ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 前田利家

ジャパンナレッジで閲覧できる『前田利家』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

国史大辞典・世界大百科事典・日本大百科全書

国史大辞典
前田利家
まえだとしいえ
一五三八 - 九九
安土桃山時代の武将。犬千代、孫四郎、又左衛門尉。天文七年(一五三八)尾張国愛知郡荒子村(名古屋市中川区荒子町)に前田利春(利昌)の四男として生まれる。幼少のころより織田信長に仕えたが、永禄二年(一五五九)同輩との争いから信長の勘気を蒙り、二年間ほど蟄居した。帰参を許されたのちは美濃斎藤氏、伊勢北畠氏、近江浅井氏、越前朝倉氏や一向一揆勢力などとの戦いに出陣し戦功をたて、赤母衣衆の一人に加えられている。天正三年(一五七五)柴田勝家に越前一国の支配権が与えられた際、利家は不破光治・佐々成政とともに府中三人衆として、勝家を監視する目付役の職を与えられた。天正五年には勝家を総大将とする北国一揆討伐軍に加わり、同九年の馬揃には越前衆として参列するなど、常に勝家に属して行動している。同年八月、信長より能登国を与えられ七尾城に入った。これによって一国支配の大名格となり、佐々・柴田と並んで北陸における織田勢力の領国支配の拠点を形成した。本能寺の変ののち、能登国での勢力回復をはかって挙兵した畠山氏の遺臣や、石動山天平寺の僧徒などの一揆を追討している。天正十一年の賤ヶ岳の戦では、はじめ勝家側に立ったが、羽柴秀吉の誘いに応じて降伏し、加賀討伐の先陣を承った。これによって能登国および加賀半国を与えられ、金沢城に拠った。利家は家臣に知行割を行なって領国支配を固めている。天正十二年の小牧・長久手の戦の際には在国して守備にあたり、翌十三年の秀吉の北国攻めには越中国に出陣し、佐々成政を富山城に破っている。天正十四年三月、上洛して従四位下・権少将に任ぜられ、秀吉が名乗っていた筑前守を受領した。利家は秀吉と尾張時代から親しい間柄にあり、三女の摩阿姫は秀吉の側室となり加賀殿と呼ばれた。四女の豪姫は宇喜多秀家の夫人となるが、生後まもなく秀吉の養女となっている。天正十五年の九州征伐には、羽柴秀次とともに京・大坂の守護にあたり、代わって長男の利勝(利長)が参陣した。天正十八年の小田原征伐では、北関東の松井田城包囲戦に加わり、さらに武蔵国の一部地域に独自の禁制を発布している。また奥州出征の際には、伊達政宗と秀吉との仲介役を果たした。文禄元年(一五九二)の朝鮮出兵では八千人の軍役が課せられ、肥前名護屋に駐留した。同年五月に朝鮮の都が陥落した直後、渡海を急ごうとした秀吉を徳川家康とともに諫止したほか、家康とともに名護屋における過書を発給している。文禄二年明の講和使節渡来の折には、家康らとともに応接にあたっている。文禄三年四月、秀吉は京都の利家邸を公式訪問したが、その折に従三位権中納言になっている。茶会・能会・花見などを通じて秀吉との間柄は親密であった。文禄四年の秀次事件の直後に発布された掟・掟追加は、家康・利家など六名が連署しており、秀吉の宿老として筆頭格の地位にあった。また、秀頼に対して忠誠を誓った起請文を提出しており、傅役としての責任を負わされている。慶長元年(一五九六)秀吉・秀頼父子の参内に供奉し、それを機に従二位権大納言に昇進した。慶長三年四月、家督を利長に譲ったが、秀吉の死に際して後事を託され、利家は大坂城に入って秀頼の後見となった。諸大名と秀頼との間を取り次ぐ役割も果たしている。慶長四年正月には、家康が秀吉の制定した法に違反したとして、家康を譴責する中心的役割を果たしたが、やがて和解した。利家は家康と協力して秀吉死後の体制固めを行うつもりであったが、健康を害しており、同年閏三月三日に大坂城で没した。六十二歳。法名は高徳院殿桃雲浄見居士。墓は金沢市南郊の野田山にある。これによって家康の政治的立場は一段と強まり、利長との対立関係も生じたが、利長の大坂退城によって直接的な危機は回避され、ほどなく関ヶ原の戦を迎えることとなる。
[参考文献]
『寛政重修諸家譜』一一三一、永山近彰編『加賀藩史稿』一、岩沢愿彦『前田利家』(『人物叢書』一三六)、和田文治郎『前田利家公』
(三鬼 清一郎)


