ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 戦争
  10. >
  11. 三国協商
世界大百科事典・日本大百科全書・国史大辞典

改訂新版 世界大百科事典
三国協商
さんごくきょうしょう
Triple Entente

1891-94年にかけて成立した露仏同盟,1904年の英仏協商,07年の英露協商により生じたイギリス,ロシア,フランス3国間の友好関係の総称。三国協商についての特定の規約はない。フランスはドイツ帝国宰相ビスマルクの外交政策(三帝同盟)によって国際的に孤立したが,1890年の彼の辞任後ロシアはフランスに接近し,91年8月に露仏政治協定,92年8月には軍事協定が成立,94年1月4日に露仏同盟は正式に発効した。ドイツ,オーストリア・ハンガリーとイタリアの三国同盟に対抗する内容をもち,フランスは孤立から脱出した。一方,イギリスは〈光栄ある孤立〉を伝統としてきたが,19世紀末には世界各地への列強の進出に直面したうえ,ドイツの三B政策や艦隊拡張計画に遭遇して政策転換をせまられた。1902年,イギリスは極東でのロシアの南下に備えて日本と同盟(日英同盟)に入り,フランスにも接近を試みた。フランスではデルカッセ外相が対英関係の改善に奔走していたが,日露戦争勃発を契機として,イギリス,フランス両国は戦争を局地的に収拾しようとして接近を急ぎ,04年4月8日に英仏和親協商Entente Cordialeが成立した。この協商は,ニュー・ファンドランドと西アフリカに関する協約と,シャム,マダガスカル,ニューヘブリデスに関する宣言,およびエジプトとモロッコの取決めに関する宣言からなり,世界分割をめぐる両国の歴史的対立は解消された。05年にロシアが日露戦争に敗北,代わってヨーロッパでのドイツとの対立が顕著になると,イギリスは同様に近東でドイツの三B政策に脅かされていたロシアに接近し,07年8月31日にペテルブルグで英露協商に調印した。これは,ペルシア,アフガニスタンおよびチベットでの両国の勢力範囲を画定した三つの協定からなり,ロシアはペルシアとアフガニスタンへの進出は断念したが,ダーダネルス,ボスポラス両海峡地帯およびバルカンへの進出についてはイギリスの了解をとりつけた。英露協商の締結によってイギリス,フランス,ロシア3国は同一陣営に結集し,三国協商体制が成立したが,ドイツのほうは頼みとする三国同盟のオーストリア・ハンガリーが軍事的に弱く,その一員であったイタリアが協商国側に接近したため,実質的に協商国側の包囲政策の術中におちいった。三国協商は,1912年の露仏海軍協定,14年の英露協定の締結によって軍事同盟の性質を強め,スペイン,日本も接近したため強力な陣営となった。三国協商は,第1次世界大戦中に領土分割を画定した多くの秘密条約によって多数の中立国を自己の陣営にひきいれたが,17年にアメリカ合衆国が参戦すると戦争の主導権を喪失し,さらに同年のロシア革命の結果ソビエト政権が戦線から離脱したため,協商体制は崩壊した。
[義井 博]

[索引語]
Triple Entente 露仏同盟 英仏協商 英露協商 光栄ある孤立 英仏和親協商 Entente Cordiale 露仏海軍協定


日本大百科全書(ニッポニカ)
三国協商
さんごくきょうしょう
Triple Entente フランス語

第一次世界大戦前のイギリス、フランス、ロシア3国の協力体制。それは、相互に同盟や協商によって結ばれた3国間の友好関係の総称であって、特定の条約が存在したわけではない。三国同盟と対立するフランスは、ドイツから離反したロシアに近づき、1891~94年にロシア・フランス同盟を成立させた。イギリスは長らく「光栄ある孤立」を守ってきたが、1902年に日本と日英同盟を結んだのち、04年日露戦争勃発(ぼっぱつ)を機にフランスとイギリス・フランス協商を結んだ。ついで日露戦争に敗れたロシアもイギリスに接近、07年イギリス・ロシア協商を締結して、三国協商体制が成立した。