ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 石川五右衛門

ジャパンナレッジで閲覧できる『石川五右衛門』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書

改訂新版 世界大百科事典
石川五右衛門
いしかわごえもん
?-1594(文禄3)

安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で,《言経卿記》《豊臣秀吉譜》,アビラ・ヒロン《日本王国記》などによれば凶悪な窃盗である。1594年8月23日親子党類ともに京都三条河原で極刑に処された。出身地には諸説があり一定しないが,河内・丹後・伊賀などの説が有力のようである。
[岩沢 愿彦] 石川五右衛門の実在は疑えないところであるが,〈義賊五右衛門〉の名と人間像が広く定着するにいたったについては,江戸時代の大衆芸能の影響が大きいとされる。浄瑠璃では元禄以前に早くも五段構成の《石川五右衛門》ができており,その後,歌舞伎や浄瑠璃には《釜淵双級巴(かまがふちふたつどもえ)》《金門五山桐》など〈五右衛門物〉と通称される,おびただしい作品群が形成されていった。これをもってしても,歌舞伎や浄瑠璃の舞台で五右衛門の人間像が育成された事実が了解されよう。歌舞伎・浄瑠璃における〈五右衛門物〉は,当初,史実として確認される釜煎りの刑を最終場面に据えて,お家騒動に巻き込まれ義賊に身をやつした五右衛門の苦心を描く構成を基本としたが,やがて歌舞伎の役柄でいう国崩し,つまり天下国家の転覆を狙うスケールの大きな悪人のキャラクターが与えられ,義賊という性格を越えて,より怪奇で魅力的な大盗賊へと変貌した。この場合,豊臣秀吉が五右衛門に対抗する役回りを演じることになるが,いわゆるひきたて役の域をでない。舞台では五右衛門の奇怪さを強調するため,〈からくり〉や〈ケレン〉を駆使した奔放な演出が施された。江戸時代の舞台芸能は,多彩な悪役を活躍させたのを特色とするとされるが,五右衛門という人物は,江戸時代の舞台芸能がそだてるにかっこうの悪役だったのであり,それゆえに精彩を放つ独特の人間像を確立しえたものといえる。
[守屋 毅]

[索引語]
五右衛門物 国崩し(歌舞伎)


新版 日本架空伝承人名事典
石川五右衛門
いしかわごえもん
?‐1594(文禄3)
 安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で、『言経卿記』『豊臣秀吉譜』、アビラ・ヒロン『日本王国記』などによれば凶悪な窃盗である。一五九四年八月二三日親子党類ともに京都三条河原で極刑に処された。出身地には諸説があるが、河内・丹後・伊賀などの説が有力である。
[岩沢 愿彦]
 石川五右衛門の実在は疑えないところであるが、「義賊五右衛門」の名と人間像が広く定着するにいたったについては、江戸時代の大衆芸能の影響が大きいとされる。浄瑠璃では元禄以前に早くも五段構成の『石川五右衛門』ができており、その後、歌舞伎や浄瑠璃には『釜淵双級巴かまがふちふたつどもえ』『金門五山桐』など「五右衛門物」と通称される、おびただしい作品群が形成されていった。これをもってしても、歌舞伎や浄瑠璃の舞台で五右衛門の人間像が育成された事実が了解されよう。歌舞伎・浄瑠璃における「五右衛門物」は、当初、史実として確認される釜煎りの刑を最終場面に据えて、お家騒動に巻き込まれ義賊に身をやつした五右衛門の苦心を描く構成を基本としたが、やがて歌舞伎の役柄でいう国崩し、つまり天下国家の転覆を狙うスケールの大きな悪人のキャラクターが与えられ、義賊という性格を超えて、より怪奇で魅力的な大盗賊へと変貌した。この場合、豊臣秀吉が五右衛門に対抗する役回りを演じることになるが、いわゆるひきたて役の域をでない。舞台では五右衛門の奇怪さを強調するため、「からくり」や「ケレン」を駆使した奔放な演出が施された。江戸時代の舞台芸能は、多彩な悪役を活躍させたのを特色とするとされるが、五右衛門という人物は、江戸時代の舞台芸能がそだてるにかっこうの悪役だったのであり、それゆえに精彩を放つ独特の人間像を確立しえたものといえる。
[守屋 毅]
 かの五右衛門は都にて、昼中はくちゆうに、鑓を三人ならびの手振てぶりを先に立て、その身は乗馬、跡より、挟箱持はさみばこもち沓籠くつかご、歴々の侍と見せて、見分けんぶんにまはり、大盗みの手便てだてをして、仲間に子細あれば、大仏の鐘を撞きならし、これ相図あひづに集まり、おのれは、六波羅の高藪たかやぶのうちにかくれゐて、ここ、夜盗の学校とさだめ、命冥加みやうがのある盗人に、この一通り指南をさせ、前髪立まへがみだち野等のらには、巾着切きんちやくきりを教へ、大胆者には、追剥おひはぎの働きをならはせ、人体じんたいらしき者には、かたりの大事をつたへ、里そだちの者には、木綿きわたを盗ませ、色々四十八手の伝受を印可ゆるしまで、この道執行するこそ、うたてけれ。
 後は、三百余人の組下、石川が掟を背き、昼夜わかちもなく、京都をさわがせ、程なく搦捕からめとられ、世の見せしめに、七条河原に引き出され、大釜に油を焼立たきたて、これに親子を入れて、煎られにける。
 その身の熱さを、七歳になる子に払ひ、とてもがれぬ今の間なるに、一子を、我が下に敷きけるを、見し人笑へば、「不便さに、最後を急ぐ」といへり。「おのれそのわきまへあらば、かくはなるまじ。親に縄かけしむくい、目前の火宅、なほ又の世は火の車、鬼の引肴ひきざかなになるべし」と、これをにくまざるはなし。
本朝二十不孝巻二ノ一「我と身を焦がす釜が淵」