前田利家花押
マエダトシイエカオウ
前田利家花押



前田利家印
マエダトシイエイン
前田利家印



改訂新版 世界大百科事典
前田利家
まえだとしいえ
1537-99(天文6-慶長4)

安土桃山時代の武将。加賀藩始祖。犬千代,孫四郎,又左衛門尉,筑前守,加賀大納言と称する。尾張愛知郡荒子に生まれ織田信長に近侍し,1551年(天文20)以来諸征服戦に従軍,59年(永禄2)信長の勘気を受けて蟄居(ちつきよ)したが69年許されて家督を継いだ。赤母衣衆となり,75年(天正3)越前平定後武主(ものぬし)柴田勝家のもとで佐々成政,不破光治と府中三人衆として施政に当たり,81年能登に転封,翌年本能寺の変の後,越中の前線から撤退して石動山天平寺の僧徒や温井,三宅等の反乱を討伐し,翌年賤ヶ岳の戦に従軍したが豊臣秀吉に下った。柴田氏の滅亡後,加賀金沢城主となって越前北ノ庄の丹羽長秀とともに北陸を制する大大名となった。そして85年秀吉の越中征伐後,長男利勝(利長)が越中3郡を領し,ここに北陸の雄藩としての基礎を定めた。

 豊臣氏と前田氏とは織田部将時代の同輩であり,秀吉の室北政所(高台院)と利家の室芳春院とは幼なじみ,しかも三女まあは秀吉の妾,四女豪と六女菊は秀吉の養女という親族同様の関係にあった。秀吉の信頼はとくにあつく,86年筑前守の受領を許され,87年の九州征伐では京都・大坂の守護,90年の小田原征伐には北関東から進撃して奥羽征伐にも従い,92年(文禄1)の文禄の役では名護屋に駐留して徳川家康とともに秀吉の朝鮮渡海を諫止,93年秀頼誕生の後には傅(もり)役に任ぜられ,96年(慶長1)秀吉・秀頼父子の参内に供奉して従二位権大納言に叙任され,豊臣氏に対し重大な責務を負うこととなった。このころ秀吉は前田邸に臨み,また利長は98年従三位権中納言に叙任,秀頼擁護の態勢が固められ,利家は五大老の一員となった。同年秀吉が没すると利家は秀頼とともに大坂城に入って後見し,家康と比肩しうる重鎮として五大老,五奉行の間で重視された。家康と相互に訪問して政局の緩和に努めたが,病に冒され,99年閏3月3日大坂城内で没した。利家の死によって政局は急速に緊迫化し,石田三成の失脚,利長の加賀帰国,関ヶ原の戦の勃発へと展開した。
[岩沢 愿彦]

[索引語]
府中三人衆 豊臣秀吉 芳春院 五大老


日本大百科全書(ニッポニカ)
前田利家
まえだとしいえ
[1538―1599]

安土 (あづち)桃山時代の武将、加賀藩初代藩主。従 (じゅ)二位、権大納言 (ごんだいなごん)。尾張 (おわり)国(愛知県)荒子城主前田利春 (としはる)の次男。幼名犬千代。1551年(天文20)織田信長に仕え、元服して孫四郎、のち又左衛門 (またざえもん)と改めた。青年のころは血気盛んで武勇を誇り、「槍 (やり)の又左衛門」と異名をとった。そのため信長の怒りに触れ、放禄 (ほうろく)されたこともあるが、美濃 (みの)の斎藤征伐、桶狭間 (おけはざま)、姉川 (あねがわ)、長篠 (ながしの)など、信長の主要な戦争に従軍して功をあげ、2450貫の荒子城主から近江 (おうみ)国(滋賀県)長浜、越前 (えちぜん)国(福井県)府中に進出、さらに81年(天正9)には能登 (のと)国(石川県)七尾 (ななお)城主となり、能登一国23万石余を領有した。その翌年、本能寺の変で信長が急死し、羽柴 (はしば)秀吉と柴田勝家 (しばたかついえ)との抗戦となるや、巧みに対処して秀吉につき、柴田氏の滅亡後、加賀国2郡を加増されて尾山城(金沢市)に移った。84年小牧の役には、徳川家康に応じて越中 (えっちゅう)国(富山県)から進寇 (しんこう)した佐々成政 (さっさなりまさ)を末守城で破り、越中4郡のうち3郡を加増された。90年(天正18)の小田原征伐に参戦、奥羽検地に参与し、文禄 (ぶんろく)の役には肥前国(佐賀県)名護屋 (なごや)に在陣した。のち五大老の一人として秀頼 (ひでより)の哺育 (ほいく)に任じたが、98年(慶長3)秀吉の病死後、台頭する家康と反家康派の間にあって両者の協調に努めた。しかし翌年閏 (うるう)3月3日病死。晩年は老練、温厚で人望厚く、領内では優れた治績を残し、加賀藩の基礎をつくった。

