ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 伝統芸能
  8. >
  9. 祭事・行事
  10. >
  11. 大念仏

ジャパンナレッジで閲覧できる『大念仏』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・日本国語大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)
大念仏
だいねんぶつ

大ぜい集まって念仏を唱える行事。世阿弥(ぜあみ)作の能『百万』の背景となった嵯峨釈迦(さがしゃか)堂清凉寺(せいりょうじ)(京都市右京区)の大念仏は1279年(弘安2)に、また壬生寺(みぶでら)(京都市中京区)の大念仏は1300年(正安2)に円覚上人(えんがくしょうにん)によって始められたと伝えられ、前者は嵯峨大念仏狂言、後者は壬生狂言として国の重要無形民俗文化財に指定されている。ともに念仏狂言として黙劇の能狂言を今日に伝えている。ほかに千本閻魔(えんま)堂(京都市上京区)の大念仏にも狂言があるが、前二者に対して台詞(せりふ)を用いる点が異なる。静岡県浜松市一帯に広く分布している遠州大念仏は、7月13日から15日に寺院施餓鬼(せがき)と新盆の回向(えこう)を主として行う。その起源は、鎌倉初期とも、三方(みかた)ヶ原(はら)の合戦で討ち死にした武田方の怨霊(おんりょう)供養のため徳川家康の命により始まるともいわれる。青年層が主体となり、30~40人で一組を構成し、太鼓、双盤(そうばん)、笛、摺鉦(すりがね)にあわせ、歌枕(うたまくら)という念仏歌を唱和する。山梨県上野原市秋山無生野(むしょうの)や、岩手県下にも花巻市宮野目(みやのめ)などの大念仏があり、大念仏系統のものは各地にみられるが、盛岡周辺の各所に分布する大念仏剣舞(けんばい)は祖霊供養の大念仏に剣舞が結び付いたものである。
[高山 茂]



日本国語大辞典
だい‐ねんぶつ 【大念仏】

解説・用例

【一】〔名〕

(1)大声で阿彌陀の名をとなえること。大念。

*拾遺往生伝〔1111頃〕上「沙門青海は、常陸国の人なり。〈略〉正暦の初、自他を勧進して、七日念仏を修せり。いはゆる超証寺の大念仏これなり」

*平家物語〔13C前〕三・燈籠之沙汰「十五日の日中を結願として大念仏有りしに」

*謡曲・隅田川〔1432頃〕「またこの在所にさる子細候ひて、大念仏を申すこと候ふ間」

*雑俳・柳多留‐一二〔1777〕「下女が色大念仏で二度通り」

*歌舞伎・霊験曾我籬〔1809〕六幕「『よいよいわいわいなんまいだ』ト大念仏にて皆々酒樽をころがし、暴れちらしながら奥へ入る」

(2)釈迦念仏のこと。

(3)特に、京都嵯峨の清涼寺釈迦堂で陰暦三月六日から一五日まで、多数の人々が参集して行なわれる釈迦念仏。

*看聞御記‐応永二六年〔1419〕三月一四日「聞、嵯峨釈迦堂大路在家等炎上、大念仏群集之間軈打消云々」

*謡曲・百万〔1423頃〕「此の頃は嵯峨の大念仏にて候ふ程に」

*俳諧・誹諧初学抄〔1641〕末春「嵯峨大念仏 三月六日より十五日迄也」

(4)東京隅田川畔の木母寺で陰暦三月一五日の梅若忌に行なわれる大念仏法会。

*雑俳・柳多留‐七〔1772〕「よし原を大念仏ですすめこみ」

(5)「だいねんぶつしゅう(大念仏宗)」の略。

【二】

「だいねんぶつじ(大念仏寺)」の略。

*浮世草子・男色大鑑〔1687〕八・四「やうやう平野の里大念仏(ネンブツ)の御堂に休みしに」

語誌

(1)融通念仏宗の開祖良忍(一〇七二~一一三二)は、自他の念仏が融通して功徳あることを説き、口称念仏すべきことを勧めた。行者は一堂に集まり念仏会を行ない、これを「大念仏」と称した。

(2)「嵯峨大念仏狂言」「壬生大念仏狂言」「千本閻魔堂狂言」は京の三大狂言とされるが、これは教化の方便として寺僧が演じたものである。

(3)空也(九〇三~九七二)が起源とされる踊念仏を大念仏とも称する。今日でも、長篠や三方原の古戦場などで、鎮魂のための大念仏が行なわれている。

発音

〓[ネ]

