ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 科学・医学
  6. >
  7. 自然科学
  8. >
  9. 生物学
  10. >
  11. 遺伝学

ジャパンナレッジで閲覧できる『遺伝学』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

岩波 生物学辞典・世界大百科事典

岩波 生物学辞典
遺伝学
[genetics]

遺伝現象を研究する生物学の一分科.親の形質がどのような機構で子孫に伝えられるか,個体間の変異はいかにして生じるかという古くからの問いに対して科学的な解答を与えるために生まれたものである.遺伝学の語は英語のgeneticsに対応するが,後者は元来W.Bateson(1906)が遺伝と変異とを研究する学問分野と定義したものである.しかし,その後の発展により,遺伝学の研究は生物学のほとんど全分野とかかわりをもつようになり,現在では遺伝物質の物理的・化学的性質や細胞における遺伝子の発現とその制御機構に関する研究も広い意味での遺伝学に含まれる.遺伝の研究は性の研究と関連して17世紀頃から徐々に行われてきたが,19世紀中頃から,一方では園芸・畜産の発展,他方では進化論の確立にうながされて注目されるようになった.遺伝の基本法則をはじめて明らかにしたのはG.J.Mendel(1865)であるが,遺伝学の目ざましい発展が開始されたのはH.de Vries,C.E.CorrensおよびE.von S.Tschermakの,いわゆるメンデルの法則の再発見(1900)からである.その後T.H.Morgan一派によって遺伝子が染色体上に線状配列することが明らかにされ,遺伝の染色体説が確立された(⇒細胞遺伝学).続いて,遺伝子の本体を明らかにするための努力が重ねられ,H.J.Muller(1927)がX線により人為的に遺伝子突然変異を誘発できることを発見して,突然変異メカニズムの研究が開かれた.遺伝子の形質発現機構の研究は初め生理遺伝学の形をとり,続いて遺伝生化学として生化学的反応の過程と遺伝子の働きとの関連が研究され,G.W.BeadleとE.L.Tatum(1941)の一遺伝子一酵素仮説へと発展した.一方,遺伝学はその誕生以来,進化機構の研究と密接な関係を維持してきたが,C.Darwinの自然淘汰説とメンデルの法則とが生物統計学の方法によって結び合わされて集団遺伝学および量的遺伝学(quantitative genetics)が生まれ,1930年頃に至ってその基礎となる数学的理論が一応確立された.その方法はやがて育種学や進化学に取り入れられ,それらの近代化に大きく貢献した.1940年代には細菌やバクテリオファージが遺伝実験の材料として開発され,これらを用い生化学的手法を大幅に取り入れた研究により,遺伝子の本体がDNAであることが明らかになった.J.D.WatsonとF.H.C.Crick(1953)によってDNAの構造が解明され,遺伝物質の研究に一時期が画された.これを契機として,分子のレベルで遺伝子の構造,複製,転写,蛋白質への翻訳などを研究する分子生物学と呼ばれる一大分野が開け,遺伝学だけでなく広く生命観にも大きな変革がもたらされた.現在,遺伝学の諸分野はその研究材料によって人類遺伝学微生物遺伝学などに細分されるほかに,研究方法に基づいて,数理遺伝学,統計遺伝学,放射線遺伝学,分子遺伝学,細胞遺伝学などの専門分野の呼び名もあり,さらに取り扱う現象に注目して,行動遺伝学,生態遺伝学,進化遺伝学,発生遺伝学,心理遺伝学,薬理遺伝学,免疫遺伝学などにも分類される.こうした多種多様な分類法からも遺伝学が現代生物学全般に及ぼした影響の大きさをうかがうことができる.(⇒逆遺伝学



改訂新版 世界大百科事典
遺伝学
いでんがく
genetics

生物界はいろいろの意味で多様である。個体レベルについてみると,別の種に属する個体の間ではもちろんのこと,同一の種に属するものの間にも形態や機能に違いがみられる。また,一つの個体においても卵の受精に始まり,生長・分化して成熟し,やがて老衰して死に至るまでの間,いろいろ形態や機能の変化をみせる。同じことは個体を構成している細胞についてもいえる。同一個体の違った組織や異種属の個体の相同な組織を構成する細胞は形態や機能が互いに多少とも異なるし,単一の細胞についても一つの細胞世代の間にいろいろ形や機能が変わる。また,同種や異種の個体が集合した種々の集団,すなわち同種個体よりなるメンデル集団,属や科のような分類学的集団,さらには群集のような生態学的集団のいずれもが,同レベルの集団間にその広がりや構成に関して差を示すばかりでなく,その一つ一つが年々歳々分布や構成を変化させてゆく。