これら3国を結び付けたのは、まずドイツの急速な台頭で、三国協商は、ドイツを中心とする三国同盟に対抗して大戦前の世界政治を二分した。また三国協商は、帝国主義列強がその植民地支配を維持するため互いに協力する世界体制でもあった。すなわち、イギリス・フランス協商成立にあたり両国は、世界の諸地域での両国間の対立を解消し、とくにエジプトとモロッコとを互いに勢力圏として認め合った。また、イギリス・ロシア協商でも、ペルシア、アフガニスタン、チベットで両国はそれぞれの勢力圏を確認した。協商は初め軍事同盟の性格をもたなかったが、モロッコ事件などを通じてドイツとの対立が強まるにつれ、種々の軍事協定により補強され、ついに第一次世界大戦に突入した。大戦前、協商体制に日本、スペインも参加していたが、大戦中には参加国が激増した。しかし、アメリカの参戦で戦争の主導権が協商国の手を離れ、さらにロシア革命でロシアが脱退したため、協商体制は崩壊した。
[木谷 勤]



国史大辞典
三国協商
さんごくきょうしょう
第一次世界大戦前の一九〇七年(明治四十)から大戦中までイギリス・フランス・ロシアの三国間に存在した政治提携の関係で、大戦の一方の陣営の中枢勢力となった。露仏同盟・英仏協商・英露協商の三同盟協商の成立により、おのずと形成されたドイツ包囲の国際体制で、三国協商そのものの特定の条文はない。露仏同盟の内容には、一八九一年八月二十七日に成立した政治協商と翌九二年八月十七日に調印された軍事協定があり、九四年一月四日に批准が完了した。本同盟は独墺伊三国同盟と同期間の存続を決めており、ドイツ・オーストリアに対抗する性格を帯びている。イギリスとフランスは一八九八年のファショダ事件が示すように、十九世紀末まで対立していたが、ドイツの急激な進出によって接近の機運を生み、東アジアでの日露開戦直後の一九〇四年四月八日、ニューファウンドランドの漁業権関係の協約、エジプトとモロッコ関係の宣言、シャム・マダガスカル・ニューヘブリデス関係の宣言を骨子とする英仏協商を締結した。イギリスとロシアは、英露対立の代理戦争としての性格をもつ日露戦争終結後、共通の競争国ドイツの進出により和解への道に入り、〇七年六月十日成立の日仏協約、同年七月三十日成立の第一回日露協約に続き、同年八月三十一日、ペルシャ・アフガニスタン・チベットでの勢力範囲の画定を基礎とする英露協商を締結、ここに三国協商ができ上がった。日本は一九〇二年(明治三十五)以来日英同盟を締結していて三国協商の協力国であったが、そのあと三国協商は一二年の露仏海軍協定・英仏海軍協定、一四年の英露海軍協定に補強され軍事同盟化した。大戦勃発後の一四年九月五日、イギリス・フランス・ロシア三国はロンドンで単独不講和を宣言。大戦第二年目の一五年四月二十六日、イタリアはロンドン秘密条約を調印して三国同盟から離脱の上、同年五月二十三日協商国側に立って参戦、一七年の革命によるロシアの大戦脱落とともに三国協商は瓦解した。
[参考文献]
『世界歴史事典』二五、鹿島守之助『世界大戦原因の研究』(『日本外交史』別巻二)、中山治一『帝国主義の開幕』(河出書房新社『世界の歴史』二一)
(義井 博)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
三国協商の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 89
検索コンテンツ
1. 三国協商
日本大百科全書
を締結して、三国協商体制が成立した。これら3国を結び付けたのは、まずドイツの急速な台頭で、三国協商は、ドイツを中心とする三国同盟に対抗して大戦前の世界政治を二分
2. 三国協商
世界大百科事典
策の術中におちいった。三国協商は,1912年の露仏海軍協定,14年の英露協定の締結によって軍事同盟の性質を強め,スペイン,日本も接近したため強力な陣営となった。
3. さんごくきょうしょう[サンゴクケフシャウ]【三国協商】
日本国語大辞典