五右 春の詠めを価千金とは小さい譬へ。五右衛門が為にはこの価万両。最早日も西に傾き、誠に春の夕暮の桜も、一入一入。ハテ、麗らかな、詠めぢやなア。
ハテ、心得ぬ。我れを恐れず、この鷹の羽を休めるは。
この鳥は正しく画ける名画の筆勢。しかも白斑。殊に、羽表に記せし文字は
こりや、コレ、たしか此村大炊之助が手跡。ナニ〓〓、「其方、某、かねて申し合はせし通り、久次を囮に四海を掌に握らんと計りしところ、却つて久次、高景が計略に依つて、年来の大望空しく露顕なすものなり。」ムウ、すりや、此村が反逆は顕はれしとな。
ナニ「頼み置き候ふ一儀、某、元は大明十二代神宗皇帝が臣下、宋蘇卿と云ひしもの、本国に一子を残し、日本を覆さんとこの土に渡り、謀叛の企て。今日只今、露顕なし、
例へ空しく相果てるとも、彼の地に残せし忰、我れを慕うて日本へ渡りしと、ほゞ聞けど、未だ対面は遂げず。この忰強猛不敵の生れつき、形見に添へし蘭奢木といふ名香を証拠に、何卒尋ね出だし我が無念を語り、力を合はせ、久吉を討取るべきものなり。
ヤア、すりや、此村大炊之助と云ひしは、我が父宋蘇卿にてありしか。知らぬ事とはいひながら、生死の程も気遣はしく、我れ幼なき時、風波を凌ぎ、この土へ渡りしも、別れし父に対面遂げん為。方々さまよふ其うちに、竹地光秀どのに養育に預り、成長して、名も惟任左馬五郎と呼ばる。竹地氏、仇信長父子を討取り、武将となつて都の地券を許す。これに町人、百姓、諸大名も帰伏をなすも、僅かの日数たゝざるうち、大領久吉の為に滅ぼされ、無念の最期。その恩を受けし我れなれば、光秀どのの吊ひ軍、久吉を討取らんと、討死を止まり、いま、石川五右衛門と名乗り、徘徊なすも、人を語らひ、久吉を討取る手段。所々国々へ別れし、父宋蘇卿も、久次高景が計らひにて、大望顕はれ生死の程も覚束なし。無念なは、これまで心を合はせし此村、父とも又、我れを忰とも、互ひに知らぬ親子の心外。鷹の知らせも、無念の密書。何卒存命あるならば、心一致に亡ぼす計略。おのれ久吉、父の無念に、光秀の恨み。例へ事顕はれ、この身を油で煮られ、肉がとろけ、骨は砕かるゝとも、この無念、晴らさで置かうか。久吉 石川や、浜の真砂は尽くるとも
五右 ヤ、なんと。
久吉 世に盗人の種は尽きまじ。
五右 さては。うぬ。
久吉 順礼に御報謝。
金門五山桐二幕目
しらなみが打と千鳥は音をはつし
編者/評者:呉陵軒可有ら(編)
出典:『誹風柳多留』
編・相印(月)・番号(枚、丁、日):32‐26
刊行/開き:1765~1840年(明和2~天保11)(刊)
伏見城中に忍び入り、太閤を狙ったが、その枕元にあった千鳥の香炉が啼いたため失敗したとの俗伝による。「白波」は緑林白波で盗賊の意。
五右衛門はなまにへの頃一首よみ
編者/評者:初世川柳(評)
出典:『川柳評万句合勝句刷』
編・相印(月)・番号(枚、丁、日):仁‐2
刊行/開き:1763(宝暦13年)(開き)
釜煎り刑に臨んで「石川や浜の真砂子は尽くるとも世に盗人の種は尽くまじ」との辞世を詠んだとされる。