 このように,細胞・個体あるいは集団間にみられる差異,および同一の細胞・個体あるいは集団が経時的にみせる変化の両方を含めて変異variationとよぶ。遺伝学は生物界にみられるこれらすべての変異のよってきたる原因を遺伝物質と関連づけて究明する生物学の一分野である。〈genetics(遺伝学)〉という語をつくったW.ベートソン(1906)は遺伝学を〈遺伝と変異に関する科学〉と定義している。現在の遺伝学は細胞・個体・集団の各レベルについて,遺伝物質の複製・伝達・情報発現の機構を解明し,これらの知見に基づいて変異の生成過程を理解し,さらにはその将来を予測することを目指している。

遺伝学の確立

遺伝の現象そのものについては,おそらく太古の人々も気づいていたに違いないし,アリストテレスも《動物発生論》において遺伝という問題を巡ってかなり深く考察している。たとえば黒人と交わった白人女の娘は黒人ではなかったが,その娘が白人と交わってできた孫が黒人であったという,今でいえば隔世遺伝の事実をあげて獲得形質の遺伝に反証している。

 しかし,本当の意味の遺伝学が成立するためには,種の概念,細胞説,有性生殖の認識などが確立される必要があった。モーペルテュイP.L.M.de Maupertuisのヒトの多指症についての研究,ケルロイターJ.G.Koelreuterの雑種の研究などの先駆的業績を経て,ついにG.J.メンデルの登場となる。しかし近代遺伝学の成立はメンデルの遺伝法則の再発見の年すなわち1900年とするのがふつうである。それまで,遺伝をつかさどる物質は液体のようなものであり,子どもでは両親の遺伝物質が,ちょうど白と黒のペンキを混ぜ合わせたときのように混じり合い,再び分かれることがないとする〈融合遺伝〉の考えが支配的であった。このようなときメンデル(1865)はエンドウをつかい,子葉の色の緑と黄のような対立形質について異なる両親を交配し,その後代をいわば家系別に追跡・調査してメンデルの法則に到達した。メンデルのもっとも重要な貢献は,対立形質を支配しているのは対立的な要素(現在の対立遺伝子)であり,子どもは両親からこの要素を一つずつ受けつぐが,これは決して融合せず,子どもが配偶子をつくるとき,分かれて別々の配偶子に入ることを正しく見抜いた点にある。このメンデルの業績は永らく埋もれていたが,1900年にオランダのH.ド・フリースはトウモロコシの研究から,ドイツのコレンスC.CorrensとオーストリアのチェルマックE.Tschermakはエンドウの研究から同じ結論に到達し,メンデルの業績を再発見することになった。この年をもってふつう遺伝学が確立した年とする。後年,W.ベートソン(1906)はメンデルの1866年の論文の結果を整理し,第1(F1の均一性または優劣性),第2(分離)および第3(独立組合せ)の三つの法則にとりまとめた。これがいわゆる“メンデルの遺伝の法則”である。

形質遺伝学phenogenetics

形質と遺伝子(メンデルのいう因子)の対応関係はそれからも絶えることなく研究されており,形質遺伝学という一つの分野を形成している。この分野では,遺伝子の物質的性質や形質発現の生化学的過程は一応抜きにして,個々の形質を規定している遺伝子ないしは遺伝子群の解析だけを行う。現在では,肉眼的から電子顕微鏡的なものまでを含む形態的形質,物理的・化学的・生物的要因に対する反応性,妊・稔性や生産力を含む生理・生殖的形質,色素・同位酵素・タンパク質分画などの生化学的形質,さらには心理的・行動的形質までが研究対象となっている。

細胞遺伝学cytogenetics

メンデルが遺伝の法則を発見したころからそれが再発見されるまでの19世紀最後の四半世紀は,細胞学がメンデルの法則,したがって遺伝学そのものを生物学へ受け入れるための準備をした期間である。この間,受精において卵と精子の核が合体すること,細胞分裂において染色体が縦裂し,その半分ずつが娘細胞に分かれて入ること,卵と精子から同数の染色体が接合体にもち込まれることなどが知られてきた。そして,メンデルの法則の再発見後間もなくサットンW.S.Sutton(1902)などによって成熟分裂(減数分裂)における染色体数の半減が発見されるに及び,メンデル因子と染色体の行動に完全な並行関係がなり立った。ここに細胞遺伝学とよぶ細胞学と結合した遺伝学の新分野が生まれた。1910年代に入って,T.H.モーガンらはキイロショウジョウバエを用いて,遺伝子と染色体部分の直接的な結びつきを証明し,遺伝に染色体という物質的な基礎を与えた。現在,この分野では種々の遺伝学的現象を細胞学的現象に関連・対応づけるため,核や細胞小器官(オルガネラ)自体およびそれらに含まれる染色体やDNA分子の構造・複製・伝達・化学的組成などを光学・紫外線・蛍光あるいは電子顕微鏡を用いて研究している。

