ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史上の人物
  8. >
  9. 日本史上の人物
  10. >
  11. 五代友厚

ジャパンナレッジで閲覧できる『五代友厚』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書(ニッポニカ)

五代友厚
ごだいともあつ
[1835―1885]

実業家、政商。薩摩 (さつま)藩士で儒者兼町奉行 (まちぶぎょう)の五代直左衛門秀堯 (ひでたか)の次男として生まれる。幼名を徳助、才助といい、松蔭と号す。長崎で航海、砲術、測量などの技術を習得、薩英戦争(1863)に参加し捕虜となるが脱出した。1865年(慶応1)藩命により留学生を引率しヨーロッパを視察、武器、船舶、紡績機械などの輸入を行い、薩摩藩の産業振興に大きく寄与した。維新後、官界に入るが、1869年(明治2)会計官権判事を最後に退官した。その後実業界に転じ、大阪を本拠として活躍。金銀分析所の設立によって巨富を得、1873年弘成館(買収鉱山の統括機関)、1876年朝陽館(製藍工場)を設立するなど、大阪の産業の近代化に貢献。また大阪商法会議所、大阪株式取引所、大阪堂島米商会所、商業講習所(大阪市立大学の前身)の設立、指導に尽力し、大阪財界の組織化にも貢献した。1881年開拓使官有物払下げ事件の中心人物として非難されたが、大阪の経済的発展、近代産業の開拓・移植などに果たした指導的役割は高く評価されている。なお、大久保利通 (おおくぼとしみち)とは富国強兵・殖産興業などの点で意気投合し、征韓論争後大久保暗殺までの時期、関係は緊密であり、外交・財政問題について大久保の「智恵袋」として活躍した。

[石川健次郎]



世界大百科事典

五代友厚
ごだいともあつ
1835-85(天保6-明治18)

明治期の政商。薩摩藩出身。幼名は徳助または才助,のちに友厚と改名。青年期に長崎の幕営海軍伝習所に留学,1859年(安政6)上海に密航して世界情勢を知り,富国強兵論を説く。65年(慶応1)藩命によりヨーロッパを視察。維新の動乱には,通商や武器の売込みなどで活躍し,新政府成立後,任官。外交官の役職を歴任後,大阪府判事まで昇進。69年(明治2)に同職を辞任後,関西財界で活躍,鉱山経営,製藍事業,大阪株式取引所,大阪商法会議所の設立や運営など,大阪の発展に貢献した。開拓使官有物払下事件にかかわるなど,政府の実権者大久保利通と結合し,政財界に勢力をのばすという点で典型的な政商の一人であった。
[石塚 裕道]

