ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 志賀直哉
国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

国史大辞典
志賀直哉
しがなおや
一八八三 - 一九七一
大正・昭和時代の小説家。明治十六年(一八八三)二月二十日、宮城県牡鹿郡石巻村(石巻市住吉町一丁目)に生まれた。父直温(なおはる)・母銀の次男だが、兄が前年早世したため、実質上の長子。二歳のとき父母と上京、祖父直道のもとに同居し、祖母留女(るめ)にひきとられ、また祖父の感化を受けて育つ。十二歳で母を失い、義母浩(こう)を迎えた。学習院から東大英文科に進み、のち国文科に転じたが、明治四十三年に退学。その間に、内村鑑三の教えに接し、武者小路実篤・里見〓(山内英夫)らを知り、創作に心を傾け、大学中退の年に実篤らと『白樺』を創刊、第一号に『網走まで』を掲げて、作家の道を踏みだす。以後、自己防衛の本能にもとづくエゴティズムと、事象の底をみとおす鋭いリアリズムに裏うちされた短編を発表、やがて自伝的長編をもくろんで、その一端を、祖母との関係に照準をあてた『大津順吉』(大正元年(一九一二))に具現し、これを『中央公論』に寄せて、注目された。その直後に父との不和が昂じて家を離れ、尾道に赴き、さらに城崎、松江、伯耆(ほうき)大山と居を移しつつ、長編の稿を進めたが、意にまかせず放棄するとともに、創作からも遠ざかった。大正三年秋大山から京都に出て、康子(さだこ)と結婚。初期の作にはほかに『濁った頭』(明治四十三年)、『祖母の為に』(同四十五年)、『クローディアスの日記』(大正元年)、『范の犯罪』(同二年)などがある。結婚後は赤城山・上高地・京都・奈良などを旅し、四年千葉県我孫子におちつく。六年『城の崎にて』ほかで創作を再開。自然との交感、年齢的成長に、父との和解成立という事情も加わって、おのずから調和的な心境を培い、『焚火』(大正九年)、『雨蛙』(同十三年)、『矢島柳堂』(同十四―十五年)などを書く一方、中絶した長編の旧稿を「利用」した『暗夜行路』の構想が次第に熟し、大正十年から昭和三年(一九二八)にかけて、前篇および後篇第四の十五章までを『改造』に掲げた。その間京都へ、ついで奈良へ移住、古美術への関心を深める。プロレタリヤ文学擡頭と戦争末期との二つの創作休止期にはさまれた昭和前期には、十二年の『暗夜行路』完成のほか、身辺の出来事を観照し、あるいは小動物への愛着を語った作が多く、後者は戦後にもひき継がれて、『蜻蛉』(昭和二十三年)、『動物小品』(同四十一年)の刊行をみる。『暗夜行路』完成の翌年、奈良から東京にひきあげ、十八年には梅原竜三郎・小林古径・安田靫彦らの挿画をいれた豪華本『暗夜行路』を出版した。戦後は『世界』創刊号に『灰色の月』(昭和二十一年)を発表、十八年以来の沈黙を破り、日本ペンクラブの会長をつとめ(同二十二―二十三年)、昭和二十七年ヨーロッパを歴遊、各地に美術館を訪れ、マンテーニヤ作「キリスト」に感動した。創作としては『蝕まれた友情』(昭和二十二年)、『実母の手紙』(同二十四年)、『自転車』(同二十六年)、『祖父』『白い線』(同三十一年)など生涯の想い出を多く描いている。昭和四十六年十月二十一日死去。八十八歳。青山墓地に葬られる。『志賀直哉全集』がある。
[参考文献]
須藤松雄『志賀直哉の文学』、安岡章太郎『志賀直哉私論』、進藤純孝『志賀直哉論』、高橋英夫『志賀直哉―近代と神話―』
(遠藤 祐)


日本大百科全書(ニッポニカ)
志賀直哉
しがなおや
[1883―1971]

