ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 佐々木小次郎

ジャパンナレッジで閲覧できる『佐々木小次郎』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本架空伝承人名事典・世界大百科事典・日本大百科全書

新版 日本架空伝承人名事典
佐々木小次郎
ささきこじろう
?‐1612(慶長17)
 安土桃山時代から江戸初期の剣豪。幼名は九三郎といわれ、巌流とも称した。出身は越前国とも、周防国ともいわれる。幼い頃から富田流剣法の中興の祖である富田勢源に剣法を学び、長じて諸国を武者修行の末、「物干し竿」といわれる長太刀で「燕返し」という秘剣を編み出した。女性の舞い姿にヒントを得たともいわれる剣で、刃先を反転させて、燕の尾のように振り抜き、一瞬に相手の首を切るというものであった。一六一二年四月一三日に巌流島(船島)で宮本武蔵と立ち合った時、小次郎は一八歳から二〇歳の青年だったといわれるが、諸説がある。武蔵との決闘の原因は、小次郎が以前に播磨国で新免無二斎と争い、無二斎を討って出奔、その子である新免(宮本)武蔵と闘ったと伝えられる。また、武蔵の挑戦には、当時仕えていた豊前小倉藩主の細川忠興の許しを得て闘ったともいわれる。講談の世界では、当時の小次郎は白髪頭の七〇歳の老人だったという講釈もあり、近年には武蔵が去った後に小次郎が蘇生したが、武蔵の弟子たちに殺されたという説も出されている。
 一九四九年(昭和二四)に『朝日新聞』夕刊で連載が始まった村上元三の『佐々木小次郎』は、戦後初めて新聞に連載された時代小説であった。そこで村上が造影した小次郎像は、ストイックな求道者吉川英治が描いた宮本武蔵像に対し、戦後派の活気を体現したエピキュリアン的な美貌の青年剣士であった。戦後の占領体制化において、時代小説は封建制礼讃の書とされたが、『佐々木小次郎』はその緩和期に生れ、時代小説の楽しさを再認識させたのである。北九州市小倉の手向山の山頂にある小次郎碑には、「小次郎の 眉涼しけれ つばくらめ」という村上元三の一句が、深く刻まれている。
宮本武蔵
[田辺 貞夫]


改訂新版 世界大百科事典
佐々木小次郎
ささきこじろう

剣客。生没年不詳。小説や映画で宮本武蔵と決闘することで有名であるが,実像には不明な点が多い。流名が〈巌流(がんりゆう)〉であるところから,小次郎のことを巌流とも呼ぶ。越前国浄教寺(一説に周防(すおう)国岩田)の生れで,中条流の名人富田勢源(とだせいげん)の高弟というのが通説である。中条流は小太刀を使うので,勢源は1尺5寸の小太刀を使ったが,小次郎には3尺余りの大太刀を持たせて訓練した。そのため小次郎は〈物干ざお〉と異名をとる大太刀を使うようになったという。その後勢源のもとを退き,一流を立てて巌流と号し,諸国武者修行の旅に出た。豊前の小倉藩で剣術教授にあたっていたが,1612年(慶長17)4月,宮本武蔵と巌流島で闘い敗れたとされる。江戸時代の講談や芝居では,武蔵の敵役として老年剣客であったり,武蔵が父の敵として小次郎を討つ物語となっていたが,吉川英治の《宮本武蔵》や村上元三の《佐々木小次郎》以来,長剣〈物干ざお〉を背負い,〈燕返し〉の秘剣を使う,さっそうとした青年美剣士となっている。
[中林 信二]

[索引語]
宮本武蔵 巌流


日本大百科全書(ニッポニカ)
佐々木小次郎
ささきこじろう
[?―1612]

