ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡
  10. >
  11. 富岡製糸場
国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

国史大辞典
富岡製糸場
とみおかせいしじょう
明治初年に上野国富岡に設立された官営模範製糸場で、のち民間へ払い下げられた。政府は横浜の有力生糸輸出商社エッシュ=リリアンタル商会からの器械製糸場設立の申請を退けつつ、明治三年(一八七〇)二月にみずから模範製糸場を設立する方針を定め、同年六月に同商会所属のフランス人生糸検査技師ポール=ブリューナを雇い入れた。ブリューナはフランス式の輸入繰糸器械三百台を備えた製糸場建設の見込書を提出し、武蔵・上野・信濃各地を調査した末、設置場所として上野国甘楽郡富岡町(当時岩鼻県管内、現在群馬県富岡市)を選んだ。製糸場は横須賀製鉄所(造船所)の建築技師バスティアンが設計し、民部省(のち大蔵省)所属の尾高惇忠らが実務を担当して同四年三月に着工、同五年七月にほぼ完成した。「繰糸伝習工女」の募集は当初難航したが、ようやく同年十月四日からフランス人教婦四名の指導の下で、全国各地から派遣された女工の訓練が開始された。横浜からフランスなどへ輸出された同製糸場の生糸は大変好評だったため、同製糸場の設備を模倣・簡易化した中小器械製糸場が各地に設立され、富岡帰りの女工が繰糸指導にあたった。しかし、官営富岡製糸場(同九年九月より富岡製糸所と改称)の営業成績は思わしくなく、同十三年十一月の工場払下概則に基づく払下広告が出されたが応ずる者はなかった。同二十四年の払下入札も予定価格に達する者がなく、同二十六年九月の入札で三井家が落札した。三井では設備を拡張するとともに女工の労務管理を強化した結果同製糸所の営業成績は好転したが、名古屋・三重の新設製糸所の成績が不振だったため、同三十五年九月に富岡製糸所は三井家のほかの製糸所とともに横浜の原合名会社へ売却された。原合名時代の富岡製糸所は養蚕農家への蚕種配布を率先して行い高格生糸の生産につとめたが、昭和十三年(一九三八)七月から片倉製糸紡績(のち片倉工業)の手に移され、昭和六十二年二月限りで操業を停止した。
[参考文献]
『富岡製糸場誌』
(石井 寛治)


日本大百科全書(ニッポニカ)
富岡製糸場
とみおかせいしじょう

明治政府が、1872年(明治5)10月4日、群馬県富岡で繰糸を開業した官営模範工場。1870年、大蔵省と民部省は、租税正(せい)渋沢栄一(しぶさわえいいち)、駅逓権正(えきていごんのせい)杉浦譲(すぎうらゆずる)(1835―1877)らに計画を進めさせ、フランス人技師ポール・ブリューナPaul Brunat(1840―1908)を雇い入れ、1872年7月れんが造りの建物(フランス人バスチャンEdmond Auguste Bastien(1839―1888)が設計)をほぼ完成、フランスから蒸気器械製糸の機器類を買い入れ、技術の移植を図った。糸繰り場は、542坪、300釜(かま)、当初フランス人工女4人が指導にあたった。原料繭の蛹(さなぎ)を蒸殺する方法(イタリア式)や、一度とった生糸を大枠に巻き直す揚返(あげかえ)しの工程(日本独自のもの)を採用、生糸を巻き取る繰車の動力と煮繭(しゃけん)用蒸気のために蒸気釜(ボイラー)6基を据え付けた。工女は、1872年3月、まず群馬・埼玉・入間(いるま)(現、埼玉)・栃木・長野の5県で募集し、応じる者が少ないので、初代場長尾高惇忠(おだかあつただ)(1830―1901。入間)は郷里から13歳の長女などを入場させた。募集範囲をしだいに全国に広げ、払下げのあった1893年までに開拓使本庁・函館(はこだて)支庁のほか3府37県(現在の行政区画で1道1都2府32県)から工女が入った。工女は、伝習した技術を各地に広めた。1881年以降の紙幣整理に伴い、官営工場の払下げが始まり、1893年、三井財閥の手に移った。なお、初期の製糸場のようすは、工女和田英(わだえい)の『富岡日記』によって知ることができる。
[上條宏之]2018年9月19日
2014年(平成26)には、「富岡製糸場と絹産業遺産群」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録された。また、同年、旧富岡製糸場の操糸所{そうしじょ}、東置繭所{ひがしおきまゆじょ}、西置繭所{にしおきまゆじょ}の3棟が国宝に指定された。
[編集部]2018年9月19日



改訂新版 世界大百科事典
富岡製糸場
とみおかせいしじょう