突然変異遺伝学mutation genetics

1920年代の半ばに入り,H.J.マラー(1927)はショウジョウバエ,スタッドラーL.J.Stadler(1928)はトウモロコシにX線照射を行い,遺伝子の突然変異が人為的に誘発できることを証明した。ここに,遺伝子の変異性を実験的に研究することが可能となり,突然変異遺伝学とよぶ新しい分野が開けた。現在この分野では電離放射線や紫外線,さらには化学物質による遺伝子突然変異や染色体異常の誘発機構,これら変異原mutagenによるDNAの損傷とその修復の機構,変異原に対する感受性を修飾する遺伝的・環境的要因の解析,さらには変異原の育種的利用などが重要な問題となっている。

集団遺伝学population genetics

C.ダーウィン(1859)は生物の進化が淘汰によることを示す多くの証拠を得たが,淘汰の対象となる変異の出現機構については明らかにできなかった。遺伝子の自然および人為突然変異の研究はこの問題に大きな手がかりを与え,遺伝学が進化機構の解明に深くかかわることとなった。すでに1908年にハーディG.H.HardyとワインベルクW.Weinbergは安定した任意交配集団における遺伝子頻度と遺伝子型頻度の関係について,〈ハーディ=ワインベルクの法則〉とよばれる法則を発見していたが,30年代に入り統計学の進歩と相まって,淘汰・突然変異・繁殖様式・集団構造などを考慮に入れて集団の遺伝的構成の経時的変動を研究する集団遺伝学の基礎がR.A.フィッシャー,J.B.S.ホールデーン,ライトS.Wrightなどによって築かれた。最近は遺伝子やその支配形質の違いを分子レベル,すなわちDNAの塩基配列やタンパク質の一次構造の差異としてとらえ,その集団における挙動が盛んに研究されている。

生化遺伝学biochemical genetics

形質は遺伝子に支配されており,その遺伝子は特定染色体の特定部位を占めていることが形質遺伝学や細胞遺伝学の発達で明らかになったが,遺伝子がいかに形質を決定するかは不明であった。とはいえ,すでに1908年にガロッドA.E.Garrodはヒトの先天的代謝欠陥が酵素の欠如に起因することを示唆していた。30年代に入り,生理遺伝学の名のもとに温度・食餌など環境要因の大きな変化がどのような効果を形質に与えるかを明らかにし,遺伝子の形質発現の機構に迫ろうとする試みがなされたが,この問題の本格的な解明はビードルG.W.BeadleとテータムE.L.Tatum(1941)らによるアカパンカビの研究をまたねばならなかった。ビードルらは特定のビタミンやアミノ酸の合成経路に欠陥をもつ多くの突然変異体を分離し,それぞれについて合成経路のブロックの位置を決定した。さらにこのブロックを支配している遺伝子を分析し,合成経路の個々の段階が固有の遺伝子に支配されていることを明らかにした。当時すでに生化学の分野で酵素が合成・代謝経路を支配していることが知られていたので,ビードルたちの発見から遺伝子が酵素を介して生体内の化学反応を支配し,これを通して形質の発現を規定していることがわかった。生体内の化学的反応過程の遺伝的支配機構を解明するこの分野は生化遺伝学とよばれ,遺伝学の重要な分野となった。