[若林喜三郎]



前田利家[百科マルチメディア]
前田利家[百科マルチメディア]

「前田利家画像」 東京大学史料編纂所所蔵模写(部分)©東京大学史料編纂所
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
ジャパンナレッジの利用料金や
収録辞事典について詳しく見る

前田利家の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 850
検索コンテンツ
1. 前田利家画像
日本大百科全書
安土あづち桃山時代の武将、加賀藩初代藩主。従じゅ二位、権大納言ごんだいなごん。尾張おわり国(愛知県)荒子城主前田利春としはるの次男。幼名犬千代。1551年(天文
2. 前田利家
世界大百科事典
1537-99(天文6-慶長4) 安土桃山時代の武将。加賀藩始祖。犬千代,孫四郎,又左衛門尉,筑前守,加賀大納言と称する。尾張愛知郡荒子に生まれ織田信長に近侍し
3. まえだ‐としいえ【前田利家】
日本国語大辞典
安土桃山時代の武将。加賀藩前田家の祖。幼名犬千代、のち羽柴筑前守・加賀大納言などと称した。初め信長に従って桶狭間の戦いなどに武功を挙げた。賤ケ岳の戦いでは柴田勝
4. まえだとしいえ【前田利家】画像
国史大辞典
[参考文献]『寛政重修諸家譜』一一三一、永山近彰編『加賀藩史稿』一、岩沢愿彦『前田利家』(『人物叢書』一三六)、和田文治郎『前田利家公』 (三鬼 清一郎)
5. まえだ-としいえ【前田利家】
日本人名大辞典
1538−1599 戦国-織豊時代の武将。天文(てんぶん)7年生まれ。前田利昌(としまさ)の4男。加賀金沢藩主前田家の祖。はじめ織田信長につかえる。天正(てんし
6. 前田利家[文献目録]
日本人物文献目録
荒子尋常高等小学校(編刊)『前田利家』岩沢愿彦『前田利家と豊太閤密像』和田文次郎『前田利家の津軽巡検に就て』森林助『前田利家の羽柴姓と当地方の史実について』鈴木
7. 前田利家[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
前田利家画像」 東京大学史料編纂所所蔵模写(部分)©東京大学史料編纂所
8. 前田利家印[図版]画像
国史大辞典
利家長寿 利家 万善 (c)Yoshikawa kobunkan Inc. 
9. 前田利家花押[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc. 
10. 前田創業記(著作ID:1716490)
新日本古典籍データベース
まえだそうぎょうき 前田利家記 河内山昌実(こうちやままさざね) 雑史 延宝三自序
11. まえだ-としいえの-つま【前田利家妻】
日本人名大辞典
⇒芳春院(ほうしゅんいん)(2)
12. 細川忠興諫前田利家 (見出し語:細川忠興)
古事類苑
人部 洋巻 第2巻 277ページ
13. あいかみむら【相神村】石川県:羽咋郡/富来町
日本歴史地名大系
ある。弥伝次は十村役上島家のことで、江戸時代初期に上島弥五郎が前田利家に仕えて一四〇俵を扶持され(天正一〇年一〇月一一日「前田利家宛行状案」能登国古文書)、延宝
14. あいち戦国姫隊[新語流行語]
イミダス 2018
」、信長の側室「吉乃(きつの)」、豊臣秀吉の正室「おね」、徳川家康の生母「於大(おだい)」、前田利家の正室「まつ」の6人。名古屋市で人気を集める「名古屋おもてな
15. あいづせいばつ【会津征伐】
国史大辞典
後の政局を有利に展開し、かつ石田三成一党を挑発することにあったといわれる。家康は豊臣秀頼の傅前田利家が没する(同四年閏三月三日)と大坂城二ノ丸に入り、口実を設け
16. あおじょうあと【阿尾城跡】富山県:氷見市/阿尾村
日本歴史地名大系
天正八年三月一六日には信長より知行安堵の朱印状(菊池家文書)を与えられている。その後佐々成政に属したが、成政が前田利家と戦うと、同一三年ひそかに前田氏に通じ、成
17. あおやま-よしつぐ【青山吉次】
日本人名大辞典
織豊-江戸時代前期の武将。天文(てんぶん)11年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。織田信長に,のち前田利家(としいえ)につかえ,各地を転戦。戦功により,1万
18. あかうらむら【赤浦村】石川県:七尾市
日本歴史地名大系
[現]七尾市赤浦町 赤浦潟を挟んで松百村の南西に位置する。天正一二年(一五八四)一一月一八日の前田利家網申付状(浦辺文書)の宛所に「赤浦百姓中」とあり、慶長五年
