ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語
  10. >
  11. 春雨物語
日本古典文学全集・国史大辞典

新編 日本古典文学全集
春雨物語
春雨降り続いて今日で幾日やら、静かなうえに趣もある。使いならした筆硯取り出してはみたものの、思いめぐらしてみて、書くべきほどのこともない。物語のさま真似てみるのは初めてのこと、しかしながら、わたしのようにあって甲斐なき者、どのようなことが記せよう。昔近頃の出来事など、まことと読んで人に欺かれてきたものを、己また、こうして偽りと知らずに人を欺いている。それもよい。絵そらごと語り続けて、正史であるとありがたく読ませる人もあるのだからと、ものを書き続けていると、春雨は外にひとしお降りしきることである。

春雨物語

春雨物語(扉)
凡例

血かたびら
天津処女
海賊
二世の縁
目ひとつの神
死首の咲顔
捨石丸
宮木が塚
歌のほまれ
樊かい 上
樊かい 下
校訂付記



国史大辞典
春雨物語
はるさめものがたり
江戸時代後期の読本。上田秋成作。十巻。作者の晩年にあたる寛政末期から文化初期にかけて書かれ、文化五年(一八〇八)に一度十篇にまとめられた。さらに作者の没する文化六年夏まで推敲が続けられた。作者が序文で、古い物語を手本にして創作するには、まだ初心者であると卑下しながらも、勇気を出して書き続けたといっているように、「物語」を意識して執筆されている。巻頭は「血かたびら」であり、以下「天津処女」「海賊」「二世の縁(にせのえにし)」「目ひとつの神」「死首の咲顔(しにくびのえがほ)」「捨石丸」「宮木が塚」「歌のほまれ」と続き、「樊〓」が巻尾に据えられている。これらは日本の古代に材を得た「血かたびら」「天津処女」などの歴史物語系と、当時実際にあった事件や、流布していた巷説から取材した「二世の縁」「死首の咲顔」などの本格的物語系に分けられうる。歴史物語系では、古代社会の帝位や運命や文学などを主題にして、歌道や古学に対する作者の思うがままが記されている。本格的物語系では、恋愛・蘇生・主殺し・仇討ち・殺人鬼の遁世など、実にさまざまな問題をテーマにして、構成に苦心し技巧が弄されている。ともあれ、『春雨物語』は雄勁蒼古(ゆうけいそうこ)な文章で表現された、きわめて高度な内容をもつ知識的、近代的文学といえよう。『日本古典文学大系』五六や『新潮日本古典集成』などに翻刻がある。→上田秋成(うえだあきなり)
[参考文献]
森山重雄『幻妖の文学上田秋成』、浅野三平『上田秋成の研究』
(浅野 三平)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
春雨物語の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 639
検索コンテンツ
1. 『春雨物語』
日本史年表
1808年〈文化5 戊辰⑥〉 3・‐ 上田秋成 『春雨物語』 成る。
2. 春雨物語
日本大百科全書
上田秋成(あきなり)作の小説集。作者最晩年の1808年(文化5)に一度まとめられたあと、没年である翌年にかけて全面的な改稿が行われていた。薬子(くすこ)の乱に取
3. 春雨物語
世界大百科事典
読本。上田秋成作。10巻。寛政(1789-1801)の末年ころから最晩年までの約10年をかけて書かれた物語集で,1808年(文化5)10巻にまとめられたあと,翌
4. はるさめものがたり【春雨物語】
日本国語大辞典
読本。上田秋成著。文化五年(一八〇八)成立。江戸時代には刊行されず、写本で伝わる。「血かたびら」「天津をとめ」「海賊」など古典知識をもとにした短編が多いが、「捨
5. はるさめものがたり【春雨物語】
全文全訳古語辞典
[書名]江戸時代の読本。十編。上田秋成作。一八〇八年(文化五)成立。「血かたびら」「死首の咲顔」「樊噲」等、独立した十編の物語集。江戸時代には刊行されず、写本の
6. はるさめものがたり【春雨物語】
国史大辞典
鬼の遁世など、実にさまざまな問題をテーマにして、構成に苦心し技巧が弄されている。ともあれ、『春雨物語』は雄勁蒼古(ゆうけいそうこ)な文章で表現された、きわめて高
7. 春雨物語
日本古典文学全集
〈はるさめけふ幾日、しづかにておもしろ〉の書き出しで始まる、上田秋成による歴史小説集。親殺しの大罪人が放浪の果てに開悟するまでを描いた晩年の代表作「樊噲(はんか
8. あか‐はだか【赤裸】
日本国語大辞典
裸にされた」*咄本・軽口御前男〔1703〕五・四「あかはだかにうちなされ、袖ごひのかしまだち」*読本・春雨物語〔1808〕死首のゑがほ「只今思ひたえよかし。さら
9. あがな・う[あがなふ]【贖・購】
日本国語大辞典