分子遺伝学molecular genetics

1944年にO.T.エーブリーらはR型の肺炎双球菌にS型の菌から抽出したDNAを与えるとS型に変わり,この変化は子孫に安定して伝わることを証明したが,遺伝子の本体がDNAであるという考えが広く受け入れられるにはそれから10年近い歳月が必要であった。生物の多様性を考慮するとき,遺伝子の本体とみなすには4種のヌクレオチドで構成されるDNAはあまりにも単純に過ぎ,したがって,きわめて多様な存在形態を示すタンパク質のほうが適当と考える強い風潮が当時あったためである。1940年代に入ってからウイルス学が発展し,細胞構造をもつ生物と同様,ウイルスにも遺伝的特性を異にするいろいろの系統があり,これらの間に遺伝子の組換えがおこることもわかってきた。ウイルス粒子はタンパク質とDNA(またはRNA)からなるが,ハーシーA.D.HersheyとチェースM.Chase(1952)はウイルスがバクテリアに侵入する際,タンパク質は宿主細胞の外に置去りにされ,宿主細胞に入るのはDNAだけであることを証明した。これはウイルスの増殖に必要なのはDNAであることを示唆したものである。続いて,J.D.ワトソンとF.H.C.クリック(1953)はDNAの分析的データを完全に満足させる構造として,二重らせんモデルを提案した。このモデルは4種のヌクレオチドからなるDNA分子がいかに容易に多種類の遺伝子をつくりうるかということだけでなく,生物のもっとも重要な特性である自己増殖がどのような機構でおこるかを複雑な説明なしに人々にわからせた点で画期的なものであり,短期間にDNAを遺伝子の本体として認知させることに成功した。ここに,E.L.テータムがDNA時代と名づけた分子遺伝学の時代の幕があいた。分子遺伝学はDNAに基礎をおき,その構造・複製(自己増殖)・遺伝情報の発現と調節などの機構を分子レベルで研究する分野といえる。

 この分野の発展により,DNAの複製の様式と機構が大筋において明らかになり,DNAからRNAが転写される機構と,メッセンジャーRNAのヌクレオチド配列がポリペプチドのアミノ酸配列を規定する翻訳機構の解明が進み,翻訳の際に用いられる遺伝暗号も解読された。また,遺伝子作用の分子レベルでの調節機構もかなりわかってきた。1968年には制限酵素が,70年には逆転写酵素(RNA依存性DNAポリメラーゼ)が発見された。これらの酵素を利用して任意のDNA断片をバクテリア中でクローン化することが可能となった。一方,マクザムM.MaxamとギルバートW.Gilbert(1977)らによりDNAのヌクレオチド配列の効率的な決定法が確立され,原核生物のみならず真核生物の多くの遺伝子の構造解析が行われるようになり,真核生物の分子遺伝学が急速に進展する時代を迎えているようにみえる。

遺伝学の諸分野

遺伝学は生物学の中では比較的新しい分野であり,その歴史は100年に満たないが,すでにきわめて多くの分野に分かれてきている。これらの分野は次の四つの基準を用いてある程度は整理・分類できる。そのうちの主要な分野の発達の経緯と内容はすでに上に述べたとおりである。

(1)対象となる生命現象別の分野 生物は形態・生理・発生・生態・行動・進化というような種々の生命現象を示す。このそれぞれを研究対象とする分野として,形質遺伝学(形態以外の形質も対象とするが),発生遺伝学,生態遺伝学,行動遺伝学,進化遺伝学などがある。生理遺伝学は後述するように手法別の分野とみなすべきもので,生理現象はおもに生化遺伝学で研究の対象とされている。

(2)対象とする生物の構成レベル別の分野 生物界は分子→細胞小器官→細胞→器官→個体→集団→群集という階層構造をなしている。生物学の他領域と同様,遺伝学でもこれら個々の階層に焦点を合わせた研究が行われており,そのうち分子遺伝学,オルガネラ遺伝学,細胞の遺伝学,集団遺伝学などが確立した分野となっている。

(3)研究手法別の分野 これまでに生物学の関連領域で発達した研究手法をいろいろとり入れて遺伝学が進歩してきた。統計遺伝学,細胞遺伝学,放射線遺伝学,生理遺伝学,生化遺伝学はそれぞれ統計学,細胞学,放射線学,生理学,生化学の領域で開発された手法を主要な研究手段として発達した遺伝学の分野である。

(4)対象生物別の分野 これまでに確立された遺伝の原理・法則は多くの生物に適用できる。しかし,“例外のない法則はない”のたとえは遺伝の原理にもあてはまり,メンデルの法則は細胞質遺伝には適用できないし,ミトコンドリアの遺伝暗号は普遍的暗号と若干の点で異なる。したがって,ある生物で発見された遺伝現象やその機構の普遍性をつねに他の生物について検証しなければならない。また,生物の種類によって研究に適した分野とそうでない分野がある。さらに,人類の関心,ひいては遺伝学者の関心が向けられる面が生物の種類によってしばしば異なる。ヒト自身,野生の動植物,栽培・飼養動植物に対する遺伝学の関心は一部の面で本質的に異なる。ここに,生物の種類別の分野がなり立つ基盤がある。これには動物遺伝学・植物遺伝学・微生物遺伝学のように大きな生物群を対象にするものから,人類遺伝学・ショウジョウバエ遺伝学・トウモロコシ遺伝学・アカパンカビ遺伝学のように一つの種属を対象とするものまでいろいろのものがある。
[常脇 恒一郎]