[索引語]
五代才助


国史大辞典

五代友厚
ごだいともあつ
一八三五 - 八五
明治時代初期、わが国ことに大阪を中心とする関西方面の商工業の発展に大きな貢献をした人物。薩摩国鹿児島郡城ヶ谷(鹿児島市長田町)に薩摩藩の儒官である父五代直左衛門秀堯(ひでたか)と母本田やすの次男として天保六年(一八三五)十二月二十六日に生まれ、幼名を才助と呼んだ。安政元年(一八五四)、はじめて藩の郡方書役となり、同四年三月には藩より選ばれて長崎へ赴き、オランダ士官について航海術を学ぶ。翌五年十月帰国、六年五月再び長崎に出て技術の研修をしたが、その際江戸幕府より派遣された千歳丸に乗船して上海に渡航し、秘かに藩のために汽船購入の契約をなす。文久二年(一八六二)長崎において御船奉行副役となる。慶応元年(一八六五)三月、藩命により留学生を率いてイギリス・フランス・ドイツ・オランダ・ベルギーなどを巡歴し、彼地の進んだ制度・文物に接し、藩のため小銃・汽船・紡績機械などを購入して翌二年二月帰朝した。明治元年(一八六八)正月、新政府に召されて参与・外国事務掛を命ぜられ、まもなく外国事務局判事に任ぜられてもっぱら外交の事務に参与し、外国貿易の発展につとめた。このころ友厚と改名。同年五月、外国官権判事・大阪府権判事に任ぜられ、二年五月会計官権判事に転じた。会計官の在任期間は二ヵ月余にすぎなかったが、通商会社・為替会社の設立に功労があった。同年七月、富国強兵の実をあげるためには商工業の振興をはかるべきであるとして、野におり、大阪に居を定めて実業に従事した。まず同年十月、金銀分析所を開設して西洋冶金術による金銀分析を試み、六年には弘成館を設立し、天和銅山・蓬谷銀山・半田銀山・鹿籠金山・神崎銅山・面谷銅山・豊石銅山など、各地に鉱山を開いて鉱山経営を行なった。また外国藍の輸入を防止せんとして、九年九月には朝陽館と呼ぶ一大製藍工場を設けて藍の製造販売にあたった。一方、同じころ堂島米商会所の設立を援助し、十一年六月には大阪株式取引所の設立に率先して尽力した。同じく十一年八月、中野梧一・藤田伝三郎・広瀬宰平らとはかり、大阪商法会議所(大阪商工会議所の前身)の設立にあたった。友厚はその創立とともに会頭に選ばれ、十八年九月死去に至るまでその任にあった。その間同会議所は、大阪の代表的経済団体として、大阪ないし日本の重要財政経済問題についての対策を当局に建議または報答した。彼はまた商業教育の発達をはかるの急務であることを思い、十三年十一月大阪商業講習所(大阪商科大学の前身)の設立にも力を尽くした。さらに、十四年一月には大阪製銅会社を設けて銅の加工事業にも着手し、同年六月には対清貿易・北海道貿易を行うために関西貿易社を設立した。そのほか、東京馬車鉄道会社(明治十三年十二月創立)、阪堺鉄道会社(同十七年十二月創立)、神戸桟橋会社(同十七年十一月開業)の設立に尽力して、交通業の発達にもつとめた。以上のような活動をして関西実業界の発達に大いに貢献した友厚も、明治十八年九月二十五日病をもって東京築地で没した。五十一歳であった。大阪の阿倍野墓地(現在南斎場、大阪市阿倍野区阿倍野筋四丁目)に葬られる。
[参考文献]
五代竜作編『五代友厚伝』、日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料』
(山口 和雄)
ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
五代友厚の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 97
検索コンテンツ
1. 五代友厚画像
日本大百科全書
実業家、政商。薩摩さつま藩士で儒者兼町奉行まちぶぎょうの五代直左衛門秀堯ひでたかの次男として生まれる。幼名を徳助、才助といい、松蔭と号す。長崎で航海、砲術、測量
2. 五代友厚
世界大百科事典
1835-85(天保6-明治18) 明治期の政商。薩摩藩出身。幼名は徳助または才助,のちに友厚と改名。青年期に長崎の幕営海軍伝習所に留学,1859年(安政6)上
3. ごだい‐ともあつ【五代友厚】
日本国語大辞典
実業家。通称徳助、または才助。薩摩藩出身。ヨーロッパ視察後、藩の貿易拡張に努力。維新後、参与を経て実業界に転じ、鉱山、製藍、鉄道、紡績事業をおこし、大阪株式取引
4. ごだいともあつ【五代友厚】
国史大辞典
斎場、大阪市阿倍野区阿倍野筋四丁目)に葬られる。 [参考文献]五代竜作編『五代友厚伝』、日本経営史研究所編『五代友厚伝記資料』 (山口 和雄)
5. ごだい-ともあつ【五代友厚】
日本人名大辞典
1836*−1885 明治時代の実業家。天保(てんぽう)6年12月26日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。元治(げんじ)2年藩命で渡欧,武器や機械類を輸入。
6. 五代友厚[文献目録]
日本人物文献目録
近代政商伝 五代友厚』土屋喬雄『五代才助小伝』-『五代友厚』川崎房五郎『五代友厚』黒羽兵治郎『五代友厚君ノ伝』-『五代友厚氏を偲ぶ』西村重太郎『五代友厚氏小伝』
7. 五代友厚[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©小学館ライブラリー
8. ごだいともあつもんじょ【五代友厚文書】
国史大辞典