日本大百科全書(ニッポニカ)
石川五右衛門
いしかわごえもん

生没年不詳。安土(あづち)桃山時代の大盗賊。その伝記は明確でないが、一説に遠州(静岡県)浜松の生まれで、初め真田(さなだ)八郎といい、1594年(文禄3)37歳のとき捕らえられ、京都・三条河原で一子とともに釜茹(かまゆで)の刑に処せられたという。盗賊ながら、この空前絶後の極刑に、太閤(たいこう)豊臣(とよとみ)秀吉の命をねらったという巷説(こうせつ)が付加されて有名となり、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)脚本に数多く脚色され、一大系統になった。劇化の最初といわれるのは貞享(じょうきょう)(1684~1688)ごろ松本治太夫(じだゆう)の語った『石川五右衛門』で、浄瑠璃では近松門左衛門作『傾城吉岡染(けいせいよしおかぞめ)』(1712)、並木宗輔(そうすけ)作『釜淵双級巴(かまがふちふたつどもえ)』(1737)、並木正三作『石川五右衛門一代噺(ばなし)』(1767)、若竹笛躬(ふえみ)ら作『木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまのかっせん)』(1789)、歌舞伎では並木五瓶(ごへい)作『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』(1778)をはじめ、『艶競(はでくらべ)石川染』『けいせい稚児淵(ちごがふち)』などがおもな作品である。有名なのは「山門の五右衛門」で知られる『五山桐』で、これを女に書き替えたものに『けいせい浜真砂(はまのまさご)』がある。また『双級巴』と『狭間合戦』をつき混ぜ『増補(ぞうほ)双級巴』の外題で上演されることがある。明治以後も小説や戯曲に多く扱われている。

[松井俊諭]



石川五右衛門[百科マルチメディア]
石川五右衛門[百科マルチメディア]