する。あがう。*和玉篇〔15C後〕「贖 アカナフ」*いろは字〔1559〕「贖 アカナフ」*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「御罪の事は、五佰くゎんの馬買ひてあ
10. あさはか‐ごと【浅事】
日本国語大辞典
〔名〕考えの浅いこと。未熟な考え。*読本・春雨物語〔1808〕海賊「浜成が和哥式に云(ふ)は、十体也と云も、同じ浅はか事也」
11. あさ・む【浅】
日本国語大辞典
見る人、あざけりあさみて、世のしれ者かな、かく危き枝の上にて安き心ありて眠るらんよ」*読本・春雨物語〔1808〕二世の縁「法師はいかりて、『いつはり事也』と云あ
12. あざれ‐ある・く【戯歩】
日本国語大辞典
〔自カ四〕「あざれありく(戯歩)」に同じ。*読本・春雨物語〔1808〕天津処女「みかど、宗貞が色このみてあざれあるくを、あらはさんとて」
13. あ〓し【悪】
日本国語大辞典
受くる」*蓮如上人御一代記聞書〔16C後〕末「あしき事をしても、心中をひるがへし本願に帰すれば」*読本・春雨物語〔1808〕血かたびら「御心の直きに、あしき神の
14. あじろ‐がさ【網代笠】
日本国語大辞典
酒〔1705〕二・一四「さるしゅっけ、くびにじゅずをかけ、あしろ笠(ガサ)きて通る」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・下「あじろ笠深くかがぶりて
15. あそび【遊】
日本国語大辞典
参れる」*更級日記〔1059頃〕「そこにあそびども出で来て、夜ひとよ、歌うたふにも」*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「酒うる家に入て、遊びに酌とらせ、たはれ
16. あだあだ‐〓し【徒徒】
日本国語大辞典
それは御心のまめやかなるにもあらねど」(3)中身がなく、いいかげんである。内容が空虚で浮薄だ。*読本・春雨物語〔1808〕二世の縁「扨も仏のをしへは、あだあだし
17. あつ・い【厚・篤】
日本国語大辞典
取かはし入ふりを五郎見やって、扨も、兄きあついわろ」(6)(篤)病気が重い。危篤状態である。*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「我が家の母あつき病にふし給へば
18. あつ・い【熱・暑】
日本国語大辞典
*源氏物語〔1001~14頃〕夕顔「御ぐしも痛く身もあつき心ちして、いと苦しくまどはれ給へば」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「やうやう
19. あつかい‐ごと[あつかひ‥]【扱言】
日本国語大辞典
〔名〕仲裁の口をきくこと。仲裁に立つこと。*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・下「かれら首にしてかへり、主の君にわびん。扱ひ言して法師も命損ずな」
20. あつか・う[あつかふ]【扱・〓・刷】
日本国語大辞典
(アツカ)へども弟聞入ずして」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・下「今はたがひに無やくの戦ひ也
21. あてど も 無(な)い
日本国語大辞典
んにてかしらせんじのあがる時」*浄瑠璃・用明天皇職人鑑〔1705〕四「ハテ彌あてどもないこと」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「ここより
22. あと‐な・し【跡無】
日本国語大辞典
〕五〇「はやく跡なき事にはあらざめりとて、人を遣りて見するに、おほかた逢へる者なし」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「けふは雨降りて
23. あふ・れる【溢】
日本国語大辞典
*浄瑠璃・蝶花形名歌島台〔1793〕七「其頃浪花(なには)の市中をあぶれありく五人男といふ者あり」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「今はあぶ
24. あやう‐が・る[あやふ‥]【危─】
日本国語大辞典
わびしくおぼゆ」*寛永刊本蒙求抄〔1529頃〕七「有識は物知た者ぞ。太平にあるまいとてあやうかるぞ」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「母あやうがりて
25. あらわ・す[あらはす]【表・現・顕・著】
日本国語大辞典
徳三年点〔1099〕八「大なるかなや、悲智の妙用、得て言ひ象(アラハス)こと无けむ」*読本・春雨物語〔1808〕天津処女「謀反ある事を、阿保親王のもれ聞て、朝廷
26. あり や 無(な)し
日本国語大辞典
りやなし〈蕪村〉」*雑俳・柳多留‐一一〔1776〕「常の日はわたし守さへありやなし」*読本・春雨物語〔1808〕目ひとつの神「かしら髪面におひみだれて、目ひとつ