1872年(明治5)に開業した官営模範製糸場。政府は輸出生糸の品質低下を憂えて1870年にフランス人ブリュナPaul Brunat(1840-1908)を雇い入れ,群馬県富岡にフランス製繰糸器械300釜を備えた大規模な模範製糸場を約20万円を費やして設立した。富岡の地が選ばれたのは優良な原料繭と豊富な水に恵まれていたためといわれる。政府内で立案・実施を担当したのは大蔵省の渋沢栄一と民部省(のち大蔵省)の尾高惇忠であり,尾高は76年まで初代所長をつとめた。尾高は全国から伝習工女を募集しフランス人教婦の下で器械繰糸技術を習得させ,彼女らは帰郷後各地の器械製糸場の発展を支えた。長野県の六工社で働いた横田(和田)英たちや三重県の室山製糸場から派遣された伊藤小十郎の妻と妹の話は著名である。また富岡製糸所の繰糸器械の原理も各地の器械製糸家によって模倣されていった。尾高のあと主として速水堅曹が所長をつとめたが,93年に三井家へ払い下げられた。三井家では520釜に拡張し,大嶹・名古屋・三重製糸場とともに経営したが,1902年に横浜の生糸売込問屋原合名会社へ売却した。原富岡製糸所長古郷時待は06年以降優良蚕種の配布を行い,大久保佐一所長(在任1909-33)も特約取引を拡充して高級格生糸の生産につとめたが,原合名の経営悪化により同製糸場は38年片倉製糸の手に移り,現在は片倉工業富岡工場となっている(2005年富岡市に寄贈)。
[石井 寛治]

[索引語]
ブリュナ,P. Brunat,P. 渋沢栄一 尾高惇忠 六工社 横田英 和田英 富岡製糸所 大久保佐一 片倉製糸
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
富岡製糸場の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 102
検索コンテンツ
1. 富岡製糸場画像
日本大百科全書
月19日2014年(平成26)には、「富岡製糸場と絹産業遺産群」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録された。また、同年、旧富岡製糸場の操糸 ...
2. 富岡製糸場
世界大百科事典
1872年(明治5)に開業した官営模範製糸場。政府は輸出生糸の品質低下を憂えて1870年にフランス人ブリュナPaul Brunat(1840-1908)を雇い入 ...
3. とみおかせいしじょう【富岡製糸場】
国史大辞典
模倣・簡易化した中小器械製糸場が各地に設立され、富岡帰りの女工が繰糸指導にあたった。しかし、官営富岡製糸場(同九年九月より富岡製糸所と改称)の営業成績は思わしく ...
4. とみおかせいしじょう【富岡製糸場】群馬県:富岡市/富岡村
日本歴史地名大系
水堅曹の内務卿宛復命書では、官営を否定し、外人雇用をやめ刷新を強調している。明治九年九月、富岡製糸場を富岡製糸所と改称。同一〇年度から営業資本原額を二〇万円に定 ...
5. 富岡製糸場[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2018
絹産業に関わる田島弥平旧宅(伊勢崎市)、高山社跡(藤岡市)、荒船風穴(下仁田市)とともに、「富岡製糸場と絹産業遺産群」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮 ...
6. 富岡製糸場・富岡製糸所
日本史年表
1872年〈明治5 壬申〉 10・‐ 官営富岡製糸場 開業。 1893年〈明治26 癸巳〉 9・10 富岡製糸所 を三井高保に入札払下げ。 1898年〈明治3 ...
7. 富岡製糸場/上州富岡駅[建築]
イミダス 2018
日本の近代化に大きく貢献した富岡製糸場(1872年開業)は、1987年に操業を停止してから2005年に富岡市に譲渡されるまで、所有していた片倉工業が大切に保存 ...
8. 旧富岡製糸場[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
東置繭所(ひがしおきまゆじょ)(国宝)。国指定史跡 世界文化遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」(2014年登録) 群馬県富岡市 ©富岡市・富岡製糸場 ...
9. 『上州富岡製糸場之図』[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
開業当時の糸繰り場のようす。長さ約140m、幅約12mの工場は、世界最大規模を 誇っていた。当初、女子製糸労働者の確保に苦慮したが、募集範囲を全国に広げ、3府3 ...
10. あおき-てる【青木てる】
日本人名大辞典
1815−1877 江戸後期-明治時代の女性。文化12年生まれ。明治5年群馬県富岡製糸場の繰糸伝習工女に,孫のけいら三十余人とともに応募,工女取締役となる。埼玉 ...
