、しだいに出雲国一帯に及ぶとともに、やがて中国地方全般に広く伝播(でんぱ)していった。そのおもなものは、出雲(島根県東部)では大原郡(現、雲南(うんなん)市)の大原神職神楽、飯石(いいし)郡(現、飯南(いいなん)市)の奥飯石神楽、石見(いわみ)国(島根県西部)に入った大元(おおもと)神楽、石見神楽、備中(びっちゅう)(岡山県西部)方面に伝わった備中神楽、荒神神楽、神殿(こうどの)神楽、隠岐(おき)の隠岐神楽などがある。また、このいわゆる出雲流神楽の系統は、四国や九州にも広がっているが、ことに九州では高千穂(たかちほ)神楽を初めとしてほぼ全域にわたり、さらに関東から東北地方の神楽に至るまでみられる。今日もっとも広く全国に分布し、伊勢(いせ)流神楽とともに神楽の一大系統を形成している。
[高山 茂]
 なお出雲神楽は、2011年(平成23)「佐陀神能」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。
[編集部]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
出雲神楽の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 20
検索コンテンツ
1. 出雲神楽画像
日本大百科全書
島根県松江市鹿島(かしま)町佐太(さだ)神社の神事を中心にして、出雲地方に発したのでこの名がある。出雲神楽は採物(とりもの)(榊(さかき)、幣(みてぐら)、杖( ...
2. いずもかぐら【出雲神楽】
国史大辞典
出雲地方の神楽。佐太神社(島根県八束郡鹿島町)の神楽をその中心とする。佐太神社の「御座替祭」(九月二十五日、もと八月二十四日・二十五日)に、古くは島根・秋鹿・ ...
3. 安芸高田[市]
世界大百科事典
橋氏の勢力下にあり,生田に高橋城,横田に松尾城など,支城や出城が配されていた。また石見神楽,出雲神楽の流れをくんだ神楽が伝わり,多くの神楽団がある。米作のほか, ...
4. かぐら【神楽】
国史大辞典
今日でも歓迎されている。このように趣を異にして行われても、実際には、伊勢神楽に巫女舞や採物舞があったり、出雲神楽に湯立が入っているなど、各流の神楽要素が混じって ...
5. かぐらうた【神楽歌】
国史大辞典
遊び歌・神上の歌などに分けられる。内容は『梁塵秘抄』の神歌系統の、素朴で清らかなものが多い。出雲神楽には、関東の里神楽のように歌を省略して黙劇に近いものもある。 ...
6. 神楽面
世界大百科事典
神楽といわれる神事芸能のうち,採物(とりもの)神楽や能神楽の系統に使用された仮面。出雲神楽の流れでは島根県鹿足郡津和野町の旧日原町の柳神楽に1506年(永正3) ...
7. 木葉衣・鈴懸衣・踏雲録事 修験道史料1 15ページ
東洋文庫
いわゆる山伏神楽、法印神楽、荒神神楽である。また花祭とか冬祭とか霜月神楽などとよばれるのもこれで、備中神楽や出雲神楽、隠岐神楽、高千穂神楽などと地名を冠してよば ...
8. さがりかやむら【下蚊屋村】鳥取県:日野郡/江府町
日本歴史地名大系
大正六年(一九一七)助沢の助沢神社を合祀(県神社誌)。下蚊屋の荒神神楽は県指定無形民俗文化財。出雲神楽を源流とするが、美作地方の荒神神楽の流れをくむとされる。県 ...
9. さだかぐら【佐陀神楽】
国史大辞典
出雲神楽(いずもかぐら)  ...
10. 佐陀神能
日本大百科全書
出雲神楽 ...
11. さだ‐じんじゃ【佐太神社】
日本国語大辞典
出雲大社と並ぶ古社として崇敬される。貞享年間(一六八四~八八)藩主松平綱近が社殿を寄進。御座替神事の佐太神能は出雲神楽の源流といわれる。出雲国二の宮。佐陀大社。 ...
12. さとかぐら【里神楽】
国史大辞典
。その他、舞楽・田楽と称すべきものを、奉納舞という意味で神楽・太々神楽と呼ぶところもある。→出雲神楽(いずもかぐら),→伊勢神楽(いせかぐら),→石清水八幡の神 ...
13. 島根(県)画像
日本大百科全書
もろたぶね)神事があり、安来市には月の輪神事がある。神楽(かぐら)は現在でも各地で演じられ、出雲神楽、石見神楽、隠岐神楽と名づけられているが、本来は出雲の佐太神 ...
14. しんじまい【神事舞】
国史大辞典
。神迎えから神送りまでの祭儀を芸能化した神楽(かぐら)はその代表的なものだが、神楽の中でも、出雲神楽系統のもののように、前半が神迎えや清め・祓えの儀式舞で、後半 ...