 役者絵 国立国会図書館所蔵
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
石川五右衛門の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 240
検索コンテンツ
1. 石川五右衛門画像
日本大百科全書
劇化の最初といわれるのは貞享(じょうきょう)(1684~1688)ごろ松本治太夫(じだゆう)の語った『石川五右衛門』で、浄瑠璃では近松門左衛門作『傾城吉岡染(け
2. 石川五右衛門
世界大百科事典
出身地には諸説があり一定しないが,河内・丹後・伊賀などの説が有力のようである。岩沢 愿彦 石川五右衛門の実在は疑えないところであるが,〈義賊五右衛門〉の名と人間
3. いしかわ‐ごえもん【石川五右衛門】
日本国語大辞典
安土桃山時代の伝説的な盗賊。文祿三年(一五九四)京都三条河原で釜煎(い)りの刑に処せられたという。「傾城吉岡染(けいせいよしおかぞめ)」「楼門五三桐(さんもんご
4. いしかわごえもん【石川五右衛門】
国史大辞典
また一説には遠江浜松の生まれで、真田八郎と称したが、河内国石川郡山内古底という医家により、石川五右衛門と改めたともいう。豊臣秀吉は前田玄以(のちの五奉行の一人)
5. 石川五右衞門(いしかわごえもん)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 801ページ
6. いしかわ-ごえもん【石川五右衛門】
日本人名大辞典
?−1594 織豊時代の盗賊。三好氏の家臣石川明石の子とする説,遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松の生まれで前名を真田八郎とする説がある。京都をあらし,豊臣秀吉の
7. いしかわごえもん【石川五右衛門】
日本架空伝承人名事典
に処された。出身地には諸説があるが、河内・丹後・伊賀などの説が有力である。[岩沢 愿彦] 石川五右衛門の実在は疑えないところであるが、「義賊五右衛門」の名と人間
8. 石川五右衛門[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:3件 【逐次刊行物】:1件 『石川五右衛門実記』月之舎秋里『石川五右衛門実伝』柳沢武運三『石川五右衛門 2冊』塚原渋柿『石川五右衛門
9. 石川五右衛門[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
役者絵国立国会図書館所蔵
10. 石川五右衛門(著作ID:90299)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもん 浄瑠璃 
11. 石川五右衛門(著作ID:90335)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもん 辛井山椒(からいさんしょう) 作 勝川春常(かつかわしゅんじょう) 画 黄表紙 天明年間刊?
12. 石川五右衞門處刑 (見出し語:石川五右衞門)
古事類苑
法律部 洋巻 第1巻 754ページ
13. 石川五右衞門百年忌 (見出し語:石川五右衞門)
古事類苑
禮式部 洋巻 第2巻 1435ページ
14. いしかわごえもんもの【石川五右衛門物】
歌舞伎事典
 豊臣時代の盗賊石川五右衛門に取材した人形浄瑠璃・歌舞伎狂言の一系統。五右衛門は文禄三(1594)年京三条河原で釜煎の刑に処せられた。近世初期では、この〈釜煎の
15. 石川五右衛門/新釜〓段しんないぶし(著作ID:1955186)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもん/しんかまいりのだんしんないぶし 浄瑠璃/新内 
16. 石川五右衛門一代記(著作ID:90346)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもんいちだいき 仮名垣魯文(かながきろぶん) 読本 万延元刊
17. 石川五右衛門一代記(著作ID:4370597)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもんいちだいき 合巻 明治
18. 石川五右衛門一代噺(著作ID:90357)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもんいちだいばなし 並木正三一世(なみきしょうざ1せい) 浄瑠璃/義太夫 明和四初演
19. 石川五右衛門実録(著作ID:4360677)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもんじつろく 実録 
20. 石川五右衛門やんれぶし(著作ID:4358237)
新日本古典籍データベース
いしかわごえもんやんれぶし 歌謡 
21. 此下藤吉石川五右衛門/両対談話(著作ID:1124056)
新日本古典籍データベース
このしたとうきちいしかわごえもん/りょうたいだんわ 十返舎一九(じっぺんしゃいっく) 合巻 
22. あ・げる【上・揚・挙】
日本国語大辞典
(アグル)」*俳諧・江戸十歌仙〔1678〕「帳面のしめを油にあげられて〈芭蕉〉 ながるる年は石川五右衛門〈春澄〉」*和英語林集成(初版)〔1867〕「サカナヲa
23. あぜみち‐づたい[‥づたひ]【畔道伝】
日本国語大辞典
口一葉〉六「願ひは何ぞ行きも帰りも首うなだれて畦道(アゼミチ)づたひ帰り来る美登利が姿」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉一三「文吾は、にこり笑ふと、
24. 嵐雛助
世界大百科事典
随一の無類の位にまで上った。叶(かのう)姓を称したが,後には父の名をついで3世小六となる。石川五右衛門や藤原時平が当り役で《時平の七笑》は彼の工夫による。八文字
25. あらしひなすけ【嵐雛助】
歌舞伎事典
三都随一の無類の位にまで上った。叶(かのう)姓を称したが、後には父の名をついで三世小六となる。石川五右衛門や藤原時平が当り役で、《時平の七笑》は彼の工夫による。
26. いがらっ‐ぽ・い【苦辛─】
日本国語大辞典
〔形口〕あくが強く、のどがひりひりするさま。いがらい。えがらっぽい。えがらい。えぐい。*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉一四「一口吸ひ込んだが、厭にい
27. 石川(いしかわ)や浜(はま)の真砂(まさご)はつきるとも世(よ)に盗人(ぬすびと)の種(たね)は尽(つ)きまじ
故事俗信ことわざ大辞典
京都、七条河原で釜茹での刑に処せられた盗賊、石川五右衛門の辞世の歌とされる。 浄瑠璃・釜淵双級巴(1737)下「取らるる油断あればこそ取る盗賊も出来申す。五右衛