[索引語]
genetics 変異 variation アリストテレス モーペルテュイ,P.L.M.de Maupertuis,P.L.M.de ケルロイター,J.G. Koelreuter,J.G. メンデル,G.J. 融合遺伝 メンデルの法則 対立遺伝子 ド・フリース,H.M. コレンス,C. Correns,C. チェルマック,E. Tschermak,E. ベートソン,W. 形質遺伝学 phenogenetics 細胞遺伝学 cytogenetics 染色体 サットン,W.S. Sutton,W.S. メンデル因子 モーガン,T.H. DNA 突然変異遺伝学 mutation genetics マラー,H.J. スタッドラー,L.J. Stadler,L.J. 集団遺伝学 population genetics ダーウィン,C.R. ハーディ,G.H. Hardy,G.H. ワインベルク,W. Weinberg,W. ハーディ=ワインベルクの法則 フィッシャー,R.A. ホールデーン,J.B.S. ライト,S. Wright,S. 生化遺伝学 biochemical genetics ガロッド,A.E. Garrod,A.E. ビードル,G.W. Beadle,G.W. テータム,E.L. Tatum,E.L. 分子遺伝学 molecular genetics エーブリー,O.T. DNA RNA ハーシー,A.D. Hershey,A.D. チェース,M. Chase,M. ワトソン,J.D. クリック,F.H.C. 二重らせん(螺旋) マクザム,M. Maxam,M. ギルバート,W. Gilbert,W.(生物学者)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
遺伝学の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1744
検索コンテンツ
1. 遺伝学
日本大百科全書
このほか研究対象により、微生物遺伝学、昆虫遺伝学、哺乳ほにゅう動物遺伝学、人類遺伝学などという分け方もある。 遺伝学の応用場面を扱うものとしては、優生学、育種学
2. 遺伝学
世界大百科事典
盤がある。これには動物遺伝学・植物遺伝学・微生物遺伝学のように大きな生物群を対象にするものから,人類遺伝学・ショウジョウバエ遺伝学・トウモロコシ遺伝学・アカパン
3. いでん‐がく[ヰデン‥]【遺伝学】
日本国語大辞典
上田景二〉「イデンガク 遺伝学(ヰデンガク)。遺伝に関する学問。進化論の一部として最も重要なり」(1)近代遺伝学の成立は、メンデルの遺伝学法則(一八六五年に発表
4. 遺伝学
岩波 生物学辞典
学,放射線遺伝学,分子遺伝学,細胞遺伝学などの専門分野の呼び名もあり,さらに取り扱う現象に注目して,行動遺伝学,生態遺伝学,進化遺伝学,発生遺伝学,心理遺伝学
5. 国立遺伝学研究所
日本大百科全書
of Genetics。略称は遺伝研、NIG。所在地は静岡県三島市。 日本遺伝学会など関連学会の強い要請に基づき、遺伝学の総合研究、応用、人材育成などを行う唯一
6. 逆遺伝学
岩波 生物学辞典
《同》逆方向遺伝学.従来と逆の手順を用いた解析に基づく遺伝学.すなわち,従来の手法は,注目する変異体の表現型から発して遺伝子にコードされているアミノ酸配列などの
7. こくりついでんがくけんきゅうじょ【国立遺伝学研究所】
国史大辞典
以来、日本の遺伝学研究の中心の一つとして活動し、専任の所員のほかに各大学の研究者も兼任として参加し、幅広い研究をすすめてきている。研究業績は『国立遺伝学研究所年
8. 細胞遺伝学
日本大百科全書
細胞の体外培養技術が発展し、さらに細胞融合や染色体の取り込みなどの新しい細胞遺伝学的な技術が開発され、実験細胞遺伝学の研究が発展した。また分子遺伝学の発展により
9. さいぼう‐いでんがく[サイバウヰデンガク]【細胞遺伝学】
日本国語大辞典
〔名〕遺伝現象の機構を細胞学的側面から解明する学問。染色体の構造、および細胞分裂時における染色体の行動、さらに核型分析やゲノム分析などが中心となる。サイボーイ
10. 細胞遺伝学
岩波 生物学辞典
遺伝学と細胞学の方法と知見を統合した学問分野.細胞内の染色体をはじめとする種々の構造物と遺伝の関係を明らかにすることを目的とする.初期の重要な貢献としてはメンデ
11. 集団遺伝学
日本大百科全書
生物集団の遺伝的構成およびそれを決定する要因を探究する遺伝学の一分野。その究極の目的は生物進化の機構を明らかにすることにある。進化は単に一個体の変化ではなく、集
12. しゅうだん‐いでんがく[シフダンヰデンガク]【集団遺伝学】
日本国語大辞典
〔名〕生物の遺伝的現象を、個体としてではなく集団全体としてとらえ、その時代的変化や他の集団との比較を統計学的に処理することにより、集団の遺伝的特徴や生物の進化の
13. 集団遺伝学
岩波 生物学辞典
述を行う遺伝学および進化学の一分科.集団遺伝学は,C.Darwinの自然淘汰説とG.J.Mendelの遺伝法則とが生物統計学の方法によって結び合わされて誕生した
14. 進化遺伝学
日本大百科全書
生物進化の仕組みや機構を遺伝学的に研究する生物学の一分科。集団遺伝学と明瞭めいりょうな区別はないが、一般的には進化遺伝学のほうが、種の系統的変化とか種分化といっ
15. じっけん‐いでんがく[‥ヰデンガク]【実験遺伝学】
日本国語大辞典
〔名〕遺伝の機構を実験的に研究する学問。特に、掛け合わせ実験を主とする初期の遺伝学の呼称。広く遺伝学一般と同義に用いることもある。ジッケンイデン
16. 人類遺伝学
日本大百科全書
支配する染色体の構造や数の変化などの細胞遺伝学的な研究、さらには酵素やタンパク質、核酸などの分子レベルでの研究など、広い範囲の研究が含まれる。 人類遺伝学の研究
17. 人類遺伝学
世界大百科事典
したがって人類遺伝学は,現代医学の重要な一分科となっている。このほかに,人類の進化の研究や親子鑑定などにおける個体識別にとっても不可欠の学問である。 人類遺伝学
18. 人類遺伝学
岩波 生物学辞典
研究対象とする遺伝学.初期の人類遺伝学は血液型などの正常形質や疾患など異常形質の遺伝様式を解析するだけの学問にとどまっていた.しかし,20世紀の後半に入ると,統
19. 生態遺伝学
岩波 生物学辞典
生物がそれを取り巻く自然環境や他の生物に反応して示す適応の遺伝的機作を研究する遺伝学の一分野.進化遺伝学・集団遺伝学・育種学・進化生態学などと密接な関係をもつ.
20. 生理遺伝学
岩波 生物学辞典
生理学の立場から遺伝現象を解明しようとする分野.V.Haecker(1918)やG.R.deBeer(1938)などのphaenogeneticsも同様の立場で
21. 体細胞遺伝学
岩波 生物学辞典