大正から昭和にかけての代表的小説家。明治16年2月20日、父の赴任地の宮城県石巻(いしのまき)に生まれ、東京の山手(やまのて)の麻布(あざぶ)で育つ。父とは対立、旧相馬(そうま)藩出身の祖父を敬愛し、祖母とは愛憎の起伏甚大であった。学習院時代に武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)、木下利玄(りげん)を知り、生涯の友人となる。内村鑑三その人の影響を受け、新宿角筈(つのはず)の内村の教会に通う。また歌舞伎(かぶき)、娘義太夫(むすめぎだゆう)に熱中、近松、西鶴(さいかく)や泉鏡花などの作品に親しみ、イプセン、ゴーリキー、モーパッサンなどの作品を英訳で読む。東京帝国大学に進んだが中退。1908年(明治41)武者小路らと回覧雑誌を始め、『網走(あばしり)まで』などを書く。学習院下級の里見弴(とん)らや柳宗悦(やなぎむねよし)らの回覧雑誌と合併、10年4月『白樺(しらかば)』を創刊。大正文学の出発点の窓がこの『白樺』により開かれる。
 初期の志賀作品のなかには、『剃刀(かみそり)』『老人』『正義派』『クローディアスの日記』『清兵衛(せいべえ)と瓢箪(ひょうたん)』はじめ多様な技法を用いた客観小説の流れと、自己と肉親および友人をモデルに用いた私小説の流れとが入り交じって展開。さらに『濁つた頭』(1911)などに象徴されるようなキリスト教の戒めと性欲との葛藤(かっとう)を苦しみながら描いた。あくまでも自己内部の自然、その内発性を尊重、大胆に肉体の自然に従い、ときにはアナーキーな要素を含みながらも、自己を制御し、美と倫理との一致を図るべく努めた。1912年(大正1)9月『中央公論』に『大津順吉』を発表、最初の原稿料を得た。この作品にも恋愛を契機として展開する家との戦いがあり、4年前の主人公の体験が下敷きとなっている。のち尾崎一雄がこの小説を読み、大いに感動し、志賀直哉への師事の第一歩となる。
 この年、父との対立がもとで広島県尾道(おのみち)に一時居住、『大津順吉』の延長線上の物語を書こうとするが果たせず帰京。第一創作集は祖母の名をとり、祖母に捧(ささ)げた『留女(るめ)』(1913)で、山手の青年の神経の過敏な短編作品を収録している。1914年、武者小路実篤の従妹勘解由小路康子(かでのこうじさだこ)と家の反対を押し切って結婚、京都や赤城(あかぎ)などにしばらく住む。姦通(かんつう)の問題を心理的に描いた客観小説『范(はん)の犯罪』(1913)などを書き、3年ほど創作を中止、千葉県手賀(てが)沼のほとり我孫子(あびこ)に移住。当時の我孫子には柳宗悦、武者小路、バーナード・リーチや中勘助(かんすけ)なども住み、『白樺』村的雰囲気が濃厚であった。志賀はその生涯において転居二十数回、居住した場所場所に材をとった名作を発表している。
 中期の志賀の創作活動は1917年より再開、城崎(きのさき)温泉での静かな療養生活のなかで、生きることと死ぬことの意味を小動物に托して凝視した心境小説の代表作『城の崎(きのさき)にて』、我孫子生活のなかより生まれた『好人物の夫婦』、講談の伊達(だて)騒動を遠景に置きつつ、ユーモアに満ちた温かい間者(かんじゃ)の心理を描いた『赤西蠣太(かきた)』、長年にわたった父との争いが一挙に和解した直接的な喜びを率直に表明した『和解』などを発表、大正期の代表的な中堅作家となる。またバーナード・リーチ装丁の短編集『夜の光』(1918)を刊行。広津和郎(かずお)の古典的な『志賀直哉論』(『作者の感想』所収・1920)もこの時期に書かれ、見るべきものを正確に見抜く肉眼の作家志賀のイメージが定着した。また『大津順吉』『和解』とは異なった視点より描いた『或(あ)る男、其(その)姉の死』(1920)を唯一の新聞小説として連載。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)も敬服した『焚火(たきび)』には、静かで勁(つよ)く、親愛に満ちた東洋的詩精神が表れている。『真鶴(まなづる)』や『小僧の神様』も大正文学の名短編である。それらの短編群にあわせて、1921年、長編小説『暗夜行路(あんやこうろ)』が『改造』に連載され始め、その前編はひとまず完結したが、後編はすこぶる難渋、幾度もの断絶を繰り返しながらも、37年(昭和12)4月、ついに完結。