28. いち‐まい【一枚】
日本国語大辞典
*或る女〔1919〕〈有島武郎〉前・一九「古藤さんも手紙の上では一枚がた男を上げてゐますわね」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉八「強いといふことは、
29. いと‐つむぎ【糸紡】
日本国語大辞典
これは大きな器械をつかふ故あまりほねおれず毎日十二時間の仕事の中で一時間づつ休みがあり」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉七「静かな伊賀の山里の、村人
30. 浮世親仁形気(浮世草子集) 484ページ
日本古典文学全集
犯した者が落ちて責め苦を受けるという、地獄でも一番底にある地獄。東福寺門前の賀茂川中にある淵。南区東九条。石川五右衛門を釜いりにした釜が流れとどまった所という。
31. うっすら【薄】
日本国語大辞典
〉求婚者の話「一双の黒い眼が、意外の潤みを帯びてぢっと見上げた。顔はうっすらと白かった」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉四「うっすら覚えてる。顔の平
32. 絵本江戸風俗往来 131ページ
東洋文庫
た。江戸では見物料四文が普通で、稀に八文のもあり、外題はお七吉三・お染久松・お半長右衛門・石川五右衛門・女盗賊三島お仙・忠臣蔵などだと、『守貞漫稿』にいう。大正
33. お‐かさね【御重】
日本国語大辞典
重ねること。*雑俳・玉の光〔1844~45〕二「なんでもこい・おかさねもよふできますなア」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉一〇「文吾の小さい掌は、お
34. おぞまし‐さ【鈍─】
日本国語大辞典
〔名〕(形容詞「おぞましい」の語幹に接尾語「さ」の付いたもの)愚かであること。また、その度合。*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉一〇「ほんたうに雨が降
35. おっ‐さん[ヲッ‥]【和尚様】
日本国語大辞典
親しんでいう語。*風流懺法〔1907〕〈高浜虚子〉一力「さうかそれが横河の和尚(オッ)さんかア」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉八「『和尚(ヲッ)さ
36. 改訂 京都民俗志 111ページ
東洋文庫
がある。近松の浄瑠璃にあるお千代半兵衛の碑〔相楽郡精華町祝園〕の破片は神経痛にきくといい、石川五右衛門の碑(下京区大雲院)の破片は手癖の悪い子によいとて煎汁をの
37. かき‐ぬすと【柿盗人】
日本国語大辞典
〔名〕柿の実を盗む者。柿どろぼう。*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉二「『どいつちゃ…柿盗人(ヌスト)、奴盗人(どぬすと)。』大きな声を、真下から鉄砲
38. かぎ‐と・る【嗅取】
日本国語大辞典
*杏の落ちる音〔1913〕〈高浜虚子〉一二「昔の染吉の残骸から堀の芸者の匂ひを嗅ぎ取らうとあせる心持は」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉五「人さへ通
39. かけ‐がわら[‥がはら]【欠瓦】
日本国語大辞典
*売花翁〔1893〕〈斎藤緑雨〉「路傍の欠瓦(カケガハラ)なす事もなくごろちゃらと暮らすと聞き」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉六「懐中(ふところ)
40. かけ‐ら【欠片】
日本国語大辞典
909〕〈北原白秋〉魔睡・十月の顔「ややありて麪包(パン)の破片(カケラ)を手にも取り」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉四「母が泣き顔をして言ひかけ
41. かげ が 射(さ)す
日本国語大辞典
兄の名前を見た時、健三の頭に不図(ふと)又御縫(おぬひ)さんの影(カゲ)が差(サ)した」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉五「杉の葉の吊してある其軒下
42. 影(かげ)が射(さ)す
故事俗信ことわざ大辞典
「兄の名前を見た時、健三の頭に不図(ふと)又御縫(おぬひ)さんの影(カゲ)が差(サ)した」石川五右衛門の生立(1920)〈上司小剣〉五「杉の葉の吊してある其軒下
43. かたおか-にざえもん【片岡仁左衛門(初代)】
日本人名大辞典
のち山下半左衛門の門にはいり,元禄(げんろく)9年(1696)大坂岩井半四郎座の座頭となり,座本もつとめた。石川五右衛門,宿無団七などが当たり役で,敵役の随一と
44. かたひじ 怒(いか)らす
日本国語大辞典
二「短い袴を穿いてからに、肩肱(カタヒヂ)を怒(イカ)らしながら市中を歩いたものですが」*石川五右衛門の生立〔1920〕〈上司小剣〉三「文吾は母の前に片肱怒らし
45. 肩肘(かたひじ)怒(いか)らす
故事俗信ことわざ大辞典
〉二「短い袴を穿いてからに、肩肱(カタヒヂ)を怒(イカ)らしながら市中を歩いたものですが」石川五右衛門の生立(1920)〈上司小剣〉三「文吾は母の前に片肱怒らし
46. 甲子夜話 6 146ページ
東洋文庫
いか望と問へば、世に伝ふる、飛脚を害し金を奪しなど云類、全の虚説。又罪状を白せざれば数端の拷問を受て、石川五右衛門この方のことなり杯云も誕妄。斯人の罪斬罪を脱れ
47. 甲子夜話三篇 3 5ページ
東洋文庫
予が少年の頃より聞憶たり。されば此者一代の名には非らじ。〔四〕籍に続九十八に、世に聞こゆる巨盗、石川五右衛門を釜にて烹殺せしことは、蒲生氏郷の時にして、其釜今尚
48. 甲子夜話続篇 8 255ページ
東洋文庫
否々なり。寺中の僧は勿論、公方様にも御開扉のこと無しと。何かにしてか\る秘物にて坐すや。(一石川五右衛門と云巨盗、世の口牌に存る如く釜烹に成たると云ことは、実事
49. 加波山事件 民権派激挙の記録 272ページ
東洋文庫
一〇一惨酷の度をきわむ栃木の拷問 聞説、豊太閤の石川五右衛門に対する釜湯出の刑、黒田家の紅葉上人に対する鉛の熱湯の刑、幕府の某家臣大賀与四郎に対する竹鋸の刑、加
50. 歌舞伎(演劇)画像
日本大百科全書
えんやはんがん)、羽柴(はしば)秀吉は真柴久吉(ましばひさよし)という名で現れ、その久吉が石川五右衛門と京都の南禅寺で出会ったりする。しかし、これにはそれぞれ理
「石川五右衛門」の情報だけではなく、「石川五右衛門」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

