ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 戦争
  10. >
  11. サライエボ事件
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書(ニッポニカ)
サライエボ事件
さらいえぼじけん

1914年6月28日、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が狙撃(そげき)暗殺された事件。第一次世界大戦の導火線となった。大公夫妻は、1908年以来オーストリアに併合されていたボスニアの州都サライエボSarajevoを、オーストリア陸軍演習のため訪れていた。暗殺に参加した青年たちは、帝国の隣国セルビアを中心に統一南スラブ国家を建設しようとする、大セルビア主義を掲げる反オーストリア秘密結社の援助を受けていた。オーストリア政府はセルビア政府の責任を問い、反オーストリア活動の弾圧など内政干渉にあたる要求を含む最後通牒(つうちょう)を送り、ドイツの支持のもとにセルビアに宣戦布告し、セルビアを支援するロシアの動員令を招いた。
 オーストリア・ハンガリー・南スラブ三重帝国を主張する大公と大セルビア主義との対抗関係などが戦争責任論との関連で論じられてきたが、最近では、暗殺者の所属したボスニア独自の非大セルビア主義的運動も注目されている。
[長場真砂子]



改訂新版 世界大百科事典
サラエボ事件
サラエボじけん

1914年6月28日,オーストリアの帝位継承者フランツ・フェルディナント夫妻が,ボスニア・ヘルツェゴビナの州都サラエボで暗殺された事件。フェルディナント夫妻は,オーストリア・ハプスブルク帝国軍の演習を観閲するために当地を訪問していた。射殺したのは,南スラブ族の統一を目ざす〈青年ボスニア〉に属するボスニア出身のセルビア人ガブリロ・プリンツィプGavrilo Princip(1894-1918)。刺客はプリンツィプを含めて7人であった。オーストリア政府は,この事件の背後で糸を引くのがセルビアだと非難して,最後通牒をつきつけた。この最後通牒によると,1908年末にセルビアで組織された〈ナロードナ・オドブラナ(民族防衛団)〉がその背後団体だとされた。しかし,刺客に武器を供与するなどの援助をしたのは,大セルビアの実現を目ざす秘密組織〈統一か死か(黒手組)〉であった。プリンツィプがこの組織のメンバーとされることが多いが,その可能性は薄い。このサラエボ事件を直接の契機として,第1次世界大戦が勃発した。
[柴 宜弘]

[索引語]
フランツ・フェルディナント 青年ボスニア プリンツィプ,G. Princip,G. ナロードナ・オドブラナ 黒手組
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
サライエボ事件の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 20
検索コンテンツ
1. サライエボ事件
日本大百科全書
1914年6月28日、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が狙撃(そげき)暗殺された事件。第一次世界大戦の導火線となった。
2. オリンピック画像
日本大百科全書
20周年記念式典が行われたとき、クーベルタンは「オリンピック旗」を考案した。6月28日にサライエボ事件(サラエボ事件)が突発、第一次世界大戦となり、ついにベルリ
3. オーストリア画像
日本大百科全書
民族主義の高揚に巻き込まれる。帝国主義的バルカンへの進出は、汎(はん)スラブ主義と対立し、1914年サライエボ事件を契機に第一次世界大戦に突入する。進藤牧郎二つ
4. 旧ユーゴ諸国史(年表)
日本大百科全書
ー帝国、ボスニア・ヘルツェゴビナを併合1912~1913第一・第二次バルカン戦争1914サライエボ事件。オーストリア、セルビアに宣戦布告1918「セルビア人・ク
5. 黒手組
日本大百科全書
もっていた。それによると、黒手組の目的は全セルビア人の統一、すなわち大セルビア主義の実現であった。サライエボ事件で、オーストリア帝位継承者のフェルディナント大公
6. サライエボ
日本大百科全書
統一を目ざす青年ボスニアと総称される運動体が形成された。第一次世界大戦のきっかけとなったサライエボ事件は青年ボスニアの青年らによって1914年6月28日引き起こ
7. 三国同盟(ドイツ、オーストリア、イタリア)
日本大百科全書
オーストリア、イタリア間の軍事同盟。同時期のイギリス、フランス、ロシアの三国協商と対立し、サライエボ事件を世界大戦に拡大させる原因となった。藤村瞬一成立三国同盟
8. 総合年表(ヨーロッパ)
日本大百科全書
アルザス地方で軍隊と住民の衝突〔ツァーベルン事件〕1914第一次世界大戦19146-28サライエボ事件。19147-28オーストリア、セルビアに宣戦。19148
9. 第一次世界大戦画像
日本大百科全書
置く暗殺者グループによって、ボスニアの州都サライエボ(現ボスニア・ヘルツェゴビナの首都)で殺された(サライエボ事件)。この事件に対してオーストリアは、セルビアを
10. 第一次世界大戦史(年表)
日本大百科全書
ント夫妻、セルビアで組織された暗殺団に属するプリンチップによってサライエボで暗殺される(サライエボ事件)1914年(大正3年)7月28日 オーストリア・ハンガリ
11. 第二次世界大戦画像
日本大百科全書
吉田輝夫大戦の始期の問題第一次世界大戦は「勃発(ぼっぱつ)」したといわれる。1914年6月28日のサライエボ事件を直接の契機として、7月28日オーストリア・ハン
12. 東欧史(年表)
日本大百科全書
アルバニアの独立を承認19136月 第二次バルカン戦争19138月 ブカレスト条約19146月 サライエボ事件19147月 オーストリア・ハンガリー、対セルビア
13. 東方問題
日本大百科全書
、13)を引き起こした。ここにバルカンは「ヨーロッパの火薬庫」と化し、ついに1914年、サライエボ事件は、世界を戦争へ引き込むことになったのである。 マルクスに
14. ドイツ史画像
日本大百科全書
バルカンにおける汎(はん)ゲルマン主義と汎スラブ主義との対立を激化させ、ついに1914年サライエボ事件で第一次世界大戦を招来するに至った。 ビスマルクの弾圧をは
15. ナロードナ・オドブラナ
日本大百科全書
第一次世界大戦に際し、オーストリアはセルビアに対する最後通牒(つうちょう)のなかで、この組織がサライエボ事件の背後にあるとみなした。柴 宜弘
16. ハプスブルク家画像
日本大百科全書
老帝には家庭的悲劇も続き、1914年甥(おい)で皇嗣(こうし)のフランツ・フェルディナント夫妻が暗殺され(サライエボ事件)、第一次世界大戦のなかで王家の前途を憂
17. バルカン半島画像
日本大百科全書
され、バルカン半島のオスマン領は帝都イスタンブールと東トラキアのみとなった。 1914年サライエボ事件を端緒として第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)するとバルカン
18. フランツ・ヨーゼフ(1世)
日本大百科全書
立を深め、とくに1908年のボスニア・ヘルツェゴビナ併合によりセルビアとの関係が悪化し、サライエボ事件を誘発した。この事件で甥(おい)の皇太子フランツ・フェルデ
19. ボスニア・ヘルツェゴビナ画像
日本大百科全書
えなかった。以後、セルビアの対オーストリア感情は極度に悪化し、第一次世界大戦の直接的な原因となるサライエボ事件(サラエボ事件)が発生した。柴 宜弘ユーゴスラビア
20. ユーゴスラビア
日本大百科全書
年プリンツィプGavrilo Princip(1894―1918)により射殺された。このサライエボ事件を契機として、第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)した。大戦の
「サライエボ事件」の情報だけではなく、「サライエボ事件」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