越える多数である。なお、以上の文書を中心に『五代友厚伝記資料』全四巻が日本経営史研究所によって編纂され、出版されている。 [参考文献]大阪商工会議所編『五代友厚
9. アイ画像
世界大百科事典
しだいに阿波藍をはじめ国内藍の基盤をゆさぶった。これに対処して五代友厚の朝陽館による製藍法の改良事業などが興り,徳島でも五代友厚が1874年名東郡下に工場を設置
10. あい【藍】
国史大辞典
明治六年(一八七三)ごろ政府は、内地藍製法を改良して輸入防遏を画し、同十年ごろには各地に精藍事業が起り、五代友厚の朝陽館藍はこれを代表したが資金的に挫折し、本場
11. あべのく【阿倍野区】大阪府:大阪市地図
日本歴史地名大系
阿倍野墓地には明治七年鳶田(現西成区)・千日(現南区)などの墓を移し、俗に南の新墓といった。墓地には五代友厚や関一など各界を代表する人々の墓も多い。明治二二年の
12. あめみやけいじろう【雨宮敬次郎】
国史大辞典
つづけ十三年より東京府下南葛飾郡深川に製粉工場を経営などするうち、大蔵卿大隈重信の内意により大阪商法会議所会頭五代友厚をたすけて紙幣下落防止に奔走したこともあっ
13. アメリカ彦蔵自伝 2 151ページ
東洋文庫
二人いっしょにその船で兵庫へ向かうことに話はきまった。 そこで翌日の午後三時、五代知事〔大阪府判事五代友厚〕夫妻と共に屋形船で川を下だって天保山まで行き、そこで
14. い‐し[ヰ‥]【遺子】
日本国語大辞典
〔名〕父の死後、残された子。わすれがたみ。遺児。*一年有半〔1901〕〈中江兆民〉二「七月十三日故五代友厚君の遺子某女、東京より小山久之助君の書翰を齎して来り」
15. いせきもりとめ【井関盛艮】
国史大辞典
漸進して大目付役軍使兼帯寺社奉行となる。慶応二年(一八六六)冬、藩命で長崎に行き、坂本竜馬・五代友厚・本木昌造らを知り、また海外事情に通じた。このころの井関を、
16. おおさか【大阪】
国史大辞典
、近代工業も次第におこり、工業都市として発生するに至る。この場合大阪商法会議所会頭でもあった五代友厚の貢献が大であった。明治二十二年(一八八九)四月一日市制が施
17. 大阪(市)画像
日本大百科全書
一方、商業では、1868年の開港で川口(西区)に居留地が設けられ、貿易の門戸が開かれた。また五代友厚ごだいともあつらにより大阪株式取引所(のちの大阪証券取引所、
18. おおさかしりつだいがく【大阪市立大学】
国史大辞典
所長桐原捨三)は、新時代の商都大阪に人材を供給すべく、慶応義塾出身の加藤政之助が設置を提唱、五代友厚など財界人が協力して創設したもので、明治十八年(一八八五)三
19. おおさかしんぽう【大阪新報】
国史大辞典
病気になったため郷里に退くに至った。ためにこの新報は同十二年五月から大阪実業界の巨頭薩州系の五代友厚の手に移り、五代は代言人本荘一行を社長に、福沢諭吉の斡旋で『
20. おおさかしんぽう【大阪新報】 : 大阪新報/(一)
国史大辞典
病気になったため郷里に退くに至った。ためにこの新報は同十二年五月から大阪実業界の巨頭薩州系の五代友厚の手に移り、五代は代言人本荘一行を社長に、福沢諭吉の斡旋で『
21. おださくのすけ【織田作之助】
国史大辞典
戦時の厳格な統制のため歴史小説に転じ、十七年『月照』や鹿児島藩出身で大阪で活躍した近代産業の開拓者『五代友厚』を書いたが、時局におもねらずに文学的抵抗を示した。
22. おりやまち【折屋町】大阪府:大阪市/東区地図
日本歴史地名大系
同一四年小川屋喜太郎は三二貫五〇〇目の御用金を請けた(御用金正味員数書)。明治三年(一八七〇)、五代友厚の懇望により本木昌造が大阪活版所を設立。長崎に次ぐ日本で
23. 海軍伝習所
日本大百科全書
海陸で行い、伝習生には幕臣、諸藩士が派遣された。勝海舟かつかいしゅう、榎本武揚えのもとたけあきや五代友厚ごだいともあつ、川村純義かわむらすみよし(1836―19
24. かいぐん‐でんしゅうじょ[‥デンシフジョ]【海軍伝習所】
日本国語大辞典
オランダ人から近代的な海軍の軍事学を学ばせたもの。同六年二月に閉鎖された。出身者に、勝海舟・榎本武揚・五代友厚・佐野常民らがいる。のち、海事知識の必要性から、慶
25. 開拓使官有物払下げ事件
日本大百科全書
意図した開拓長官黒田清隆きよたか(薩摩さつま藩出身)は、開拓使の諸事業を開拓使上級官僚の結社や鹿児島出身の政商五代友厚ごだいともあつらの関西貿易商会に払い下げよ
26. かいたくしかんゆうぶつはらいさげじけん【開拓使官有物払下げ事件】
国史大辞典
営業目的にかかげて結成された関西貿易商会があると推定された。関西貿易商会の中心は大阪商法会議所の会頭五代友厚であって、黒田と同じ薩閥に属したから、この官有物払下
27. 開拓使官有物払下事件
世界大百科事典
変をひきおこした。開拓長官黒田清隆は,開拓使官吏の結成する北海社と,関西の政商で鹿児島出身の五代友厚らがつくった関西貿易商会とに開拓使官営諸事業を払い下げ,継承
28. 鹿児島紡績所
世界大百科事典
島津斉彬の遺志を継いだ薩摩藩主島津忠義は,1865年春から翌年にかけて,留学の名目で新納刑部を代表に五代友厚や寺島宗則らをイギリスに派遣し,紡績業の視察を通じて
29. 鹿児島紡績所
日本大百科全書
日本最初の機械制綿糸紡績所。薩摩さつま藩主島津忠義ただよしの命で渡英した新納刑部にいろぎょうぶ、五代友厚ごだいともあつはプラット社に紡織機を発注し、1867年(