辞書

言海

正式名称と詳細

表記

大念仏言海


ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
大念仏の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 670
検索コンテンツ
1. 大念仏
日本大百科全書
岩手県下にも花巻市宮野目(みやのめ)などの大念仏があり、大念仏系統のものは各地にみられるが、盛岡周辺の各所に分布する大念仏剣舞(けんばい)は祖霊供養の大念仏に剣
2. だい‐ねんぶつ【大念仏】
日本国語大辞典
日の梅若忌に行なわれる大念仏法会。*雑俳・柳多留‐七〔1772〕「よし原を大念仏ですすめこみ」(5)「だいねんぶつしゅう(大念仏宗)」の略。【二】「だいねんぶつ
3. だい-ねんぶつ【大念仏】
全文全訳古語辞典
念仏を唱える仏事。 ❷特に、京都嵯峨の清涼寺釈迦堂で、毎年陰暦三月六日から十五日まで行われる大念仏の法会。
4. だい‐ねんぶつ【大念仏】
仏教語大辞典
「十五日の結願として大念仏ありしに」 2 『法華経』を読誦すること。 沙石集 四・一 「大念仏申さんとては、道場に入て、法華経読誦し」 3 釈迦念仏のこと。 →
5. だいねんぶつ【大念仏】[標準語索引]
日本方言大辞典
旧盆に寺でだいねんぶつ:大念仏を行うことみずむけ
6. だいねんぶつ【大念仏】[標準語索引]
日本方言大辞典
旧盆に寺でだいねんぶつ:大念仏を行うことみずむけ
7. だいねんぶつ‐え[‥ヱ]【大念仏会】
日本国語大辞典
〔名〕大念仏を修する会式。*俳諧・〓〓輪〔1753〕「九月〈略〉天王寺一乗会
8. だいねんぶつ‐え【大念仏会】
仏教語大辞典
う釈迦念仏。陰暦三月六日から十五日まで行われる。 塩尻 九九 「嵯峨清涼寺(略)。一涅槃会、大念仏会、誕生会、此三度也」
9. だいねんぶつ‐しゅう【大念仏宗】
日本国語大辞典
〔名〕浄土宗の一宗。融通念仏宗の別称。日本十三宗の一つ。良忍(聖応大師)を宗祖とし、大念仏寺を総本山とする。大念仏派。大念仏。ダイネンブツシュー
10. 大念佛宗(だいねんぶつしゅう)
古事類苑
宗教部 洋巻 第1巻 637ページ
11. 大念仏寺
日本大百科全書
大阪市平野(ひらの)区平野上町にある融通念仏宗の総本山。大源山(だいげんざん)諸仏護念院と号し、俗に「平野の大念仏」とよばれる。古くは亀鉦寺(かめがねでら)とも
12. 大念仏寺
世界大百科事典
大阪市平野区平野上町にある融通(ゆうづう)念仏宗の総本山。大源山諸仏護念院と号する。融通念仏の開祖良忍が四天王寺で聖徳太子の夢告を受け,1127年(大治2)この
13. だいねんぶつ‐じ【大念仏寺】
日本国語大辞典
幕府の保護のもとに一宗の檀林に定められた。所蔵する菅原道真筆の「毛詩鄭箋(もうしていせん)残巻」は国宝。大念仏。平野の大念仏。亀鐘寺。
14. だいねんぶつじ【大念仏寺】画像
国史大辞典
志『摂陽群談』一三(『大日本地誌大系』)、『(融通総本山)大念仏寺誌』、浜田全真『融通念仏宗と民俗』、塩野芳夫『融通念仏宗の成立過程』 (北西 弘)
15. だいねんぶつじ【大念仏寺】大阪府:大阪市/平野区/平野郷町/馬場町地図
日本歴史地名大系
融通念仏宗の本山として大念仏寺が成立するのは江戸時代に入ってからである。慶長二〇年(一六一五)の大坂夏の陣により、堂宇はことごとく焼失したといわれるが(大念仏
16. 大念佛寺(だいねんぶつじ)【篇】
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 59ページ
17. だいねんぶつ‐は【大念仏派】
日本国語大辞典