11. あさぶきえいじ【朝吹英二】
国史大辞典
で鐘紡に入社、専務取締役となり、鐘紡の発展に努力。さらに二十七年三井銀行の抵当流れであった富岡製糸場・芝浦製作所を中心にした三井工業部が設立されると、その専務理 ...
12. いしかわせいりゅう【石河正竜】
国史大辞典
同所が大蔵省の管轄になるとともに同五年四月、勧農寮八等出仕となった。同年十月以降は雇となり、富岡製糸場・屑糸紡績所の建設に従事、九年にはアッサムに茶業視察をした ...
13. 石河正竜
日本大百科全書
さかい)紡績所設立を命ぜられ、1870年(明治3)に完成。官営になるに伴い明治政府に出仕、富岡製糸場の機械据え付けなどを含め、愛知紡績所などいわゆる十基紡の設営 ...
14. いずしぐん【出石郡】兵庫県
日本歴史地名大系
みるに至った。なお近代に入ってからではあるが、明治五年(一八七二)出石旧藩士の子女二五人を群馬県官営富岡製糸場(現富岡市)に送り、西洋式による機械製糸の技術を習 ...
15. 伊勢崎(市)画像
日本大百科全書
重視した蚕の飼育法を大成した田島弥平の旧宅(文久3年建立)は、2014年にユネスコの世界文化遺産(富岡製糸場と絹産業遺跡群)に登録された。市域には多くの古墳がみ ...
16. うたがわ-くにてる【歌川国輝(2代)】
日本人名大辞典
45歳。姓は山田。通称は国次郎。別号に一雄斎,一曜斎,曜斎。作品に「東都築地ホテル館之図」「上州富岡製糸場」など。 ...
17. 岡谷[市]
世界大百科事典
中央本線が通じ,中央自動車道と長野自動車道の分岐点にあたる。岡谷市立蚕糸博物館には,1872年官営富岡製糸場で使用されたフランス製の製糸機械をはじめ,製糸関係の ...
18. おだかあつただ【尾高惇忠】
国史大辞典
係から、翌二年静岡藩勧業附属となり、三年には民部省監督権少佑に任ぜられ、ついで大蔵省勧業寮富岡製糸場掛(のち勧業大属)となって同製糸場の建設・経営にあたった。他 ...
19. おだか-あつただ【尾高惇忠】
日本人名大辞典
1830−1901 明治時代の殖産家。文政13年7月27日生まれ。渋沢栄一とともに官営富岡製糸場の建設につくして所長となり,養蚕,製糸の振興につとめる。のち第一 ...
20. おだか-ゆう【尾高ゆう】
日本人名大辞典
1860−1923 明治時代の工員。万延元年4月4日生まれ。群馬県の官営富岡製糸場所長尾高惇忠(あつただ)の長女。紡績技術工のフランス人がのむワインはわかい娘の ...
21. おもなお雇い外国人
日本大百科全書
来日。横須賀製鉄所(1871年に横須賀造船所に改称)造船兼製図職工として勤務するかたわら、富岡製糸場の設計および工事監督に携わった。横浜で死去。パテルノストロ  ...
22. 織物画像
世界大百科事典
設立に努めた。生糸も従来の座繰りから機械製糸への転換を図るため,政府は1870年(明治3)富岡製糸場の設立を計画し,フランス人技師の指導でフランス式繰糸機300 ...
23. かみつかばらむら【上塚原村】長野県:佐久市
日本歴史地名大系
村源助等蝋製願につき村々答書」池田善三郎氏蔵)。明治一三年(一八八〇)に開業した盛糸社は、富岡製糸場で技術を学んだ旧岩村田藩士が創業したもので、釜数六八、明治七 ...
24. 川島忠之助
日本大百科全書
江戸に幕府役人の子として生まれる。幕府瓦解(がかい)後、横須賀製鉄所製図見習工となりフランス語を修め、富岡製糸場の通訳、横浜和蘭(オランダ)八番館番頭となる。蚕 ...
25. かわしま-ちゅうのすけ【川島忠之助】
日本人名大辞典
嘉永(かえい)6年5月3日生まれ。川島順平の父。横須賀製鉄所にはいり,フランス語と英語をまなぶ。富岡製糸場の通訳,横浜の蘭八番館番頭などをつとめる。明治11年( ...
26. 官営工業
世界大百科事典
ガラス)など,当初工部省所管),(b)衣料原料加工中心の模範工場(1873年内務省の設置,富岡製糸場,新町・広島・愛知・堺紡績所,千住製絨所(のち陸軍省に移管) ...
