ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡
  10. >
  11. 鹿鳴館

ジャパンナレッジで閲覧できる『鹿鳴館』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)
鹿鳴館
ろくめいかん

明治初期の国際的社交場として建てられた洋館。東京府麹町(こうじまち)区内幸(うちさいわい)町山下門の元薩摩(さつま)藩装束(しょうぞく)屋敷跡(千代田区内幸(うちさいわい)町、帝国ホテルの隣地)にあった。1879年(明治12)外務卿(きょう)に就任して条約改正交渉に取り組んだ井上馨(いのうえかおる)は、伊藤博文(いとうひろぶみ)らとともに、制度・文物・習俗を欧風化して欧米諸国に日本の開化を認めさせ、交渉を促進しようとした。鹿鳴館はその一環として、上流社会の社交の欧化を図り、外国貴賓の接待・宿泊施設として建設されたものである。イギリス人コンドルの設計により1881年1月着工、ネオ・バロック様式を基調とした煉瓦(れんが)造り2階建ての本館と付属施設の総建坪1450平方メートル、総工費18万円をかけ、1883年7月竣工(しゅんこう)した。『詩経』の「小雅鹿鳴の詩」、迎賓接待の意から鹿鳴館と命名、11月28日に開館式を行った。華やかな園遊会、舞踏会、仮装会、婦人慈善会(バザー)が頻繁に開かれ、それらは欧化主義の風潮のシンボルとなり、いわゆる鹿鳴館時代を現出した。しかし急速な近代化のゆがみも集約されており、仮装舞踏会に典型的にみられる狂的で皮相な欧化熱は世のひんしゅくを買った。1887年井上が条約改正に失敗するや、欧化政策に対する批判も強くなり、鹿鳴館時代も終わった。建物は1890年華族会館に貸与、1894年に払い下げられ、1898年には名称も華族会館と変わった。さらに1933年(昭和8)以降、日本徴兵保険会社、内国貯金銀行などが使用し、1941年取り壊された。表門も第二次世界大戦中に戦災で焼失した。
[和田 守]2018年9月19日



鹿鳴館[百科マルチメディア]
鹿鳴館[百科マルチメディア]

麹町(こうじまち)区内山下町(現在の東京都千代田区内幸(うちさいわい)町)。『東京景色写真版』(1893年〈明治26〉) 国立国会図書館所蔵


改訂新版 世界大百科事典
鹿鳴館
ろくめいかん

明治前期に建てられた国際的社交機関の洋風建築物。1881年に着工され,83年7月に落成し,11月28日に盛大な開館式が行われた。イギリスの建築家J.コンドルの設計で,薩摩藩出身の元工部省営繕局勤務の伊集院兼常が主宰担当して建築に当たった。館名は,中井弘(号桜州)が《詩経》の鹿鳴詩〈鹿鳴キ,群臣嘉賓燕スルナリ〉にちなんで命名したという。幕末に締結した諸外国との条約が不平等であったため,井上馨は外務卿に就任すると,条約改正の実現には内外人の交誼友好が不可欠であると考え,政府も風俗や習慣をはじめあらゆる方面にわたって欧化の政策を進めていった。まず上流階層の欧化がはかられ,外国使臣と交歓する官設娯楽社交場として設けられたのが鹿鳴館である。東京日比谷練兵場のかたわら麴町内幸町山下門内に建築され,総工費18万円,煉瓦造り2階建てで,客室,食堂,奏楽室,喫煙室,玉突場,来賓物置場等があり,婦人化粧室は美麗を極め,楼上正面に舞踏室があってその両端には見物室と休息室があり,当時としては最も豪華な洋風建築物であった。初代館長には外務省御用掛の松平忠礼が就任し,開館式の招待状は1200余通が発送され,しかも従来の日本の習慣にはない夫妻招待という西洋の形をとった。以後,内外の外交官や上流人士が招かれ,園遊会,舞踏会,音楽会が催され,名流婦人による慈善市(バザー)も行われた。