アメリカの参戦とロシアの革命による脱落で解消した。*袖珍新聞語辞典〔1919〕〈竹内猷郎〉「三国協商Tripple Entente 英国を中心として締結されし
4. さんごくきょうしょう【三国協商】
国史大辞典
を基礎とする英露協商を締結、ここに三国協商ができ上がった。日本は一九〇二年(明治三十五)以来日英同盟を締結していて三国協商の協力国であったが、そのあと三国協商
5. イギリス史画像
日本大百科全書
伝統の「光栄ある孤立」を捨てて日英同盟を結び、続いてイギリス・フランス協商、イギリス・ロシア協商によって三国協商を形成し、三国同盟(ドイツ、オーストリア、イタリ
6. イギリス史(年表)
日本大百科全書
リス・フランス協商成立1906労働代表委員会、労働党と改称1907イギリス・ロシア協商成立(三国協商成立)1910南アフリカ連邦成立1911議会法により貴族院の
7. イギリス・フランス協商
日本大百科全書
既存のロシア・フランス同盟、後のイギリス・ロシア協商(1907)とともに、ドイツ包囲体制としての三国協商が形成され、第一次世界大戦に至る列強間の勢力関係が形成さ
8. イギリス・ロシア協商
日本大百科全書
などである。ここに、ロシア・フランス同盟、イギリス・フランス協商とともに、ドイツ包囲体制としての三国協商が完成し、第一次世界大戦の列強間の勢力関係が画された。ま
9. ウィルヘルム(2世)
日本大百科全書
の間に摩擦を増大させ、1904年以降イギリスはフランスに接近し、これに07年ロシアも参加して三国協商が成立した。深まる孤立から脱出するため、ドイツは05年と11
10. 改訂新版 英国史 155ページ
文庫クセジュ
フランス=イギリス間の軍事面に関する折衝、およびイギリス=ロシア間の係争中の問題の解決の結果、「三国協商」が成立し、これによりヨーロッパは二つに分かれて強力な軍
11. えいふつ‐きょうしょう[‥ケフシャウ]【英仏協商】
日本国語大辞典
一九〇四年、イギリス、フランス間に成立した協定。後の英露協商とともに三国協商に発展し、ドイツ包囲体制の一環を形成した。英仏協約。エ
12. 協商
世界大百科事典
。協商の事例は19世紀後半から第1次世界大戦前後に多くみられる。イギリス,フランス,ロシアの三国協商(1894年の露仏同盟,1904年の英仏協商,07年の英露協
13. ギリシア画像
日本大百科全書
第一次世界大戦が起こると、1917年3月、ドイツ側にたつ国王を首相ベニゼロスが強制的に退位させ、ギリシアは三国協商(イギリス、フランス、ロシア)側にたって参戦し
14. ギリシア画像
世界大百科事典
-17,1922)が王位を継いだが,血縁上親独派の彼は第1次大戦に際して中立を望み,親英派で三国協商側に立つことを主張したベニゼーロスと争った。イギリス,フラン
15. ギリシア史画像
日本大百科全書
ドイツ皇帝ウィルヘルム2世のいとこにあたるコンスタンティノス1世は中立を望んだが、ベニゼロスは三国協商(英仏露)側にたつことを主張して争った。イギリス、フランス
16. クロー(Crowe, Sir Eyre Alexander Barby Wichart)
世界人名大辞典
実現[1904-06].外務次官補[12-20]として対ヨーロッパ,中東外交を統轄.ドイツの世界戦略に対抗して三国協商の堅持を進言.14年夏には露仏側に立って参
17. グレー
日本国語大辞典
サー=エドワード─)イギリスの政治家。外相。第一次世界大戦前から戦中にかけて、イギリス外交を指導。三国協商を推進し、またドイツのベルギー中立侵犯に対して対独宣戦
18. 三国同盟(ドイツ、オーストリア、イタリア)
日本大百科全書
第一次世界大戦前のドイツ、オーストリア、イタリア間の軍事同盟。同時期のイギリス、フランス、ロシアの三国協商と対立し、サライエボ事件を世界大戦に拡大させる原因とな
19. 三国同盟
世界大百科事典
1882年から1915年まで存続したドイツ,オーストリア・ハンガリー,イタリア間の秘密軍事防御同盟。英仏露三国協商と対立し,第1次世界大戦の一方の陣営を形成した