微生物遺伝学の思考パターンや技法を基本とし,多細胞生物の個体から切り離した体細胞を試験管内培養で増殖させ,細胞機能と遺伝子発現との因果関係を明らかにする遺伝学
22. 発生遺伝学
日本大百科全書
胞学的知見なども多く、遺伝学的にはもっともよく研究されてきた材料である。1980年代になって、このショウジョウバエに多数の発生に関与する遺伝子が発見され、これま
23. はっせい‐いでんがく[‥ヰデンガク]【発生遺伝学】
日本国語大辞典
〔名〕遺伝子の発生過程中における発現機構を研究する学問。遺伝学と発生学の境界領域を研究する分野。生理遺伝学と実験発生学の双方から発展した。ハッセ
24. 発生遺伝学
岩波 生物学辞典
段階を詳細に記載していくことが可能となった.遺伝子のクローニング(⇒DNAクローニング)や逆遺伝学を通じて発生現象の分子機構的な解明が進められる.
25. 微生物遺伝学
日本大百科全書
遺伝子工学実験など、遺伝学のほとんどすべての分野の研究が行われ、多くの成果が得られている。微生物遺伝学研究の多くは生化学的であり、分子レベルの研究を含むので、遺
26. 微生物遺伝学
岩波 生物学辞典
JacobとJ.L.Monod(1960)のオペロン説など,微生物遺伝学の多くの成果は近代遺伝学発展の要因として高く評価されている.微生物は次の点で遺伝学研究に
27. 分子遺伝学
日本大百科全書
用いて、遺伝子を増殖させる遺伝子工学実験が発展している。分子遺伝学研究においては研究材料として微生物を用いることが多く、微生物遺伝学と関連し、また分子レベルの研
28. ぶんし‐いでんがく[‥ヰデンガク]【分子遺伝学】
日本国語大辞典
〔名〕遺伝子の構造や発現機構を分子レベルで解明しようとする学問。DNAの二重螺旋(らせん)モデル以来、大きな発展をとげた。ブンシイデン
29. 分子遺伝学
岩波 生物学辞典
機構などの概要が分子レベルで理解されるようになってきた.従来の遺伝学では遺伝子を最小単位として取り扱ってきたのに対し,分子遺伝学では遺伝子の内部構造に立ち入って
30. 放射線遺伝学
日本大百科全書
X線やγガンマ線、紫外線などの放射線が生物の遺伝子にどのような影響を与えるかを研究する遺伝学の一分野。放射線が遺伝子の本体であるデオキシリボ核酸(DNA)にどの
31. 量的遺伝学
岩波 生物学辞典
多数の微小効果をもつ遺伝子や環境が量的な形質に及ぼす影響を研究する,集団遺伝学および育種学の一分野として発展した.個々の遺伝子の効果を直接取り扱うことは困難なの
32. National Institute of Genetics 【国立遺伝学研究所】
Encyclopedia of Japan
Interuniversity institute for genetic research. Located in the city of Mishima,
33. 遺伝生化学
日本大百科全書
酵素作用や物質の生産など生化学的形質や、遺伝子の構造や働きを生化学的に研究する遺伝学の一分野。生化遺伝学ともいう。イギリスの医学者ギャロッドA. E. Garr
34. 集団生物学
日本大百科全書
生物の人口学である個体群生態学population ecologyと野外生物集団の遺伝的構成を調べる集団遺伝学population geneticsの二つを中核
35. リバースジェネティクス
日本大百科全書
遺伝学研究の手法の一つ。逆遺伝学とも称される。 従来から行われてきた遺伝学研究では、生物の突然変異で生じた機能や外観の変異から、その変異に関与する遺伝子を特定し
36. 生化遺伝学
日本大百科全書
→遺伝生化学
37. 無侵襲的出生前遺伝学的検査
日本大百科全書
→出生前診断
38. NIPT[欧文略語]
イミダス 2018
[non-invasive prenatal testing]【医学・生理】無侵襲的出生前遺伝学的検査.妊婦の血液に含まれる胎児のDNA(デオキシリボ核酸)を
39. Sox21(ソックス21)/ 脱毛遺伝子[イミダス編 科学]
イミダス 2018
脱毛や薄毛の原因遺伝子。国立遺伝学研究所の相賀裕美子教授の研究チームが中心となり、慶應義塾大学医学部の岡野栄之教授らのチームとのマウスを使った共同研究で発見し
40. ほうそうき【方宗熙】(Fāng Zōngxī)
世界人名大辞典
取得[49].山東海洋学院副院長等を歴任し,中国科学院海洋研究所兼任研究員[59-].〖主著〗 普通遺伝学―細胞遺伝学, 1959.達爾文主義(ダーウィニズム)
41. けいきん【李景均】(Lǐ Jǐngjūn)
世界人名大辞典
10.20〕 中国系アメリカ人の統計学者,遺伝学者.天津の生まれ.南京の金陵大学農学院を卒業[1936]後,アメリカのコーネル大学で植物育種学と遺伝学を学び,博
42. 会田龍雄(あいだ たつお)
岩波 生物学辞典
遺伝学者.東京帝国大学理学部動物学教室にて飯島魁に師事.京都高等工芸学校教授.メダカの体色の遺伝を研究.
43. アカパンカビ
日本大百科全書
アメリカの学者ビードルBeadleとターツムThatumは変異株を使って遺伝生化学的研究を行い、遺伝学に画期的な進展をもたらした。このため2人は1958年ノーベ
44. アカパンカビ
岩波 生物学辞典
ニングが可能になった.遺伝生化学・微生物遺伝学分野の研究にしばしば用いられ,特に突然変異機構・組換え機構・遺伝子微細地図・相補性などの研究において遺伝学上重要な
45. アスペルギルス=ニドゥランス
岩波 生物学辞典
を見出し,有性生殖が見られない種においても遺伝分析ができるようになった.アカパンカビについで遺伝学的研究が詳細に行われている糸状菌で,特にこの種を用いて遺伝子微
46. 頭画像
日本大百科全書
民族差といったさまざまな要素が関係しているため、頭の形の分類はむずかしいとされている。しかし、遺伝学的にも頭型の比較は重要な意味をもっているため、この研究には一
47. 足立文太郎
世界大百科事典
対象とした解剖学研究の先駆者。筋の異常の統計学的研究のほか,諸民族の体臭と耳垢(じこう)についての遺伝学的・組織学的研究,さらにドイツ語で発表した《日本人の動脈
48. アブラナ画像
世界大百科事典
ないほどである。 この属の中で栽培植物として重要な種は次の6種で,多様に分化したこの群は細胞遺伝学的な研究によって,それぞれの単位群とその相互関係が,次のように
49. アルバー
岩波 生物学辞典
ゼによるヌクレオシドのメチル化によることを明らかにした.1978年,制限酵素の発見とその分子遺伝学への応用の業績でノーベル生理学・医学賞受賞.
50. アンチコドン
日本大百科全書
遺伝学で用いられる単位の一つ。タンパク質合成に働く転移RNA(運搬RNA)の構造の一部であり、遺伝暗号の単位であるコドンを識別する部分で、三つの隣接したヌクレオ
「遺伝学」の情報だけではなく、「遺伝学」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