 政府高官や外国使臣などの舞踏会は連日のように開かれ,その様相は欧化政策の象徴となり,いわゆる鹿鳴館時代を現出させた。そうした風潮は,1887年4月20日に鹿鳴館ではなく伊藤博文首相の官邸で行われた仮装舞踏会で頂点に達した。この会には伊藤首相以下の貴顕高官が役者顔まけの扮装で出席し,そうしたいかにも皮相的な欧化熱は世人のひんしゅくをかった。すなわち,そのようにまでして外国使臣の歓心を得ようとしても,現実に井上外相が進めている条約改正案は,日本にとってはたいへん屈辱的な内容であったからである。そのため,民間からの反対はもちろんのこと,政府部内でも農商務相谷干城らの強硬な反対や勝海舟,ボアソナードらからも反対意見書が提出され,9月にはついに井上外相の辞任となった。井上の失脚により鹿鳴館時代は終りとなったが,屈辱的条約改正に反対する運動は地租軽減・言論集会の自由・外交の回復の三大スローガンを掲げて,全国的な広がりをみせていった。鹿鳴館は89年に第十五銀行に払い下げられ,90年11月より1933年まで華族会館として使用され,その後,日本徴兵保険会社に売却されて,日本徴兵保険,内国貯金銀行,日本不動産,浜松銀行支店等の事務所として使用され,41年3月に取りこわされた。
[佐藤 能丸]