30. かごしまぼうせきじょ【鹿児島紡績所】
国史大辞典
いわゆる始祖三紡績の一つ。鹿児島藩主島津忠義は、洋式工業の移植をはかり、慶応元年(一八六五)新納久脩・五代友厚らを欧州に派遣した。両名は同二年正月、イギリスのプ
31. かとうすけいち【加藤祐一】
国史大辞典
病気のため退官した。一時先収会社に勤めたが、十一年大阪商法会議所書記長、十二年大阪堂島米商会所肝煎となり、五代友厚の片腕として大阪経済界を指導した。また、『交易
32. かとう-すけいち【加藤祐一】
日本人名大辞典
明治時代の実業家。兵庫県参事などを歴任。明治11年(1878)大阪商法会議所設立とともに書記長となり,会頭五代友厚(ごだい-ともあつ)を補佐して活躍。翌年大阪堂
33. 加波山事件 民権派激挙の記録 293ページ
東洋文庫
予算獲得のため上京したが、参議大隈重信の支援を頼みとする、大蔵卿佐野常民の峻絶にあう。困惑した黒田は、御用商人五代友厚の誘いにのり、北海道全道の官有物(時価数千
34. きたはま【北浜】
国史大辞典
金銭延売買会所が開設された。そのため北浜には両替屋が多く、相場の市店が軒を連ねた。明治十一年六月には、五代友厚・鴻池善右衛門・三井元之助・住友吉左衛門・山口吉郎
35. 九州地方画像
日本大百科全書
薩摩藩に限り許可せざるをえない源ともなった。そして、琉球貿易で得た紡績などの先端技術習得のため五代友厚ごだいともあつらを英国に派遣し、1863年(文久3)の薩英
36. 黒田清隆画像
日本大百科全書
った。開拓使十年計画の満了を翌年に控えた1881年7月、その官有物を極端に有利な条件で同郷の五代友厚ごだいともあつらに払い下げようとして激しい世論の批判を受け(
37. グラバー(Thomas Blake Glover)
世界大百科事典
はじめ幕府諸藩への艦船武器類の販売を中心に発展し,上海にも支店をもつ長崎最大の貿易商となった。65年の五代友厚等薩摩藩のイギリス留学生派遣を仲介,また薩英提携,
38. グラバーしょうかい【グラバー商会】
国史大辞典
なかった。維新後、商会は貿易事業の中心を大阪・神戸に移した。大阪造幣寮の建設に際し、商会は、五代友厚の依頼に応じ、香港政庁からの造幣機械の購入を仲介した。以上の
39. グラバー ツル
日本人名大辞典
嘉永(かえい)2年生まれ。一橋家家臣の娘。文久2年豊後(大分県)竹田藩士と結婚し1女をもうけるが離婚。五代友厚(ごだい-ともあつ)の紹介でイギリスの貿易商グラバ
40. こうせいかん【弘成館】
国史大辞典
五代友厚が設立した鉱山開発のための経営組織。薩摩藩士五代友厚は、維新後、外国官権判事・大阪府権判事などを歴任したが、明治二年(一八六九)、野に下り実業界に身を
41. こじまいけん【児島惟謙】
国史大辞典
生まれる。のち姓は緒方・児島と改められた。剣道に秀でて土佐に遊学、さらに長崎に出て坂本竜馬・五代友厚らと知り、のち脱藩し討幕運動に参加、戊辰戦争にも従軍した。明
42. こすげしゅうせんばあと【小菅修船場跡】長崎県:長崎市/戸町村
日本歴史地名大系
命じた(長崎奉行文書)。これをうけて同藩経営貿易会社とイギリス商人グラバーが出資し、同社の担当五代友厚・小松帯刀(貿易商)らがイギリスにスリップ・ドックを注文す
43. ごだい-りゅうさく【五代竜作】
日本人名大辞典
学し,ロンドン大で機械工学をまなぶ。18年帰国して母校東京大学の教授となるが,翌年辞任。養父五代友厚の事業をつぎ,半田銀山など鉱山事業にたずさわる。また島津家の
44. さいしょあつし【税所篤】
国史大辞典
また元老院議官・宮中顧問官・枢密顧問官を歴任し、正倉院御物整理掛にもなっている。大久保利通や五代友厚と親密であった。明治二十年子爵。同四十三年六月二十一日郷里に
45. 薩摩藩画像
日本大百科全書
果たした。幕末維新期に西郷隆盛たかもり、大久保利通としみち、黒田清隆きよたか、松方正義まさよし、五代友厚ともあつ、森有礼ありのりら多くの人材を生み、その人脈は藩
46. さめしまなおのぶ【鮫島尚信】
国史大辞典
月十日鹿児島藩士鮫島尚行(淳愿)の子として生まれる。通称誠蔵。慶応元年(一八六五)寺島宗則・五代友厚らの率いる鹿児島藩第一次留学生として英国に留学。明治元年(一
47. しまづなりあきら【島津斉彬】
国史大辞典
生日本が出現するだろうと予言したが、斉彬ののこした精神的、物質的遺産は西郷隆盛・大久保利通・五代友厚らによって継承され、明治維新として輝かしい結実を見た。しかし
48. しょうぎょうかいぎしょ【商業会議所】
国史大辞典
業会議所をのぞけば、東京商法会議所は、日本最初の商業会議所といえる。つづいて、同年九月には、五代友厚・広瀬宰平・中野梧一らを中心に、大阪商法会議所も第一回総会を
49. しょうけんぎょう【証券業】
国史大辞典
債・金禄公債・起業公債など、各種公債の売買とそれによる統一価格の形成にあった。同様に大阪でも五代友厚・広瀬宰平らが渋沢栄一の指導のもとに取引所設立に動き、同年八
50. しょうほうこうしゅうじょ【商法講習所】
国史大辞典
十八年文部省の所管となった。東京のほかにも、明治十一年に兵庫県立神戸商業講習所が、十三年には五代友厚らの発起により大阪商業講習所が設立され、十五年には横浜商法学
「五代友厚」の情報だけではなく、「五代友厚」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