近世初期の剣客。その伝は明らかではないが、越前 (えちぜん)朝倉氏の本拠一乗谷 (いちじょうだに)に近い浄教寺 (じょうきょうじ)村の出身と伝え、幼少より剣を好み、中条 (ちゅうじょう)流の富田勢源 (とだせいげん)、あるいは勢源の弟子鐘捲自斎 (かねまきじさい)の門に学んだという。のち諸国を歴遊し、いわゆる燕 (つばめ)返しの秘剣を案出して一流をたて、巌流 (がんりゅう)を称し、小倉 (こくら)藩主細川忠興 (ただおき)に仕えた。1612年(慶長17)関門海峡にある船島(俗に巌流島)で、3尺余の太刀 (たち)を振るって宮本武蔵 (むさし)(29歳)と勝負を争い、敗死したと伝えられている。なおこの一件の背景なども不分明で、疑問の多い人物ではある。

[渡邉一郎]

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
佐々木小次郎の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 43
検索コンテンツ
1. 佐々木巌流[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:0件 【逐次刊行物】:1件 『佐々木小次郎の墓』谷口吉郎
2. 佐々木小次郎
日本大百科全書
近世初期の剣客。その伝は明らかではないが、越前えちぜん朝倉氏の本拠一乗谷いちじょうだにに近い浄教寺じょうきょうじ村の出身と伝え、幼少より剣を好み、中条ちゅうじょ
3. 佐々木小次郎
世界大百科事典
り,武蔵が父の敵として小次郎を討つ物語となっていたが,吉川英治の《宮本武蔵》や村上元三の《佐々木小次郎》以来,長剣〈物干ざお〉を背負い,〈燕返し〉の秘剣を使う,
4. ささき‐こじろう【佐々木小次郎】
日本国語大辞典
江戸前期の剣客、兵法者。巖流(岸柳=がんりゅう)と号した。越前国足羽郡浄教寺村(福井市浄教寺町)の小太刀の名人、中条流宗家富田勢源(とだせいげん)の家人といわれ
5. ささき-こじろう【佐々木小次郎】
日本人名大辞典
?−1612 織豊-江戸時代前期の剣術家。越前(えちぜん)(福井県)の人という。鐘捲(かねまき)自斎に富田流をまなび,武者修行で燕(つばめ)返しの剣法をあみだす
6. ささきこじろう【佐々木小次郎】
日本架空伝承人名事典
う説も出されている。 一九四九年(昭和二四)に『朝日新聞』夕刊で連載が始まった村上元三の『佐々木小次郎』は、戦後初めて新聞に連載された時代小説であった。そこで村
7. あかさかむら【赤坂村】福岡県:北九州市(旧豊前域)/小倉北区
日本歴史地名大系
宮本山ともいう。山頂に承応三年(一六五四)伊織が建立した宮本武蔵の碑がある。慶長一七年(一六一二)佐々木小次郎と決闘を行った巌流島(現山口県下関市)に向け建てた
8. 稲垣浩
日本大百科全書
949)俺は用心棒(1950)群盗南蛮船(1950)佐々木小次郎(1950)続佐々木小次郎(1951)海賊船(1951)完結 佐々木小次郎 巌流島決闘(1951
9. 巌流島
世界大百科事典
。東端に灯台がある。《西遊雑記》や《有方録》によると,1612年(慶長17)宮本武蔵と巌流佐々木小次郎が決闘した島といわれ,講談,小説,芝居などで広く知られてい
10. 巌流島決闘十番勝負[新語流行語]
イミダス 2018
江戸時代初期の剣豪、宮本武蔵 と佐々木小次郎の決闘400周年を記念して、山口県下関市の巌流島で2012年4~11月にかけて開催されたイベント。山口県、下関市、
11. きのした-じかい【木下二介】
日本人名大辞典
河井寛次郎に陶芸を,矢野橋村に日本画をまなぶ。昭和10年代から挿絵を手がけ,戦後村上元三「佐々木小次郎」,山岡荘八「徳川家康」,五味康祐「柳生武芸帳」などの時代
12. 小次郎
日本大百科全書
佐々木小次郎
13. ささき-がんりゅう【佐々木巌流】
日本人名大辞典
佐々木小次郎(ささき-こじろう)
14. さすが【流石・遉・有繋】
日本国語大辞典
さすがにわ上臈は、常磐腹に三男、毘沙門の沙の字をかたどり、おん名をも沙那王殿と付け申す」*佐々木小次郎〔1949~50〕〈村上元三〉秋霜剣「またたく間に四人を倒
15. 時代劇映画
世界大百科事典
呼び,大曾根辰夫監督,阪東妻三郎主演《影法師》二部作(1950)や稲垣浩監督,大谷友右衛門主演《佐々木小次郎》三部作(1950-51)がチャンバラの魅力を見せた
16. 大衆文学
日本大百科全書
たが、その一方で風俗小説が迎えられ、中間小説が人気の焦点となる。しかし村上元三げんぞうの『佐々木小次郎』を皮切りとして、夕刊紙の時代小説も復活し、吉川英治『新・
17. 大衆文学
世界大百科事典
泰次郎らもふくめて風俗小説の黄金時代をつくる。占領当初は抑圧されていた時代小説も村上元三《佐々木小次郎》(1950-51)あたりから隆盛に向かう。吉川英治《新平