[索引語]
伊集院兼常 井上馨 鹿鳴館時代


国史大辞典
鹿鳴館
ろくめいかん
東京麹町区内山下町(東京都千代田区内幸町一丁目)にあった社交クラブ。当初は「外国人接待所」と呼ばれ、外国人の宿泊・接待を目的として外務省によって計画され、コンドルが設計した。着工は明治十三年(一八八〇)、開館式が同十六年十一月に行われている。開館後、『詩経』の鹿鳴篇により「鹿鳴館」と改称したが、これは群臣嘉賓を招く場という意味である。鹿鳴館は、外国貴賓の宿泊・接待の時をのぞいて、クラブに貸与させることになり、夜会・舞踏会・バザー・演奏会などが頻繁に催され、内外貴顕の社交場として賑わった。こうした欧化政策に対して民権論者や国粋主義者の批判が高まり、条約改正に失敗した外務卿井上馨が明治二十年に退陣するとともに、社交場としての鹿鳴館の役割も終えることとなった。鹿鳴館は煉瓦造二階建、総建坪四百六十六坪、二階中央に大舞踏室があった。明治二十三年鹿鳴館は宮内省に移管、同二十七年六月の地震で被害を受けたため華族会館に払い下げられた。華族会館は同三十年、設計者コンドルに依頼して修理を施し、その際屋根まわりを中心として若干の変更を受けた。昭和十五年(一九四〇)取り壊された。
[参考文献]
小野木重勝『明治洋風宮廷建築』
(稲垣 栄三)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
鹿鳴館の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 225
検索コンテンツ
1. 鹿鳴館画像
日本大百科全書
迎賓接待の意から鹿鳴館と命名、11月28日に開館式を行った。華やかな園遊会、舞踏会、仮装会、婦人慈善会(バザー)が頻繁に開かれ、それらは欧化主義の風潮のシンボル ...
2. 鹿鳴館[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
麹町(こうじまち)区内山下町(現在の東京都千代田区内幸(うちさいわい)町)。『東京景色写真版』(1893年〈明治26〉) 国立国会図書館所蔵 ...
3. 鹿鳴館
世界大百科事典
は連日のように開かれ,その様相は欧化政策の象徴となり,いわゆる鹿鳴館時代を現出させた。そうした風潮は,1887年4月20日に鹿鳴館ではなく伊藤博文首相の官邸で行 ...
4. ろくめい‐かん[‥クヮン]【鹿鳴館】
日本国語大辞典
昭和二〇年(一九四五)戦災で焼失。*東京日日新聞‐明治一六年〔1883〕一一月二八日「山下町の鹿鳴館は予て記せし如く愈々今廿八日に開館式を行はれ」ロクメ ...
5. ろくめいかん【鹿鳴館】
国史大辞典
に退陣するとともに、社交場としての鹿鳴館の役割も終えることとなった。鹿鳴館は煉瓦造二階建、総建坪四百六十六坪、二階中央に大舞踏室があった。明治二十三年鹿鳴館は宮 ...
6. 鹿鳴館
日本史年表
1883年〈明治16 癸未〉 11・28 鹿鳴館 、東京麴町内山下町に完成し開館式。 1887年〈明治20 丁亥〉 1・22 東京電灯会社、 鹿鳴館 で 白熱電 ...
7. 【鹿鳴館】ろくめい かん(くゎん)
新選漢和辞典Web版
《国》明治十六年(一八八三)、東京内幸町(うちさいわいちょう)に華族や外人の社交場として造られた建物。  ...
8. ろくめいかん‐じだい[ロクメイクヮン‥]【鹿鳴館時代】
日本国語大辞典
鹿鳴館で西洋風の夜会などがしばしば催された欧化主義の時期。明治一六年(一八八三)から同二〇年ごろまでをいう。*明治大正見聞史〔1926〕〈生方敏郎〉明治大正凝視 ...
9. ろくめいかんじだい【鹿鳴館時代】
国史大辞典
採用した。しかして鹿鳴館時代の欧化は、文明開化とその性格を異にしている。ここでは、広く国民に対しての欧化の契機は乏しくて、西洋の文物は、政府の高官だけに享受され ...
10. コレキヨ 小説 高橋是清 第40話 鹿鳴館時代=板谷敏彦
週刊エコノミスト 2019-20
いのだから、西欧諸国に日本の開化を実感させて治外法権の撤廃を納得してもらうしか方法がないと、鹿鳴館を作って欧化政策を進めた。だが、不似合いな洋装に舞踏会など、松 ...
11. 青木周蔵自伝 78ページ
東洋文庫
鴻城軍総督となり幕府軍を破る。維新ののち、大蔵大輔を勤めたが、財政問題で辞任。 明治十二年、外務卿となり鹿鳴館時代を現出、つづいて第一次伊藤博文内閣の外相となっ ...
12. あおき-たけ【青木たけ】
日本人名大辞典
横浜で外国人から縫製技術を習得し,明治17年(1884)東京銀座に婦人洋服店伊勢幸をひらく。鹿鳴館(ろくめいかん)舞踏会につどう上流階級の婦人たちの注文をうけ繁 ...
13. 編物画像
日本大百科全書