〔名〕「だいねんぶつしゅう(大念仏宗)」に同じ。*浄瑠璃・卯月の潤色〔1707頃〕中「大和国平群谷大ねんぶつ派の庵室に」
18. 大念仏七万日詣(著作ID:1388018)
新日本古典籍データベース
だいねんぶつしちまんにちもうで 七万日詣 浄瑠璃 
19. 大念仏寺旧記(著作ID:4377114)
新日本古典籍データベース
だいねんぶつじきゅうき 寺院 
20. えんまどう‐だいねんぶつ[エンマダウ‥]【閻魔堂大念仏】
日本国語大辞典
〔名〕「えんまどうきょうげん(閻魔堂狂言)」に同じ。《季・夏》
21. 傾城壬生大念仏
世界大百科事典
歌舞伎狂言。三番続き。近松門左衛門作。1702年(元禄15)正月京の都万太夫座上演。配役は高遠民弥を初世坂田藤十郎,三宅彦六を中村四郎五郎,下人長兵衛を金子吉左
22. けいせいみぶだいねんぶつ【傾城壬生大念仏】
日本国語大辞典
歌舞伎脚本。三番続。近松門左衛門作。元祿一五年(一七〇二)京都都万太夫座初演。先作「けいせい仏の原」と同系統の作品。京都壬生寺の地蔵菩薩開帳を当てこみ、高遠家の
23. けいせいみぶだいねんぶつ【傾城壬生大念仏】
歌舞伎事典
 歌舞伎狂言。三番続。近松門左衛門作。元禄一五(1702)年正月京・都万太夫座上演。配役は高遠民弥=初世坂田藤十郎、三宅彦六=中村四郎五郎、下人長兵衛=金子吉左
24. さが‐だいねんぶつ【嵯峨大念仏】
日本国語大辞典
壬生寺(みぶでら)のそれとともに京の三大念仏といわれる。嵯峨念仏。《季・春》*俳諧・毛吹草〔1638〕二「三月〈略〉嵯峨大念仏 十五日」*日次紀事〔1685〕三
25. さがだいねんぶつ【嵯峨大念仏】
国史大辞典
現在では四月十日近くの土・日曜日と次の日曜日に大念仏狂言が演じられるだけだが、往時の様子は能『百万』にみることができる。『百万』は観阿弥が得意としたという「嵯峨
26. さが の 大念仏(だいねんぶつ)
日本国語大辞典
「さがだいねんぶつ(嵯峨大念仏)」に同じ。*謡曲・百万〔1423頃〕「またこの頃は嵯峨の大念仏にて候ふほどに、この幼き人を連れ申し、念仏に参らばやと存じ候」*俳
27. しゃか‐だいねんぶつえ【釈迦大念仏会】
仏教語大辞典
釈迦念仏(釈迦大念仏)を催す法会。釈迦念仏を提唱し、鼓吹した貞慶が建仁三年(一二〇二)、前年試みに行った念仏会をもとに、永式を作って行ったもので、九月十九日より
28. すみだがわ‐だいねんぶつ[すみだがは‥]【隅田川大念仏】
日本国語大辞典
(もくぼじ)で、四月一五日(古くは陰暦三月一五日)の梅若忌に修する大念仏会。*俳諧・俳諧筆真実〔1787〕三月「隅田川大念仏」スミダ
29. せんぼん‐だいねんぶつ【千本大念仏】
日本国語大辞典
〔名〕「せんぼんねんぶつ(千本念仏)(1)」に同じ。〓[ネ]
30. 平野大念仏寺[図版]画像
国史大辞典
摂津名所図会 (c)Yoshikawa kobunkan Inc. 
31. みぶ‐だいねんぶつ【壬生大念仏】
日本国語大辞典
〔名〕「みぶだいねんぶつえ(壬生大念仏会)」に同じ。*歌舞伎・傾城壬生大念仏〔1702〕上「母上様の御菩提の為と有て、母見た母見たと申すみぶ大念仏を執行なさるる
32. みぶだいねんぶつ‐え[‥ヱ]【壬生大念仏会】
日本国語大辞典
京都市中京区の壬生寺で行なわれる大念仏の法会。正安年間(一二九九~一三〇二)円覚が始め、その際に教理を会衆に知らせるために無言狂言を演じたと伝える。壬生念仏。壬
33. けいせい壬生大念仏(著作ID:922861)
新日本古典籍データベース
けいせいみぶだいねんぶつ 壬生大念仏 平野大念仏 近松門左衛門(ちかまつもんざえもん) 狂言本 元禄一五初演
34. 壬生大念仏狂言揃(著作ID:4369111)
新日本古典籍データベース
みぶだいねんぶつきょうげんそろえ 