19. あかくらやま【赤蔵山】石川県:羽咋郡/志雄町/原村
日本歴史地名大系
シ山などでも礎石群が確認されている。天正一〇年(一五八二)五月、検地から寺家屋敷を除くという前田利家の命が赤蔵山に伝えられており(同月三日「高畠定吉書状」遺編類
20. あかざしやかたあと【赤座氏館跡】福井県:南条郡/今庄町/今庄村
日本歴史地名大系
領したことが知られる。慶長五年(一六〇〇)の関ヶ原合戦には西軍に属し、敗戦によって流浪した。しかし翌六年、前田利家に二千石で召抱えられ、永原と姓を改め加賀に移っ
21. あかつちむら【赤土村】石川県:金沢市/旧石川郡地区
日本歴史地名大系
天正一四年(一五八六)佐那武明神社(現大野湊神社)の再興にあたり、尽力すべき村々を書上げた同年正月二二日の前田利家印判状(大野湊神社文書)に村名が載る。正保郷帳
22. あさのがわ【浅野川】石川県:金沢市
日本歴史地名大系
〔架橋と管理〕城下での橋は大橋と小橋の二つがあった。大橋は轟の橋ともよんだと伝える。文禄三年(一五九四)前田利家が犀川大橋とともに町人の架橋願を許したのが史料上
23. 浅野長政
世界大百科事典
)常陸のうちで5万石を与えられた。長政は姻戚出身の奉行として豊臣氏に信任されたが,その立場は前田利家や徳川家康に近く,石田三成や増田長盛らの集権化を志向する吏僚
24. 浅野幸長
世界大百科事典
内で16万石を領知,同年文禄の役で朝鮮に従軍,95年豊臣秀次事件に連座して能登に流されたが,前田利家らの救解で罪を免れ,97年(慶長2)再度朝鮮に従軍,西生浦つ
25. あさのよしなが【浅野幸長】画像
国史大辞典
であったために、嫌疑を受けたとする説の方が事実に近いらしい。また罪が軽微であったのは、かつて前田利家の五女と婚約した関係上、利家と北政所(秀吉室)との尽力があっ
26. あさひやまじょうあと【朝日山城跡】石川県:金沢市/旧河北郡地区/朝日村
日本歴史地名大系
の拠る朝日山城を攻撃し、敵の鉄砲に苦しんでいる様子を家臣の吉江景資に報じている。同一二年八月前田利家は村井長頼・高畠定吉らを派遣、城を修築して越中の佐々成政に備
27. あしくらじあと・ちゅうぐうじあと【芦峅寺跡・中宮寺跡】富山県:中新川郡/立山町/芦峅寺村
日本歴史地名大系
同一六年一一月晦日には前田利家〓堂に一〇〇俵を寄進、立山仲宮寺の衆徒社人中に寺務・諸堂の修理・勤行の励行を申渡している(「前田利家寄進状」成巽閣蔵)
28. あしくらじむら【芦峅寺村】富山県:中新川郡/立山町
日本歴史地名大系
復興して寺領を安堵し、衆徒に祈祷などの宗務を精励させた。その後、加賀・能登・越中を支配することとなった前田利家も天正一六年(一五八八)に〓堂に一〇〇俵の地
29. あそだむら【浅生田村】石川県:鳳至郡/門前町
日本歴史地名大系
[現]門前町浅生田 浦上村の西、浦上川支流の谷間山地に立地。天正一〇年(一五八二)一〇月九日の前田利家黒印状(本郷文書)に「櫛比八ケ之内(中略)阿さう田」とみえ
30. あたごじんじゃ【愛宕神社】富山県:小矢部市/今石動町/山畠分
日本歴史地名大系
であった秋葉社を合祀した。上越前町西裏の愛宕寺は、天正一三年石動山天平寺(現石川県鹿島町)と前田利家が和睦した際に、人質の代りに差出された伊須流岐比古神社の本地
31. 安土桃山時代
世界大百科事典
ろを銃撃し,さらに2万人の男女を柵内に押しこめ,ことごとく焼き殺した。76年の越前一揆では,前田利家が多数の門徒に対して磔,釜ゆでなど残虐な処刑を行った。この事
32. 安土桃山時代(年表)
日本大百科全書
『錦繍段』成る。足利義昭没(61)1598(慶長3)8月秀吉没(63)1599(慶長4)3月前田利家没(62)1600(慶長5)3月オランダ船リーフデ号、豊後に
33. あなまち【穴町】石川県:金沢市/金沢城下/第五連区
日本歴史地名大系
書上(「片岡孫作筆録」加越能文庫)に「古江伊左衛門上地町 穴町ト云」とみえる。古江伊左衛門は前田利家の時代からの藩臣古江氏の二代目(「加陽諸士本末系譜略記」同文
34. あなみずじょうあと【穴水城跡】石川県:鳳至郡/穴水町/川島村
日本歴史地名大系
支配権が前田利家にゆだねられ、以後当城は利家の管理下に置かれた。同一一年八月二九日には利家が諸橋六郷の百姓中に城普請として竹二〇〇束・板六〇枚および人足の出役を
35. あぼうとうげ【安房峠】長野県:南安曇郡/安曇村/大野川村
日本歴史地名大系