五代友厚と同じ日本史上の人物カテゴリの記事
真田幸村(真田信繁)(国史大辞典・日本大百科全書・日本架空伝承人名事典)
一五六七 - 一六一五 安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。幼名御弁丸、のち源次郎。左衛門佐と称す。名は信繁。幸村の名で有名であるが、この称の確実な史料はない。高野山蟄居中に剃髪して好白と号した。永禄十年(一五六七)信濃国上田城主真田昌幸の次男
徳川家康(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
江戸幕府初代将軍(在職1603~1605)。三河(愛知県東部)の小大名の家に生まれ、幼年時代は隣国駿河(静岡県)の大名今川氏の人質となって苦労したが、桶狭間の戦いののち今川氏から独立し、織田信長と同盟して駿河・遠江(とおとうみ)(静岡県)・三河3か国に所領を拡大した
坂本竜馬(坂本龍馬)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期の討幕運動指導者、海援隊長。竜馬は通称。直陰のちに直柔と名乗り、脱藩後は才谷梅太郎などの変名を使う。天保六年(一八三五)十一月十五日(十月十五日説・十一月十日説あり)、土佐藩の町人郷士坂本八平直足・幸の次男として
織田信長(日本大百科全書・国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
戦国・安土桃山時代の武将。戦国動乱を終結し全国統一の前提をつくった。[脇田 修]家系織田氏は近江津田氏と関係があると伝えられているが、室町期斯波氏に仕え、越前(福井県)織田荘を根拠とし織田劔神社を氏神と崇敬した。斯波氏が尾張(おわり)守護の関係で尾張守護代として尾張(愛知県)に入る
上杉景勝(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
一五五五 - 一六二三 安土桃山・江戸時代前期の大名。越後春日山城・会津若松城主、出羽国米沢藩主。幼名を卯松、喜平次と称し、はじめ顕景と名乗った。弘治元年(一五五五)十一月二十七日に生まれる。父は越後国魚沼郡上田荘坂戸(新潟県南魚沼郡六日町)
日本史上の人物と同じカテゴリの記事をもっと見る