18. 中村雀右衛門[人間国宝の歌舞伎役者の女形、死去]
イミダス 2018
離れ、戦後は女形に転向。48年七代目大谷友右衛門を襲名した。50年にデビュー作の初主演映画「佐々木小次郎」が大ヒットし、映画俳優として活躍。55年に歌舞伎界に復
19. なかむら-じゃくえもん【中村雀右衛門(4代)】
日本人名大辞典
6代大谷友右衛門の養子。昭和2年初舞台。戦後女方に転向し,23年7代大谷友右衛門を襲名。「佐々木小次郎」などの映画にも出演。一時関西で活躍したのち,39年歌舞伎
20. 彦島
世界大百科事典
関門トンネル(鉄道)の入口が江ノ浦にある。なお,島の東端弟子待(でしまつ)は,東にある巌流島での決闘のとき,佐々木小次郎の弟子が待機していたところという伝えがあ
21. 船島
日本大百科全書
には23人の住民がいたが現在は無人島。1612年(慶長17)宮本武蔵むさしと巌流がんりゅう佐々木小次郎決闘の島と伝えられ、巌流島ともよばれる。近年、市が巌流島憩
22. 宮本武蔵
世界大百科事典
の試合に一度も負けなかったといわれる。最後の試合は1612年(慶長17)武蔵29歳のとき,佐々木小次郎との巌流島の決闘であったらしい。30歳以後は,ひたすら剣理
23. 宮本武蔵
世界大百科事典
体験するところから始まり,沢庵を導師として人間的に開眼,剣禅一如の境地を求めて歩みつづけ,佐々木小次郎との船島(巌流島)での運命的な対決にいたる。お通との純愛,
24. みやもと‐むさし【宮本武蔵】
日本国語大辞典
う。若年から諸国を修行し、生涯六〇余回の勝負に一度も敗れたことがなかったといわれ、巖流島で佐々木小次郎を倒したことは名高い。二刀による剣法を工夫し、「二天一流」
25. みやもとむさし【宮本武蔵】
日本国語大辞典
昭和一〇~一四年(一九三五~三九)発表。故郷をあとにした一七歳の武蔵が、周防国(山口県)船島で佐々木小次郎と対決するまでの波瀾に満ちた半生を描く。剣禅一如を理想
26. みやもとむさし【宮本武蔵】
国史大辞典
失わなかった、と記している。史実としては明らかでないが、後世に喧伝される吉岡清十郎との仕合とか、佐々木小次郎との仕合などは、皆この期間(慶長期)の話となっている
27. みやもと-むさし【宮本武蔵】
日本人名大辞典
人で,父は一説に新免無二斎。二天一流をひらく。生涯六十余度の試合に不敗をほこり,吉岡一門,佐々木小次郎との決闘が名だかい。晩年は肥後熊本藩の客分となった。水墨画
28. みやもとむさし【宮本武蔵】
日本架空伝承人名事典
の試合に一度も負けなかったといわれる。最後の試合は一六一二年(慶長一七)武蔵二九歳のとき、佐々木小次郎との巌流島の決闘であったらしい。三〇歳以後は、ひたすら剣理
29. 宮本武蔵(剣術家)
日本大百科全書
無敗であったという。なかでも京都における吉岡よしおか一門との争いや、小倉こくら沖の舟島における巌流がんりゅう佐々木小次郎ささきこじろうとの試合は、伝説化された武
30. 宮本武蔵(小説)
日本大百科全書
後、剣の求道者を志して旅に出る。お通と朱実あけみ、又八と武蔵むさしの対比、また吉岡清十郎や佐々木小次郎との対決など興味ある事件をあしらいながら、従来の剣豪として
31. みやもとむさしたくあと【宮本武蔵宅跡】岡山県:英田郡/大原町/宮本村
日本歴史地名大系
て以来、二八、九歳までの六〇余度の試合に一度も敗れなかったという。最後の試合は慶長一七年の佐々木小次郎との決闘であったらしい。寛永一七年(一六四〇)熊本藩主細川
32. 村上元三
日本大百科全書
12回直木賞受賞。戦後派的なエピキュリアンの色彩をもって、小次郎の屈折した青春を造型した『佐々木小次郎』全3巻(1950~51)で、文壇の位置を不動にした。『加
33. むらかみ‐げんぞう【村上元三】
日本国語大辞典
青山学院中等部卒。長谷川伸に師事。昭和一六年(一九四一)「上総風土記」で直木賞受賞。新聞連載小説「佐々木小次郎」で戦後の時代小説界における地位を確立。ほかに「加
34. 村上元三[「佐々木小次郎」「水戸黄門」などで知られる時代小説の大家、死去]
イミダス 2018
ムラカミ・ゲンゾウ。作家。 4月3日、「佐々木小次郎」をはじめ、戦後の時代小説を支えた村上元三さんが、心不全のため死去。96歳。  1910年、旧朝鮮・元山(
35. むらかみ-げんぞう【村上元三】
日本人名大辞典
長谷川伸に師事。昭和16年「上総風土記(かずさふどき)」で直木賞。戦後の24-25年「朝日新聞」に「佐々木小次郎」を連載し,流行作家となる。テレビや舞台などの脚
「佐々木小次郎」の情報だけではなく、「佐々木小次郎」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