20. さんごく‐どうめい【三国同盟】
日本国語大辞典
(1)ドイツ・オーストリア・イタリアの三国間の秘密軍事同盟。一八八二年三国協商に対抗して成立。一九一五年イタリアの連合国側参戦により廃棄。*袖珍新聞語辞典〔19
21. さんごくどうめい【三国同盟】
国史大辞典
支える安全保障機構の一つとしてドイツ・オーストリア・イタリアの三国間に締結されたが、漸次英仏露三国協商に対抗する列強の国際組織となって第一次世界大戦前史上重要な
22. さんごくどうめい【三国同盟】 : 三国同盟/(一)
国史大辞典
支える安全保障機構の一つとしてドイツ・オーストリア・イタリアの三国間に締結されたが、漸次英仏露三国協商に対抗する列強の国際組織となって第一次世界大戦前史上重要な
23. 三B政策
世界大百科事典
進出はイギリスの三C政策やロシアの南下政策に対する脅威となり,1907年のイギリス,ロシアが三国協商に参加するきっかけとなった。ドイツは近東に対する影響力を強め
24. 辛亥革命見聞記 345ページ
東洋文庫
そのうちの二国、ドイツと日本とは、かなりひかえめで日和見的な態度を示していた。借款団の生活と行動とは、三国協商ーイギリス、フランス、ロシアのグル!プに集中されて
25. せんそうのけっか【戦争の結果】 : 日露戦争
国史大辞典
の第一次日露協約以来、この協約の改訂が重ねられてゆくことになる。そしてそれは、日本が英仏露の三国協商の側に結びつく基礎となり、第一次世界大戦で連合国側に参戦する
26. 総合年表(ヨーロッパ)
日本大百科全書
第二国会開会19076第2回ハーグ平和会議(44か国)19078イギリス・ロシア協商締結し、三国協商成る1907この年、ニュージーランド自治領成立19084イギ
27. ソンニーノ(Giorgio Sidney Sonnino)
世界大百科事典
06年と09-10年には短期間ながら首相の座につく。第1次大戦がおこると,15年4月外務大臣として,三国協商側に立って参戦を決意。しかし,パリ講和会議では思惑に
28. ゾラグミス(Dragoumis, Ion)
世界人名大辞典
トラ)の副領事時代[1902-05],マケドニア解放に奔走.第一次大戦中,王党派であったが,三国協商との協力を支持する.政界入りして[15]英仏の内政干渉を非難
29. 大正時代
世界大百科事典
きる。 戦前期 日露戦争後の新しい国際関係の枠組みである三国協商と三国同盟との対立のなかで,日本は日英同盟,日露・日仏協約を通じ三国協商側に属しながら,アジア大
30. たいせんぜんし【大戦前史】 : 第一次世界大戦
国史大辞典
イギリス・ロシア協商が成立し、イギリスは中央アジアでロシアとの勢力範囲の協定調印に成功した。ここに三国協商体制が完成したが、それに反して、ドイツは列強の包囲網の
31. 第1次世界大戦画像
世界大百科事典
と,イギリスは07年8月31日に英露協商を締結することができた。これは第1次大戦前史における三国協商体制の成立を意味する画期的な出来事であるが,さらに巨視的に展
32. 第一次世界大戦画像
日本大百科全書
をとることになる。 以上のいきさつから、大戦がなぜ起こったかを知るためには、戦前の三国同盟や三国協商のあり方を理解することがたいせつであることがわかる。同盟や協
33. だいいちじ‐せかいたいせん【第一次世界大戦】
日本国語大辞典
ドイツ・オーストリア・イタリアの三国同盟と、イギリス・フランス・ロシアの三国協商との対立を背景にヨーロッパを中心としておこった、植民地や勢力範囲の再分割をめぐる
34. だいいちじせかいたいせん【第一次世界大戦】
国史大辞典
イギリス・ロシア協商が成立し、イギリスは中央アジアでロシアとの勢力範囲の協定調印に成功した。ここに三国協商体制が完成したが、それに反して、ドイツは列強の包囲網の
35. 第一次世界大戦史(年表)
日本大百科全書