小林秀雄、河上徹太郎(てつたろう)、谷川徹三らより賛辞が寄せられ、近代文学史上の不朽の名作となる。その間に我孫子から京都、山科(やましな)を経て奈良に転居。『雨蛙(あまがえる)』『山科の記憶』などの短編集を刊行した。『白樺』初期の西洋美術への関心はやがて東洋美術への関心に移行、当時の美術図録としてきわめて著名な『座右宝(ざうほう)』を編集して刊行。これもいわゆる普通の美術史にとらわれず、自己の肉眼による美意識にあくまでも執着したものである。周辺には滝井孝作、尾崎一雄、網野(あみの)菊、直井潔(きよし)、島村利正(としまさ)、藤枝静男、阿川弘之(ひろゆき)らが集まり、「志賀山脈」を成形。しかし、その私小説性や、伊藤整のいう調和的な「人格美学」的ありように対して、太宰治(だざいおさむ)、織田作之助(おださくのすけ)らの反発もあった。第二次世界大戦後は『灰色の月』『朝顔』『山鳩(やまばと)』など簡潔にして奥行の深い短編を発表。その影響の点では近代作家のなかでは随一の存在である。1941年(昭和16)芸術院会員、49年(昭和24)文化勲章受章。熱海(あたみ)から東京・渋谷に居を移し、悠然とした晩年を送り、昭和46年10月21日、88歳で死去。青山墓地に葬られる。
[紅野敏郎]



改訂新版 世界大百科事典
志賀直哉
しがなおや
1883-1971(明治16-昭和46)

大正・昭和期の小説家。宮城県石巻に生まれ,東京山手で育つ。父直温(なおはる)は慶応義塾出身の実業家。直哉に強い影響を与えた祖父直道は旧相馬藩の家臣。長男夭折のため次男直哉は祖母留女(るめ)の手で育てられた。学習院時代より内村鑑三の教会に通い,渡良瀬川の鉱毒事件被害地視察のことより父と対立。また落第したため武者小路実篤らと同級となる。1906年学習院から東大に進んだが中退。武者小路や木下利玄らと回覧雑誌を発行,これが下級の里見弴や柳宗悦らに影響を与え,10年4月《白樺》の創刊となる。直哉の文学の特質は短編小説において十二分に開花,とくに肉親と友人との愛憎を的確に摘出,これを簡潔にして適切な日本語を駆使して描きあげた。不快からはじまり対立,葛藤を経て,調和に至る肉体的,生理的な感情の起伏が作品の基盤となる。初期から中期にかけては,自分の周辺を見つめた作品群と客観小説とが交錯するが,《或る朝》(1908成立,1918発表)から《大津順吉》(1912)を経て《和解》(1917)に至る作品群が前者にあたり,《剃刀》(1910),《正義派》(1912),《清兵衛と瓢簞》《范(はん)の犯罪》(ともに1913),《赤西蠣太(かきた)》(1917),《真鶴(まなづる)》(1920)などが後者にあたる。父との対立が頂点に達したとき尾道に行き,その後も松江などに一時住む。14年には父の反対を押しきって武者小路の従妹の康子(さだこ)と結婚。京都,赤城などにも住み,柳宗悦,武者小路,バーナード・リーチなどとともに手賀沼のほとりの我孫子にも住む。直哉の場合にこのような転居がばねとなり次の作品が作られていく。父と和解した後は《城の崎にて》(1917),《焚火》(1920)など心境小説の名作を発表。《大津順吉》の延長線上の自伝的物語として私小説《時任(ときとう)謙作》に着手したが,父との和解のため変形を余儀なくされ,それが唯一の長編《暗夜行路》(1921-37)となり,構想から数えれば二十数年を費やしてついに完成した。その間我孫子から京都,ついで奈良に移る。内的モティーフを尊重,書きたいもののみを書き,夾雑物を切り捨て,圧縮の美を作り出した肉眼の作家として,広津和郎,芥川竜之介ら同時代作家,および後続作家に絶大な影響を与え,小林秀雄,谷川徹三や滝井孝作,尾崎一雄,網野菊,阿川弘之らに至る志賀山脈を形成した。同時に志賀直哉乗越えの試みが後代の作家の大きな課題となった。晩年は熱海さらに東京渋谷に住み,《山鳩》(1950),《朝顔》(1954)などの一刷けの作品を発表。文体そのままのような清淡な日常生活を送り,88歳の生涯を閉じた。