石川五右衛門と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代の武将。本名信繁。昌幸の次男。1586年(天正14)豊臣秀吉の臣となり、94年(文禄3)豊臣信繁の名で従五位下左衛門佐に叙任した。妻は秀吉の奉行大谷吉継の女。のち父昌幸、兄信之とともに徳川家康に臣従したが、関ヶ原の戦いには
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(日本大百科全書(ニッポニカ))
安土桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信の養子。初名は卯松、喜平次、顕景。実父は越後坂戸城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山城の中城で上杉弾正少弼景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「石川五右衛門」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
服部半蔵(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
徳川氏の部将。半三とも書く。石見守,名は正成(まさなり)。父保長(石見守),子の正就(まさなり)(石見守)・正重(伊豆守)兄弟も半蔵(半三)を通称とする。服部氏は伊賀を本国とし,保長のときに三河国に至り徳川(松平)氏の家臣となった
石川五右衛門(世界大百科事典・日本架空伝承人名事典・日本大百科全書)
安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で,《言経卿記》《豊臣秀吉譜》,アビラ・ヒロン《日本王国記》などによれば凶悪な窃盗である。1594年8月23日親子党類ともに京都三条河原で極刑に
与謝野晶子(国史大辞典・日本大百科全書)
一八七八 - 一九四二 明治から昭和時代にかけての歌人・詩人。本名しよう。明治十一年(一八七八)十二月八日、堺県甲斐町(大阪府堺市甲斐町)に生まれる。生家は菓子商駿河屋。父鳳(ほう)宗七・母つねの三女。堺女学校補修科卒。はやくから古典に親しみ
横山大観(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八六八 - 一九五八 明治から昭和時代にかけての日本画家。明治元年(一八六八)九月十八日、水戸城下三ノ町(水戸市城東二丁目)に酒井捨彦の長男として生まれる。幼名秀蔵、秀磨。のち母方の横山家を継ぐ。明治二十二年新設の東京美術学校に入学
山県有朋(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一八三八 - 一九二二 明治・大正時代の政治的、軍事的最高指導者の一人。号、含雪。天保九年(一八三八)閏四月二十二日長州萩城下川島村(山口県萩市川島)の下級武士の家に生まれる。父は有稔、母は松子。幼名は辰之助、小助、小輔。少年期から槍術に励んだ
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る