ダーダネルス海峡のゲリボル半島に上陸1915年(大正4年)4月26日 ロンドン密約調印され、協商国(三国協商)側がイタリアに参戦の代償として南チロールなどを提供
36. だいいちじせかいたいせんとどいつ【第一次世界大戦とドイツ】 : ドイツ
国史大辞典
の反撥を招き、露仏同盟・英仏協商・英露協商が相ついで成立し、独墺伊三国同盟に対抗する英仏露の三国協商の関係が成立した。イタリアも実際にはフランスとの間に地中海協
37. 第三共和政
日本大百科全書
革命的サンジカリズムを信条とする労働者の激しいストライキ運動を抑え、外交面ではイギリス・フランス協商、ついで三国協商を締結し、やがて第一次世界大戦に突入した。戦
38. 東欧史画像
日本大百科全書
カン戦争)。 二つのブロックに分かれて対立していたヨーロッパ列強は、このバルカン戦争に際して三国協商(イギリス・フランス・ロシア)側がバルカン同盟を支援し、中央
39. 東方問題
日本大百科全書
日露戦争後、列強間の対立がふたたびバルカンに舞台を戻し、三国同盟(ドイツ・オーストリア・イタリア)と三国協商(イギリス・フランス・ロシア)との対立として先鋭化し
40. ドイツ画像
世界大百科事典
であった。 戦争と革命 第1次世界大戦の前夜,ドイツ帝国主義は,みずから呼び起こした英仏露の三国協商の包囲体制と激化する軍拡競争のもとで孤立化と危機感を深めた。
41. ドイツ【Germany】
国史大辞典
の反撥を招き、露仏同盟・英仏協商・英露協商が相ついで成立し、独墺伊三国同盟に対抗する英仏露の三国協商の関係が成立した。イタリアも実際にはフランスとの間に地中海協
42. どいつとにほんとのかんけい【ドイツと日本との関係】 : ドイツ
国史大辞典
が結ばれ、以後日独間に外交関係が発展している。ただ日本は日英同盟・日仏協商・日露協商によって三国協商側の一員に加わり、第一次世界大戦勃発時(大正三年(一九一四)
43. 同盟
世界大百科事典
現実の敵ないしは潜在的な敵を前提とする点で本質的に対抗的性格を帯び(たとえば1879年の三国同盟対1907年の三国協商),そのために勢力増強競争を導き緊張を高め
44. ドモフスキ(Roman Dmowski)
世界大百科事典
Narodowy Polskiは,18年1月までに海外におけるポーランドの代表機関たる地位を三国協商国によって承認された。再びドモフスキに活動の場が用意されたの
45. 日仏協約
日本大百科全書
同時にドイツの極東進出を阻止しようとした。本協約は、日英同盟(1902)、日露協約(1907)とともに、英仏露三国協商と独墺(おう)伊三国同盟の対立をアジアにま
46. にちふつきょうやく【日仏協約】
国史大辞典
行うなどの事件も発生した。この日仏接近はさらに日露の提携を促進するとともに、三国協商対三国同盟の対立を極東にも延長することになった。→三国協商(さんごくきょうし
47. 日露協約
世界大百科事典
次世界大戦までの帝国主義の世界支配のなかで自己の地位を確立した。イギリス,フランス,ロシアの三国協商による対ドイツ包囲の体制に日英同盟,日露協約,日仏協約によっ
48. にちろきょうやく【日露協約】
国史大辞典
立している。日露戦争後の国際社会の変動、特にドイツの進出に対するイギリス・フランス・ロシアの三国協商路線は日本とロシアとの国交の安定化を促進し、他方アメリカ・イ
49. にちろせんそう【日露戦争】
国史大辞典
の第一次日露協約以来、この協約の改訂が重ねられてゆくことになる。そしてそれは、日本が英仏露の三国協商の側に結びつく基礎となり、第一次世界大戦で連合国側に参戦する
50. はやしきろく【林毅陸】
国史大辞典
枢密顧問官をつとめた。昭和二十五年十二月十七日死去。七十八歳。『欧洲近世外交史』『三国同盟と三国協商』など多数の著書がある。 [参考文献]内山正熊・石川忠雄編「
「三国協商」の情報だけではなく、「三国協商」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

三国協商と同じ戦争カテゴリの記事