手回し式靴下編機を輸入したのが、日本の機械編の初めといわれている。欧風文化を謳歌(おうか)した鹿鳴館(ろくめいかん)時代に、レース編が入ってきたため、上流社会に ...
14. アーネスト・サトウ 神道論 299ページ
東洋文庫
雰囲気に痛く感激した明治二三年をはさんで日本の歩みを概観すると、軍人勅論の発布(同一五年)、鹿鳴館での対外広報活動(同一七 ...
15. いじゅういん-かねつね【伊集院兼常】
日本人名大辞典
。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。海軍省にはいり,明治11年工部省営繕局に転じてまもなく退職,鹿鳴館の建築に従事する。のち参宮鉄道,大日本土木の社長をつとめた。明 ...
16. 椅子
世界大百科事典
採用したのは,学校,軍隊,鉄道など公共機関と宮廷や上流階級で,小学校や鉄道車両では初期からベンチが採用され,鹿鳴館などではイギリス,ビクトリア様式をモデルにした ...
17. 磯田光一
日本大百科全書
学と文芸批評の接点を模索する本来の研究家としての作品を仕上げてゆく。1983年に刊行された『鹿鳴館の系譜』では、翻訳文化を受容せざるを得なかったわが国の文化を、 ...
18. いそだ-こういち【磯田光一】画像
日本人名大辞典
35年三島由紀夫を論じて文壇に登場し,「殉教の美学」「思想としての東京」「永井荷風」と批評の幅をひろげる。「鹿鳴館の系譜」や「左翼がサヨクになるとき」などで近代 ...
19. 市川崑
日本大百科全書
江(1981)細雪(1983)おはん(1984)ビルマの竪琴(1985)子猫物語(1986)鹿鳴館(1986)映画女優(1987)竹取物語(1987)つる 鶴( ...
20. 井上馨画像
日本大百科全書
外交面で特筆されるのは不平等条約改正のための欧化政策の採用である。1883年鹿鳴館(ろくめいかん)を建設し日夜各国公使らを招いて祝宴を張り、「鹿鳴館時代」を現出 ...
21. いのうえかおる【井上馨】
国史大辞典
となり、この間治外法権撤廃を中心とする条約改正交渉にあたり、そのために欧化政策を進めいわゆる鹿鳴館時代を現出したが、その条約改正案が日本の主権を著しく損うものと ...
22. いのうえ-かおる【井上馨】画像
日本人名大辞典
の三井物産)を設立。明治12年外務卿,18年第1次伊藤内閣の外相となり,不平等条約改正のため鹿鳴館を中心に欧化政策をすすめるが,失敗。のち農商務相,内相,蔵相な ...
23. いのうえ-たけこ【井上武子】
日本人名大辞典
明治2年離別し井上と再婚。9年井上のヨーロッパ視察に同行,外国の社交術をまなぶ。帰国後外務卿夫人として鹿鳴館で舞踏会,仮装会,慈善バザーなどを主催した。大正9年 ...
24. イブニングドレス
世界大百科事典
帽子,コート,靴,バッグ,手袋,ハンカチ類もあわせて用いられる。日本では,1884-87年の鹿鳴館時代に,上流階級の女性たちの間に広まった。一般に普及したのは第 ...
25. うちやましたちよういつちようめ【内山下町一丁目】東京都:千代田区/旧麹町区地区地図
日本歴史地名大系
その後鍋島邸以外は博物館用地となる。同一四年に博物館が上野へ移転し、同一六年にはその跡地の一部が鹿鳴館となった(明治四年東京大絵図・同九年明治東京全図)。 ...
26. 襟巻
日本大百科全書
ものである。江戸時代の首巻は白や色無地の絹地を利用したが、明治時代、欧米文化の流入によって、鹿鳴館(ろくめいかん)の洋装モードが社交界を風靡(ふうび)するように ...
27. 演劇改良運動
世界大百科事典
よだのしんとく)》を上演したが,民衆の支持を得られなかった。しかし,条約改正問題を背景とした鹿鳴館時代の諸事万端の改良論流行の中で,86年7月,伊藤博文首相は, ...
28. えんげきかいりょううんどう【演劇改良運動】
歌舞伎事典
よだのしんとく)》を上演したが、民衆の支持を得られなかった。しかし、条約改正問題を背景とした鹿鳴館時代の諸事万端の改良論流行の中で、明治一九年七月、伊藤博文首相 ...
29. 欧化主義
日本大百科全書
み)らとともに、83年の鹿鳴館(ろくめいかん)開館に象徴されるごとく、制度、文物、習俗を欧風化して、欧米諸国に日本の近代化を認めさせ、交渉の促進を図ろうとした。 ...
30. 欧化主義
世界大百科事典
変革していこうとした動向をいう。狭義では,1880年代半ばに条約改正と関連して明治政府が推進した,鹿鳴館に象徴されるような洋風化の動向,あるいは,それを〈貴族的 ...
31. おうかしゅぎ【欧化主義】
国史大辞典
欧米諸国に日本の近代化を認めさせ、それによって条約改正を促進しようとした。十六年の鹿鳴館開館に始まるいわゆる鹿鳴館時代は、この欧化主義政策の所産として現出する。 ...
32. おうか‐ねつ[オウクヮ‥]【欧化熱】
日本国語大辞典