27. あわれみ を 蒙(こうむ・こうぶ)る
日本国語大辞典
muru (アワレミヲ カウムル)」*読本・春雨物語〔1808〕天津処女「帝の御心に叶ひちかう召しまつはさせ、時々、文よめ、歌よめと御あはれみかうぶりしかば」
28. い【意】
日本国語大辞典
」(3)わけ。意味。また、文章などで言おうとしている点。主旨。*読本・春雨物語〔1808〕海賊「汝が名、以〓一貫
29. いい‐こ・す[いひ‥]【言越】
日本国語大辞典
・好色五人女〔1686〕三・二「かならず其折を得てあひみる約束いひ越(コシ)ければ」*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「手とりて帰れと、情なく云こさるるに、い
30. いい‐ささやめ・く[いひ‥]【言─】
日本国語大辞典
〔他カ四〕「いいさやめく」に同じ。*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「河守の此在(あり)さまに、心劣りせられて、宮木がかたちよし、ねたしなど言ささやめく中に」
31. いい‐さやめ・く[いひ‥]【言─】
日本国語大辞典
〔他カ四〕言い騒ぐ。言いさざめく。*読本・春雨物語〔1808〕二世の縁「『扨も扨も仏因のまのあたりにしるし見ぬは』とて、一里又隣の里々にもいひさやめくほどに」
32. いい‐なが・す[いひ‥]【言流】
日本国語大辞典
見たてまつり置きて、亡くなりなば、いとどいかなる有様にて、天の下にいひながされ給はん」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓「くはしく書き
33. いい‐わた・す[いひ‥]【言渡】
日本国語大辞典
ataxi, su, aita (イイワタス)〈訳〉他人に伝言を言う、または与える」*読本・春雨物語〔1808〕死首のゑがほ「とく帰らせよ。そこ掃清むべし、と云
34. いえ‐の‐こ[いへ‥]【家子】
日本国語大辞典
下「光衡先立ちて、子どもいゑの子以下、本寺の前に下り居つつ、馬引き並めたるさまなど」*読本・春雨物語〔1808〕捨石丸「さすがに刀は当ざれど、おのが血の流て、長
35. いかに せん
日本国語大辞典
四一八「上つ毛野佐野田の苗の占なへに事は定めつ今は伊可爾世母(イカニセモ)〈東歌〉」*読本・春雨物語〔1808〕血かたびら「兄のみ子いかにせん、御位に昇らせしを
36. いかに も
日本国語大辞典
にもあらんずらん」*苔の衣〔1271頃〕二「小太夫がいかにもしたる事にやとおぼせば」*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「いかにもせよ、稚きものは母が手離れて、
37. いき‐づ・く【息衝】
日本国語大辞典
はつきぬ かくのみや 伊伎都枳(イキヅキ)居らむ かくのみや 恋ひつつあらむ〈山上憶良〉」*読本・春雨物語〔1808〕宮木が塚「花はまだ盛と見しを、此嵐に今は散
38. いくさ‐だち【軍立】
日本国語大辞典
す」*平家物語〔13C前〕九・三草勢揃「朝夕のいくさだちに過ぎゆく月日は知らねども」*読本・春雨物語〔1808〕血かたびら「我、兵衛のかみ也、奈ら山、泉川に軍だ
39. いく‐ひさ【幾久】
日本国語大辞典
大物主(おほものぬし)の 醸(か)みし御酒 伊句臂佐(イクヒサ)伊句臂佐(イクヒサ)」*読本・春雨物語〔1808〕血かたびら「三輪の殿の神の戸をおしひらかすもよ
40. いけん‐ふうじ【意見封事】
日本国語大辞典
*本朝文粋〔1060頃〕二「意見封事 公卿意見六箇条 格〈略〉意見十二箇条 善相公」*読本・春雨物語〔1808〕海賊「三善の清行こそ、〈略〉意見封事(イケンフウ
41. い‐げ[ヰ‥]【遺偈】
日本国語大辞典
形質朽〓、貫花遺偈少林春」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・下「侍者、客僧等すすみて申す
42. いさ・つ
日本国語大辞典
大に息(なけ)き涕泣(イサツ)」*御巫本日本紀私記〔1428〕神代上「哭泣〈奈岐以左津留遠毛天〉」*読本・春雨物語〔1808〕血かたびら「蜑(あま)なれや、おの
43. いし【石】画像
日本国語大辞典
または土台などの石。*日本国考略〔1523〕寄語略・地理「石 依水─在木古(イシ─ザイモク)」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・下「石高く積
44. いず‐こ[いづ‥]【何処】
日本国語大辞典
の遊び「預かりたるものなど、取り出づる事あれば、『こはいづこなりつるぞ』などいひて」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓上「いづこより来たる