27. 官業払下げ
世界大百科事典
〈概則〉の変更・廃止は特権的政商資本にきわめて有利であり,払下げの結果,三井(新町紡績所,富岡製糸場,釜石鉄山(田中長兵衛,のち三井財閥系となる),幌内炭鉱・鉄 ...
28. かんらぐん【甘楽郡】群馬県
日本歴史地名大系
福島町の残りは富岡市に編入。同三五年に丹生村が同市に編入し、現在の四町村となる。明治五年、官営模範工場として富岡製糸場が開設、フランス人の指導のもとに全国から伝 ...
29. 生糸画像
日本大百科全書
使った座繰(ざぐり)機が江戸後期に現れ、明治初期にはイタリア・フランスから製糸機械が輸入され、官立富岡製糸場が設置されて、生産は家内工業から工場生産へ移っていっ ...
30. 生糸画像
世界大百科事典
なり,端緒的なマニュファクチュア(工場制手工業)も現れた。その後72年(明治5)開業の官営富岡製糸場や73年開業の小野組二本松製糸場などの影響を受けて,長野・山 ...
31. 近代産業遺産[レジャー/旅行]
イミダス 2018
主なものとしては、サッポロビール博物館(北海道札幌市)、三津谷の登り窯(福島県喜多方市)、富岡製糸場(群馬県富岡市)、横浜赤レンガ倉庫(神奈川県横浜市)、琵琶湖 ...
32. 群馬(県)画像
日本大百科全書
2014年(平成26)に富岡製糸場とその関連施設は「富岡製糸場と絹産業遺産群」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録された。また、同年、旧富 ...
33. けいこうぎょうめんぎょうけんぎょう【軽工業(綿業・絹業)】 : 産業革命/(一)
国史大辞典
日本の貿易収支を支える最大の輸出産業としての地位を確立した。この間、初期の輸入洋式器械を用いた富岡製糸場=官営模範工場や小野組による器械製糸会社が不振に陥ったの ...
34. 工場
世界大百科事典
営軍事工場(軍工厰)の基礎となった。そのほか新政府は殖産興業のため工場生産の移植をはかり,富岡製糸場(1872,フランス式機械導入),堺紡績所(鹿児島紡績所支所 ...
35. ささのもりいなりじんじゃ【笹森稲荷神社】群馬県:甘楽郡/甘楽町/福島村
日本歴史地名大系
の生産を始め、のちに「福島瓦」として販出されるようになるが、とくに明治四年(一八七一)官営富岡製糸場の建築用の煉瓦・屋根瓦が焼成された(北甘楽郡史)。 ...
36. 産業革命画像
世界大百科事典
凌駕して,日本の貿易収支を支える最大の輸出産業としての地位を確立した。この間,初期の官営模範工場の富岡製糸場や小野組の器械製糸会社が不振に陥ったのに代わって,洋 ...
37. さんぎょうかくめい【産業革命】
国史大辞典
日本の貿易収支を支える最大の輸出産業としての地位を確立した。この間、初期の輸入洋式器械を用いた富岡製糸場=官営模範工場や小野組による器械製糸会社が不振に陥ったの ...
38. 下仁田(町)画像
日本大百科全書
利用した蚕種の貯蔵施設(明治38年建設)で、当時は国内最大規模。2014年にユネスコの世界遺産(富岡製糸場と絹産業遺跡群)に記載された。面積188.38平方キロ ...
39. 昭憲皇太后
日本大百科全書
名、28日入内(じゅだい)の儀を経て皇后に冊立(さくりつ)された。勧業博覧会や各種共進会、富岡製糸場などに行啓して産業を奨励し、華族女学校、東京女子師範学校など ...
40. 殖産興業
世界大百科事典
そのうえ73年11月に新設された内務省も,民業育成という新しい見地に立って各種の工場や試験場(富岡製糸場,堺紡績所,内藤新宿試験場,下総牧羊場など)を継承ないし ...
41. じょこうでんしゅうじょ【女工伝習所】
国史大辞典
習所はその代表例であり、新潟女紅場・勧工場(高知)・女教院(宮城)など多くの事例がある。→富岡製糸場(とみおかせいしじょう) [参考文献]大蔵省編『(明治前期) ...
42. せいしき【製糸機】
国史大辞典
生糸の撚りかけの新しい装置により抱合がしっかりできるようになった点で、旧来の座繰製糸と異なっている。官営富岡製糸場(明治五年開業)のフランス式技術は一人の女工が ...