地の憶出・五「洋装の日本婦人は滅多に見掛けなかったと云っても其の頃は欧化熱の頂巓に登り詰めた鹿鳴館時代であったから」オーカネツ ...
33. 大山捨松
日本大百科全書
1882年、帰国し、翌年、参議陸軍卿(後に元帥陸軍大将議定官、公爵)大山巌(いわお)と結婚。鹿鳴館の花形の一人として活躍した。特に日本初の慈善バザーを主導し、そ ...
34. おしろい画像
日本大百科全書
白く塗る上方風の襟おしろいが流行していった。 幕府の崩壊と明治政府の発足は、日常生活に大きな変化を与え、鹿鳴館(ろくめいかん)時代の到来とともに、女性も洋風化の ...
35. おんがくようがく【音楽(洋楽)】 : 近代
国史大辞典
以降は東京音楽学校に受けつがれた。明治三十年代に至るまで、本邦の洋楽演奏の拠点となったのは、鹿鳴館と東京音楽学校奏楽堂である。明治三十六年には、奏楽堂で柴田(三 ...
36. おんな二代の記 72ページ
東洋文庫
の包み金を用意しておくという評判でした。鹿鳴館時代の女奴隷 明治十八(一八八五)年、宮中からの仰せ出だされということで、今まで公式の服装には桂袴が用いられていた ...
37. おんな二代の記 76ページ
東洋文庫
真などもまだ私の目に残っていますが、あの鹿鳴館時代の貴婦人の中には、この男爵夫人に似たはなやかなとらわれ人、美しい女奴隷も少なくなかったことでしょう。 郷里にす ...
38. おんな二代の記 101ページ
東洋文庫
この年創立された東京府立第二高女にはいりましたが、このころから、女の子が袴や靴をはきだしました。鹿鳴館時代の洋装普及は失敗に終り、次の時期には反動的な国粋趣味が ...
39. カクテル画像
日本大百科全書
いずれにせよ18世紀の末にアメリカで発達し、20世紀になって世界に普及した。日本では明治初期に鹿鳴館(ろくめいかん)で供されたという。1920年代には東京にカク ...
40. かそう‐かい[カサウクヮイ]【仮装会】
日本国語大辞典
ゆうべ、S伯爵未亡人の仮装会へ出ただらうな」*江戸から東京へ〔1921〕〈矢田挿雲〉一・四「鹿鳴館の仮装会(カサウクヮイ)とて谷干城、三宅雪嶺等の国粋保存党に攻 ...
41. 仮装舞踏会
世界大百科事典
,仮装の祭礼はあった。ヨーロッパの社交界の遊びとしてのファンシー・ドレス・ボールは,日本では鹿鳴館に始まり,1887年(明治20)4月,伊藤博文によって仮装舞踏 ...
42. カドリーユ
日本大百科全書
曲、ときに第1曲)で、生き生きとした8小節単位の主題が反復される。日本にも明治時代に導入され鹿鳴館(ろくめいかん)で踊られた。関根敏子 ...
43. 加波山事件 民権派激挙の記録 357ページ
東洋文庫
しきりに舞踏の会を 舞踏の会が貴顕淑女の間にもてはやされだしたのは、鹿鳴館開館後、すなわち明治十六年(一八八三)十一月二十八日以降のことである。この日の夜、日比 ...
44. 被り物画像
日本大百科全書
陸海軍、鉄道、警察、郵便関係の人々の間で帽子が使われるようになった。女性の間では、明治10年代の鹿鳴館(ろくめいかん)時代以後、洋装が取り入れられてから婦人帽が ...
45. 髪形画像
日本大百科全書
若い女性に唐人髷、ふくら雀(すずめ)、桃割れ、結綿、既婚者には銀杏返し、丸髷などが用いられた。鹿鳴館(ろくめいかん)時代の到来とともに、西洋風の束髪がおこり、西 ...
46. かめん‐ぶとうかい[‥ブタフクヮイ]【仮面舞踏会】
日本国語大辞典
〔名〕仮面をつけ、礼装をして参加する趣向の舞踏会。日本では明治二〇年(一八八七)頃に鹿鳴館(ろくめいかん)で初めて行なわれた。*めぐりあひ〔1888~89〕〈二 ...
47. カレー粉
日本大百科全書
いる混合香辛料。カレーとは、タミル語のカリkari(ソース)に由来するといわれている。明治の鹿鳴館(ろくめいかん)時代(1880年代)の欧風化で、日本人に最初に ...
48. 観光
日本大百科全書
箱根、神戸などにも続々とホテルが建設され、1883年(明治16)には内外上流社会の社交クラブ鹿鳴館(ろくめいかん)が開館した。さらに1893年には日本初の外客誘 ...
49. 閑板 書国巡礼記 218ページ
東洋文庫
装釘の為めの装釘では、書物の価値をして甚だしく不純なものとする。例えば、見かけだけの装釘では、明治初年の鹿鳴館に於けるダンス大流行時代の如く、丸髷や腰巻をして、 ...
50. ガスとう【ガス燈】
国史大辞典
が、白熱マントルの使用でガス燈の光度がよくなった。屋内燈としては明治十一年新富座で、同十六年鹿鳴館で使用されたが、一部の使用にとどまり、一般では明治末年まではラ ...
「鹿鳴館」の情報だけではなく、「鹿鳴館」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