太平洋戦争(日本大百科全書(ニッポニカ))
1941年(昭和16)12月8日、真珠湾攻撃、日本のアメリカ、イギリスへの宣戦布告で始まり、1945年9月2日、日本の降伏文書調印によって終わった戦争。日本の指導者層は大東亜戦争と呼称した。1931年(昭和6)の満州事変に始まる日中十五年戦争の発展であり、日中戦争を重要な一部として含む。
日米交渉(国史大辞典)
日米戦争の回避または延引を目的とした、真珠湾攻撃前約一年間にわたる非公式外交工作および開戦外交交渉。その背景にはヨーロッパからアジア・太平洋地域に伸展した第二次世界大戦に対する日米双方の政・戦略的駆引きが窺われる。なお日本側ではこの日米国交調整工作・交渉をN工作または日米交渉と称し
ナチス(日本大百科全書(ニッポニカ))
国民社会主義ドイツ労働者党Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterparteiの通称。略称はNSDAP。ナチNazi(単数および形容詞)またはナチス(複数)は、ドイツの政敵や欧米の反ヒトラー派がこの党に与えた卑称である。日本では公式の略称としては単数、複数を問わずナチスとよんでいた。
第一次世界大戦(日本大百科全書・国史大辞典・世界大百科事典)
第一次世界大戦(以下、大戦と略記する)は、1914年から1918年まで、計25か国が参加してヨーロッパを主戦場として戦われた戦争である。主要な強国のほとんどすべてを巻き込んでおよそ4年半の長期間に及び、しかも複雑多岐にわたる問題を当初からはらんで行われた戦争の性格を考えて、本項では、以下の構成をとった。
第二次世界大戦(日本大百科全書(ニッポニカ))
第二次世界大戦とは、一般には、1939年9月の英独戦争に始まり、1941年6月の独ソ戦争、同年12月の太平洋戦争を経て、1945年5月ドイツの、同年8月日本の降伏で終わる戦争をいう。この戦争に先だつ第一次世界大戦は、ヨーロッパを舞台とし、1914年8月、ヨーロッパ諸国がイギリス・フランス・ロシアの
戦争と同じカテゴリの記事をもっと見る


「三国協商」は戦争に関連のある記事です。
その他の戦争に関連する記事
オスマン帝国(世界大百科事典・日本大百科全書)
中央アジアから移住したトルコ族によって建国され,西アジア(イランを除く),北アフリカ,バルカン,黒海北岸,およびカフカス南部を支配したイスラム国家。1299-1922年。正称アーリ・オスマンĀl-ı Osman(〈オスマンの家〉の意)
ロシア帝国(世界大百科事典)
18世紀初めから1917年のロシア革命までのロシア。帝政ロシアともいう。正式には1721年にピョートル1世(大帝)が皇帝(インペラートルimperator)の称号をとってから,1917年の二月革命でニコライ2世が退位するまでをいう
ドイツ帝国(世界大百科事典・日本大百科全書)
ドイツで帝制をとった国家は史上2度あり,第1は神聖ローマ帝国(962-1806),第2がビスマルクのドイツ統一により実現したドイツ帝国(1871-1918)で〈第二帝国〉ともいう。ヒトラーのナチス国家(1933-45)もこれに次ぐものとし
ロシア革命(世界大百科事典・日本大百科全書)
20世紀世界史において最も巨大な意義をもった社会変革。マルクス主義者をユーラシア大陸に広がる大国の権力の座につけ,社会主義の名のもとに新しい社会体制をつくり出す一方,反資本主義,反帝国主義の革命運動を全世界に拡大する火元を生み
日英同盟(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
日露戦争前から第一次世界大戦後のワシントン会議直後まで日英間に結ばれていた同盟条約。〔由来〕明治三十一年(一八九八)三月十七日イギリス植民相チェンバレンは、ロンドン駐在の日本公使加藤高明を招き、ロシアの進出に直面する極東の国際情勢について
戦争に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る