35. 融通大念仏(著作ID:523251)
新日本古典籍データベース
ゆうずうだいねんぶつ 浄瑠璃 
36. 融通大念仏(著作ID:523262)
新日本古典籍データベース
ゆうずうだいねんぶつ 蝙蝠軒魚丸(へんぷくけんうおまる) 作 吉田新吾(よしだしんご) 添削 浄瑠璃/義太夫 文化八初演
37. 融通大念仏天筆弥陀(著作ID:4364687)
新日本古典籍データベース
ゆうずうだいねんぶつてんひつのみだ 浄瑠璃 
38. 融通大念仏本縁起(著作ID:62420)
新日本古典籍データベース
ゆうずうだいねんぶつほんえんぎ 融通大念仏縁起 融観(ゆうかん) 融通念仏 元禄四刊
39. 融通大念仏略縁起(著作ID:1025441)
新日本古典籍データベース
ゆうずうだいねんぶつりゃくえんぎ 融通念仏 
40. 良忍創大念佛寺 (見出し語:良忍)
古事類苑
宗教部 洋巻 第4巻 59ページ
41. あおたにでら【青谷寺】大阪府:柏原市/青谷村地図
日本歴史地名大系
紀州根来寺の僧浄観を請じたと伝える。延宝五年(一六七七)の大念仏寺四十五代記録并末寺帳(大念仏寺文書)は「青谷寺、代々看坊、当看坊益道西堂去年丙辰入院、元浄土宗
42. あおはたじんじゃ【青幡神社】佐賀県:伊万里市/里村
日本歴史地名大系
祈って社領各四町八段を付したという。毎年の祭礼は、松浦党首が祭主となって行い、大神楽・流鏑馬、またときには大念仏も行われた。これは山代囲(直の子)に引き継がれて
43. あぐちじんじゃ【開口神社】
国史大辞典
に鎮座。旧府社。延喜式内社であり、塩土老翁(しおづちのおじ)神などを祀る。明治以前仏地となり大念仏寺と名づけ寺僧が社務を執っていたので今も「大寺さん」の俗称で親
44. あ・げる【上・揚・挙】
日本国語大辞典
*虎明本狂言・筑紫奥〔室町末~近世初〕「身共は申あぐる事はならぬ程に、面々に申上い」*歌舞伎・傾城壬生大念仏〔1702〕上「先私が御使に参りました。御前の首尾を
45. あさぎ‐むく【浅葱無垢・浅黄無垢】
日本国語大辞典
*評判記・色道大鏡〔1678〕二「肌着は、白むく、黄むく・浅黄(アサギ)むくたるへし」*歌舞伎・傾城壬生大念仏〔1702〕中「旦那があさぎむくを取て来いと言はる
46. あず・ける[あづける]【預】
日本国語大辞典
上「其の外僧綱十三人闕官(けっくゎん)ぜられて、みな検非違使にあづけらる」*歌舞伎・傾城壬生大念仏〔1702〕中「けらいにやうすを尋、其方の銀でないと、そちたち
47. あそうだむら【浅宇田村】三重県:上野市
日本歴史地名大系
した(庁事類編)。生婦塚は難産で死んだ筒井氏家臣中坊飛騨の娘於杉を葬り、鎮魂のため摂州平野の大念仏を招いたと伝える(茅栗草子)。また杉ノ木服部氏の末といわれる観
48. あね‐き【姉貴】
日本国語大辞典
*類従本仙源抄〔1381〕「いぬき。 犬公也〈略〉世俗にあねき、をぢきと云同心」*歌舞伎・傾城壬生大念仏〔1702〕上「あねきは奥へ入り、姫と中よふし給へ」*歌
49. あねこ【姉―】[方言]
日本方言大辞典
徳島県809阿波の言葉(橋本亀一)1930 香川県高松062風俗画報(雑誌)1892~1916歌舞伎傾城壬生大念仏上「姉貴あねきは奥へ入り、姫と中善うし給へ」《
50. あみだがみね【阿弥陀ヶ峰】京都市:東山区/新熊野村地図
日本歴史地名大系
また「雍州府志」(貞享三年刊)は、かつて平重盛が山下に四十八精舎を建て、毎夜、四十八灯を点じて大念仏を修したので阿弥陀ヶ峰と称したという異説を載せるが、阿弥陀ヶ
「大念仏」の情報だけではなく、「大念仏」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大念仏と同じ祭事・行事カテゴリの記事