佐々木小次郎と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「佐々木小次郎」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
趙之謙(岩波 世界人名大辞典・日本大百科全書)
中国清の金石家,書画家.紹興(現,浙江紹興)の人.挙人 [1859:咸豊9].紹興の富裕な家に育ったが,少年の頃に家運が翳り,困苦を味わうことが多くなった.30歳の頃に太平天国軍が江南地方をかけめぐり,戦禍がおびただしくなると,知人の丁令威の招きに
以心崇伝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五六九 - 一六三三 江戸時代前期の臨済宗の僧侶。金地院崇伝・伝長老ともいわれる。足利義輝の臣一色秀勝の子で、足利氏が滅亡したのち、南禅寺に赴いて玄圃霊三に師事した。醍醐の三宝院に学んだこともあるが、のちに南禅寺金地院の靖叔徳林についてその法をついだ
徳川斉昭(国史大辞典・世界大百科事典)
一八〇〇 - 六〇 江戸時代末期の常陸国水戸藩主。第七代治紀(武公)の三男。母は烏丸資補の女。幼名敬三郎。はじめ紀教(のりたか)のちに斉昭。兄の第八代藩主斉脩(なりのぶ、哀公)の嗣子となる。字は子信、号は景山・潜竜閣。夫人は有栖川宮織仁親王女吉子
渋沢栄一(国史大辞典・世界大百科事典)
一八四〇 - 一九三一 近代日本の指導的大実業家。その生涯は、(一)天保十一年(一八四〇)二月から明治六年(一八七三)五月までの在郷および仕官時代、(二)明治六年六月から同四十二年五月までの主として実業界の指導に力を注いだ時代、(三)明治四十二年六月
徽宗(世界大百科事典)
中国,北宋第8代の皇帝。在位1100-25年。姓名は趙佶(ちようきつ)。第6代皇帝神宗の第11子。母はその侍御陳氏。兄の第7代皇帝哲宗の病死後,向太后(しようたいこう)(神宗の皇后)の支持をうけて帝位についた。太后摂政中は,新(革新政策)
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る