サライエボ事件と同じ戦争カテゴリの記事
太平洋戦争(日本大百科全書(ニッポニカ))
1941年(昭和16)12月8日、真珠湾攻撃、日本のアメリカ、イギリスへの宣戦布告で始まり、1945年9月2日、日本の降伏文書調印によって終わった戦争。日本の指導者層は大東亜戦争と呼称した。1931年(昭和6)の満州事変に始まる日中十五年戦争の発展であり、日中戦争を重要な一部として含む。
日米交渉(国史大辞典)
日米戦争の回避または延引を目的とした、真珠湾攻撃前約一年間にわたる非公式外交工作および開戦外交交渉。その背景にはヨーロッパからアジア・太平洋地域に伸展した第二次世界大戦に対する日米双方の政・戦略的駆引きが窺われる。なお日本側ではこの日米国交調整工作・交渉をN工作または日米交渉と称し
ナチス(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民社会主義ドイツ労働者党Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterparteiの通称。略称はNSDAP。ナチNazi(単数および形容詞)またはナチス(複数)は、ドイツの政敵や欧米の反ヒトラー派がこの党に与えた卑称である。日本では公式の略称としては単数、複数を問わずナチスとよんでいた。
第一次世界大戦(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
第一次世界大戦(以下、大戦と略記する)は、1914年から1918年まで、計25か国が参加してヨーロッパを主戦場として戦われた戦争である。主要な強国のほとんどすべてを巻き込んでおよそ4年半の長期間に及び、しかも複雑多岐にわたる問題を当初からはらんで行われた戦争の性格を考えて、本項では、以下の構成をとった。
第二次世界大戦(日本大百科全書(ニッポニカ))
第二次世界大戦とは、一般には、1939年9月の英独戦争に始まり、1941年6月の独ソ戦争、同年12月の太平洋戦争を経て、1945年5月ドイツの、同年8月日本の降伏で終わる戦争をいう。この戦争に先だつ第一次世界大戦は、ヨーロッパを舞台とし、1914年8月、ヨーロッパ諸国がイギリス・フランス・ロシアの
戦争と同じカテゴリの記事をもっと見る


「サライエボ事件」は戦争に関連のある記事です。
その他の戦争に関連する記事
オスマン帝国(世界大百科事典・日本大百科全書)
中央アジアから移住したトルコ族によって建国され,西アジア(イランを除く),北アフリカ,バルカン,黒海北岸,およびカフカス南部を支配したイスラム国家。1299-1922年。正称アーリ・オスマンĀl-ı Osman(〈オスマンの家〉の意)
ロシア帝国(世界大百科事典)
18世紀初めから1917年のロシア革命までのロシア。帝政ロシアともいう。正式には1721年にピョートル1世(大帝)が皇帝(インペラートルimperator)の称号をとってから,1917年の二月革命でニコライ2世が退位するまでをいう
ドイツ帝国(世界大百科事典・日本大百科全書)
ドイツで帝制をとった国家は史上2度あり,第1は神聖ローマ帝国(962-1806),第2がビスマルクのドイツ統一により実現したドイツ帝国(1871-1918)で〈第二帝国〉ともいう。ヒトラーのナチス国家(1933-45)もこれに次ぐものとし
ロシア革命(世界大百科事典・日本大百科全書)
20世紀世界史において最も巨大な意義をもった社会変革。マルクス主義者をユーラシア大陸に広がる大国の権力の座につけ,社会主義の名のもとに新しい社会体制をつくり出す一方,反資本主義,反帝国主義の革命運動を全世界に拡大する火元を生み
日英同盟(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
日露戦争前から第一次世界大戦後のワシントン会議直後まで日英間に結ばれていた同盟条約。〔由来〕明治三十一年(一八九八)三月十七日イギリス植民相チェンバレンは、ロンドン駐在の日本公使加藤高明を招き、ロシアの進出に直面する極東の国際情勢について
戦争に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る