45. いずち なく
日本国語大辞典
どこへともなく。*読本・春雨物語〔1808〕捨石丸「捨いしは主を殺せしよと思ひて、家にも帰らず、何地(いづち)なく逃うせたり」
46. いたずら‐ごと[いたづら‥]【徒事】
日本国語大辞典
ら当世の歌舞妓狂言いたづら事を第一にたてて不作法なる行跡(ふるまひ)をして見すれば」*読本・春雨物語〔1808〕海賊「恋の部とて五巻まで多かるは、いたづら事のつ
47. いだてん‐あし[ヰダテン‥]【韋駄天足】
日本国語大辞典
〔名〕非常に速く走ること。また、その能力を持つこと。*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「今はあぶれにあぶれて、親も兄も谷の流にけおとして
48. いだてん‐ばしり[ヰダテン‥]【韋駄天走】
日本国語大辞典
*浄瑠璃・本朝三国志〔1719〕一「坂をのぼりにいだ天走、八町三所足もためず飛んで来るは」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓・上「『にくし
49. 韋駄天走(いだてんばし)り
故事俗信ことわざ大辞典
浄瑠璃・本朝三国志(1719)一「坂をのぼりにいだ天走、八町三所足もためず飛んで来るは」読本・春雨物語(1808)樊噲・上「『にくしにくし』とて追しけど、足は韋
50. いち‐びと【市人】
日本国語大辞典
市へ行く人」(3)町に住んでいる人。*俳諧・蕪村句集〔1784〕秋「市人の物うちかたる露の中」*読本・春雨物語〔1808〕樊〓「市人(イチビ
「春雨物語」の情報だけではなく、「春雨物語」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

春雨物語と同じ物語カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(新編 日本古典文学全集・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~
落窪物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。4巻。題名は、継母が姫君を寝殿の一段低い部屋に住まわせて落窪の君と呼ばせたことによる。成立時期、作者とも未詳であるが、およそ一条朝の初期、寛和~正暦(985~995)ごろ、男性によって書かれたものと考えられる。内容は、継母に虐待される薄幸の姫君が左大将の
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「春雨物語」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
室町物語草子集(日本古典文学全集)
昔から今に至るまで、めでたいことを聞き伝えているが、わけても、いやしい者が、格別に出世して、初めから終りまでも、ついにつらいことがなくめでたいのは、常陸国に住む塩売の文正と申す者であった。そのわけを尋ねると、都より東の関東の八か国の中でも
天竺徳兵衛韓噺(歌舞伎事典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典)
歌舞伎狂言。世話物。江戸歌舞伎の夏芝居、旅芝居用の台本として書き下ろされた最初の作品。文化一(1804)年七月、初世尾上松助が江戸・河原崎座で初演。松助の子三世尾上菊五郎が継承し、尾上家の家の狂言となる
東海道四谷怪談(歌舞伎事典・国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典・日本国語大辞典・全文全訳古語辞典)
歌舞伎狂言。世話物。五幕。四世鶴屋南北作。初演の絵本番付には《あづまかいどうよつやかいだん》。通称《四谷怪談》。《いろは仮名四谷怪談》をはじめ、多くの別名題がある。文政八(1825)年七月江戸・中村座初演で
春雨物語(日本古典文学全集・国史大辞典)
春雨降り続いて今日で幾日やら、静かなうえに趣もある。使いならした筆硯取り出してはみたものの、思いめぐらしてみて、書くべきほどのこともない。物語のさま真似てみるのは初めてのこと、しかしながら、わたしのようにあって甲斐なき者、どのようなことが記せよう
西山物語(日本古典文学全集・国史大辞典・歌舞伎事典)
山城国乙訓郡の松尾村という所に、大森七郎という武士が兄妹三人で住んでいた。妹の名はかへといい、その下の弟は惣次といった。七郎の妻は早く亡くなっていたが、年老いた母が健在で貧しいながらも三人の兄妹で大切に仕えていた。また、同じ村里に、同族で八郎という男
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る