15. じゅうに‐ざ[ジフニ‥]【十二座】
日本国語大辞典
〔名〕(一二曲あるところから)里神楽の一つ。出雲神楽から出、江戸時代、祭礼の神事舞を演じた。ひょっとこなどの道化面をつけた滑稽な踊りが特色となった。十二座の神楽 ...
16. つきのやむら【槻屋村】島根県:大原郡/木次町
日本歴史地名大系
新田高九斗余。「雲陽大数録」では高二三〇石。明治八年(一八七五)湯村に合併。槻の屋神楽には原出雲神楽を知る重要な手掛りがあるとされ、県指定無形民俗文化財。温泉神 ...
17. ほういん‐かぐら[ホフイン‥]【法印神楽】
日本国語大辞典
〔名〕民俗芸能の一つ。岩手・宮城両県で行なわれる神事芸能。もと、山伏(法印)によって演じられたところからの称。出雲神楽の系統に属し、修験道の行法が加味された。 ...
「出雲神楽」の情報だけではなく、「出雲神楽」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

出雲神楽と同じ盆踊り・舞踊カテゴリの記事
白石踊(日本大百科全書(ニッポニカ))
岡山県の白石島(笠岡(かさおか)市)の盆踊り。月遅れ盆の8月14~16日に、口説きの音頭と太鼓によって踊られる。一曲の音頭のなかで、さまざまに異なる扮装(ふんそう)をした踊り手が、いろいろな振りを同時に踊るところに特色がある。男踊、女踊、奴(やっこ)踊(笠踊)
ウシデーク(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄諸島の農村でシヌグ、ウンジャミなどの祭りののちに女性のみで行う祭祀(さいし)舞踊。シヌグ、ウンジャミは農作物を自然の災害から守るために初夏に行う予祝儀礼である。まず音取(ねとり)とよばれる小鼓(こつづみ)を持った年長者の女性数人を先頭に
エイサー(日本大百科全書(ニッポニカ))
沖縄諸島全域に伝わる盆踊り。17世紀ごろ仏教(浄土宗)とともに本土から伝来し、首里(しゅり)、那覇を中心にしだいに地方へ広まったようである。歌詞は七五調で、親への孝養を説く「継親念仏(ままうやにんぶち)」「親の御菩提(うやぬぐぶだい)」などを三味線にのせた
綾子舞(歌舞伎事典・世界大百科事典・日本大百科全書)
 新潟県柏崎市(旧刈羽郡黒姫村)下野(しもの)および高原田(たかはらだ)に伝わる民俗芸能。少女によって踊られる優美な小歌踊と、男性による狂言がある。踊の扮装や振、歌詞、また囃子に三味線が入らないことなど、女歌舞伎の踊にきわめて似通うものがあり
風流踊(改訂新版 世界大百科事典)
趣向をこらした扮装の者たちが,集団で笛・太鼓・鉦(かね)・鼓などの伴奏にあわせて踊る踊り。歌は室町時代後期から近世初期にかけて流行した小歌を,数首組歌にして歌う場合が多い。現在風流踊は民俗芸能として,太鼓踊,カンコ踊,神踊(かみおどり)
盆踊り・舞踊と同じカテゴリの記事をもっと見る


「出雲神楽」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
御水取(日本大百科全書・日本国語大辞典・平成ニッポン生活便利帳)
3月12日(旧暦2月12日)、奈良市東大寺二月堂の行事。3月1日から二七日 (にしちにち)(14日間)行われる修二会 (しゅにえ)(修二月会)のなかの一行法をいうが、俗には修二会全体の総称としても用いられている。 二月堂修二会は、十一面観音に罪や
バレンタイン・デー(世界大百科事典)
キリスト教の聖人ウァレンティヌスValentinus(バレンタインはその英語読み)の祝日。2月14日。いずれも3世紀後半に殉教した同名の聖人(祝日も同じ)が2人おり,さらに事跡不詳の別の修道士もいたとされ,どの人物に由来するかは不明である
雑煮(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
魚貝、野菜など数種の材料を煮合わせた汁に餅(もち)を加えた羹(あつもの)。雑煮餅ともいう。主として正月三が日の祝い膳(ぜん)に用いる。雑煮とはごった煮の意であるが、古く上方(かみがた)では五臓を保養するものとして保臓(ほうぞう)とよんだ。四条流園部
正月(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
1年の最初の月。また新年を祝う諸行事や、行事の行われる期間だけをいう。あるいは比喩(ひゆ)的な表現として、「盆と正月が一度にきたようだ」などというのは、大きな喜び事や晴れがましさを示すものであり、「雨降り正月」は正月を休み日の意味に受け止め
小正月(日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
元旦(がんたん)正月に対して正月15日をいう。女正月ともいい、多くの行事の行われる日である。花正月といわれるように、14日に楊(やなぎ)やヌルデの木を切ってきてそれを削り、小さな花をつくり、粟穂稗穂(あわぼひえぼ)、稲の花などといって飾っておく
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る