[紅野 敏郎]

[索引語]
志賀直温 志賀直道 時任(ときとう)謙作 志賀山脈
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
志賀直哉の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2205
検索コンテンツ
1. 島村抱月画像
日本大百科全書
評論家、演出家、初期新劇運動の指導者。明治4年1月10日島根県に生まれる。旧姓佐々山、本名滝太郎。東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)文学科卒業。在学中、
2. 島村抱月[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー
3. 島村抱月
世界大百科事典
1871-1918(明治4-大正7) 評論家,新劇指導者。旧姓佐々山,本名滝太郎。島根県生れ。1894年早稲田大学の前身東京専門学校文学科卒業。坪内逍遥に文学を
4. しまむら‐ほうげつ【島村抱月】
日本国語大辞典
評論家、美学者、英文学者、小説家。島根県出身。旧姓佐々山。本名は滝太郎。東京専門学校の海外留学生としてオックスフォード大学に学び、帰朝後「早稲田文学」復刊と共に
5. しまむらほうげつ【島村抱月】
国史大辞典
[参考文献]『早稲田文学』大正七年十二月号(島村抱月追悼号)、川副国基『島村抱月』、松本克平『日本新劇史』、秋庭太郎『日本新劇史』、角田寿子他「島村抱月」(『近
6. しまむら-ほうげつ【島村抱月】画像
日本人名大辞典
1871−1918 明治-大正時代の劇作家,演出家。明治4年1月10日生まれ。イギリス,ドイツに留学後,明治38年早大教授となる。「早稲田文学」を復刊し,自然主
7. 島村抱月[文献目録]
日本人物文献目録
桐禎子『島村抱月と松井須磨子』片桐禎子『島村抱月と松井須磨子』金茶金十郎『島村抱月と明治美学史』土方定一『島村抱月についての新事実』川副国基『島村抱月の言文一致
8. アインフュールング
日本国語大辞典
〔名〕({ドイツ}Einfühlung )感情移入のこと。*芸術と実生活の界に横はる一線〔1908〕〈島村抱月〉七「またドイツのアインフュールングの論者も言ふ如
9. 秋田雨雀
日本大百科全書
劇場初演)、『埋(うずも)れた春』(1912)で劇作家として認められた。1913年(大正2)島村抱月(ほうげつ)主宰の芸術座に幹事として参加、のち脚本部員となる
10. 秋田雨雀
世界大百科事典
潮》記者となり,《紀念会前夜》(1909),《第一の暁》などで劇作家として認められた。13年島村抱月の芸術座創立に参画,翌年沢田正二郎らと脱退して美術劇場を組織
11. あきた‐うじゃく【秋田雨雀】
日本国語大辞典
劇作家、童話作家。島村抱月に師事して演劇革新運動に参加。のち、社会主義思想に傾いてプロレタリア演劇運動を行なった。戯曲「埋れた春」「国境の夜」など。明治一六~昭
12. あきた-うじゃく【秋田雨雀】画像
日本人名大辞典
明治-昭和時代の劇作家,児童文学作家。明治16年1月30日生まれ。43年戯曲「第一の暁」を発表。島村抱月(ほうげつ)の芸術座に参加。のち社会主義運動にすすみ,「
13. あんちゅう‐もさく【暗中模索・暗中摸索】
日本国語大辞典
転じて、手がかりのないものを、いろいろさぐってみること。暗索。*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉三「斯(か)くて、我が情は闇中摸索の妄飛躍をば嫌へども」*
14. いかん なく
日本国語大辞典
り」(2)(副詞のように用いて)十分に。申し分なく。洩れなく。*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉七「第三期のラファエルは、独逸ドレスデンの画堂にある、サン