43. 製糸業画像
日本大百科全書
また工部省設立以前の同じ1870年2月に伊藤博文(ひろぶみ)、渋沢栄一の企画で官営模範工場として富岡製糸場が準備され、72年10月から創業した。その規模はフラン ...
44. せいしぎょう【製糸業】画像
国史大辞典
本格的な器械製糸技術は、前橋藩営製糸場(明治三年開業)や小野組築地製糸場(同四年開業)、あるいは官営富岡製糸場(同五年開業)などを通じて、イタリア・フランスから ...
45. せいりつ【成立】 : 三井財閥
国史大辞典
銀行・物産・鉱山の三井三大事業の有機的経営の基盤が整い、さらに鐘淵紡績・王子製紙・芝浦製作所・富岡製糸場など勃興する諸産業部門への投資が始まり、政商から財閥への ...
46. 世界遺産
日本大百科全書
(17) 富士山―信仰の対象と芸術の源泉 2013/文化遺産/(iii)(vi)(18) 富岡製糸場と絹産業遺産群 2014/文化遺産/(ii)(iv)(19) ...
47. 世界遺産[レジャー/旅行]
イミダス 2018
国内の世界遺産は16カ所(文化遺産12、自然遺産4)になった。また今後の登録を目指す国内暫定リストには、「富岡製糸場と絹産業遺産群」、「武家の古都・鎌倉」、「富 ...
48. 世界遺産候補[イミダス編 社会・健康]
イミダス 2018
政府は新たに文化遺産4件と自然遺産1件を追加登録した。内訳は、文化遺産が富士山(山梨・静岡県)、富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)、飛鳥・藤原の宮都とその関連資 ...
49. 世界遺産条約[国際法]
イミダス 2018
然遺産の合計18があり、文化遺産には、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」(13年登録)と「富岡製糸場と絹産業遺産群」(14年登録)が含まれる。15年3月現在、締 ...
50. 世界遺産条約[地球環境]
現代用語の基礎知識 2019
白神山地、知床、小笠原諸島の4件の自然遺産 と法隆寺地域の仏教建築物、古都京都の文化財、厳島神社、富岡製糸場など17件の文化遺産 が登録されている。  ...
「富岡製糸場」の情報だけではなく、「富岡製糸場」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

富岡製糸場と同じ日本の史跡カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが
日本の史跡と同じカテゴリの記事をもっと見る


「富岡製糸場」は日本の重要文化財に関連のある記事です。
その他の日本の重要文化財に関連する記事
釜石製鉄所(日本歴史地名大系)
[現]釜石市鈴子町西に食込む釜石湾奥の西岸に位置する。明治七年(一八七四)二月、工部省工部卿伊藤博文の「陸中国閉伊郡に熔鉱炉を設置」の発議に基づき、同年五月工部省鉱山寮釜石支庁が置かれ、橋野・大橋・栗林、佐比内(現遠野市)の鉱山が官営に移管、翌八年一月工場建設に着手した
旧中村家住宅(日本歴史地名大系)
[現]檜山郡江差町字中歌町近江出身の商人大橋宇兵衛によって幕末から明治二〇年代にかけて建てられた店舗・蔵・住宅。九艘川(くそうがわ)町の南西端に位置した。大正四年(一九一五)に中村米吉に譲渡された。現在海岸線に沿って走る道路(国道二二八号)から海岸に向かい
旧イギリス領事館(日本歴史地名大系)
[現]函館市元町明治四五年(一九一二)当時の会所(かいしよ)町に建設された領事館で、設計はイギリス政府上海工事局、施工は真砂(まさご)町の大村合名会社建築部。煉瓦造二階建瓦葺で、建坪は一階が一五三・二七坪、二階は一三三・三三坪であった
時の鐘跡(日本歴史地名大系)
[現]中央区日本橋室町四丁目本石(ほんごく)町三丁目に江戸市中で最初に設置された時の鐘。天正一八年(一五九〇)の徳川氏関東入部後は江戸城内の鐘楼堂が明六つ暮六つ時に時の鐘をつき、町方の便宜にもなっていたが、二代将軍徳川秀忠のとき鐘鳴が御座の間に大きく響くため
弘道館(日本歴史地名大系)
[現]水戸市三の丸一丁目三の丸(さんのまる)の大手橋の西にあり、その西に鹿島神社・孔子(こうし)廟・八卦(はつけ)堂などが建つ。士風の刷新を目指した徳川斉昭が天保一二年(一八四一)に開設した藩校。斉昭はすでに同四年頃建設計画を発表したが
日本の重要文化財に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る