遺伝学と同じ生物学カテゴリの記事
フラボノイド(日本大百科全書・岩波 生物学辞典)
クロロフィル、カロチノイドと並ぶ一群の植物色素の総称。ベンゼン環2個が炭素3個で結ばれ、かつ中央のC3が酸素を含むヘテロ環をつくった構造をしている。ヘテロ環の酸化還元状態の違いによってフラボン類、イソフラボン類、フラボノール類
遺伝学(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
[genetics]遺伝現象を研究する生物学の一分科.親の形質がどのような機構で子孫に伝えられるか,個体間の変異はいかにして生じるかという古くからの問いに対して科学的な解答を与えるために生まれたものである.遺伝学の語は英語のgeneticsに対応する
古生物学(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
[paleontology]地質時代に生存していた生物,すなわち古生物(paleobios)の構造,分類上の位置,類縁関係,系統関係,生息環境,生活様式,地理的分布,生存期間など,あらゆる問題を考究し,それによって生物界変遷の様式を明らかにすると同時
生態学(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
[ecology]生物の生活に関する科学のこと.最初E.H.Haeckel(1866,1869)により,動物に関して「非生物的および生物的環境(独 Umgebung)との間の全ての関係,すなわち生物の家計(独 Haushalt)に関する科学
生物学と同じカテゴリの記事をもっと見る