金森長近に攻められて信州へ落ちのびて来た時利用した峠であり、また、慶長三年(一五九八)加賀の前田利家が宿痾を治すために上州草津温泉に湯治に通った峠でもある。安房
36. あらこじょうあと【荒子城跡】愛知県:名古屋市/中川区/荒子村
日本歴史地名大系
今ハ畑ニ成ル」と記される。前田利家の祖父利隆は荒子村を領し、父利昌は荒子城に住し、二千貫文の地を領した。兄利久は利昌を継いで当城に住したという(寛政重修諸家譜)
37. あらやまとりであと【荒山砦跡】富山県:氷見市/小滝村
日本歴史地名大系
率いて越後より軍船で氷見海岸に上陸し、天平寺の僧らと図り荒山砦の築城を行ったという。同年六月二四日の前田利家書状(加越能文庫)によると、温井氏らは越後勢を伴い、
38. あらやまとりであと【荒山砦跡】石川県:鹿島郡/鹿島町/芹川原山分
日本歴史地名大系
契機に能登への入国を促し、前田利家への反乱蜂起を勧めたことに始まるという。温井氏らは六月二三日の夜半に石動山へ上り、衆徒らと謀って荒山に要害を構え始めた。一方そ
39. あらやまむら【荒山村】石川県:金沢市/旧河北郡地区
日本歴史地名大系
領内北部の丘陵にある荒山城跡には九つの平坦面が残る。佐々成政が天正一一―一二年(一五八三―八四)の前田利家との加越国境での争乱の際に用いた砦であるという(三州志
40. あらやむら【荒屋村】石川県:金沢市/旧河北郡地区
日本歴史地名大系
[現]金沢市荒屋町 金市新保村の北に位置。天正一四年(一五八六)前田利家の黒津舟権現(現内灘町)の再建を命じた村々のなかに村名がみえる(同年正月二二日「前田利家
41. あらやむら【荒屋村】石川県:鳳至郡/門前町
日本歴史地名大系
寄進している(永徳二年一〇月「総持寺新寄進田地目録」総持寺文書ほか)。天正一〇年(一五八二)一〇月一〇日の前田利家判物(能登国古文書)によれば、利家は「本郷あら
42. あわがさきむら【粟崎村】石川県:金沢市/旧石川郡地区
日本歴史地名大系
旧記)。天正一四年(一五八六)前田利家は河北郡黒津舟権現(現内灘町)を再興するため、当村のうち二町歩を寄進し、その再興の協力を命じている(同年正月二二日「前田利
43. あわぐらむら【粟蔵村】石川県:輪島市/旧町野町地区
日本歴史地名大系
天正年間(一五七三―九二)長連竜のもとで越後黒滝城主長景連の進攻を阻止したと伝え、同一〇年には前田利家から五〇俵の扶持米を与えられている(貞享二年「加能越里正由
44. 安中[市]
世界大百科事典
中氏の築城後,武田氏,後北条氏が大改修を加えた。1590年(天正18)4月20日,上杉景勝,前田利家らの東山道軍の攻撃の前に,大導寺政繁らの城兵は降伏した。峰岸
45. あんようじむら【安養寺村】石川県:石川郡/鶴来町
日本歴史地名大系
これは当地付近に所在したと思われる通玄寺(現京都市右京区の曇華院)末寺と考えられる。慶長三年(一五九八)の前田利家宛行状(小幡文書)に村名がみえ、一千二八三俵余
46. いいだまち【飯田町】石川県:珠洲市
日本歴史地名大系
天正一一年(一五八三)七月八日に前田利家は、飯田などの四ヵ村の堂宇を破却し、府中(現七尾市)まで漕運するよう穴水・南北(現穴水町)百姓中に命じている(「前田利家
47. いえひさむら【家久村】福井県:武生市/旧丹生郡地区
日本歴史地名大系
[現]武生市家久町 日野川左岸を流れる支流吉野瀬川に沿う。東部を北陸街道が走る。天正九年(一五八一)八月六日付前田利家墨印状(木村家文書)に「大井村」とあるのが
48. いおうじ【医王寺】埼玉県:入間郡/越生町/上野村地図
日本歴史地名大系
吉の小田原北条氏攻めの際、松山城(現吉見町)を攻めていた前田利家から、当寺に対し軍勢による違乱を行わないとの禁制を得ている(「前田利家禁制」寺蔵文書)。慶安二年
49. いおりむら【庵村】石川県:七尾市
日本歴史地名大系
天正一〇年(一五八二)七月三日、前田利家が「いほり村」の高橋氏に石かき(懸)跡職の田地と網の権利を与えており、同日芝草屋五郎左衛門尉跡職の田地を当村惣百姓中の支
50. いかけやま【伊掛山】石川県:七尾市/庵村
日本歴史地名大系
。古くは居掛山・伊影山・木綿懸山・笈掛山・笊籬山・鋳懸山などと記した。天正一〇年(一五八二)前田利家は温井景隆・三宅長盛らと連合した石動山衆徒を打破り、戦禍を避
「前田利家」の情報だけではなく、「前田利家」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