15. 生ける屍
日本大百科全書
刑の執行を無効にする。日本では1917年(大正6)10月東京・明治座で芸術座第9回公演として島村抱月らの新脚色で初演した。法橋和彦
16. いまふくむら【今福村】島根県:那賀郡/金城町
日本歴史地名大系
岡本助兼の弟正信が住居を構えていたという。金城カントリークラブゴルフ場北側の小高い丘の上に「島村抱月先生の碑」がある。元谷には島根県畜産開発事業団の経営する今福
17. 「妹山背山」
日本史年表
1906年〈明治39 丙午〉 2・17 坪内逍遥・島村抱月ら、東京芝紅葉館で文芸協会発会式、 「妹山背山」 など上演。
18. い‐るい[ヰ‥]【彙類】
日本国語大辞典
る標準、異なる目的異なる関鏈によりて、異なる彙類を為すこと」*文芸上の自然主義〔1908〕〈島村抱月〉二「シムボリズム、クラシシズム、ロマンチシズムの三名目が哲
19. 岩野泡鳴画像
日本大百科全書
先輩の自然主義作家島崎藤村(とうそん)、田山花袋(かたい)、評論家の長谷川天渓(てんけい)、島村抱月(ほうげつ)などや、反自然主義の夏目漱石(そうせき)一派にも
20. 印象主義画像
世界大百科事典
確固とした一つの流れとなった。印象主義の運動および理論については,黒田,久米のほか,森鷗外,島村抱月らによって紹介され,1910年には,高村光太郎の〈緑色の太陽
21. いん‐めい【印銘】
日本国語大辞典
〔名〕印象を心に深く刻み込むこと。強く感じて忘れられないこと。*文芸上の偽自然主義〔1908〕〈島村抱月〉九「バーテルス(A.Bartels )氏の言を仮りて言
22. いん‐ゆ【引喩】
日本国語大辞典
翅引喩失〓当」*新美辞学〔1902〕〈島村抱月〉二・二・七・六「若し引喩法を分類せんとせば、其の顕に引喩せるものと隠に引喩せるものとを分か
23. いんゆ‐ほう[‥ハフ]【引喩法】
日本国語大辞典
引用部分を明示するものと暗示にとどめるものとがある。→隠引法・引用法。*新美辞学〔1902〕〈島村抱月〉二・二・七・六「引喩法とは古人の成語または故事を挿みて文
24. いんゆ‐ほう[‥ハフ]【隠喩法】
日本国語大辞典
〓直喩法。*新美辞学〔1902〕〈島村抱月〉二・二・七・二「隠喩法とは直喩に反して比喩の比喩たる処を埋没したるものなり」
25. 李光洙 【イーグヮス/りこうしゅ】 이광수
世界文学大事典
だが,過労がたたって結核になり,静養のため帰国した際の7月に釜山で徳富蘇峰を紹介された。また朝鮮巡業中の島村抱月の一行に会ったのもこのころである。18年にも,前
26. うつ‐ぜん【鬱然・蔚然】
日本国語大辞典
其智略は欝然として盛なるものあり、整然として密なるものあり」*文芸上の自然主義〔1908〕〈島村抱月〉四「近世景色画の大家が欝然として一時に競ひ起こった」*劉子
27. うぶかたとしろう【生方敏郎】
国史大辞典
明治十五年(一八八二)八月二十四日生まれる。群馬県利根郡沼田町(沼田市)の出身。早稲田大学英文科卒業。島村抱月門下として『早稲田文学』に拠った。『東京朝日新聞』
28. えいたん‐ほう[‥ハフ]【詠嘆法】
日本国語大辞典
詠嘆の助詞、助動詞を用いたり、疑問文や一語文などの形式をとったりする。*新美辞学〔1902〕〈島村抱月〉二・二・一〇・四「文に勢力あらしめんため又は我が情の極め
29. 演出
日本大百科全書
日本では明治末期の文芸協会や自由劇場による演劇近代化運動の深まりにつれ、坪内逍遙(しょうよう)、島村抱月(ほうげつ)、小山内薫(おさないかおる)らにより近代的演
30. 演出
世界大百科事典
現代に復活させた。 このようなヨーロッパ演劇の影響を受けて,1907年前後から日本でも,坪内逍遥,小山内薫,島村抱月らによって近代的な演出が行われるようになった
31. 演出
世界文学大事典