「遺伝学」は学問に関連のある記事です。
その他の学問に関連する記事
生態学(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
[ecology]生物の生活に関する科学のこと.最初E.H.Haeckel(1866,1869)により,動物に関して「非生物的および生物的環境(独 Umgebung)との間の全ての関係,すなわち生物の家計(独 Haushalt)に関する科学
古生物学(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
[paleontology]地質時代に生存していた生物,すなわち古生物(paleobios)の構造,分類上の位置,類縁関係,系統関係,生息環境,生活様式,地理的分布,生存期間など,あらゆる問題を考究し,それによって生物界変遷の様式を明らかにすると同時
遺伝学(岩波 生物学辞典・世界大百科事典)
[genetics]遺伝現象を研究する生物学の一分科.親の形質がどのような機構で子孫に伝えられるか,個体間の変異はいかにして生じるかという古くからの問いに対して科学的な解答を与えるために生まれたものである.遺伝学の語は英語のgeneticsに対応する
ブレークスルー賞(日本大百科全書・イミダス)
自然科学分野で画期的な成果をあげた研究者へ贈る賞。2012年、ロシアの物理学者で起業家・投資家でもあるユーリ・ミルナーYuri B. Milner(1961― )の提唱で創設された。基礎物理学、生命科学、数学の3部門がある。グーグルやフェイスブックの創業者らがつくった
和漢三才図会(東洋文庫)
東洋文庫447 寺島良安 島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳訳注
江戸中期,大坂の医師寺島良安が中国・明の王圻(おうき)の『三才図会』にならって編んだ,わが国初の図入り百科事典の口語訳。天文,地理から動植物,人事まで,類書を博引傍証して解説する
学問に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る