前田利家と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「前田利家」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
趙之謙(岩波 世界人名大辞典・日本大百科全書)
中国清の金石家,書画家.紹興(現,浙江紹興)の人.挙人 [1859:咸豊9].紹興の富裕な家に育ったが,少年の頃に家運が翳り,困苦を味わうことが多くなった.30歳の頃に太平天国軍が江南地方をかけめぐり,戦禍がおびただしくなると,知人の丁令威の招きに
以心崇伝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五六九 - 一六三三 江戸時代前期の臨済宗の僧侶。金地院崇伝・伝長老ともいわれる。足利義輝の臣一色秀勝の子で、足利氏が滅亡したのち、南禅寺に赴いて玄圃霊三に師事した。醍醐の三宝院に学んだこともあるが、のちに南禅寺金地院の靖叔徳林についてその法をついだ
徳川斉昭(国史大辞典・世界大百科事典)
一八〇〇 - 六〇 江戸時代末期の常陸国水戸藩主。第七代治紀(武公)の三男。母は烏丸資補の女。幼名敬三郎。はじめ紀教(のりたか)のちに斉昭。兄の第八代藩主斉脩(なりのぶ、哀公)の嗣子となる。字は子信、号は景山・潜竜閣。夫人は有栖川宮織仁親王女吉子
渋沢栄一(国史大辞典・世界大百科事典)
一八四〇 - 一九三一 近代日本の指導的大実業家。その生涯は、(一)天保十一年(一八四〇)二月から明治六年(一八七三)五月までの在郷および仕官時代、(二)明治六年六月から同四十二年五月までの主として実業界の指導に力を注いだ時代、(三)明治四十二年六月
徽宗(世界大百科事典)
中国,北宋第8代の皇帝。在位1100-25年。姓名は趙佶(ちようきつ)。第6代皇帝神宗の第11子。母はその侍御陳氏。兄の第7代皇帝哲宗の病死後,向太后(しようたいこう)(神宗の皇后)の支持をうけて帝位についた。太后摂政中は,新(革新政策)
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る