鹿鳴館と同じ日本の史跡カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが
日本の史跡と同じカテゴリの記事をもっと見る


「鹿鳴館」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
装束(日本大百科全書)
朝廷や貴族が用いる調度や威儀具などの一そろい。また衣服、武具、馬具、輿車(よしゃ)などの様式にかなった装いの組合せ。装束は元来、御帳(みちょう)台、椅子(いし)、床子(しょうじ)、茵(しとね)、畳などの座臥(ざが)具、御簾(みす)、壁代(かべしろ)
札幌農学校(日本歴史地名大系・日本大百科全書)
明治九年(一八七六)に札幌学校が改称して成立した札幌農学校は日本初の高等農業専門学校。現北海道大学の前身にあたり、明治五年に東京芝増上寺本坊内に開設された開拓使仮学校を嚆矢とする。明治五年一月開拓次官の黒田清隆は、北海道に農業・工業などの学校を
明石城下(日本歴史地名大系)
明石川河口に近い東岸の洪積台地(通称人丸山)上に築かれた明石城を扇の要とし、その南方に広がる明石海峡に至る東西約一二〇〇メートル・南北約七〇〇メートルの地域に開かれた城下町。〔城下町の成立と発展〕元和三年(一六一七)明石に入部して
鹿鳴館(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
明治初期の国際的社交場として建てられた洋館。東京府麹町(こうじまち)区内幸(うちさいわい)町山下門の元薩摩(さつま)藩装束(しょうぞく)屋敷跡(千代田区内幸(うちさいわい)町、帝国ホテルの隣地)にあった。1879年(明治12)外務卿(きょう)に就任して
空海(新版 日本架空伝承人名事典・国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
774‐835(宝亀5‐承和2)弘法大師、俗に「お大師さん」と略称する。平安時代初期の僧で日本真言密教の大成者。真言宗の開祖。讃岐国(香川県)多度郡弘田郷に生まれた。生誕の月日は不明であるが、後に不空三蔵(七〇五‐七七四)の生れかわりとする
日本の歴史に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る