「五代友厚」は人物に関連のある記事です。
その他の人物に関連する記事
渋沢喜作(国史大辞典・日本人名大辞典)
一八三八-一九一二明治時代の実業家。渋沢栄一の従兄で、栄一より二歳年長。天保九年(一八三八)六月十日、武蔵国榛沢郡血洗島村(埼玉県深谷市)に渋沢文平の子として生まれる。文久三年(一八六三)栄一らとともに攘夷を決行しようとしたが中止した。翌元治元年
五代友厚(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
実業家、政商。薩摩(さつま)藩士で儒者兼町奉行(まちぶぎょう)の五代直左衛門秀堯(ひでたか)の次男として生まれる。幼名を徳助、才助といい、松蔭と号す。長崎で航海、砲術、測量などの技術を習得、薩英戦争(1863)に参加し捕虜となるが脱出した
安倍晋三(日本大百科全書・日本人名大辞典)
政治家。東京都生まれ。父親は元外務大臣安倍晋太郎(1924―1991)、祖父が元首相岸信介(きしのぶすけ)、大叔父が元首相佐藤栄作(さとうえいさく)という政治家一族に生まれる。小学校から大学までを東京都武蔵野市にある成蹊(せいけい)学園で学び
赤穂浪士(日本架空伝承人名事典・世界大百科事典・日本大百科全書)
一七〇一年(元禄一四)三月一四日に、江戸城本丸松之廊下で播磨赤穂城主(五万三五〇〇石)浅野内匠頭長矩(ながのり)が高家肝煎(きもいり)(旗本)であった吉良上野介義央(よしなか)に突然斬りかかって傷を負わせた事件があった。この日は幕府の年賀に対する答礼
松平慶永(日本大百科全書・世界大百科事典・国史大辞典)
幕末期の越前国 (えちぜんのくに)福井藩主、幕府の政事総裁。元服のときにつけた雅号春嶽 (しゅんがく)が通称となる。田安 (たやす)家徳川斉匡 (とくがわなりまさ)の八男で、1838年(天保9)11歳のとき、越前家を継ぎ、第16代藩主となった
人物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る