明確に打ち出していく姿勢が要求されている,といえる。 日本では文芸協会を設立(1906)した坪内逍遥や島村抱月,自由劇場を発足(1909)させた小山内薫,築地小
32. えんのぎょうじゃ【役の行者】
国史大辞典
白雲と化して飛び去る。行者は霊の力、魔神は肉、広足は折衷的近代知性の脆弱さを示し、当時の自然主義、狭くは島村抱月・松井須磨子の恋愛事件の批判をふくみ、作者の「内
33. おがわみめい【小川未明】
国史大辞典
同三十八年早稲田大学英文科卒業。在学中『新小説』に発表した『霰に霙』(同三十八年)で認められた。卒業後島村抱月のすすめにより早稲田文学社に入社『少年文庫』を編集
34. おぐにむら【小国村】島根県:那賀郡/金城町
日本歴史地名大系
五つの郭が遺構として確認でき、徳田氏が居城したといわれている。日本近代演劇の先駆者で、評論家・作家・演出家の島村抱月(旧名佐々山滝太郎)は明治四年一月一〇日小国
35. 小山内薫[文献目録]
日本人物文献目録
小山内建と小山内薫 1‐3』杉野大沢『気の弱い正義漢』小山内徹『近代劇観念の形成 小山内薫と島村抱月』越智治雄『劇場人としての小山内薫氏』北村喜八『作家研究座談
36. おん‐こう[ヲンクヮウ]【温光】
日本国語大辞典
・四「日(ひび)に自然の人を慈しめる温光(ヲンクヮウ)を吸ひ」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉四「一味の温光は、早くほのぼのの夜明けより、人の心の底に通
37. おん‐すう【音数】
日本国語大辞典
〔名〕言語の音や音節の数。*新美辞学〔1902〕〈島村抱月〉二・二・三・六「声音の諸方面中、音位、音度、音長、音数の四を形式美の原理に基づき種々に組み合はせたる
38. おんすう‐りつ【音数律】
日本国語大辞典
有する詩歌や散文の音楽的なリズム。五七調、七五調の類。→韻律(いんりつ)。*新美辞学〔1902〕〈島村抱月〉二・二・三・六「主なる律格〈略〉音数に基づけるもの即
39. か[クヮ]【化】
日本国語大辞典
*自然主義論〔1908〕〈生田長江〉八「抽象的概念を具体化しようと云ふ技巧は」*自然主義の価値〔1908〕〈島村抱月〉三「凡て芸術は客観的でなくてはならぬ、客観
40. かい‐し【開始】
日本国語大辞典
年)〔1898〕九九二条「遺産相続は家族の死亡に因りて開始す」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉二「是れ所謂近世哲学の開始を報ずる声なり」*草枕〔1906
41. かい‐そう[クヮイ‥]【会湊】
日本国語大辞典
〈村田文夫〉前・中「四方の学生会湊し最も文学の盛なる所にして」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉一〇「十九世紀末の文芸は、実に目もあやなる雑多の潮流の会湊
42. かい‐たい【解体】
日本国語大辞典
しもに精強なりし鎌倉政府も僅かに三ケ年に過ぎずして悉く解体し」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉一三「知識は常に感情を手取りにして、解体し殺戮せんとす、是
43. かいとう‐き[クヮイトウ‥]【回頭期】
日本国語大辞典
〔名〕物事の変わるべき時期。転換期。転期。*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉一二「其の回頭期を示したる『第二タンカレー夫人』以来、また一世を動かすべき作な
44. かい‐ひ[クヮイ‥]【回避】
日本国語大辞典
クヮイヒシガタシ」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉一三「神秘的文芸は、退いて十九世紀が集積したる知識より回避せんと欲す」*それから〔1909
45. かい‐もう[クヮイ‥]【晦曚】
日本国語大辞典