田楽(国史大辞典・新版 能 狂言事典・改訂新版 世界大百科事典)
広義には稲作に関する芸能の総称として用いるが、狭義には田楽躍(おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は、(1)田植を囃す楽、(2)職業芸能者である田楽法師による芸能
民俗芸能(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地域社会の中で、住民の信仰や風俗・習慣と結び付きながら伝承してきた郷土色ゆたかな芸能。郷土芸能・民間芸能などともいう。祭や宴遊・講などを主な伝承の場とし、特に農耕の祭に呪術的機能を買われて演じられ、また芸能をもって成人教育とするなど
大日堂舞楽(改訂新版 世界大百科事典・日本大百科全書)
民俗芸能。秋田県鹿角市八幡平字小豆沢(あずきざわ)の大日堂(大日孁貴(おおひるめむち)神社)で,1月2日に行われる祭事芸能。小豆沢,大里,谷内,長嶺の4集落の能衆によって舞われる。能衆は世襲で,それぞれの集落に所伝の舞がある
壬生の花田植/佐陀神能(イミダス)
「壬生(みぶ)の花田植(はなたうえ、はなだうえ)」は広島県北広島町に伝わる稲作儀礼で、一説に鎌倉時代の発祥とも言われる。華やかに飾り立てた牛に代掻(しろか)きをさせた田で、紺の単衣(ひとえ)に菅笠(すげがさ)姿の早乙女たちが太鼓や笛、鉦(かね)などに合わせて
精霊流し(国史大辞典・日本大百科全書)
盆行事の最終段階で、精霊を送り出す儀礼。先祖の霊は、七月十三日の精霊迎えを経て、十五日または十六日夕方まで各家に滞在したのち、精霊流しによって、再びあの世へ送り返されると信じられていた。祖霊をはじめ、死者の霊は山の彼方の世界に行っているが
祭事・行事と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大念仏」は日本の重要文化財に関連のある記事です。
その他の日本の重要文化財に関連する記事
大念仏(日本大百科全書・日本国語大辞典)
大ぜい集まって念仏を唱える行事。世阿弥(ぜあみ)作の能『百万』の背景となった嵯峨釈迦(さがしゃか)堂清凉寺(せいりょうじ)(京都市右京区)の大念仏は1279年(弘安2)に、また壬生寺(みぶでら)(京都市中京区)の大念仏は1300年(正安2)に円覚上人
岸和田城(国史大辞典・日本歴史地名大系)
大阪府岸和田市岸城町にあった。縄張りが滕(ちぎり)に似ているところから別称を千亀利城という。本丸・二ノ丸・三ノ丸と総曲輪からなる臨海の平城で、総面積約七万二千坪。建武年間(一三三四―三八)楠木正成に属した和田新兵衛高家が構えたのがはじまり
平戸城(国史大辞典)
長崎県平戸市岩の上町所在。亀岡城・朝日岳城・玄武城ともいう。平山城。平戸藩主松浦氏の居城。宝永四年(一七〇七)松浦棟が築城、以後明治維新に至る。実はこれ以前、同地には慶長年間築城の日之岳城があった。しかし、これは慶長十八年(一六一三)
高山陣屋跡(日本歴史地名大系)
[現]高山市八軒町城山の西方、宮川に架かる中橋を西に渡った地点に東に向いて位置する。敷地は一千一九二坪で、陣屋門(天保三年築造)・表玄関、広間(書院造)・白洲・庭園・収納米蔵などがあり、現存する唯一の郡代陣屋跡として国指定史跡
奈良井宿(日本歴史地名大系)
[現]楢川村大字奈良井鳥居峠(一一九七メートル)の北麓に位置し、中山道の中で最高所の宿である。「西筑摩郡誌」によると「天文元年、木曾義在奈良井に専念寺を建つ。同二年、義在木曾に宿駅を定む」とあり、永禄一一年(一五六八)の相州文書にも宿駅として
日本の重要文化財に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る