〈注〉マックラ)として一朶(いちだ)の黒雲須藤が上に掩ひ累り」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉二「天地いかに晦曚の夜なりとも、此の一線の明白は、曾て消ゆ
46. かがく‐ばんのう[クヮガク‥]【科学万能】
日本国語大辞典
一切の問題は解決できるとすること。科学を最高のものとすること。*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉二「十九世紀の或る部分は、科学万能の旗下に奔趨したれども」
47. かく‐らく[クヮク‥]【郭落・廓落】
日本国語大辞典
〔形動タリ〕(1)広々としたさま。広大なさま。心が広く、からりとしているさま。*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉一四「文芸の奥に、廓落として、広大無辺の天
48. 神楽坂
世界大百科事典
……今でも矢張,賑やかな縁日が立つて〉と記しているが,その縁日と露店のにぎわいは有名であった。その後,島村抱月ら早稲田派の出入りも目だったが,昭和に入ってから盛
49. か‐げん[クヮ‥]【過現】
日本国語大辞典
しらば、又未来をさとるべし。ひっきゃう後生はめんめんさばきか」*囚はれたる文芸〔1906〕〈島村抱月〉三「智によりて過現を照し、情によりて未来を察す」易林
50. かたがみのぶる【片上伸】
国史大辞典
代々地主で庄屋をつとめた片上家に父良・母節の長男として生まれた。早稲田大学文科卒業。坪内逍遙・金子馬治・島村抱月らの教えを受けた。早稲田文学社記者・早稲田大学予
「志賀直哉」の情報だけではなく、「志賀直哉」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

志賀直哉と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「志賀直哉」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
王翬(日本大百科全書・世界人名大辞典・世界大百科事典)
中国、清(しん)代初期の画家。王時敏(おうじびん)、王鑑(おうかん)、王原祁(おうげんき)、呉歴(ごれき)、惲格(うんかく)とともにいわゆる四王呉惲(しおうごうん)の一人。字(あざな)は石谷、号は耕煙外史、烏目(うもく)山人
土方歳三(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八三五 - 六九 幕末・維新期の新撰組副長・幹部。歳蔵とも書く。天保六年(一八三五)武蔵国多摩郡石田村(東京都日野市石田)に出生。生家は石田散薬という家伝薬を副業とする旧家。父義醇、六人兄弟の末子。幼時に父母を失い
新渡戸稲造(日本大百科全書・世界大百科事典)
教育家、農政学者。文久(ぶんきゅう)2年9月1日、盛岡(岩手県盛岡市)に生まれる。東京英語学校を経て、1881年(明治14)札幌農学校卒業。同農学校在学中、内村鑑三らとともに受洗し、キリスト者となる。1883年東京大学に入学するも
中岡慎太郎(日本大百科全書・世界大百科事典)
幕末の討幕派志士。土佐国安芸(あき)郡北川郷(高知県北川村)の大庄屋(おおじょうや)小伝次(こでんじ)の長男。名は道正、初め光次と称し、のち慎太郎と改めた。学問を間崎滄浪(まさきそうろう)に、剣を武市瑞山(たけちずいざん)に学び
高村光雲(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八五二 - 一九三四 明治から昭和時代前期にかけての彫刻家。嘉永五年(一八五二)二月十八日、江戸下谷北清島町(東京都台東区東上野)に生まれる。旧姓は中島、父は兼松。幼名を光蔵といった。文久三年(一八六三)十二歳のとき
人物に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る